プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まがたまのお話。

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てもらってありがとうござます!
もう梅雨というけど、あまり雨が降らないけど、大丈夫かなあ。
皆さんはどうしていますか?
最近は、世界各地でテロが起きたり、飛行機の事故や、不安な情勢が続いているね。日本はまだ安全な中にいると思うけど、何か心配な気持ちになっている人も
多いと思う。

スリランカでは、この時期はとても雨は多いのがふつうだけど、今年は豪雨で一晩に600ミリも降って、洪水になってしまって、ニュースで見て心配してご連絡をくれた皆さん、本当にありがとう。。。実は土砂崩れとかで亡くなってしまった人たちも200人近くいる。特に犠牲になってしまっているのが、ラトナプラの宝石がよく採れる産地の方で、お客さんも中には募金をしてくれた方もいて、本当に感謝しています。。ほんとうにありがとうございます。

洪水の水はもう引いていて、被害地じゃないところは普通の明るいスリランカの日常生活に戻っている・・・でもわたしたちの信頼する仕入れさんたちがコロンボの宝石商のひとだけど、なかなかラトナプラに行ける状況じゃなかったという。被害のところは、被害が出たあとは、スリランカ赤十字やインドからの救援でだいぶ助かったみたいだから、そこに募金をしたんだけど、ラトナプラの家がなくなった人や、家に水が入っちゃった人たちの家族が、普通に学校にいけるような生活に戻るには大変な人たちもいる。もちろん、ノートが濡れたり、学用品が全部なくなっちゃった子供もニュースでやっていた。それで、わたしたちも8月に行ったとき、できたらラトナプラのアーダーラができないかなあと思っている。皆さんが今までそノートとかタオルとか送ってくれて、そういうものも本当にありがとうございました!必ずもっていくよ!でも、わたしたちの荷物も結構ありそうだから、あとは現地で調達させてもらうようにさせて下さい。

多分こういうことがあると、スリランカ産の宝石の値段はもっと上がっていくと思うけど、、、だけど、どうして宝石の採れるところでこういうことが起きるのか?と思うかもしれないね。

じつはわたしが何年も前から心配していたことがあった。それは、スリランカでルビーやサファイアが採れなくなってきて、特に非加熱できれいな原石は、前より全然とれなくなっていた。だからスリランカのラトナプラの宝石を採って売る人たちは、マダガスカル、モザンビーク、タンザニアにいって、サファイアやルビーの原石をたくさん仕入れて、まるでそれをスリランカ産のように出してくるということがすごく多くなってきていた。だから、わたしたちは最初すごく困惑をした。それはスリランカ産のはずで入手した宝石のオーラみたいなのが陽子ちゃんは全然ちがうでしょーっていうことで!やっぱり持ってみると宝石としてのパワーを感じる重さが本当に全然ちがうという。
だから、お金がいくらかかってもわたしたちは非加熱の宝石は1石1石産地をしっかり調べて仕入れるようになった。

・・・今日はものすごく長いお話になるから、ここで休憩させてください!

―――――――――― リフレッシュ!その1――――――――――――
これは最近作らせてもらったジュエリーで!
何とブレスレットにもなるネックレスというか、ブレスレットがネックレスになる!
スリランカ産の非加熱ブルーサファイアのハートは、すごく貴重だよ!!



ちなみに、これは新チェーンで!小豆みたいなんだけど、コマが丸くなっていて
すごく見ためですぐ可愛いとわかる感じ!夏休み、みんな元気で楽しくいけるといいね!またあのホロスコープのことは教えるので待っていてね!


―――――――――― リフレッシュおわり。―――――――――――

そういうわけで、、、
わたしたちは産地に関してはとても厳しく調べて仕入れなければならなくなったんだけど、、こういうことをちゃんとしている所は意外と少なくて、御徒町のルース屋さんや日本のジュエリーショーや展示会でも、いってみると非加熱スリランカ産の宝石だよと言ってみせてくれるけど、ほぼそれがマダガスカル産であることが多くなった。

陽子ちゃんとわたしはただ、ふ~んといって、またきますと言って出るけど、とにかく、スリランカに仕入れにいけば、スリランカ産の宝石が買えると思っていっても、原石をだしてくる方がマダガスカルを出してきたら、、もうわからないでしょう。日本の鑑別士さんでも、宝石の産地を判別できる人はすごく少なくて、ただ大きな鑑別機関ならわかるかと思ったら、逆にそこではとんちんかんな鑑別をしているところもあるからね!
これは経験でサファイアなら、ここの鑑別機関、ルビーならこの鑑別士さんという、ちゃんとわかっている人を把握してわたしたちは鑑別に出すようになったんだ。


――――――――― リフレッシュその2 ―――――――――
こちらはプラチナの・・・
ちなみに、この真ん中は非加熱のグリーンのアクアマリンベリルで、無処理エメラルドに近い、すごく素敵な石だった!
・・・両サイドには、エメラルドカットのピンクサファイアと、ヘソナイトガーネットが入っているでしょう!これは初のカットじゃないかなあ!しかも2個とも全部スリランカ産非加熱無処理だよ。
グリーンアクアマリンも初だし、色々新しいことを挑戦させてもらってありがとうございました!




しかも、ネックレスだけど、ブレスレットになるやつで!
パーツが4個だけど、すごく簡単!しかもネクレスにした時、長さも調整できるようにしたよ!



このお客さんは、水星の期間になるから真ん中が知性のエメラルドに近いグリーンべリルで!
水星メインの期間のあとは、ケートゥになるけど、ケートゥは結構アパラになることが多いけど、その時もグリーンの惑星宝石が効くから、かなり長く使っていくことができる。先をみとおして、ジュエリーに配置してあるよ!
お仕事はとても責任があって大変と思うけど、休みの日は自分の楽しみをたくさん実行して、自分のエネルギーもストレスがなくちゃんと回るようになるといいね。




新しいケースもきて、わたしは嬉しい!前にうちのケースは深いグリーンのだったけど、あれが廃盤になっちゃって、いいのがないなあと思っていたら、陽子ちゃんがすごい、紫ピンクの日本ぽい和感じる色の超素敵なケースが新しく出た!といって喜んでいる!わたしはスリランカの少し紫はいったピンクサファイア色に見えたけど!!




――――――――――― リフレッシュおわり。――――――――――

話が変わっちゃったけど、、わたしが思っていたのは、スリランカ産のジェムが枯渇してきて、少なくなってしまうのはしょうがないけど、スリランカ産を信じて、スリランカに仕入れにくる人たちに、アフリカ産のやすい宝石をカットしてきれいに見せて売ることはしないでほしいと、、、ずっと思っていたんだよね。
それはスリランカ産の宝石というプライドみたいなものが私にはあったのかもしれない。

だから、、もしかすると今回の洪水はラトナプラのカルマの結果じゃないかと思ってしまったんだよ。でもわたしたちは、どうしても数少ないスリランカ産の宝石のおかげで、生きていて、人生が改善された。このお礼の気持ちはいつも一生持ち続けている。
だから、今回の被害の支援を少しでもしてこないとなあと思っているよ。

ところで、こういういろいろの状況があって、例えば世界各地で起こったテロも、まだ日本では大丈夫だったし、日本は天災が起きても、略奪や強盗がおきなくて、レジはちゃんと並ぶし、とても倫理に基づいて行動していて不思議とすごいなあと思っていた。、、、これは本当に前から考えていたことだけど、でもそれ以上に最近はすごく日本という国の何か不思議なパワーというのを感じるようになった。


それで陽子ちゃんに聞いたら、竹田恒泰先生という人の動画を見せてもらったら、もっとすごく驚いちゃった!!この人は陽子ちゃんによると結婚前はちょっとだらしないところがあったというけど、まあ今はちゃんとしてるみたいだし、話していることはとても理にかなっていて、面白いという。それと、陽子ちゃんは、この人はかなり霊感もあるはずだという。だけどそういうところをうまく隠して、面白おかしく、神話を日本の人に興味を持たせていっていてうまい!というよ。

わたしも1回みただけだと、ちょっとわからなかったんだけど2回みてやっとわかった!知らないことばっかりだったよ!
だって、世界で、日本が現存する世界最古の国で、2000年以上もずっと続いている、唯一の国であることがわかったからだ。他の国はもっと古い国があっても、戦争でほろんでしまっているというね。デンマークが2番に長いというけど、それでも1000年くらいで、イギリスでも950年くらいだって。日本は2000~2600年くらいというから、すごいね。それと、、日本は戦争が無かったけど、国が統一されたりしたことがわかったとか!!それが古墳時代という3世紀からの時代は特に、あちこち古墳があるけど、戦いがあった記録がなくて、それでも出雲に銅剣が350個とか出土したりして、なんかここにパワーと権力が集中していたことがわかっているという。

今まで日本の古事記という神話が、作った話と思われていたけど、でも、今の考古学ではどうやらそうじゃなくて、大国主命がつくった国を天照大神様に譲ったというお話があったり、結構本当だったという見解をする考古学者が増えているそうだ!

それから、竹田先生の動画の中で、歴史学者「トインビー」が神話を学ばなくなった国は必ず100年以内に滅びると言っていることも驚きだった!スリランカではどうだろうか、、やばいことにわたしはシーギリアの神話くらいしか知らない!それはわたしたちの祖先がライオンだったいうお話だけど!それと、今は日本の教育はどうかというと、、古事記を学ぶ機会がないという!!これはやっぱりわたしはレオンちゃんという子孫もいるし、日本は残ってほしいし、やっぱりわたしが勉強しないといけないのかもしれないと思ったよ。

あと日本の神話では「国譲り」と他に、神様が日本に降りてきて、そこから天皇家につながっているという「天孫降臨」という説があるんだってね。。わたしは正直・・・それはないだろうと思ったけど、竹田先生の動画をみたら、そういうことかと思った!
あと、お正月やゴールデンウィークのお休みも、神道の行事だったからということは知らなかったよ。日本の人は結構、わたしも宗教について話すと、自分は無宗教ですといっている人も多かったけど、実はみんな神道にそって生活をしていたんだというのも面白いなあと思った。

わたしはスリランカの仏教徒で、仏陀以外は信じたくないという気持ちがやっぱり奥底にあるんだけど、でもどうしても、日本の神様の存在というのを信じないといけなくなったのは、わたしは何故か、陽子ちゃんの指示で今日はここの神社にいくよといわれて、ちょっと遠いところの神社にいくと。そこの土地の警察や公的機関から、その日のうちや次の日に電話がかかってきて、必ずそこから通訳のお仕事の依頼がきて、またあの神社のへんで仕事をさせてもらうことがある。これが今のところ100%に近い確率で、本当にこれが不思議でしょうがない。。それがまるで日本の神様がわたしに何か実力を見せて信じさせるためじゃないかと思うくらいだよ。

それで、やっぱりわたしは例えばスリランカに住んでいたらとても苦しい生活や災害に巻き込まれたりしたかもしれないけど、日本に呼んでもらったおかげで、とてもセイフティで快適で、昔のわたしから考えると、王様みたいな豪華な生活をさせてもらっていると思う。
でも、ぶっちゃけ、前から思っていたのは、何でわたしなんかがこんなところに呼ばれて、一体なんの役目があるのかなあということだ。でも、このお店の仕事をさせてもらって、お客さんがよくメールをくれて、夢が叶ったり、健康になったり、すてきな出会いがあったり、激しい変化じゃなくても、まずは指輪が無かった時と比べるとあきらかに心が落ち着いているとか、うれしいメールをもらう時、ああ、少しは何か役に立つことがあるのかと思う。

でも、他にわたしが日本に呼ばれた明確な理由が何かあるんじゃないかとずっと思っていた。それが、何となくわかってきた。それは陽子ちゃんがあのことを言い始めてからだ。
あのこととは・・・「勾玉」、まがたまということだ。
日本の国に伝わる、三種の神器というのがあって、それは鏡と、剣と、勾玉だというね。八尺瓊勾玉という勾玉は、ものすごく大きくて重くて、今、皇居に保管してあるという。

わたしは最初まがたまという言葉を聞いて、全く、全く知らなかったし、なんだそれと思ったんだけど、陽子ちゃんは勾玉を作らなければならないーーーといって、毎日毎日まがたま、まがたま言い始めた。そのうち、レオンちゃんも勾玉まがたまと言い始めた。

1706-36 (1)


この本は勾玉について研究している人の本だったという。
陽子ちゃんはなぜ自分が勾玉に異常に今、ひきよせられているかわからなかったというけど、あの本を呼んでわかったかもといっている。ちょっとびっくりしたーといったのが、この著者の水野さんという方は1918年生まれで、もう亡くなっているけど、子供の頃から勾玉が好きで、昭和17年頃、戦争が始まる前、早稲田大学の大学生になって、勾玉を研究したいと思って、出雲の玉造というところに電車で旅行にいくことが書いてあったという。早稲田大学の帽子は角帽といって、特別な帽子があるというけど、その当時、戦前で早稲田の学生であるというのは、すごく誇りのことで、そのためにどこに行くときも、角帽をかぶっていくから、出雲にも角帽をかぶって旅行にいったという。そうすると、旅館の方とかがとても丁寧にしてくれたりしたことが書いてあったという。本はそこから始まるという。

陽子ちゃんは1998年に入学した時、早稲田に入りたくて二浪していてどうしても入りたかったから、合格したとき、応援団と一緒に角帽を買いに行って、女の子では他に角帽をかぶっていた人がいなかったけど、角帽をかぶって大学にいっていたんだという。わたしはそれを聞いて、この人はやっぱりちょっと・・・と思ったけど!!
それで陽子ちゃんは、今の時代では角帽を日常的にかぶることが一般的におかしいということにやっと後で気づいてやめてイベントの時だけかぶるようにしたというけど・・・とにかく陽子ちゃんは異常に角帽に思い入れがあったという。そういう自分と、去年出雲に旅行にいったことが重なって、不思議な感覚になったという。

ところで出雲というところは昔から神様の土地だったというけど、だから国から勾玉をつくるように「くにのみやつこ」という公務員的な人たちがいて、勾玉をつくるための玉造役人みたいな人たちがいて、現在にもそれが職業として玉造で残っているというね。勾玉といえば、日本のふつうの人はひすいを想像するというけど、石が必要でしょう。やっぱり出雲のそこらへんでは、昔めのうという鉱物がたくさんとれて、そういうもので主につくっていたというね。

それと、勾玉をつくるためには勾玉というのは、何のために必要かというと、お守りとか神事や呪術のためだ。だから、そのためには勾玉をつくる人たち自身も、常に精進していなければならない。それで体を清めるために温泉に入って(禊ぎみそぎ)をして潔斎というきれいにしていたという。

これを読むと、やっぱり勾玉をつくる人の仕事としてのすごいプロ意識がわかる。
わたしたちも、少し似ていて、陽子ちゃんは、まさにこういう意味で、人の人生を左右する宝石を、動物の死体である肉や魚を触った手で、扱ってはいけないでしょ~という精進したい気持ちで菜食をしているところがあるんだって。でも、もう菜食をしていたら、全くそういう動物性が食べたくなくなったといっている。わたしは時々もらえば食べちゃうけどね。でも、きっと昔の人たちはもっとすごい気持ちだったと思う。

1706-36 (2)



陽子ちゃんは去年、出雲にいったけど、とにかく須佐神社と出雲の温泉が最高すぎて、あの時から自分が生まれ変わったように感じるというけど、、やっぱりそこにはちゃんと精進潔斎するために必要な温泉があったというわけだ。だから出雲の玉造(たまつくり)というところは全てがまるで神様のためにそろっている。でも、なぜ神様が勾玉を作らせたか?
陽子ちゃんは、それは日本を守って、存続させるためだという。。そして、やっぱりそのおかげなのか、日本は世界でも唯一、どこの国にも侵略されずに2000年以上も続いていて、、時々、科学の通りに社会を進めてしまったことで、神様の怒りのような地震や災害が起きることもあるし、原爆もあったけど、でも日本が第9条で軌道修正した後は、日本の成長はすごかったでしょう。だから、やっぱりまだ世界の他の国から比べると、すごく倫理的に進歩していて、安全で幸せな国だと思っている。

わたしはスリランカに生まれて食べ物や水もなかった私の子供のときのような生活の人から考えると、これを読んでくれている日本に生まれたあなたは、やっぱり、どうしても前世にきっと良いことをたくさんしたから、こんな良い日本に生まれたんだと思う。それだけでも誇りに思ってほしいと思うことだよ。ホロスコープの先生がいつも、日本の人はすごい星のヨーガがいっぱいあるのに、なぜ心がこんなに不安なんだと言っていたけど、、自由に勉強できたり、学校を選べたり、自由に恋愛することや、自由に宗教を選ぶことや、自由に仕事を選んで、権利も守られている。水道から普通に水がでてくるしね!そして、やっぱり日本のトイレがすごくきれいだし!

話がずれちゃったけど・・・陽子ちゃんはある日から、勾玉、まがたま言い始めちゃったわけだけど、もうとにかく・・・その形しかないのだという。。前にハートシェイプのペンダントを作ろうと試行錯誤をしていたけど、どうしても最高のハートが全くできない。
製作とも進めて作ってもらったけど、なんか納得できる形にならなかったんだって。
なぜか話が途中で終わっちゃったり。でも、今それの意味がわかるという。だって、ハートじゃなくて、今つくらないといけなかったのは、勾玉のかたちだからだって。

世界にはいろんな形のお守りや、意味のある形があるけど・・・でも、どうやったってこの勾玉以上に、それだけでパワーがあるものは絶対にない、これが1番だということがわかったという。それがやっぱり日本が2000年以上も続いていることでもわかるというし、しかも勾玉だけが縄文時代からもお守りでつけていて、それが現存している形だからだという!縄文時代って、1万年とかそんな昔だし!!!そんな昔から勾玉の力を信じていて、それが残っているっていうのは・・・!!!やっぱりパワーがあるのかもしれないね。わたしはそれを聞いてびっくりしちゃったけどね・・・
そして、この形にやっぱり意味があるということなんだよ。。
この勾玉は何の形なのか?わたしはあの形にしか見えなかったけど・・・


話はちょっとまた変わるけど、そういうわけで陽子ちゃんは、とにかくいま、勾玉をつくらないといけない、、といって、イメージをしっかり把握するために、できるだけパワーをもたせるためのその形を勉強したいといった。本当は勾玉本の著者のように出雲の玉造にいかないといけないと言っていたけど、どうしても時間がないし、、それで陽子ちゃんはどこかいいところがないか調べた・・・

そしたら、、なんとわたしたちの住んでいる近くにあったからだ。
埼玉県の行田市に「さきたま史跡の博物館」というところがあって、そこに勾玉が展示してあるという!勾玉作り体験もやっているという!わたしたちはびっくりした!だって、さいたまけんの「さいたま」というのは「幸魂」=さきたま、からきているそうで、埼玉県の県の旗は、勾玉が16個だというじゃないか!それを聞いて、わー!と思った。
陽子ちゃんは、さきたま博物館に早くいきたいという。でもわたしの仕事が・・・!
わたしの通訳の方の仕事は朝5時とかでも、何か外国人関係の事件や難民のことでなんかあったら電話がかかってきて、その日依頼されるから、前からこの日は1日ずっと確実にあいているということは保証が全くない。だから、行けるのか・・・?
でも陽子ちゃんは、大丈夫。〇日にいこう。神様が呼べば、天気も良くなって、その日のあなたの仕事は入らないからという。。。

事実、やっぱりそうなった!通訳の方の仕事がなくていけた!
これは勾玉博物館のてまえにある、埴輪をつくる体験ところだって!



陽子ちゃんがかわいいーー!!わたしも作りたかったーーーといっていた!



暑くもなく寒くもなく、なんてとても気持ちがいい日だった!



埼玉県発祥というのが書いてある。



実はこのさきたま史跡博物館は何でここにあるかというと、1968年頃に稲荷山古墳という、古墳がたくさん発見されて、そこから国宝の剣とか、勾玉が発掘されたからだ。
でも、、、陽子ちゃんとわたしがおそれていたことは一つで、古墳というから成仏していない魂とかがあれば、陽子ちゃんにヒョウイしてきて、具合が悪くなってしまったらどうしようということだよ!!!

でも、この予想は良い意味でまったく外れた!陽子ちゃんはあまりにも古墳のあたりのオーラが清々しくて、逆にパワーをもらえることに気づいたという!まさかの古墳がパワースポット的な感じだというよ!!

とりあえず、国宝を見に行って!

国宝の金錯名鉄剣というんだって。金で文字がほってかいてあって、自分はワカタケルノおおきみ(雄略天皇)に仕えたことを記して、おく、、みたいなことだって!


勾玉を見に行って。陽子ちゃんはうーん。やっぱり絶妙にかわいいといった。。


とにかく陽子ちゃんがしたかったことは、勾玉を作ってみたい・・・ということで、レオンちゃんとわたしと陽子ちゃんは勾玉つくり体験に挑戦することになったよ!

その日は平日で、ちなみにわたしたちしか勾玉体験する人いなかったけど・・・後で陽子ちゃんがこんなところで勾玉つくり教える仕事っていいなああと言っていた。

「職員さんが教えてくれる」縄文時代は熊の歯とかを自分より強いものを身につけるという意味で、それを勾玉にしていたというよ。職員さんがレオンちゃんに「この勾玉はなんの形だと思いますか?」っていったら、レオンちゃんは「お月さまー」と言った。陽子ちゃんはそれを聞いて、えーやっぱり子供ってそういうのがわかるのか~と言った。


というのは、勾玉の形はたくさんの節があるというけど、一つは胎児の形で、魂を良いところに輪廻させる意味や、魂をたくさん身につけることで、自分の霊力を高める意味だったという話もある。

それと、大切なこの形は、昔の人は電気もないし、夜は獣におそわれる恐怖もあったし、夜を恐れていたから、逆に月を頼りにしていて、月神信仰というのが強かったそうで、それで月の形にしているという話もあるんだって。
だから、レオンちゃんが月といったのは陽子ちゃんはへーと思ったという。陽子ちゃんは月にはみえなかったそうで。わたしはスリランカのあれにしか見えなかったけど・・・

まあ、早く勾玉をつくる話に。
まず、滑石という柔らかい石に鉛筆で勾玉の形を書いて、勾玉のひもをとおす穴をあける。

穴をあけるところ。普通にキリみたいのであけると時間がかかるから、弓切り式という古代の方法を使う!


それからはずっと紙やすりで削っていって、最後は磨くんだけど、、とにかく時間がかかるーーずっとみんなシャリシャリ削っていくーー


「できた!」グリーンぽいのが陽子ちゃん、ピンクがレオンちゃん、黒はわたし!
1時間半くらいで出来たのはなんかうれしいね!!!


ぶらさげてみました!直径4、5㎝あって大きいけど、
陽子ちゃんが意外と似合うーと言ってくれたよ!


さっきの国宝の剣のところで勾玉をつけて写真!職員さんがどうぞ写真とっていいですよって言ってくれたから!


それから外の座るところでみんなでおにぎりを食べて。


古墳をみにいったけどーー前方後円墳


わたしも陽子ちゃんもあまりにもすごい爽やかな風がふいて驚いた。陽子ちゃんは「あーーもう古墳ってそりゃ1500年前とかだから、さすがに成仏してない魂さん残ってないんだね~一緒に埋められたりした人とかでも、そういうつらい思いももう完全にここにはなくて、昇華して逆に今の人を見守ってくれているよ」といった。

江戸時代からの家も移動されてここに残っているという。この家、入りたかったなーー!!



その日は明日もあったから、早めに帰ろうということで、全部の古墳をみることができなかったけど・・・
陽子ちゃんは「プラちゃん、ここ、温泉ある!」て言った。さきたま博物館の道のむかいには、「湯本温泉」という源泉掛け流しの温泉と隣にホテルがあった。それでやっぱり不思議なことは、勾玉と温泉の関係だという。勾玉を作ったりしているところはなぜか温泉がある、、これはやっぱり偶然じゃないんだというよ。

陽子ちゃんはうわーーここまたきたいわ~と言った。
きっと、たぶんお母さん連れていくと思った。ちなみにわたしたち、近所にすごい古いけど源泉掛け流しの温泉をみつけて、一ヶ月に2回くらい温泉にいっている!!そうしたら、なんか次の日すごい体の調子がいいから!実は人の前ではだかになるって、まさか日本にくるまで考えられなかったけど、今では全然平気で、わたしも温泉が大好きになったよ。

この道路には、埼玉県の旗のデザインが・・・
これは太陽みたいにも見えるからかっこいいね!
陽子ちゃんがこういうTシャツ売ってたら買うのに~といった。


もう帰るころはわたしたちはすっかり勾玉に洗脳されてきちゃったよ!
陽子ちゃんも、現存する1500年前の本物の勾玉もみられて、本物パワーももらって、こうだという勾玉の形のイメージができたって。

それで、今度は陽子ちゃんの勾玉つくりが始まったーーーわけだけど・・・
実は、スリランカの製作にわたしがいくら教えたけど、、、
サンプル勾玉が陽子ちゃんの希望にならない・・・

ちなみにスリランカ製作が作った勾玉の形がこれで・・・
確かに勾玉なんだけど、陽子ちゃんがいうには、足が細い、これは現代型で、自分が作りたいのは古代型、出雲型ということだ。。といっていた。
でもそもそもスリランカには勾玉はないから、どうしてもペイズリーになっちゃうし、、どうしてもみんな足が細くなっちゃう。日本の古代からの勾玉は足まで、丸い太さのある形で違うというよ。

この絵の、下のが古代出雲型の勾玉で、上がスリランカ製作ので、陽子ちゃんがオレンジラインでダメ出ししてる。


それで陽子ちゃんがハっと気がついた。やっぱり勾玉は日本のものだから、日本で作らないといけなかったんだって!!!
でも、日本でこういう形に作ってください、いやそうじゃないです、こうです、もう一度作りなおしてくださいってやるのに、どれだけのお金加工賃がかかってしまうかって想像できるでしょうか!!?しかも、日本人の職人さんだったら、それは何十万にもなるよ・・・

でも陽子ちゃんは御徒町の日本人の職人さんとも仲が良かった。それはわたしのお店の指輪とかサイズ直しをお客さんにお願いされたら、スリランカに指輪をおくってやると、すごい送料がかかるから、そういう簡単な修理は御徒町でやってもらっている。でも誰でもいいというわけじゃないよ。なぜかというと、今御徒町では、インドや中国、韓国からのあちらの職人さんを雇っているところが多くて、それはもちろんその方が賃金がすごく安くていいからだ。こういうことが出来るのは、今のジュエリーが型押しの枠で簡単だから、完全に地金の板からつくっていくことが少ないからということもある。でも、安いからといって、そういうところだと、どうしてもわたしたちのお店のお客さんの大切な指輪とかを雑に扱われてしまう危険もある。だから、わたしたちは何か日本ですべき修理があると、ちょっと加工賃は高くても日本人の年輩の職人さんのところにいってやってもらっていた。陽子ちゃんが、この職人さんに勾玉の話をしたら、実は自分も前から作ってみたかったという!それで、作る費用もスリランカくらいまではいかないけど、少し協力してもらうことになった。

こここから、陽子ちゃんの頭の中の出雲型古代型勾玉を地金で作る作業に入った!
これは陽子ちゃんも何度も職人さんのところにいって、形を微調整しながら、頭や背なか、お腹、足とか目の位置とか、頭の形とかを超こまかく削りながら、やってもらったという!!
それで・・・日本の国産の勾玉ができたわけだーー!!!

勾玉は普通、翡翠とかめのうとか昔のガラス質とかでたくさん発見されているから、何かそういう材質で作ればいいじゃんとか考えるかもしれないけど、そういうのだとわたしたちはアパラの惑星宝石をつけているから、、別の石の波動はぶちゃけ良くないわけだ。だから、材質は地金と宝石しかないよ!!しかも、日本古来からの勾玉に、惑星宝石を入れることで、さらに力が強くなるでしょう。といっている!

それと陽子ちゃんがこだわったのは、前はビーンズペンダントとかは、大きさが大きくても、中をくり貫いてあって、表面に石を留めるけど、あまり重くならないように、できるだけ軽量化を目指していた。だけど、、今回は陽子ちゃんはもう重さはどうでもいいから、勾玉はぎゅっと詰まっていないといけないから、ビーンズのように空洞にしないように、地金そのもの、金の固まりでやるという。それを玉造職人さんが勾玉をつくるように徐々に磨きあげていって仕上げてもらうわけだ。つまり、それは18金無垢(むく)という、金の塊になったよ!


最初陽子ちゃんは重くなってもいいから!といったけど、職人さんは重すぎたら結局高くなってしまうし、陽子ちゃんは何とこの勾玉を足につける予定といったから、職人さんは歩いても、勾玉が当たって痛くないように、すごく調整してくれたという!
それで出来ましたーーーー

これです!!これはピンクゴールドで石が表に2個、裏に1個留めてある!
地金の表面は、ピカピカ光る鏡面加工じゃなくて、つや消し加工だから味があるでしょう!
クリックしてもらうとお店の勾玉の紹介ページにいくよ!
詳しいお話はここも見てもらえたら嬉しいです!



何でピンクゴールドかというと、昔の古墳時代に色々発見されたものは銅鐸とか、銅鏡とかで、銅が入っている。それは何か意味があるんだというよ。それで銅が入っている金はピンクゴールドだったというわけ!

写真ではすごく大きく見えるでしょう!S,M、Lサイズ作ってもらったんだけど、陽子ちゃんは足につけるからSサイズで、Sサイズは直径14ミリあるけど、金無垢だけどうまくきれいにまとめてくれて重さ6gくらいで、そこまで重くないという!
しかも、シェイプは完全に計算して、つくってあるという。



とりあえず足に着けた写真はさすがになあということで、首につけてみた写真です!
いつものペンダントと重ね付けしているから、色の違いがわかるでそうということで。
あと、そんなに大きすぎ見えないで素敵でしょ!



もう少し全体の写真は、HPの勾玉のところをみてね!!陽子ちゃんのくわしいお話ものっているよ!チェーンを通すバチカンも意味があるんだって!

サイズは3種類作った!SMLで、上のプラチナのはMでじつは私のやつ!!!
石をまだ決めていなくて、今わたしはこれからのことを調べてもらって、運気を上げてくれる石をいれるんだ!



ちなみに・・・わたしは勾玉をはじめてみたとき、、これにしか見えなかった!!
カシューナッツ!スリランカは産地で、カシューナッツカレー超最高だよ!
これが乳製品使わなくても、グラタンみたいなクリーミーな味でおいしいから!
これは職人さんがサンプルで作ったのを加工して作ってくれた、レオンちゃんのでシルバーでめっき無し!遊びのお守り用だからね!レオンちゃんはもう、惑星博士というくらい、すごい惑星に詳しくて、わたしたちは教えてもらって、えーーー!!ってなることが多いんだけどね。お誕生日にそうういうやつが欲しいって勾玉にお祈りしたりする用だよ!




陽子ちゃんのは、ピンクゴールドだけど、裏にはスリランカ産の非加熱ブルーサファイアが留まっている。まだ石は後でいいのがあったら留めてもらうんだというけど、これは陽子ちゃんが、ホロスコープでは今メインがケートゥでアパラが強いけど、土星も実はエーラシタカでとても影響があるということで、、少し土星の影響を押さえて、次の金星の時期までもっていってもらうという希望があるそうだ。




でも、何で勾玉の形じゃないといけなかったか、、それが陽子ちゃんのゆきついた最高の神様からのご加護を得られる形であるということだって。勾玉は古事記では、いざなぎ神様が、子供の天照大神にこれをもって国をおさめなさいと渡したもので、それが、八尺瓊勾玉という三種の神器だという!他にも勾玉というのは、古事記ではいろいろなところに出てくるんだって。

それと、これはすごく難しかったけど、、あの早稲田の先生が書いた本の中で「古語拾遺という古事記みたいな本に、
「櫛明玉命、御祈玉を作る。其の末、いま出雲の国にあり・・・」と書いてあるという。

御祈玉は「ミホギダマ」と読むんだって。
ミホギは祈祷のことを意味するとうけど、「祈」漢字は、斧で、断ち切ることを示しているんだって。断ち切ることは開くことを意味するから、「開陳する」(かいちんする)という言葉があって、この意味になるという。
それは、自分の心の中を神に開陳して、明らかに示して、神に願い事をするとう、そういう意味なんだって!!

だから、勾玉というのは、何か良くない影響を断ち切って、願い事を叶えるーという意味で、陽子ちゃんはいろんなものからの影響がどんどん強くなってきているから、そういう目に見えないものからも自分を守って、自分の希望が叶えられるように・・・ということだ。あと、日本の国がこの先ももっと栄えていくためには、本当の勾玉を今すこし多くの人に着けてもらって、本来の力を発揮して日本をもっと豊かにしていってほしいという願いがあるんだって。

とにかく、陽子ちゃんは、今ここでこの時期にどうしても勾玉をつくらないといけなかったという。世界各地でテロが起きていたり、日本でもおそろしい事件が結構あるけど、やっぱり自分は自分で守らないといけない。だけどやっぱり限度もあるから、何かあった時は神様に助けてもらうことも大切で、そのためにアンテナのようになるように自分がこの勾玉をつけてがんばりたいと言っている。それと、陽子ちゃんはこの勾玉は「魂」「胎児」という意味があるから、第二次世界大戦で亡くなったたくさんの戦霊の魂もまたいつか良い輪廻にいけるように・・・というちょっと特別なおもいがあるみたいだ。。

それで、きっとこの勾玉を見たら、ピンときて絶対ほしい、必要な人がわたしの他にも必ずいるから、、、といっているけど、どうでしょうか!?

わたしは、陽子ちゃんが毎日まがたま、まがたまと言っているから、わたしは「陽子ちゃんはたぶん、勾玉つくる国のみやつこという仕事の人だったんじゃない」と言った。そうしたら、陽子ちゃんは「何いってんの、実はあなたが前世、勾玉をつくるほうで、この勾玉をまた作って日本と日本の人を守っていきなさいって、あなたはスリランカから呼びよせられたんですけど?」って言ったーー!
それから「だって、ホロスコープをみると、わたしはバラモンで教育者とでていて、あなたはシュードラで労働者とでているから、あなたの方が勾玉職人で、わたしがそれをやらなければならないと教える方になっている」といわれたーー!まじか!

考えてみると、もしかして、、、そうかもしれない。だってわたしはスリランカでココナッツのマットを作る職人だったからーー!それで、日本に呼ばれたのかー最初に住んだところは埼玉県の和戸というすごく田舎だったけど・・・埼玉県に縁があって、途中横浜に住んだけどまた埼玉県に戻ってきたのは「さきたま」を復興させるためだったのかもなあと思ったよ。

そう考えると、いろいろなことが少しつながる気がする。何でももっと効果を上げるために改善する方法が時代と共に文明が進んで発見されていくでしょう。昔、勾玉は翡翠じゃなくて金塊だったこともあって、日本で2カ所発見されているというけど、それは呪術のために使っていたことがわかるというね。でも、今現在、昔よりもこわい核兵器や戦争がおきるようになって、普通の石だけや、金の塊だけの勾玉より、やっぱり宝石がついた勾玉の方がパワーアップになるということは、もうわたしの経験でわかっているでしょう!

だから、勾玉にスリランカの宝石療法のジェムなんだ!!
これをつけて、正直にがんばることで、きっといろいろな星の影響を防ぐだけじゃなくて、霊性を高くして、神様から守ってもらって、願いが叶うようになる道ができるでしょうということだ!ちなみに、、陽子ちゃんはこの勾玉をつかって願いごとを叶えるための方法があるというから、しりたい人は陽子ちゃんに教えてもらってね!

ちなみに・・・陽子ちゃんは首には今までのアパラペンダントを付けているから、、
この勾玉は、こうやって・・・足にアンクレットとして着けている!!45㎝のスライドアジャスター付きの小豆チェーンだったら、二重にしてうまく調整すれば、アンクレットになるんだって!しかも、、陽子ちゃん、アンクレットに着ける覚悟があるかどうか自分でためすために、これをつけて、フラメンコもやってきた!
陽子ちゃんとレオンちゃんは最近二人でフラメンコを習いに行っているから!!
いろいろドタドタすごいステップを踊っても、落ちたり切れたりしなかった!さすが小豆の太めチェーンだよ!といっていた!




まあ、そういうわけで、陽子ちゃんの勾玉ジュエリーは、日本の神様の時代からの伝統の勾玉だから、日本産にで、日本の方に作ってもらいました!だから、加工賃はやっぱり少し高いけどでも、無垢という地金の塊のジュエリーは、強度もあるし、今、なかなか他にはないでしょう!しかも勾玉の形で、陽子ちゃんが古代型の良さを全面にいかせるかわいい形にこだわってつくったけど、わたしからみると、何だかかわいいペットみたいだなあ。前にゾウのペンダントを付けたときはそう思わなかったのに、わたしも勾玉をみると、なぜか?かわいく見えちゃって!!それを陽子ちゃんにいったら、、あ~それはプラちゃんの勾玉に「たま=魂」が入ったね!といった。まじか!面白い!

この勾玉は、陽子ちゃんは今は3個しか石を留めていないけど、Sサイズでも5個は石がとまる。Mサイズならもっと。Lサイズは9個とか、いっぱい石が留まるよ!
だから、陽子ちゃんみたいにアパラのジュエリーを1個でも持っている人はラッキージェムみたいな2個か3個にするとか、これから数年のことを考えた一番必要な石でもいいでしょう!はじめての人は選定された石が全部入らなかったら、チェーンとかに石を留めることもできるから、いっぱいアレンジはできるよ!!!ピンときた人は陽子ちゃんに相談してね!
ちなみに、このブログを見てくれた人だけのキャンペーンだけど、

6月までの勾玉ご注文の方は!
勾玉はSサイズで石3個までで152017円(5個は162017円)
Mサイズは3個~5個までで172017円になります!


日本の方は、惑星宝石を入れたは勾玉をつけて、もっと自分本来の力を発揮してもらって、スリランカの洪水支援には勾玉のお代から3000円募金に送らせてください。これは日本でつくってもらうから、石があればホロスコープを調べたことがあるお客さんなら、結構早くお届けできると思うから、それもいいでしょう!日本の職人さんにもご恩返しができるかなあと思っているよ!

陽子ちゃんは今こそ、日本の古来からのパワーをちゃんと身に着けていけば、もっと運気が上がっていって幸せになれるよーといっている!日本のお客さんのホロスコープをみると、結構火星と土星のアパラがある人は、口がきつくて、言っちゃいけないことをいって失敗すると書いてある人が多いんだけどね。言葉はとても大切で、スリランカのお経のピリットもたぶん日本の「言霊」のパワーみたいなものもあるみたいだ。
皆さんも日本古来からの、和語というのが言霊のポジティブパワーがあるというから、
きれいな言葉をつかって幸せをよんでね!わたしも書類のいったりきたりの時に、
付箋をつけて、一言かくようにしているよ。
まだまだ頑張ります!


ありがとうございました。、



スポンサーサイト

2017年VESAK月間!

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てもらって、ありがとうございます!!
もう夏みたいに暑い日が増えてきたけど、皆さんは元気ですか!?

まずは、わたしたちが今年は夏にスリランカに行くということで、現地の人たちにということで、鉛筆をたくさん送ってくれたり、ジュエリーの費用を少し多めに送ってくれて、
困っている人たちのためにと優しい心を見せてくれたお客さんもいて、
本当にありがとうございました!!!
きっとちゃんと届けてこようと思っているよ。

メッセージも書いてくれてありがとう!家のかたづけもできたら、きっときれいになってスッキリしたでしょう!たくさんの鉛筆と、すごく良いタオルなのにありがとうございます!!!
きっともらった人はすごく喜ぶと思うよ。
送ってくれたYさんにもたくさんの幸せが届くように!



5月の満月の日は、ブッダの誕生を祝うウェサック祭で前後3日間くらいは、スリランカでは1年で1番大切な時間で、みんな家にウェサックランタンを作ってたり、有名なウェサックトラナを見に行ったり、お寺にいってお祝いをするんだよ。
ウェサックは色んな仏教の国でもやっているみたいだけど、タイ、ミャンマー、あとシンガポールとか、VESAKはもっと静かに行われるみたい・・・でも、スリランカはかなりすごい!!!1年で一番盛り上がるときだよ!!
っていうのは、1890年ごろにイギリス統治でスリランカがやばかったころに、アナガーリカ・ダルマパーラという在家のお坊さんみたいな宗教家の人が、キリスト教と論争をして勝ったんだけど、そのダルマパーラさんがスリランカの仏教復興のために、キリスト教のクリスマスのようにウェサックを盛り上げていくようにしたからなんだって!スリランカ人の私もこの事実は全然知らなかった!これは陽子ちゃんの研究によるお話で。

今年はわたしの仕事が忙しくて、ちょっとウェサックランタンがバタバタ作っちゃったんだけど・・・
買ってきた紙がわたしがつくった枠に対して小さくて、紙を足したりしたから・・・



そしたらレオンちゃんが完成度の低さに納得ができなくて、陽子ちゃんとレオンちゃんは
いろいろ探して、IKEAにいいものがあるといって、二人で買いに行ってちょうちんと外用の蚊帳をかってきた。

IKEAのランタンは何とソーラーで、めっちゃ綺麗ですごい!!ウェサックに使える!!ベランダに蚊帳をつるして、わたしとレオンちゃんは紅茶を飲んで、そのあとは瞑想・・・



ところで陽子ちゃんはというと・・・なぜか5月の満月近くは、きっとやっぱり月の力は強くて、みんなの心の揺れ動きも多かったのかな!?注文も増えたり、お客さんからのメールが多くて、陽子ちゃんは部屋でお返事におわれていた!もし、これをみている方がいたら、満月の前後3日間はやっぱり女の人は体の変調もあるというし、5分でも10分でも瞑想をするようにしたら、いろいろ穏やかに落ち着いてくると思うよ。この日はそういう静かに瞑想をする日にしようと思って前から予定をして過ごしていると、惑星たちもあなたの真面目な気持ちをキャッチしてサポートしてくれるからね!


それから前回の戦争のブログの内容を読んでくれたお客さん、内容についてメッセージを何人かもらって、ありがとうございました。
戦争で亡くなった日本の人も、巻き込まれた現地の人も、本当に大変な苦しみの中で亡くなって、現地の人は今でも畑から遺骨がでてきたりするのは、やっぱりびっくりするし、困ることだというよ。現地のひとはなぜ日本人は大切な遺骨をとりにこないのかと言っているらしい。でも、それは厚生労働省も1年に10億以上かけてやっているそうだけど、なかなか難しいみたいだ。でも、やっぱり日本の方の骨なら、とりにいって、魂を鎮めてあげることは、いま、その土地に住んでいる人のためにもしてあげないといけないことなあと思っている。

陽子ちゃんは外国で戦争で亡くなった方の遺骨を発掘するNPOの報告会も行ってきたり、色々戦記を読んで勉強をしたみたいだけど、そういうNPOの報告会ではおばあちゃん、おじいちゃんばかりかと思ったら、若い女性も結構いて、とてもびっくりしたと言っていた。それと、報告会もみんな気軽に話しかけてくれて、いろいろ話をすることができたというけど、やっぱりフィリピンやサイパンに遺骨収集にいく人は結構命がけなところがあって、なんでかというと、やっぱりその地にいくと亡くなっている英霊の憑依が起こって、受けやすい人は体に異変が起こって、体が痛くなったり、頭が痛くなったり、皮膚病になったり、ものすごく大変になるというからだ!でも、このNPOの代表者さんが神主さんというから、一時的に払えることができて良かったみたいだ。でも、こういう憑依があるという話は、そういう遺骨収集に関する仕事では普通に事実としてあるみたいで、陽子ちゃんはそれだけでも仲間のような意識をもったという。

しかも、こういう活動をする人たちは、本当に熱意があって、自分のお金でチケットも滞在費もかけていくから、普段仕事をしている人や家庭がある人ばかりだ。少ない時間の中でいく。だから例えばフィリピンでの遺骨収集の活動も、すごいスケジュールで森の中に入っていったりする。それは一切、レジャー感覚はないから一切お酒を飲んだり、おいしいものを食べにいったり、楽しい遊びの日はないという!なぜなら、戦争で亡くなった方は空腹で苦しみながら亡くなっている人ばかりだからというよ。でも、逆に戦争で亡くなった方の遺族の会のようなものはあって、そういう人たちの活動はレジャーの部分も入れて、フィリピンやセブ、サイパンに旅行がてらの気持ちでいくこともあるという。だから、そういうゆったりした活動日程で遺骨収集をしたいなあと思っている方が、本気のNPOに入ると、それはものすごくつらいスケジュールで、こんなしんどいことはできないというよ!そういう気持ちや姿勢の違いはNPO側と外部や政府との対立も作ってしまって、大変な状況になることもあるみたいだ。

ところで空援隊というNGOは、今度7月にサイパンで戦霊の慰霊会があるということだけど、クリスト教、仏教の僧侶、神道の神主さんも宗教を問わず参加するそうで、やっぱりすごいなあと思ったよ!空援隊の動画の中で、宗教の指導者は、実践が伴わないことが多いから、こういう風に日本ではないところに魂を鎮めにいかせてもらうことも宗教家として大切なことだと言っていた。それで、陽子ちゃんとわたしはハッと気がついた。。。陽子ちゃんの方は、若いときはフィリピンやスリランカに水路作りや井戸掘りや貯水タンク作りにいけたけど、あのときは若くて、炎天下の下で労働もできたし、湖で風呂をして、土の上にござをひいただけの上に寝られたというけど、今はぶっちゃけ、もうその体力はないし、途上国にどうやって何かできるかなと考えていたという。

でも、そういう途上国で戦霊の魂を鎮めにいったり、もちろん現地の土着の人が犠牲になって苦しんでいる魂もあるわけで、そういう意味でも現地の人と協力してできることはことがあるかもしれないと言っていた。それで、、、、陽子ちゃんはわたしにレオンちゃんから手が離れたら、プラちゃんは日本にすごくお世話になっているわけだから、お坊さんになって、まだ外国のジャングルの中で苦しんでさまよっている魂にお経を唱えにいってあげてよというわけ!!!えーっと思ったけど、段々わたしはまあ、それもいいかなあと思っているところがある。わたしの精神が成長しないとできない活動だけど、わたしにできることはやっぱりピリットを心を込めて唱えることだから、そういうことでも、わたしが役に立つことがあれば。。。と思う。


ところで、前のブログでも3月4月はやたら横浜に行かないといけなかったお話を書いたけど、その運命は続いていて、こないだまた行かされちゃったよ!!
実はその日は日曜日で、東京でヴィーガングルメ祭りという、菜食のお祭りがある日で、わたしは前に知り合ったかっこいいベルギー人の通訳の先生も菜食のヴィーガンだから、そこで会える予定だった!だけど夜、とつぜん電話がかかってきたのはスリランカの私の小学校の時の友達で!

小学校のとき、わたしは超超貧乏だったけど学校の成績はトップ争いをしていたの。まあ田舎の学校だけどね。。それは3人いて、ほかの二人はお金持ちだったから中学校はコロンボの私立の有名学校に入って、一人は医者になって、一人は弁護士になった。それでわたしは貧乏だったしというのは理由にならないと思うけど・・・ずっこけて遊びの道にいっちゃって、全然二人と肩を並べるくらいにいくことができなかった!!

その弁護士になったのはダスン君というけど、ダスンからの電話だった!「やっとあなたの電話番号がわかったよーー!今、日本にきている、明日は横浜にいるからちょっと会えないか?」という電話で!なんで日本にきているか?っていったら、何と弁護士をしてながら、スリランカで有名な大臣さんの秘書をやっていて、日本に所用できているんだって!わたしはそれを聞いて、うわーーーすごいなあと思った。しかも、滞在はもう最後の方で、明日ちょこっと横浜で、その後はどこかに移動して、次の日もう帰国だというから。。それでどうしようと思って、陽子ちゃんに言ったら、まじかーイケメンのバンダムさんに会うの楽しみだったのにーーと言ったけど、だけど、そりゃ旧友の方に会いにいかなきゃいけんじゃろといってくれた。
そういうわけで、またわたしたちは横浜にみんなで行くことになったというわけだ。

横浜ワシントンホテル前で!わたしの左がダスン君という友達で。陽子ちゃんもっとピシっとした人かと思ってたら、全然きさくな村の男みたいで、いい人じゃんといった。
それで右のお二人が大臣様と有名な政治家さんで!



この大臣様に陽子ちゃんは気軽に今度一緒に遊びにいこうとか話しかけるからびっくりしたよ!でも優しい人だった!それでこの方、道の植木をみて、陽子ちゃんに「これは紅茶の葉っぱじゃないかな?」と言っていた。陽子ちゃんはえーー茶葉じゃないでしょーーと思ったというけど、いまだに本当のところはわからないという。



旧友達のダスン君は、ぶっちゃけわたしの仕事もなにしているか、わからなかったみたいで、今なにをしているの?と聞かれた。わたしはこの宝石のお店とあなたみたいに日本でも裁判所とかで仕事もできるようになったよと通訳のことも言ったら、とても喜んで称えてくれた。。

そういえば、20歳頃まで、わたしは村で小学校のときの先生に道で会うたびにあんた何してるんだ、あの時の他の二人はすごい勉強していい仕事につくと思うよと言われていたんだった。その時、わたしは何をしていたかというと村で小さい英語の塾と、ココナッツ繊維のマットを作る仕事で、手にタコがいっぱいできて、毎日100個つくっても1ヶ月2000円3000円くらいのお給料しかもらえていなかった。それで、先生にあうたびに何か恥ずかしくなっていたけど・・・やっぱりアパラムッダをつけて、日本に来れたこと、日本で大学に行けたこと、陽子ちゃんと結婚してこのお店を作ることができたこと、それで後拍車をかけてくれたのは、やっぱり非加熱の宝石でアパラムッダやジュエリーをつけるようになって、日本の公的仕事もできるようになったことはやっぱり、、、本当にこの惑星の宝石の力だなあと思う。あと、最近は本当にもう不思議でしょうがないけど、日本の神道の神様は、確実にいて、もう私の動きを見ているとしか思えないことがしょっちゅう起こる。。。だから、きっとわたしが日本の神様のお導きがあって、日本で役目があるから呼ばれたんだなあと信じるようになったよ。ちゃんと私がそれをわかって頑張らないといけないなあと思っている。

ちなみにあとで陽子ちゃんのお母さんにこれを話したら、「あんた、名刺もってって大臣さんに私は日本で通訳やってますから、何かあった時はいつでも呼んで下さいって営業したの?」って聞かれた!!・・・あーーー!!!陽子ちゃんとわたしはその手があったかーと思った!!結局わたしたちはそういう営業が下手だなあと思ったけどね。

ダスン君とワシントンホテルで会ったあと、レオンちゃんがランドマークタワーにいってみたいと言ったから、わたしもいったことなかったし、みんなで行ってきた。

天気もよくて、すごくきれいだった!
陽子ちゃんは全然高いところからの景色とか興味がないから、こうやって後ろに座って、みてる私たちを撮ってくれる。



この半月みたいな形のはインターコンチネンタルというホテルだというけど、一番てっぺんのところ、何かがあるというよ。



これは夜、観覧車からとった写真だけど、一番上のところには、女神様がいて、横浜を守っていて、女神様にお願い事をすると叶うというよ!ほんとかなあ!



というわけで、また横浜だけど、もうこの2ヶ月でわたしと陽子ちゃんで合計6回行かされていて、陽子ちゃんはもう飽きてきたよーーと言っていた!しかも陽子ちゃんはわたしの友達のイケメンベルギー人先生に会えると思っていたのに、いきなりまた横浜でスリランカ人友達と会うことになっちゃったから、陽子ちゃんにも楽しいことを作ってあげないとと思って、、、大倉山のあのサイラムという、ヴィーガンレストランにも行ってきた。。

サイラム。前回は陽子ちゃんとレオンちゃんがいってきたけど、私は初で!



私の目があっちをみているのは、陽子ちゃんの友達のT君がきたから!T君はここの駅からちょっとの駅のところに住んでいたから、陽子ちゃんに呼んだら?と言ってあげたら、きてくれた。陽子ちゃんは、えーもうT君ばっかりも飽きたよ~そろそろ違う友達と遊びたいよ~と失礼なことを言っていたけど!

これが何がおいしいかって、料理もおいしかったけど、お味噌汁と酵素玄米ご飯が!



あと、一杯850円のいちごと豆乳のシェイクは、高い!!と思ったけど、頼んであげた。陽子ちゃんとレオンちゃんはこれはめっちゃうまいーーーと大絶賛していた!まあ、ヴィーガングルメ祭りにいったら、もっとたくさん種類のヴィーガンフードやケーキがあったと思うけど、ちょっとでもしめしがついて良かった・・・


ところで、HPのペンダントの紹介のところで、お客さんが陽子ちゃんをきれいですと言ってくれたと言って、陽子ちゃんはそんなこと言ってくれるなんて、めっちゃ感謝していると言っているよ!!!その言葉で一週間くらいはハッピーだって!他のお客さんも、陽子ちゃんが何か特別なことをしていたら教えてほしいと言っていたけど・・・わたしからみたら陽子ちゃんやっていることは、もう全部不思議なことばっかりだよ!食べ物は水、塩、砂糖、お米ぜんぶこだわりがあって、前はグルテンフリーということで、米粉にはまりすぎていて、今度は何かというと・・・つぶつぶだって。

つぶつぶは雑穀のことで、新宿早稲田に「つぶつぶカフェ」という雑穀のレストランが
あるんだけど、この間陽子ちゃんとレオンちゃんが勉強会のときにいった。



そこで食べたスパゲティが今まで生きてきて食べてきたスパゲティの中で一番おいしかったというのがあったという。それが、もちきびのカルボナーラというやつで。



これもヴィーガンで肉魚卵乳製品使っていないけど、すごくクリーミーで普通のカルボナーラより、めちゃうまかったという。何で作っているかというと。もちきびとコーンということで。上にベーコンみたいにかかっているのは板ふだという。

早速レシピを買って、再現してくれた。もちきびとコーンとタマネギを昆布だしで炒めて、たくと、完全に卵みたいな味になる!!!
つぶつぶ雑穀パスタ という本で。



まず最初に基本のもちきびコーンというソースを作る。それはクリームコロッケを作れたり、いろいろアレンジができるんだって。乳製品や卵を入れないのに、信じられないくらいクリームっぽい味になるよ!



それにマッシュルームや菜の花を炒めてまぜて、ソースを作る。再現大成功で!わたしは毎日食べたいくらい、すごくおいしかったーー!!これは卵や乳製品アレルギーの人でも、安心して食べれるカルボナーラというからいいでしょう。



小麦粉のパスタが苦手な人は、「ひえ」で作った「ひえめん」というのゆでると、グルテンフリーのかなりパスタっぽくなるよって。
だから、うちには結構、冷蔵庫の中は米粉や、ひよこ豆粉、もちきび、たかきびがいっぱい入っている。ベジタリアンになると、たんぱく質や鉄分カルシウム、ミネラルがとりにくいから体が弱くなるでしょう、背が伸びなくなるでしょうと言われることもあるけど、、レオンちゃんはスクールの中で一番体が大きいし、陽子ちゃんも筋肉質で体がしっかりしている。この動画をみると、すごい!って思うけど、結構菜食でも強いということがわかると思う。でも菜食を続けるためには、やっぱりいろいろ大豆のお肉の料理ができるようになったり、いろいろ料理には工夫が必要だよ!でも日本の雑穀というのは、昔から日本では食べられているもので、本当にすごく栄養価が高くて、女の人の体にも鉄分やミネラルがたくさんとれて良いというから、皆さんもいろいろチャレンジしてみるといいでしょ!

あと陽子ちゃんはもちろん普通のときは、こんなにもちきびみたいにこったものじゃない、菜食だけど普通のご飯も食べるよ。だけど、あの人はやっぱり何かが違うことをするよ!例えば、納豆ご飯!
納豆は国産大豆のがいいという。からしとたれは普通に入れる。たれのかつおだしとかは完全には菜食じゃないけど、まあ目をつぶっているって!それに小さじ一杯くらい、
アマニ油と小さじ一杯の普通のお水を入れる。
あとわさびをちょっと入れて、めっちゃかきまぜる。

そうすると、なんと卵かけ納豆ご飯みたいな味になるーーー!



アマニ油は、オメガ3というのが入っていて、陽子ちゃんによると健康できれいな体を作るのにオメガ3は必要だけど、人間の体でできないものだから、アマニ油で食べるのがいいんだって。

実はわたしも納豆は苦手だったんだけど、このアマニ油とちょっとお水を入れて混ぜる方法のは、すごくおいしくて!!納豆食べられるようになりました!体にもいいというから、簡単だし、やってみてね!

あとは陽子ちゃんはすごくゆっくりのスクワットをやっていたり、変な動きをしていたり、お化粧をする前に不思議な顔のマッサージをやったりしている。、、私はみていると変だなあとおもって、「スリランカ人の女の人は絶対そんなことしないよ」といったら、「スリランカ人はもとから手足ほそくて目がでかくて、小顔だからせんでもいいやんかーー」と怒る。でも、日本の人は小顔がいいと思っているけど、世界では実は欧米人とかも小顔は恥ずかしいと思っていたりするよ。わたしは、日本人の顔の目のきりっとして、目の白いところがきれいだなあと思うことが多い。でも最近の若い人は、目の白いところが少ない方がいいと思って黒い目をひろげるコンタクトを入れたりするんだってね!!わたしは、本当にもったいないことと思うよ!日本の人の顔の美しさは正面からみると、まるいおつき様みたいで黒い髪と白い目がとてもきれいということが大切だから、これをみている人は、自信をもってほしいと思う。


さあ、今度はお店のジュエリーのことだけど、今はスリランカ産のサファイアがすごく採れなくなっていて、非加熱はもっとなくて大変だけど、でも少ない量でもちょっとずつはまだ産出してくれていることに感謝している。その数少ないとても貴重な非加熱無処理の宝石の1個1個は、やっぱりこの人のところにくるために発掘された、という運命を感じることばかりだよ。

この指輪のブルーサファイアは、スリランカ産でとても大きくて、スリランカらしい色できれいなカットで女の人につけてもらいたいなあと思っていたら、ブルーサファイアがラッキージェムのお客さんが現れてくれて、うれしかった。ラーフのアパラも強かったから、カップケーキの台座のペンダントも一緒にオーダーしてくれた。



男の子二人のお母さんは、毎日すごく大変だと思うけど、愛情をかけて育てていると、子供達の明るい運気を自分にもわけてもらえることがあるし、ポジティブ毎日楽しく暮らしてほしいと思うよ!

これはサクラマニムッダのプラチナだけど、本当にわたしたちのこのアパラムッダの
惑星宝石たちは、最後の1個までものすごく大切にチョイスしている。



時々サイズ直しをお願いされることがあって、それは現地じゃなくて御徒町にお願いするけど、御徒町の職人さんは、わたしたちの指輪は普通はこの最後の端っこの、このミャンマー産の非加熱ルビー1個が、デパートのハイジュエリーでも売られていないくらいの高品質のものだと言ってくれる。だから、日本の職人さんも、現地の職人さんも石の価値はみたらわかるから、とても丁寧な仕事をしてもらえるよ。

これは同じくプラチナだけど、サクラマニ・Futureタイプでカップケーキ型の台座だよ。真ん中はスリランカ産の非加熱イエローサファイアで!光るものは魔除けになるというけど、このイエローサファイアのテリは照り返し!って陽子ちゃんが言っていたみたいに、すごい魔をはじくような輝きだった!



このお客さんも非加熱のミャンマーのちょっと大きなルビーがサイドに入っている!
ルビーはものすごく高いし、少し大きめが選定された人は非加熱にしようか迷うと思うけど、ほしくてもピンク系の赤いルビーはあっても、こういう非加熱でピジョンブラッドというくらいの赤いルビーがなかなか探せないことが多い。
だからあったらすごくラッキーなタイミングと思う!



このお客さんのFutureリングも端っこに小さいサイズのアレキを入れている。アレキのおおきいのがやっぱり高いから、2個に分けているんだけど・・・それでも、この端っこの1個さえもすごく貴重なきれいなものだよ。はしから2番目のミャンマーの非加熱ピンクサファイアは大きくはないけど、陽子ちゃんの大きな指輪と同じ仲間の石だから、太陽のパワーをちゃんともらえるよ!



このお客さんは、ホロスコープではケートゥが強かったり、精神のアップダウンが激しくて、体調も良くない時が多いみたいだったけど、ピンクのサファイアと赤いルビーは、血液循環を強くしてくれたり、スリランカではエネルギーの通り道をスムーズにしてくれるという。段々心と体のバランスもよくなって、ホロスコープに書いてあったみたいにハッピーになれるといいね!

ところで、最近一粒タイプのペンダントや指輪もご注文をもらって、それはとてもシンプルなものだけど、なかなか他ではできないような細かなこだわりがあって、気に入っている!陽子ちゃんと製作は、お客さんのニーズや予算と、その石が一番最大の効果を
あげるためのセッティングを考えてデザインを作っているよ!

こに2つのシンプルなペンダント、すごく素敵だったね!
右はカップケーキの台座のゴールデンカラーのヘソナイトガーネットで、
左の大きなのはなにかというと・・・グリーンムーンストーンで!
グリーンムーンストーンは普通カボションカットで、丸い表面のは時どきあるけど、これはファセットカットでラウンドだから、すごい珍しいものだった!!!わたしのお店を
12年間やってきて初の出会いの石!3ctの大きさは結構迫力が違うでしょう!



これはシンプルだけどティファニー6本爪で、爪の先端もひっかかりがないように工夫をしてもらっている。チェーンも自分のが通せるようにバチカンをあけてもらっている!



このペンダントのお客さんは、前から仲良くしてもらっているお客さんだけど、なかなか仕事がすごく忙しくて、体も大変そうだった。でも、わたしのブログの前のスコレーのお話をよんでくれて、自分も仕事仕事じゃなくて思い切って休むことが大切と考えてくれたみたいで、5月のおわりから自分の体を大切に休むように会社にちゃんといったみたいだ。そういう動きは仕事ができなくなると、例えばお金が大変になっちゃうとか思うかもしれないけど、でも思い切ってやすんでみて。今までと違うチャレンジとして、自分を大切にする行動は、惑星からのサポート、神様からのご加護も強くなる方法だから、必ずあとで幸せがくるから。それをなかなかわからないで、今の状態にしがみついている人が多いけど、それは悪循環になって心と体が疲れるだけで運気はどんどんマイナスになるというから。疲れているときは思い切って、休めるようにお願いしてみるといいでしょ。

陽子ちゃんもちょっと横浜ばっかりいっていたし、あったかくなったらまた出雲の宍道湖の方の温泉に行きたいなあと言っている。みんなでいくと疲れるから、わたしも陽子ちゃんを一人で行かせてあげるようにスケジュールを考えてあげたいと思っているよ!

ところで、今年は薄いこういう湖みたいなグリーンがラッキーというけど、なかなかこんなグリーンムーンストーンはないでしょう。でも、この透明感のあるグリーンは魅力的。



グリーンと言えばアレキサンドライトや無処理エメラルドだけどそれは最近ますます高くて、わたしたちがアパラムッダに入れられるような、インクルージョンが少なくて、あとサイズがあっても、厚みや高さがしっかりないと強度がないし、長く指につけていて大丈夫なものというのは、本当になかなか仕入れが難しい!!

それで陽子ちゃんは前からすごい調査をしていて、、、やっとアレキや無処理エメラルドに代わる、グリーンの宝石にたどり着いた!それは非加熱のグリーンのアクアマリンだ!といっても、アクアマリンは青いからアクアマリンというんだけど、その石はベリルという。ベリルは普通透明やイエローのが多くて、それを400度くらいで加熱すると青いアクアマリンになる。で、ベリルが自然に緑になるとエメラルドになる。でもその色の構成が大事で、アフリカ産のようなバナジウムで緑になるエメラルドはよくなくて、クロムという物質で緑になるものじゃないといけない。だからアレキの緑はクロムによるものだ。

でも、アレキは高い!!無処理エメラルドも高い!だからエメラルドになる前のベリルで、しかもエメラルドになるとものすごくインクルージョンが多くなるけど、同じベリルでもアクアマリンになるベリルは殆どインクルージョンがないものが多い。だけど、色は透明に近い薄い水色や黄色、黄緑が多い。これを加熱すると鮮やかな青いアクアマリンになる。でも、、時々アクアマリンだけど、そのままで青いじゃない、そのままでかなり緑に近いアクアマリン、ベリルがある。それも、産地によってはバナジウムによる緑だからだめだったんだけど、陽子ちゃんはある産地のグリーンのアクアマリンは、クロムの含有があることがわかって、それはやっぱり、エメラルドやアレキと同じ産地だった!!それで、グリーンのアクアマリンというか、ベリルだけど非加熱のアクアマリンで、産地を特定して入手することにした!もちろんアフリカ産じゃない。それと、残念ながらスリランカ産もアクアマリンを産出するけど、クロムによる緑が強く残っている非加熱のアクアマリンは今のところ見つかっていなくて、透明に近いんだよね。

これはエメラルドになる一歩手前の非加熱無処理のグリーンのベリルだけど、あの国の鑑別機関によってはグリーンのアクアマリンと鑑別に記載されることもある。もちろん、これもかなり数が少ないんだけど・・・でも、値段にすると1ctのアレキは20~30万前後する、薄い色のエメラルドでも60万近くする!。濃い色のがっつり無処理のエメラルドは1ctくらいあると100万くらいする。。。

でも、1ctのグリーンの非加熱アクアマリンのようなグリーンべリルは、あの産地のは1ctでも10万位、1.5ct近くでグリーンが濃いと20万くらいだ、逆にもっと小さい0.5ctくらいなら、5~6万でもある!同じ値段ではアレキのラウンド3.5㎜は0.2ctくらいしかなくて、それでも5~6万だけど、この非加熱のグリーンべリルはアレキと同じお値段で2倍くらいの大きさをゲットできるというわけだ。とはいってもあの産地でグリーンのアクアマリン自体が出てくるのが少ないし、ほとんどは、加熱されてアクアマリンになっちゃうから、グリーンが鮮やかでインクルージョンがなくてきれいなもので仕入れの拡大検査でクロムが確認されるものは超、超少ないから、4月に1個、5月に1個くらいしか入手できていないけど、今いけそうなところを少し集めてもらっている!

ちょっと前にもっと大きい1個仕入れられたのは、1.5ct近くて大きかったから、お値段結構して、それはもうお客さんが決まてジュエリーを作っているけど、もう1個オーバルで1ctのが入ったよ!!

これは鑑別では非加熱の天然グリーンべリルになっている。
1ctでテリや輝きがあってすごい綺麗だよ!



カットもとてもきれいなのがわかるでしょう!



左が一度仕入れたけど、色が薄すぎて陽子ちゃんがNGを出したもので、非加熱無処理だけど、やっぱり色が足りない。でも、右のは本当にエメラルドのような雰囲気でしょう!



よくロシアやアフガニスタンの無処理エメラルドは、こういう風にブルーがかっているものが多くて、そういう産地だったらエメラルドという鑑別になるかもね!
すごく綺麗な1ctの透明な澄んだグリーンの宝石だね!
これはお値段は1ctなので13万円くらいしちゃうんだけど、、無処理エメラルドだったりアレキだったら1ctだとすごい価格になるよ!大きめのグリーンの石が必要な人は一粒ペンダントとかリングはいいでしょう!



あと、1ctじゃなくてももう少し小さいサイズとかも、今探してもらっている。ただ、ラウンドの3.5㎜とか小さいのは、拡大検査でわかる要素が少なくなるからあまり小さいものは入手ができないんだけどね。でも、見つかる量は少ないけど、あったらそんなに高くないから、もしグリーンの石で無処理エメラルドに近い、すっきりした緑の石がほしい人がいたら、陽子ちゃんに連絡をしてね!見つかったらご紹介できるようにしようと思う。
このグリーンの新しい石は、見ていてもすごく癒される優しい色で、やっぱり心に受けた打撃を癒してくれたりする効果もあるみたいだね!

しかも水星は知性の惑星だから、グリーンべリルの力は先を見通して、活動できるようにしてくれたりするというよ。ラーフのアパラが強い人は、今までいろんな条件や環境に心がゆれ動いて心配性だったりするけど、なかなか先を見通して行動することができないというお悩みが多かった。でも、このグリーンはあなたに先を見て、今の現状を分析して、必要なことをリストアップして、計画的に行動できるようなそういう力を助けてくれるんだって。それと理解力や知識の吸収を早くしてくれるというから、、、癒しと知のパワーがほしい人は、いいでしょう!

というわけで、今回はまたすごく長くなっちゃってすみません!
これから梅雨の時期も始まるし、雨が降ると気圧で体調や心もくもりになりやすいというけど、、雨のおかげでこの地球のグリーンもキープされて、CO2も吸収してもらって、
わたしたちにきれいなO2を提供してもらえるよ!!
だから雨はありがたいと思って、雨の日でも好きな傘もっていったり
楽しい気持ちでがんばれるといいね!

ありがとうございました。



2017年NEW YEAR !!!

皆さんこんにちは!!
明けましておめでとうございます!!!
スリランカのお正月ということで、今日はブログを作らせてもらいました。
これはスリランカから届いた年賀状!?みたいなカードだよ!



何て書いてあるかというと・・・
ブラットの葉、お米やココナッツミルク、ココナッツで出来た蜜とかおいしいもので
あふれた幸せなお正月を過ごせますように!
って書いてある。ここに載っているお菓子はお正月の4大お菓子ということで、わたしの弟の家でも、こんな風にお正月を迎えている!

(なんか横になっちゃってごめんなさい!)

奥の黄色のは、コキースという米粉で作った塩味の油であげたおせんべいみたい。
その次は、キリバットといってココナッツミルクで炊いた甘いけど塩味もするご飯。
これは日本のおもちの役割。手前の茶色の四角いのはウェリタラプといって、ココナツ蜜やスパイス、米粉とか入った日本の羊羹みたいなお菓子。右の白い丸いのは・・たぶんゴマで出来ているお菓子。それと葉っぱはブラットという葉っぱで、これは噛むとミントみたいな味がするんだけど、日本の神様におそなえする榊の葉っぱみたいなものだよ。

わたしたちはなかなか日本じゃこういうお菓子は作れないから、
ココナツミルクのご飯は作って、みんなで食べて、美味しかった!

前回のブログで戦争のことを少し書かせてもらったんだけど
たくさんのお客さんからメールをもらったり、コメントもくれたお客さん、
どうもありがとうございました!!!
スリランカでは内戦が10年くらいまであったけど、さすがにご飯がここまで食べられない状況じゃなかったけど、今でもシリアとかアフリカでは戦争をしているところがあって、たくさんの人がものも食べ物も不足して、恐怖で苦しい生活をしている人もいるから。
やっぱり今の戦争が小さくなって、これから新しい戦争が生まれないように、平和を維持できるように、みんなで頑張りたいね!
実は次のブログでも少しお話が続いていく予定だから、5月をまっていてくれると嬉しいです!

ところで、今回はもう超―久しぶりにスリランカ産のピンクサファイアを入手したよ!
実はもうスリランカではピンクサファイア、特に非加熱のは全然とれなくなってしまっている。それでこわいのがマダガスカル産とかタンザニア産が入ってきて、石をうる人たちが平気でそれをスリランカ産ですといって出してくることだ。前はパパラチアサファイアが珍しかったけど、もう去年2016年から今年は合計5個、6個くらいしかスリランカ産の非加熱ピンクサファイアは入ってこなくて、ミャンマー産のをが入手できるからよかったけど・・・スリランカの独特の紫みたいなオレンジみたいな多色を含む明るいピンクサファイアは、本当に珍しいものになってしまった。

今年に入って実はこれが1個目という、スリランカ産の非加熱ピンクサファイアだから、どれだけ少ないかわかると思う・・・
でも、、、これが実は何と、、今回は1ctUPで、しかも陽子ちゃんが前にいっていたのは、かわいい色の石は逆にクールな形がすてきだと言っていたけど、まさにその通りの、色は超可愛いピンクだし、インクルージョンもなくてめっちゃ透明感でキラキラしているよ!

これは全部非加熱サファイアなんだけど・・・真ん中のピンクがスリランカ産で、ピンクサファイアの左はミャンマー産のブルーサファイアで1個小さいロイヤルブルーがあるよ!!あと、ピンクサファイアの右側が全部スリランカ産のブルーとイエロー!
ちなみにこれで見てわかると思うけど、、、なぜかこんな風にオレンジがかっているーー鑑別書ではピンクだけど、、、これはパパラチアに近いやつの証拠でしょ!!



完全な蛍光灯下だと、こんなスッキリしたピンクの透明感のあるキラキラだけど・・・



太陽と白熱灯下だと、こんな色に輝くときがあるーーこれはパパラチアみたいでしょう!
これはカードの鑑別書がついていて、日本の鑑別書を作って25万円くらいで売れたらいいかなあと思っていたけど・・・もし、このまま欲しい!という方がいたら、191800円です!!これは本当にはじめてのオクタゴンカットで、こんな理想的なピンクの輝きで、
パパラチア似なのに1カラットUPは、、本当に二度とないよ!!!
(今はジュエリーを作れないけど石だけは買いたい・・・という人は相談して下さい!)



ところで、こないだいつも時々自分で作っているフルーツや野菜を送ってくれるお客さんから、小さなお土産が届いたよ!台湾にいく機会があったので・・・陽子ちゃんには
ナチュラル石鹸とわたしにはミルクティー!



陽子ちゃんは台湾が大好きだから、お礼のメールもいつもよりわくわく送らせてもらったら・・・なんで台湾にいったかというと、、ホームセンターのくじで当たったんだって!


わたしも時々そういうガラガラやつとかやったことあるけど、全然当たったことないよ!
それが当たるなんて、すごくラッキーだったね!お母さんと旅行にいけたということで、わたしも今よく自分が旅行とかいいところにいくたびに、いつもお母さんにも連れていってあげたらよかったということだ。だから、お母さんと海外旅行にいけるというのは本当にすごく素敵なことだよ!お正月のブログだから、皆さんにもちょっとしたラッキーの風がとどきますように!
きっとこのお客さんは、よくわたしたちにもフルーツや野菜を送ってくれたり、いろんな人に気配りできる人なんだと思う。だから、めぐりめぐってラッキーが届くよ!
これからも、たくさんの幸せとラッキーなご縁につながるように!!!

というわけで、今年はわたしの仕事がどうしてもお盆になければ、できたらスリランカにいこうと思っているから、七夕あたりにバタバタできないことでキャンペーンを製作と相談して、少し分散させてもらっている。今はホロスコープの翻訳もいろいろセッションが多くて量が多いから、結構時間をかけて深くよんでいるからね。
というわけで、お正月だし、宝石はとても少なくなっているけど、まだ今ならできると思うから・・・22日までのご注文のお客さんは、みんな6017円引きになるよ!

実は一番右は0.26ctで大きくないけど、ミャンマーの本当の非加熱ロイヤルブルーサファイアだから、小さいけどぎゅっとした濃いロイヤルが欲しかった人は1個の指輪とかもおすすめだよ!ラウンドの非加熱スリランカ産のイエローやブルーもあまり入手できなくなっているから、今回はお正月らしく、きれいでしっかりしたのが集まって良かった!最近指輪とセットの一粒ペンダントもご注文をもらったりしているけど、シンプルペンダントなら8万位でオーダーメイドで作ることができるからね!


[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS


というわけで、最近はあまりブログでも非加熱無処理の宝石が入ってこなくなっていて、紹介するのが少ないけど、、、時々とてもいいものに出会うことがあるよ。
実は陽子ちゃんがレイテ島の昔のことをいろいろ調べていたりするけど、助かった人というのは、やっぱりものすごく偶然をいっぱい経験しているけど、でもその前の精神としては、戦わない!と決めた人だったりするという。
皆さんもいろいろ、小さいところでは家庭の中、親戚、それから仕事や友達、恋愛や子供の親友達とか、いろいろ人間関係があって、その人たちはみんなあなたと心が通じ合っているわけじゃなくて、時々いらいらしたり、腹が立つこともあったりすると思うけど・・・でも、戦わないと決めていると、逆に気にしないで笑顔でふつうにできたりするね。それも最初の戦わないと決めた自分の気持ちの努力だ。
でも、それがすごく大切になることがあって、そういう努力ができるようになると、突然思わぬラッキーや、神様からの助けがもらえたりすると思う。

2017年はもう4月も半ばだけど・・・ある国ていうかわたしの国では今から
1年のスタートだ!いつでも新しいスタートができるよ!
自分のためにも誰かのためにも、時々休みながらでもがんばっていけたらいいね。
ありがとうございました!






平和を考える。

皆さんこんにちは!
今日もみにきてくれて、ありがとうございます!
最近はあったかい日もおおくなったし、桜もきれいにさいて
やっぱり春がきた!という気がしてとても気持ちがするね!
もう厚いジャケットきてたら変かなあとか考えるのもうれしいけど、
みなさんは、元気ですか!??
スリランカはもうお正月だし、個人的にはまたここからスタートできる!
っていう感じがするから、頑張りたい気持ちも強くなるよ!

4月のこの時期はいろいろ皆さんいそがしいと思うけど、
お客さんからもお子さんが学校にぶじ合格できたとか、病気がよくなってみんなで旅行にいけたり、わたしたちも元気になるお便りをもらったり、本当にありがとうございます!!
1個1個ステップアップしたり、できることが増えていくことはすごく嬉しいね!
それが宝石のパワーと皆さんの自分のマインドをつらいときでも、落ち込まないようにがんばったり、まわりに感謝していく気持ちがあるから、きっとちょっとずつうまくいくよ!

この方は、よくお手紙をくれるけど、わたしもわかりやすくてきれいな字だなあと思う。
みんないろいろ体調のことで、不安はあると思うけど、このお客さんは近いところでも移動のときに体調が突然悪くなっちゃったりする〇〇障害というのがあって、家族旅行もむずかしかったんだって。思い出の土地にまたみんなでいくのはとても感動するよね!
またみんなで新しい思い出ができていくといいね!



最近のわたしはブログも気づいたら、11年以上続いていて、いつも来月のネタはどうしようかなと思っちゃうこともあるけど、陽子ちゃんが毎回おもしろいネタを提供してくれて、ほんとにビックリするよ!よくこんなことが起きて話すことがおわらないなあと思っちゃう!

わたしたちは去年も3月末のこの時期に横浜で宝石展があって、そこにくる業者さんとの取引のために、ホテルに泊まっていろいろ宝石を見せてもらうんだよね。今年もそのつもりでレオンちゃんは春休みだし、横浜観光をいろいろ考えて、楽しみにしていた!特にわたしとレオンちゃんは横浜に木下サーカスをみにいくのに、指定席もとっていた!

だけど、やっぱり!わたしがそういう日に限って、通訳の仕事がはいって行けなくなった。それでその日はお母さんは夜からしかあいていないというし、チケットが1枚むだになっちゃうなあ、どうしようと言っていたら、陽子ちゃんが、あ!といった!
前のブログでも紹介したけど、陽子ちゃんの大学のときの友達でT君が地方にすんでいたけど、仕事が横浜の方にきまって引っ越しをしてきていたから、仕事もまだ始まっていなくて、どうせ彼女もいないT君ならひまだろうといって陽子ちゃんが呼び出して、サーカスはT君がわたしのかわりに行ってくれた。サーカスの見せ場はホワイトライオンがいっぱいでてくるショーで、レオンちゃんはめっちゃ楽しんでいたというけど、T君はライオンが猛獣使いに今にもかみつきそうで、なんかあったら「お医者さんはいませんか」と場内放送があって、自分が呼ばれたらどうしよう、俺ぜってーしらないフリするからと、心の中でいろいろ思って緊張して、早くライオンおわんねーかなと思っていたというよ!

実はわたしも、ゾウやライオンのショーとかこわいの。なぜかというとスリランカではゾウが夜中に村にやってきて、アタックされて家が壊されたり、人がなくなったりしているから、動物というのはいつどういう時に野生の感覚がもどるかわからないから、ほんとにこわいと思っていて!だからスリランカのキャンディでペラヘラというゾウの大群が町を行列して歩く祭りがあるけど、わたしは近くで見たいと思っていない!だって、昔一回だけゾウが暴れたときあったから!観光客のひとたちはそういうのは大丈夫だろうと思って平気で近くでみているのが、わたしは信じられないくらい!
陽子ちゃんはライオンや動物がむりやりあんなことさせられて可哀そうだった、好きじゃないと言っていたけど、でも、まあ、レオンちゃんも初サーカスを楽しんで春休みのいい思い出ができて良かったとおもっているーー

結局その日は、宝石もT君と陽子ちゃん、レオンちゃんでみて、T君は業者さんがもってきてくれていた宝石のお値段に驚いていたというけど。
夜は陽子ちゃんのお母さんがきて、ホテルに泊まって次の日の横浜観光はレオンちゃんはおばあちゃんと陽子ちゃんと3人でいった!まぁ、そのへんの観光はさくっとかくけど、わたしと陽子ちゃんはレオンちゃんが生まれる前に住んでいたのは横浜だった。何で引っ越したかというと、横浜で赤ちゃんを産む病院がなくて、車ももっていなかったし、歩いて産院までいけるところにひっこっさないといけなくて埼玉にきたわけだけど。そんなわけで陽子ちゃんはむかし横浜の会社で仕事をしていた。
それでちょっとレオンちゃんをつれて、前に住んでいたところの神社におまいりをしにいって、そのあとは大倉山駅まえのサイラムというお店で、ランチを食べたんだって。
そこは、ヴィーガンという、肉魚卵乳製品なんもつかわないお店でとてもおいしかったというよ。

そこに入ったら、お店のお兄さんが陽子ちゃんに「前に浅草の「かえもん」ていうお店にいったことありませんか?ぼく、そこで働いていたんですけど、一度話をしたことがあって」と話しかけてきてくれたという。そういえば船にのって浅草にいった時、かえもんていうお店にいったことをここでも書いた。
おいてあった雑誌にスリランカのお坊さんが瞑想を教える特集記事をみつけて、わたしもブログで紹介させてもらった。あのときにいた店員さんが陽子ちゃんを覚えててくれて、陽子ちゃんはうわー若いお兄さんに覚えられるってうれしいな~と喜んでいた!

お店のカウンターの方で、好きなおかずを選んで重さでお金をはらうんだって。



なんと中にはいるときに靴をぬいで、部屋みたいにはいるという。フロアは木の床ですごく気持ちがいいようになって、すてきなんだって。



肝心の味は、ヴィーガン料理でもかなりおいしい方でめっちゃおいしかったんだって!おかずもヴィーガンなのにしっかり味ついていて、レオンちゃんは酵素玄米がお赤飯みたいでおいしいとおかわり自由だから何回も食べたんだって。わたしたちは旅行にいくと困るのは、食事なんだよね。
だって、まずベジタリアンのお店がないから。他のファミレスでベーコンぬきでとか、鶏肉ぬきで作ってくださいとか、いろいろお願いしたりするくらい。でも、こんかいの横浜旅行ではベジタリアンご飯が食べられてよかったといっている。わたしもきっと行くチャンスがありそう!

これはお母さんので。まんべんなくとっている。



これは陽子ちゃんので。陽子ちゃんはたかきびハンバーグや大豆ミート系多め。
鉄分タンパク質多めだというけど、、ケーキがあるよ?この抹茶のケーキもめっちゃおいしかったというけどね!



ちなみに陽子ちゃんがあのタカキビハンバーグのテリヤキ味がおいしかったからって、タカキビで甘辛く作ってくれたけど・・・写真と全然ちがう完成度じゃん!っていったら、、どうせプラちゃんはカレーでもなんでも手でこねこねつぶして食べるからいいじゃんだって。確かに味はテリヤキハンバーグみたいなタカキビだったけど。。
たかきびと大根とえのきを煮て、味付けに玄米米飴とお醤油で味付けている。
最近陽子ちゃんはかなり雑穀にはまっているよ。。。
(いまはモチキビのカルボナーラソースをしょっちゅう作っている。。これはまた今度で!)



まあ、そんな感じで大倉山でお母さんとみんなはゆっくり休んで食事を楽しんで、それから横浜みなとみらいのコスモワールドにいって、観覧車にのったって。
去年わたしも乗ってた様子が2016年の4月のブログにのっているよ!そこは強制的に写真をとられるんだけど、、、陽子ちゃんは体重マックス62キロだったからここに載せなかったけど・・・今回は思い切ってすごいヤバい写真をのせていいというよ。



1年前の陽子ちゃん。。顔ぱんぱんで髪の毛、めがね、全部おばさん感ハンパないでしょ、みんな笑ってくださいといっているから、どうぞ、笑ってください!
↓それから
今年の陽子ちゃん、確かにちょっとやせて若くなっている!
まだ学生時代の40キロ台に戻っていないというけど、、



着ているのが、ピープルツリーのオーガニックコットンコートで、、前のブログにも写真をのせたらお客さんが全体がみたいといってたから、のせたよ。
グレーとかだけど、必ず陽子ちゃんはくらい色にならないように、ラッキーカラーの赤ピンク系を入れるって。中は早稲田パーカーで、国産で着心地がいいし、動きやすいといって、陽子ちゃんは最近こればっかりきている。でも、全体的にやっぱりわたしも今の方がいいと思う。
これが非加熱のピンクレッド系コランダムの効果ですと宣伝してって!

まあ、陽子ちゃんの62キロのウケル話はきょうはここまでで、、、
ここから陽子ちゃんの運命が動くことになるーーー


陽子ちゃん一行は、コスモワールドから、赤レンガ倉庫あたりの花畑を楽しんで山下公園にいった。そこでもう夕方くらいだったけど、レオンちゃんがあの大きな黒い船に入りたいといったから、そこに止まっている船に入ってみたという。

それは「氷川丸」という大きな黒い船で、1930年代にできたタイタニックみたいな豪華客船で、チャップリンとか有名な人もたくさんこの船できたという。陽子ちゃんたちは夜は2000円のイルミネーションクルーズというのを予約していたけど、まあホテルみたいな豪華客船なんか一生縁がないから、みてみようといってみんなで入ってみたという。

そしたら・・・陽子ちゃんはなんか変な感覚になって、一等客室とかをみれるそうだけど、みたらテーブルに4人くらいユウレイさんたちがすわって話をしていたという。
そこで、あ、しらないフリをしようと思ったけど、さわりがでたらいやだから、気づいてるよーということで、お母さんに大声で「ここにユウレイいるよー」といったという。それでお母さんは何にもいないよーといったという。それで、陽子ちゃんはその談話しているレイさんたちのうちの一人がわたしみたいな細長いシルエットで黒い服をきていたというけど、ついてきている感じがしたけど気にしないふりをしていたという。船の順路は一番下のボイラー室みたいなところに階段で下りていかされたという。

そうしたら陽子ちゃんとレオンちゃんはなんかここはだめだ、いやだ、やばいと思って、早くかえろうといいながら、ボイラー室をにげるように階段をのぼって甲板にでたという。そのとき陽子ちゃんのリュックを後ろからひとがズンズン押して、陽子ちゃんはお母さんに「なんか押されてるよーー」って走ってでたという。お母さんは誰もいないわよ、押さないでって言えば?といったんだって。この言葉をお母さんがあとで話していた。

船の甲板のところ、陽子ちゃんはふりかえって写真をとった。



それで氷川丸からはすぐでて、みんなは横浜駅にむかって夜のイルミネーションクルーズを楽しんだという。

最近できた結婚式場なんだって。どういう人がこんなところで結婚式をするのかな!



陽子ちゃんははっきりいって、イルミネーションは1ミリも興味がないというけど、レオンちゃんとおばあちゃんの春休みの思いで作りだといって、申し込んだという。そのクルージングは2000円で60分だったというけど、期待していなかったけど、若いとてもかわいいお姉さんがガイドしてくれて、横浜のどこになにがあるのか、いつ、どういうことでこれが作られたとか、全部説明してもらえて、はじめて横浜というところを全部わかった気がしたという。だから、すごく行ってよかったという。
そういうわけで、みんなは夜おそくなっちゃったけど、家にかえってきた。
わたしは少し早く通訳仕事からおわって家にきていたの。

それからだ。
陽子ちゃんがさむいさむいといって、寝れないといって、布団を何個もかけた。最初わたしは旅行にいって、人混みでなんか変なウイルスをもらっちゃって風邪ひいたのかと思った。でも、やっぱり様子が違う。頭がきゅうげきに痛くなって、ふとんをどんなにかけても寒いとふるえて、、そのうちご飯が食べたい食べたいといって、なんかあった時用においてある、わかめラーメンが食べたいといって、早くつくれという。。陽子ちゃんがグルテンフリーしたい人だし、夜中にメン食べたいという意味がわからなかった。

どんどん夜中になって、陽子ちゃんはわわーーーといった。どうやら、ようこちゃんは一人明確な黒いたぶん、中国系、マカオとかあっちの方の男の人がいるという。わたしはせめてなにも悪いことが行かないようにお経を唱えた。だけど、そのとき陽子ちゃんがそんなんじゃ意味ないよーといった。ピリットはあまり効果がなくて、チベットのお坊さんのお経をかけた。そうしたらちょっと静かになって陽子ちゃんは一瞬しばらく寝た。そのあとまた陽子ちゃんはおきて、寒い、寒い、おかしい、あと二人いるといった。それはたぶん日本人の戦争の・・・といった。

陽子ちゃんはなぜそれがみえるのか、なぜ自分にくるのか、意味がわからなかったという。それでわたしはいつどこでユウレイがきたと思うかと聞いたら、氷川丸と陽子ちゃんがいった。わたしはパソコンで氷川丸、戦争と検索をしてみたら、、、やっぱり!!

氷川丸というのは、できた当初は豪華客船だったけど、戦争のときはサイパンやフィリピンとかあっちの方に戦争でいった人たちで負傷したひとを運んで、船の中で治療をする病院船になっていたということがわかった。しかも、ふつうは船とかで治療している人がなくなったら、海に遺体を葬るというけど、骨をもっていかないといけないから、船の中で火葬をしていた、それがどうやら、あの一番船の下の方のボイラー室のあたりだったようだ・・・ということがわかった!!!

陽子ちゃんは、、、「そうだ、きょう、クルージングで氷川丸という船の名前は、さいたまの氷川神社からとっていると行っていたよ、、明日、霊をゆくべきところにいくために氷川神社にいかないと・・・」といった。それで氷川神社というのをわたしが調べてみたら、大宮だし、車でそんなにかからないところだった!わたしは仏教のピリットを唱えてもだめだったのなら、神様の力を借りるしかないとおもって、明日氷川神社にいこうといって、みんなでいくことにした。

陽子ちゃんはあまり眠れず、途中でレオンちゃんの方にも何かいったみたいで、ギャーと言ったり、いろいろあった。

次の日、わたしは通訳の仕事でよばれても断って、氷川神社に陽子ちゃんをつれていかないといけないと思った。でも通訳の依頼はその日はなくて、よかった。車で氷川神社にむかった。

そのときも陽子ちゃんは鬱のような人のようになっていて、小さい声でいきたくないなぁ、、お赤飯が食べたい、お弁当が食べたいなあといったから、これはやっぱり戦争のあれだとわたしは思って、駅ビルでお赤飯のお弁当を買った。そうしたら陽子ちゃんはすっごい勢いで車の中でお弁当を2個くらいガシガシ食べた。陽子ちゃんはちなみに朝はニンジンジュースだけで、いつもはご飯は朝もたべない。午後2時くらいにご飯を食べるまでは普通食べない人になっているのに、、その日は午前中もがっつりお弁当を食べた、魚が入っていたのに。しかも夜にはラーメンも食べたし!
わたしはやっぱり戦争でたべれなかった人がついているのかなあと思った。

神社についた。
ここの神様は須佐之男命という男の神様だった。



いちおう、記念写真をとってもらったわたし。



陽子ちゃんはお参りをして、お払いをお願いしようかといったけど、わたしは前にサーッタラがいった言葉を思い出した。普通の神職の人だと、陽子ちゃんのほうがパワーが強いからみえない、はらうことができないだろうという言葉だった。だったら陽子ちゃんがお願いした方がいいといった。陽子ちゃんはもうみんなご飯も食べたし、ちゃんといくべきところにいくんだよと言った。それから、陽子ちゃんはおみくじをひいた。これじゃない、これじゃない、これだと3回ひいた。3回目にでてきたのは

よもつひらさか・・・のうらかた。



陽子ちゃんは安心した。これは日本人なら知っている、生きている世界と死んでいる世界の間の道のことで、黄泉の国へつながる道をしめしている言葉だという。いまここで執着をしていたら、ゆくことができない、今ここでいろいろなものにお別れをしていくことができたら、あなたたちに平安は訪れるだろうという言葉だという。

陽子ちゃんは息をシュッと吐いて、いくように言った。

そして、彼らはいった!

陽子ちゃんの顔は晴れやかになった。
それからやっと氷川神社を見回すことができるようになったという。

戦艦武蔵の碑



戦艦武蔵はフィリピンのレイテ島の沖に沈んでたくさんの人が亡くなったと書いてある。




陽子ちゃんは、あ!と思ったという。。。
何故か今までの自分の人生や最近の動きがパズルができていくみたいに80%できたのがわかったという。。。


どういうことかというと・・・
陽子ちゃんは去年熊本の地震があってから、神道では地震を司るのは土の中を司る須佐之男命様という、地の中の神様だとわかって、これ以上の地震が皆さんのところにこないように、島根県の出雲の山奥のの須佐神社というところにいった。あれが6月末だったという。ちょうど陽子ちゃんの非加熱ピンクサファイアの指輪を作ったときという。

その頃に強烈に思い出したのがT君で、須佐の神様にあの人ともう一度友達に戻りたい、普通に話ができる関係になりたいと願ったという。T君は陽子ちゃんの大学時代の友達で、その人がある時からフィリピンのボランティアにはまりだしてから、陽子ちゃんは全く海外ボランティアは興味なかったのに、それなら一度いってみるかという気持ちで参加したのがレイテ島のワークキャンプだったという。その時にみた途上国の現状に強烈に陽子ちゃんは心を動かされて、今まで全くそういう海外支援には興味がなかったのに、興味をもつようになったという。

それから、仏教の考え方で途上国の発展運動をやっているのがスリランカだったから、スリランカの研究をするようになって、私ともあとで知り合うことになる。

ちなみにTくんは大学卒業後、国の海外支援機関ではたらいていたり、早稲田にはない学部の資格をとるために、また大学をいったりしていたという。そういうことをしている10年間くらいの間に、陽子ちゃんはわたしとスリランカにいったり、お店をはじめたり出産して子育てしてたから、全く連絡をとっていなかったという。携帯を落としてメールアドレスもわかんなくなっていたというし。

でもなぜかあの須佐神社で思い出してから、羽田空港についたときには約8年か9年ぶりくらいにT君が電話してくれて話ができたというよ。それから、陽子ちゃんは名古屋にあそびにいったり、逆にT君は新しい就職先を探していて、最近わたしの家にもきてくれたわけだ。それでちゃんと就職合格して、最近横浜に近いところに引っ越しをしてきて、陽子ちゃんは大学時代の親友を家から1時間くらいのところに呼び戻せてめっちゃ喜んでいる。なにがいいかというと、まじよかったー理系の友達まじ便利。パソコンがアホになってもすぐ教えてくれるしーと喜んでいる!

だけど、実はここにはかいていない話もあった。
なにかというと、陽子ちゃんが6月末に須佐神社にいくまえにアルバムを整理していたら、T君のフィリピンのレイテの写真がでてきて、そこには誰の目にもわかるようにこの世界に実質的なすがたをしていない霊体がうつっていた。これは今もここにあって、わたしは陽子ちゃんから見せられたときすぐに、「ペレータ!」と言った。スリランカも南の国で、フィリピンと似ているから、絶対にそれと思う。わたしが昔大人の人からこわい話みたいに聞いたことがある妖怪のような霊だ。それはもとはそこで死んだ人が、思いが強く残って自縛霊となってしまったもので、その形は妖怪のように黒い顔形、わたしがスリランカで大人から聞いて想像していた森の中にいるペレータそのもので、それが現実に写っていて本当におどろいた!!!

そういうことがあったから、前回のブログでかいたけど、わたしと陽子ちゃんでT君をはさんでピリットを唱えてサッダーワしたわけだよ。

陽子ちゃんはあの写真がなにを意味するのか、たぶんレイテ島で亡くなったりした日本人か、殺された現地人の霊だろうと思っていたけど、深くは考えていなかったという。。。(ちなみに氷川丸の船の全体の写真は障りがでないようにここに載せていない、見たかったらヤフーで画像検索してみてね、へんなのは写っていないと思うよ。
T君のペレータの写真も載せないけど、みたい人がいたら今までのお客さんならメールで送ってあげるというけどーー!!パソコンが壊れたりなんかさわりがあるかもしれないから、大丈夫で興味ある人は・・・というけど!)

だけど、氷川丸に乗って、まさに自分の中に戦霊が入って、レイテ島でなにがあったのか異常に知りたくなって、陽子ちゃんは大岡昇平さんという人の本を呼んだり、映画をみたり・・・いきなり始まったわけだ。

陽子ちゃんによると、調べてみるとフィリピンのたくさんの島があるけど、フィリピン全体では40万人以上の日本兵が送られて、死亡率は95%以上で、30万以上の日本兵の骨が埋まっているという。レイテ島は特に悲惨で、10万の兵が送られたけど、もうそれは非科学と、科学者の戦いのようだったという。
米軍は戦車でくるけど、日本兵は戦車なんてなくて、神風特攻隊のように自分の背中に爆弾をつんで戦車に走ってきて米軍の戦車ごと自爆するような、そういう方法での戦いしかなかったという。食料も補給もつきているところに、なにもないままどんどん日本から、兵士だけ送られてきて、最終的には米軍と戦うというより、逃げるくらいで、それよりもひどくて、なにも食べるものがなくて、餓死したり、病死したりするだけだったという。中には逆にこわかったのが日本人の兵隊同士というよ・・・

こういうのを書いた人が大岡昇平さんという、フィリピンに送られて生き残って日本に帰国できた人だという。俘虜記や、レイテ島戦記とかも有名らしいけど、野火という本もある。

それを映画にしたのが塚本晋也さんという日本人の俳優さんというか映画監督さんで2015年に公開されたというよ。
それを早速わたしたちは買って見た。



これは本当に言葉がでなかったよ。。。
それは地縛霊になってしまうでしょーーっと思った・・
戦争っていうのはこういう恐ろしさがあるんだね。この映画は比較的新しい映画で、ものすごく手作りでがんばった映画みたいだから、みなさんに見てもらいたいと思っている。この塚本さんはそういえばなんか見たことあるなあと思っていたら・・・この間みた沈黙サイレンスという、キリスト教弾圧の映画の中のあの人だったのか!!
この監督さんがこれを作ったのは、もう戦後70年であの時20歳で戦地にいった人も90歳で亡くなられることが多い。そうするともう戦争を本当にわかっている人がいなくなってしまう。いま、安倍内閣は戦争を少しずつ肯定する法律つくりを進めていて、日本の人は政治に流されてしまうところがある。だから、本当にどういう状態になるのかということをわかるためにも、大岡昇平さんの本や、映画は大切なんだね。

ところで、
陽子ちゃんのホロスコープは、今メインがケートゥで、いろいろな直感というか霊感がものすごくバアーーっと能力がでてきてしまっている。

例えばこないだ、お客さんとのやりとりで初めてのお客さんだけど、ホロスコープを調べる前に陽子ちゃんはこんなメールを送っていた。

たぶんラーフの影響が強くて、次に火星、土星・・・あと腎臓に注意してください。と。



陽子ちゃんになんでこんなことを送ったのかときくと、なんかわかる時があって、英語でキッドニーていう言葉が浮かんでくるんだよねって言った。

その後のお客さんからのお返事で、やっぱり最近婦人科系の体調の悪さがあって、あやうく腎盂炎になるところで今詳しく調べているといっていた。



それが一ヶ月前で、ホロスコープができあがるとやっぱりこのお客さんは今メインがラーフで、2030年くらいまでそれが続いていて、第1番の部屋のこのお客さん自身を表すところが火星で結構強すぎてアパラになっていた!それで、いろいろなものから身を守る部分にケートゥがあって、きちんと信心して正しい道を進もうとすることで引き上げられるというホロスコープだったわけだ。

わたしは陽子ちゃんのカンのようなものが鋭くなっているのか、何なのか聞いてみた。
陽子ちゃんによると、まずやっぱり自分の能力ではなくて、もちろん自分なんかに次元の高い神様がここにおりてきて教えてくれるわけじゃなくて、もう少し低い人間に近いところの、例えばおいなりさんのようなそういう方が時々教えてくれるようだけど、だけどそれは気まぐれだからさ~といっていた。ケートゥの力が強くなっていって、そういう見えないものとのつながりが強くなるんだという。。でも、同時にもうそろそろケートゥの次の金星の良い影響もじょじょに来るよーーっていう、華やかなものを感じるから、はやめはやめに金星をおむかえする準備をするんだと言っている!!それってもしかしてダイヤモンドじゃないの!!?

まあ、そんなわけで陽子ちゃんはパズルが段々見えてきたというのは、なぜ20年前自分がレイテ島にいったのか、でも、あのときはまったく自分のことしか考えてなくて、戦争で亡くなった方々のことなんて頭になかった、現地の人もたくさん犠牲になっているのに、加害者としての日本人としての自覚もなかった、ただ遊びにいくように気楽な気持ちでいってしまった。だけど、そこはちょっと畑を耕そうと思えばゴロゴロ誰の骨かわからない、ご遺骨がでてくるところだったのに・・・といっている!

その後陽子ちゃんは、スリランカの研究をしてわたしと出会って、仏教や神道のこともわかるようになってきた。だから、この道のりが必要で、今やっとお役目に気づかされているのじゃないかと言っている。須佐神社でレイテ島仲間のT君を思い出して、T君が横浜のほうにきたし、また須佐之男命様という神様の氷川神社で、全部がつながった。

前回の話では、自分の名字のお墓や自分のゆかりのある人の魂をよいところにいかせることができないと、自分の名字の「家」が子孫を繁栄したり、後世につながりにくくなってしまうこともいった。そのためには仏教の無常の考え方をしっかり、亡くなった魂が理解するために、お坊さんがお経を言うことが効果があるから、お葬式をやる仏教徒だったら供養ということが大切なんだなあというお話だった。

それじゃあ神社はどういう役割かというと、もとは日本の国づくりのために降りてきた神様だから、国と発展のためにこういう人がここで仕事をするといいかとか、この人とこの人を結婚させるといいかとか、この人がこういう学校にいけば後でこういう道ができるから、受からせようとか、そういう国の発展のためになるときは、お願いをよく聞いてくれるみたいということだったでしょう。

考えてみると、日本の国の戦没者とか知らない土地で、苦しみながら孤独に亡くなっていって、骨を拾ってもらうこともなく、よい輪廻にいけるようにお経を唱えてもらったりすることがなかったら、その魂はとてもつらい、苦しみや怒りのひどいエネルギーをもったままこの世界に止まってしまう。それが日本の戦後まだ70年だし、海外にトータル何十万人、何百万人もそういうウロウロした魂があるとすれば、日本の国民として良い運気が巡ってくるわけがなかったんだ~!だから、戦没者さんのためにも自分のためにも知ってしまった人は供養のためにできることをするしかなかったんだと言っている。

ここの空援隊という団体では、そういう遺骨収集をしたりご供養をしている活動をしているんだって。今日、わたしもはじめて募金をしてみたよ。みずほ銀行に振り込んだあとに、メールで名前や住所を教えると、情報がかいてある冊子をもらえるというから、、それは毎月くるものじゃないみたいだし、勉強になるかなあと思っている。わたしももう、日本にきてそろそろ17、18年だから・・・半分は日本人みたいな責任の気持ちもあるんだよね。

陽子ちゃんは日本の戦争の歴史を肯定したりするわけじゃなくて、ただ戦争の時代にたくさんの人が知らない土地で苦しみながら亡くなっていって、忘れ去られている、そういう魂があるということに気づいちゃった人は、それを少しでも解消して、ゆくべき道に導いてあげる活動に参加するとか、参加できない人は募金をすることが大切なんじゃないかといっている。それが日本に今安全に暮らしている自分ができる行いで、たぶん、こういった戦霊の魂をそのままにしていると、日本の本当の発展はなくて、すさんでいってしまうのじゃないかといっている。
フィリピンのレイテ島では2013年に激しいハリケーンで何万人も亡くなってしまうことがあった。もしかして、そういうネガティブな影響もなぜそこに起こるのかというのは、亡くなっている何万人もの戦霊の魂と全く無関係ということじゃないんじゃないかといっている。

そういうわけで、つい二週間前は、陽子ちゃんとわたしの間では陽子ちゃんは戦争のことなんて、話がでてきたこともないのに、あの横浜の氷川丸から戦霊がついてきたことで、わたしたちは今まで想像もしなかったようなことを日々かんがえるようになった。

仏教ではわたしたちの前世は一人とかじゃなく、ずっと輪廻転生が繰り返されているから、陽子ちゃんの前世は何十、何百もあると思うけど、もしかしたら陽子ちゃんはフィリピンの時の前世もあるんじゃないかと思うようになった。わたしはT君はあの「野火」の映画の中で出てきた、レイテ島のジャングルの中でけがをした兵士を助ける医者だったのかな、陽子ちゃんも男で軍人だったから強いのかなとか、いろいろ考えたり!でも、ちょっと心配なのは陽子ちゃんはこの2、3か月ときどき出家をしたいときがあると話していたことだ。だけどレオンちゃんに執着があるからできないと言っていた。でも、もしかするとこの流れだと、レオンちゃんが大人になったら出家して、海外にいる戦没者さんの鎮魂のためのかつどうをしにいくこともあるんじゃないかと思っている。。。

ところで、わたしは今回は横浜の春休み旅行にはいけなくて、残念だったけど、、、実はまた昨日まさにあの氷川丸のある山下公園の真ん前に行かないといけなかった!それは通訳関係の仕事でだけど、、、本当に不思議だよ!!!
そのとき同席していた欧米の先生で、わたしは前にも見たことがあるなあと思ってみていたら目があったから帰りに声をかけたの。その先生はベルギー人の人で、なんとヴィーガン(ベジタリアン)というから、思い切って、ここにインドレストランがあるから一緒にご飯どうですかって聞いたら、OKということで・・・
その先生はわたしよりも背が高くてかっこよくて、何と日本語も含めて五か国語も話ができて、わたしはもう憧れちゃった!!!わたしの憧れる資格を2個もっていた・・・
それで、わたしが「フェイスブックやってたら友達になろう・・」といったら、フェイスブックもラインも、時間がもったいなくてやらないんだと言った・・・!!!
わたしはいつも陽子ちゃんから「もーーフェイスブックほんとよくやるねー」とか言われていたけど、、やっぱり五か国語もできる人は勉強量がちがうし、わたしは自分がそういうことをしたり、友達とメッセンジャーみたいのでちょいちょいしゃべったりすることとか、キャンディクラッシュをしちゃうこととか、、なにか言い訳をしていたけど・・・やっぱりできる人は違ったーーっと本当に本当に反省をしたよ。。

わたしは昨日かえってきて、陽子ちゃんにことの経緯を話して、スマホでとったベルギー人の先生の写真をみせたら・・・「うわーー!めっちゃイケメンやんかーー!プラ史上初のお手柄やないかーー!!今度会わせてやーー」って。。
複雑だけど、とりあえず今の状況で、陽子ちゃんの出家はないだろうと思って安心しました!!!




っというわけで、オチがついたところで、、最近のお客さんのジュエリーのご紹介だよ!
ここのブログで載せているジュエリーの写真は、他のお客さんもすごく元気がもらえて目の保養になるから、楽しみにしています!と言ってくれるお客さん多くてうれしいです!

最近のちょっと珍しいのは、このベビーリングでタイプ2だからちょっと太くてまるいんだけど、これは石が10個もはいっていて、しかもピンクゴールドで!!
指輪だとこんなにたくさん石を留められないから、ベビーリングだからできるもので!
職人さんはピンクゴールドが硬くて、結構時間をかけてくれたけど、みんなの心がこもっているよ!水星のアレキが自分のこれからを助ける知恵をくれるんだって。
男の子の子供さんいてとても忙しいと思うけど、自分の幸せのためにも元気で楽しい時間をつくってね!わたしも空手まだがんばってます!



次はサクラマニ・ムッダのシンプルなお客さんの指輪と、他のお客さんのサクラマニ・Futureタイプのネックレス!
台座の違いはあるけど、セットに見えるでしょう。指輪のお客さんは、実は11年前からのお客さんで!古い指輪から作り変えたんだけど、前の石ではアレキだけをなんとか守って外して、新しい非加熱の石を入れた!4月からお仕事の場所や人が変わってどきどきだと言っていたけど、とても気さくで人柄のすてきな人だから、みんなに受け入れてもらえるよ!あたふたしないようにがんばってね!



サクラマニ・futureのネックレスはHPにページを作ってなかったから、また作ってもらう予定だよ。このタイプの指輪は指輪の形にするのが結構大変だから、サクラマニムッダより少し高いんだけど、ネックレスはサクラマニのネックレスと同じ値段です!
これは石の輝きがすごく素敵だけど、少しカジュアルに見えるのがいいんだって!
夢のサロンみたいな癒しの場所のお仕事も少しずつ実現していけるといいね!
何でも少しずつ調べて動いていくと、道が開いていくから、良いチャンスの時期に動けるように下調べみたいな準備は少しずつできるしね!まずは心と体の状態が安定してキープできるように・・・応援しているよ!



スリランカのお正月は14日なんだけど、またその時はとっておきの石も入るかもしれないし、その時はまた違う記事をかくかも!?
今日は平和を考えるということで、書かせてもらいました!
皆さんのおじいちゃんおばあちゃんとか、もしかしたら戦争の世代かもしれないね。
わたしたちが今日本で発展した社会の中で安全に
いつでもしっかりご飯を食べられる幸せに感謝していこうと思う!

ありがとうございました。



大切なこと。

みなさん、こんにちは!
今日も見に来てもらって、ありがとうございます!
2017年が始まったなあと思っていたら、もう3月でいろいろ仕事や学校とか、みなさんも何か体制やシステムがかわったり、人と人と出会いやわかれもある時期だね!
花粉症の人もおおいと思うけど、元気ですか??

わたしたちはいまは確定申告のことも結構ギリギリやっているけど、2月は結構たくさんのジュエリーの納品があったけど、いろいろ映画をみたり、陽子ちゃんのお友達が遊びにきたり、面白かったよ!ジュエリーの納品はなぜかチェーンを使うものが多かった!

わたしのお店のジュエリーは結構地金もたっぷり使うし、重くなるから、できるだけ強度の強いものを御徒町でチェーンを仕入れて、製作に送って使うんだけどね。わたしのお店は、殆ど小豆チェーンという1個1個輪が縦、横、縦、横でつながっているんだけど。それを1個だけ切り離してみると、カットがしてあったりするけど、それほどあまりきれいじゃない。でも、いっぱい連なっていてチェーンになっていると、全体ですごくキラキラした小豆チェーンにになる。
これはやっぱり縦横縦横も、みんな人それぞれ役割があって、それが手をつないでいるようにつながっていて、全体が輝いているという、そういうイメージだなあと思ったよ。

2月はブレスレットやチェーンが多かったなあ!
大きなラウンドのペールピンクサファイアのブレスレット!
これは前にここで紹介した石のセットだけど、木星がとても大事だから、イエローサファイアを交換したり、いろいろカスタマイズして完璧なブレスレットになったよ!
プラチナとやさしいピンクが透き通っていて大きくてきれいだよ。



これはウォーターグリーンブルーのサファイアも特別で!今年のペールピンクとエメラルドブルーは今年のラッキーカラーだからね!結構お仕事はとても責任のある、大学の入学試験に関わるくらいのでプレッシャーもあると思うし、いつもきっとどうにかしてあげたい気持ちでがんばっていると思う。しかも自分もたくさんお子さんがいるとゆうし、大変だと思うけど。。うまく遠くから全部を見回す感じで、役割はいぶんをうまくコントロールして、みんなをリードしていってほしいなあと思う。結構はりつめているお仕事の人には、こういう柔らかい色が大きな石のブレスレットは、ふとした時に思い出してリラックスできるからいいんだって!自分も楽しい時間をつくりながらすすんでね!

これはイエローゴールドで、大きな2ct以上あるヘソナイトガーネットが入っている!



かなり石が大きいからチェーンは一番太いのにしてあるけど、それこそ縦横縦横で間に何コマはいって、どこに強度をもたせるかというのが、今回は製作さんはすごく難しかったみたいだけど。かなりすてきになったでしょう!これは駅の路線図みたいだから、ステーションタイプのブレスレットというんだけど間が短いから、結構つけたら前からたくさんの石が見えて、きれいみたい!太いチェーンが逆にうまくいったみたいという。

このお客さんは、お仕事で人の体に施術をする人だというけど、やっぱり人の体にマッサージとかいろいろさわると、目に見えないものは出てくることもある。でも、このヘソナイトガーネットを着けている間はとても楽にスムーズにできたというよ。やっぱりヘソナイトガーネットは霊とかマイナスの気にも効果があるんだなと思った。今の人はみんな癒される心地がいいことを必要としているから、きっとそのお仕事は成功すると思う!自信をもってがんばってね!

ちなみに陽子ちゃんもかなり霊的影響をいつも受けているから、大粒ヘソナイトやればいいのにと思うけど、陽子ちゃんは逆にそういう目に見えない存在に助けてもらうことも結構あるから、少し開けておきたいから完全防御しておかない方がいいと思って大きなヘソナイトガーネットじゃなく、適度にしているみたい。

でも、こんなに大きい石のブレスレットってどうなの?と思うかもしれないけど、意外ととてもシンプルだけど明るくなるかんじでおおげさじゃないよ。
(これはうちのバランダで!IKEAのガーデンセットで、わたしは時々紅茶をのんでいるよ。)



まぁ、ちょっと今回はジュエリーの写真も載せさせてもらいながらお話をすすめていこうと思うけど!

最近はちょっと面白いというか、やっぱり!と思うことがあったよ。

実は去年陽子ちゃんはあの大きなピンクのルビーみたいなサファイアみたいな指輪を作ってから、人生がかなり動いたといっている。今まではアパラの指輪とペンダントはアパラにやられそうになるのを防いでスムーズに生活をさせてくれるようにしているけど、そこから更に目標にステップアップするためにはあの人とのつながりがもう一度必要だと思った友達がいた。陽子ちゃんはピンクルビー指輪をつけて、出雲の須佐神社におまいりにいって帰ってきた羽田空港であのT君という、昔の親友お友達から電話をもらった。それから2ヶ月後にまたあのお友達と2回会うチャンスがあって、それは8年ぶりとかいっていた。わたしもあのお友達達にスリランカ弁当を作って、陽子ちゃんはとても楽しんで帰ってきたけどね!

あのお友達は、陽子ちゃんの親友でT君という男の人だけど、ある国家試験を受かってから、2年間研修をして、いざこれから本当のあの仕事が始まる!というときに、なかなか就職先が見つからなかった。陽子ちゃんは、ホロスコープを調べて弱点を知ろうとして「誕生時間を教えなさい」と言ったけど、T君は陽子ちゃんの不思議なおそろしさを知っているから、いやだ、絶対に教えないといって、かたくなに陽子ちゃんがホロスコープを調べるのを拒否していた!!ふつう考えると、友達だから善意で調べてあげようとしていたから、うれしいはずだけど、あのT君はおもしろいね!

でも、T君は、やっぱり9月から仕事先が何個も落ちて決まらないでいた。それで最近、もう1個うけるということで、それは関東ということで、無職なのにホテルでお金を使うなんてもったいないから、うちに泊まりなさいといってあげて、うちに泊まりにきたわけだ!陽子ちゃんはT君とは、海外ボランティア仲間だから昔はよく泊まりにいったり、泊まって朝まで飲んだり映画とかをみていたんだって。でも、お互い異性の好みが全く違うから、完全に家族みたいだったんだって。わたしも陽子ちゃんのメンズお友達が泊まりにきてくれるというから、お客さん用のふとんをほしたり、いろいろ準備をしていたけど、ちょっと緊張していたよ!

でも、きたら全然フレンドリーでふつうの人で、レオンちゃんはT君をすぐ気に入って、あの国家資格の人を相手にお医者さんごっこをして、しかもレオンちゃんがお医者側ですごく楽しんでいた!それでレオンちゃんは「母ちゃんとT君と3人でおふろにはいるーー」と言い張った!わたしもびっくりした!結局T君がレオンちゃんをお風呂にいれてくれて、助かった!陽子ちゃんは、まあ例え一緒にふろにはいったとしても別にどうもならんし、大丈夫だけどねぇ~というから、本当にスリランカのわたしからすると、不思議だけど!

それで夜、陽子ちゃんはT君といろいろ話をしていた。
なぜかというと、T君は最近、お墓参りはしているけどそれはお母さんのほうで、そういえば自分の名字がついている方のお墓参りをしていないという。神様をあまり信じていないというし、ここ半年間は実家に暮らしているけど「上げ膳、据え膳」で、ご飯が出てくるのをしずかに待っているだけで、なにもお母さんを手伝わないという。しかも陽子ちゃんがだったら家にお金を何万かいれてるのかなと思ったら、それもしていないらしいという話で、家の掃除もせずにお母さんがしてくれるという。陽子ちゃんは、「うわーそんなことじゃ、まずやっぱり結婚なんて出来ないよね~」といった。それはまた理由をあとでかくけど。

それで自分の名字がついている方のお墓参りをここ何年もしていないで特に考えてもなかったという。陽子ちゃんは、それはやっぱり日本的にはよろしくないよと言った。
きけばT君の名字の家はやっぱり浄土真宗とかで、日本は仏教系だったらお墓の文化で、ご先祖様や近い過去に亡くなった方々はみんな精進して成仏していたらいいけど、なかなか人間はそうもいかないから死んでも欲をもっていたり、良いところにいけない状態がおおい。スリランカでいえば「功徳(ピン)が足りない」から、良い輪廻にまわることができない状態だよ。その状態だと、今生きている子孫を守ったり、良い影響をたくさん与えることができないという。だから、子孫に「功徳(ピン)がほしい」と頼っている状態だけど、子孫であるT君はそれに気づかないから、特にいいことをするわけじゃなく、ふつうに暮らしていたら、やっぱり功徳をためることができない。だからT君の人生も「なんかここまできたのにうまくいかない」ということがある。これはホロスコープを調べると、かなりラーフとケートゥ、土星と第9番の部屋とかでわかることがあるというよ!

だから、ホロスコープには時々このアパラを防いであなたが幸せになるためには、あなたの宗教でいいのでしっかりご先祖様の供養をして(ダーネ)をして、貧しく困っている人にできる限りのことをしてあげましょうと書いてある。これは、ご先祖様をうやまうということだけど、日本の人は「わたしは無宗教です」という人は結構いるけど、自分が今生きているのは、その前の両親がいて、前におばあちゃんおじいちゃんがいて、その前にまたいて・・・ってずっと昔から、つながって続いてきているからだよね。そういうご縁に自分が感謝するということは宗教じゃないとわたしは思うところがあるよ。
まあ、でもそういうことを気にしないでいたら・・・?

それでやっぱり亡くなっている親類や前の人たちが、仏教的なお話ではピンが足りなくて良いところにいけてなかったら?それで、もしかしたら、特に何かこの現世に執着をもって、良いところにいけずウロウロしていたら・・・?

この2つの?があれば、間違いなく、今のあなたにご先祖様からのご加護が得られるわけがなくて、逆に自分がちゃんと努力をしていても、なんか邪魔がはいったり、思うようにうまくいかなくなることもあるわけだ。特にこういう影響は30代、40代からはっきりわかれてくるという。20代までは自分の人生の勢いで進んできても中年からはちがってくる。だからホロスコープも中年以降の部屋(第8室)というのがあるんだって!

だから、スリランカでも法事(ダーネ)が必要というわけだよ。現世に執着をもって亡くなっている魂は、なかなか次の段階に進むことができないから、だから現世に生きている自分が、近くでも遠くでも困っている人がいたら助ける行動をしたりすることでピン(功徳)を故人のためにつんであげないといけない。

それと同時に法事は、もう一つ理由があって、お坊さんにお経を読んできかせることがある。日本でも浄土宗や浄土真宗とか、禅宗とかたくさんの仏教の宗はがあるというけど、すべての本当の仏教の最終地点は、なにかというと「この世界はとても苦しみで大変だということに気づいて、だから人間や動物にまた生まれ変わることがないように輪廻からはずれる(解脱)ということだ。そのためにはこの世界はすべて無常で、一つもとどまっているものはないから、自分が何か欲望をもって執着することが無意味だ」とわかることが大切なわけだよね。

だから、仏教のお経は一言でいうとすれば、「自分はこの世界では正しい行いをして、何にも執着しないで、死んだあとはまた誰かのお母さんのお腹(子宮)に戻ってくることはありません」ということだ。こういうことを1つ1つより具体的にいっているのがお経なんだけど、執着をもっている亡くなった魂があるとしたら、法事でこのお経をお坊さんが唱えることで、亡くなった魂がハっと、気づくことがあるよ。だから、ああ、私はここに未練をもっているべきじゃないと気づいて、いいところにいくことができる。そうしたら、現世に生きている血がつながっている人にも、変なアパラがこないで幸せがくるというわけだよ。

でも、このピリットを聞かせるという行為はいつも動物のお肉を食べていたり、何も節制していないで修行をしていないふつうの人が言っても、あまり意味がない。やっぱり自分自身に厳しく、欲望を抑える修行をして、たべるものや楽しいことに執着をしないで精進している僧侶が唱えることで、ピリットにパワーが出てくるわけだね。だからこういう人にお経を唱えてもらう法事というのは、自分のためと、亡くなっている人のため両方に大切なんだなあと思う。

それで、気づいた魂がより良いところにいくためには、私たちが困っている人を助けてあげたりする行為がピン(功徳)になって、故人のポイントとして加算されて、その人がもっと幸せな輪廻に進んでいくことができる。それが現世に生きている自分にも、幸せとしてつながるということだよ。

これを考えるためには、あの小豆チェーンのように、わたしたちの魂は「生きている世界」だけで分断されているじゃなく、もう昔亡くなっている血がつながっている人たち、一人一人とつながっているから、今の自分がトータルしてチェーンが輝いてみえるようにキラキラしているということをわかる必要があるよ。頭をやわらかくして、そういう考え方もあるかあと受け入れてみることが大切だよ。

まあ、こういう話を陽子ちゃんは話し始めたんだけど、その時の陽子ちゃんは、眠くなってきたといって、まさにまるで眠っている顔をして話していて、T君はうんうんとちゃんと理解しているようだった。陽子ちゃんの意識は常にねむかったというけど、そのときはきっと陽子ちゃんを守っているお坊さんのような人がお話してくれるんじゃないのかなあと思った。

それでT君はわかりましたといって、私がじゃあここで「サッダーワ」しましょうといった。サッッダーワは、ピリトを唱えたり、聞いたりしながら瞑想をすることで、陽子ちゃんはT君がくる前から、「あの人はアパラムッダもないし、少しそういうのが足りないからうまくいかないから、サッダーワさせないと」と言っていたからだ。もちろん、私の家だからヴィーガン料理で、菜食だから、そういう機会もあの人にとってはめったにないチャンスだろうからということで!

T君には3人で瞑想をすることを提案した。T君は、なになにこわいと言っていたけどね!まずピリットを聞いたこともないから、私が唱えようと思ったけど、私の言葉よりちゃんとしたお坊さんの声の方がいいと思ったから、YouTubeで「マハピリット」をかけて、私がT君の右側にすわって、T君の右手の上に手を乗せて、T君の左側は陽子ちゃんがすわって、T君の左手に陽子ちゃんが手を乗せて、目をとじて瞑想をはじめた。それは1時間近くしたかなあ。

それはとても不思議な時間だったよ。客観的に考えてみると、不思議な図だと思うけど!

こういう風に心を静かにして修行をしている人のピリットを聞くことは自分も言葉の意味がわからなくても、なぜかちゃんとしないと、という気持ちになる。それと自分を守ったり、自分にちょっと頼ってきている見えない存在にも、そのピリットが働きかけて、ああ、執着をなくしていかないとと思わせることができると思う。
この日はサッダーワをして寝た。

それで次の日の朝、陽子ちゃんは「あなたは今仕事先との縁がなくて困っている状態だから、こういう時は神様に頼らないといけないこともある。仕事運を上げてくれる神社にいきましょう」と言って、わたしたちはレオンちゃんをスクールに送ったあと、久伊豆神社にいった。
それで、おまいりをして陽子ちゃんが「あんた、おみくじをひいてみなさいよ」と言ったら、T君は「ヤダ!!」って言った。陽子ちゃんは、「何あんた、こわいの?ほんなら私がかわりにあんたのをひくわよ」と言って、おみくじをひいたら・・・「中吉」で、T君はめっちゃほっとした顔をしたけど、陽子ちゃんは裏側が大事といっている。書いてあるのは・・・



難儀苦労のある時ばかり神の御袖にすがる気か。~~それでも神様はあなたをかわいそうと思って助けてくださるでしょうが、私どもは平素から神様を敬い、その御心に叶うよう、正しい行いをしておかねばならぬ。と書いてあった。

わたしとT君は、わーーとちょっと震えた!
でも、陽子ちゃんはこわがることはないよ、ちゃんと一時的でもあなたを助けてくれるとも書いてある。あなたはちゃんとたすかる人だから、大丈夫。なぜなら・・・と話した。

陽子ちゃんによると、日本の神様というのは神社にいくのは神道だというけど、その神道の神様はもともと「国を作るため」に日本に降りてきたという。だから、常に神様は「国の繁栄・発展」のためになるためには、個人の願いを叶えてくれる。例えば、この人がこういう所でこの仕事をすれば、違う誰かが助かって、市が発展して、国の発展につながるでしょう。この人とこの人が結婚をして家族になることで、生産効率が高まったり、幸せが増えたりすることで、国が豊かになるでしょう。そして、この人とこの人が結婚して子供を産めば、一つの家庭が繁栄して、国民が増えて、そのことで国の消費がふえ、様々な産業がさかえて、もしかするとその子供は大きな人になって国をリードしてくれるかもしれない。。。という、国の発展になるためのご縁であれば、つなげてくれるから、願いを叶えてくれることが多い。だから、陽子ちゃんは「私は○○の仕事をしたいけど、なかなかうまくいきません、良いご縁をください、就職が決まりますように」とお願いすれば、それを神様が判断して、この人はここにくることが必要だと考えてくれたら、ちゃんと受からせてくれるから、といった。

それで結果はどうだったかというと・・・??
ちゃんと合格!半年間仕事探しをしていて、なかなかだめだったのがやっと就職が決まったわけだ!
これは、わたしは絶対に偶然じゃないと思っている。わたしはちゃんとその前の日に肉食をしないでサッダーワをして、肉を食べないで神社にいったことで、神様とのつがなりが深くできたからだと思っている。あとT君はやっぱり昔、ボランティアとかにも行っていた人だから、とても良い姿勢がある人だからね。

だけど、T君はまだ独身でやさしいし、外見もいいけど、かなり長い期間彼女ができない。だから陽子ちゃんは次は縁結びをしないとなあと言っている。でも、そのためにはご飯を大切に考えること、家の人にお世話になるだけの「上げ膳据え膳」はだめで、自分も料理を手伝うとか、せめてお箸や小皿を並べて、食べるということに感謝して、自分でできることをやらないといけないという。たとえ一人暮らしをすることになっても、できるだけ自分でご飯を作ることをするように・・・

なぜ自分でしないで外食をしたり、人に作ってもらう人が、ご縁がなくて結婚できないかというと、結婚をして家庭をつくると女の人も男の人も進んで家事をしないと生活は回らなくなるでしょう。子供ができたら、もっと女の人はとても寝られなくて大変になるから、そんなときに旦那さんが奥さんが育児で大変なのに料理もご飯の準備も全部できるのをテーブルで待つだけだったら・・・どうでしょう!奥さんは疲れるだけでちょっとでも手伝ってくれたらいいのにって思ってストレスがたまって、夫婦関係もうまくいかなくなる。だから、結婚して幸せな家庭をつくるためには、家事をきちんとやる自分がいないといけないからだ。これは年齢が上がって、40歳50歳で結婚する人も、やっぱりもっとおじいさんおばあさんになっても仲良く元気でいるためには、ちゃんと良い食事をしないといけないね。ひとは病気になったり、いろいろあるから、奥さんが病気になっていざ、やってあげようと思っても、今までやっていたことがなかったら、なかなかすぐにはい、じゃあ今日からわたしが料理しましょうと思っても、難しくなる。だから、「食」ということを丁寧に考えて、お手伝いができていない人には、神様はなかなかご縁を作ってくれない!ということが理由だって。

これは女の人には特に、男の人でも家でまだお母さんのお世話になっている人には言えることだというよ。わたしのお店でも、やっぱり子供ができないで困っていた女の人は、仕事をしているから料理を全部ぎりのお母さんにお願いしていたりだったね。できるようになりましたか!?

家の中の、たとえば兄弟や親、自分もふくめて、鬱病みたいな精神的な病気の人がいる方も、できたら調子がいいときにまず「ご飯を作ってみよう」とお米をとぐことから一緒にやるといいということだよ。

日本もスリランカもお米をとぐことから、ご飯の準備が始まるけど、お米をみながら、心をこめて冷たいお水でとぐことに集中するだけでも、それはバーワナーになるよ。

スリランカの瞑想の第一歩は、前にも書いたことがあるけど、例えばゆっくり歩いているときでも、右足を上げています、おろしています。左足がでます。おろしています。とか、心でいまやっている動作に集中する。そうすると心の雑念が消えていくからだ。
だから、お米を研ぐ動作ひとつでもとても大切なんだなあと思った。それとこれは出来たら1回だけじゃなくて、毎日続けることが大切だね。

じゃあ、わたしたちの家はどうでしょうか??というと・・・わたしは逆に陽子ちゃんやりすぎだよーーーと思う!!!だって、まだ米粉のおやつ作りがずーーっと続いていてやばい!!陽子ちゃんのお母さんがきたとき「小麦は中毒性があるゆうけど、どうみても陽子の米粉の方がよっぽど中毒じゃない」といって、みんなで笑っちゃった!

これはクッキー。もう普通にクッキーになるから、びっくりだね!
これはわたしとレオンちゃんで型抜きをした!小麦粉とバターのクッキーは冷やしたり面倒だったけど、米粉のクッキーは冷やさないからすぐ型で遊べておもしろいよ!



これはケーク・サレという、フランスのおかずがはいったケーキ。
本にはごぼうとにんじんとサツマイモのやつがのっていて、あれはもう5回はつくっていて、あきてきて、違う野菜でつくってもらった!これはブロッコリーとカボチャ。
まあ、米粉のお総菜パンみたいで、わたしとレオンちゃんはいつもこれをピクニック!といっている。一回これをもって近所の公園にピクニックにいったから!



これは何かというと・・・わたしたちはオーブンに入れる時、これは上だけはやけるけど下はやけるのか心配だった・・・



カボチャパウダーが入った米粉ドーナツで、あのお店の丸いやつの形でしょ!
ちゃんと裏表かってに焼き色ついていた!



これは厚焼きパンケーキだって!!ちょっと黄色いのはカボチャパウダーをいれているから。お店の厚焼き型をかえば、お店みたいなのができる!上はココナツバターとアガヴェシロップ。あと、後ろにみえるのはチョコクリームで、これも米粉と豆乳とココアパウダーでつくっている!しかもフェアトレードのココアパウダーでいけるって!
全然乳製品がはいっていないのにチョコクリーム味になるから、すごいね!



でも、米粉のお菓子はレシピの半分くらい、玄米の粉にしたり、とにかく体にいいものでおやつを考えているみたい!砂糖はきび砂糖だし、そこらへんのお菓子より絶対体にはいいはずだけど、うちは本の通りにつくってもらうと、まずわたしには甘さ控えめすぎるだから、砂糖を10g以上増やしてつくってもらっている、、、それは食べ過ぎ注意だから、わたしもマジで気を付けないと!!!でも、日本のお米の産地を活性化して、環境にもお米をつくることはいいというから、みなさんも小麦粉より米粉をおすすめするよ!!!


というわけで、陽子ちゃんは最近つくりすぎていて、「ああ。これが米粉執着のわるい例だから、わたしみたいにはならないでねっていって」と言っている!!
でも、皆さんもやっぱり幸せになるためには、やっぱり自分の食べるご飯は、時々外食はたのしいけど、できるだけ食材もぜんぶ、それは自分自身の身体をつくっているわけだから、自分で丁寧にかんがえて、食べることが大切なのかもしれないね!
これが神様のご縁を頂く道でもあって、それで人生の繁栄につながる。一人一人の人生が繁栄していけば、国全体もよくなっていくからね!


というわけで、今回ご紹介のペンダントは・・・クロスのペンダントです!
え?クロスってキリスト教っぽいじゃんと思うと思うけど、クロスにみえるカッコよさがあるけど、実はダイヤがとめてあるところは、何と扇の形で!
4枚の扇が一つになってクロスになっているのがすごく、実は日本的なのになぜかカッコイイでしょう!
大きくみえるけど、実際は1.5㎝くらいだよ!



扇の形は、「末広がり」ということで繁栄を表すから、とても縁起が良い象徴というね。
ブルーサファイアは土星のアパラを調節して、ポジティブに変換するけど、土星はとても公転が29年ですごく遅いし、太陽から一番遠いから、太陽の光と熱がとどかなくて冷たい氷に覆われた惑星だ。だから、土星がメインの時期や、土星の位置が一時的な期間でもマイナスの位置にあると、何かやる気が起きなかったり、すごく自分が不活発になったり、すすめたいことがあっても何かトラブルが起きてとどこおったりするという。とても厳しい惑星だけど、でも、そういう時期だからこそ、ちゃんとあきらめないで、人にはひとつひとつ感謝をして進んでいくことで、時間はかかっても目標を達成できたり、その時に体に記憶できた強さがあとですごく役に立つことになるよ。

この扇のクロスは、そういう意味ではとても不活発な時期でも、仰いで風を起こして動きを起こしていくという意味や、昔のお話のように弓をいるときの的になるように目標がわからなくなりそうだったり、目標が見えなくなっているときにしっかり目標というものをはっきりさせてくれて、達成できるよう気持ちをおこすことができる!
しかも、あとは、この扇は応援団が扇をもって応援するように、自分が幸せになると同時にだれかまわりの人、他の人にも応援していって笑顔をわけてあげられる人になってほしいという意味がこめているよ!



ちなみにこのお客さんのはチェーンに1個だけ可愛いピンクダイヤのペアシェイプを入れたみたいに、もう1個とか2個チェーンに入れてもすてきだよ!ラッキージェムとかいれてもいいでしょう!



ちなみに、、、クロスはやっぱりキリスト教のこともあるし、陽子ちゃんとT君と3人、あの話題の映画も見に行ったよ!「沈黙」という映画で、遠藤周作という作家の人が原作というけど、失礼だけどわたしは遠藤周作さんの本は読んだことなくて知らなかった!!陽子ちゃんは王妃マリーアントワネットというのやいろいろ読んでいたみたいけど・・・
有楽町で1100円、サービスデーは安くていいね!



クロスを作るならキリスト教を理解しないとということで、キリスト教の宣教師の人たちがどんな思いで、日本にきて苦労したというのは、やっぱりすごい伝わったよ。350年くらい前に、きっと希望がないとても苦しい農民のひとたちには、死んだらパラダイスにいけるというのは、希望だったのかなあと思った。。でも、もしかしたらもっと本当は深いものがあるんじゃないかなあ!でも、自分の罪をちゃんと懺悔して、それだけじゃなくて自覚してこれから向上しようと努力すれば、きっと守ってもらえるというのは、宗教が違っても少し通じるところがあるね。クロス、とてもクールだけど扇になっているからお花みたいにも見えて、すごくきれいだよ!

この真ん中の石は、他にどういうのがいいかな~と思うでしょう!
実は・・・今すごいお勧めのが入ったよ!!
非加熱スリランカ産のピンクサファイア・・・と鑑別には書いてあるけど、どうみても色が深くてスリランカ産のルビーにそっくりだよ!
サイズは1.2ct以上あって結構大きい。前にミャンマー産の濃いピンクサファイアの馬蹄のペンダントを紹介させてもらったけど、あの色にすごく似ているけど、スリランカ産ということでかなりお得だよ!!



お値段は石代で141700円です!!!これはぶっちゃけ、かなりこの大きさのスリランカ産の色が濃いサファイアにしてはかなり安い方なんだけど何で安いかというと・・・だって鑑別書折りめがついていたり、、結構ラフな扱いになっちゃっているから・・・!!
こういうところは何か、わたしたちスリランカ人のちょっとなおすべきところで、どうか大切に扱ってくれないかなあと思うけど、、まぁ、そんなわけで日本の研究所で鑑別をとりなおそうと思ったけど、それも22000円くらいかかるから、ちょっとでもお得に濃いルビーみたいな強い意志の石がほしい人にはいいと思って。



↑今ならホワイトデーもある期間だから、20日までにご注文をくれたお客さんには、この天然ピンクダイヤがつくよ!!しかもファンシーピンクカラーで大きい!
クロスじゃなくても、指輪とかでもいいかもしれないね!



鑑別がルビーになっちゃっていたら、すごい高かったと思うけど、サファイアで結構多少性があるのは、意外とお手頃になるのがスリランカで!
すごく深い赤みたいな紫のようなピンクのサファイアだよ。



まあ。とにかく最近は、陽子ちゃんのお友達がきて、面白かったし、仏教のこと、神様のこともちょっと理解してもらえて、就職も決まって良かった!最初陽子ちゃんはあのお友達がいたら自分が頑張れるといっていたけど、あのT君の方も陽子ちゃんのふしぎなおかげでうまくいったね。やっぱり人間の生活はお互いのおかげさまなんだなあと思ったよ。

ここを読んでくれている皆さんも、もしかしたらアパラムッダをもっていて、宝石に助けられている人もいるかもしれないね。でも、そのおかげで、わたしたちも、スリランカやミャンマーの宝石を採るところの人たちも助かっているよ。チェーンのように1個1個のコマがしっかり隣と手をつないで、みんなで輝いていけたらいいなあと思う!



このお客さんはまえにベビーリングをつくって、それを入れるチェーンを今回つくった。
まえは赤いルビーは加熱のだったから、今回は非加熱で少し大きめだよ!
非加熱のルビーはとても力があるよ。せっかくホロスコープ通りの人と出会えたね!
今こころに思うその人との幸せをちゃんと実現できるように、お祈りしているよ!

わたしもスリランカの宝石に助けられたらスリランカに、ミャンマーの宝石に助けられたら、
ミャンマーの困っている人にもおくれたらいいね!ミャンマー支援だったらUNHCR:国連難民弁務官の支援がおすすめだよ!
なぜ大変かというと、ミャンマーはずっと軍事政権だったから、その時に1989年に国籍法というのが決まって、中国系やインド系、ネパール系と、あとムスリムの人たちがミャンマーの国民として認められなくなっちゃった。だから無国籍者になってしまって、生活のすべてが困るようになってしまったというよ。スーチーさんがきて、いろいろ改善されていくと思うけど、わたしたちが支援できるところも広がっていったらいいね!



最近陽子ちゃんは米粉づくりがいそがしくてあまり動画をつくってくれなかったんだけど、ひさしぶりに動画を作ってもらったよ!新作おすすめクロスも、すごいキラキラしてるのがわかると思う!ご協力してくれた皆さんもありがとうございます!!
今までのお客さんのジュエリーが参考になって、あとのお客さんがイメージができるよ。
(キャプションの漢字が間違っているそうで、まあ意味はわかると思うけど!)
[広告] VPS



今年も皆さんのおかげで、たくさん支援が出来ました!国境なき医師団やUNHCR,国内では熊本支援と環境教育や、虐待防止NGOのオレンジリボンさんとか、あとはご縁があってことしは野鳥の会とかも。これから計算するけど、陽子ちゃんはあまり支援の領収書を確定申告にがっつり報告するのもがめついから、ほどほどにしようということになっている。
(これはわたしの黒い仕事机で!)



でも、今年はスリランカのパタラ=宝石の採掘場にもまたいけたら!と思っている。
皆さんの気持ちも預かっているものもあるから、ちゃんと計画を立てていけたらと思う!宝石を採ってくれる人、身に着けてくれる人、みんながお互いおかげさまで幸せに近づけるように・・・!

皆さんも、4月からまた新しい気持ちで明るくがんばっていきましょう!!!
ありがとうございました。


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。