プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

スリランカに行ってきました!2016夏!

皆さん、こんにちは!
今日も見にきてもらってありがとうございます
だいぶブログが書けなくてごめんなさい。
いま日本はオリンピックでメダルもいっぱいとって、盛り上がっているね!
わたしの方はというと、、実はスリランカに行っていました!!!
七夕キャンペーンから、オーダーが結構つまっていて
新しいものもあったから、さすがに見に行って細かいチェックをしないと
いけなくって!ほんとは家族3人でいきたかったけど、レオンちゃんの学校は
なぜかインターナショナルだからかな!夏休みが10日しかないし、宿題もあるから、
今回もわたしだけで行ってきた!

あと、皆さんから熊本の震災とは別ということで、スリランカにもらっていた募金が結構たまっていたし、わたしの親戚の情報でアヌラーダプラの方に、すごく貧しい村があるということで、話を聞いていたら、これはちょっとでも何かできないかなあと思って。
でも、わたしも通訳の依頼がない、お盆の休みを利用していかないといけなかったし、
お客さんのジュエリーや宝石の調整の合間にちゃんとアーダーラできるかわからなかったから、皆さんにお伝えしなくてすみません!

今年は熊本の地震がおきて、日本もとても大変だったのに皆さんの協力もあって、
またすごく困っているところにいくことができました。
今回のアーダーラは貧しい家の子供のいる家ということじゃなくて、誰も身寄りがなくて自分を面倒みてくれる子供がいないお年寄りの家が多いところにいってきたよ。
日本も高齢化社会になっていくけど、もしお金がなくても生活保護というのがあるけど、
スリランカにはそういうシステムがないから、とにかく家も自分のクラフトのように
手でつくって、木で火をもやしてご飯を作って食べている。

いっぱい物資を用意して、わたしの弟と弟のお嫁さんのお兄さんと車で貧しい村にいくところ。いつもは、貧しい子供たちに集まってもらったりして、お知らせしてからいくんだけど、今回はアポなしで家いえにいくから、ワクワクしていた!


あるおばあちゃんの家。土で作った壁で!日本みたいに地震がないからやっていけるけど・・・本当に現代のわたしたちの生活から想像できないでしょう。
とにかくわたしたちの持っていったものを本当に喜んでくれた!
「あれー誰もこんなにたくさん持ってきてくれたことないわー
ほんとに助かるわー」と言っていた。


持っていったものは・・・写真がわかりづらくてすみません!!米10キロ、ダール豆、カレーと一緒に食べるパパダン、いも5キロ、マッチ箱いっぱい、砂糖、塩、米粉のメン、
カレーのだし、ソイミート、紅茶、ネストモールト(紅茶に入れる植物性のミルクみたいなもの)、ビスケットいっぱい、歯磨き、歯磨き粉、せっけん8個、かさ。


子供がいる家には、上の食料とノート、鉛筆、鉛筆削り(お客さんからもらったものを持っていきました!ありがとうございます!)、コンパス、ボールペン、カラーペンとかのセット。


まぁ、本当にとても大変な部屋に住んでいるよ・・・
これはあるおばあちゃんのベッドルーム。っていうかほぼ外だからね!!!
スリランカはいくら暑いといっても雨や嵐の日もあるし、
しかもお年寄りの寝るところなのに・・・これは本当に寒い日もあるし、かわいそうだなあ。



これはあるおじいさんのベッドで!レンガをつみあげて寝るところを作っているけど・・・硬いし、不安定でしょう・・・これはまじでやばい。。普通、こんなならわたしが子供の頃は、土のゆかにござをしいて、寝ればいいと思うかもしれないけど、お年寄りはひらべたいところで寝ると起き上がるのがつらくなるから、ベッドみたいな高いところの方がいいんだって。



キッチンはこんな感じでやっぱりほぼ外みたいな感じだ。もういつ崩れるかわからないところだよ。



この家は、土壁じゃなくて少しはまだ形があるけど・・・やねが不思議なうねりがあるよ!!



この家に住んでいるのは杖をついたおじいさん一人で。



一人暮らしのおじいさんは結構いたよ。みんなすごく痩せている。



今回は大体8000円くらいのセットを13家くらいに届けてきた。
車の中に物資をとりにいくところ。次の家は子供もいるからね・・・



子供は物資とノートとかを見ると、あ、あれは!というすごい笑顔でみせてくれたよ!
これも皆さんのおかげ様だから、本当にありがとうございます!!!
ちゃんと日本の優しい人たちからだよと伝えたよ!



よく陽子ちゃんはスリランカにはかわいいおばあちゃんがいると言っているんだけど、このおばあちゃんの笑顔は本当にかわいいでしょう!



わたしも自分の住んでいるガンパハの方をみると、こんな土でできた壁の家はないし、
もう一体この国はどこかな?というくらい、色んなデパートやスーパーもできて、家も車もきれいなものを普通にもっている家ばかりだけど・・・やっぱり地方のほうへ行くと、貧富の差が激しくて、まるでわたしの子供の頃の30年前にタイムスリップしたみたいな家ばかりがあるところがあったよ。わたしはマヒンダ政権のときに、すごい綺麗に町が整備されてとてもいいことをしていたと思っていたけど、陽子ちゃんはぜんぜんこういう田舎のごくひんのところに全くメスを入れていないと言って、本当にそのとおりだと思った。

今度はもう少し時間があったら、野ざらしにならない家つくりをしてあげたり、レンガのベッドのひとには普通のベッドを買ってあげたいと思う。
本当にやることはいっぱいあるよ。

まぁ、とにかく、何とかジュエリーの方もめどがついたし、頼まれていたパパラチアも
見つけてこれたし、本当に少し仕事がたくさん出来て良かったです!

しかし、本当に貧しい家の生活があるけれど、その反面、ある地域では素晴らしい宝石が採れて、それがわたしたちや日本のお客さんの人生のサポートが出来て、またそのお客さんたちがスリランカの貧しい家の人たちを助けてあげているというのは・・・本当に不思議だけど何てきれいな循環なのかなあと思う。

このブレスレットも非加熱のスリランカのブルーサファイアや、アレキサンドライト、
非加熱パパラチャを入れたよ!全部1ctくらいある大粒で!!



画像では、パパラチアがピンクにうつっているけど、実物はこんなオレンジがかっていて!
右が1ctくらいで、左が0.5ctくらい。スリランカから出たものを海外から戻して送ってもらったわけ。蓮のお花の色でしょう!皆さんが気になるお値段は時価で!!!
(GRSというスイス鑑別で産地がちゃんと書いてあるからね!)



この石の並びもダイヤモンド以外はみんなスリランカなんだなあ。
ちなみにダイヤモンドはVSクラスでエクセレントカットで0.4ctだったけど、カップケーキの台座だったからめっちゃ大きく見えるでしょう。



真ん中はリリーカットのダイヤモンドをイエローゴールドでまいて、メレダイヤを留めて、さらに周りはプラチナのカップケーキで巻いているから!



ものすごい細かい細工で、これはまず日本ではできないから。
ハンドメイドだから出来る細かい作業だよ。1個1個が大きいけど、ブレスレットだから腕につけると意外とすっきりしているからびっくりだ!
わたしと陽子ちゃんはこんなのはめったに着けられないから、「あら、奥様お似合いですわごっこ」というのをしてちょっと着けさせてもらいました!浄化の前だから、安心してください。



まぁ、こんなブレスレットは、本当に今同じものを作れといわれても、500万でも、なかなか作れないものなんだよ。まず、スリランカ産の非加熱パパラチャがない!!!でも、これだけ作れたということが、宝石を引き寄せる力がある人だと思う。これだけ大きな宝石だから、お子さんにも良い影響があると思う!前、男の子には頭をなでてみてねと言われたから、お子さんの頭を撫でてあげて下さい。

でも、お客さんから急きょもう1個だけパパラチャを頼まれていて・・・
すごくプレッシャーがあったけれど・・・見つけることができた!!!

向かって右の濃いめのが非加熱パパラチャサファイアで!
0.5ctだけど、強いイメージでしょう!すごい存在感だよ!
後ろのは非加熱ピンクサファイアだけど、やっぱりパパラチアの色が迫力すごい!!!
左のは非加熱ブルーサファイア1ct以上ある!



ブルーサファイアも最近はスリランカでは、なかなか薄いものしか非加熱のサファイアが出ないから、ここまでしっかり色乗りがあって、1ctあるものはすごく希少になっている!
これはまだどなたにもご紹介していないから、気になったら陽子ちゃんにメールしてね!
vasundhara@prasanga.com



今は日本も、子供の貧困というのが話題になっていて、子供の数は昔から減ったのに、虐待する数が増えて、ご飯をちゃんと毎日もらえない子供が増えているというよ。それで、地域に「こども食堂」という、ご飯が食べられない子供が100円とか、無料で食べられる食堂が増えているというよ。それはボランティアのみんなでやるから、毎日やっているところはなかなかなくて、月1回~週2回くらいのところが多いみたいだ。
調べたらわたしたちの家の近くでも月1でやっていたから、きっと皆さんのところでもやっているかもしれない。何か寄付でも手伝えることがないか、こども食堂のHPから聞いてみるといいかもしれないね!

というわけで、今日はまずはスリランカに行ってきたのご報告をさせて頂きました!
これからアーダーラにご協力くれた皆さんにはちょっとお土産を送るからまっていてね!
それから、ジュエリーを待っていてくれる皆さんは税関を通してくるから、もうちょっと時間がかかるみたいだけど、すごく素敵にできているから楽しみにしていて下さい!

本当は浅草から船にのったこととか、日本の夏休みをしたこととかも書きたかったんだけど、それはまた今度の機会に書くよ!皆さんも夏休みはもう終わったと思うけど、これから地域で夏祭りのところもあるでしょう!陽子ちゃんとレオンちゃんはどこのおまつりでも踊るひとたちで、わたしは少し恥ずかしいんだけど・・・陽子ちゃんがいうのはお盆や夏にお祭りで踊るのは、ご先祖様や自分にかかわる霊を浄化してしずめてよいところへみちびいてあげることだというよ!!!まじか!!知らなかった。
今度の阿波踊りはわたしも踊らないといけない!!
皆さんも自分が生きているのはご先祖さまがつながってきた証拠だし、感謝していかないといけないね。いろいろ自分の宗教的方法があるかもしれないけど、見えない前や前の前とか、ずっと自分の血をついできたひとたちに感謝しながら、わたしたちも今できることを積んでいきましょう!

ありがとうござました。



スポンサーサイト

2016年の七夕に。

皆さんこんにちは!
今日は七夕ですね。この空の星をゆっくり見る機会は
あまりないけど、そういえばみんながこの星の配置で
人生が決まってくるから。それで私は星のおかげで
ご飯が食べれて生活ができているのは、本当に皆さん、ありがとうござます。
感謝しかないです。
皆さんのお願いごとが叶えばいいなあとお祈りしています。

この間も、ボーナスが出ましたと前のお客さんから、
スリランカに募金を送ってくれたお客さんもいて・・・
本当にいつも皆さんのやさしい気持ちを見せてもらって、
わたしたちも逆に頑張らないとと思っている!!!
頂いた募金はまた必ず届けてくるよ!

お店の方は、6月末はHPにメンテナンス中ですと書いてあったんだけど、実は何のメンテナンスかというと、陽子ちゃんのメンテで!陽子ちゃんは岡山県で法事があってレオンちゃんが山陽新幹線にのりたいというし、行ってきたんだよ。
わたしはこのお店の仕事の翻訳もすごくたまっていたし、私のおばあちゃんがスリランカから来るから、できたら迎えにいきたいと思っていたから、別行動にした。

東京駅で、「T’sたんたん」というベジタリアンのラーメン屋さんにいったよ!前に自由が丘のT’sレストランというところの話をしたけど、そこと同じオーナーさんみたいで!新幹線乗り場のすぐ前で、めっちゃお客さんいた!完全に肉魚卵乳製品なにも使ってないのに、すごくおいしすぎた!



私は緑の辛いラーメン!すごい辛くておいしかったけど日本人の人でもみんなこういうの食べてるんだね!



レオンちゃんは左のふつうのたんたんラーメンで、陽子ちゃんは右上の唐揚げと唐揚げどんぶり。



陽子ちゃんはいつもご飯が少なくてタンパク質をいっぱい食べるんだよ。だから陽子ちゃんは筋肉質でわたしは筋肉があまりない。全部すごくおいしくて、みんなこの店がうちの近くにあったらやばいなあ。毎日きちゃうよねえと話しながら行ったよ。

新幹線を見送りしている。ふつうだったら私一人は寂しくなるけど、こっちもおばあちゃんが来るから笑顔でバイバイ!新倉敷についたら、お母さんが先に行っているから、会えるからよかったね。



わたしは成田空港にいって、おばあちゃんを迎えにいったよ!おばあちゃんは歩けるけど、日本の空港の係りの人にちゃんと大事にしてもらいながら到着!後姿の人は私の叔母さんで、おばあちゃんは叔母さんの家に泊まるから、また時間をみつけてみんなでいこうと思っている。



陽子ちゃんの方はというと、今回は法事だけじゃなくて、前から行かなきゃいけないと言っていた、島根県の出雲の須佐神社にもいってきた。どうしてここに行かないといけないかというと、陽子ちゃんの話では古神道では、土の中の災害を起こすのは須佐之男命様(すさのおのみことさま)という神様のなすことだというからだ。すさのおのみことさまは、牛や馬を大事にしているから、熊本の震災は、馬肉生産日本一とか阿蘇の牛のこととかも、最終的には命がなくなってしまう生産だから、これは神様の悲しくなる、ひとつの原因なのじゃないかというお話で。だから、陽子ちゃんはどうか地震がもう起きないように、お祈りをしにいきたかったというよ。

その前に岡山県で法事があって後楽園の近くホテルに2泊したんだという。
ホテルの玄関で撮った写真!なんでとったかというと、英語の先生のお客さんにもらったバッグめっちゃかわいくて、もっていったのを見せたいからって。すごく気に入っていてうれしいみたい!服はピープルツリーのダークブルーの服だけど、自分もやっとこういうブルーを着ても大丈夫になったという。。。それはなぜかというと、また後で!でも、腕がやばいはどうにかするから気にしないで下さいということです!



陽子ちゃんの岡山2泊中は、途中でベジタリアンの夕食がお願いできなくて、ついお母さんと同じお刺身とか天ぷらが入ったのを頼んでしまって、野菜てんぷらだけ食べて、あと1切れだけお刺身を食べちゃったんだって。そうしたら、夜中から頭が痛くなってつらくなって、もうこれから島根はむりだーと思ったみたい。朝になってもいたかったみたいで、だけど、朝、そうだ、あれがあったと思いだして、あるスープを飲んだら、頭の痛みも消えて、体があったかくなって元気になったというよ!

こないだまたベジタリアン食材をハッピーナチュラルさんで買っていたという。
その玄米と野菜のスープ。といっても中はどろどろじゃなくて透明のスープ。



それでやっぱりお魚のちょっとでもこりて、夜はまた岡山のベジタリアンのレストランにいったって。これは野菜食堂こやまというお店。ここも狭いのにすごいこんでいたって!意外と最近ベジお店は流行ってきてるかも!?
くるまふのカツとか、野菜のおかずも全部めっちゃおいしかったって。



ホテルのポットにお湯がわかす中に、どぼんと入れて温めてのんだという。
塩も入ってないけど、命の味にひってきする、やさしい味で生き返るって。
ご飯と一緒にこれを飲んだときはなんともなかったけど、朝何も食べないでこれだけにしたら、どれだけこのスープが体にいいかわかったって!
体調がよくないひとは、ぜひおすすめということで。
あとやっぱり精進潔斎していたのに、一切れのお刺身であんなんなっちゃって、これから気を付けようと思ったという。

終わって陽子ちゃんたちは岡山から島根県に移動して、安来市のさぎの湯温泉というところで、温泉旅館に泊まったという。

有名な足立美術館というところのすぐななめという。日本庭園日本一だという足立美術館もいってきたって!



「竹葉(ちくよう)」というところで、ぶっちゃけ旅館の部屋は、昔のおばあちゃんちみたいな感じで期待しない方がいいというけど、そこはマクロビオティックの料理をだしてくれるから、神様のところにいくにはいいんだって。マクロビは、お肉や魚、卵乳製品使わなくて、玄米ごはんとか、砂糖も白いやつじゃない、いい砂糖を使うというから。ふつう旅館だといろいろお刺身とかでてきちゃうけど、そうじゃなくて完全ベジタリアン料理ですごい良かったという!

しかも、ここは温泉がかけ流しということで、熱い源泉をそのままお風呂に入れているから自然の力で暖まったナチュラルウォーターで、、、陽子ちゃんは初めて源泉かけ流しの温泉に入って、お母さんとレオンちゃんとみんなで「うわーーーー」って感激したというよ!たぶん私は熱くて入れないと思うけどね。最近は、このブログで「がん」という病気のお話をたくさん下から、やっぱりがんの心配のあるお客さんとかも多くご注文をくれているんだけどね。でも、あるお客さんのお父さんの友達がやっぱり温泉で「がん」が治っちゃったという話をきいて、私もちょっとそれだけじゃないだろうと思っていたけどね。

でも陽子ちゃんの話では、やっぱりもう全然すごくて、源泉かけ流し風呂に入ると、あっちこち悪いところがあっても何日か続けて入ってたら治っちゃうだろうなあというパワーをめっちゃ感じたというよ!陽子ちゃんも岡山で法事が続いて、疲れていたというけど、もう全然疲れがふっとんで朝、お肌がつるつるになってびっくりして、もったいないから出発前にまた1回お風呂入ったんだって!陽子ちゃんは温泉にめっちゃはまって、月1くらいでいきたいと言っているけど!わたしが頑張って働かないと!

それで陽子ちゃんたちは、安来市の旅館から出雲市に移動して、そこからすぐ須佐神社にいって、出雲大社にいった。

出雲は、陽子ちゃんは全然今まで頭になかったというけど、最近出雲のお客さんとお話するようになって、ものすごく行きたくなったんだって。それで須佐之男命様という神様の須佐神社も出雲にあると知って。岡山までいくなら須佐にいかないとってなったんだよ。

須佐神社は、あとで調べてみるとちょっと前に江原さんが行って「日本一のパワースポット」と紹介していたらしい。でも、山の中でレオンちゃんも、おばあちゃんもいて荷物もたくさんもってだから、とても大変だから観光タクシーで出雲市駅から全部回ってもらって、1日で全部スムーズにできたという。

かなり山の中をいくらしい。日本にこんなに木があったんだと思うくらいびっくりしたという。しかも陽子ちゃんは子供のときに耳や鼻を手術しているから、スリランカの山をぐるぐるいく時は結構ゲェゲェなるけど、全然ならなくて良かったという。



須佐神社に到着!すごい古い神社だね!



須佐神社の有名な塩の井という井戸だって。海水が入るみたいな井戸の水になるときがあるんだって。



横に水がでていて、その水を飲んだりしたら体の病気がなおるというよ。陽子ちゃんはスリランカの井戸水は飲まないけど、この水はホイホイ飲んできたって!病気といま戦っているお客さんに送りたいと思ったけど、衛生的に宅急便でおくると時間もたって心配だから今回はひかえたというけど、あとでお風呂にも入れていいとわかったから、今度いったらボトルにつめて送るからといっているよ!



それから須佐神社で有名な大杉という木だって。樹齢が1300年以上ってすごいね!
陽子ちゃんが上の方に天狗がいたよ~と言っていた。



タクシーのおじさんが、木のパワーをいっぱいもらうために、観光客のみなさんは両手を上げてうけとるポーズをするんですと言ったとき、陽子ちゃんはそんなパワーをいただこうとするなんて何て傲慢なのでしょうと言ったとき、もうお母さんがやっていたって。



本堂。すごく古くてたぶん立て直したとおもうけど、何年くらいたっているのかな。



道をはさんで、反対側には天照大神様の神社もあったという。すごく古くて逆に緊張する雰囲気だったというよ。



陽子ちゃんは須佐神社はすごく良い気を感じて、また行きたいんだって。陽子ちゃんは虫がきらいで、古い木造家とかもできるだけいやだったのに、ここは別だという。。。

ここは結構時間をかけて、お客さん一人一人のことをお祈りしてきたんだって。でもいく前は、地震をもう起こさないでほしいと思っていたけど、ここにきたら、やっぱり人間が傲慢なんだとわかって、地震が起きてしまうのはしょうがないけど、ちゃんと頑張っている人は助けてあげてほしいとお祈りをしたという。あと、病気で大変なお客さんのこともお祈りしてきたって。

須佐神社はもう少し時間をとりたかったけど、飛行機の時間も決まっているし、ご飯をたべにいったって。
陽子ちゃんたちは、いつも困るのは食事のことだ。旅行にいくと台所をかりてご飯をつくるわけにはいかないから、ベジタリアンのご飯のお店を探さないといけないでしょう。でも、出雲には超おいしいベジカフェがあったって!

カフェまないな といって、出雲大社からこんな道をそれて、こんなところに行くのかなっていうところにあるというけど、普通の家を改造してつくってあって、全部がめっちゃおいしかったという!!!
すごくお洒落な雰囲気だね!



お母さんの野菜のプレート。タンパク質は出雲の太い油揚げみたいな三角あげというのを、トマトソースで味付けしてあって、お母さんはお肉より全然おいしくてびっくりしたって!



陽子ちゃんの野菜丼。これはまた三角あげをおいしく味付けてやいてあって、野菜がいっこいっこ全部おいしくて、めっちゃおいしかったって。家ですぐ再現してくれてわたしも分厚い油揚げが大好きになった!



これはカレープレート。お母さんは「うわ、これスリランカカレーと同じにおいがする」って言ってみんなで食べたら、ほんとだスリランカカレーみたいだと言っていたって!



チョコケーキと豆乳アイス。ナッツが入ってうますぎだったという。何でこんなおいしく作れるのに、世の中のケーキとアイスは動物性かというと!?その方が安くて簡単だからって!



ご飯を食べてから、出雲大社にいったんだけど本当は食べないでいけばいいんだって。まあ、でも須佐神社はご飯たべないでいったから大丈夫でしょう!

出雲大社にいく時、まわりはぶどうのハウスばかりだったという。



実は昔はこれはみんなタバコの畑だったというけど、それじゃいけないということで大きな改革があって、ブドウに転換したというよ。それで今は山梨県をぬいてブドウは日本一くらいになっているというよ!わたしたちはワインを飲まないけど、そういわれると一口ワインを飲んでみたいなあと思った。でも、こういう善に向かうチェンジはできるんだと思ったでしょう。だから畜産農家のひとも、何か農産物かソイミートの加工になったらいいのになあと思う。その方がやっぱり神様にも守ってもらえるからね。

これをみると牛馬守護と書いてあるでしょう。出雲大社も須佐神社もそうだというよ。



それは神様が牛や馬を大切にしているということだよね。でも、このお札をかっていく人は畜産業の人で、育てているときは牛や馬を大切に飼っているけど、結局は最終的には殺してお肉になったりしてしまうでしょう。それは神様が願っている結末じゃないんだね。

出雲大社は、陽子ちゃんはさらっとしか行けなかったというけど、とてもきれいで、やっぱり日本人として考えると、神様がここの土地にいらっしゃったということは本当のことなんだとわかることばかりだったという。

大国主命(おおくにのぬしのみこと。神話ではおおなむちというんだって)須佐之男命様の娘と結婚したという。国づくりのお話は、また皆さんで調べてみてね!



これは10月に神様が全国から集まってきて泊まるホテルというよ!?それで他の県はみんな10月は神様がいなくなる神無月というらしい。



というわけで、陽子ちゃんは島根県は温泉と須佐神社と出雲大社で全部マクロビオティックとベジ食で、結構ベジタリアンの店でもあんまりという店もあるというけど、行ったところは全部おいしくて幸せすぎたというよ!

出雲大社の前のとおりがすごく魅力的だったけどあんまり1個1個店をゆっくり歩く時間がなかったから、また今度いきたいといっている。
それからみんなは海にいって、出雲空港から羽田に帰った。みんなが家に帰ってきたのは夜遅くだったけど、みんな大満足の顔できて、すごく楽しそうで良かったね!わたしもおばあちゃん孝行もちょっとできました!

それから陽子ちゃんは、すっかり島根県が大好きになって、温泉と出雲にいきたいいきたいと言っているけど、レオンちゃんの学校も普通の学校みたいに夏休みはあまりないし、仕事もしっかりあるから、また私も協力して時間をつくってあげないとね!

ちなみに陽子ちゃんは、この旅行の前日くらいに陽子ちゃんのエネルギーのニュー指輪を受け取っていた!陽子ちゃんは熊本の地震がおきたとき、避難所の生活をする人もすごく大変だし、自分がこんな豪華な指輪をつくっていいのかと思ってしばらくオーダーを止めておいたんだけど、やっぱり後になって自分が頑張れないと、熊本に募金も送れない!ということに気づいて、製作をすすめてもらったわけ。ちなみに陽子ちゃんの制作オーダーの時は、太りすぎていて中指が13.5号だったというけど、ダイエットするからということで12.5で強行つくった!それで入らなかったらどうすると思っていたけど、陽子ちゃんはそれまでに少し体重を落として、指輪が入って本当によかったでそう!

これが陽子ちゃんの新指輪。
中石はピンクサファイアみたいなルビーで、1.25ctで結構大きいけど、まわりをメレダイヤを2重にまいて、光がすごくキラキラキラーとでるようにした!全部プラチナだけど、真ん中の石枠だけイエローゴールドにしている。



これは製作デザイナーのお兄さんは、ミラーボールセッティングといっていた。
しかもルビーの周りは、桜ピンクのメレダイヤにしたから!ぱっとみたら陽子ちゃんしかわかんないのに!



このセッティングは、メレダイヤのすきまも小さなミル打ちを全部しているから、石と地金の隙間も全部光になってみえるわけ。実物の輝きがすごいんだけど、わかりづらくてごめんなさい!ちなみに安いやりかただと、間がミ打ちじゃなく、ただ、ちょいちょい掘るだけをするから、それだとちょっと光が安っぽくなって、ごみもたまるからいけないんだって!光の固まりキラキラキラとなっているのは、職人さんがミル打ちの間と間をすごく細かいミルで、1個1個あとから打っていったから、輝きが繊細だけど、集合するとすごい!

それで陽子ちゃんはこの指輪の裏側に不思議な暗号みたいな数を入れた。知りたい人はまた陽子ちゃんにきいてみてね。それは自分と離れてしまった昔のソウルメイトみたいな友達の誕生日で、心から尊敬していて大好きだけど、もう10年近くあっていないという。ちなみに陽子ちゃんは基本女の子の友達がいないから、ぜんぶ男の友達だけど!

この指輪をして、陽子ちゃんは岡山に法事にいって安来旅館で温泉にいって出雲にいって帰ってきたわけだ。

それが、、、なんと出雲空港から、飛行機が羽田について荷物が流れてくるのを待っていたときに・・・何と指輪の裏に入れた暗号の人から電話がかかってきたんだって!その友達は陽子ちゃんの千葉の実家にもきてくれた友達で、お母さんも知っているからびっくりしたというよ。

しかも、この指輪をはめた日には実はもう一人の友達から超久しぶりにメールをもらっていたということで、、、陽子ちゃんはニコニコしていたんだけど、何だか突然もててきたんじゃない!と言ったら、指輪の効果と出雲の縁結びの効果でしょう!といった!出雲は縁結びで有名なんだって。でも、縁結びといってもご縁は男女恋愛結婚だけの話じゃなくて、友達と友達、お客さんと私たち、お母さんと子供、仕事の仲間との縁とか、それぞれのたくさんの絆があると思う。転職活動をしている人も、やっぱりご縁に導かれていくわけだからね。

ご縁というのは仏教でも、パティッチャサムパーダというんだけど、自分と全てのものとのつながりがあって、自分も存在できるということ。だから自分が変わると世界が変わるから、ご縁というのはまた違ったご縁が出てくるんだね。陽子ちゃんは新しい指輪をつけると、新しい石の波動が出て、新しいところに行って自分がしたこともない行動をすると、やっぱり周りも変わっていったんだね。だからすごい願っていたご縁が少し近づいてくれたでしょうといっている。それと陽子ちゃんはやっぱりこのピンクサファイアみたいなルビーみたいな、このミャンマー産の非加熱のこの宝石のこの色こそが、やっぱりもしかして異性のご縁にいいんじゃないかーーという話だった!まじか!

だから、皆さんすごいおすすめです!非加熱のピンク系のサファイアとか、ピンク系ルビーか、パパラチアみたいなピンクが入るコランダムは、やっぱり自分を変えてくれるくらいの波動があるんじゃないかと思う!
そういうとっておきの石がありますか~と気になる人はメールしてね!

陽子ちゃんはあれから、すごい数日の間にいっぱい目標ができて、また頑張り始めたから、そういう頑張りたいことがはっきり見えてくるだけでもすごいでしょう!しかも、陽子ちゃんは今まで仕事で夜中3時まで起きてるのが普通だったのに、あの旅行から帰ってからいきなりレオンちゃんと10時くらいに寝て4時に起きて仕事をするようになった。時々12時頃までなるけど、3時とかはもうありえないって言っている!わたしが散々体のことが心配だから、早く寝てと言っても気にしてもらえなかったのに、あの10年ぶり友達と話をしてから、一瞬で変わったみたい!頑固な陽子ちゃんを一瞬で変えられる人は一体どういう人だと思ったけど!10年前くらいにうちにもみんなと一緒に来たというけど、わたしは全然覚えてない。

でも、やっぱり基本はアパラムッダと思う。最近のお客さんの指輪で写真を撮れたものを紹介するよ!
これは海外のビジネスマンのお客さんので、あまり地金がきらきら光らないように、アラシという技法で地金のつやを消してもらった!真ん中はクッションカットの非加熱ルビーで普通はこのタイプは石はラウンドしか入れられないけど、ちょうどいいシェイプだったからフクリン留で真ん中に入れた!結構クールでかっこいいでしょう!
色んな海外にいく仕事だというから、安全にちゃんと業務ができるといいね。


これはカップケーキのペンダントを持っているお客さんので、この指輪はサクラマニだから、少し石の輝きが少ないのかなあと思っていたら、全然そんなことなくて、石1個1個がぐいぐいくるというよ!働くお母さんをやりながら、学校にもいっているから、陽子ちゃんはわたしもそうできるようになりたいと言っている!お子さんも元気そうでよかった!



この指輪のみどころは、いっぱいあったけど、何といっても魔力を感じるブルーサファイアだという!サイドに入れているけど、どうしても目に入ってしまうって。やっぱり非加熱のブルーサファイアは違うんだなあ!きっと土星のエーラシタカも気づかないうちに終わっちゃうんじゃないかな!とにかく今は勉強をがんばってね!



陽子ちゃんは自分のアパラを抑える指輪とペンダントをして、色々だんだん良くなってきたから、ここで新しい目標に向かうエネルギーの指輪を作ったわけ!何でエネルギーかというと、ピンクサファイアやルビーは、太陽と火星の石だけど、太陽は占星術の用語ではスーラヤという。それは自分の健康とか身体のことを示していて、自己実現を意味する石なんだって。
しかも、太陽も火星も性質としては女性男性があるけど、二つとも男性というよ。だから、前お客さんのパパラチアが超イケメンの声でしゃべったと報告をもらっていたんだけど、それは確かにそうなのかもしれないね!それと、自己実現のためにはまずやりたいことがあって、目標ができて、その後はちょっとの時間を見つけて努力していかないといけないけど、その努力を持続していくためには、かなりのエネルギーと強さがいるでしょう。それを表しているのが火星だというよ。だから、陽子ちゃんのこの指輪は、新しい目標に向かうエネルギーの指輪というわけだ。

でも、この色のルビーやピンクサファイアは、結構ローズカラーで、ちょっと見た目は女らしくなりすぎて、いけないから、陽子ちゃんは周りを八角形にして、ちょっとクールにしたんだって。甘い辛いがいいでしょうというけど、私たち外国人は甘いがピンクというのがわからないわけ。まぁ、いいや!あと、これだけいっぱいピンク赤光線をもらえるから、ちょっとダーク色の服も着れるようになったと喜んでいる!とにかく新しい指輪ができて、いろいろ人生の目標がたくさんできて良かったね。わたしは夜早くねるようになってくれたのだけでも、ほんとに良かったでしょう。

なんどもいうけど、本当にこの空の太陽や惑星、星座をみると、何とも思わないけど、実はその動きから目に見えないパワーや影響をいっぱいもらっているんだね。だから、七夕というのはスリランカにはない行事だけど、星に感謝をしたり願い事をしたりするのは、すごくいいことだなあと思っているよ。皆さんもいろいろ悩みや不安があると思うけど、それとは別に自分に楽しいお願いごとを作っていくと、ポジティブな方に頭がいくからネガティブな悩みはあまり考えないでいいかもしれないね!

でも、やっぱりお願い事をゆっくり考えられる状況がある人はみんな幸せだと思う。
こないだテロでJICAの関連企業の人が事件に巻き込まれてしまったけど、それはIとSに関係なく、先進国が起こしていることもある。これはアフガニスタンの国境なき医師団の病院が空爆にあったものだ。
原爆ドームでみたやつみたいだけど、これは普通の病院だった。
大きな穴からミサイルが入ってきたのかな??現代の写真と思えないけどこれが真実だね。



死者は医師と患者で40名以上で、せっかく限られた環境や資材のなかで、危険の中で困っているひとたちのために頑張っていたのに、米軍の空襲によって破壊されたという。しかもここは国境なき医師団の病院ですといっても空爆は1時間も続いたというよ。陽子ちゃんによると、国境なき医師団の病院が攻撃されたのは中東やアフリカいろんな国でされているというんだって。人道的に命をまもるはずの病院が空爆の標的になったらいけないと訴えているんだって。あまりニュースにならないことだけど、頑張っている人が危険なめにあわないように、わたしもお願いをしないといけないね。

いろいろ考えると、日本はいまどこにいっても七夕の木があって
みんなお願いごとを書いてくださーいと言われて、かくでしょう。
本当に幸せで、日本の七夕はすてきだね!
今日は関東地方は晴れで星が見えるかも!?
皆さんに星に感謝して、また明日からがんばろう!!!
今年の夏は暑いんだって!体に気を付けてください!
ありがとうございました。







無常と無明

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てもらってありがとうございます!
2016年も始まってまだちょっとだと思っていたら、もう6月で半分おわりそうで
わたしはびっくりしてる!皆さんは元気ですか!?
前のブログを更新してから、たくさんお客さんが熊本の震災のために自分のいらないジュエリーを買い取って募金にしてくださいと送ってくれたり、募金のお金を送ってくれる方もいたよ!
いつも何も思っていないときにポストに入っていると、わたしはあれと思って
すごくワクワクしちゃうけど、皆さんすごく忙しいと思うのに
きれいな紙にかいてくれてありがとうございます!

他にも何人もお客さんがいろいろな形で送ってくれて、ありがとうございました!



送ってくれたお客さんの最近つくらせてもらったアレキのイヤリング!
すごいカラーチェンジがはっきりするやつでピンクゴールドで!
アレキのピアスは1年に何回かご注文をもらうけど、いつもえーペアのアレキは難しいでしょう~と思うけど、必ず見つかる!水星は冷静な判断力をくれるから、管理職の女性にはいいと思う。きっとこれは水星メインの期間はずっと活躍してくれるから安心だね。


それで募金をどこに送るかはわたしたちも時間をかけて考えた。ほんとはみんな家が壊れたりして、きれいに作りなおすのとか、新しいところに引っ越さないといけない人もいるし、家具をかわないといけない人もいるでしょう。だから、絶対お金がかかってこまると思うから、お金をそのままお金として送りたいと思って義援金を調べたんだけど。。でも義援金も今までの震災では家が壊れてもたた30万円とかしかもらえないとわかったり。なくなった家族がいても10万20万くらいだったそうだよ。わたしは100万200万くらいかなあと思っていたから、それが現実としってびっくりした。でも、やっぱり今まだ家が壊れて片づけられなくて困っている人もいるでしょう。その人たちは前の神戸や東日本震災の例でも、結構ボランティアの力を借りていえを片づけている人たちが多かった。でもボランティアは、わたしは今この宝石のお店はかなり大きなディールになっていて、他に今の状態を説明して預けて仕事をお願いする人がいないからすぐいくことはできない。だってこの宝石たちはやっぱり今は菜食のわたしたちだからみなさんの宝石を触らせてもらえるかなあと思っているから、他にこれをこうやって梱包して製作に送って下さいとか、作業を頼めないからね。だからわたしたちは今は皆さんのオーダーをおいて、ボランティアにいくことが厳しいと思っている。やるなら4-5か月前から調整してやっていかないと!!でもやっぱりゴールデンウィークが終わってから、ボランティアの数が減って熊本は少し困っているというし、だからボランティア自体を支援しているところにお金を送らせてもらいました。それは大きなところでいうと日本財団もある。

日本財団は熊本城の再建でも30億円の支援を約束してくれたでしょ。もしかしたら、そんなことしないで被災者にその分のお金を配ったらいいという考えもあったけど、でもやっぱり熊本の人にとって、日本にとっても熊本城というのはとても大切みたいだよね。だから、そういう象徴の再建にお金を送るのを考えるのはほんとは一番最後になりそうだけど、でも最初に支援を言ってくれた財団はいいと思っている。それは見ているだけでとてもみんなの励みになるから。スリランカで11年前津波で大変だったとき、ゴールに日本が大きな仏像を建設してくれたんだけど、それは今も津波で家族をなくした人やわたしたちスリランカ人にとっても、すごく大切な存在になっているからね。それから陽子ちゃんは大学院のとき日本財団と交流があったという。日本財団から、自分たちの活動に支援をしてもらっていたというけど、日本財団の人たちはすごくいい人たちが多くて、陽子ちゃんたちがハンセン病支援のミーティングで、ギョーザパーティをするから来てくださいと言ったら、担当の人や担当じゃない人たちも来てくれて仲良くなってカラオケにいったりしていたというよ。それから陽子ちゃんは当時は恋愛で悩んでいたときもあるというけど、プライベートで恋愛の相談にものってくれたりした人もいたというよ。30億円も寄付する大きな組織なのに、気軽にほいほいきてくれた人たちはすごいなあと思う。




ところで、前のブログで陽子ちゃんがあまり寝ないでいろいろやっていることを書いちゃったらお客さんが心配してくれて、募金と一緒にお茶を送ってくれた!

熊本のハーブティーで陽子ちゃんはかなり飲んでいる!わたしは赤いのも黄色のも、ちょっと大人の味すぎて無理だったけど陽子ちゃんもお母さんもおいしいと言って飲んでいる!前は原始時代の葉っぱとかのお茶もお客さんが送ってくれて飲んでいたし、結構陽子ちゃんの身体は皆さんのお茶からかなりパワーをもらっているみたい!どうもありがとう!



ちなみに、陽子ちゃんはとても大変な病気を克服しようとしているお客さんのときから、いろいろ勉強して、自分のからだもやっぱり細胞60ちょう個とか細胞でできていて、その細胞には水でみたされているから水はすごく大事だと思って、プラちゃん、やっぱりわたしたちの宝石も非加熱がいいのがわかったから、お水も富士山の非加熱のにかえましょうと言って、サーバーをかえたりした。そしたら、前よりやっぱりおいしいから、みんなもっと飲むようになってお水代がやばい!でもお母さんがお酒もお肉も食べないなら水くらいいいのを飲んだらということで!
左ピンクのサーバーかわいいでしょう!あとお花は全部うちに時々きてもらっている家政婦のおばちゃんが育てているお花で!春はこんなにすごいお花を育てられるっていいね!、パソコンでみんなに見てもらってということで!



しかも、あと陽子ちゃんにバッグを送ってくれた先生もありがとうござました!!陽子ちゃんは少し多忙太りがなおったらバッグをもった写真をのせるよーと言っているけど!
ずっと乗せられないんじゃないかなあと思うけど。。

それから、熊本の震災にあったお客さんで、手記を送ってくれたお客さんもいて、わたしたちは本当にいろいろ初めて知ることでびっくりしたよ!水がストップしていて、ずっとお風呂にはいれなかったから、大雨がふったとき、雨でシャワーをしたいと思ったけどがんばってやめたみたい。でも、それはスリランカではわたしはよくやっていたよ!だってわたしが若い頃はシャワーがある家なんて少なかったら、井戸のそばでバケツで水をくんで体をあらうけど、雨の方がシャワーみたいでいいでしょう!!女の人も布を体にまいて結構やってたから、きっとわたしたち家族だったら、なにも迷わないなあと思った。あとお風呂がとても貴重だから、震災後に近くのお風呂やさんがオープンしたとき、そこに入るのに駐車場で2時間まって、お風呂の中にはいるのに裸で2時間まっていたというのは、とてもびっくりした!かぜひいちゃうでしょう。でもやっぱり日本の人にとってやっぱり温かいお湯に体を入れてリラックスするのはとても大事なんだなあと思ったよ。今は全部復旧してほんとうに良かったね。

それから、やっぱり少し「ああ!」と思ったのは、読ませてもらったものは大きな地震がおきたときに牛肉の料理をしていたことだ!アレルギーがあるし、とても大変だとわかる。もしものときに非常として食べるものとして豚肉のハムみたいなものをストックしてあって、あといいおかずができたと書いてあったんだね。わたしはそれがやばいと思っちゃった。。。だってこれはあのお話があるから・・・

わたしは熊本で震災がおきてからあと、いろんな県で通訳があって行ったんだけど・・・わたしの通訳は外国人が何かの事件にかかわっていると、捜査がしやすいように通訳をする仕事なんだよ。だから警察とか捜査する関係の人ともときどき雑談をするときもあるでしょう。それであれからふしぎなことを言われた!それは「何で事件の件という字は、人と牛と書くか知っていますか?」って。最初いみがわからなかったんだけど、事件の件のにんべんは人をあらわしていて、あと牛ってかくんだよね、そのときはなんでこういう風にかくのか?全然わからなくて、そういえば何でかなあとおもった。その人の話では大昔から何か大きな火事とか震災がおきる数日前から、体が牛で顔が人みたいな動物があらわれて、こういう災害がおきるから気をつけてと日本語でいうらしい。
でもそのあと災害がおきて数日でその動物はみなくなるんだって。それは伝説だと思っている人がおおいけど、実際事件や災害の現場関係の人は、震災のときに牛だと思ったら、顔が人の動物をみてしまって、わー!てなる人が何人もいるという!!しかも東日本のときも何人かみてるんだよなあ~っていう話で、わたしは牛はこわくないけど、牛に人の顔はこわいと思ってうわーと思った!!!

それで陽子ちゃんにも聞いてみたら、あーなんだったかな、そういう本もあったみたいよ~と言っていたけど・・・ちょっとこわい話だなあと思ったけど、漢字というのは日本では昔からので、必ず意味があると思っているから、きっと本当のことなのかもしれないと思った。でもなんで牛なのかなあとちょっと考えてみたんだよ。そうしたらやっぱり牛というのはインドでは神様として大切にされているし、わたしたちのアパラムッダやお守りのスーラヤをつけるとき、豚肉牛肉食べないでつけてと言われる。時にスーラヤは食べるときは外してと言われるくらいだ。

だから、何か牛は特別な神様のような神聖な存在なのかもしれない。日本でも天満宮というところでは神様のお使いとしてまつられているところもあるんだって。
陽子ちゃんとそういう話をしたら、実はいつも震災のときになぜか畜産の牛をしているところがすごく犠牲になってしまうのも気になっていたという。福島のときも、今回の熊本でもかなり牛をビジネスにしているところが大きな打撃を受けてしまった。陽子ちゃんはやっぱり・・・牛というのはとても神聖な動物だけど、人間の食べたり、牛の赤ちゃんが飲むものを人間が飲むという欲望のためにすごく犠牲になりすぎていて、もしかしたら神様の限界をこえたときに何か起きるんじゃないかなあという話になった。これはわたしの勝手の意見だけどね。

だから、震災が起きたときや震災がおきた後、やっぱり牛肉を食べることを楽しみみたいにするのは特にそのときは・・・と思ったんだよ。なぜかというと、そういう災害が起きたときは家がこわれてライフラインがとまって、自分の安全のためには逆に「神様おねがいします。助けてください」ってお祈りするでしょう。だけど・・・お肉を食べながらだと神様には声が届きにくいから。

その理由はいろいろソースがあるけど、日本の神社では、今も天皇や国の重要なときにお祈り行事をするのは、すごく昔からの大きな神社の神主さんだというけど、その人たちは神様にちゃんとつながるために精進潔斎をするという。それは一週間~一ヶ月時々は一年前から肉食をしないで菜食になって、正しい行いを心がけて完全に心と体をクリーンな状態にするというから。精進さいかんという、そういう修行をするところもあるというよ。だから、本気で神様とつながりたいときは菜食になっていくわけ。

だから一般のみなさんも、何か災害がおきたときとかは、普通の生活ができないことがすごく怖くなるし、ご飯はすこしでも栄養があって、普通のおかずをできたら安心すると思うけど、でも、まず少し食べなくても死なないから、ほんとに困ったときは逆にお米をたいて食べて、神様と通じる道を開こうとした方がいいと思う。絶対あとで何かあったときに神様にちゃんと助けてもらえる人になれるから。だから、もしあの震災の日は、もしも牛肉を食べようとしていなかったら、後でいじわるなことをされないですんだかもしれないと思った。特にラーフが特別位置にある人は、霊的なものに影響を受けやすいから、いつもと違って大変なときほど、ご飯は菜食がいいと思う。スリランカでもそういう人は肉は気を付けてといわれる。結婚式とかの何かのときだけ時々鶏肉はいいけど、いつもは4本の足の動物はやめてと言われるからね!

皆さんも何かあったときは、精進潔斎をすると神様に助けてもらえると思うから、日頃から菜食じぶんの好きなレシピを考えていきましょう!ちなみにわたしはいつかスリランカ料理の炊き出しにもいけるようにこないだ衛生管理責任者の資格もとっちゃった!

これは最近とったんだけど、私たちみたいな外国人がふるまうご飯って日本人からすると、大丈夫かなって思っちゃうこともあるというお話があって、だったら管理責任者のカード後ろにかざっていたらみんな安心してくれるんじゃないかという話で!


ちなみに陽子ちゃんは精進潔斎を調べて、「ほんなら私は家の中でいつも精進けっさいじゃん」と言っているけど、まじで結構そうだよ。陽子ちゃんはベジタリアンだけど、実はお客さんのジュエリーを夜から浄化して、朝またお香を焚いて箱に入れてラベルをはるまで、陽子ちゃんはご飯を食べないようにしている。それは前にスリランカの神様の声を教えてくれるサーッタラがご飯を食べたらみえなくなると言っていたから真似をしはじめたんだけど、陽子ちゃんも何だかその方がいい気がすると言って、ここ1~2年くらい、お客さんの発送が終わるまでご飯を食べていない。時々朝も食べなくて昼も2時くらいまでかかるけど、豆乳をあっためて飲んでいるくらいだ。・・・でもそのかわり発送が終わるとちゃんとご飯も食べるし、精進おやつをめっちゃ探して食べてる!だから太る生活なんだと自分でわかっているみたい!

最近陽子ちゃんが超気に入っているおやつがあって!結構高いから、ゆっくり食べてほしいけど、、、クコの実にチョコレートがかけてあるやつ。クコの実はスーパーフードと言われて体と脳の働きにはめっちゃいいという。でも、クコのみの味が好きじゃなかったんだけど、チョコがかけてあるとおいしいんだって!なぜならオーガニックのクコの実で、しかもオーガニックでフェアトレードのチョコがかけてあるんだって。チョコなのに乳製品も使っていないのに、おいしくてやばいというよ!乳製品入っていないけどチョコがおいしいのは、砂糖がココナツの砂糖だからという!聞いているだけで体に良さそうでしょう!でも、わたしはもうちょっと甘いほうが良かったかもしれないけど・・・

クコのみは、ゴジベリーというんだって。クリックすると楽天お店



まあ、そういう話なので、わたしはいろいろ考えて震災が起きるというのは科学的な説明だけじゃなくて、やっぱり「国」がもっているカルマと関係しているのかなあと思っている。日本は昔はあまり動物を食べていなかったけど、今はすごく動物の命は安くて、簡単に食べ過ぎてしまっているんじゃないかと思うんだよ。だから、震災のときに牛の神様みたいなのが警告をしにあらわれてくれるのかなあと思った。

だから、もし皆さん災害じゃなくても病気やつらい状況で神様お願いしますとお祈りしたいときは、やっぱり動物性の食べ物は食べないようにしてお願いをした方がきっと神様に届くんじゃないかなあ!前回のブログでがんを克服した人たちの多くが菜食で成功していることが、いろんなことを表していると思う!

ちょっとここで休憩です。最近はこういう素敵なものも作ったよ!もともとはダイヤモンド一粒だったけど、ダイヤ一粒ペンダントって意外と重さが少ないから動いていると回ったりしちゃうらしい。それが気になるということで、前の方に重さがあったらぐるぐる回らないわけ。だから、前の方に台座を2個つけて重さを増やすようにリフォームさせてもらった!でも普通のラウンドをそのままつけるとミッキーマウスみたいになって子供ぽくなるということで、ハートの大小をつけたわけ。そrで二つハートの中は桜ピンクダイヤで、すごい素敵になった!やっぱりこのペンダントとチェーンが一体化しているやつはトップが後ろにいったり、留め金が前にきたりしなくてすごい着けやすいし、リフォームしてすごく素敵になって良かったね!


話は精進潔斎にもどるけど、、、
やっぱり菜食にはスリランカカレーは一番いいと思って、すごく誇りに思っている!
普通の野菜だけでカレーになるから!しかも日本のカレールーみたいに小麦粉も入れないから、ドロドロじゃないし、ハーブスパイスがいっぱいで体にいいし!

これは5月のウェサックのときに作ったジャガイモとインゲンとえのきのカレー



あとはナスの炒め物とジャガイモカレーとゆでたブロッコリーと豆腐カツ。
ご飯はこれは白いお米とキヌアを混ぜている。陽子ちゃんは特別玄米とかキヌアとかがめっちゃ好きなんだよ。しかも何で日本人の陽子ちゃんがほぼ毎日スリランカカレーを作ってくれるかというと、、、ワンプレートで食べられて、皿をあらうのが簡単だからって!
だから震災のときは皆さんおすすめかも!今度これを入れたらスリランカカレーが
出来るというスパイスを売ってみたいね。



今年は、スリランカの満月は21日で、5月19~24日はスリランカではウェサックといって、ブッダの誕生をお祝いするお祭りがあった。スリランカでは、1年で一番にぎわう一週間で、結構仕事もみんな休みになって、ダンサラという地区ごとで無料でどうぞ食べてくださいとふるまっている食べ物を食べにいったり、きれいなトラナという仏教のランタンをみにいったりして楽しむんだよ。わたしたちは日本だから、今年はほんとは佐原のお寺にいこうかと思ったんだけど、朝でんわの通訳が入っちゃったし、みんなでいくと結構お金がかかるでしょう。スリランカでは今、大雨で洪水がおきて困っている地域もあったから、わたしたちがお金をかけていくより、その分をSri-Lankan Red Crossに募金をして、家で普通にお祝いすることにした。

とりあえずウェサックランタンは1個は作ろうと思って・・・たけひごと花ちりがみというのを買ってきて作るの。



作ったものはこのブログのまた後で!レオンちゃんとわたしは夜いつもベランダの椅子に座ってお話をするんだけど、この日はキャーキャー言ってウェサックランタンを見ていた!ちなみに陽子ちゃんは蚊とむしがこわいから家の中からみるので大丈夫ですということで!

スリランカでは洪水が起きている地域もあると言ったけど、わたしはスリランカも国のカルマがあるから、こうなると思っている。本当はあまり都市化しすぎないでちゃんと自然をまもりながら、排水ルートをいろいろ建設しないといけないんだなあと思った。ひとはタウンにいろいろデパートやきれいなショッピングセンターができるのは楽しいけど、やっぱり仏教の国ならその教えをちゃんとひとりひとりがわからないといけないんだなあ。スーパーマーケットでソーセージが簡単に手に入るようになったり、お金持ちの子供たちがマクドナルドを貸し切ってバースデイパーティをやるようになってきている。もちろん昔はそういうのは全然無かったよ。でもやっぱり仏教の道と違うことをすすめすぎてしまうと、きっとスリランカもカルマがきて、大きな災害が起きちゃうんじゃないかと心配している。わたし一人の力はかなり無力だなあと思っているけど、でも一人になってもちゃんと道を守っていくことが大切だよね。
これがアニッタヤーという「無常」ということだ。でも「無常」を理解しないでしがみついていることはアヴィッダヤー「無明(むみょう)」ということになって、もっと苦しむことになってしまう。


この間、サミットがあって、たくさんの国のひとたちが日本の神様の伊勢神宮にいって、オバマさんも広島にきてくれたことは、やっぱりすごく意味があったと思う。オバマさんはどうせもう任期が終了して、いなくなってしまうんだから意味がないという人もいたんだけど、でも、アニッタヤ(無常)で考えると、だからこそ任期終わる前にでも、縁という関係性を大切に考えて、ちゃんと来てくれてスピーチしてくれたんだね。わたしにとってはとても感動したことだったよ。

ちなみにこれは全然報道されないんだけど、サミットのとき、スリランカからもマイトリーという今の大統領がきていたの!

安倍首相の隣にいるのがスリランカ大統領で、クリックして動画をみてね。
オバマさんやカナダ、イギリスの首相さんたちがみんなスリランカの大統領に
あいさつにきてくれているでしょ!



なんでスリランカの人がくるかって?G7じゃないしって思うでしょう。
それはどうしてかというと、戦争が終わったあとでの日本の復興には、他のどこの国よりスリランカのおかげなんですという話があるからだよ。プライド高いみたいで変だけどごめんなさい。戦後、スリランカが「日本は仏教の国のお手本でもあるから、賠償金はいりません。憎しみは憎しみじゃなく、愛だけが解決する方法です」とスピーチしたから、日本が戦後の責任をとわれて4つくらいの国に分割されて他の国に支配されるところだったのが助かって今にいたるという話だね。それはこのブログにも何回か書いたかなあと思う。だから、今回のサミットはいろいろ意味があって、スリランカの大統領があべさんの隣なんだよなあと思ったけど、あんまり日本のニュースにならなかったのが寂しかったけど!でも、やっぱりオバマさんがいうみたいに核兵器は幸せな人の笑顔も、地球の美しい環境もぜんぶ奪ってしまうから、みんな戦争がなくて平和の地球を目指していきましょう!
ちょっと最後は地球にいったのは・・・実は・・・

地球型ペンダントを作ったから!(すごいビジネス話になってすみません!)
これは主に男の子とかメンズ用なんだけど、陽子ちゃんがHPつくるまで時間がかかるからここでちょっと説明させてください!

実は前から、男の子の子供にベビーリングがほしいんだけど、普通のベビーリングはすこし女の子っぽいし、レオンちゃんに作ったビーンズはちょっとかわいいすぎるから、もう少しクールなやつで、ちょっと大きめ石もいれられていいのないですか?というお話があった。
それも何人かのお客さんからで、、、
それで考えたのが、地球型のペンダントです!
最初は球体なら簡単だとわたしは思ったんだよね。でも、製作と話をして進めてみて、まず地金でハンドメイドで球体を作るのが普通は難しいはずだよと言われた。それでデザインから試行錯誤で最終的にかかったのは5か月くらい!まじでとても大変だった!!

何が大変かというと、球にチェーンを通す穴をあけて石をとめていくならいいけど、それだとゴールドの塊で、いったい何十グラムになるんだよっていうくらいすごい重さになっちゃう!
だから中を空洞にしないといけないけど、極限まで薄くすると石がビーンズみたいに平面のところがないから、石留めのときに強い力で押すと、球体の面がグニャっと曲がってしまうからだ。だからあるていど、石が留められる強度の厚みをのこして、でも出来るだけ軽量化していかないといけないでしょう!それはすごく大変な作業だった!それと、地図を球体に入れていくけど、それもほんとサイズでいれると日本はどこかわからなくなっちゃうし、ちょっとここは日本です。ここはスリランカです、ここはアメリカです、ここはイギリスですとわかるくらいにしないといけないからね。でも地金に地図を手作業でかくように彫りを入れていくのはすごく難しかったんだよ!しかも最初ツルツルの地金の予定だったけど、シルバーでサンプルを作って送ってもらったら、陽子ちゃんはこれはパチンコ玉みたいだなあと言って却下しちゃって!

だから、製作はいろいろ試行錯誤をして、地金に光らない加工をした。
それがこれだよ。一番左は日本で「アラシ」という加工なんだって。ガーネットの粒を地金に落とすとこんなふうになるんだって。陽子ちゃんはみためはブラックパールみたいと言ったけど、それでもメンズには綺麗すぎるということで、右の2つはダイヤモンドの粉であらく削って、結構ごつごつざらっとした感じにした。でも触るとつるつるしているんだけどふしぎでしょう。


でも上のはシルバーでつくったサンプルだから地金が結構明るい白ぽくなるけど、ホワイトゴールドとかプラチナだともっとダーク感じになる!



それで大陸を掘ってもらうんだけど、金型を送ってもらって、陽子ちゃんが下書きをかいてまた送ってそれを掘ってもらったり!結構日本列島もできるだけ細かくできたでしょう!地金にこういう細工はめちゃめちゃ難しいからどこの業者もこういうペンダントは無いというよ!




それで石を留めて完成したのがこれだーーー!!!地金はホワイトゴールドです!
これは実は裏表かんがえていて、男の子だから、表はブルーとかグリーン石が少しだけ見えて、ただの地球儀型ペンダントにみえるようにしている。これは裏めんの色石がたくさん入っているところ!やっぱり地図が入っているからすごく見た目かっこいい!



ちなみにこんな大きなピンクサファイアやルビーも正面からはあんまり見えない位置に留めている!


正面からみると、結構カラフルじゃなくて落ち着いていて、クールな感じにしてある!
しかも日本でアイデンティティを大切にして!しかも!このお客さんは大阪のかただったけど、お母さんから子供にだから、大阪のところにピンクダイヤの小さなメレダイヤを留めてある!
この画像では少しわかりにくいけど、見たらお!ってわかるようになっている!
男の子はほんとうに育てるのが大変というけど、きっといろいろアパラがあるホロスコープでも、とても魂がピュアな今から着けていたら、必ずアパラが消えて、成長してすてきな若者になっていくでしょう!



正面のサイドには土星のブルーサファイアの大きめの石も入っていて、安心でしょう!



それとダイヤモンドが必要だったけど、それは正面にみんな見えるところじゃなくててっぺんの方に入れているから、前からはあんまりすごいのが見えない工夫をしている!



これは少し大きなサイズで、直径が13㎜のでホワイトゴールドで8gくらいだから、しっかりしているけどあんまり重すぎないようにしている!でも、もっと小さい石でいい人は11㎜の小さいサイズのだと、3㎜石とかで出来るし、お値段も安いからいいかも!
13㎜のは石が11個まで入ってHPでは188000円になる予定!11㎜のは148000円になる予定!でも、今月は6月だからデビュー記念で13㎜のでも166000円、11㎜のは135000円になる予定だよ!

かなりカスタマイズできるから、私はゴールドにダイヤモンドあらしでやってもかっこいいと思うし!私だったらスリランカのところに小さいブルーサファイアを入れたり!いろいろ出来るから、結構かっこよくて、私的には大ヒットしてほしいくらい、いいんじゃないかなあと思っているけど、どうでしょうか!?

まぁ、ちょっとメンズペンダントのご紹介でしたが、女性の皆さんに久しぶりにパパラチアのご紹介です!
今回はベビーピンクのパパラチアで、一番左の大きい石です。



パパラチアは画像にとるのがすごい難しい石で、光の加減でみえかたが変わってくるから。少し暗くしてうつしている。
陽子ちゃんはすごいピュアで若々しい可愛さ!といっている!



オレンジがみえたりかくれたりしながら、すごいキラキラです!!



実はこのパパラチアは、他のお客さん用にと思って仕入れたんだけど・・・もっとオレンジのがご希望で、これがちょっと浮いちゃったので皆さんにお手頃にできないかなあと思って!0.66ctで今6月なので6月中は、166000円です!(しかも豪華おまけ付きです!気になる人は陽子ちゃんにメールしてね!)
vasundhara@prasanga.com

ちなみに今スリランカ産の非加熱パパラチアはものすごい高騰しているから、この大きさで20万いかないのはめったにないから。やっぱりスリランカの非加熱パパラチアは、結構みんな精神的のこと、体のこと、仕事のこと、子供のこととか良い結果につながっている人ご報告が多い!仏陀の蓮のお花の色だから、きっとみんな頑張ろうと思ったらいい結果になるんだなあと思う。




そういうわけで、もう6月だね。
震災がおきたのは4月で、家がなくなったり、体調が崩れたり、つらい思いをしている人もいると思うけど、あれから一か月、時間がすぎたらどうでしょうか。。。
時間というのはすごく大切なことで、なぜなら状況が変化していって、あの時はすごく大変だったけど今はだいぶ落ち着いた人が多いんじゃないかな。だからアニッタヤ(無常)を理解していると、今の苦しみもきっと時間がたって状況が変わっていって、楽になるだろうと思いながら頑張ることができるね!
それと、アニッタヤーだから今一緒にいる人たちを大切にしてね。


わたしが作ったウェサックランタン。ベランダもちょっと綺麗だった!



熊本や大分の余震もなくなってみんな安心した生活ができますように。
ありがとうございました。



あなたとわたしを助けるもの

皆さんこんにちは!
今日もここに見に来てもらって、本当にありがとうございます!
ながく書けないで心配してくれたみなさんすみません!
地震があった地域の人も、そうじゃない地域の人もきっと熊本や大分県の地震のことをきにしながら、いつもの毎日を過ごしていると思うけど、元気ですか??
ずっといろいろなことがあって、書きたいことがありすぎになっていたけど、落ち着いて書くことができなかったよ!
だから今日は7部にわけて載せさせてください。

~~~~~~~第1部~~~~~~~

まずは熊本の地震ですごくこわい思いをした人、家がこわれたり避難の生活ですごく困っている人、
地震のことで体を壊してしまった人とか、本当にかわいそうだと思っている。
まだまだ家がこわれて避難所で暮らしているひともいるね。
わたしたちが送ったお水とか食料は、少しずつ現地に届くようになっているみたいで、やっと少し戻ったみたいで安心した。
それから、なんかわたしたちのところへ熊本にって募金してくれているお客さんもいて、本当にありがとうございます!物資のことは今しばらく終わりにして、現金で送るか、それかできたらスリランカカレーの炊き出しにいきたいんだけど。。。だっておにぎりとかお味噌汁だけじゃあきるんじゃないかと思って。陽子ちゃんにいうと、いきなりスリランカカレー食べて突然のスパイス量で、体がデトックス始まっちゃったりして逆にお腹がへんになったりしたらどうすんのとかいうわけ!でも、インドカレーと違ってスリランカカレーは結構やさしい味なんだけどなあ~とりあえず、募金の方はちゃんと方向を考えて送るからね!本当にありがとうございました!

それと、前回の記事で熊本の病院で働いている人たちも家がなくなったり、倒壊してるのに片付けができなくて、病院でそのまま仕事をして、車やホールで寝ていてとてもつらい状況だと伝えさせてもらった。そうしたらすぐにブログをみてくれたお客さんが、またその記事をフェイスブックにのせてくれて、そしたら宮城県とか九州の近い県で医療関係の支援活動をしているNPOとかのことを教えてくれて、そういうことがまた病院のトップにも伝わったりして、、、とにかく現状がかなり打開してきたそうだ!やっぱり人の「助けたい」という気持ちがたくさんつながって、良い方向に変えていったんだね!だから、心の中でお祈りしたり、動いたりすることは本当に大切でちゃんと現実の世界にもいろんな方向から影響が与えられるとわかった!
それで熊本の被災した方からも、すごく感謝のご連絡がきたよ!協力してくれた皆さん、同情してくれた皆さん、本当にありがとうございました!!!

それから、わたしたちは物資も送ったけど、またお店の方で今年はずっとご注金額からブレスレットは1万円を寄付するように話し合っていった!それはまた第7部でかくよ!




とにかくまだ余震は続くのかなあと思うけど、東日本のときもやっぱり1年くらいは震度3とか4とかも後で結構おきたし、心配しながらも前の生活に戻れるように努力していかないといけないのが大変なところだと思う。

わたしたちも、東日本のときは震度5強だったんだけど、私たちが当時住んでいたところは、エアコンをつけにきてくれた業者さんが「この家はすこし右に傾いてますね~」と言っていた。だからトラックが近くを通っただけで震度2くらいゆれるところだった。だから、震度5でもたぶんそれよりめちゃめちゃ揺れて家の中のものは本や食器が全部落ちたり、それだけでも大変だった!200秒以上続いた揺れは本当にこわかったね!
しかも、あのときは妊娠8か月の陽子ちゃんが家のあとで片付けをするのは大変だから、わたしが全部やるといっていたのに、女の人って結構すぐ片づけたいのかなあ。
陽子ちゃんは夜通しやって疲れちゃったこともあったよ。

だから熊本で震災で家がぐちゃぐちゃになってしまった人は、今土星がすごくつらい位置にあるから、本当に無理しないでちょっとずつやってほしいと思う。土星は意味で言うと「労働者とかサーバント」っていう意味だから、召使いみたいに自分があれこれ疲れるけど動かないといけない状況が発生しやすいというよ。それで、精神的にも明るくなれない時間が長くなるんだって。この時期に発生した病気も長引くから気を付けてといっている。やっぱり、地震のときに感じた恐怖は本当にすごかったと思う。わたしは今でもあの時ベッドのスプリング上で家がこわれないように陽子ちゃんのお腹を守っていたことが思い出せるから。精神から発生する体の弱さもきっとこれから出てくる人もいるかもしれない!でも、今はとにかく体がこわれないように、休みながらできることをしていってください。時々おちこんでも絶対あきらめないで気持ちを戻して、またちゃんとやっていると土星もやさしくなるからね!
あと、支援をしてあげるのも陽子ちゃんは、業務でいっぱいいっぱいけど支援のも眠りながらいろいろサイトから物資を注文していた。陽子ちゃんはかなり瞑想パワーがあるけど、みなさんも長期支援をしてあげるのも、自分が元気で働いていないと無理だから、自分のからだも大切にしてね!

~~~~~~~第1部おわり。(休憩しましょう)~~~~~~

これは、3月に横浜に宝石の仕入れにいったときの写真。
ホテルに泊まって仕事ばかりだとかわいそうだから、夕方だけレオンちゃんサービスで横浜のコスモワールドにいってきた!



これは観覧車にのって!観覧車ってしたが見えて、風がはいってきてめっちゃこわいのを初めてしった!かおが変だといわれた。



観覧車から、きれいな船がみえた。そういえばわたしたちは2010年まで横浜にすんでいたのに、全然こういうところにきたことがなかった。子供ができると、いかなかったところに行けるんだね。



横浜の夜はすごくきれいだった!



で、仕入れてきたルビーとかはまた後で!

~~~~~~~第2部です。~~~~~~

今度はすこし話がかわるけど、ここ最近のお店のお話で、からだや健康のことだよ。
実は3月中頃から、わたしたちのお店は春の桜が咲く季節になって、まわりの世界はとても温かくなって桜もさいて幸せそうだけど、わたしたちはなんか周りのワクワクした雰囲気とはちがって、心の中ではとても気の抜けない状態が続いていた。特に陽子ちゃんのほうだけど。。。

それは、実は新しいお客さんのことなんだけど、一人じゃなくて何人か、同時期に「がん」という病気の診断を受けてしまったお客さんとの対応をさせてもらっていたからだ。それも、良性とかじゃないし、皆さん、かなり進行した状態で見つかった人たちばかりで、軽い状況ではなかった。わたしたちは普通に生きているとまるでこの人生はずっと続くんじゃないかと思っているみたいに生きているけど、、、そうじゃなくて・・・とにかく時間をもっと伸ばしたい!半年、1年、3年、5年、7年、10年、20年以上まで!とにかくできるだけ一緒にいられる時間を!!!という状況だ。

きっとその診断を受けたときは、すごくショックで第三者のわたしたちでさえ、こんなにショックなことなのに、本人とその家族のみなさんはどれくらい衝撃を受けて何日もないたり悲しんだのかなと思うのだけど・・・でも、わたしたちは正直なところは、最初に思ったのは・・・
「せめてもう少し前にご注文をくれていたら・・・」ということだった。
病気の進行の度合いは、普通に病院でいうように治療をしていたら、お医者さんが言った通りの時間しかないからだ。

それで、わたしたちは一回悩んだの。ここまでのアパラをどうにか軽減して、できるだけ長くこの世界にちゃんと人間としての尊厳があって、ちゃんとした生活ができる状態で楽しく笑顔でいさせてあげたいと思ったけど、、本当にどうなるのか、それを今宝石を使ってどうかすることができるのか、自信がなかったからだ。それは宝石療法というのは非加熱の大きな宝石を使っても、効果がでてくるまでは数か月かかるし、まずホロスコープを調べてジュエリーをつくって届けるのに2か月かかる。。。とてもなやんだけど、わたしも陽子ちゃんも今なら、宝石に関する知識もあるし、すぐに仕入れられる業者仲間もいるし、幸いつくって現地からここに送るのに時間がかかるけど、わたしの親戚は今しょっちゅうスリランカにいったりきたりしているから、手でもってきてもらえばかなり早く届く!それに、今、わたしたちにはそういうのを受け止めるキャパシティができたから、神様がご縁をつくってくれたんだと思って、とにかくまずわたしたちにご注文をくれた気持ちに感謝して、出来るだけ早く作るようにがんばることにした!
それで一番急な方のは、最優先で全部お願いして人を使って届けてもらったり、一か月で全部作ることもできたわけだ!

それから陽子ちゃんは同時に「がん」ということについて、本を読んだり、何か不思議なことを書いたり、毎日3時半とか4時まで作業をしていた。わたしはこの人が病気になるんじゃないかというくらいの状態だった!
これも一部で!あとヴェーダ本とか手術の本を読んだり、ユーチューブで
結構みるときついなあという内臓や頭の中の手術を夜中にじっとみている。
この人大丈夫かなあと思ったけど。。。



これは太陽がどういう病気と関係しているかということらしい!
免疫系も太陽だから、やっぱりルビーが大事でしょう!
あとちっちゃくハゲって書いてあるけど!?



しかも、陽子ちゃんは2013年からケートゥがメインになっているから、いろいろなものを受け取りやすいから、やっぱりそのお客さんとのやりとりをしていると、夜中にすごく暗い気持ちになって肩がおされている気がしたり、痛みと熱みたいなのとだるさも伝わってきた。いままでは、時々「あ~Mさんのがきてるな~」とかわかっても、陽子ちゃんは当人には今、考えていましたか?とは伝えなかった。でも、今回はあまりにもしんどいから「こんばんは~大丈夫ですかー?ネガティブなのがきてますよ~頑張りましょう~」と、メールしちゃっていたんだよね。やっぱりそうすると、お客さん側も「実は昨晩はすごくつらくて・・・」という返事が朝とどたりした。でも、返事を一言でもしてくれるだけで私たちはうれしかったよ!

惑星がどういうことを表すかということ。これは本じゃなくて、何年か前に3万円くらいでインド占星術を勉強するために買った教材だという。ラーフのところを見ると悪性腫瘍、皮膚病とか書いてある。ケートゥをみると、解脱とか医療従事者とか哲学とかいてあるから、陽子ちゃんの今の時期がすごくわかるね!

これがすべてじゃないらしいけど。よくわかるね。



でも、陽子ちゃんが送った「あの本」を病院で読んでくれて「私も自分で治せるように頑張ります」とメールをくれた。わたしは見ていて、陽子ちゃんの仕事はこういう意味があるかあとわたしは思っていたよ。あの本というのは・・・

「がんが自然に治る生き方」という本。
陽子ちゃんは、この本を全部読めば20%くらいは治ったところまでいってるんじゃないかな!あと80%は努力だ!ということだ。(クリックするとアマゾン)



実はその病気と闘っているお客さんのジュエリーは、私も念入り念入りで浄化をしたんだけど、、まさか私もその日から2日間頭痛があったーー(でも、心配しないで!わたしはスリランカにいた貧乏なとき、ごはんが食べられなくて毎日くらい頭痛があった経験があるから。こういう痛みもありだとわかっている)
まぁ、そういう状況だから、正直な話ですが、、他のお客さんのホロスコープをちゃんと翻訳をして、ジュエリーをおちついてデザインして作って浄化して送ることができなかった。それでこのお店を始めてから初めて、他のご注文をくれていたお客さんに話した。「どうしても優先させないといけないお客さんが何人かいるから、ホロスコープやジュエリー製作が遅くなるけど、待っていてもらえますか」、、、といって、すべての業務をそこに集中させてもらっていた。
しかも本当にすごいことは、他のお客さん皆さんは、とても優しくて「どうぞ優先してあげてください」と言ってくれて、しかもその方々にちゃんとした宝石でジュエリーを作ってあげて下さいということで募金を・・・ということで、何万も募金をくれる他のお客さんもいたんだよ!!!
Sさん、他のお客さんに優しい気持ちをわけてくれて本当にありがとう。
きっとSさんのところにもたくさんの幸せが届くよ。

実は、やっぱり命の時間と戦っている人というのは絶対的に最優先すべきと思っているから、金額を気にしないで、今できるもので一番いいものを、一番効果があって強い作用が期待できるジュエリーを作ってあげたいと思っていた!だから、金額を考えないで、大きい石をカットしたり、サービスでできる限りのいいものを入れて作っていた。。。
でも、やっぱりそこに、わたしたちの力だけじゃなく他の人も手伝ってくれたのは、すごく心が軽くなって、うれしかったです!
だから、そういうことなんです!だから、いろいろとあんなサービスが出来たんだよ!わたしたちの力じゃなくて、みんなの力だから、きっと元気になってね!!!

そして、、どうか、このブログをみてくれている他のお客さんの健康と幸せのためにも、陽子ちゃんがホロスコープで気づいたことを教えてさせて下さい!

実はこの方々は体の部位は違うけど、一般的にいうと「腫瘍=がん」という病気だったんだけど・・・
陽子ちゃんはこの名前自体がすごく怖い印象になってしまうから、自分をふくめた世間の人はこの病気を勘違いしているのじゃないかと言っている。

日本では毎年40歳近くになると人間ドックとかで、がんを早期発見して、すぐに切除する方がいいと思っている人が多いというね。それで再発をしないように抗がん剤の治療をしたりするというね。これは当然のことで、早期発見がいいと思っていた!わたしも陽子ちゃんもだから今年は人間ドックにいこうと言っていたでしょう!

でも、、、陽子ちゃんによると日本のアナウンサーや俳優さんでも、がんが発覚して大きく切除する手術をして、抗がん剤をしてもやはり数ヶ月で亡くなってしまう人ばかりだったというよ。もちろん白血病のような血液関係がんは抗がん剤もちゃんと効果をあげるものが多いというけど、お腹の方や頭の方の腫瘍の多くはかなり抗がん剤が効きにくいことが多いみたいだ。

それが陽子ちゃんはいろいろな本を読んで、そのわけがわかったという。これは一つの研究だから今の科学が全部認めたはなしかわからないけど、、、
がんは、今のある研究では「がん幹細胞」という、女王バチのような親になるみたいな細胞があるから、抗がん剤治療をしても、たたいて小さくできるのは「働きバチ」の部分だけだという。
だから、いくら切除しても女王バチみたいながん幹細胞が生きていたら、再発する可能性が高いということだ。しかも、がんというのは種類によるというけど、本来は何十年もかけてゆっくり成長しているという。でも、切ることで「がんが暴れる」という状況が発生してしまって
今までは遅いスピードで成長していた腫瘍が、切られたことで巣を壊された女王バチが怒って今までよりすごい早いスピードでまた増殖をすることもあるからだという。だから再発をするという。

それにも関わらず、切った後で再発をしないように抗がん剤を続けることで、ぎゃくに本当に他の元気な細胞も弱くしてしまうから、内臓が大変な疲れがきて元気がなくなって、がんも再発しつつあるし、本当は元気な細胞にぬりかえていかないといけないのに、そういう元気な細胞の動きが弱められてしまって、結局前よりももっと進んでしまうこともあるという。
だから、できるだけ切らないで温存しながら、代替え療法なんかをとりいれながら、進めているお医者さんもいるというよ。

でも、今の医療は何がこわいかというと、やっぱりお医者さんは自分の腕を試したいから、
切りたい人が多いということと、抗がん剤を進めるのは、その分病院が儲かるからなんだというよ。こういう今の日本の医療世界の裏側みたいなことが書いてあるのが、この本だという。女の人なら全員によんでもらいたいくらいの本だという。食事のところはちょと参考できないけど、他の部分はかなり、驚きだというから。(それであーやばい、知ってよかったと思うでしょう!)

写真:「近藤誠の女性の医学」
(これは陽子ちゃんがお客さんみんなに配りたい本だという。
陽子ちゃんはこれをよんで、わたしも陽子ちゃんも人間ドック検診をやめた!
知らなかったら大変なことがいっぱい書いてあったって!)



でも、日本の人というのはやっぱり権力やお医者さんというちょっとハイレベルのイメージの人に弱いところがあるでしょう。だから、お医者さんがもうこれ以上遅くなると、大きくなりすぎるから早く手術をしましょうと、焦らせる!だから患者さんは怖くなって言うとおりに手術したり、抗がん剤をやったりして、結局命を縮めてしまう人が多いという。それと、日本は健康保険制度があるから、入院費用や治療費や手術代とかも他の外国よりも少なくてすむから、がんと聞いたらすぐに切って体からなくしてしまいたいと思うというよ。

陽子ちゃんも本当にそう思っていたという。だから、まさか「がんが切らないで治る方法がある」とか、切ったあとでも自分の力で再発をしないですむような「生き方」があるとは、全く考えなかったという。

でも、がんというのはやはり必ず原因があって結果があるように、自分の人生でいろいろな悲しみや苦しみがあったり、ストレスがかかって出来てしまうことが多いという。だから、その腫瘍になってしまったものもやっぱり自分の一部だから、大嫌い!これがなくなれ!という気持ちじゃなくて、「がんにさえもあ~苦労かけてこうなってしまったね」という慈愛の気持ちとエネルギーを送ることが、がん細胞をオセロの色を変えていくみたいにがん細胞を正常に戻していくことができるという!

この本にはその全てが書いてある!!!
さっき紹介した「がんが自然に治る生き方」
日本人の「寺山心一翁さん」という人のがんがいっぱい転移して無理といわれたのに
寛解させることができた方法も超すごい!!!
そのあと50年60年生きていて、いまもおじいちゃんだけど、元気でいる人の例もある!



この本はがんが劇的に完治した人、1000人以上を研究してその方法をまとめた本で、しかもあやしいのじゃなく、ハーバード大卒で博士がまとめた本だから!これを読むと、ほぼすべての病気の人も元気になるんじゃないかな!!
次に、この本にあった、どんな風に病気を克服するかを少し紹介させてください!
たぶん、これはがんだけじゃなくて、ほかの全部の病気にも通じることじゃないかと思うからだよ。
今なにか病気があってなやんでいる人は読んだほうがいい!

~~~~~~~~第2部おわりです。~~~~~~~~
◇ちょっと休憩◇
これはピンクゴールドのブレスレットで!きれいな写真が撮れなかったんだけど、
真ん中はアレキ・・・にそっくりなのにアレキの鑑別が出なかったクリソベリルで!
そうなるとこんな大きいと普通は30万以上してもおかしくないのが4分の1位の価格でいけた!!
でも写真で撮ると、オレンジになるでしょう!普通にみると綺麗な抹茶色なんだけど!



このお客さんは、スリランカの子供たちの支援で、日本製の鉛筆削りをいっぱい送ってくれた!きれいなお札でわざわざ募金もくれて本当にありがとうございます!きっと子供たちもみんな喜んでくれるから、わたしたちが次回いくときは届けてきます!
第二の人生も、細かいやさしい気配りでたくさんの出会いがあると思う!



上のピンクゴールドアレキは、超きれいな色で大粒だったからそれでも8万くらいしたんだけど、これはもっと薄いぺりどっとみたいなクリソベリルで、、でもやっぱり撮るとオレンジになる、アレキになれなかったハートアレキ!熊本支援のでご注文をくれたお客さんにはプラス1万円で大サービスになる!!!めったにないチャンスです!カップケーキ枠にいれるとすごく可愛くなるから!(ちなみに仕入れ値は2個分で4万円くらいしたんだよ)
でも大きいもっと濃い色アレキを入れたら20万30万するから、これはお得でしょう!
なかなかライトグリーン色はすごくきれいです!




~~~~~~~~第3部です~~~~~~~~

話は、陽子ちゃんのおすすめの「がんが自然に治る生き方」という本に戻る、、、
あの本は何を書いてあるかというと、がんの患者さんで余命を宣告されたくらいの人でも、医学的にはありえない状況で、全くレントゲンやMRIに「腫瘍」がうつらなくなって、元気になっていくことができるんだって!!!
それは「寛解」(かんげ)というんだって。
この言葉は本当に書いてみても、聞いても、素晴らしい言葉だね!
その言葉通りに、どこまでもポジティブで寛大な感謝の気持ちをもって、ある意味では
解脱するくらいの精神的境地になると、本当にがんが消えているんだから!

どういう方法かというと、9個あって、その項目ごとに患者さんの例がかいてある。
読んでいると本当に希望がわいてくるんだって!
<がんが消える具体的な方法は>
・抜本的に食事を変える
・治療法は自分で決める
・直感に従う
・ハーブとサプリメントの力を借りる
・抑圧された感情を解き放つ
・より前向きに生きる
・周囲の人の支えを受け入れる
・自分の魂と深くつながる
・「どうしても生きたい理由」を持つ

この本は項目1こ1こに対して、全部寛解したひとの例があって信じられるというよ。
9この方法は、陽子ちゃんによると大きくわけると、
1食事療法と2瞑想的精神改革だという!

例えばどんな方法かというと、がん細胞は糖質がえさだから、正常細胞より、ブドウ糖を多く必要とするんだって。だから腫瘍がわかるように検査するときはコップ一杯のブドウ糖をのんで体の中でブドウ糖が主にあつまるところにがん細胞がいるということがわかる。だから、食事療法では徹底的に糖質を食べないようにした人もいるという。そのためにがんだけど、断食をしたりするんだよ。
普通だったら、がんの人が断食をすれば痩せたりするから、他の人は心配するし、お医者もやめなさいというらしいけど、がんから寛解した人はみんな「お医者の言葉をそのままとらえて受け身にならないで、自分のやり方を見つけて進んでいくことができた人」だった。
そしてしばらくすると、本当にがんが小さくなっていって自分のやり方を覚えていくんだね!
まぁ、断食はかなり続かないから、ちゃんと食べながらがいいでしょう!

じゃあ、病気になったときどんなものを食べたら元気になれるのか・・・
食事療法についてはこの本がいいという。(クリックするとアマゾン)



この本をみると、やっぱり、、、ベジタリアンの方法だったよ!!
1精製された炭水化物をとらない。
(白米や小麦などの白いパンとか、うどんとか、血糖値を急激にあがることで分泌されるIGFー1という物質があって、それががんの成長を助けるから)

2塩分を控える
(がん細胞は糖でエネルギーをつくる時にできてしまった水素イオンを排出するのに塩分が必要だから、塩分が少なければがん細胞の機能が妨げられるらしい)

3たんぱく質は植物性(大豆)やお魚でとる。
動物性たんぱく質は免疫システムを働きをおさえる脂肪やミネラルが多いから。特に牛・豚はよくないという。動物性のお肉は焼いたり加熱することで「トランス脂肪酸」を発生させるから。

4野菜果物きのこをたくさんとる。
(活性酸素が体を傷つけることでがんの原因になるというけど、こういうベジ系が活性酸素の働きをおさえることもできるから)という。

5油はオリーブ油やえごま油、アマニ油とかのオメガ3系の不飽和脂肪酸多い油をとる。これは体の炎症を抑えるはたらきがあるからという

6乳製品をとらない
牛乳は牛の子供が、大きく成長するために必要なものだから、その中にはIGF-1という成長因子がはいっているという。これはがんを増殖させるMTORを活発にするから

この食事法はまさにベジタリアンのVEGANに近い食事法でしょう!これは「ガンが自然に治る生き方」にも、うえの「がんに負けない体をつくるごはん本」にもほぼ同じことがかいてあるという!

それから、陽子ちゃんはまた違うタイプの本も読んでいた。それはもし、本当に今進行したがんと診断された人なら、とてもつらすぎて読みすすめていくことができないだろうという本だ。
それは例えば、がんになって亡くなってしまった人の手記や、家族が書いた本だ。
なぜ陽子ちゃんがそれを読むかというと、そこにどうして命の期限がきてしまったのか、理由がみえてくるから、お客さんのかわりに読んで調べると言っていた。
そうしたら、やっぱりいろいろなところに理由があったという。たとえば・・・手術をしたあとに「かつどん」「ステーキ」を食べた。とかそういう、やっぱり良いとされる食事療法と反する内容がかなりかかれてあったという。
ある本の方は・・・若い人だったから「ハンバーガー」が好きだったり、自宅療養になって帰ってきて、「ピザとコーヒーを飲んだ」と書いてあって、陽子ちゃんはその行を読むたびに「えーーー!」と声をあげていた!脳の手術した後に脳の血管広げるような物質が入っているチーズ入ってるピザ食べたら余計痛みが強くなるでしょう・・・わぁ食べないで・・・」という。そういう気持ちになってと思ったという。それを読み進めていると、やっぱりその後にまた発作を起こしてしまったり。アイスクリームを食べた後に、せきが止まらなくなったりという記述があった。

やっぱりスリランカでもアーユルヴェーダでは「乳製品と冷たいものは気管をせまくするからせきが出やすいからだめだよ」と言われ続けてきたことを、やっぱり「知らない」ということで、そういう食事をとりつづけてしまったりしていたというよ。それが原因だと限らないけど・・・でも、ある本では脳神経外科のお医者さんだった人自身が脳腫瘍のとても難しい状態になってしまったけど、その先生は自分の患者さんにはやっぱり抗がん剤をとうよしていたというけど、その先生が実際に脳腫瘍になってしまった時は「絶対に抗がん剤をしない」と最後までこばんでいたようだ。でも、やっぱり科学を信じていたお医者さん自身だから、食事療法は考えなかったみたいだ。それで、やっぱり病気がわかってからも手術後もお酒をのんだり、お肉を食べたり、かなり体に負担が大きいことをしてしまって、やっぱり短期間に再発をしてしまった。
でも、食事法を信じてやっていたら・・・もしかするともっと長くいきることもできたかもしれない。

でもあまりこれ以外食べたらだめと考えすぎたら余計ストレスになっちゃうから、普通にその食事がおいしいと思えるように、やってみようという楽しむ気持ちでポジティブで出来たらいいと思う。
だけど、、、わたしはこういう「病気がなおる食事法」をして、がんが治った人は食べ物だけのパワーじゃないと思うよ!!!その話をする前に・・・大切な話を!

~~~~~~~~~~第3部おわりです。~~~~~~~~~~

つぎはホロスコープでみる健康のおはなし。

~~~~~~~~~~第4部です。~~~~~~~~~~

これから書くことは、ぜひ、これを見てくれているお客さん、ホロスコープを持っている人、興味がある人の健康と幸せのために、どうか話をさせてください。。
実は、3月にご注文をくれた、、その病気が発覚したお客さんのホロスコープには、とても大きな共通点があった。
それは、ラーフとケートゥが1番か7番の部屋にいた。1番の部屋は、自分のからだとか自分自身を表している。7番は結婚の部屋だ。それで1番の部屋のちょうど反対のところに7番がいるから、1番にたとえばラーフがきていたら、7番の結婚生活にも影響をあたえる。7番にケートゥがきていたら、7番の部屋からちょうど向かう1番の自分の部屋にもケートゥのアパラをむけさせてしまう。つまり、ラーフとケートゥは2つとも8ー9割凶なんだけど、両方がただでさえ、自分と結婚にマイナス影響をあたえているけど、さらに相互にマイナスが加わってしまうわけだ。

それと、ラーフとケートゥの間の部屋に、他の全部の惑星が入ってしまって、同時に7個の部屋がどの惑星もいなくて、つまりカラの部屋が7個以上あると、「カーラ・サルパ・ヨーガ」という、特別なアパラが発生する。それは他の惑星が良い光を出していても、
いいパワーを弱めてしまうから、ホロスコープ全体の力を弱めてしまうものだった。



それと、ホロスコープには今メインで影響をあたえる惑星はこれですというのがある。
例えば陽子ちゃんは2020年までケートゥで、わたしのメインは2024年までラーフ!
やばい!
でもラーフは移動性の象徴だから、わたしみたいに母国にいるより海外にいたほうがアパラが防げるといわれている。
それで、あの病気が発覚したお客さんがたは皆、今、メインが土星で20年近く土星が影響をあたえる状況だった。ホロスコープで主に有害か吉かの惑星でわけると、ラーフ・ケートゥ・土星・火星・月・太陽は有害になるけど、その中でもラーフケートゥ土星火星はかなり強いアパラになる。

それで土星がメイン時期でも特にマイナスの問題が発生するのは「エーラシタカ」という期間で、それも第一局面、第二局面、第三局面ある。そういうかなりすごい強いアパラが働きやすい時期だったわけだ。

つまり今、その病気と闘っているお客さんは、ラーフとケートゥの「カーラサルパ・ヨーガ」があったり、それにかなり近いヨーガ位置で、今メインで影響をあたえる惑星が土星だった。でも、このヨーガがあるからといって、他の惑星の関係と、あと結婚した相手のひとすごく相性が良くて、お互いアパラを消しあっている関係だったりすると、皆がこういう苦しい状況になるわけではない。

でも、ラーフは前世カルマや、突発性の事故、のろいというマイナスポイントがあって、外向的な方で何か起こるといわれている。病気でいえば、「悪性腫瘍」や「皮膚病」を表すとも書いてあるというけど、突然それが発覚しても、自分の治療方法や生き方を変えていくことで、劇的に改善させていくこともできる!それは自分のカルマに気づいて、困っている人に自分が何かできないか考えて、世界に有益な生き方をするようにチェンジすることだ!

ケートゥは内向的に向かわせるから、何か深い研究をしている人はいいけど、色々トラブルが起きるとくそ!このやろ!というのが内向的に向かってしまって、精神病になってしまう人もいるというよ。だけど、ケートゥは解脱と書いてあるように、人のために動いたり、瞑想をしていくと精神性、宗教性が深まっていく時期でもある。だから二つの惑星のマイナスを転じていくように、ちゃんとアパラの惑星を反作用させる宝石をつけて、ちゃんと正しい行動と瞑想と、ほかの人にも優しい心をあげていくことができれば、ラーフとケートゥのアパラも軽減できるというお話だというよ!

そういうことを考えると、ベジタリアンのような食生活になっていくことは、「がんに良い食事法」だからいいというだけじゃなくて、やっぱり動物の命を守るという霊性もピュアにしてくれるわけだから、自分のカルマが少なくなっていって、病気も良くなるんじゃないかと思っている。
もし、食事療法をしないでお肉や動物性のものを食べ続けていくと、やっぱりそれは生きている命を殺して食べるということに加担しているわけだから、カルマをもっと積み重ねていくことになる。だから、命を大切にする生き方にしていくことで、これ以上のカルマを作らないこと、それと生き方を頑張ってかえることによって、惑星がちゃんと感知してくれていて、マイナスの影響を与えるのを変えて、味方になってくれるわけだ。これは「運命好転の法則」にもかいてあったね。

だから、「がんが自然になおる生き方」の本でも、まず抜本的に食事を変えるというのは、そういう自分が積み上げてきたカルマを少なくしていく方法だから、効果があったんだと思う。

それと、もう一つ、結婚の部屋にラーフがあると、配偶者のもっている運や縁、カルマも自分がつないでしまうことになることがあるという。今回、腫瘍が発覚したお客さん方のジュエリーはちょっとした願いのピリットをしてあるから、写真を載せることができないんだけど・・・一人は「家のカルマ」を背負ってしまっていた。家のカルマというのは、ある意味とても苦しいもので、例えば自分が結婚した配偶者「家」が、家業で何か人や動物の命にかかわる職業だったりすると、たとえとても良い行いをしていても、どうしてもカルマとなって積んでしまうこともある。これは自分の代じゃなくて、何世代前の職業によるカルマが何世代あとの自分たちに関わってくることもあるという。特に、ラーフが7番の結婚の部屋にあると、その夫のもっている家のカルマも自分でかついでしまうように影響を受けてしまうことがある。陽子ちゃんはこのお客さんからご注文がきたのは1月だったけど、その時に最初から気づいてしまっていた。でもそれを伝えるのはとても心苦しくていた。けどやっぱりホロスコープを調べると、やっぱりそういうことになっていたんだよ。だからこれはどうにかしないといけないということで、陽子ちゃんは大きなヘソナイトガーネットのペンダントをプレゼントする形にした。ヘソナイトガーネットは、海外のサイトで調べてみるといいと思うけど、いわゆる霊的なマイナスのエネルギーのようなものを妨げる作用があるからだ。

もちろん、こういうことは本当にわたしたちの経済面でも、お店としての対外的なことを考えても普段はやっぱりすることはない。でも、やっぱり何よりも命の時間をできるだけ延ばしてあげたかったから、異例のことをやっていった。それを皆さんはちょっと理解をしてもらえると嬉しい。。。だって一人のお客さんはまだ赤ちゃんを産んだばっかりだったから、絶対今回復して、できたら寛解(かんげ)までして、完治していってほしいと思うからね!

~~~~~~~~~~第4部おわりです。~~~~~~~~~~~~

◇ここでまたティータイムです!◇
いまは非加熱の3mmとか、3.5mmが入荷できなくなって・・・
でも時々大量にはいるときがある。
これはミャンマー産の3~3.5mmのオール非加熱サファイアで!



でも、実はみて!ひだりは陽子ちゃんがチェックして、インクルージョンや傷で
全部使えないやつ!結局使えるのは少ないんだけど、でも出来るだけ小さくても非加熱
の方がいいから、おすすめです!!!ちなみに・・・これはほんとは3.5㎜のは2万くらい発生するところですけど・・・、熊本震災応援キャンペーンで追加料金なしです!!!
もし、(1個1個の鑑別書がほしい人はプラス5500円かかりますけど)
カップケーキ台座にいれると、すごくかわいくて綺麗です!おすすめ!!!




~~~~~~~~~~第5部です。~~~~~~~~~~~~

でも、本当にそういう、がんが自分の身体からなくなる、寛解ができるのか?
ここで書いてあった人の奇跡のお話を紹介!
「がんが自然に治る生き方」には脳腫瘍のグレード4という、膠芽腫というがんになった男性の話があった。アメリカの大学を卒業したばかりのマシュー君という男性で、すごい頭痛で脳の腫瘍がみつかった。それで2度手術して、放射線治療も人間ができる最大リミットまでやったけど、やっぱり再発してしまった。でもこれ以上の手術はむりで、抗がん剤治療をするくらいしかなくなったという。でも、抗がん剤の薬をのむと味の感覚がわからなくなって、そのときマシュー君はこんな副作用で食べ物の味も人の顔もわからなくなる治療なんてもうしたくない!といって、抗がん剤の薬をゴミ箱に捨てたんだって!

そんなとき、ある知り合いからブラジルに「神様のジョン」という人がいて、無料で病気を治せる人がいるという噂をきいた。とてもあやしいと思ったけど、いろいろ本当にお医者が治らないといったがんを治しているという。それでマシューはやっぱり行ってみたいと思っていたけど、飛行機のチケットもすごく高いし、今までの治療でお金がなくなっちゃったから、ブラジルにいくことをあきらめていたという。そんなとき、突然電話がかかってきた。それは知らない女のひとだったという!

その知らない女の人は「私もブラジルの神様のジョンのところで瞑想をして、乳がんが治ったから、あなたも行きなさい」といったという。マシューは、「でもわたしはお金がないんです」と言ったら、その女の人が「それなら私がお金を出してあげる。お金のことであなたの命がなくなるなんてばかげているわ」と言って、お金をだしてくれていろいろ手配をしてくれたという!マシュー君は、ああ、自分のためにこんなに知らない人が助けてくれるなんて!とすごく感動して、自分はひとりじゃないんだ!と、生きることを感謝するようになったという。

それで、マシュー君はブラジルにいけることになった!ブラジルでは、不思議な経験をたくさんする。神様のジョンという人のところにはたくさんの病気で悩んでいる人たちがきて、一緒に瞑想をしていたという。それで、神様のジョンという人のところで瞑想プログラムにとりくんでいると、何だかすごくよくなった気がして、一回アメリカの病院に帰った。それでMRIをとってみてもらうと、お医者は「明らかに縮小しています」と言ったという!それでマシューはまたブラジルにいって瞑想をしていった。そうして何か月かたったとき、ある日、神様のジョンがみんなの前で「さあ、あなたはアメリカに帰ってもう一度MRIをとってきなさい。それでもう一度戻ってきて、あなたが完全に完治したことをここで皆さんに教えてあげなさい」と言ったという。それで、マシューはアメリカに戻って、またMRIをとったら・・・本当にがん、腫瘍が消えていたという!
主治医の先生は今も信じられない、納得がいかない様子だというけど、あれから7年たってマシュー君はそのブラジルで知り合った女性と結婚して二人の子供もできて、幸せに暮らしているという!

つまり、それはやっぱり神様のジョンという人がいたから、みんなブラジルにいかないと治らないのかと考えてしまうと思うけど、この本の作者もそうではないと言っている。皆、「家で簡単にお金をかけないで瞑想をすることで同じ経験をすることができる」と言っている。必要なのは「時間」とやる気だと思う。

でも、瞑想なんてどういう効果があるのか、信じられないという人もいるかもしれない。
わたしのブログで、何年か前にベトナム戦争に反対して、焼身供養をして即身成仏をしたベトナムのお坊さんの話をしたと思う。
普通は焼身自殺というのは、一番痛い死に方と言われているでしょう。だから、火がついた人は痛くてころげまわるという。でも、あのベトナムのお坊さんは、蓮華座をくんでそのまま瞑想をした状態で、全く動かないでオイルをかけてもらって火をつけてもらってそのまま燃えた。燃えている間もずっと蓮華座の姿勢だったんだよ。つまり、それは瞑想が進んでいくと、自我がなくなって自分というところから離れていくことができる。それは例えば「この痛みさえも自分のものではありません」という状態にもっていくことができるからだ。だから、瞑想というのはすごい効果があるというのがわかると思う。

それから、日本の医科で科学的見地にたっている人の本で、都立駒込病院の篠浦先生というドクターが書いた「脳腫瘍 機能温存のための治療と手術」という本がある。ここにも、「仏教の瞑想」が腫瘍を消してしまったという話を載せている。それは、陽子ちゃんによると「なぜこんな詳しい医科的な治療法が書いてある本に、いきなりエピソードを入れているのか?」と思うほどで、でもそれを入れたいというドクターの気持ちがあったからだ。

そして、この本にもすごく大事なことが書いてあるという。例えば脳の手術は腫瘍をできるだけ大きく取るために手術をするのが普通だという。でもそうすると手術後におきてから、体のどこかにマヒがおきていたりすることもある。でも、ふつうのドクターは命の時間をとにかく長くすることが大切だから、たとえ足がうごかかなくても車いすになっても、腫瘍を大きくとろうとする。でも、篠浦先生の見解では「足が動かなくなったり、たとえば本当に味覚がわからなくなったり、字がかけなくなってしまうと、自分で普通に生活することができなくなって、人の介助をかりて生きていくことになるでしょう。そうすると人間というのは絶望してしまって、希望がもてなくなってしまうというよ。そのせいでストレスがすごくかかって、がんが治るのが治らなくなって余計大変な状態になって、結果的に命を短くしてしまうこともあるという。

だから、その先生はできるだけ歩いたり、話をしたり、ちゃんと生活していく機能をできるだけ残すように手術をするという。それは覚醒下手術といって、脳の手術中に患者さんを起こして「これが見えますか?ここに書いてあるのは何ですか?足が動きますか?」と調子をみながら、できるところまで取るという手術方法だという。その自分の頭の様子もモニターで、患者さんはみることができるんだって!この話で思ったのは、患者さんに自分が手術している映像をみせるなんて、よっぽどお医者さんが自信がないとそんなことできないと思うし、本当に患者さんの立場にたっている治療方法なんだなあと思うけど。だから、そんなお医者さんが腫瘍がなくなった例に、仏教の瞑想のことを書いてあるというのは、、必ず効果があると知っているからだ!

でも、、、陽子ちゃんもこういう方法をいろいろお客さんに教えても・・・「じゃあ、わたし、瞑想を本気でやってみます!!」っていう言葉を聞いたことがなくて・・・とても残念だといっている。
でも、瞑想というのは本当にお金がかからない方法だから、これを見てくれている皆さんも少しずつやってみてほしいと思っている。

だって、、、実はわたしのお母さんは2010年10月に亡くなったんだけど、ラーフのアパラがあって、それとある呪いのようなものがあって54歳で亡くなってしまった、、、でも今、陽子ちゃんと話をしているのは、2010年のあのときはまだまだ宝石療法の本当のことを知らなかった。
非加熱の宝石のパワーを知らなかったし、加熱の宝石でホロスコープの知識も、陽子ちゃんがまだまだだったから、先生に質問をすることも進まなかった。でも、今ならしっかり非加熱の大きめの宝石を使うこともできて、瞑想をすることを進めていたら、あと10年は生きていくことができたと思う。。でも、瞑想ができなかったのは、ひとつ理由があった!それはわたしのお母さんは肺の病気で、大きく呼吸をすることができなかったからだ。瞑想というのは最初にかなり呼吸法を覚えていくことから始まるんだけど・・・それができなかった。
だから、これを読んでくれている皆さんなら、、そういう風になるまえに、ちゃんと大きく呼吸ができるときから、瞑想をやってみてほしいと思うんだよ。

だって健康をよくするだけじゃなくて・・・願望じょうじゅうの方法でもあるから!
~~~~~~~~~~第5部おわりです。~~~~~~~~~~~~
ここからはまたわたしのちょっとくだらない話になるかも・・・

~~~~~~~~~~第6部です。~~~~~~~~~~~~


実はわたしは3月頃から、かなり通訳の仕事の依頼が少なくなっていた。でも、お店の集中してやらなきゃいけない仕事があったから、こっちのお客さんに専念できるしよかったと思っていた。でも、通訳の仕事がなければ、遊びにいこうといわれれば遊びにいける時間があるわけだ。それで、お花見シーズンだったし、わたしは陽子ちゃんたちとお花見にいったあと、スリランカの親戚たちとも夜にお花見にいったり、上野を案内したり、、、かなり遊んでしまっていた。そのとき、陽子ちゃんはこのがんの研究で毎日4時頃までがんばっていたんだけど・・・でも、陽子ちゃんに「お花見にいっていい?」ときくと「いいけど、ちゃんとしてね」と言われていた。でもその意味がわかってなくて、遅い時間まで遊んでしまっていた。。。私のフェイスブックをみると確かに叔母さんと姪と遊んでる写真がおおくて・・・ごめんなさい!!

それで陽子ちゃんがある日「ぷらちゃん、残念ながら、あなたはもう通訳の仕事がなくなるでしょう。それはあなたが親戚と遊んでばかりいるから」と言った。でもわたしはそれに反発して、わたしは「そんなに関係ない!スリランカでは親戚みんな仲がよくて大切にするのが普通だ。通訳がちょっとなくてもいいんだ」と言ってしまった。。。でも、その言葉通り、4月になっても全然通訳の依頼がこなくなっていた。家政婦にきてくれているおばちゃんには、「最近ご主人様ずっといるんですね~」と言われた。陽子ちゃんは「やっぱり、あなたは神様の前であんな言葉を言ったからね、依頼がこないでしょう。言霊がひびいているから」といった。

でも、どうしようと困っているわたしに、陽子ちゃんは「あなた日本語能力試験1級とるために勉強をしなさい」といって問題集もかって机においてくれた。わたしはそれをみて1級はまじやっぱりやばいと思った。それで明日は神社にいって神様に通訳の仕事がいらないといってしまったことと、最近ちゃべちゃべしすぎていたことをあやまろうと思った。それでレオンちゃんが寝たあと、日本語能力試験N1の勉強をはじめた。次の日の夜は、仏陀のまえで座禅はできないから足をのばして、瞑想をして日本語能力試験の勉強をした。それが夜9時~10時くらいだった。・・・それで、その夜中11時くらいにすぐに通訳の依頼がきて、まず電話通訳で、次の日から、ずーっと通訳の仕事が入った!

そんな経緯をまた家政婦のおばちゃんに話をしたら・・・「な~んだ、そーんなかんたんなことー」と言われた!そう!そうなんだよ。反省して瞑想をするなんて、本当に簡単なことなんだよ!
でも、みんな信じられないでしょう。だからしようとも思わないんだと思う。でも、やっぱり効果は絶大だと思った!!
だから、健康のためもあるけど、自分の希望をかなえていくためにもやってみてほしいと思う!

~~~~~~~~~~第6部おわりです。~~~~~~~~~

まだ続くよ。疲れてるひとはまた今度みてね!

~~~~~~~~~~第7部~~~~~~~~~

そういうわけで、3月のブログを書いたあと、わたしたちは本当にいろいろあった!
一番大変だったのは陽子ちゃんだけど、しかも陽子ちゃんはまたいろいろおせっかいもしていくから、余計に自分の時間をすくなくするからね!

自分の腫瘍研究で朝までまた本を読んでいたけど、、スリランカから津波の時の被害で家族をなくした女の子たちが日本にきているということを聞いて、陽子ちゃんは超眠いのに会いに行ったり!最初子供かと思ったら、津波はもう2004年12月だから、12年前で、そのときにちゃんと自分のことがわかっている女の子でこういうことが起きたということを理解していた女の子だから当時4歳と8歳くらいで。今げんざい16歳と20歳の女の子だった。埼玉県のある町内会の人たちがスリランカ支援をしていて、津波のときの遺児として、なにか支援したいということでホームステイで選ばれて日本にきたんだけど・・・叔母さんがむかえにいって、日本にきたとき寒いのにまだ服がなかったというから、わたしは叔母さんに頼んでいくらでもいいから服と靴をかうようにって頼んだんだけど・・・うまく伝わってなくて、二人はすごい寒いかっこうをしていた・・・

わたしの叔母さんちで。奥にいるのはおばさんじゃなくて、20歳の子!
一応皆さんから預かっていたドネーションと私たちのお金を入れてわたした。



でも16歳のウペクシャはすごく寒そうだったのに、半そでにショールをまいているだけだった!陽子ちゃんがもう着ないといってもってきていたピンクのカーディガンをすぐ着せてあげた。だって日本は寒いから風邪もひいちゃっていて、すごくつらそうだったから。。
スリランカ人の女の人は結構遠慮するから、私のおばさんは「薬のむ?」とか聞いても「いいです」というし、服も「おかまいなく」みたいに言っちゃう。でも本人は本当はすごく寒いでしょう。だから、陽子ちゃんはすぐに子供に服をきせるみたいに、袖をとおしてあげて、おばさんに「サマハン作って」といってスリランカの風邪のお茶みたいなのを作ってもらって飲ませてあげた。

この子は16歳の子だけど、もう少し小さくみえるね。



それでかなり久しぶりの登場の陽子ちゃんと、もう一人の勤労学生の女の子。
二人とも眼鏡をしているでしょう!(陽子ちゃんは睡眠時間が少ないけど、太っているとあんまりかわいそうに見えないからいいやと言っている!)




勤労学生の子は、アートの大学にいきたいけどお金がなくて月曜から金曜まで朝から8時間、Tシャツ縫製工場で働いているけど、一か月のお給料が18000円しかなくて学費や生活費が厳しいという。スリランカではわたしの弟はいま大体5万~6万もらっていて、普通の家というから、やっぱり18000円だとかなりきついと思う。陽子ちゃんは自分も勤労学生だったから、勉強したいのにお金がないつらさは知っているから、毎月ちょっとずつでも支援をしてあげるようにした。

ところで、陽子ちゃんはいまずっと眼鏡をしている。
前はコンタクトをしていたんだけど、今はプリズムがはいっている眼鏡の方が宝石とかいろいろ不思議なものがよく見えるからなんだって!
このことも前からずっと書きたいと思っていたことなんだけど、陽子ちゃんは10歳頃の子供の頃からずっと頭痛があった。20歳くらいに一番ひどくなって、大学いくのも大変で脳神経外科の超有名な先生の頭痛外来にもいったという!しかもテレビに出ているような頭痛で有名な先生のところ東京、埼玉、合計6病院くらいいったというよ。でもMRIや脳波を調べても何か原因はなくて、脳が興奮しているせいだといわれて、抗鬱剤みたいなものを飲まされて、頭がいつもぼーっとして、でも全然痛みはよくならなかったみたい。うつ病薬は、これじゃいけないと思ったという。

そんなとき!26歳くらいで、左目の問題があることが発覚した!陽子ちゃんの視力はずっと右が1.5で、左が1.2とか1.0とかあったから、、学校の検査では普通に目がいいひととして、わからなかったそうだけど、特別な薬をいれてやる視力検査では、左目が強い遠視でたぶん子供のころからずっと目が悪かったのじゃないかということがわかったわけだ!
それで陽子ちゃんは眼科のドクターから、普段はコンタクトレンズや眼鏡をつけなさいと言われた。最初、陽子ちゃんは眼鏡をするとか、そういうのがすごくいやだったという。でも、眼科の女の先生がこの状況で裸眼でいるなんて、絶対ダメ!ほっといたら脳の病気にもなるとか、40歳ちかくになって老眼とミックスになったらもう手がつけられなくなる、手術もあるかもと言われたらしい。それで、しょうがなく眼鏡やコンタクトをするようになったんだけど・・・そうしたら何と16年くらいつらく続いていた頭痛がほとんどなくなったんだって!!!毎日あった頭痛だったというのに!とにかく陽子ちゃんの頭痛は、目が原因だったわけだけど、それはどの脳神経外科の先生もだれもわからなかったという!

それで、よくお客さんでもそういう人が多い。「頭痛がすごくて一週間でほぼ毎日くらい痛い」という方がいた。それでそのお客さんにブレスレットを送ったら、すごい小さくて普通じゃ気づかないようなところの傷をここに傷があるとメールがきた。陽子ちゃんは、これは普通はルーペとかじゃないと気づかないようなところだし、これが見えるということは逆に・・・「あなたは眼が悪いとかないですか」ってきくと、やっぱりそのお客さんは視力が0.1くらいなのに、眼鏡をしなくても生活できるから、何もしないで裸眼でいたという。それで、「あ~それは頭痛になるよ。目の筋肉にいつも負担がかかっているから」と言って、とにかく眼科にいって眼鏡つくるように勧めたんだよね。結局それがやっぱりで、今ほとんど頭痛がなくなったという。。。

それで陽子ちゃんは言っているのは、妊娠していたとき、漢方の先生から陽子ちゃんは眼を使うな、産後もテレビみたりするなと言われた。なぜなら、目と子宮がつながっていて目の疲れは子宮の疲れになるから、産後は眼を使うと子宮が回復しないからという。
それから、そのあとで、陽子ちゃんはまた違う本をよんで女のひとにとって「子宮」というのは、パワースポットで、子宮が疲れたり病気だったりすると、自分の運気も下げてしまうという話だった。だから・・・つまり目が悪いのにほっておいたりすると、それは子宮が疲れてしまって、結局自分の人生も下げてしまうんだというお話だよ!そのとおり、陽子ちゃんは眼の問題が発覚するまで、失恋や受験の失敗で死ぬ死ぬとさわいだり、強盗に襲われたり、自律神経の病気になったり会社もいっぱいかえたり、人生が落ち着かなかったわけだ。でも、確かに目のケアをするようになって、私とも結婚して、好きな宝石の仕事もずっと続けられて、普通の幸せのおばさんになれたというよ!

これはインド占星術でもそうみたいだよ!目を司るのは太陽と金星だけど、金星のところをみると目と同じ項目には恋愛や結婚、生殖器、宝石や幸運ということが書いてあるでしょう!だからやっぱり目と子宮はつながっていて、恋愛や結婚にもつながっているのがわかるんじゃないでしょうか!というのが陽子ちゃんのはなしだよ。



でも、なぜわたしがこれをブログで載せたかというと、ほんとに目の悪さをほっておいて、自分の運勢の良いところを逃してしまっている人が多いから!その多くに皆さん頭痛があって、、、ホロスコープの入力のときに陽子ちゃんにモロに頭痛が伝わってくるから!それでやっぱり太陽や金星のアパラがあるよ。陽子ちゃんがそれに気づいて「あなたは眼が悪いんじゃないですか」というと、みんな「実はそうなんです!」って人が多いの。だから、皆さんわたしは「結婚や女のひととしての人生がうまくいっていないな~」というのがあったら、まず眼科にいってちゃんと検査をしてもらってね!このお客さんはパパラチアのブレスレットを作って、眼鏡をしてちゃんと良くなったよ!あとは転職活動も成功する時期にがんばって!わたしたちのお店のジュエリーをつけた方の転職活動はすごい高い確率で成功しているから!

~~~~~~~~第7部おわりです。~~~~~~~

ここまで読んでくれた皆さん、あなたです!!本当にありがとう。。。
実はどうして今回こういうことをいろいろ書いたかというと、やっぱりいまは
土星の位置が悪くて、災害の被害にあったり、あとは病気が発覚したり、
新しい病気になっちゃったりする。土星はなんでもネガティブで「長引かせる」性質があるから、みんなちゃんと自分で理解して、先にケアができることはやってほしいからだよ。

でも、まずは今は熊本と大分県の震災の支援をみんなでやっていけたらと思う。
日本で震災がおきた日は、スリランカではお正月のハッピーモードだった。
震災がおきて、海外業者さん仲間は「大丈夫か、何かするよ」と言ってくれた。
それで、震災の支援のために非加熱の宝石を安く譲ってもらったり、
わたしの製作とも話して、支援ブレスレットを考えた!
もう夏になっていくと、みなさん短い袖服をきるから、ブレスレットがいいでしょう!

ブレスレットはHPではアパラ・ブレスという、石をフクリン留めという留め方のが出ていて、4mmの加熱の石で149800円だ。
でも、今はみなさん非加熱の宝石にあこがれるし、4mmとかじゃなくて非加熱宝石なら、その石の大きさそのまま生かすような大きい石を入れた方がいいでしょう。だって、指輪は石のサイズや深さがかなりせいやくされるけど、ブレスレットはかなり石がいろんなサイズや、不思議なカットとかでも、セッティングできるから!しかもカップケーキ型台座は、石がめっちゃ輝いてきれいにみえるし、いつか後で外して違うデザインしたい時は石を外すこともできる。
でも、石の台座は結構大きいし、ミル打ち+爪を1個1個つけて加工していく台座だから、かなり普通のアパラ・ブレスの台座製作の3倍くらい1個の台座で時間がかかる。それと地金も結構多くかかる。だから、石も大きいし、加熱石では198000円でHPで掲載する予定だよ。加熱サファイアや加熱ルビーでも結構石がラウンド4mmじゃなければ、別仕入れでその都度石代も結構かかるから!

これはオール非加熱無処理の石のブレスレット!
これは全部0.4-1ctくらいあって全部石が大きい!けど、石の良さを全部引き出せるカップケーキの台座で!



でも、このブログをみてブレスレットを注文してくれた人は、「熊本支援」と備考欄に書いてくれたらカップケーキセッティングが188000円になります!それと頂いたお代の中から、1万円が熊本支援の募金になります!!これはとりあえず地金がよほど高くなったりしなければ12月31日までは継続するつもり!!!

これは真っ赤な非加熱ミャンマー産ルビーで!
今いろいろあって、転職活動だけど、きっと仕事とか才能が上がるルビーだ!
しかも、就職活動って結構こころがつらくなる時もあるというけど、全然燃えてがんばれぞうでしょ!熊本の募金もどうもありがとうございました!




ちなみにこちらのお客さんは、、、ガーネットのような深いミステリアスなルビーが希望ということで、、しかもあった!!ちょっとパープルも感じる赤い非加熱ルビーでしょう!
1ctのアレキもすごく森みたいで、きれい!



しかも、、、このお客さんは、こんなデザインを描いて送ってくれたわけ。
でも、絵がすごく上手で陽子ちゃんは天才!イメージが完璧に伝わる!と言っていた!



でも、、全部非加熱で、ちょうちょのデザインって・・・かなりハードル高すぎるでしょう!
陽子ちゃんはセッティングのこともあり、石探しのこともあり、、、うーーーーん、、、と困ったけど、やる!と言ってやった!
1ctの非加熱スリランカ産ピンクサファイアをリカットして、ぷっくりのペアシェイプを1個つくって、それを似たような色で2個そろえないといけなかったし!
でも、なぜか石がどんどん集まってきて、あっという間に出来上がった!

ほらみて!お客さんの絵をそのままそっくり作れたでしょう!



しかも、ちょうちょのところは石留めが結構難しくて、ダイヤを入れたんだけどなんかちょっと周りのピンクの石と合わなくて目立ちすぎるから、薄い色合いけどピンクダイヤを入れて作ったら、完璧綺麗にできたーー!




これは本当に素晴らしい出来上がりだった。
このお客さんにはまた陽子ちゃんが頑張らないといけない意味もあったんだよ。
それはこのお客さんが、一度ふつうの人がまあ経験しない悲しみを経験して、今やっと再スタートを頑張ろうとしていたからだ!
絵をみてもすごく才能がわかるね!だから、きっと自信もって東か北で頑張ってね!!!

それから、カップケーキの台座は本当に綺麗だし、爪がついているから後で外すこともできるのがいいんだけど、、、最近サクラマニの指輪でも1個だけはいつかリフォームのことを考えたり、できるだけ綺麗に輝かせてあげたいということで、サクラマニとカップケーキセッティングのミックスのも作っている!

これも真っ赤なミャンマー産の非加熱ルビーを特別枠にしている。



前からみるとサクラマニセッティングだけで、超綺麗なピンクサファイア、
すごく素敵すぎるでしょう!!!
きっとちゃんと時期をみて動けば、運命の人と出会えると思う!
あと、ラッキーカラーの服とかもがんばってね!
スリランカの真ん中のピンクサファイアがすごくポジティブなパワーだね!



じゃあ、皆さん今回は7部にわけてすごく長かったけど、
興味をもってみてくれてありがとうございました!!!
とにかくみんな大変な状況もあると思うけど、わたしは一番大変なのは生きる時間とかかわる病気でたたかっている人と、家がなくなってしまった人だと思う。
だから、そういう人たちがわたしたちの力で少しでも元気になって、状況がよくなるように助けてあげたり、マイトリーの瞑想をしていきましょう!
誰かの健康のためにもあなたの健康と夢を実現するのも・・・

本当に一番頼れるのはあなたの心にあるから!!!
(2004年津波で全部流されたのに仏陀の仏像は、ちゃんと残っている)



ありがとうございました。


【“あなたとわたしを助けるもの”の続きを読む】

ご支援について

皆さん、こんにちは。
ずっと待っててくれている皆さん、ほんとにありがとうございます。
熊本の震災後のたくさんの支援、スリランカへの支援、
そして病気のお客さんへの支援、お客さんからお客さんへと、
ほんとにみんな見たこともない人たちのことを深く考えてくれて、
やさしい気持ちを向けてくれて、一生懸命がんばってためてくれたお金を
届けてくれて、本当にどうもありがとうございます!!!

実は今、一番長いのじゃないかというくらいの長さのブログをつくっていて
もうちょっとだ!というところなんだけど、、、もうちょっと待っていてください!

今日、熊本に住んでいるお客さんからのリポートが届いたので、
どうか、現地の生の声なので、よんでみてください!
そして、今できることを考えてもらえますか。

--------------------------------------------------
「私が住んでいる熊本市中央区は二度に渡る激震で、
インフラが壊滅しております。
住居そのものが潰れたところも多くあります。

私が住んでいる公団住宅は、建物の倒壊だけはありませんでした。
しかし、建物の内部は滅茶滅茶で、部屋の中は瓦礫の山です。
私も、いつもの場所にいつものように居たら、スチール本棚の直撃を
受けて死んでおりました。

なんとも不思議な偶然が重なって、その瞬間はいわば真空地帯におりました。
家族と手をとりあって激震に耐えておりましたが、世界は捩れるように揺れており
ました。実際、スチール本棚は捩れて倒れてしまいました。

電気はわりと早く回復しました。いまだガスと水道は復旧しません。
近所まで水は来ているそうですが、漏水が激しく、よって水圧が上がらない、
だから水が届かないという現象があちこちで起きてます。
「全市内で通水開始」とは「全市内で復旧」という意味ではないのだと思い知ります。

幸い近所の食品工場が、井戸水を無償でわけてくれておりまして、
毎日貰い水に通っております。とても良質な水です。
ただ、水を運ぶのは重労働です。水道というのはありがたいものですね。

電気はある、水はない。でも貰い水がある。ガスはないけど、
うちにはカセットコンロがある。だから御飯も炊けるし、調理もできる。
団地なので炊き出しはやっておりますが、アレルギーがありますから、
なにも食べられるものはありません。ですから、その辺は華麗にスルーして
いただける飲料水だけありがたくいただいて、自炊しております。

そうそう、寝室は無事なんですよ! 
お布団しか置いてない畳の部屋に家族全員で布団並べて寝ていたから、
真夜中の二度目の激震のときも、寝室は真空地帯だったのですよ。
ぶん回されるように揺れましたが、誰も怪我はしませんでした。

「それさえも過ぎ去る」、震度6は過ぎ去りました。
あとは余震であって、あの過酷な時間は無事に乗りきったのです。
通常の生活に戻るために淡々と目の前のことをこなすのみ。
そういう心構えでいたので、結構心は安らかに、頑張って自宅在住の
被災者生活をしていたのですが、------私は「住民の義務」ということで
駆りだされた重労働で倒れてしまいました。・・・

これが私の現状ですが、お話したかったのはそこじゃなくてですね。
以前のように身体が思うように動かせない状況で、どう考えても
周囲の力、それもうんと大きな力による助けが必要な話を聞きまして。
ですからこのメールは、ここから先が重要な話です。

うちは上の姉が熊本地震で被災した国立病院機構熊本医療センターで
勤務医をしております。その彼女から毎晩、現場の過酷な聞きました。

たくさんのお医者さん、看護士さんたちが連日、病院に寝泊まり又は病院の駐車場で
車中泊しながら、日々の通常業務を続けておりまして、その数、病院全体トータルで
なんと200人!

「うちに帰っても玄関しかないから、仕方がないから病院に寝泊まりしている」
「プライバシーが守れるから車中泊してたら、隣の車では部長が寝ていた」
独身のドクターや看護士さん達は、家に帰りたくても一人暮らしで片づける人もいな
いから、家の中は滅茶滅茶で瓦礫の山で寝る場所もありません。
もちろん水もガスも通っていません。
仕方がないから病院か自分の車で寝泊まりするしかない-----
家族だけ避難所に避難させて、自分は病院の駐車場で車中泊を続けながら
日々勤務するドクターもいらっしゃいます。

医療関係者だって被災者。自分達も被災者でなのに、あくまでも救護、
救援する側。どう考えたって悲惨な生活をしながら、日々の医療業務に
従事しておられる、それが被災地の医療関係者の実態です。

ことに市民病院が建物崩壊の危機で閉鎖されて、市民病院に入院していた患者さんは
市内県内の病院に何十人単位で分散して移送されまして、一緒にドクターもナースも
各病院に再配属されました。熊本医療センターに増員された分のドクターも
ナースもみんな被災者。

みんな状況は同じです。家を失い、帰る家もありません。
廃虚と化した家の中に自分の服も靴も貴重品も放置されているのに、
放置しておくしかありません。勤務があるから、次々と病気の被災者が
運ばれてくるから、野戦病院のような状況だから、自分の被災は二の次で
病院でコンビニ御飯たべて、病院でシャワー浴びて、病院の駐車場に
停めた自家用車で車中泊して、翌日はまた通常勤務。車中泊、さもなくば、
病院の中で仮眠するしか、手が無いのです。

病院側はこの事態に、女性専用の仮眠室にしていたホール(通常会議など用)に、
簡易ベッド四十台と、簡易毛布四十枚を導入しました。
病院側も職員の生命と安全を守るために必死です。
ちなみにこのホールは、全国から応援にやってきた医療関係者達が
つい先日まで寝泊まりしていた場所です。その医療関係者たちが
市内のホテルに遷れたので、空いた場所に、被災したお医者さん看護師さんが
転がり込んで、寝泊まりしているのです。

「自分も被災しているのに、連日救護する側として活動しなきゃならない。
次々とやってくる患者さんに無神経なことを言われることも多々ある。
私だって被災してるんだ。家は滅茶滅茶なんだ。妹は死にかかったんだ。
怒鳴り返したいこともある」姉の言葉です。

「自宅の維持もメンタル維持のためには大切だと思う。
独身の看護婦さんなんて誰も面倒みてくれないんだ。
自分の家がどうなってるのかもわからない状況で働いている
人間だっているんだ。看護士さんがメンタル落ちてるのはそのせいだと思う」

被災地の被災者の為の医療支援は一番早くに行われます。
皆の目もそこに集まります。しかしながら、
そこで医療にあたる医療関係者もまた被災していて、彼・彼女達にも
援助の手が必要だということには、なかなか目が向きません。

病院関係者だけではなく、警察官や消防官もそうでしょう。
自宅は被災していて、自分の家族は避難所に避難させて、
自分も被災者なのに、他の被災者のために救護救援する側に
回っている------そんな人がたくさんいる筈です。

なぜPrasanga様とYOKO様にこういう話をするのか、というと、
熊本の行政ではそれらの問題の解消は無理だからです。

そこで考えました。
お二人ならきっと、顔が広いでしょう? お客様の中に、官僚がいるかもしれないし、
そうでなくても国内はもちろん、海外までも知人がいらっしゃるでしょう? 
この話が、人から人に、また人から人へ、その先の人へと伝わっていけば、
いつかは誰か偉い人にまで話が届くかもしれない。
その誰かは、国を動かしてくれる人かもしれないし、国を動かせる
ひとの知人を知ってるひとかもしれない……そう思ったら。

どうか、ご負担のない範囲で構いませんから、被災地の被災した医療関係者の
悲惨な実態の話を、誰かに伝えていただけませんか? 

--------たとえばですね、独身の看護士さんの自宅の復旧なんて、建物さえ無事であ
れば、独居老人の自宅の復旧を自衛隊が援助する要領で、当人の立ちあいのもと10人
の自衛隊員をそれ専用に投入して、2時間で壊れた家具を運び出し、割れ物や危険物
を除去し、掃除して暮らせるような部屋に戻す---------なんことができれば、なん
とかなるんじゃないでしょうか。独居老人と同じように、医療関係者にもそういう援
助の手が届けば素晴らしいことです。だって彼らは連日の医療を提供するために、
自分の復興をする時間も体力もないのですから。
自宅が復旧していていれば、それだけで、体力もモチベーションも回復のする筈です。
夜は悲惨な車中避難生活をしながら、昼間は医療行為に従事する、
この状態はまるで地獄絵図です。
医療関係者がこのまま疲弊していけば、いずれは被災地の医療は崩壊します。
今は非常事態のアドレナリンでかろうじて保たれているだけです。

方法はわからないけれど、なにかご負担のない範囲で、
どうか医療関係者の危機の話を誰かに伝えてくださいませんか?
私も思いつくことを初めておりますが、なかなか私一人では非力で。
私がスーパーマンだったら、そもそも「任せといて」と叫んで、
皆の家の中を片づけてあげるんだけど、(住民活動の重労働で
体調を崩してらっしゃるそう)

まだ熊本地震への支援の道を探しておいででしたら、
「話を広める」という支援はいかがでしょう。
難しいことかもしれませんが……もちろん、ご負担のない範囲で!

私達はなんとかやっております。
長文、最後までおつきあいいただきましてありがとうございました。
いつもお気遣いいただき、ありがとうございます。
ではでは!
---------------------------------------------------------
・・ということです。
とにかく自分も気を張りながらも、ちゃんと心をキープしようとしているのが
わかって、わがままを言いたい状況だけど、近くでみていて苦しんでいる人たちの
ことをみて、なんとかしてあげたいと思って頑張っているのがわかる。
私の回答としては、残念ながら私の知り合いには、経営者の方は
結構いるけど、官僚のお客さんはいない、医療関係で
超ハイポストのひともいない。なぜなら、そういう感じの人から
注文があっても陽子ちゃんはいくらお金が儲かりそうな注文でも、
話をしていると、わたしたちはちょっと違うかなあという点がつもってきて
やはりうちのジュエリーをしてもあなたには効き目はないかも
しれないということで、ごめんなさいと断ってきた。
それはわたしたちがあくまでも、一般の人の側にたって
謙虚に自分のマイナスポイントを見つめられる人に
宝石をわけてあげたいと思っていたからだ。

わたしは自衛隊のひとたちの動員は、すこし難しいと思っている。
阪神大震災と東日本大震災のときにも崩壊した家の
片付けとかは民間ボランティアの力で、一緒に片づけていく方が
大きかったと聞いている。
だけど、民間ボランティアも今は自分の衣食住を確保しないと
いってはいけないことになっている。車での乗り入れも禁止みたいだ。。
さあ、それならどうするか。。。
考えていかないといけないと思っている。
わたしなりの回答は、陽子ちゃんにかんかされたもので
結構急進的考えになっているから、ここには書かないで、
またメルマガとかでお伝えしていこうと思うけど・・・

どうか、これを読んで出来ることをやっていきましょう!!!
また来週中にかくじつに更新します!
とにかく、皆さんも自分の安全を確保して、これはタダできることだけど
被災でなくなった人、今苦しんでいる人、それからわたしのお店でも
今、命の時間と戦っている病気の人がいる。
とにかく、つらい状況の人たちのために、心から慈愛を向けて
瞑想していきましょう。。。
瞑想の方法は、まず静かなときに目をとじて鼻から息を吸って
吸うときにおなかをいっぱいに膨らませるんだよ。
それで吐く時は自分のネガティブや苦しいこと、体の痛みや
悪いところがあれば全部はいちゃうぞ!!!という気持ちで
長い時間をかけておなかをへっこまして鼻(口でもいい)からはいて!
これは本当にいろんな人を救う方法でもあるから!
なれてくると、陽子ちゃんは電車の中で立っていても瞑想ができるというよ。
でも、まだまだだからいろんな影響をうけちゃうんだけど!
とにかく、お金をかける支援とただで出来る支援を両方
やっていきましょう!!!
それはあなたの人生を救ってくれる方法でもあるから。







次のページ

FC2Ad