FC2ブログ

プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

2018スリランカの旅!(最長です!)

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てくれてありがとうございます!!!
きっと忙しい時期だと思うけど、こうやって見に来てもらえて、
本当にご縁をもらえて感謝しています。
スリランカの旅行ブログを楽しみにしてくれていて
なかなか更新ができなくてすみません!
画像があまりにもいっぱいで、わたしの文章はどこでどうやって
切っていいかわからない位で。
いつもの分量の5倍位になっちゃって!!
でも、ちょっと皆さんも一緒にスリランカに旅行にいくみたいな気持ちで
見てもらえるようにと思って作ってみたよ。
皆さん、年末で忙しいと思うけど、息抜きみたいに
楽しみながら、時々へーっと思いながら、読んでもらえたらいいなと思う!
ちなみに、、霊的お話しがかなり出てくるから、
まぁ信じる人はそうしてもらって、あやしいと思う人はそれでいいと思う!

まず準備のお話をさせてね。
今回は陽子ちゃんとレオンちゃんも行くから、服とかの準備はずっと前にしていたけど、、アーダーラの準備がかなりバタバタになった!!いつもは大体支援金で、現地で物資を調達するけど、そうすると何かかわいいものが少ないことも多いし、例えば現地でみんなに鉛筆やペンをあげると、陽子ちゃんが出発ギリギリになって、プラちゃん、前の人たちの調査して!っていうから、スドゥ(弟)の奥さんの友達の支援団体の人たちに後で聞いたら、、今まであげたものは、やっぱり貧しい家だから、お父さんやお母さんもそういうのを持っていないから、みんなで好きに取って、子供が使える鉛筆がなくなっちゃったり、前にペンケースをあげた時は、あとでお父さんが財布にしちゃっていたりと聞いたから!それはやばいなあと思って。

だから、出発ギリギリになったけど、今回は最初から、ペンケースにセットをして、これはこういう使い方をしますということで、子供に直接あげないとだめだなあということで・・・イオンでいっぱい買って、日本で全部パッケージから出して、ペンケースにセットした!
スリランカに帰る日の二日前位、陽子ちゃんはお客さんに最終連絡をしたりしながら、夜中にこんなことをやっていた。っていうのは、私が帰国前日まで事件で呼ばれちゃっていたから、準備は陽子ちゃんにかなりまかせるしかなくて!
ほんとごめんなんだけど!警察のはどうしても断れなくて・・・!



これはパッケージのカスだね。



男の子も女の子もいるから、ペンケースの色はいろいろで、あと紅茶やお水を入れるサーモのボトルとケース。
それぞれ40セットくらい。そんなにバッグに入らないから、できるだけ箱から出して、本当に少しなんだけど。

ペンケースはコクヨので、鉛筆、消しゴム、定規、三角定規、コンパス、のり、セロハンテープ、あと鉛筆削りも入っている!これだけあると、相当便利!!これを買いに行ってパッケージから出して、Ⅰセットずつを作るのが大変だったというから・・・なぜここで紹介しているかというと、できたら次のアーダーラの時は、皆さんが無理ないように、こういう文具をセットにしてをペンケースに入れたものを、、一人分とかでも送ってくれるとわたしたちもそれを仕分けしないで、子供にぽんとあげられるから、ちょっと助かる!っというところで!




そして、スリランカ出発の日!!神棚とあと、これはわたしの仕事場の壁なんだけどね。前にわたしたちが引っ越しの時、わたしがピンクに塗っていた壁の部屋は、今年は火の神様をもっと助けるピスタチオカラーがラッキーということで、塗り変えた!!これも結構大変な作業だっったんだけど。。陽子ちゃんはいつも、ある日「明日はプラちゃん休みだよね。シュラマダーナをやります!」と突然宣言をするからこわい!わたしはええーーーってなっちゃう。シュラマダーナは労働の奉仕ということで、たとえば貧しい村でみんなで水路をほっったり、何かを力を合わせてするとき、それをシュラマダーナ・キャンプというんだよ。そうすることで、みんなの心が一つにまとまるし、村も発展するしというやつで。。
で、うちではよく陽子ちゃんの「シュラマダーナ」宣言が突然あって、突然家具を配置換えしたり、壁を塗ったり、水槽が増えたり!!わたしたちは陽子ちゃんの指示でシュラマダーナをしないといけない!まぁ、この壁のいろ、今すごく落ち着いて気に入っているんだけど。

で、何でここにも挨拶をするかというと・・・うちでは今年6月頃、陽子ちゃんの霊媒体質にものすごく困っていたことがあった。だって、それは毎日毎日いろいろな魂がくるからね。もちろんお客さんのつながりの人もあった。きっとこれを見てくれている人の中では、ああ、わたしの所かもというのがあったと思う。陽子ちゃんがひどい頭痛になって、それはその霊がそのお客さんに言うまで、陽子ちゃんの頭が痛くなる。陽子ちゃんも、いきなりあなたのこういう人がこんなことを言っていますというと、頭がおかしいと思われるといけないから、探って、ちょっと受け皿がある場合は言うんだけど、、でもその探ってるとき、とにかく陽子ちゃんの頭が痛くなって、時々、口寄せといって、陽子ちゃんの意識が違うところにいって、その人がしゃべる時があった。食べるものも、違うものを要求したり。その度にわたしはしょっちゅうお払い師のようにピリットを言わないといけなかった。時々は天照パワーで、祝詞のCDをかけるとなおることもあったんだけどね。連日こういう日が続くときもあって、陽子ちゃんは教育ママもできなくなって、困った時があった。

それで陽子ちゃんのお兄ちゃんもある時、陽子ちゃんに霊が入る時の変貌をみて、またその時、電気が突然切れたり、そういうのをまじかでみて、初めてこわくなったタイプで、それでお兄ちゃんが、ネットで霊能力者という人を捜して、陽子ちゃんの霊媒体質を改善しようとした。千葉の山武にいる人を探してくれて、陽子ちゃんについているものをこないようにさせるという、そういう企画を考えた。それで、お兄ちゃんも来てもらって、女の人の霊能力者という人にうちにきてもらったことがあった。その人がうちの家の中をいろいろ見て回って、わたしたちの仕事場に日本の神道の神様とブッダが同居しているのは良くないから、ブッダをどかすか何かした方が良いと言ったとき・・・
「パオーン」という、大きな本当にまるで子供のおもちゃの象のスイッチのような本物の象のなく声が聞こえて!!!
わたしたちはまじでビビった!!!どこかにおもちゃがあったかな?と思ったけど、あるわけなくて、やっぱり象はこの金色のブッダ様の隣の紅茶の置物しかなくて!陽子ちゃんと霊能力者のおばちゃんはこれが鳴いた。やっぱりブッダ様は絶対どかすべきじゃない、ハハァとみんなその前で土下座するみたいになったわけだ。



それから、この写真の左の真ん中に金色の仏陀様は昔アヌラーダプラのお土産で買って、別に全然開眼しているわけじゃないのに、まさかそんな仏像や象の置物がこんなに意思表示をすることに・・・めちゃめちゃ驚いて。それから、直後に陽子ちゃんがガネーシャの夢を見たことで「あ~~いやーー、、最近ガネーシャ様はちょっとないがしろにしていたかも。やっぱりわたしたちはお世話になっているから、スリランカでプージャーしにいかないと!!」ということになったわけだ。だから、家を出る前、ここに挨拶をして行ったというわけだ。


うちから空港へはリムジンバスで一本だから、これはほんとに楽だった。空港でいろいろ手続きをして、やっと飛行機に!!!



ちなみに、スリランカは暑いけど飛行機の中は途中めちゃくちゃ寒くなるでしょう。わたしたちはわかっているから、カーディガンにジャケットと靴下、ふつうの靴を履いて小さいショールも持っていく。それで貸してくれるブランケット1枚を足して、ちょうど良いくらいだけどね。でも、スリランカは暑いからといって、かなりの多くの人がサンダルに靴下をはかないで、半袖で乗る人が多くて、みんな途中でめちゃくちゃ寒くなって、いつもくしゃみやせきが聞こえてくる。
わたしたちはそれもうつるのはいやだから、マスクをいつもするようにするけどね。
皆さんも海外旅行で長い時間飛行機に乗る時は、ちゃんとあったかい格好をしてね!
特にスリランカから帰る飛行機では、スリランカにいたと同じ薄着で寒い格好でサンダルだけの人が多くて、途中でもうたくさんの人が風邪引いたみたいに、くしゃみせきが聞こえてくるよ。これはスリランカへ行く人は、暑い国と油断しないで、ちゃんと皆さんわかって、自衛をしていった方がいいよ。

さて、飛行機にのって1時間くらいすると、すぐにご飯がくるよ!わたしたちは肉魚卵乳がない、ヴィーガン食を頼んであったけど、右下の八角お皿のがヴィーガン食で、、ふつうにCAさんがパンとかコーヒーのミルクとか配るし。。それは卵とか乳製品入ってるから・・・最初陽子ちゃんはそういうのも全部ベジタリアンのがくると思っていたけど、、、CAさんに原材料を聞いたら、「えー、パンはわかんない」とか平気で言うらしい・・・だから、確実なのは左下のメインディッシュだけのことが多い。だから、アレルギーがある人はめちゃめちゃ気をつけて下さい。
スリランカに行きたいけど、アレルギーがあるといってくれていたお客さんもいたし、やっぱり何度も言っても、そういう意識は、本当に難しいみたいだよ。だから、自分で自分を守るのが大事!ってわけだよ。でも、このヴィーガン食のメインディッシュはすごく美味しかったから良かったけどね!
陽子ちゃんは小麦もあまり食べなくしているから、あとでトマトソースのマカロニみたいなやつがでてきて、「あーーグルテンフリーでヴィーガンはさすがにないか~」と言っていた。



ご飯を食べたら、映画をみたり、席を変わって、レオンちゃんとゲームをしたりしているとすぐまた次のご飯が配られたりして、スリランカにつくのは10時間はあっという間だった!

それで、スリランカでわたしたちがメインでステイする所は、前レオンちゃんがいなかった頃は、わたしと陽子ちゃんはわたしの実家にすんでいたけど、わたしの実家は今2番目の弟の家になっちゃって、家も増築中で、穴があいているから住む部屋はないから、、っていうか、一番下の弟の家はあるんだけど陽子ちゃんとレオンちゃんがエアコンがない部屋は熱中症になっちゃうでしょとか言って・・・近くのホテルにしたんだよ。熱中症という言葉はほんと怖いね!

幸い、わたしたちのガンパハ県のワトゥルガマという所には、超すてきなヴィラがあって!
コミッラバンガローというところなんだけどね、ぶっちゃけローカルはNGで外国人だけ受け入れOKとしている、かなりハイレベルなところで。。ローカルはNGっていうのはスリランカなのに、スリランカ人はだめってこと。なぜなら、陽子ちゃんがいうにはあ~スリランカの人はぶっちゃけ、いなかもんが多いから、備品とかもめちゃくちゃするからじゃない?って。。

そういうわけで、わたしは陽子ちゃんとレオンちゃんの七光りでスリランカ人でも泊まらせてもらえることに・・・っっていっても違う日に、スリランカ人も泊まっていて、陽子ちゃんが何気なくきいたら「あーあの人たちはローヤーだから」って!弁護士ならいいってわけ。完全に差別されているのが普通だけど!!まぁ、いいや、わたしたち肌が少し黒いひとたちは、これくらいじゃ普通だから、気にしていられないでしょう!

ここはメインロードから2キロくらい、夜は真っ暗の森の中の道を走っていくんだけど、途中でわたしは本当にこんな所にホテルがあるのかなと思ったくらい超、不安だった!!でもちゃんとあった!やっと着いた!

ここがメインのベッドルームで2個ベッドがあって、キッチンもあって、、たぶん陽子ちゃんは30畳くらいあるはずという広い!!




ダイニングがついているから、わたしたちは毎日部屋にご飯を運んでもらって食べていた。
外のプールサイドできれいな食べるところがあるんだけど・・・陽子ちゃんとレオンちゃんが、デング熱の蚊にさされたらどうするんだっていうことで・・・この2人はすごいリスクマネージメントはんぱないから!!って言うと、陽子ちゃんは怒る。わたしたちのお客さんはわたしたちのジュエリーにものすごい頑張って働いたお金を託してくれているんだぞ!そういう責任があるから、自分たちがきちんと仕事ができるようにリスクを考えて、自分たちが健康で元気な生活していかないといけないんだって怒るんだよね。確かに本当にその通りで何もいう言葉がない。




さあ、ご飯をもってきてもらって、食べて今日は就寝!
ちなみにめちゃめちゃご飯美味しかった。ヴィーガンで頼んであって、ちゃんとやってくれて、わたしたちはホッとしたよ。ぶっちゃけ、ご飯が下手くそだったらどうしようっていう気持ちがあったけど、ここでのステイはご飯が美味しかったから大丈夫そうだって思えるでしょう!
(またご飯の説明はこんどするよ!)



そして、、夜にスリランカに着いた時は、外は真っ暗で見えなかったけど、朝になってきてびっくりした!!段々見えてきた、すだれごしでガラス全面ココナツの木の中に部屋があるみたいで感動した!!っていうか、ビックリだ!



ていうか、実は朝方陽子ちゃんにまだ眠いのに起こされて・・・「プラちゃん、ここ幽霊いるよ。」って!!どんなかときいたら、描いてくれて。それがこれ。



夜、黒くて、大きなマンガみたいなお化けが上からふわーってきて、これは無害とわかったから、その後また寝ていたら、スリランカ人のおじいさんがサロマだけを腰にまいた姿できたという。

っで、おかしかったのは気にしないで寝ていたら、またすぐにあのおじいさんが2回目来たそうで、その時は次はエリのついたシャツを着て来たんだよーなんでかな~と言った!
わたしはえーー!まじかーーって思っちゃった。
実はスリランカ人って、いつも家でははだかでサロマだけど誰かお客さんでちょっと上の人がくると、あわてて部屋に入って襟のあるシャツを来て、でていくから!!
たぶん、見に来て日本人だ!と思ったら、慌ててシャツを着てきたんじゃないかな!

でも、陽子ちゃんによるとぜんぜん無害な霊だから大丈夫という。。わたしもさすがにこういうお仕事をしていると、もうなれてきちゃって、まあいいかと思って、またねた。
朝、本当にすごい所だった!



しかも、、
外はめちゃくちゃ気持ちいい!!リスがベランダにきて、レオンちゃんは喜んでいた。



バンガローの外観は、そんなに大したことはないけどね。
ここはこういうバンガローが5部屋あるそうで、時々は全室埋まるらしいけど、結構のどか。



みんなでちょっと散策にいってみようということで。不思議なドアだけ!
これは左側にプールがあって、ドアにはシャワーがついていて、体を軽く洗うようなところ!



プールは、聞いたらフィルターがあるだけで塩素を使っていないというから、わたしたちはこの旅行で何回かプールで遊ぶことができた!でもかなり深いけど。



この日はフリーにしてあって、みんなでわたしの村のお寺にいくことにした。ここは前にも紹介したことがあるんだけど、「マーリガタンナ」という岩のお寺で。昔、王様がアヌラーダプラから逃げてきて、ここに隠れていたんだよ。

右側の大きな岩はほとんど浮いているみたいになっていて。それを黄色い建物で支えている感じだよ。
黄色い建物に2494の数字が書いてある。これは何を示しているかというと、亡くなって2494年後にこれが建てられましたよということなんだよ!



これは開眼されているらしいということで、ちゃんと拝んでおきました。



なぜかテーブルや椅子がバラバラ置いてあるのはダンパサラといって、日曜日に地域の小学生と中学生がきて、仏教を勉強しにくるからだよ!実はわたしが子供の頃も、ここに通っていて!すごく懐かしかった!!



洞窟。周りが大きくて、こう見るとわたしたちはまるでガリバーの本の小さい人みたいだね!
ちなみにこの洞窟の中はコンクリートとかできれいにしてあって、その中でも雨の日には勉強ができるようになっている!


まぁ、そんな感じでウロウロしていたら、、びっくりした!でっかいお坊さんがきた!!



陽子ちゃんはすごいな・・・まるで仁王様みたいだと言っていたけど、親切にタンビリというキングココナツウォーターをコップに用意してくれた!どうぞ飲んでと言われたけど、わたしたちはちょっと緊張して飲めなかった!



陽子ちゃんがぼそっと・・・ここはロクハムドゥルー(大僧正)はいないのかな?ちょっと食べ過ぎの欲を抑えた方が良いって教えないのかなって!って超パウーな発言した!パウーは、功徳をもらえるの反対で功徳が減るみたいな意味で!でも、陽子ちゃんはたぶん、日本の人はかなり同じことを思うだろうから、客観的な意見ですと言った!
でも、、いろいろなお寺があるし、こういうお相撲レスラーみたいなお坊さんがいれば、夜、こういう森の中のお寺も安心なのかもしれないでしょ!

そういう訳でここにお祈りをさせてもらって、マーリガタンナをでた。とても歴史のあるお寺だから、スリランカ何度もいっている人はぜひ行ってみるといいかも。



それで夜・・・わたしたちはどこでご飯を食べているかというと・・・これはホテルじゃなくて、わたしの友達の家!



陽子ちゃんはこれが本当に苦痛というよ。なぜなら、、招待されて、夜7時頃いくと、、まずリビングにみんな座って「最近どうですか?」という近況報告のお話が始まる。。でも、ぶっちゃけお互いそんなにおしゃべりじゃないから、会話が結構止まるわけ。で、シーンとなる。。陽子ちゃんはこのシーンがつらいそうで、、だったら早く食べようよと思うという。しかも、ぶっちゃけレオンちゃんに早くご飯を食べさせてあげたいな~まだかなあと思っていると、奥さんがじゃあ、野菜スチームするねとあっちに行って・・・で、「あ~これからか~」とわたしたちは思った。。
いろいろで8時半頃ご飯をどうぞと通してもらえた。
陽子ちゃんは、わたしたちは普通の肉や魚を食べる人たちじゃないから、相手もすごく気を使ってくれて、ベジタリアンで準備してくれて、申し訳ないと思うという。。 あと、、                           

さらに・・・陽子ちゃんが困惑するのは・・・先にゲストであるわたしたちにご飯を食べさせてくれて、ホストである友達はわたしたちが帰った後に食べるというところで・・・
しかも、、わたしたちが食べている間、ホストはこうやってわたしたちが食べているのを見ているわけ。



で、あれ食べろ、これ食べろと言ってくれる・・・のはうれしいけど、、陽子ちゃんは正直、「ずーーっと見られてると逆に食べれないよーー」という。しかも、わたしたちだけ先に食べて、この人たちは食べてないんだよなと思うと、余計遠慮して食べれないよーーという!
これが、ザ・スリランカンスタイルのおもてなしで!
陽子ちゃんは、これが本当にかなり苦痛なんですけど・・・という。でもこれが親戚の家でも友達の家でもみんな一緒だから!

陽子ちゃんはかなりこれが苦手という。
それで前のばん、じーーっと見られていて食べれなかったから、次の日のホテルの朝食は好きなものをお願いした!の、顔。



っていうか、顔つくりすぎだよ~と陽子ちゃんに言われたとき。



メニューは何かというと、人参とキャベツのチャーハン、ジャガイモのカレー、ソイミートのカレー。これに陽子ちゃんはマッルンという緑のホウレンソウみたいなやつを頼むことが多い。



陽子ちゃんはタンパク質多め人間だから、ソイミートは大好きなんだよね。これはかなり、、お肉かお魚みたいな味に近くて、わたしもトマトがきいていてすごく美味しかった!!

ちなみに・・・食事を運んでくれるチャーマラというマネージャーさんに、何気なく、ここは昔誰が住んでいたのかな?と聞いたら・・・20年前におじいさんが一人でこの土地に住んでいたという!!陽子ちゃんが最初の夜にみた霊はやっぱりあのおじいさんだったみたいだよ!
まじかあと思ったけど、、陽子ちゃんは無害だし、いちいち気にしていられないよという。

で、ずっとホテルや近所でゆったりしている訳にはいかないでしょう!
さあ、今日は遠くに出発!!
どこに行くかというと・・・アヌラーダプラで!

そこはスリランカで、ブッダが来たというお寺で、すごく歴史のあるお寺。実はなぜここかというと・・・それも陽子ちゃんの霊感によるんだけどね。実はわたしのお母さんは2010年10月にちょうどレオンちゃんがこの世界にきた時に、亡くなったでしょう。実は、その後、2、3年後にお父さんも心臓の発作で、家でお昼ご飯を食べた後あっと言うまに亡くなったんだ。お母さんとお父さんはすごく仲が良かったから、お父さんもお母さんがいなくなって寂しかったから、すぐに一緒のところにいけて良かったと思っていた。でも、そうじゃなかった。お父さんが亡くなって、しばらくして、陽子ちゃんにちょいちょいわたしのお父さんの魂がくることがあって!
お父さんはお母さんがいるところには行けていなくて、色々やってほしいことがあってきたみたいだ。それはすごいお父さんのくせとか、お父さんの話すシンハラ語のくせがあるから、、はじめはびっくりしたけど。。だって陽子ちゃんはそんなにはシンハラ語ははなせないから。
でも、ある時また陽子ちゃんにお父さんの魂がきて、わたしに「アヌラーダプラのお寺でプージャーしてくれ」と言ったんだよ。わたしは、そういえばお父さんが生前、自分が死んだらアヌラーダプラのルワンウェリサーヤという、大きな仏塔に電気でイルミネーションをピカピカ光らせてお祝いするみたいなそれを、「アーロカ プージャー」というのがあるんだけど、それをしてほしいとわたしに言っていたことを思い出した!!!


しかも、お父さんの霊がくるとき、いつも陽子ちゃんとわたしはホロスコープの作業で、ホロスコープの先生といろいろアンテナをオンにしていると、そうすると作業が終わった時にふっと入ってくるんだけど。それが2回、3回あったから、やっぱりどうにかしないと思って。これは絶対アーロカプージャーしに行かないといけないでしょう!だから今回のスリランカの滞在のはじめの方に計画したというわけ。

ガンパハからアヌラーダプラまでは、ストレートで行っても車で5~6時間でかなり長くて、大変だ!陽子ちゃんとレオンちゃんは酔い止めを飲んでいくから、途中寝ていたりするけど、運転している私は結構大変だ。それと、スリランカの旅行でなにがこまるかというと、トイレだよ!日本みたいにコンビニがないからどこかで寄るところがなかなかない。だから、途中でレストランに入ったり、ガソリンスタンドを利用したりするんだけど。。スリランカに旅行に行っている日本の人も苦労しているのかなあと思うと、わたしは出来たらスリランカで日本みたいなきれいなトイレスタンドをいろいろ所につくってあげたいと思っているんだよね。

で、、とりあえず長い道をがんばっていって、予約していたアヌラーダプラのホテルに着いたのは夜7時頃。部屋は、とてもきれいでしょう。。。



実は今回はアヌラーダプラはゆっくり散策するつもりで2日ここに泊まる予定だった。で
も・・・
着いてすぐ、、やっちゃったーーー感がすごかった!
もうブログネタのために呼ばれたような感じで、とんでもない幽霊ホテルだった!!

着いたら、外観はものすごく新しくてきれいな内装のホテルなんだけど、ウェルカムで出てきたおじさんは、、陽子ちゃんはフランケンシュタインと言えば、みんな想像つくという。そういう様相で。でも「ベジタリアンでご予約ですね~」といわれて、わたしは少し安心したけど、夕飯に用意されたのは、ベジタリアンじゃなかったから、陽子ちゃんはこれはベジタリアンじゃないですよねって言ったら、「つ~く~り~な~おします~~~」という、幽霊声だし、冷凍が解凍できていないままの野菜炒めが出てきて、わたしたちは絶句して、ほとんど食べられなくて、部屋でもってきていたものを食べた!

しかも・・・部屋は・・・ものすごく新しくてきれいなはずなのに、、わたしもわかるような奇妙な雰囲気で・・・!!陽子ちゃんはやばいやばいやばい!トイレとシャワールーム、まじでやばい!と言って、、、だってきれいなんだよ、新しいのに。でも、恐ろしい雰囲気。

しかも、、蛇口をひねっても水がほんのちょろっとしか出ない!シャワーも同じで!!
わたしは腹立たしくなって、フロントに電話したら誰もでない!おかしいと思って部屋からでると、、、廊下は真っ暗。下も真っ暗でフロントも誰もいない・・・!しかも電話しても誰も出ない!!陽子ちゃんがいろいろ探して、ホテルの支配人の個人の携帯にかけたらやっときて・・・「ホテルでもみんな寝るでしょ」とか言って、、、わたしたちはさすが海外はこうだよねっとちょっとあきれたけど・・・!

でも、とにかくお風呂には入れないから、陽子ちゃんとレオンちゃんはタオルで体を拭いてねた。
でも、、夜中陽子ちゃんもわたしも目が覚めて・・・陽子ちゃんがプラちゃん、ここには
いられないよ、明日の朝でよう!!って言った。
透明なお化けがはっきりしているだけで3人うろうろしていたという。
しかも、またマンガでみたやつの今度は白ぽい透明ので顔に線があるという。
陽子ちゃんはスリランカで初めて漫画みたいな幽霊ばっかみたよ。
本当に漫画のユウレイはやっぱり誰かみた人が描いたんだねといった。


わたしも、尋常じゃない雰囲気で眠れなくて、これは・・・わたしのお父さんは正直、もしかしたら相当なカルマだなあと思った。というのは、、わたしのお父さんは昔かなり激しい性格で、わたしが子供の頃、家に入ってきた子猫がうるさくて、レンガのようなものを投げたら当たって、子猫が死んじゃったことがあった。これはわたしたちも覚えているけど・・・あれはパウー(功徳の反対の意味)で、大きなカルマを作っちゃったと思う。その後、反省してみんなでブッダの瞑想をするようになったんだけど。少し変わっている人でアパラムッダをつけてといっても、自分はいいと言っていた。もしかしたら、いろいろカルマが多すぎることを自覚していたと思う。だからアヌラーダプラの旅もわたしたち自身がバタバタにさせられるんだと思った。

そして、アヌラーダプラという土地のことをいろいろ考えた。ここは乾燥地帯で、この期間は日照りで雨がすごく降らなくて、みんな困っていたそうだ。それでホテルも水がなかったというけど・・・時々給水車がきてなんとかするんだって。でも、だったら最初から言ってくれればいいのにね。陽子ちゃんによると乾燥している地域は毎日ザブザブお風呂に入ってきれいに体を洗えないから、日本の神道ではみそぎが出来ないから、悪いものがまとわりやすくなるというよ。そんな地域だからこそ、ブッダはアヌラーダプラに来て、地域がすこしでも倫理的によくなるように仏教の聖地になったのじゃないかと思った。
それで、わたしたちは早朝に、幽霊ホテルを逃げるようにチェックアウトしてきた!ちなみにホテルはワーサラ・レイジャーホテルというよ!!わたしたちの中ではワースト・ホテルで、逆にあとで考えるとほんとにネタすぎたよ!!!
でも、わたしたちはもうここはイヤなホテルにでくわしちゃったとか、そうネガティブ考えないで楽しんでいこう!ということで、急遽計画を変更することにした!でも、まずはルワンウェリサーヤでお父さんのプージャーを依頼しないと!

これはブッダにプージャーする花や供物を売っているところ。ここは5軒くらい店が並んでいて、陽子ちゃんは少しずつ全部の店からかうようにというから、一つずつ、ここは花を買って、次の店ではオイルを買ってということをした。



アヌラーダプラの有名なルワンウェリサーヤのところも、やっぱりいろいろ貧しい人が商売をしていて、お参りにきた人から利益をもらおうとしている。それはもちろん悪いことじゃないけどね。

例えば、これは本当に貧しい人だから、こういうことをするしかない。だからわたしたちは500ルピーくらいあげるんだけどね。



あとはすごく多いのは、占いおばさん!小さい赤ちゃんをだっこして、手相をみてあげるといってついてくるよ。で、陽子ちゃんはちゃんと相手をして、みてもらうんだよね!わたしが通訳をするんだけど、その時、「あなたの両親は元気だね。おしゃべりなお兄さんがあなたが何とかしてくれると思って期待している!」とか言って、わたしたちはめっちゃ当たっていてウケた!!で、この人よっぽど当たるよとか言って、陽子ちゃんは1000ルピーあげたんだけど、そしたら後から後からどこからか出てきたか、自分も子供がいるから服を買いたいからお金をちょうだいと言ってくる女の人が5~6人集まってきて、まじでこまった!!陽子ちゃんはこの手相のおばさんは手相を見る仕事をしたからお金をあげるわけだから、この人たちもなんか小さな花を摘んできて売るとか、何か小さいものでも作ってうるとか、無料でお金をもらおうとするんじゃなくて、少しでも自分で出来る芸を考えた方が良いと言った。スリランカは本当にすごく遠慮がちに、ゲストに先にご飯を食べさせて、自分は後からこっそり食べるとか遠慮をする国だけど、またある部分ではかなりずうずうしい現実をみることもあるよ。

まぁ、こういうのも社会がまだ発展途中だと、よくあることだというよ。気にせずルワンウェリサーヤに歩いていく。靴を脱ぐから、めちゃめちゃ暑い!!陽子ちゃんとレオンちゃんは足があつすぎるから、靴下だけははいていった。



で、右の方では遺跡をちょっとずつ掘っていく女の人たちがいて!これ、確か何年もずーーーっとやってるんだけど、終わらないのかなあ。



やっと着いた!直径80メートル、高さ55メートルで、大きい!
陽子ちゃんはなぜ中に入れないの?と聞いた。中は・・・エンジェルだけしか入れないそうだ・・・!陽子ちゃんは中を博物館にして、ルワンウエリサーヤのミニチュアとか、アヌラーダプラお守りを売ったらめちゃめちゃ観光客くるで、すごい商売になるでと言った!
だから、わたしたちはそういうのが仏教ではだめなんだから!



供物を置いて、お祈りする。供物はなんか、アーユルヴェーダの薬みたいのもはいっているんだよ。仏陀にこういうものをプージャーしても、、使うかな・・・とか思ったらだめなんだよ。



まわりをぐるっと歩いてまわるんだけど、こんなに真剣に頭を下げている人もいる!わたしは・・・もちろん信仰心はすごくあるけど、こういうタイプではないんだよなあ・・・



またさらに歩いていくと、中に涅槃仏がいる。



これはドトゥギャマヌのキングでシンハラ人。



対するは、エラーラという王様でタミル人。で戦いを表している。
でも、、陽子ちゃんによると、こっちのタミル人の方のカタラガマという神様の方はちゃんと開眼されているみたいにパワーがあるらしい。。。



で、大切なことをちゃんとやらないと!
ここは社務所みたいなところで、あのイルミネーションのアーローカプージャーを受け付けているところ!わたしが話にいっている。



はい、申し込み用紙はこれに書いて下さいって。
陽子ちゃん「えー!こういう日本人のおじさんいるよね!」っって、、日本人みたいなおじさんだって。。親切に教えてくれて、アーローカプージャーは1200ルピーだって!ただし、いっぱい並んでいるから順番はいつくるかわからないというけど。。でも、とりあえずわたしたちに出来ることはここまでで、お願いするしかないでしょー!



陽子ちゃんは、「えーそんなに安いの!だったらうちのご先祖様もお願いしておく!っていって、~~はるおさんのアーローカープージャーもお願いしたチケット。



ちなみに・・・はるおさんも、陽子ちゃんにちょくちょく訴えにきていたんだけど、こことあと善光寺での毎月ご供養をお願いしてから、静かになったよ!!
皆さんも、もしアヌラーダプラにいったらアーローカプージャーをお願いしたらいいかも!
それは、イルミネーションをキラキラさせて、その時に亡くなった人の名前をいって、たとえば私のお父さんだったら、サラットさんのおかげでこのプージャーをしますということをアナウンスされる。つまり、ブッダをたたえるためのキラキラのイルミネーションは、サラットさんが頼んだものだから、ブッダへの帰依の功徳がサラットさんにいって、サラットさんが良いところに行けるというわけだよ。
陽子ちゃんによると、まず日本ではこういうのはないというから、スリランカ独特のものでしょう!という。

そして、アヌラーダプラはお父さんの供養をお願いして終了!ということで、次の目的地を目指した!せっかくだから楽しい旅にしたいからね!

だから、またあの長い5時間の道を帰っていくよ!!

これは木のおもちゃがいっぱいのお店の連なり。



スリランカのこういう大きな道沿いでは、いろいろまとまってビジネスをしている。これはスイカがいっぱいのタウンで、数軒まとまってスイカばかりがしばらくある。



ある所では、ランブータンというフルーツだけ売っているお店がいっぱい続く通りや、有名なのはカシューナッツを売るお店がいっぱい続く通りがあるけど、赤いサーリを着た看板娘のお姉さんが各店の前で座って、お客さんを呼んでいるところもあるよ、、時々は看板娘・・・じゃなく、看板おばちゃんも多いかもしれないけど・・・で、そこまで考えたらわたしもいつのまにか看板おじさんになっていたけど!!

で、、、話はアヌラーダプラからの帰り道、わたしたちはどこへ向かったかというと・・・
どこでしょう!まだまだ旅は続くから、そこから、第二章にさせて下さい!



<<第二章~~クルネーガラからピンナワラ、帰宅まで。~~>>

わたしたちがアヌラーダプラからむかったのは・・・
陽子ちゃんの友達のお寺に!そこはクルネーガラというところで、まぁいろんな有名な地域へいくためのジャンクションみたいなタウン。に近い村だよ。

陽子ちゃんがお世話になっていたお店のある家は、大きな声できたよーーと言っても誰も返事が無くて、、お店がなくなっていた・・・のを気になりながら、その村のお寺に向かった。ここ。お寺には15年前スリランカにきたばかりの陽子ちゃんを、いろいろキャンディのお寺とかに案内してくれた大きい方のお坊さんがいた。

これは陽子ちゃんがこの半年で3キロ太ったから、隠しているポーズで!!なぜ太ったかというと、陽子ちゃんは毎日玄米を食べているけど、2018年は毎月旅行があって、その時は玄米が食べられなかったら、体重が半年で3キロ増えたんだって!それで今、陽子ちゃんは12月までに今年増えた体重は今年のうちに元に戻すといって、ちょっと気をつけているけど!


それで、ここには陽子ちゃんは約5年ぶりくらいに来たんだけど、その間にお寺の後ろに土地があっったけど、そこに何と「宿坊」を作って、観光客が泊まれるように作っているらしい!
(あとどれくらいのお金がかかるの?って聞いたら、一千万円くらいという!)
これはお坊さんが何をみているかというと、あの高いタワーの中には、昔のこのあたりのキングが、宝石や金をいっぱい入れてあるんだってさーと言っているところ。)




陽子ちゃんの友達の家。スリランカの家は何年離れていても、いつ行ってもいつもウエルカムしてくれると陽子ちゃんは言っていて、わたしたちが行くとめちゃめちゃ驚いて、喜んでくれた!しかも、あのダヤンというお兄ちゃんの方、なんとこんなに若いのに隣村の村長さんになっていたよ!



ダヤンもアパラムッダをしている。実はわたしたちがこういうビジネスをしているのは内緒なんだよ。だって、やっぱり宝石のビジネスをしていると思われるとお金持ちと思われちゃうから。だって、わたしは全然そうじゃないのに!



それで、なぜ、アパラムッダをつけたかというと・・・
実は悲しい事実があった。この家はカデといって、小さい何でも屋さんみたいなお店をやっていたけど、お父さんが3年前に突然肺に菌が入って倒れて、3日で亡くなったという。陽子ちゃんがものすごくお世話になったお父さんで、かなりショックだったみたいだ。その時、うちに電話をしてくれたらしいんだけど、わたしたちは引っ越しして、家の番号が変わっていたからかからなかったそうだ!!で、伝えられなくてごめんと言われた。
いえいえ、わたしたちの方こそ、、連絡しなくてごめんと言った。

お父さんの写真。61歳だったという。わたしのお父さんが亡くなったのもそれくらいで、、陽子ちゃんは「スリランカのお父さんは結構早く亡くなる人多いのか~」といって、、やっぱりちゃんと保険をかけていようって!!!



だから、これから先何かアパラがあったらいけないからって、慌ててアパラムッダを作ったんだって!でも、その甲斐があって、家の前の敷地に家を作る計画が進んでいるんだよ!次に来た時は、うちに泊まったらいいよと言ってくれた。




夜になると道が見えなくなるから、わたしたちはバイバイしてそこからピンナワラへ向かった。ここは象の孤児院でスリランカではとても有名な観光スポットで!このブログでも何回か登場したと思う。レオンちゃんが2歳の時も行ったのに、本人は忘れちゃっていたからね!
しかも、今回はみんなわたしたちの家で「パオーン」を聞いたから、象はすごい今までの見方じゃなくなっちゃって!

5年前、建設途中だったホテルエレファントパークにまた泊まった。めちゃくちゃ綺麗になっていたよ!突然だったから、価格を交渉した。



このベッドルームと、もう1個ベッドルームがあって、きれいなバスルームもあって、3人で13000円位。夕飯は向かいのホテルのレストランがいろいろメニューあるから、野菜炒めとか、チャーハンとかを食べることができた。(タオルが象になっている!)



次の日、朝はいよいよ象さんがいっぱい見られる。
近くの孤児院ていうか象ばっかりの動物園みたいなところにいる象が水浴びにくるのは朝の10時で。観光客もたくさん見に来るよ。



この風景もブログで、何回か出てきたと思う!見ているととてもかわいいよ。



それで、象は孤児院というけど、それは森からお母さんとはぐれちゃった象もそうなんだけど・・・これは足がつながれている象さんで。こういう足がつながれた象さんが最初にドドドと歩いてきて、水浴びをするんだよ。




なぜ足をつながれているかと聞くと、それは「裁判にかけられている象さん」だからだという。日本ではとても不思議な話と思うとおもうけどね!例えば、人にアタックしたり、家を壊したりする象とかもいる。それはもちろん、たぶん象のエリアに人間が家を作っているからなんだけど、夜、いろいろ怖いこともあるでしょう。そういう象は裁判にかけられるらしい。でも、スリランカでは象は神聖なものだから、例えば実は人を20人殺してしまっても、象は射殺されないんだよ!裁判象さんだけど、とてもかわいくて、気持ちよさそうに水浴びをしていた。時々、象使いの人にビシバシ怒られていて、ちょっとかわいそうだったけど。っていうことは、このピンナワラというのは象の孤児院でもあるけど、象の刑務所みたいなものもあるのかもしれない。。

ぶっちゃけ象の水浴びは長い時間だから、私たちも外で見ているけど、ちょっと飽きてきて、部屋に帰って、バルコニーから紅茶を飲みながらみたりしている。そういうのは、このホテルはすごく良いよ!



おみやげもの屋さんが隣に並んでいて、スパセイロンも入っていた。この緑の棚のシリーズだけど。。陽子ちゃんが適当に買って帰った中に「スリープ・テラピー・ハイドラティング・バター」というのがあって、それを開けたら、陽子ちゃんは「オエエ!おやじくさい」とひどいことを言う。わたしとレオンちゃんがにおいをかぐと、全然良いにおいだよって思った。で、それを家にもって帰って、陽子ちゃんのお母さんにこれ何のにおい?って聞いたら、「うちのじいさんが頭につけるやつのにおい」って言ったから、確かに陽子ちゃんが「おやじくさい」と言ったのは、正解だったんだけど。。。陽子ちゃんはこういう香りのは、自分でかいで買わないとだめだなあと言っていた。お客さんにプレゼントした「スリープ・カーミングバーム」
とかは寝る前につけるとすごく良いにおいで安眠できるよ!しかし、このお店はいま日本にすごい進出しているというけど、、本当にこんなコストをかけちゃって大丈夫かなあとわたしは思っちゃう。いまはスリランカすごく人気があってうれしいけどね。



そんなわけでみんなでおそろいのTシャツをかったり、たのしく買い物をして、さあ、帰ろう。
ピンナワラから3時間くらいで、ガンパハのわたしたちのホテルに帰った。数日トリップすると大変なのはせんたくだ。服は下着は手で洗って、ベランダに干して、あとはホテルの男の子に500ルピーくらいを渡して、洗濯をお願いする。そのとき大事なのが、気になる人は洗剤を一緒に渡すといいよ。スリランカの洗剤は日本の40年くらい前のかんじだそうで、結構せんたくの粉のところが多くて、服についたままになっていることが多いから。



次の日の朝はご飯は、ホテル側がちょっと気を利かしてくれて、野菜コロッケとか作ってくれていた!陽子ちゃんの好きなメニューで。だって、ホテルの男の子は陽子ちゃんが何かとものを頼んだらすぐチップをくれるから、陽子ちゃんの気に入るようにやるみたいで!



夜、わたしは友達のパーティに呼ばれて、陽子ちゃんとレオンちゃんはさすがにスリランカにあっちいったりこっち行ったり疲れるから、ホテルにいるとうことで。夜、わたしは陽子ちゃんたちが好きなご飯を用意してもらっておいた。パパイヤと、レタス、チャーハンとバジルのキヌアのマカロニ。言えば上手につくってくれるから助かる!



というわけで、わたしもスリランカで、なかなか会えない古い友達と会ったり、楽しむこともできました!ここまでが2章おわりです!
次は、宝石を買いに行ったり、南の方へいったことを書くよ!

<<第3章~~コロンボからゴール、カタラガマの旅~~>>

ところで、、
コロンボにジェムを買いにいく前の日、部屋で金を整理していた・・・
まぁ、宝石はアドバンスだけ現金ではらって、あとはクレジットカードだから
多くは現金はもたないようにしているんだけどね!だって、危ないでしょう!

でも、これをみて。左下のスリランカルピーは日本円で十万ちょっはあるんだけど、それよりも日本円の1万円札2枚の方がものすごい存在感でしょう!わたしにはこっちの方が「お金」という価値がすごく感じるんだよ。皆さんもそう思うでしょう?
これはやっぱり日本のモノやおかねの価値はなんかすごいなあと思った瞬間だった。



さて、次の日ちょっと早く出発!これはもうコロンボの写真。真正面に見えるタワーみたいのがあるでしょう。これはロータスタワーといって、スカイツリーみたいなやつで、今建設中。できたら観光スポットになるのかなあと思う。



これは宝石商の方の家で。家の中には鯉がいた。うちは水槽だけど、そうじゃなくて家の中の池があったり、やっぱりめちゃめちゃお金持ちそうで、4階建ての家で。ちょっと企業秘密があるから、詳しくはオフィスとかは内緒だけどね!

この宝石商の人も、「あなたの所だけ、産地を研究所で調べないといけないよ」って言っていた。やっぱり他の国のジュエラーも買いにくるというけど、産地はスリランカといえばそれでいいらしい。でも、調べるともう採掘場でマダガスカル原石が入ってくるから、本当に産地はわかる鑑別士さんに調べてもらわないとわからない。
絶対に価値が全く違うし、宝石のパワーが違うから、面倒くさくても、どうしても宝石の産地はお願いしないといけないね。



食器戸棚の中に、、陽子ちゃんがこれは高そうだなあというのを撮っていた!



宝石は陽子ちゃんたちがくると言っていたから、結構多く用意しておいてくれた。陽子ちゃんがピックアップしたものを研究所にもっていって、産地入りの鑑別を作ってもらってやっと、わたしたちは購入できる。
とりあえず、アドバンスの前金だけ渡したり、こういういのは内緒だけど!
陽子ちゃんはここにいて、ある宝石をずっと眺めていたかったというよ。そしたら、きっとめちゃめちゃ買われるから、わたしも大変だから、時間がなくて良かった。

さあ、やっとコロンボから高速にのって、ゴールの方を目指すよ!
高速道路は何年か前にできて、日本が技術協力をしているから、めちゃめちゃ日本ぽいでしょう。



日本は、緑が高速の看板だけど、スリランカはたぶん自然が多くて緑だと目立たないから、ブルーが高速の看板。サービスエリアのご飯のスプーンとフォークマークが、日本はバツの形になっていないで、そろえてあるけど、スリランカはバツの形とか!みんなでちょっと盛り上がりながら、初めて高速を楽しんだ。



サービスエリアは中はレストランがあったり、トイレがあったりして使えるよ。ただトイレは有料だから気をつけてね!



高速を使ったから、コロンボからかなり早くゴールの目的地についた!
ゴールは海沿いで、たくさん観光客がきていて、とても人気のところなんだけどね。
わたしたちはレオンちゃんサービスもあるから、1日くらいリゾートしようということで。
アマリ・ガルという、ちょっといいホテルに泊まった。
でも、コロンボの5スターみたいにめちゃくちゃ高くないよ。一泊3人で2食ついて27000円くらいだから、一人9000円と思ったらやっぱり日本より安いんじゃないかな!



部屋はトリプルで、とてもお洒落だね!



窓から見える景色もきれいだったから、夢中で写真をとっているわたしたち!



この時夕方6時頃だけど、まだプールで泳いでいる人がいた。わたしは何でビーチがこんな近くにあるのに、プールがあるのかなと思ったけど、この辺の海はちょっと荒いから遊泳禁止区域で、ビーチには貝を拾うくらいだって!
だからプールがあるのかとわかったよ。



ホテルのなか、すごくきれいな色でおしゃれだった!



夜はすごいビュッフェだったけど、喜んでいたのは私だけで!わたしはこういう所にきたら、お肉以外は結構いろいろ食べさせてもらうから!陽子ちゃんとレオンちゃんはヴィーガンだから、結構食べるものが少なくて困っていた。そうしたら、シェフがそれを聞いて、でてきてくれて、野菜の料理を作ってくれたりしたんだよ。で、朝は何を食べる?と聞いてくれて、特別メニューを作ってくれた。

これはわたしで、喜んでいるでしょう!
だって、スリランカのご飯や洋食とか、ありとあらゆるものがあって豪華だったから!



陽子ちゃんが、前にスリランカに来た時は、外食では乳製品を食べても良いというスタンスだったから、ビュッフェもいろいろ食べていたけど、「乳がんと牛乳」の本を読んでから、一気にかわって、絶対乳製品はたべなくなっちゃった。

「パン食い競争かよ!」って言ってたコーナー!



陽子ちゃんは、「こういうのは、ウハウハだったろうなあ」と言っている!たぶん、お母さんがきていたら、夜はロブスターとかもあったし、もっとウハウハだったと思うって。ふつうの食事をする皆さんがきたら、きっと夜も朝もすごいハッピーと思うよ!それで一人9000円は安いでしょう!でも、お母さんは今回は日本にいてもらって!なぜなら飼っている鯉のお世話に時々きてもらわないといけなかったから!

それで、陽子ちゃんたちには野菜スープと、ベジのり巻き。あとココナッツのごはんとスイカとか。陽子ちゃんは食べて、うーーん、やっぱり日本の料理は上手じゃないねーと言ったから、わたしも食べてみたら、のりまき酸っぱくてわたしは無理だった!でも、スープはおいしかったし、特別メニューを作ってくれる心はとてもうれしいでしょう。別料金じゃないし、だからこういう時はチップがすごく大切だよ!!



この後は、プールに入ろうかと思ったけど、レオンちゃんが貝殻探しをしたいというから、ビーチに行って貝殻をとったりした!それから次の目的地を目指す!
次はゴール→カタラガマで!いよいよ、ガネーシャのプージャーをしにいかないと!

途中でお昼ご飯。どこか美味しいみんなで食べられるレストランないかなあと言いながら、車で行っていたら、ジャパニーズカフェを発見!日本人のかおりさんという女性がやっていた。
これは天の助けみたいだった!



わたしはマグロの照り焼きどん。だってベジタリアンメニューはないし、こういう時はわたしは魚をチョイスする。でも、めちゃくちゃおいしかった!



陽子ちゃんは朝は人参ジュースとかでいつも超軽くて、昼~3時くらいにご飯を食べるから、ごはんをテイクアウトする。アボカドロール。見た目はちょっとアレだけど、美味しかったっって。日本ぽい味がここで食べられたのはラッキーだった!



その後、車で2時間くらいかかったかな~ガネーシャプージャーのためには、がんばらないと!カタラガマはマンデラ・ローゼンホテルという、ところに予約している。もうそこにいく時にはかなり日が暮れてきていた。



ホテルの部屋。おお!かなりわたしの好きな部屋タイプ!
手前にちゃぶ台みたいな低いテーブルとかがある。
それはここ、がっつりルームサービスがあって、夜はスリランカンのご飯を頼んでみんなで食べた。

陽子ちゃんはドレッサーがあるのと、、



荷物をおく台があるのはすごく使いやすくて良いホテルだって!そういえば、いつもいるガンパハのホテルはスーツケースを床において広げて、自分がしゃがんでいろいろやらないといけないから、こういう台があると便利だね!



ここは幽霊ホテルじゃなかったから安心してね!
とても綺麗なデザインいっぱいだった。



こういう解放感があるデザインはやっぱり暑い国だからだね!



で、朝ご飯はまた別館みたいなところで。


わたしはスリランカンでベジはないから、フィッシュで。陽子ちゃんはそれもかたくなに拒否で、ココナツミルクご飯に何かかけて食べている。これはお客さんにもらった、大豆肉のそぼろみたいなふりかけで甘辛くておいしいらしい。レオンちゃんは、こういう時のために無印のリンゴのカレーとパックをもってきていて、あたためてもらって食べるわけ。
ふつうの食生活をしている人は何も問題なく、きっと楽しめると思う!でも、アレルギーがあったり、制限がある人は旅行ではどんな時も準備をしていてね!



そして、今日はカタラガマでガネーシャのプージャーで!!ここで供物を2皿買う。
それはお客さんの分と、うちの分で。みなさんのことはブッダにはお願いします、幸せがきますようにってお願いしないけど、神様にはお願いしていいわけだから。供物のフルーツ盛り合わせみたいなのだけど、一皿3000とか5000とか。こういうところでは絶対に原価を考えたらいけないよ!



で、なぜか持っていく人がきてくれて、フルーツを頭の上にのせて先導してくれる。たぶん、あとでチップをあげないとね。
でも、こういう所はわかっている人にまかせた方が良いところもあるから。



途中でメニックガンガを通る。メニックは宝石でガンガは川だから、宝石の川、その名前のとおり、宝石をとっている人たちもいるの。



ここが入り口。



ガネーシャはここ。とても小さな神殿だけど、人がいっぱい入る。右側のゴールドのガネーシャの後ろのヴィシュヌやパールヴァティはパワーがあるそうだ。



そして、真ん中のガネーシャは!!
陽子ちゃんによると、もちろん開眼してあるそうだ。
でも、、それがものすごく細いそうめんみたいな光のラインで、それよりも入ってくる人たちのすごい、、ぶっちゃけ欲や渇望する念がひどくて、あの細い光をキャッチできる人はなかなかいないんじゃないか、それよりも多分日本人のピュアな観光客がいくと、おそらくここに渦巻いている外野のエネルギーがくっついてきて、多分少しアパラをかぶるくらいになる人の方が多いだろうという。だから、本当にガネーシャに到達するためには、自分を相当守っていかないといけないよという!



ちなみにものすごい熱気!熱中症になりそうなくらいだから、カタラガマにいく時はお水のボトルをもっていって!ちなみに陽子ちゃんとレオンちゃんは汗をすごいかいていたけど、スリランカ人は全然汗かいていなくて、やっぱり全然体のつくりが違うんだって初めてわかった!
超熱気の中、神官さんがきてマントラを唱えて、前にある鐘をガランガランみんなで激しくやらされる!その後、なんかお赤飯的なおかゆみたいのを手に配られて食べなさいって言われておわり。(もし、お腹になんかあったらいけないから、私が代わりに全部食べて、陽子ちゃんとレオンちゃんは気持ちだけ頂きますで。っていうのは、乾燥地帯は水があまり綺麗じゃないところがあるから、何気なく料理されるものはやっぱり注意してほしいから。)




陽子ちゃんは、これ、かなり日本とも似ていると言っていた。陽子ちゃんが善光寺のお盆の行事に参加したとき、ドラという鐘をみんなでガンガンたたいて、それで帰りにあんこの入ったお饅頭をもらうというから。確かに似ているね!

ちなみにみんな、こういう時はお水を忘れないでって
っていったのは、わたしたち車の中に忘れてきちゃっていて
のどが乾いたから!でも、大丈夫。



ちなみに、供物の一つはわたしたち用でもって出てと言われる。それで、神殿の前で「食べて」って言われる。だから、わたしたちのどが乾いていたから、すいかとかパイナップルとかを食べたら、めっちゃ美味しかった。助かった!

その後、ブッダの所にもプージャーをする。
わたしたちは、シンハラ人だから、あまりヒンドゥー教の寺院は慣れていないから、ドキドキするんだけど、ブッダを見ると安心する。ヒンドゥー教は大体タミルのひとの宗教文化だから。



この花はピッチャマルといって、陽子ちゃんはジャスミンの種類じゃないかといってるんだけど、スリランカのどこにでも咲いている花だけど、風車みたいで、とてもきれいでしょう。


これは寺院のまわりで少し貧しい人が袋に入れて100ルピーとかで売っている。昔のわたしなら、たかい!自分でとるよ!って思って絶対買わないけど、今はそうじゃなくて、そういう人から買ってあげることが大切で、それが神様への功徳を少しあげるということになるということがわかっている。

こういう所は、施しを待っている人は本当にたくさんいる。
昔、陽子ちゃんはこういう研究では「一時的にモノをあげても意味がない、こういう人がいなくなるような社会の発展につくすべきだ」と習って、そう思っていたというけど、今ではスタンスがかわったというよ。
お客さんからのアーダーラももらっているし、こういうご縁があった人に少しでも分けるということをしている。それは陽子ちゃんが、こういう施しをあげようと思っている、わたしたちと出会うことができる縁も、その人自身の少しピンで功徳があったからじゃないかと考えるようになったからだというよ。

たぶん、こうやって1日木の下にいても、ずっとここにいたら、なかなか10ルピー、100ルピーとかしかもらえないけど、わたしたちはもともと出逢ったらあげようと思っているから、少し多くあげるでしょう。だから、それはこの人の持っている運の強さという意味だ。
またこういう風にあげられるのも、お客さんのおかげしかない。



でも、一方では、こういう風に施しをあげる人がいるから、こういう人が増えるということも考えられなくもないでしょう。だから、どれが正しいとは言えないけど、わたしたちが思うのは、やっぱりこういう風にプライドを捨てて、誰かに恵みを待っているのはとてもつらい仕事で、きれいな仕事ではない。そして、こうやらないといけないという状況もある。そういう人がまだこの世界にはたくさんいるんだというのをわたしたちがわかって、やっぱりわたしたちは衣食住に困らなくて、幸せだということをちゃんと認識しないといけないと思う。だから、やっぱりこういう人がこの寺院の中で出逢うというのは、意味があるのかなあと思っている。

他にも、ちょっとガネーシャのプージャー関係は、秘密のこともあったんだけど、ガネーシャの神様は基本的に芸術とか文芸の神様だから、描く・踊る・弾く・書くこと関係はお願いできるんだって。それで、あるお客さんからは親戚のお子さんが国語ができないで困っているというお悩みに関するプージャーをお願いしたり、陽子ちゃんはガネーシャの仏像を何体か買って日本に帰国後、この人というところにお送りしたりもあったんだけどね。

そして、ガネーシャの神様はやはりちょとドキっとする解答を教えてくれたり、あと神様の仏像を送った時、あるお客さんとのお話だけど、陽子ちゃんはそのお客さんのところに何故か送らないといけないから送ったんだね。

そうしたら、「ありがとうござます!こんな風に飾っています!」っていう写真を送ってもらったりした。
そしたら、、
陽子ちゃんはええーーおっとお~~という、写真だったという。
それがこれ。(お客さんが良かったらブログでも教訓で紹介してくださいって言ってくれたから、載せさせてもらいました!)


なぜかというと、大きな天然石の原石をドーンと両側においていたり・・・普通の人はパワーストーンといって、大切にしているというね。陽子ちゃんも知らない頃はよく水晶とかアメジストとか、いろいろパワーストーンを集めて頼っていたこともある。でも、いま石からでるものが見えたり、教えてもらうようになって、やっぱり現代人は、原石はよくない。とか、惑星宝石をもっている人は、パワーストーンはいろいろ処理石が多いし、波動が違うから、防いでしまうことがあるから、よくないということをわかったと言っている。あと、原石や水晶はそこらへんのちゃんと浄化していない霊が入りやすくなるというから。ちょっと受けやすい人は特にきをつけてね!
しかも、ここにアパラのジュエリーをおいておくと、ぜんぜんジュエリーが浄化されるより、いろいろ石の波動を受けて、疲れるというから!!(このお客さんは真ん中の白と紫の布の上にアパラのペンダントを3人分おいて、浄化している、気持ちだったみたいで。それはNGだよ。)

だから皆さんも注意してほしいと言っている。
でも、このお客さんはいつも教訓でつかって下さいって言ってくれたり、、いろいろいつも、、
とっても良いひと!ありがとうございます!だから、あのガネーシャもきっと、、そういうことを教えるために、この人のところに届くようになったんだと思う。

ちなみに・・・スリランカって結構水晶けい、アメジストも、アクアマリン(加熱)とかもたくさん採れるんだけど、、昔の王様とか、例えばインドのマハラジャとか・・・水晶の指輪とかつけていないでしょう。みんなサファイアとかルビーとか、、ダイヤモンドとかだよ。
パワーストーンの流行は実は1980年代に作られたものだったという、、まぁそれでブラジルや中国、スリランカでもパワーストーン好きの人のビジネスが増えて、海外からたくさん仕入れにきてもらえるんだというけど。。もともとは1970年代にアメリカのヒッピーのひとがワイルドインディアンのひとたちが付けているターコイズや石をまねするようになって、それが広がったそうだ。

ちなみにワイルドで生活をしていた例えば縄文時代の人とか、生物には例えば水晶や原石が発する波動はちょうど良いんだって。昔の人がそういう原石を首からかけていると、動物が相手の激しい波動に怖がって近づいてこないとかそういうのがあったから、お守りにしていたりしたという。あと、生き物には良いときいて、陽子ちゃんはエビの水槽に水晶のさざれ石を入れている!赤ちゃんがいっぱい増えてかわいい!

だから、何度もいうけど、本当にパワーストーンはかなり処理石が多いということと、マハラジャはタイガーアイとか、、水晶とか着けていないからね。。。研磨した水晶とかの木星のパワーが大大!で大丈夫な人は、お坊さんとか宗教的な仕事についている人は良いそうだ。あと最近お問い合わせが多いという、パライバトルマリンも加熱だからね。。とちょっと多いから言ってちょうだいというから、かかせてもらいました。


さあ、話はスリランカに戻って。。
ここは南のカタラガマから、今日はコロンボを通って、ガンパハまで帰らないと!また高速を通って、、、ちょっと遅いお昼ご飯は、サービスエリアで、スリランカカレーを食べて。
(トップリッチフード ファミリーレストランと書いてある。。)



でも、帰る前によらないといけないところが!
それはホロスコープの先生の家!
この先生、前にお嬢さんがめちゃめちゃ美人で結婚式のサーリの写真を紹介したけど、お子さんが生まれて、、かなりお母さん風になっていて変貌していたけど、家族が増えて楽しそうだった!




わたしの好きな、コーキースとコンデキャウンを用意してくれていた!これは米粉のドーナツみたいで、ココナツオイルで揚げるから、甘い匂いでわたしたちは大好き!



先生は顔出しNGなんだけど、ここで皆さんのホロスコープが作られている!機械は結構昔のタイピングのやつだったり、プリンターやスキャナーはちょっと昔のだったりであまり上質ではないから、さすがに紙はA4にしてと言ったけど、ホチキスの留め方が日本と違っていて、陽子ちゃんが何度も言ったけど、やっぱり忘れるから、もう気にしなくなった。途上国だから、ちょっと紙がななめになってプリントされていたり、へんなになっていたりするけど、、それはごめんなさい!!でも、陽子ちゃんは初めてこの先生の家にいったけど、ぐちゃぐちゃじゃなくて、安心したと言っていた!



ホロスコープの先生は、ちょっと面白いおじさんだけど、微妙に霊感があるから、陽子ちゃんとホロスコープを段落で見直しするとき、ちょっとアパラのあるお客さんだといろいろ障害が起きて、スカイプが切れて、妨害されることがあるよ。逆に今ちょっとアパラでもすごく良く上がっていく可能性がある人のホロスコープの時は、わたしも仕事が入らないで予定したときにちゃんとみんなで見直しができて、すいすい翻訳ができる。そうじゃない時は、いつもいいところでわたしに電話がかかってきたり、ネットが切れたり、あっちで雷でネットきるよーということもあるんだよ。スリランカはもうシーズンの時は雷は爆弾のような強い音で、すごいことになるから


ここまで、なんだかんだずっとレオンちゃんもいて、連れて移動は結構大変だ。
子供はできるだけ疲れさせたくないし、ご飯のじかんや寝る時間もきちんとしてあげないといけないからね。
でも、コロンボの先生の家をあとにして、ガンパハのホテルについたのは、もう夜遅くて、すぐに寝たよ!さすがにコロンボからゴール、カタラガマ、またコロンボの旅は大変だったけど、
とても楽しい旅行になった!!
(ここで第3章終わらせてもらいます。)


<<第4章~~スリランカの文化、日常の普通のことのお話。~~>>

また違う日は、別の宝石の取引をするところへ行くよ!
皆さんはわたしたちは宝石市場とかにいくと思っているかなあ?
そういう所で仕入れをしていたこともあるけど、今は非加熱で産地が大切だから、
まあ、マーケットだと必ずマダガスカル産のサファイア、タンザニアやモザンビーク産のルビーを平気で、スリランカ産非加熱だよって出してくるから、今はもう絶対、信用している人のところじゃないと取引はしていないよ!だからちゃんとスリランカ産非加熱を出してくれるところはとても大切に関係性をつくっていかないといけないでしょ!

ここは普段は先生をやっている男の人で、陽子ちゃんがスリランカでは男子は、おちゃらけの男子がおおい中、この人はすごく静かなタイプの人で、しっかりしていて、なかなか宜しいと気に入っている。私よりも若くて、後ろの奥さんがご飯を作ってくれていた。
実はここの先生の仕入れは、スリランカでは新産地となるところなんだよ。



宝石がとれるのはラトナプラだけど、そこには近いけど、少し違うところで。スリランカの非加熱サファイアはもう枯渇していくだけかと思っていたら、そういう新しいところも見つかったり、それでこの人のおかげで、もうだめかなあと思っていた数がうまくそろうようになって、本当に助かっている。しかも、この人は陽子ちゃんの指輪をみて、それはミャンマー産の非加熱ピンクサファイアだねと言って、陽子ちゃん、、おお!!みただけでわかる人、超すてき!!とほめていた!ちなみに見ただけで産地がわかる人は初めてだという。

この家と隣の親戚の女の子たち。すごくかわいいね!
レオンちゃんとも遊んでくれて、とても良い人だった。



用意してくれたご飯。しかも殆どベジタリアンで準備してくれて。真ん中の黄色いカレーの左のお皿は、パパダンといって、おせんべいみたいにパリパリしたやつ。それをご飯とカレーとか一緒に混ぜて食べるとめちゃめちゃおいしい。みんなスリランカ人はこれが大好きなんだよ。ご飯、とてもおいしくてわたしたちは本当に感謝した!



陽子ちゃんは、ぶっちゃけそんなに仲が良い人以外の家でご飯をごちそうになるのはあんまり好きじゃないといっている。だって、気になって思う存分好き勝手に食べられないからだって!わたしは昔からぜんぜん気にしないけど!
だから、わたしはよく家族で食べにきてって招待されるんだけど、陽子ちゃんにいうと、えーーーって言うから、こまるんだけどね。でもまぁでも、結局はついてきてくれる。

これはまた別の日、わたしの友達の家に招待されて!
この日は午前中にジュエリーの製作のミーティングもあって、遅くなっちゃって、ついたのは2時近くで。。陽子ちゃんはレオンちゃんにもご飯をまだ食べさせてないから、着いたら日本だったら、、「さぁ、どうぞ、もう2時よ、おなかすいたでしょう、こちらへ来て食べて」って通してもらえると思っていたらーー

やっぱり、また、リビングでトークから!!しかも、会話が途切れてしらーーってもちろんある。
陽子ちゃんは時間が気になってしょうがない。だって、レオンちゃんに早くご飯を食べさせてあげたいし、しかも、、前に女の子が座っているでしょう。これはこの日学校を休んでいた女の子で、ゲストが食べた後、家の人はご飯を食べるから、わたしたちが食べないと、この子達もまだ食べられないから、かわいそうで、恐縮するじゃんって!



で、2時半過ぎてやっと、ダイニングに通してもらった。
しかも、、この日は朝から停電で、、ホテルはジェネレーターがあったから、電気はあったけど、普通の人の家はもろに平気で翌日朝まで停電ってこと、あるんだよ!!
そんな中でも、ご飯を作ってくれたことに感謝しないといけないと、陽子ちゃんは自分に言い聞かせたそうだ。
それで、暗いところでご飯を食べた。



で、、陽子ちゃんが苦手なのは、、これ。
テーブルの端で、わたしたちが食べるのを「見ている」ホスト。陽子ちゃんは、、ほんとうに大人が見ているのはいいけど、ご飯を食べていない子供も見ているのは、マジで日本人にとってはつらいから、どうにかしてくれという。
でも、遠慮して少ししか食べないと、逆においしくないのかなと心配されるから食べないといけない!
わたしは今まであまりこういうことに気にしたことなかったけど、お母さんになった陽子ちゃんはまじで心痛くなるし、どうにもこうにもだから・・・ほんと、この習慣はありがたいけど、、きついと言っている。お土産にお菓子とかもっていっているから、それをせめて食べていてくれたらいいんだけどね!



それで、この日・・・実はまたある所へ行かないといけなかったから、ご飯をごちそうになって、ありがとうと言って帰った!見送りにきてくれた子供達。良い家だね!




それで、、、この日は実はあるところというのは、、またちょっと見えない世界のお話なんだけどね!ここからは特にあやしいと思うかも!わたしの友達のプリンス君という(名前だけかっこいい、普通のおじさん友達)人が、わたしが陽子ちゃんの霊媒体質のことを何気なく話したら、良い人がいる、そういうのを自分についている、指導霊みたいな人だけを残して、ほかの良くない霊をこさせなくすることが出来る人がいる!って教えてくれて、みんなでそこに向かうことになっていたから。ちなみに陽子ちゃんは、もうーー最初から大反対していた!というのは、絶対そんなパワーある人いないから、と言っていたから。それは前にサーッタラという神様がかる人がいたけど、今その人は陽子ちゃんの方が力があるから、そういう人が前だと、自分では見えなくなるから力不足だからと言ったからだ。だから、わたしも、もうプリンス君の知り合いを頼むしかなかったんだけど。

で・・・その見える人というのは、少し若いお母さん的なおばさんで。。その家に行ったら、陽子ちゃんとレオンちゃんはいきなり、帰る、ここは大変なアパラの場所だ、とんでもないと言う。
陽子ちゃんには無数のペレータがわかるそうで、この人が使っているのはフーニャン系の、おそらくそこらへんの動物霊が固まったもので、良い方の神様じゃない。とんでもない、かかわり合いたくないと言った。レオンちゃんも感じるタイプでめちゃくちゃ怒っていた。
「ターッタ、早く車で帰ろう!!」って。何度も。

でも、わたしはプリンス君の顔をたてる意味もあったし、どうしようもなくて、あとちょっとだけいようと言った。で、しょうがなく陽子ちゃんとレオンちゃんは座って、、
プリンス君はその霊媒師というおばさんに、陽子にはどういうのがいるか、その霊と話ができるか?とか聞いたんだよ。まず、陽子ちゃんにいる良い方のと相談をしないといけなかったから。そうしたら、陽子ちゃんはその瞬間に閉じた!という。

で、その霊媒おばさんは、、しばらく陽子ちゃんをみて「トラトル デンネネー」と言った。トラトルは情報で、デンネネーはくれないという意味。それは誰かが邪魔をして教えてくれないという。普通だったら、陽子ちゃんがどういう人でどういう神様がついているとか、教えられるというけど、、そのおばさんが言うには、誰かがそれを開けないようにして、情報を出させなくしている!とか言う。それでプリンス君は、じゃあそのガードをはずせないのか?と聞いたら、霊媒おばさんは座って、左手の手のひらをを正面にむけて、なんか呪文を唱えている。それで、一つのガードをとった。という。でも、あとはカーリーを呼んで、ガードをとってもらうしかないと言った!陽子ちゃんは、、、心の中で「まじで黒魔術系、土着のカーリーってカーリー様じゃないから、ほんとうに勘弁してほしい、早く帰らないと」と思ったそうだ。それでさらに善光寺の仁王様とご先祖様にがっちり、ガードをきつくしてもらったそうだ。それで結局、どうしようもないから、あの霊媒おばさんがどうして情報をくれないのか、あなたから、自分を守っているものに聞いてみて、と陽子ちゃんに言った。

そうしたら、、陽子ちゃんはわたしに「プラちゃん、社長さんが下っぱの部下に話しにいくのに、わざわざ階段を下りて、下の階の部下の席にいくでしょうか?」といった。つまり、ご先祖様も仁王様もとてもこの人たちが使っている低いレベルの霊と話すレベルではないから、話すわけないだろう~ということで、さらにご先祖様のえいじろうさんという方はかなり怒っているそうだ。

で、陽子ちゃんはあとまた鯱みたいな神様もついているんだけど、それに少し頼んでガードを堅くしたという。なぜなら、その辺一体は妖怪みたいな未浄化のペレータがいっぱいで、いつもは飴を配って、お施餓鬼をするけど、その飴の袋を全部くれないとつくと言ってきたくらい、そのへんにいっぱいいたそうだ。それで陽子ちゃんは飴を庭にばらまいた。

でも、、まさか!その時、あの霊媒おばさんが見えた!といった。
陽子ちゃんについている神様のような良い霊は、、「白いカバの形をしている!」って!!!

それをわたしはまんま通訳をしたら・・・
陽子ちゃんとレオンちゃんは大笑いしちゃった!!
白いカバって、、ムーミンじゃん!!!

陽子ちゃんは日頃から、こういうことを言っていた。
ムーミンを描いたトーベ・ヤンソンさんという女性は
「見える人」だったんだよ、だからムーミンが見えたから
それを描いたんだよって。だからムーミンの形をした妖精はフィンランドには確実に実在しているんだよって。それをレオンちゃんに言って、信じていた。

だから、陽子ちゃんは「ありがとう、時間使わせたね」といって1000ルピーおいて車にレオンちゃんと乗った。あの霊媒おばさんが粘っていたのは、何か見えないとお金にならないからだ。だからここであとくされを消すためには、お金をおいておくことが必要ということだそう。
霊や神様のいる次元はいろいろレベルがあって、
ムーミンは4次元なんだけど3次元のわたしたちの世界に
近いレベルの精霊だ。だから、それくらいのは見えたのだろうと言っている。

陽子ちゃんとレオンちゃんは最後にほんとにうけるーと言って帰ってきたけど、、
陽子ちゃんは8月頃から前回書いたあの、自分をガードする方法で、霊にヒョウイをされなくなっていた。だから、本当に良かったんだけどね。
なぜなら、、その3日後、わたしたちが帰国した日、あそこに行ったプリンス君は、バイクでトラックと接触して両足骨折をして、仕事がしばらくできない体になって、まだ療養している。。。
陽子ちゃんは、、しまった、彼をガードするのを忘れた。。。かぶっちゃったね。と言った。
因果関係はわたしはどうかと思うけど、やっぱり、カーリーといっても、本当の神様じゃなくて、フーニャンという、土着の黒魔術系の、それは未浄化の霊がかたまった悪魔みたいなものなんだけど、そういう存在を悪魔的なものだとわからずに、神様だと思って使う霊媒には関わらない方が良いということだった。

行った家は、庭に草がボーボーにはえていて、小さいそれ用のほこらみたいな汚れているのを設置していて、正直あまり裕福な感じの家のかまえではなかった。陽子ちゃんは、こういうところに、良い神様が根付くと思いますか?ときいた。。。確かにサーッタラのところでも、きれいにしていて、入るととても良い香りと涼しい風がふく。だから、それと反対のところにはなかなか近づかない方が良いよ。
だから、皆さんももし、日本でも少しあれた感じのほこらがある所には近づかないようにしてね!!(たぶん、そういうのはわかると思うけど、、まじでかぶるととても怖いから!)

だけど、今でもわたしたち3人で言っている。
あの人、、なんでムーミンだけ見えたの?って。

でも、これで逆に陽子ちゃんとレオンちゃんはさらにムーミンというのがやっぱり、本当に存在している精霊なんだなということが確信ができたようで、、、今、レオンちゃんと陽子ちゃんは、メッツァビレッジいつ行くんだよーと言っている!飯能市にできたムーミンパークの半分のところ。11月にオープンして、いついけるかとタイミングをはかっている!!
来年は山の神様だから、森とか湖とかラッキープレイスというしね!
まあ、来年の神様のお話はまた次回のブログにと思うよ。

最後になるけど、皆さんがアーダーラという募金をくれるから、少し詳しく書かせてね。
今回レオンちゃんや陽子ちゃんが5年ぶりにスリランカに来てくれたけど、スリランカは今、本当に人気があって、飛行機も満杯以上にいっぱいでとてもありがたいと思う。
それはスリランカの魅力が世界に伝わったことも、すごくうれしい。でも、やっぱり・・・まだまだだなあと思った。停電がアナウンスなしで平気で1日あったり、たぶん来た人はびっくりするんじゃないかなあ。それと一般の家庭のお給料は4万円~7万円位に増えたけど、今でも1万、2万で生活しないといけない人たちもいる。

でも、、レオンちゃんが学校を休んでスリランカにいっていたから、クラスで写真をいれて、発表をしてと言われて、写真をもっていかせたんだけどね。スリランカ滞在の写真を、レオンちゃんの学校の校長先生がみて、陽子ちゃんに電話がかかってきて、スリランカに行きたい!自分の子供のころの社会のようだ!なんてすてきなんだ!チケットはいくらくらいなの?何時間くらいなの?っとか、聞かれてびっくりしたんだよ!!

この校長先生世代の年齢の人は、ワクワクするみたいで!
わたしはうれしくなった!だから、これを聞いて、わたしも陽子ちゃんも、スリランカの良いところ、それは少し田舎くさいところや自然がいっぱいの所は残していきたいなあと言っている。
でも、、ご飯に招待の時はどうか一緒に食べてくれないかなあと言っているけど!

わたしも今回の滞在で、やっぱりすごい宝石商の人の家や、高級リゾートホテルをみると、次に紹介する人たちの家はやっぱり、とても複雑な気持ちになるよ。


トタン屋根、とてもボロボロで。



これは、、陽子ちゃんは台風がきたときはどうするんだと言っている。



だから、日本の温かい皆さんの支援は本当に一つ一つがありがたいと思うとおもうよ。スリランカには寒い激しい雨が続く日もあって、温かい飲み物が保温できたりするのは、わたしが子供の頃にもらったらどれだけうれしかったかなあと思う!!



また別の家族。男の子の顔はなんだかすごく・・・うらんでいるみたい!?



これは前日に地域のセンターの人が貧しい家をピックアップしてくれて、わたしが視察にいって撮らせてもらった写真なんだよ。早く、良いものをあげないとと思った。

ペンケースセット!全部、百均じゃありませんって!もちろん百均のでもいいんだけど、文具メーカーのはとても持ちがいいということで。



トラックに積んだ物資。なんか横になっちゃってごめんなさい!



弟の家に集まってもらって。
まず飲み物を配る。陽子ちゃんはこういう所は何だかとてもスリランカの素敵なところだねと言っている。

今回のアーダーラは、わたしがこのアーダーラをくれたのは、日本の主に女性の方からの支援ですといったけど、宝石のお客さんですとは伝えなかった。それは、、一応弟の家が宝石の家だとまわりに知られて危険にさらされたらいけないから!そういう事情もあります!



わたしも配る。これは車の中から陽子ちゃんが撮った写真。なぜ陽子ちゃんがやらないのか?なんだか恥ずかしいからだって。ぶっちゃけ今更なにいってるのって思う。ほんとにそういうところ、わからない!



これはあの時の家の子供!5個前の写真の男の子だよ。あの時はくらい顔をしているけど、文具セットをあげたら、強気な顔になった!無表情なお母さんもちょっと男の子をみて微笑んでいるみたいかなあ。



これは「いやー、もうーこんなん恥ずかしいわー」の顔。だって。
とても喜んでくれたよ。ボトルは2本ほしいっていったから、陽子ちゃんがOKしたからあげた。ちなみになぜか皆が陽子ちゃんをボスだと思って、誰もが陽子ちゃんにこれいいか?と聞く!



これはわたしのお母さんが生きていたら、、と思う世代の人だった。元気で長生きしてほしいなあ。



これは、若い男の子で文具をもらっていた。ちなみに陽子ちゃんはスリランカの人が、よく暑いのになぜニット帽をかぶる?と、、これはスリランカの不思議ファッションらしい。



さぁ、これはわたしがこの前日にリサーチしに行った時の家。お母さんも子供も、何だかやっぱり何か少し悲しそうな感じがするね。



ところが!!いろいろあげたら、すごい笑顔!
子供もにんまりしているけど、お母さんすごい笑顔!変わるね!!
この笑顔の変化をみると、もっと何かしてあげたくなる!!



ちなみに殆どの人は家の男の人が物資をとりにきたけど、重いから、そういう人がいない人は、弟のトラックで物資を家に運んであげた。って、トラックの荷台に乗って帰っている!!
陽子ちゃんはエーーー??ってまたびっくりしていたけど、、まあ、スリランカだから安心して。



最後に若いお母さんが来た。陽子ちゃんはなぜか、あなたの家をみたいから、一緒に車で帰ろうといって、車にのって、若いママさんの家にいった。
まぁ、貧しいけどこれは普通にスリランカにあるなあと思うかもしれないね。



これがそのママさん、陽子ちゃんはスリムで美人だから、ついていきたくなったって!


家にはこんな小さい子供が二人待っていたよ!で、地域センターがなぜ、この家を選んだかというと、去年12月にご主人が交通事故で亡くなったという。
それで、やっぱり日本みたいに生命保険とか入る感じじゃないから、稼ぎ頭がいなくなって、こまるでしょう。だから、お母さんはガーメントという縫製工場で働いて、でも一ヶ月に12000ルピーの給料だという。日本円で1万円くらいだよ。スリランカではそれでは家族3人は絶対に食べていけない。だから、支援が必要だったわけだ。
男の子がお菓子をもってうれしそうだった!

家の裏にセメントの袋がおいてあった。これは去年ご主人が家を造ろうとしていて、、でも亡くなってしまったから作れなくなったわけだ。


こういう時、シュラマダーナが必要になる!つまり誰かが労働で手伝って、家を作ってあげること!でも、わたしはもう日本へいく日が近くて無理だった。陽子ちゃんはこの若いママさんにまたちょっとお金を渡してきた。

家の中をちょっと撮らせてもらったというけど、まぁ、、私が子供の頃だったら、これだけ立派な部屋とベッドがあればお金持ちくらいだけど!!


でも、、今の時代だよ。陽子ちゃんは、正直、ろうごくのような雰囲気で、日本の女性がこれ、毎日と考えると信じられないでしょうと言った。やっぱり、まだスリランカでは社会も発展途上だから、で母子家庭の支援は殆どないというし、健康保険制度や生命保険、医療保険とかもありえないから、みんないざという時にすごく困るんだね。
日本に生まれて、日本に育っている人は、やっぱりどう考えてもきっと前世良いことをした皆さんだと思うよ!!!

そんなわけで、今回のアーダーラはまたとてもすごく役に立てたと思う。
アーダーラをくれた、一人一人の皆さんの気持ちと、努力してくれたお金のおかげです。
本当にありがとうございました。。。

さぁ、もう帰国のときだ。
なかなかおばあちゃんに会いにいく時間がなかったけど、やっと話をできた。
85歳だから、現地では相当長生きだよ。
それで、左の女の子は、、わたしの弟の子供で、レオンちゃんの従妹!
あの、、昔ぷくぷくしていて陽子ちゃんが「脇肉かわいこちゃん」といっていた子が、めちゃ美人に成長中!!



超ドレスアップしているでしょう!
これ毎日できれいなドレスを着ていた!なぜかというと、
レオンちゃんが来るから、マッリーと遊ぶからきれいなドレスを着せてとお母さんに言ったそうで!それを陽子ちゃんがきいて、まー女の子って本当に可愛いねって言った。

最終日、みんなで空港にいく時間のまえ、キャロンというボードゲームをして遊ぶ。



そして、また空港から飛行機に乗ってやっと日本に帰ってきたよ!
わたしは考えると、スリランカにいくときも、帰るという気持ちになるし、日本にいく時も帰るという気持ちになる。
でも、家が日本にあると、もう家にかえったらめちゃ安心したよ。

というわけで、今回のまとめだけど・・・
スリランカはとてもまだまだ途上だから、日本のように全部が整っている
わけじゃないけど、ムーミンがみえる霊媒師のひとが普通にいたり・・・!
本当に不思議なものがたくさん残っていて、特に陽子ちゃんとかレオンち
ゃんとか日本の目をつれて帰ると、いろいろわかって、とても面白い!
そして、そういう貧しい家もあったり、すごい家もあったりするけど、、全部に通じているのは何かを信じているという所で。このココナツでおおわれた島から、取り出される宝物は、やっぱりここだから採れるんじゃないかと思う!!!

本当にこれはわたしも唯一とくに自慢できるスリランカの誇り高い、宝石!
完璧に非加熱で出た原石を、磨いただけだから!



今回も、ロイヤルブルーの非加熱ブルーは無かったけど・・・目が覚めるキラキラの青!



この中にはもう既にジュエリーになったものもあるけど、まだ残っているのもあるよ!



ちなみに、、これはどうみてもルビーでしょう。
でも、現地の鑑別は非加熱パープルサファイアで!あの仕入れの宝石商は、これは日本ではルビーになるだろう、「ハリ variable ガル」と言った!それはめっちゃ価値の宝石という意味。でも、現地鑑別機関では非加熱パープルサファイアだから1ctだけど、少し安く買えたわけ。でも、スリランカ産の非加熱ルビーとでたら1ctあれば、かなり高いから!!



ちなみに、、これは非加熱ミャンマー産の真っ赤なルビーでハートシェイプ!
これは普通のメレダイヤで囲んだハートじゃないの。それは普通同じサイズのメレダイヤで囲むと、ハートの可愛い形が強調できなくて、ちょっと柿のようなハートになるというから、横をしっかり広がるハートにするために、メレダイヤモンドの大きさを細かく替えているわけ!



そうすると、こういうかわいい、ハートの絶対形というのができる!
これは陽子ちゃんと製作がめちゃ細かく計測して設計した!だって、このオーダーを下さったお客さんは、全部陽子ちゃんにおまかせしますと言ってくれて。。しかも、かなり高額にもかかわらずだし・・・陽子ちゃんは逆におまかせと言ってくれれば、その価値以上のものを投入していきたい、という姿勢だから。わたしたちも本当に理想のハートのルビーの指輪ができて、大きな自信になったよ!



いつも、温かい気持ちとまじめに相手のことを考えてあげられる心を持っている女性だから、きっと家庭も新しい生活も、明るい輝きがいっぱいのものになると思う!
本当に良い経験をありがとうございました!

↑このハートのルビーとひけをとらないのが、やっぱりあのスリランカ産のパープルサファイアってなった宝石で!
それはこんなに素敵な指輪になったよ!!!
デザインはアンティークの鏡のように陽子ちゃんがデザインした。
クッションの資格めの石が、こういう台座に入れると全然かわるでしょう!!!



このお客さんも前はいつもラッキーリングに非加熱パパラチアサファイアの指輪をしていたんだけど、先生だし、お子さんも3人いて、これからすごくパワーが必要だから、強い力のを・・・ということで、スリランカのルビーの指輪をつくることにしてくれた。これは本当に宝石を信じてくれていて、わたしはとても嬉しい。大きくなったお子さんみんなも希望のところに行けるといいね!わたしたちも応援しています!!!

ちなみに・・・次にご紹介のブレスレットのお客さんは、この上の指輪の先生のお友達でまた先生をしているお客さんなんだけどね。お問い合わせのメールがきたとき、陽子ちゃんは感じるものがあって、正直これはかなり強いアパラだよ・・っていうだったらしい。それは逃げたくなるほどで。でも、このお客さんはとても毎回誠実に真摯に陽子ちゃんの話を聞いてくれて、だから、やっぱりこれは頑張らないと!!っていう気持ちになったんだよ。

おばあちゃんのダイヤモンドを入れているよ。
っていうか、おばあちゃんが0.5ct以上の大きなダイヤをもっているっていうのも、
わたしたちから考えると信じられないことだけど!とてもラッキーだったね!


ホロスコープはやっぱり、結構強いアパラがあって、アレキサンドライトが大きく必要だった。
でも、やっぱり予算とかあるでしょう。だから、陽子ちゃんとわたしは相談をして、左側の緑の石はかなりサービス価格にしたんだよ。わたしたちの宝石はアパラの石だから、宝石の強度が必要で、それは形や厚みによる。このアレキは指輪には入れる強度が少ないけど、
ブレスレットかペンダントなら入れられるという、そういう厚みの判断もあって。そういう宝石はわたしたちは出来るだけお値段を下げてもらって仕入れるから、カラット数が大きい割りにお値段がかなり抑えることもあるんだよ。
ラッキージェムもグリーンだったから、しっかり強いブレスレットができたと思う。
これからもご縁があったご主人様と、そのご主人様のまわりの人たちを
大切に思っていけば、大丈夫だと思うよ。先生としても輝けますように!!

これは、ちょっと写真が下手でごめんなさいって。
前にお母さんがご注文をくれていて、今度はそのお嬢さんで。
あまりフェミニンデザインが苦手だということで、このボックスリング型をオーダーしてくれたんだけどね!
最後の最後に真ん中の大きなアレキサンドライトを選んでくれた。
これはお母さんの指輪ともにているね!



陽子ちゃんは善光寺で小さいお子さんのお数珠をお土産にかって
お届けしたんだけどね、まだ小さいのに、ちゃんご先祖様にお祈りをしている
そうで!レオンちゃんもこういうお数珠がいろいろ種類好きだから、天然石じゃない、
きれいなガラスの切子のお数珠が気に入っている。
男の子っていがいときれいなものが好きだね!

それで、このペンダントって両面あるでしょう!
こっち側はハートの非加熱イエローサファイアで!陽子ちゃんがこれは何か高級な香水のビンみたいできれいなデザインになったわ!といってすごく満足している。
ボックスリング自体はちょっとメンズ風だけど、この面があると、女の人でも超おしゃれじゃないかなあ!


このお客さんはわたしの検察関係の通訳のお仕事を知っているお仕事の人で!
はじめてそういう方ということで、わたしは嬉しかったよ!
このペンダントをつけて、家族もみんな仲良く、元気でお仕事もがんばってほしいなあとお祈りしているよ!お子さんがすごい、、大臣みたいなホロスコープだったから、お母さんは大変だと思うけど、きっとおおきな人になるからね。。

というわけで、こういう感じでスリランカ滞在中にわたしたちが仕入れてきた宝石は本当にすぐにこうやって、それぞれいく道が決まって、素晴らしいジュエリーになるね!!
それはとても本当に決めてくれるお客さんと、その依頼する強い気持ちに感謝しています!!
だから、わたしたちもやっぱりきちんと本気でこのジュエリーに取り組んでいこうと思うよ。
それにはわたしたち自身がやっぱり出来るだけ精進していかないといけないね!
特に来年はまたあの神様だから・・・
っということで、その後のお話は今度で!!!
ここまで、スリランカ滞在旅行日記みたい、長いのにつきあって読んでくれた皆さん、
本当にお疲れ様でした!ありがとうございます!!!

これは、、戸隠神社の中社。
今年は火の神様の年で戸隠はまさにその神様のところだった。
皆さんも近くに火の神様の神社がある人とそうじゃない人いると思うけど、
もし出来たら、参拝して2018年のお礼と反省を言っておくと良いって。



わたしも、、ここでいろいろ懺悔をして、、これからの目標をお話してきたよ。
皆さんにも今年の良いしめくくりができますように。。。



来年は大山津見神様だという。
検索をしてみて、神社でこの神様が主祭神のところがあれば
来年のことをお祈りしてみるといいかも。。。


2018年はあと一か月くらい!!
みなさん、絶対風邪ひいたり、いろいろ体調悪くなったりしないように、
服をきちんとたたんでしまうみたいに、2018年が終われるように!

ありがとうございました!!!



スポンサーサイト

自分をまもる方法!?

皆さん、こんにちは!
今日も見にきてもらって、いつもありがとうございます!!!
スリランカの旅行ブログ、早く書いてよと思ってくれていると思う。。
日本にまた帰ってきてから、落ち着いてかく時間がなくて、それはあまりにも写真が多すぎてどうしようという感じで、、、ほんとにすみません。
今週の土日にはわたしもスリランカのことがいっぱい文章を作れるかなあと思うので、もう少し待っていてもらえると嬉しいです。

帰国してからは、ちょっとスリランカのアーダーラ(募金)をくれたお客さんにはお土産を送らせてもらったりしたんだけど、、そのお返しとかを、フルーツや秋の栗のお菓子とか、またいろいろ送ってくれた皆さん、本当にありがとうございました!
また来年のスリランカへの募金を送ってくれたお客さんも何人もいて、、、まだまだ来年なんて考えていなかったけど、わたし自身がハッとさせられたよ。。また、これからの1年もちゃんと頑張っていかないとなあと思う。頂いた募金は金庫には入れないで陽子ちゃんスペースの金のドラゴンと日本の神様のパワースポットにおいてあるからね!

それとわたしたちがブログを更新が遅れたり、お店の受注を9月末までストップしていたことで、2人くらいお客さんから、陽子ちゃんかプラちゃんがぶっ倒れたりしてないですかとメールをしてくれたみたいで!!それはまあみんな元気だから、大丈夫だよ。心配をしてくれてありがとう。なかなかHPやブログは更新ができないんだけど、ちゃんとお店はやっています!!日本に帰ってきてから、大きなルビーが2つ動きがあって、スリランカ産とミャンマー産で指輪をつくらせてもらっていて、わたしは出来るのがめちゃめちゃ楽しみだよ!周りの形を今チェックしながら進めているからね!その他のご注文をくれている皆さんのも、リピートのお客さんでもまたホロスコープをチェックしながら進めているので、わたしの石はどういうのになるかしらと思って待っていてくれている皆さんも、もう少し待っていてね!

今日はスリランカの旅行ネタの写真が100枚くらいあるから、いつもはジュエリーとミックスして掲載しているけど、ごちゃごちゃになちゃうから、旅行ネタの前にちょっとジュエリーの写真をアップしておこうと思います!って思ったんだけど、それとかけて、また、わたしたちが善光寺にいったお話を入れていこうと思う。

まずは、このネックレス!これはわたしが着けているタイプと同じで。
これは女性らしい綺麗さというより、プラネットをぶら下げているイメージで、
そういうちょっとかわいすぎないのが好きというお客さんも結構いて、
本当にご注文してくれて嬉しかったです!来年はまた自分があと5年7年住んでいく、環境をちゃんと整えて、良い出会いとそうじゃないもの、選択していける幸せな余裕もできるといいね!



ところで、このお客さんのジュエリーはわたしたちにとっては、ものすごい勉強だった・・・
なんと・・工程でまさかのわたしのミスで、ホワイトゴールドで注文してくれたのに、
イエローゴールドで作っちゃって!!

しかも陽子ちゃんもなぜか気づかないでお客さんに送っちゃって、、、お客さんに迷惑をかけてしまってすみません。さすがに地金違いは初めてやっちゃったことで、、わたしたちも唖然とした!!大急ぎでいろいろ手配して、ホワイトゴールドの代わりにプラチナで作り直して、お詫びにグリーンベリルを入れていたのをアレキサンドライトにして、イエローサファイアはバージョンアップさせてもらいました!こういうのはお店としては言うべきじゃないかと思うんだけど・・・さすがにわたしたちも地金違いで作っちゃって納品するまで気づかないのは初めてで。これはやっぱり忙しすぎるからだなあということで、9月末までご注文をストップさせてもらうことにしたわけだよ。。本当は他のアシスタントの人を雇ったりすれば、もっと早く、もっと多くのご注文を受けられるんだけど、この仕事は陽子ちゃんとわたしだけで、注文を受けるお客さんとのやりとりや送るまで、できるだけ違う人に触ってほしくないという思いがあるから。だから、なかなか多くはできないなあと思っている。その数の限界というのも、わかるきっかけをくれて、本当に感謝しています!とにかく、ミスはしないように・・・まさかに地金違いもしないように気を付けているので製作側からも後でも地金を再確認する工程を入れたりしたので、今ご注文くれている皆さん、安心して下さい!

次のジュエリーは経営者さん側の立場の方が続くよ。。
最近は陽子ちゃんの年齢も40代で上がってきたせいか、お客さんの層も前はいい出会いがあったらいいなあという、若い女性が多かったんだけど、今最近は会社を経営している側のお客さんが多くなっている。でも、それぞれ、そのお客さん皆さんはやっぱり強いマネージ能力があるホロスコープで、だからこういう立場にいるんだなあと思うんだけど、、その代わりやっぱりライバル的な人や組織も多くて、簡単に言えば敵が多い!!それを乗り越えていかなきゃならないんだけど、だから選定される石も大きめが多い。。特にアレキサンドライトやイエローサファイアが大きめになる。アレキサンドライトはケートゥの厄に反作用させる石で、やっぱりライバル的な存在から自分たちが守られるかどうかというのは、、すごく大切なわけだよね。ケートゥのアパラが強いと、敵対する存在からのマイナスのエネルギーによって、時々体が具合が悪くなったり心身に影響をうけやすいというよ。だから、それから守る方法は①生まれ持ったケートゥのアパラに反作用させる石を持つことと、②神仏に守ってもらうこと、③自分でバリアを作ることだという!①はジュエリーで大丈夫で、②は自分がご先祖様を大切に供養しているか、日本の神様を信じてきちんとおまつりしているかということで、これも出来ないことはないと思う。それで、あと③は難しいんだけど、陽子ちゃんも今まで??だったというけど、8月頃から訓練をして、大体できるようになったんだって!!この方法はまた後で・・・

これはアパラ・カーリームッダで、HPに載っているのは真ん中がペアシェイプの石だけど、これはオーバルでも素敵でしょう!真ん中はアレキサンドライトで!ちゃんと縁のある方のご供養もしているそうだし、そのお仕事できっとホロスコープに書いてあった時期を守れば、成功していくと思う!



このブレスレットのお客さんもまた、経営的な立場にいる女性でまたまた大変な境地におられる方だった。石は3つのまとまりで分けているよ。こうすると少し大人っぽいらしい。



実はこのお客さんのジュエリーと陽子ちゃんが対峙している時、陽子ちゃんに和服の年配の女性が、正座して、「〇〇さんのためにご飯を作ってあげて下さい」と再三お願いするという。それで、陽子ちゃんはおかしな人と思われるかもしれないけど、こういう方がいらっしゃるのですが、心当たりはないですかと聞いたら、やっぱり親戚の方でご飯が食べられない状況で自然に亡くなられた方がいらしたそうだ。そのお客さんとは血がつながっているわけではない人だそうだけど、気にしてあげていたそうだけど、気になりつつも、亡くなられた後ご飯をお供えしたりはしていなかったという。でも、その亡くなった方のご先祖様的な女性が陽子ちゃんに訴えてきていたということだった。わたしも陽子ちゃんも、そういうことがあるんだとわかった。

だから、やっぱりアレキサンドライトは大きめがもちろん必要で、かつこのお客さんは月のアパラも強いから、キャッツアイは一番大きなサイズで。
でも、ブレスレットのこの3石ずつ固まったセッティングは、とても上品に見えるそうだよ。お客さんも前に作った方のこのブレスレットの写真をみて、チェーンが自分には太すぎるようだと言っていたけど、陽子ちゃんは大丈夫、これは絶妙なバランスだから太すぎないと思うということで、これで作ったら、やっぱりお客さんもとっても綺麗!ちょうど良い太さと気に入ってくれたようだ!



それから、このお客さんにはお子さんもいた。ちなみに最近の傾向としては、経営者さんのお子さんのホロスコープを調べると、やっぱりすごく一般の方より、強いヨーガが何個もあって、社会の中で目立つ立場、上になっていく立場だからそれ相当の大変さもある、それだけじゃなくやっぱり敵も多くなってしまうというのもあるみたいで。

これはお子さんの勾玉で、男性だから全部プラチナで、逆に色石がめちゃめちゃ綺麗に見えて素敵でしょう!!



「緑」や植物と関係する会社での仕事だから、陽子ちゃんは深い抹茶のようなアレキと、きれいな水の流れのようなクールな形のダイヤモンドを組み合わせた。
このお子さんはやっぱり神仏から選ばれている人のようで、そのもののホロスコープだったけど、ちゃんとあの「ごはんがない状態で亡くなられた方」のお墓参りをしようと言って、お母さんときちんと向かわれたそうだよ。ホロスコープには結婚のアパラもあったけど、陽子ちゃんはおそらく相当引き上げられたはずだよと言っているから、これから先は心配しないで!ホロスコープに書かれていることを超越していくことが、わたしたちの仕事だからね!



次紹介するお客さんも、また経営者さんのジュエリーで!このお客さんは陽子ちゃんは、自分で自分をちゃんとわかっていらっしゃる方、ちゃんと学べばもしかしたら占星術家にもなるくらいだという方と言っていた!またやっぱり特殊な教育関係の経営者さんで、木星の宝石、イエローサファイアがラッキージェムで、真ん中だった。木星はグル=宗教的指導者、精神的指導的立場を表しているそうで、でも私達より随分若い女性でお子さんができたばかりだったから大きなイエローよりは、家庭を守ってって、仕事でもプライベートでも誰かの光になるような、そういう希望を詰め込んだ指輪になった。
これは実物の方が相当きれいだったなあ!



スリランカ産のピンクサファイアは殆どルビーに近い位だけど、ピンクサファイアは実は君主や王者を表しているそうだけど、同時に家庭運を上げてくれるんだって。家族が増えたし、お母さんをしながら会社のこともやっていかないといけないのは大変でしょう!



そして、ダイヤモンドも大きめで、これは陽子ちゃんが自分のピアスにしようかと内緒でストックしていたダイヤらしいけど・・ピアスは2個必要であとの1個が何か月も見つからなかったそうで。ちょうど使ってもらえて良かったということだ。



このお客さんは同じく、勾玉も依頼してくれて本当にありがとうございます!
ピンクと赤いルビーとダイヤモンドの3石はローズみたいで勾玉が可愛くなるね!
陽子ちゃんはもう少ししたら、またお子さん産んで下さいって言っている!
日本の未来を担う子供さんで、とても頼りになるDNAだから、ぜひいっぱい産んでほしいそうだ!!それって本当に変なお願いだけどね。


それと、このお客さんは教育関係だったけど、最近先生というお客さんも続いているよ!わたしと陽子ちゃんのスタンスは「お金は残せないけど、教育は残せる」ということだ。これは子供がいる、いない関係なくて、自分が関わる人、誰でも、、自分の生活している態度や全部のことは誰かが見ていて、その誰かを「あぁ、自分はこういうところが足りなかったなあ」と思わせられることも一つの教育だと思う。。まぁ、、わたしがいうのはすごく恥ずかしいことだけど!

まぁ、、関係ないけど、お仕事で会社をやっていっているお客さんが増えてくれたことはすごくありがたいけど、やっぱりそれ相当の重さのある人生と、そのお子さんとかも重い人生なんだなあと思った。ある人はお金を持っているように見えて、うらやましいと思うかもしれないけど、見えない所でめちゃめちゃ頑張っていたり、リスクは一般の会社勤めをしている人の何倍もあって、子供まで苦労もあるんだなあって思った。そういう部分はやっぱり意識して、できるだけスムーズに会社が運営できるようにアパラをカットして、神仏のご加護をもらいながらやっていく必要があると思ったよ。

まぁ、、そんな中で次のお客さんは、ちょっとホッとさせられる可愛いジュエリーで!
これはパパラチアサファイアとDカラーのハートのダイヤモンドなんだけど、パパラチアは1年以上待っていてもらったかなあ。サイズはなんと2番以下で小指用のピンキーリングで。



本当はパパラチアがメインだったけど、Dカラーのハートのダイヤを入れたら、すごい存在感でしょう!ピンキーリングだから全体にまるいフォルムになるように、YGのハートの台座もアームも丸い形にしてもらっているよ。現実的な関係で、本当に一緒にいたいと思えるような好きな人ができるといいなあ!という意味も込めて、お祈りしているよ。



これはミャンマー産の非加熱ピンクサファイアが真ん中で。このお客さんはブログを見てくれて、前に載っていたような指輪のピンクサファイアが希望ですと言ってくれていた。でも、本当に色合いはそのままで、少し俵型のような珍しいオーバルとクッションカットの間のような綺麗なピンクがあった。ミャンマー産のピンクサファイアは、健康面と社会でしっかりやっていく力をくれるそうだ。だから、今は体調がつらい日が多いと思うけど、何かできることを少しずつ諦めないで頑張っていってね!!



これは、頑張っている女性の指輪で。お孫さんがいる方だけど、幼児教育関係のお仕事もやっているそうだ。体力の必要な仕事でそれだけでも大変なんだけど、まわりのみんなのことを色々と考えて心配してあげる優しいお母さんだそうだ。お孫さんのホロスコープを調べたら、、これからの日本をお願いしたくなる強い政治家さんのようなホロスコープで、気を引き締められたそうだ。そして、陽子ちゃんは大体かなり強いホロスコープをもったお子さんの母となる人、祖母となる人はアレキ大きめが多いな~と言っている。これもスリランカ産のイエローグリーンのアレキで、利き目のありそうな色だったなぁ!



みんなの人生と一緒に自分も今より幸せになれるといいね!毎日とても大変と思うから、体に気を付けてね。ちなみにこれは画像ではわからないけど、もう少しグリーンぽいキャッツアイで。実はうちではいつもはスリランカ産のクリソベリルキャッツアイを使っているけど、これはブラジル産のキャッツアイで。満月近くになっても、心が揺れないように自分に一本の太い柱を作るように頑張ってね!




とこれくらいにして。。。
次からは、またちょっと目に見えない系のお話になるから、信じない人はそれでいいと思うし、読みたい人だけ読んでね。
この所、本当に多かったのが皆さん、自分のご先祖様の供養をしっかりしている方がすごく少ないということだった。特に結婚したお相手の方のご先祖様はいろんな思いがあったりして、ないがしろにしていて、結局の所、やっぱり正しい所にいけていないから、それが自分に反射されるように自分や家族の人生がとても大変になっている方が多かった。まぁ、こういうことに気付きだしたのはわたしたちも陽子ちゃんがここ数年めちゃめちゃ霊感が強くなっていって、陽子ちゃん自身もまさかそういうことがあるなんて!!という感じだった。

それでぶっちゃけ8月頭くらいまで、陽子ちゃんは週に2~3度はお客さん関係の霊が色々とお願いするように言ってくることが大変だった。それは陽子ちゃんが頭痛を伴うものだから、時々は子供のレッスンに行けないことがあったり、いろいろ大変だった。それで、お兄ちゃんの知り合いの霊能力者?という人に家にきてもらって、みてもらったら・・・陽子ちゃんとわたしの能力の方が高かったそうだ。それでその人が払えなかったのを、わたしのピリットで払ったりしたことがあった・・・これは6月のお話なんだけどね。

だから、わたしはスリランカの友達にいろいろ調べてもらって、陽子ちゃんに霊が訴えてこないようにいろいろ出来る方法を探してもらっていた。そうするとスリランカで近場で二人くらい、そういう霊をこさせないようにすることができる人が見つかったんだけどね。そのお話はまた次回かこうと思うけど。。とにかく、前2010年にスリランカに行った時、陽子ちゃんにわたしのお母さんの魂が憑依して、とても大変だったりいろいろあったから、今回はすごく緊張していた。。。でも、陽子ちゃんはその前にスリランカにいく9月より約一か月くらい前から、不思議なトレーニングをして、憑依体質を大体はコントロールできるようになった!だから、スリランカでは見えるけど、口寄せするくらいの憑依はなかったから、本当に良かった。。。

その不思議なトレーニングを皆さんもできたら、これを読んでくれている皆さんもいろいろ人間関係で悩んでいたり、いやな人からのマイナスエネルギーを受けてしまっていたり、大変なこともあると思うから、参考になるかもしれない・・・ということで、ご紹介させてもらいます!

部屋が4つL字型になっていて畳32畳!



ここは善光寺の常智院というお寺の宿坊です。
実はわたしの友達が善光寺にいってみたいと言っていたんだけど、埼玉県の長野県よりの方に住んでいる友達で。その辺の仕事の依頼が入ったら仕事の後に一緒に長野に行こうと話していたら、ちょうどその辺の警察での仕事が入った!
それは金曜日で、じゃあ善光寺にいこうということになった。それで、なんだかんだで、陽子ちゃんとレオンちゃんやお兄ちゃん家族もいくことになった。でも、もう一週間前で、突然だったから、気になる宿坊は楽天とかヤフートラベルから申し込みできないから、ネットで探して、陽子ちゃんが「ここがすごく良さそうだ」と言って、常智院というところへ行くことにした。まぁ、わたしは仕事の後遅くなるから、戸隠のペンションをとったんだけど、朝の修行には一緒に合流させてもらえるから。
それでも、宿坊に泊まるのは5人で、人数が多かったから部屋は春夏秋冬という4つの部屋を貸してくれたそうだ。

それで陽子ちゃんは夕食は、夢むすび地蔵善というご飯をお願いしていた!
お母さんが今までの精進料理の中で一番美味しかったと言っていた。
この夕食と朝和食がついて、あんな広い部屋で11880円は安いって!
しかもお朝事に案内してもらえるし!
ゴボウのかば焼きがめちゃめちゃ美味しかったそうだ。(クリックしてみて。)



それだけじゃなく、陽子ちゃんはここは今までの宿坊の中では一番ちゃんとお祈りしてあると言っていた。ここはトイレの洗面所なんだけど、うちにもトイレの中に「うすさまみょうおう」というトイレの神様を飾っているんだけど、トイレに向かって、トイレの神様がきちんと飾られてあって、しかもそれすらもちゃんとお祈りしてあるそうだ!
(ちなみにここのお水はすごく特別きれいなお水だから、飲めますよと書いてある)



朝になってわたしたちは合流して、常智院のお坊さんも一緒にお寺を案内してもらった。今までの宿坊では、ガイドの人が案内してくれたんだけど、お坊さんがちゃんとご案内してくれたのは本当にすごいありがたくて。びっくりしたなあ。もうお一人のお坊さんもめちゃめちゃ土下座みたいに頭を下げて泊まって下さってありがとうございますってされて、、スリランカはお坊さんが頭下げるわけはないから、びっくりだった!!!




で、お朝事だけど、もうーー真冬で1時間くらい超寒かった!!
子供たちには座布団をもっていっていたけど、想像以上で体感で1度くらい!!
わたしも薄手のコートのしたにセーターとタートル服と、ウインドブレーカーをきていて。
でも昼は20度だから、どんどん朝は超厚着でどんどん昼にむかって服を脱いでいく感じがいいよ。
朝の修行の後のお数珠頂戴をしてもらった後。。



恒例のお朝事のガチャガチャのおみくじで。わたしたちは去年から善光寺に何回もきているから、もらっていないのはあの傘をもったおじさんと、一般客というタイプで。
陽子ちゃんは傘のおじさんでてきてといって、レオンちゃんにやってもらったら、ちゃんと的中して、傘のおじさん出てきた!前はお上人さま出てきて~とお願いしたら出てきて、これはまたびっくりだ!大体これでコンプリート!ちなみにここのおみくじの内容はあまり信じないで、欲であれが出て、これが出てと願うから。その近くの牛の形をしているおみくじが本当にお勧めだというよ。



お朝事のあと、わたしとスリランカ人友達と子供たちは近くの城山動物園に!



陽子ちゃんはなにやら、やることがあるといって単独行動で。
お母さんとお兄ちゃんは歴代の仏像様が展示されている史料館に。
あと、わたしたちが泊まったのは、密教系のお寺で大日如来様がご本尊だったから、お坊さんにダライラマがいらした時の砂マンダラを見ておくようにということで、お兄ちゃんは初だから、そっちにいくことにした。

それで、陽子ちゃんは何しにいったかというと、特別なお守りやお数珠を買ったり、
山門をうろうろしたり・・・だって!
これは大観進(だいかんじん=天台宗系のお寺)から、お地蔵様と2ショットを撮れたらしい・・・



(着ているのはフェアトレードのピープルツリーの服だって。黄色のジャケットはオーガニックコットンだけど、届いたら布がめちゃめちゃ薄くて、下にウインドブレーカーを来て朝修行をした。陽子ちゃんがピープルツリーの黄色のジャケットにレビューを投稿した。「生地が薄すぎる、裏地がないから長い期間使えない」とレビューを書き込んだら、、、ずっと反映されていないらしい。。。まぁそういうこともあるけど、製作者は途上国で頑張っているわけだから、ずっと買うらしい。陽子ちゃんもかなりやさしくなった。)


これが山門。山門をうろうろして、陽子ちゃんは何をしていたかというと。。



ここには「あ」と「うん」の仁王様がいて、陽子ちゃんはこの「あ」の方の仁王様にお礼を言いに来たということだ。どういうことかというと・・・



(ちなみに・・・この山門は仁王様の裏側にも神様が2体いらっしゃって4人の神様が善光寺を守っているそうだ。善光寺はそれまでちょっと別の所にあったんだけど10回以上火事になって焼けたそうだけど、ここにうつして、山門に神様4人きてから一度も家事になっていないらしい・・・やっぱりパワーありそうだね。)

陽子ちゃんは実は8月初旬頃、「阿闍梨蒼雲 霊幻怪異始末」という、密教のお坊さんの漫画をみてから、それをするようになってから、霊に憑依をされなくなった。それは「観想法」という密教の瞑想で、自分の回りに仁王様に柵を作ってもらって、悪い霊やエネルギーから自分をガードするということを、瞑想するんだって。

これは、その漫画からの一コマで。立てた家の土が疫病で亡くなった人のお墓の土を使っていたことがわかったマンションで、家に霊障がひどくて、どうしようもない人の家をお坊さんが守りにきた実話を描いてある。お坊さんが前で後ろにいるのがその家の人で、イメージはこんな感じで、自分の回りにバジュラという金剛杵の柵を作ってもらって、悪いものが入ってこないようにだ。これをクリーンな状態で瞑想するそうだ。
クリーンな状態は今日はお肉やお魚を食べた日はだめ。部屋を片付けて、きちんとお風呂に入って、仁王様や身分が上の方に会えるように整えてということだそうだ。




そして忘れちゃいけないのが、柵は四方に正方形に作ったら、上からもちゃんと網というか柵の天井をつけるということだよ。陽子ちゃんはこれを忘れると頭のてっぺんが痛くなるというから、忘れちゃいけないそうだ。



陽子ちゃんは、あの漫画を読んでから、あーこの方法があったと思ったそうだ。
20年前、宇宙と自分の合一ということで、曼荼羅をみて観想していたことがあったそうだけど、あの時は全く精進していなかったし、姿勢が全然わかってなかったという。
まあ、今も陽子ちゃんは自分は子供もいるし、ベジスイーツとかが大好きだし、欲があるからお坊さんみたいにはできないから、どなたか力のある方にお願いしたいと思って、頭に出てきたのが善光寺山門の仁王様だったという。

ふと何か力強い方がいいなと思ったそうで、仁王様のお顔じゃなくて、足を思い出したという。
すごい筋肉だけど、足にかわいいアンクレットをしている!


それでこの方にお願いして、柵を作ってもらおうと思って、それを観想するようになったんだって。漫画ではお坊さんはマントラを言うけど、陽子ちゃんはその資格はないからマントラを言うことはない。般若心経も何も唱えない。でも、それをするようになってから、亡くなっている存在の魂が陽子ちゃんに入るということがなくなった。わたしも今のところ、3か月くらい、霊を払うピリットを家で唱えていない!
だから、最初は陽子ちゃんもうそでしょー、そんなにガードできるわけないよなあと言っていたけど、それがさすがに3か月続くと。たとえば毎日お腹が痛くなっていた人がある日から突然お腹が痛くなくなるような感じでしょ。やっぱり、陽子ちゃんもこれはありがたい。さすがにお礼に行かないとということで、出来るだけ早く善光寺にお礼にいって、また今後ともどうぞ宜しくお願いします。と伝えたらしい。

ちなみ毎回柵を仁王様がやって頂くのは忙しくて大変だということで、観想法では自分で柵を作れるようになったという。。すごく不思議なお話でごめんね。




それで、陽子ちゃんはあぁ・・・自分はここ数年は神道の天照様をメインに信じていると思っていたけど、、やっぱり密教の力は本物だったんだなあと信じるようになったという。陽子ちゃんはちょうど20年前、大学ではチベット仏教から密教の研究をしていて密教にどっぷりはまっていた時があったそうだ。でも、それは仏教の開祖から何百年もたって、後からできたものであまり信じすぎるのも良くないのかなあと思っていたそうだけど、でもやっぱり大いなる存在というのは天照様はこの世界や日本の行く末を照らしていて、自然災害とかは絶対的に神様の領域だというけど。実際に自分たちに近い存在で、簡単なマイナスから助けてくれるかどうかというのは、、相当な「ピュア」がないとできないなあと言っている。(皆さんの子供さんは12歳くらいまでは天照様に近いそうだよ。)

それで、やっぱり20年後に密教に戻ってきたのは運命かなあと言っている。
陽子ちゃんたちが泊まった今回のお寺の宿坊は、常智院でご本尊様が大日如来様だった。これは曼荼羅の真ん中の神様だよ。

陽子ちゃんたちが泊まった部屋の向かいに、このご本尊様の部屋があって、陽子ちゃんは写真を撮らせてもらった。お花も供物もきちんと手入れがされてあって、これはすごいな・・・という感じだったそうだ。これが1枚目。



これが2枚目にとった写真。なぜか光っちゃったそうだ。



その後、大日如来様の斜め前から3枚目を撮らせてもらったそうだけど・・・
陽子ちゃんは、カメラの写真をチェックしていて後で気づいたそうだ。
なんとカメラ目線になってるーー!!だって、隣の金剛様は正面向いているから、斜め顔になっているでしょう。



で4枚目、隣の一光三尊阿弥陀如来像の写真を撮ったとき。
やっぱり、大日如来様は正面を向いているのが正しいようだ。



でも、これはどうみてもやっぱり・・・カメラ目線になっているよね。
陽子ちゃんはこれを見て、うわーーやばい、これは・・・ちゃんと見て下さっているんだなあと思ったって!わたしもさすがにこういう仏像は見たことない!



それで、この常智院さんで、お兄ちゃんも陽子ちゃんもお母さんも自分たちのご先祖様と自分たちの心身健全の回向をお願いしたんだけどね。今まで陽子ちゃんは自分のことはお願いしたことが無かったけど、密教の大日如来様なら20年前からご縁があるから、自分のことはいいかなあと言って、お願いしたそうだ。

それで、回向をお願いするとお札をもらえるでしょう。
それをもらう時、仏壇があれば仏壇に無ければ神棚にと言われたそうで、あとで考えたら普通はこのようには言われないらしい。だって、神仏習合といっても一応仏教は仏壇、神棚は神道の天照様の方だから。それで、陽子ちゃんが調べてみたら大日如来様はいわゆる宇宙の創造神という意味合いで、それは神道でいえば「天之御中主命」(あめのみなかぬしのみこと)様という、天照大御神様のおじいちゃんのような神様だという。つまりこの2つの大きな存在は同じだという意味だよ。

だから、大日如来様のお札は神棚でもいいんだね。

そういうわけで皆さん、自分に敵がいそうな人、もしくは自分の回りに激しい人がいて、すごいマイナスエネルギー出してそうな時、自分がそういう影響を受けたくないなあという時、あとは本当に良くない霊の影響も受けたくないという人は、少し努力が必要だけど、以下の順序で試してみて下さい!

①自分が頼りにできそうなよくお参りにいくようなところでいいなと思う神様を選ばせてもらう。

②お肉を食べていない日に部屋を綺麗にして。

③目を閉じて、しばらく何も考えないでそれから神様を自分の部屋に呼んで、自分の回りに柵を作ってもらうようなイメージをする。

④必ず四方と天井にも柵を作ってもらう時、自分がなにものにも影響を受けないように強くイメージする。


⑤時間がある時はその神様や仏像を拝みにいって。これは午前中に女性は体調が良い時に。

⑥いつも守ってもらえると感謝する時、もしくは依頼する時、お願いだけをするのは良くないから、誰か弱い立場の人が幸せになれるように1000円とか2000円とかでも、募金をしてみよう。もしくはお金がない人は、環境に落ちているごみを拾ったり、一番良いのは公共で使われているトイレを掃除することだそうだ!例えば駅のトイレを使ったら、できる材料で掃除をして出るとか!(ちなみに陽子ちゃんはそれだけは本当に申し訳ないけど自分ち以外は出来なくて・・・神様ごめんなさいといっている。)

⑦神様が自分を守ってくれるのは、自分がこの世界にとって良い影響をもつ人間になる可能性がある人だからと思って、自分の波動も他の人に良い影響をあげられるように、いやな人がいても少しでも良いところを探したりして、自分がネガティブな波動を出さないように気を付けよう。


これが出来るようになると、結構ほんとにかなりガードできるようになるらしい。
特にラーフやケートゥの位置がアパラですよと言われている人は、目に見えない影響を受けやすいから、こういう方法も試してみて下さい!
そうすると邪気を受けないだけで、相当自分が動きやすくなったりするというからね。というわけで、今回は皆さんの宝石を紹介させて頂くと一緒に、自分のまわりにバリアを作る方法を紹介させてもらいました。
次は、もうできたら一気にスリランカの滞在のことをかいていこうと思う!ほんとにこれは二週間以内に頑張ります!!!
皆さん、気を使ってくれて・・「店主さん、年末ブログ楽しみにしてます」と言ってくれたりする方も何人もいて、そういう優しいことを言われると逆に頑張らないと!!って思っちゃうね。マジで次は陽子ちゃんがもーつらい~と言っていたスリランカの文化のローカルネタも入る予定です!!

これはわたしたちがスリランカで泊まっていた、コミッラバンガロー。プールが塩素なしで良かった!




というわけで、ジュエリーの紹介といっても長くなっちゃったけど、読んでくれてありがとうございました!
ますます冬が近づいているから、皆さんも忙しいと思うけど、心は3か月先を考えて、いま余裕をもって、元気でいられるように・・・!

ありがとうございました。



スリランカに行ってきました!2018!

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てもらって、ありがとうございます!!!
みんなでスリランカに行っていて、この間日本に帰ってきました!



2週間くらいだったんだけど、わたしたちがスリランカに帰国してすぐに
大きな台風で関西の方が大変だったそうで、
あと北海道に大きな地震があったということで、スリランカで聞いて驚いていたよ。
今まさに指輪をつくっていた北海道のお客さんのところも大きな揺れがあったそうで
停電がすごくこわかったそうで、、でも夏で良かったと思う。。
スリランカはしょっちゅう勝手に朝シャワーを浴びていると停電になって
そのまま次の日まで電気がつかないこともあるんだよ。
しかもアナウンスなしで突然なるからね。
今回は幸い、ホテルでは自家発電機があったから30分くらいしたら
エアコンがついたけど、、普通の家のところはとても大変だよ。
こういう話もまた今度ゆっくり書こうと思う!!

とてもありがたいことに、ご注文はすごくいっぱい頂いていたから、
製作調整と宝石の買い物で結構忙しかったけど、少し家族でゆっくりすることもできた!
これはゴールのホテルから近いビーチで貝殻広い。


これはスパセイロンという超有名なスリランカで唯一日本に進出しているアーユルヴェーダの化粧品のお店。陽子ちゃんは5年前いったときはまだそんなにたくさん種類がなかったというけど、すぐ有名になって銀座にもお店があるんだって!
陽子ちゃんはよく眠れるバームを買った!


これはクルネーガラのお友達のお寺にいったとき。
今回はその予定がなかったけど、実は前日泊まったあるホテルがゴーストホテルでわたしたちは2日の予定を1日でチェックアウトして、プランを楽しく変えた!
これはまた面白い話があるから今度ご期待で!


そして皆さんから頂いていた募金で支援活動もしてきました!


これもまた詳しリポートするけど、、日本で頂いていた商品券はイオンでサーモスボトルみたいなのを買って、ちゃんと専用ポケットも用意してもっていった!これはみんなにすごく喜ばれたんだよ!

貧しい人の家に前日に行って、少しリサーチしてから弟の家に20家族くらい集まってもらって、配ったんだけどね。このかわいい女の子の家もとても大変なところで
そういう生の情報もまた今度ご報告させて下さい。


あとはちょっと日本でわたしたちのスピリチュアル体験でガネーシャの所にはいかないと!っていうことがあって。カタラガマでのプージャーもしてきた!
これもまた日本とは違うから、詳しくリポートさせてもらいます。

そういうわけで、今回は無事帰国のご報告と皆さんへの感謝で終わらせて頂きます!
日本もこれからまだ2018年は3か月くらいだけど、自然の災害やいろいろ起きやすい時だから、困難な時こそ、それをバネにして前よりも良いところに着地できるように!
このガネーシャは芸術の神様だけど、そういう逆境を覆してくれる神様だから、
皆さんにもご利益がたくさんありますように!!


よくメールでは皆さんから、このブログではジュエリーの写真や宝石が出てくるのを楽しみにしています!と頂くけど、今回は陽子ちゃんがいくということで、宝石商の人がみな家に呼んでくれて、たくさんの非加熱無処理の宝石が入荷できたよ!そういう宝石や、もう写真を撮り切れないくらい新しく出来上がってくる皆さんのジュエリーも、また今度たくさん掲載していこうと思う。

ただ、今かなりご注文が多くて、どうやら8月にスリランカの宝石のテレビを放映したのかな?浅田真央ちゃんもスリランカに行ってくれたんだって!クローズアップされて嬉しいけど、まだホロスコープの翻訳をしないといけないオーダーがたくさんあったりするから、今お店は少しオーダーを止めてもらって、調整させてもらっています。今ホロスコープを待っていてくれる皆さん、あとまだかまだかとジュエリーが出来上がってくるのを待っている皆さんもこれを見てくれていると思う。
店長としてはやっぱり皆さんにしっかり向き合って、ちゃんと1つ1つ納品させてもらいたいと思っています。

今回は、とりあえず、まず無事帰国のご連絡とアーダーラ支援を送ってくれた皆さんへの感謝で。。本当に中にはあーこれだけもらったら一か月食べていける!と喜んでくれた家もたくさんあったんだよ!

皆さんも海外旅行とかで日本から離れると日本の素晴らしさがわかると思うけど、
今回もやっぱりわたしは日本に帰ってきてホッとした。
この日本に災害が起きないように、年末に向かって寒くなっていくけど、
幸せなお正月が迎えられるように。。。
でも2019年に向けて、もう始まっているからね!
皆さんも来年の展望を考えて、今年あと2か月半、元気に頑張っていきましょう!

ありがとうございました。


お盆に向けて大切なこと。

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てくれてありがとうございます!!
前に火星の記事を書かせてもらったけど、火星ほんとうに見れた!
とっても感動しました!!
いつも火星のアパラには・・・とわたしたちのお店ではやっているけど、
確かにあの火星の力は強い。オレンジのよう赤い光で!!
この火星がちかづいていたせいか・・・
前にブログを書いたときから、一ヶ月半くらいの間に
日本では大変な災害も起きてしまったね。
皆さんのところや、親戚の人は大丈夫だったでしょうか?
わたしの所は、陽子ちゃんが倉敷市生まれというのを
お客さんが知っていて、大丈夫でしたかと心配をしてくれて
メールをくれたり、陽子ちゃんもわざわざ自分のことを
覚えていてくれて感激していたよ。
陽子ちゃんの親戚の方は何にも被害がなかったということで。
本当に心をまわしてくれたり、ありがとうござます!!

今もボランティアで泥の作業をしている人たちいっぱいいて毎日本当に大変だと思う。
今年の水害は、泥との格闘のようでそれはやっぱり火の神様が土とか鉱物に関係しているからなのかなあと・・・わたしは考えてみた。
だけど、本当にあまりにも厳しすぎる災害だと思う。
わたしはどうしてもこのお店のお仕事と警察のお仕事があるから、ボランティアにはいくことができない。でも、お客さんからスリランカにということで、募金を送ってもらっていたのがあって、それは何だかこういう時に日本に使わないと申し訳ないから、私たちのお金を足して、豪雨の災害募金に送らせてもらいました。

でも、それをあるお客さんに言ったら、やっぱり災害募金は自分が出したお金が大きな団体が受け取って、どういった形で支援に回るのかがわからないけど、スリランカにわたしたちに送ってくれたお金は、目に見える形ですごく近い形で、困っている人に届くのがわかるから、だからわたしたちに送らせてもらっているんですっていう、そういうメールをもらって。陽子ちゃんとわたしで、「あーー!そうだよなあ!!」と納得した!!

それからも、この一ヶ月の間に続々とスリランカ行きへの募金を送ってくれた方がいて、この日本も大変な時に海外のこと、特にわたしの国のことまで考えてくれて、ありがとうございます。



これは愛媛のお客さんから、自分の使わなくなった指輪を地金で買い取りをして募金にということだった。計算すると1万円以上あって、しかもナチュラルのジュースもたくさん!これはもうすぐにみんなで飲んじゃった!愛媛県もとても大変なのに、いろいろと心をまわしてくれてありがとうございます。こんな優しい気持ちのお客さんなので、きっと宝石たちが守って、いい所を教えてくれるんじゃないかな!



このお客さんは商品券を・・・!わざわざ、すみません。これをもらったということは、わたしたちが何か日本のものを選んでスリランカの人にあげたらいいということじゃないかと思うから、この使い道は今度スリランカに行った時のブログをみてね!あと、勾玉をつくる体験にも行ってくれたということで、陽子ちゃんがすごく喜んでいた!なぜなら、陽子ちゃんがここ数年勾玉とかをおしているのは、神様が日本を復興せよということを言っているからだという。だから、日本の魂のこと、文化のことをするときっと皆さんも良いご縁がもらえると思う。仕事も心地よくなって良かったね。




これはまた別のお客さんが送ってくれたフェアトレードのタオルで!
ちょうどサッカーをやっていた時で、これはセネガルのコットンなんだって。
お母さんがこれはいいものだよ!と感動していたよ。
このお客さんも、今回もジュエリーのお代と一緒に募金をしてくれて。
何年かのおつきあいのお客さんで、ご家族みんなでご注文をしてくれているんだけどね。最初は家のことやいろいろ、心配なことがあったみたいだけど、ホロスコープを調べたら外国に吉で、ご主人も外国の方だったからね。でもいろいろいろいろ調べて行って、今回自分たちが悠々家族水入らずで住める家を探して、外国に移住されることになった。ここまでは数年、迷ったりもしたけど、今着地点はとても良い所に到達できたね!このお客さんはフェアトレードの商品をよく買って使ったりしているそうで、そういう気持ちは徐々に惑星がキャッチしていって、最終的に幸せをお返ししてくれるみたいに前よりももっと幸せなところに到達できるよ。

そして、うれしかったのは。
外国人のご主人様も勾玉をご注文してくれたこと!


Lサイズは男の人の長い足をイメージしていて、足には丸いダイヤだと3.5ミリしか入らないけど、長いダイヤだともっと大きなサイズが入れられるということで、バゲットカットのダイヤを入れてあってちょっとかっこいいでしょう!

背中には仕事運を上げるミャンマー産の非加熱ピンクサファイアを入れたり、海外に移住しても体が強く、運を強化できるようにしてある!移住される前、ご家族みんなで出雲に行ったりして、お参りしたという。だから、必ず日本からのバックアップはどこにいてもあると思うよ。
自信をもって、新しい生活をエンジョイしてほしいと思う!



そして。


これは、また違うお客さんが旅行に行ったお土産のお茶で。このお茶は陽子ちゃんが一番好きなお茶なんだって。陽子ちゃんがいうには戸隠つながりのお客さんだそうで、去年はそのお客さんが戸隠に行った後、陽子ちゃん達が戸隠行きが決まって、今回は陽子ちゃんが善光寺をお勧めして、そのお客さんが善光寺に行って、すぐ後に陽子ちゃんが善光寺に行ったそうで。

このお客さんは今回非加熱でブレスレットと勾玉をご注文してくれたんだけどね。
前のブログで紹介させてもらったルビー、実はほぼ同じ時期にもう1個入荷できた!


どちらも0.7ct位ある大きな真っ赤のルビーで、しかもハートとマロン!これは暗いところでこんな存在感があるよ。前はハートを紹介させてもらったけど、ハートが珍しく売れずに残っていた。陽子ちゃんはもう自分がほぼリーチだ!これは私のになるかもしれないとワクワクしているけど。そのすぐ後にこんな真っ赤のマロンカットのミャンマー産の非加熱ルビーが入荷したわけだ!!(写真左のは、パパラチア・・・に一歩届かなかったけど、ペールピンクのきらきらした多色性のあるサファイア。)

これはやっぱり今まではこんな真っ赤の大粒系の非加熱ミャンマー産は2個同時に入荷できないし、この形は2つとも今まで13年間で1個も出会ったことがない。陽子ちゃんは、やっぱり戸隠の火の神様のおかげで、このお客さんも戸隠にいったから、このタイミングでご注文をして大きなルビーがハートのおかげでちょっと安く入ったから!

そして、マロンはお客さんのブレスレットになった!
このお客さんは前にスリランカに行ってくれたんだよ。
それから人生がご夫婦二人だったのが、あっというまに赤ちゃんが出来て、人生がもう前の2人だけの生活が思い出せない位じゃないかな!いつか娘さんにこのルビーを幸せに渡す日が来るんだなあ。しかも指輪と違ってブレスレットはそんなに汚れにくい傷つきにくいからいいと思う!



ブレスレットと一緒にシンプルな勾玉もありがとうございます!
仕事のことも、ちょっと今よく考えて進むといいのかもしれないね。
今年も戸隠も行ったということだし、きっと火の神様はすごくサポートをしてくれるよ。



戸隠からのお話だけど、わたしは去年陽子ちゃんに言われて善光寺と、戸隠神社に行ってから、何ヶ月後かにそのすぐ近くから通訳の依頼がもらえるようになった。それは突然で、しかも他県からの紹介はびっくりする。このお店のお仕事もわたしの通訳の仕事も、ご注文や依頼がきて初めてお仕事が成り立つ。だから会社に行ってお金をもらえるようなものではないから、とにかく全てはご縁をいただかないとお金がわたしたちの生活に入ってくることはない。だから、こういうご縁がたくさん出来ることは本当に生きることにつながる、ありがたいことで、やっぱり自分で足を運んでお参りするということが神様とのつながりを強くしてくれるんだなあと思った。


今日は、ちょっととてもとても長くなるけど、ご供養のお話をしたいと思う。
6月の半ば頃、陽子ちゃんの方のご先祖様が陽子ちゃんにご供養をお願いするようにきていた。これは信じる人は信じてもらうということで大丈夫だよ。これは千葉のすごく遠いところから、ある霊能力者という方に家にきてもらったんだけどね。
(それはお兄ちゃんのこともあって、この時すごく不思議なことが起きたんだけど・・・
これはスリランカにいく直前にかくよ!)
この時、陽子ちゃんに憑依したご先祖様の一人は、着物を着た男の子5歳くらいの子で、お団子が食べたいと言っていた。あとお侍さんのような人も待っている、何だかすごくせかされているんだよなあと言っていた、そうだ。(このとき、憑依状態から元に戻したのは、その霊能力者の方はできなくて、わたしのピリットだった。)
それで、その後、陽子ちゃんはお父さんにご先祖様で、小さい子供で亡くなっている人がいるのかどうか、家系図で調べてもらったら、やっぱり○○童子と書いてあるのがあったという。つまり、童子というのは、子供の小さな時に亡くなっちゃった人なんだって。それでやっぱり、お墓参りに行かないとなあと言っていた。しかもその子供は金色のお寺、金色の仏像といったそうだ。これは陽子ちゃんのお母さんも聞いていて、陽子ちゃんとお母さんは、金色の寺ゆうたら金閣寺じゃないのとか言っていたんだけど、あれはそういうお寺とかじゃないよねと言っていた。

そんな時に、わたしが次の週に長野県に仕事でいくことが決まった。陽子ちゃんはまさか善光寺かなあと言った。そういえば去年陽子ちゃんが善光寺にいった時は、ご先祖様供養はお願いしなかったらしい。だけどあれから1年で陽子ちゃんの霊感のようなものはまた一回りアンテナが強くなって、ちょっと自信もついてきたから、少し荒いけれど、あることをやろうということになった。それは、陽子ちゃんとレオンちゃんが富山県のお墓にいって、そこでまだ成仏していない魂があったら、陽子ちゃんは自分と一緒に善光寺にいって、お寺でご供養をしてもらって、そこから阿弥陀如来様に良いところに上げてもらおうという、計画だ。わたしは土曜日も通訳の依頼があって、長野にいけるのは日曜日。陽子ちゃんとレオンちゃんだけで、金曜日に富山県のお墓にいっていろいろやってきて、長野の善光寺へいかなければならない。わたしが心配なのは、今の陽子ちゃんの状態でお墓にいくと、いろいろ他のそういう目に見えないものもついてきちゃうのじゃないか、わたしが一緒にいたら払うことができるけど、それが出来ないと不安だなあということだった。でも、陽子ちゃんはご先祖様はレオンちゃん大好きだから、大丈夫と思う、ガードしてくれると思うと言った。

それで陽子ちゃん達は2年ぶりくらいにお墓にいくことになった。やっぱり富山県といえば新幹線でいかないといけないところだし、行けないから家でご先祖様コーナーを作って、お祈りしているんだけどね、、でも呼ばれるということは何か訴えたいことがあると思ったそうだ。

その日はある金曜日です。(あとで日にちが出てくるけど)陽子ちゃんとレオンちゃんは新幹線で富山駅につく頃、大雨がひどくて、これはお墓参りするのはどうしようと二人で言っていたらしい。富山駅からタクシーで、老舗のお団子屋さんにいって、お墓にいくまで40分くらい、タクシーの窓には雨がひどくうちつけていたという。それで陽子ちゃんは、「レオンちゃん、勾玉をふって、あまてらす様に雨がやみますようにお願いして」と言った。レオンちゃんはほぼ毎日、日拝をしている。それは朝、外にいって手をあわせて「アマテーラースー オオミカミー」といって「今日もありがとうござました」とお礼を言うことだ。それは今日も太陽がのぼって、自分が元気で外にでて、こういう風にいられることを感謝するという意味だという。

これは佐藤愛子さんという作家の「私の遺言」という本で、古神道の相曽誠治さんというすごい方が教えてくれた「日拝」という方法だという。これをまぁ忘れない時は、陽子ちゃんとレオンちゃんはほぼ毎日やっている。それをお墓参りにいくタクシーの中で、特に、今、雨を止めてほしいから、陽子ちゃんは自分が言うよりもまだ魂がピュアな子供がお祈りした方がきくだろうといって、レオンちゃんに今お墓参りをするから、どうか雨を止めてくださいと言わせたわけだ。

かくして・・本当にお墓についたその時、ピタリと雨がやんだという。これは陽子ちゃんもタクシーのおじさんもビックリしたという。6月29日の午後3時頃、大雨だったけれど富山市月岡町の方は30分だけ雨が突然止まったことは調べると確かだとわかると思うといっている。

だけど、お墓についたら陽子ちゃんたちは「やっばーい!」と叫んだという。それは陽子ちゃんたちに言わせると、そりゃあ化けて出てもおかしくないレベルにお墓が荒れていたからだ!

これはその時の写真だそうだ。この写真からはマイナスのものはもう出ていないから
今は参考に・・・はずかしいけど、載せてOKだって。
すごい、、やばい感じするでしょう!!


この3つのお墓全部が陽子ちゃんの家のものだそうで、6畳位の大きめのお墓なんだけどね。草がボーボーで、いろんなところが壊れていて、お墓の石もかなりカビがあったり、やばかったらしい・・・
真ん中に備えてあるのはお団子だって。

とりあえず陽子ちゃんとレオンちゃんは、すみませんご先祖様。先にお団子いただいてて下さいって言って、大急ぎで草取りを始めて、それはツルのようになっていたから、とるのが深くて大変だったそうだけど、それまでがっつり雨が降っていたから、逆にスルスル抜けたらしい。

それで草を取っていると少し晴れてきたらしい。でも、いろいろちゃんとお墓までクリーニングする道具はないし、それから駅に帰って新幹線で長野にいって、その日のうちに宿坊に戻らないといけない。小さなホウキではいて、きれいにして「また今度プラちゃんをつれてきて、ちゃんと掃除させますから」って言ったらしい!!

晴れまもでてきて、草をとってちょっとスッキリしたみたい!



陽子ちゃんは数珠の珠の中にご先祖様にはいってもらって、一緒に長野の善光寺の宿坊に行くようにしたそうだ。お墓参りをおえて、タクシーに戻るとまたすぐ雨が降り出して、陽子ちゃんは「レオンちゃん、あまてらすさまは本当にすごいね。」と感謝していたそうだ。

ちなみに陽子ちゃんはわたしたちのアパラのジュエリーを使う人はできるだけ、水晶やメノウとかじゃない、木で出来た数珠をおすすめしている。これは陽子ちゃんので紫檀でできていて、房はポリエステルで2500円の安いものだという。なぜ石の数珠が良くないかというと、例えば水晶は木星の惑星宝石と同じ光線が出ているから、一時的にもそれを着けると、木星の光線が強すぎてしまって、惑星宝石の光線のバランスが崩れるからだって。だからお数珠は紫檀や黒檀、桜、菩提樹とかの木の珠が良いそうだ。房はシルクが良くないのは蚕を殺生してシルクを作るから、本来は仏教では使わないそうだから。(これは私と陽子ちゃんのお数珠)




陽子ちゃんは数珠をいつも御徒町に行く時、左手で持っていっている。それは御徒町は結構前から宝石タウンだけど、石にまとわりつく霊は多くて、いろいろいるからだそうだ。本当はヘソナイトガーネットの大きなものをつけたらいいそうだけど、陽子ちゃんはあえてちょっとお世話になっているものもあるから、ヘソナイトガーネットの大きいのは今はつけないそうだ。


話は旅行のことに戻るけど。
富山から長野へ新幹線で移動した陽子ちゃん達。
今回は浄土宗系の淵之坊というお寺の宿坊だそうだ。陽子ちゃんとレオンちゃんは5時半頃、やっとお寺について、すぐにお風呂に入らせてもらって、ご飯を食べたって。

ここは肉・魚・卵・乳使わない完全ビーガンの精進料理で陽子ちゃんたちは安心して食べられたという。しかも、普通の家庭で作れなさそうなビーガン懐石で、食べられないくらいあったという!
最初これが運ばれてきて、レオンちゃんがご飯はどこだ?っていって。



ご飯は通常は後でくるらしいけど、ほしい人は一緒にって伝えた方がいいよ。レオンちゃんと陽子ちゃんはこのトロロのご飯がすごいおいしかったみたいでまた行きたいと言っている。わたしはあんまりトロロは好きじゃないんだけど・・他の二人は大好きで。



次の日は朝4時半に起きて、5時からお寺で「お朝事」だ。(おあさじ と読む)。宿の人が泊まっている人を集めて案内してくれるんだけど、何とそこに今、まさに指輪のご注文をくれていますという、お客さんがいたんだって!

これがそのお客さんの指輪で!綺麗なピンクサファイアが優しい雰囲気にしていたね!ご供養は一回だけじゃなくて、何かの折に、ずっとし続けることが大切だよ。
きっと良いご縁がちゃんと将来につながるようにお祈りしています!



そのお客さんはご両親が亡くなっているけど、少しふくざつな宗教だから、あまり今までご供養をしたことがないと言っていた。でも、ホロスコープではやっぱりそういう所からのマイナスのエネルギーを受けやすかったりして、とてもきれいな人だというのに、なぜか良縁に到達できなかったそうで。陽子ちゃんはそれを聞いて、じゃあ宗派を問わないといっている善光寺さんで、宿坊に泊まってご先祖様供養をお願いした方がいいですよ。とお話していたらしい。でも、まさかそのお客さんもすぐに行くことにして、同じ日になって、宿坊も20個くらいあるのに同じ宿坊になるとは!陽子ちゃんは朝、お朝事にいくとき、早稲田のTシャツを着ていて、恥ずかしいと思ったらしいけど、そのお客さんもその時、お話したら早稲田出身ですごく嬉しかった、セーフーと言っていた!

まあ、そんなすごい珍しい出会いもあったみたいで!2日後だったらわたしもお会いできたんだけど!ところで、陽子ちゃんはお朝事は何が楽しみかというと、お上人さまという、尼さんのお坊さんにナンマイダーとやってもらうのがたまらないと言っている。
陽子ちゃんが好きなお上人さまは高司せいえい様といって、超高貴な天皇家の出身で、美人なのに尼さんで結婚やいろいろ欲を捨てて仏道にということに憧れがあるらしい。陽子ちゃんはあとでファンクラブに入ってくると言って、善光寺信徒会にはいってきた。袈裟をもらったらしいけど、「やった!早稲田カラーかっこいい!」と言っている。陽子ちゃんは不思議なところにすごくミーハーなんだよね。

あと、善光寺であるミニチュアのおみくじをやったんだけどね、それはお朝事のミニチュアが入っているやつで。
去年は確か香炉が出てきた。



宿の人たちとお朝事でまわっている時、陽子ちゃんはこのガチャみくじをやって、レオンちゃんに「お上人さんでますように」ってグルグル回してもらったら、本当にお上人様のミニチュアがでてきて。宿の人たちも、ちょっとレアだったからわーすごい!って盛り上がったそうだ。陽子ちゃんはこれはきた甲斐があったって言っていた!このお上人さまは、わたしたちのご先祖様コーナーに今かざされている。(の写真は後ででてくるよ)

それから、陽子ちゃんたちは牛さんのところにいって、しばらく座っていたとき、陽子ちゃんが「あれ、この牛さん、すごくハンサムな顔している!」って言ったんだって。




確かに頭がすごくよさそうな顔をしているね!



それでそこで牛のおみくじを開いたら「大吉」だったそうで、皆さんも牛さんをほめたらいいかもって言っていた。

陽子ちゃんたちは、その日は宿をチェックアウトして、史料館は去年いったということで、善光寺の後ろにある城山動物園にいって、レオンちゃんサービスをしたらしい。
でも、ものすごく暑い炎天下の中で、レオンちゃんは楽しんでいたけど結構匂いのある動物の飼育小屋とか、乗り物を下でみているの、しんどかったといっていた。
陽子ちゃんは高所恐怖症だから、こういう乗り物できないからだって。



でも、そこはすごくすいていて、こんな乗り物もレオンちゃん一人のためにおじさんがスイッチオンして、動かしてくれるらしい。ディズニーランドで何十分待ちしてやっと乗れるみたいなやつ、ここでは全く待たないで乗り放題できることは、小さい子がいる人にはすごい、いいところらしいよ!

それから陽子ちゃん達は違うホテルに移動して、土曜日は善光寺で夜に盂蘭盆絵というのに参加して、どらを叩いてお饅頭をもらったり、忍者大門にいって、忍者ごっこをしたり、疲れたらすぐに竹風堂に栗みぞれを食べにいったりしていたらしい。

栗みぞれ、くりのみつをかける、かき氷。陽子ちゃん達は感動して、くりの蜜を2本かって、家でもかき氷をよくやっている。わたしはハワイアンブルーがいいけど。




そしてやっと日曜日の夜、わたしは仕事がおわったあと、長野の陽子ちゃんたちに合流した。わたしは車できてクタクタだったけど、メルパルクというホテルのお風呂がでっかくて、すごく休むことができた。

次の日の朝、5時にお朝事にいかなければ!ということで。

これはもう帰りの時だけどね。陽子ちゃんがピンクのシャツのがわたしで、陽子ちゃんがお上人さんとプラちゃんを撮れたって見せてくれたけど・・・ほぼお上人様だけだね。。



それで、その後、好例の、お朝事おみくじを・・・。
陽子ちゃんとレオンちゃんは「ぜったい一般ピープルでるにきまってるー」と言った。



ところが、貫主さまという、お坊さんのトップの人でたじゃないかー!



っそれはまあ、何だか陽子ちゃんたちに負けなかった気がして、よかったけど・・・ぶっちゃけ、スリランカの人がみたら、ガチャガチャからお坊さんとかでてきて手の中でゲットーとか、本当はあり得ない恐れおおいことなんだけど!!

ちなみに陽子ちゃんはなんでスリランカのお寺はお守りとかおみくじ、作らないの、絶対売れるよ、お寺もやっていくのにお金が必要だから檀家にたよるだけじゃなくて、こういうのやればいいのに!って言うんだよ。確かにそういう気持ちはわかるけど、スリランカの仏教はもっとシビアなんだよ。

朝の善光寺は、お朝事のあとはみんな朝食を食べにいくから、誰もいなくて、すごくすっきりして気持ちがよかった!これは前に香炉があるでしょう。去年はその香炉がおみくじででたんだなあ。やっぱり何度もくることでご縁ができたりして、良いものに出会えるのかなあと思う。




境内を散歩した。



去年は見られなかった蓮の花も今年は見られたなあ。
この時、陽子ちゃんとわたしはそういえばパパラチアがもう1年くらい、優しいピンク色っぽいの、入ってこないねえと言っていた。



あ、あれはスッポンじゃないか?といって、みんなで上ってきたりするのをじっとみたり。そんな平和な時間は楽しかった。



お地蔵さん。スリランカにはないんだよね。でも、日本にいると、いろんなところで優しい顔のお地蔵さんをみると、心が安らぐようになったのはもうわたしもそろそろ日本にきて20年近くだからかなあ。




善光寺は、日本に仏教が入ってきて、かなり最初の方のお寺で、宗派というものができる前のお寺だから、宗派は問わないですよ、みなさんいらっしゃって下さいと言っている。そして、日本の人はみな死ぬと、いろんなところから魂がここに来て、阿弥陀如来様にあげてもらって上にいくというよ。だから、お葬式でお茶碗にご飯を山盛り一杯よそって、お箸をたてるのは、ここの善光寺までくるときの「お弁当」の意味があるんだって!知らなかった!だから、「遠くとも一生に一度はまいれ、善光寺」というのは、死ぬ前に一度ここにきて阿弥陀様に顔を知っておいてもらう意味があるみたいだよ。でも、宗派がないとお経が唱えられないし、だから本当は大勧進(だいかんじん)と大本願(だいほんがん)に分かれているという。大勧進は天台・真言宗系で、大本願は浄土宗・浄土真宗系だという。でも、他の宗派でも気にしないでいらっしゃいと言われている。

それで、特に大本願というところは「女性の幸せ」を願うところだというよ。わたしのお店のお客さんでも、ご注文がくると、陽子ちゃんのところに小さな子供が現れて何かがほしいということがある。それを次の日、お客さんにこういうことを言っている子供がいるのですが、失礼ですが亡くなられている子供さん、いらっしゃいませんか?と聞くと、100%やっぱりいる。それは自然に亡くなっちゃった子や、どうしてもしょうがなくて中絶してしまった子供もいる。なぜ、お客さん自身のところにそういう霊があらわれて、供養をしてほしいと言わないのかと、ずっと陽子ちゃんは思っていたという。だけど、この間また違うところで、やっぱりお客さんの方の親類の方が現れたとき陽子ちゃんはなぜこういつもわたしに訴えるのかといったら、「そのお客さん自身にも、うすうすは気づいているようにしているけど、でも他の人が知らないことを言うからこそ、人はドキっとして、やらなきゃって思うから、だから他人のあなたに伝えている。」ということを言われて、ああ、そうなんだとわかったというよ。特に陽子ちゃんは自分はお母さんだから、子供とかおばあさんとか、私に言ってきやすいのかなあと言っている。

ここは子供の供養をしているところで。陽子ちゃんも自分のご先祖様の中に子供でなくなっている人がいるから、よくお祈りしたんだって。







だけど、わたし午後から仕事で!でも時間があるからレオンちゃん孝行で忍者大門につれていかれて。陽子ちゃんはズボンきれそうーと言っていたけど、大丈夫だった。。
子供がいるとどうしても、えー?まじで?って今ここでそれを言うか?ということいっぱいあるけど、わたしたちはかなり、それに付き合っている!その方が面白いし!





ところで、今回なぜ、こんな風にご先祖様関係のことを詳しく書いているかというと・・・ぶっちゃけ、最近オーダーをしてくれるお客さん、陽子ちゃんに訴えてくる魂がかなり多くなっていて、、、それはどういう時が多いかというと、ホロスコープの作業のとき、陽子ちゃんと先生とわたしでスカイプで、お客さんのホロスコープを項目ごとに話し合いをするんだけど、どうもその先生も霊感がある人で、何かスイッチをオンする。陽子ちゃんもその時「開ける」という。でも陽子ちゃんは「閉じ方」を知らないという。それでホロスコープの話し合いが終わった後、「開いたままになっていて」よく何かが陽子ちゃんに入る。でも簡単なものなら、わたしが払えるということがわかって、うまく成り立っているんだけどね。時にはすごい重いものだと、陽子ちゃんの頭がめちゃめちゃ痛くなって、払うのにめっちゃ時間かかるときがある!!でも、強いものでも入った時、すぐオエっと陽子ちゃんからぬける、お勧めのユーチューブがある。←クリックしてみて。チベット密教のらしいけど、かなり強いものでもこれを1時間くらいかけていると、消えるよ。スリランカのピリットとはぜんぜん違うから、わたしはわからないんだけどね。皆さんも何かきたなという時、これをかけたらいいかもしれない!

それで、わたしは思った。これだけ日本の人はご先祖様方とか亡くなっている親類の方が何かを求めているということは、このブログをみていてくれているお客さんでも、何かご供養が足りないで、助けてほしいとか、行けずに困っている魂が近くにいるかもしれない。あなたは、そういっても自分とは関係ないでしょ!って思うかもしれないけど、でもあなたが今生きていることは、やっぱり親がいて、そのまた親がいて、親戚がいて、結婚したりしてさらにご縁ができて・・そういう中にあなたは生まれて、その人生を歩んでいるわけで。だから自分一人で生きているわけではないね。だから、そういった先祖や自分の血、結婚した人との関係の血縁や、たとえ別れても子供がいたら、別れた人の血縁をついでいる。これは決して切れることはない。だから、自分につながっている人、生きている人も亡くなっている人も幸せなところに迎えるようにお祈りしてあげることが大切だという。それが、時にはすごく迷っていたり苦しんでいる魂が自分に近い縁にあったら、結構そのひとは影響を受けて、原因不明の体の不調が続いたり、車でトラブルや事故にあったり、マイナスの出来事がおきやすいというよ。

これはあくまでも目に見えない世界のお話だから、信じる人が信じればいいお話だよ。このブログは、「一般には」不思議なことをたくさんかくから、色々とバッシング的なメールを受け取ることもある。まぁ大体はわたしの頭がおかしいとか、陽子ちゃんの頭がおかしいとかで。でも、陽子ちゃんに言ったら、「だって本当におかしいのはわかっていることだから、気にしないでいいよ」というけど!

でも、どうかなあ。わたしは最近日本の歴史のマンガをよんでいるけど、昔、卑弥呼っていう女のシャーマンのような人が政治をしていたこともあるんだってね。でも、あの時代の人たちのことを日本人の人は頭がおかしい時代だったと言うだろうか?逆にすごく神聖な歴史のようにわたしは思えたよ。陽子ちゃんによると、科学というものが主流になってきたのは地球の何万年の歴史の中でもほんのやっとこの数百年だけで。それまでは呪術と政治と科学は一つのものだったそうだ。

今は科学というものが全てと考えることが合理的で、わかりやすいと思うけど、科学が発展したことでわたしたちの便利な生活があるけどね。でも、ずっとわたしたちが大切にしてきたことは、目に見えない力だったりするね。日本の神様が日本におりてきて、天皇になって、日本を最初につくって、今日本が続いているというけど、その歴史は2500年位とも言われている。この2500年は世界の中でも唯一の国家だという。でも、それが続いてきた中の2200年は、科学よりも目に見えない力や呪術のようなものが人々の「ものの考え方」のトップにくる考え方だったというね。だからこそ、日本が世界の他のどの国よりも、とてもクリーンで謙虚で、礼儀正しい国で続いてきたのじゃないかなと思う。

最近、上野の国立博物館で「縄文展」をやっていて、御徒町とすごく近いからいってきたんだけど。夏休みに入っていたから、平日だけどすごい人だったよ!
それは1万年前のもので。勾玉のようなものや、たくさんの土偶や呪術に使われたものがたくさん残っている。1万年前だよ。土でできたものが、なぜこれだけ壊れないで残っているのかな?わたしはそれの方が不自然でびっくりしたことだったんだよ。
数千年前の火焔型土器というもの、これは料理に使っただけじゃなくて呪術にも使われている。



わたしは、この素晴らしい模様に驚いたのじゃなくて、やっぱり何故残っているのか?ということに驚いた。でも、それがもしかしたら、わたしは「呪術」に使ったからこそ、それにパワーがあって、だから今に生きているように残っているんじゃないか!って思ったことだよ。それは科学をおしている今の現代に「何かそうじゃないものが大切なんだよ。生きのびる方法、ずっと後世にも続いていくものというのは、こういう目に見えない力を頼りにしたものなんだよ」って教えているんじゃないかって思ったわけだ。

これはお土産の土偶!大きい方は貯金箱になってる!



だから、実はスリランカも近代化が進んでいって、わたしたちが若い頃までは法事といえば、超とおい県からもバスに何時間ものって親戚が集まってご飯を作って、お坊さんにご飯をあげて、近所中の人も何百人きてもビュッフェのようにご飯をあげることが普通だった。わたしもそれが近所であると、いっぱい食べられるから、友達とホイホイ行ったんだよ。でも今は、それがケータリングの時代になっているし、あまりここまで多くの人が集まらなくなっているのは、日本の核家族化が進んでいるようにスリランカも、結構家族と親戚が心が離れてしまっていたりするからだよ。

日本も今は家のお母さんも奥さんもみんな働くようになっているし、日本は女性の経営者さんや先生のような人も多いし、すごく忙しくて、なかなかご先祖様とかなくなって何年の親戚とか、あまり考えることもなくなっているんじゃないかなあ。と思う。でも、ホロスコープでラーフの位置がすごく良いところに現れていて、ケートゥも完璧良いご加護があるよっていう人、今まで本当になかなかいない!それはどういうことかというと、ホロスコープでのラーフは自分のカルマを表している。カルマというのは自分が前世どんなことをして、どういう人生の課題が今生にあるか、だから今あなたはそこに生まれているということだけどね。例えばわたしは、ものすごく貧しい国の貧しい家庭の長男に生まれた。それはスリランカでは、わたしが前世もしかしたら貧しい人をこき使っていた人だったからかもしれない。だから、わたしはホロスコープでは、今生は、水瓶座でカーストはスードラで「使われる人」という意味に生まれているし、子供時代はご飯をお腹いっぱい食べた記憶がない。これは何百回もある、わたしの前世でつくりあげたカルマだと思う。でもわたしは良いこともしたと思う。だから20歳になってから日本にこれて、大学にもいけて、こんな誰も持ったことがないようなナチュラルの宝石の仕事をさせてもらうような運命をもらうことができたと思う。

これがラーフの影響で生まれもったものだ。ラーフは88%は凶だから、大体のお客さんのホロスコープではやっぱり何か多かれ少なかれ、ラーフのアパラがある。(でも、ラーフのちょうど良い時に生まれた誕生地から移動すると、その影響を抑えることができるとかもあるんだけど)。でも、だから、ということは、ご先祖様とかなくなっている縁の人からの影響というのは、皆もっているものだと思う。

でもそれがあっても、まあ普通の日本の人は、10代、20才くらいまでは何も気にしないできても、お墓参りとか法事とかそういったことを気にしないできても、努力すれば報われる、自分の思い通りの人生を走っていくこともできる。それはある程度、日本の神様のお守りもあるんじゃないかと思う。あとは、ご先祖様もやっぱり子孫がかわいいから、子孫として生まれてから、愛情深くみているし、大切に思っているからだと思う。でも20才以上くらいになると、まあ可愛いと思っていた孫もにくたらしくなったり、いろいろワガママをみたりすると、腹立たしく思うでしょう。そういう風にちゃんとご先祖様たちも、子孫にちゃんとしてほしいと思うから、はらはら、いらいらして見ていたりして、心配で良い所に迎えなくなってしまったりすることもある。また、きちんと法事をしてくれていなければ、亡くなっている魂も良いところにいけないから、ウロウロ迷っている。そういう影響は自分に相互の関係で、なにか、くることが多いと思う。


わたしは原因不明の病気とかは、かなりの確率でこういう目に見えない影響を受けているからじゃないのかなあって思うんだけどね。あとは昔からのお金持ちだった家は、その周りの家からも嫉妬を受けていたりすることもあるよ。そういったものを受けやすい人は受けてしまうこともあるんだね。


だから、わたしたちは先祖や亡くなっているご縁の人が良い所に迎えるように「わたしもちゃんと自分を仏教を学んで律していきます。だから皆さんもここでの執着をあまりもたないで、わたしたちのことは気にしないで自分で自分の良い輪廻を目指していってください」という意味で、ご供養をすることが大切と思う。スリランカの場合は、特に亡くなっている人がもっと良い輪廻にめぐることができるように功徳をあげるということがある。それは例えばわたしのお母さんは8年前亡くなったけど、良い輪廻にいけるように、わたしのお母さんは自分も貧しかったから、特に貧しい人を助けたりした人ではなかったから、わたしがお母さんの代わりに貧しい人に今いろいろ施しをすることで、その功徳をお母さんにわけてあげて、それをお母さんがポイントゲットみたいに受け取って、良いところに生まれ変わることができるーーということをしている。

それで、わたしのお母さんは8年前亡くなったんだけど、みなさんのお陰で、その後たくさんの人にご飯や物資をわけてあげたり、色々することができた。で・・・陽子ちゃんがそろそろ生まれ変わる頃だといっていたのが去年で。その後、わたしの弟は子供ができた。弟の子供は、今9才だから、その次の子供としては、ずいぶん離れているでしょう。実は、陽子ちゃんがわたしのお母さんが火葬されるとき、縁者になるように自分のダイヤモンドのピアスをあげて、わたしのお腹にまた生まれてきなさいと言ったんだって。でも、その時レオンちゃんがお腹にいたことを陽子ちゃんは知らなかった。そしてレオンちゃんが生まれた後、あまりにも子育てが大変だから、わたしのアンマに「あーごめん!やっぱうちは無理だから、あっちに生まれて」って言ったんだって!!!
それで陽子ちゃんがわたしの弟に赤ちゃんができた時、絶対女の子だから。アンマくるからって言った。

そしてやっぱり女の子が生まれた。つい先月くらいのことだよ。陽子ちゃんは何でこういうことがわかるの?といったら、えへへーチベット死者の書とか20年前に読んで、ダライラマの生まれ変わりの研究をしていたからだよといった。密教のことはもう信じられないようなすごいこともあるらしい・・・!!

まぁ。。これは信じる信じないおまかせですけど、わたしはこういうことはよくあって。今度のスリランカ行きのプランも、こういうご供養や神様関係のルートになっている!
だから皆さんが送ってくれたお金は大切に良い巡りの中で使うことができると思う。
それが皆さんに必ず届くんじゃないかと思う。


というわけで、今回のブログはもうすぐお盆ということで、今の皆さんが幸せになるためには、自分の縁があった亡くなっている人のために、できることをした方が良いですよというお話だ。あまり熱心にやる必要はないけど、ちゃんと大人の人間としてということだ。

・特に自分は「結婚したいのにご縁がない」人。
・子供がほしいと思っていて、なかなか出来ない人。
・「自律神経や原因がはっきりしない病気でずっと苦しんでいる人」
・家の中で、結婚相手や親族と喧嘩がすごい起きる人。
・時計が狂いやすかったり、電化製品が壊れやすい人。
・食器がよく割れる人。
・子供がせきとか呼吸器の病気にかかりやすい人。
・仕事でいやな上司、同僚とかなぜか、うまが合わない
いやな巡り合わせの人間関係で苦労している人。

もしこういう悩みがあったら、結婚していない人は自分の名前の縁だけ。結婚している人は相手の人の家もふくめて2つの家のこと。結婚していて離婚した人は、実家の方の家だけ。離婚していて子供がいる人は自分の実家と元の伴侶の家ので2つの家のこと。

これをちゃんとご供養してあげてください。
お墓にすぐに行けない人はお仏壇まではいかなくても、自分でコーナーをつくって!

これは陽子ちゃんの家の方。
お花・お水・お香できたら蝋燭立て。毎日じゃなくてもご飯。
お花は前は陽子ちゃんはバラとかもお供えしていたんだけど、
ほんとはとげがあるバラとかは良くないらしい。
蝋燭の火はご先祖様の魂が歩く道を照らしてくれているそうだ。




いろいろ親戚が複雑だったりして、お墓のクリーニングとかを大々的に自分で勝手にできない人とかもいるでしょう。陽子ちゃんもそうらしくて、だけどご先祖様は陽子ちゃんにこうしてほしいと言うから、そのことをしている。それは善光寺の阿弥陀様のところへということだった。
だから、陽子ちゃんが泊まった淵之坊さんで「ご回向(えこう)」という形で、ご供養をお願いしたという。陽子ちゃんは1万円払って、家内安全もお願いしたというけど、そうするとお寺から「授与品」というものをもらえるんだって。

その中で陽子ちゃんが「えーー!」とびっくりしたのがこれ。



↑真ん中の金色の仏像のコインみたいなのがあるでしょう。それが入っていた後ろの水色の袋に「奉 開眼」と書いてあるという。前のブログで紹介した漫画を読んだことがある人は、「開眼」っていうことがどれだけ、神秘的なことがわかると思う!そう、なかなかできることではないわけだ。でも「これは開眼してありますよ」って書いてあるものをもらって、陽子ちゃんは初開眼されている仏像だ~といって、すごい嬉しいと言っていた!この蝋燭も、特別なお客さんからいただいたものだよ。本当にありがとう!!

ところで、これは何かというと・・・善光寺で買った一光三尊阿弥陀如来様の御影という。ご先祖様が「金色の」といっていたから、善光寺で買ったんだという。3500円だったというけど、陽子ちゃんはこういうのは本当に「ちゃんとやっているか」どうかはにおいでわかるというらしいけど、あの陽子ちゃんの尊敬する高司お上人様は気高いお香の香りがするんだって。善光寺の境内の中のお店でこれを見つけた時、そのお香とおなじにおいがして、これはちゃんとやってるなあと思って買ったという。

しかも、陽子ちゃんのご先祖さまは、北陸の人だからか、「金色」が好きだからだ。この「金」の話はまたあとにつづくよ。

陽子ちゃんが29日のお朝事でもらったお上人様とわたしが月曜日のお朝事でもらった貫主様のお人形。。真ん中のおりんは去年違うバージョンおみくじでもらったものと思う。これは全部そろえたくなるね!でも、欲をもってやると同じのが2回でることもあるかもしれないし、、来年までまつかなあ!



ところで上の写真で布団に入って寝ているのは何かっていうと、ひとにぎり地蔵といって、善光寺の大本願でお香の灰でつくったお地蔵様で。つらい時、握れるような形をしているよ。

これがおおもとので。お上人さまがお経を唱えて作ってくれたから良いものだと言っている。



陽子ちゃんはこれを、わたしのお店で勾玉を作っている職人さんにもあげたの。そうしたら、その職人さんもちょっと霊的なものを感じる人で、時々依頼によっては、体が重くなって作れなくなっちゃう時があるという。そのときにこのお地蔵さんを思い出して、握ってしばらくしたら、体が軽くなって作れるようになったー、これ、効きますよ、ありがとうござます!って言われたんだって。それを聞いて陽子ちゃんはマジかい~もっと買ってきたら良かったと言っている。まだ売っているかもしれないから、皆さんも大本願にいってみて!

それから、これは違う日に。ご飯をお供えしている。
最近、なぜかお客さんのご先祖様のでもご飯を欲しがっている方が何人かいるという。




それはこの8月のこの時期と関係あるんだなあと言っている。それがお盆ということと、戦争のこともあって、やっぱりご先祖様の中には戦争を経験していたり、ご飯をお腹いっぱい食べられないで、つらい中で亡くなっている魂もあるから、皆さん今生きているということは必ず、必ず戦争の時に生きていた、あなたの血をつないでくれた人がいるからでしょう。だから、その人たちのためにも自分は関係ないと思わないで、今あなたがご飯をお腹いっぱい食べられるなら、ご飯をお供えしてあげてといっている。


何か月か前、陽子ちゃんと前になにげなく始まった戦争の時のドラマをみていたんだけどね。それはタイトルは忘れちゃったけど、戦争で満州に何百万人も日本からいったけど、その家族もそこにいっていて、戦争が終わった時、その人たちは中国から日本に帰れないでいた。それで日本人ということで、大変なすごい迫害を受けたり、ものすごく貧しくていきるか死ぬかの生活だったという。その人たちは170万人もいて、日本に何とかして帰す計画を実行したのが丸山邦雄さん、武蔵正道という人たち3人だったという。この3人はまず、自分たちが日本になんとかして帰って、マッカーサーや吉田茂とかと交渉をして、満州に残っている人の引き上げを進めるというドラマだった。それで最終的に残っている人たちを日本に帰らせることができることが決まって、それを中国の各地の日本人に伝えたり、いろいろ橋渡しをしに中国にまた行く人が必要だった。その役を、武蔵正道さんが自分がいくと言った。その人は中国人みたいに中国語もできるし、結婚していなくて家族がいなかったから、自由に動けるからだ。というのは逆をいうと死んだり何かあっても・・じぶんなら大丈夫だからということで志願したわけだ。せっかく満州から日本に戻れたのに満州に残っている人たちのために満州に戻ったんだけど。そこで、途中でやっぱりスパイと間違えられて2ヶ月くらい、中国に捕まって、電気ショックや水責めとか、ありとあらゆる拷問を受けた!!でも何かのきっかけで罪がないとわかって、解放されるんだけどね。
とにかく本当にひどい、もし私だったら死んでいただろうという位だった。でも、その、武蔵さんという人がいたから、拷問に耐えてくれたり、いろいろ尽力してくれたから、満州に残っていた苦しい日本人が全員、日本に帰れたのかもいれないと初めて知ったわけだ。こういう話はわたしは全く知らないし、あのドラマはひきこまれた。

そして、一番驚いたのは陽子ちゃんだった。
なぜなら陽子ちゃんはお父さんの戸籍をまえにみたとき、お父さんが生まれた所は満州と書いてあったからだ。

これはその武蔵さんが書いた本で。



これにはその当時、満州に残っていた人がいかに大変だったか、アワとか穀物を入れるズタ袋を体に巻いて、服にして何とか生きていた人がいたとか、いろいろ書いてあったそうだ。もちろん、たくさんの人が栄養失調とか病気でなくなっている。でも、なんとか陽子ちゃんのお父さんは満州で生まれて、日本に帰ってこれたんだよね。でも、もし武蔵さんたち3人がいなかったら、日本に帰ってこられなかったもしれない。陽子ちゃんのお父さんは小さいまま、そこで死んでいたかもしれないということがわかったそうだ。だとしたら、今の陽子ちゃんはここにはいない。

何気なくみていたドラマで、その中で拷問や極限の状況で交渉をしてくれた人がいるからこそ、今自分の「生」があると知って、陽子ちゃんはさすがに驚いて、それで本を買ったわけ。
だから、やっぱり自分は遠い昔の、誰かのおかげで生きている。親が亡くなっている人でも自分のご先祖様がどんな人かわからなくても、必ず誰かのおかげだね。
それで、どうもお盆は不思議なんだけど。陽子ちゃんに訴えてくるゆかりの人も多いみたいで。これは、ブログを見てもらっている皆さんも、ぜひどこかのお寺で「ご回向」をお願いしたりすると、きっとご先祖様も喜んで、あなたに優しい力をくれると思うからということで、ここに書かせてもらっているよ。


だって、そこからじゃないか。まずホロスコープであなた自身の人生を作り上げていくのは、そういうあなたのバックグラウンドを綺麗に整えてあげて、やっとスタート地点にたてるんじゃないかな!そうすることで、ちゃんと子孫がつながっていく流れをつくることで、赤ちゃんができたり、結婚相手が見つかって「家庭」ができていくでしょう。そこからがまた結婚した夫婦の間でいろいろ勉強することがあったり、子育てで勉強することがあったり、家庭の成長があるわけで問題もたくさん出てくる。そこに対処するのがアパラムッダだからね。

もう年齢が上がっていて、自分はもう結婚している。
子供はいないという人は、じゃあこれから自分は老人になっていく時、どういう生き方ができるか、それもやっぱりマインドの疾患=認知症とかは、スリランカではラーフの問題と密接な関係があるよ。だから、ちゃんとご供養をすることが自分の親や、自分自身のマインドを老人になってもしっかり保つ働きもある。

自分は結婚している。子供がいる人はその子供が元気でやりたい道で活躍できるように成長させていけるかどうかも、やっぱり目に見えない所でご先祖様も守ってくれているかどうか、逆に亡くなっている血縁者が良いところに行かれないでうろうろしていると、足かせになるようにつらいと言ってぶら下がってしまうし、そういう全てが関わってくる、と思う。

だから、やっぱり皆さん、どうか縁のある亡くなっている人がそれぞれ良いところに行けるように、この時期は特に考えてできることをやってあげましょう。

わたしもスリランカに行く前に、陽子ちゃんの名前のお墓参りにいくことになっている。もちろんお金も時間もかかることだよ。でも、わたしは電話でお寺や業者にクリーニングや供養をお願いしても意味がないことをわかっている。だから、日本はお墓のある国だから、ちゃんと自分でいくこと。それとわたしなりの仏教のお経を唱えてこようと思っている。実はそれを楽しみにしてくれている魂もいるそうで!ありがたいでしょう!


ちなみにこれは何度も繰り返しになるけど、何で亡くなった魂はお経を必要としているかというと、それは亡くなった魂が、なぜまだゆくべき所へ迎えないかといえば、それは欲があるからだ。仏教のお経は「欲に気がついて、欲を抑え、自分を無我にしていきましょう」そうすることで「苦しい輪廻から離れて涅槃に到達できますよ」と説いているからだ。でも、そうみんな涅槃にいけないから、とりあえず次の輪廻に向かうでしょう。仏教では六道あって、輪廻のゆく先は人間界もあれば、動物の畜生道や餓鬼道、地獄とかもある。そこの振り分けをするのはブッダじゃないからね!それが日本では阿弥陀如来様だったり、聞き分けがない魂には不動妙王とか色々と仏教界を支える神様的な役があるということだという。スリランカでは閻魔様はヤマと言われて、すごく怖い存在だったけど、、善光寺には大きな閻魔様像があって、みるたびに私はあれだけは本当に怖いけど・・・


日本は本当に不思議な国で。
わたしにとっては、やっぱりわたしが生まれた国ではブッダ、ゴータマ・シッダルタという「人」はトップにいる存在で。まぁ、ガネーシャ信仰とかいろいろミックスはあるけど、わたしの中でブッダは誰がなにを言っても全ての根本にある。

でも日本では神社があって神様がいる。
じゃあ、神様だけを信じていたら幸せになれるんじゃないかと思うかもしれない。でも、日本は紀元後6世紀位のとき、仏教が日本に伝わって、神道をだけを信じる派閥と仏教を信じる派閥があって、戦いが起きたんだよね。
でも、仏教の教えを聞いて、天皇がこの国の人の心を整えて、欲望をちゃんと自律して、努力ができるようになるためには仏教というものは大切なものだと思った。それは国を栄えさせていくためにはこの教えも必要だとわかったからだ。それは皇極天皇という、女性の天皇だというよ。その天皇が百済から伝わった、金色の三尊如来さまの仏像をおまつりするためのお寺を造りなさいと指示したのが金の仏像を発見した、本田善光さんという人で、だから善光寺というんだって。

ちなみにこの三尊如来様の仏像は、「えんぶだごん」という竜宮にある金で出来ているんだって。それが日本に伝わって善光寺にある秘仏となっているらしい・・・



あーーこの辺のお話をしたかったんだけど、スリランカで聞いていた名前とかなり違って、どの話かわからない!!これはスリランカでお坊さんと事実確認ができたら、またお話するよ!もし早く知りたい人は善光寺の大本願にいって「善光寺さま」という漫画を700円で買ってね!


でも、やっぱり今も台風が近づいているけど、本当に最近は自然の災害が多いでしょう。それは、まぁ宗教を研究していた陽子ちゃんにきくと、どうしても天災は「神様」の領域だという。だから、お墓参りの時、大雨だとどうしてもつらいから、雨をどうか止めてほしいとお願いするのは日本人であれば、日本の神社の神様だという。一番わかりやすいトップの神様は「天照大御神様」だというね。

それと、日本の神様は日本を繁栄させたいと思っているから、個人の家が豊かになっていくこと、それと会社を活気づけたり、ちゃんとご先祖様とかを供養をした上でだけど、良縁をつなげてくれるのも神様、元気な赤ちゃんを産ませるのも神様、どこの地域に生まれるかというのも、日本では産土神様というのが管轄するというね。これはすごく面白いなあと思うけど。

でも、やっぱりこれは本当だと思う。だってわたしは長野県の戸隠神社にいってから、長野県からのお仕事をもらえたりするようになったから。そして○○神社というところへいくと、その名前の○○市から次の日にもう依頼が入ることも数え切れないくらいあって。これは日本の神様が力を見せているとしか思えない。
だから、わたしは日本にいるから、わたしを守ってもらって、またこのジュエリーのお仕事は、ものすごい大きな額のお金を預かることになるから、すべての責任があるから自分も健康で安全にいないといけない。それは自分がちゃんと、自分がもって生まれてしまったアパラをくつがえす惑星の宝石をつけることと、自分が天災や災害に巻き込まれないように、これは神様にお願いをするしかない。だから、あの日七夕の日、わたしたちは神社に行った。

あの日、台風がくると言われていたし、大雨になるはずだったけど、七夕をお祝いする近所の神社はたくさんの人が集まって、祝詞をあげて、お祝いをしていた。

考えてみると、あの日、数時間後に何百キロ離れた地域では大きな水害で大変なことになったのは、本当に信じられないことだ。同じ国なのに。
これはいつでも大丈夫だと思わないで、気を付けていないといけないね。



でも陽子ちゃんは水、水、水害のことが頭から離れなくて、わたしたちが住んでいる地域も昔は河川の氾濫があったこともあるから、神様にお祈りをして、言葉をきかねばといって。水みくじをした。

大吉でわたしと陽子ちゃんは少しほっとした。
でも気をつけないと欲を出してはいけないということだ。



そしてあの日、七夕の午前中、とても珍しい宝石が届いた!!!



それが「スリランカ産非加熱パパラチアサファイア」だった。

これはスリランカで採れたばかりで、とにかく、、早く送ってもらったもので。わたしたちは日本でいくらとても美しい色をしていても、「パパラチア」であると判定されるかどうかは難しいということも知っていた。でも、届いたものは陽子ちゃんは「これはどうひっくり返っても、スリランカ産非加熱パパラチアだよ」といった。

それでやっぱり。
その通り、日独宝石研究所でも非加熱スリランカ産パパラチアだった!



七夕の日に届いたパパラチアサファイアは、皆さんにメルマガをしようかと思ったけど、、でも1年くらい前から予約をしているお客さんがいたんだ。だから、これはあのお客さんにご連絡させてもらうことになったんだけどね。本当にそれくらい今はパパラチアは入手できなくなってしまっている。欲しい人はできたら予約をしてほしい。

わたしたちはそれが自分のものになるわけじゃないけど、七夕の日にパパラチアが届いたことは、とてもありがたい運命の宝石だったと思った。
それは一週間前位に、善光寺でみた蓮の花のところでパパラチアはどうかな。と言っていたでしょう。その2日後くらいにスリランカから「たぶんパパラチアでいけるのがでたからすぐ送るーー」と連絡があって、普通は税関とかでペンディングなるし、7日~10日位かかるっこともあるのに、あれはわずか4日で届いたんだよ。

これはやっぱり最近はわたしたちも、40才をすぎて、そろそろいい年のおじさんとおばさんになっていって、やっぱり、もうそろそろ神仏をちゃんと敬うべき年齢になっていったのかなあと。そういった目に見えないものへの感謝の気持ちは、普段の仕事や日々まわるような仕事よりも大切なことでもあって、お金と時間をかけて神仏を大切にするための行為が大切であると気づいて、実行しはじめてきたことが、最近はちょっと実りになって、助けてもらったり、時々ご褒美をもらえるようになったのかなあと思う。


だから、皆さんにもおすすめしたいと思う。
あと、陽子ちゃんが言うには、、災害は宗教的にも経済社会学的にも、肉食が増えることで多くなるよと言っている。それは畜産をするためにその餌の穀物を育てるのも水とお金、土地が必要だし、畜産をしていると、どうしてもフンやゲップ!からのメタンガスが増えてCO2が増えるらしい。これは車とかの排ガスどころの比の話ではないらしい。そしてお肉にするときの血液や体液を洗い流す水からの水質汚染もすごいらしい。この環境破壊は、やっぱりCO2が増えて温暖化していっていることで、日本も熱帯化して、今までは無かったスコールのような豪雨も増えるし、災害が起やすくなるでしょう。

そして、宗教的には日本の神道の神様は本当は牛と豚をとても大切にしている。仏教の善光寺の牛さんもやっぱり観音様の化身だったでしょう。世界でも牛=神様というのはすごく多いんじゃないかな。でも、日本はあまりにもそれを命と思わないで食べ物とみてしまっている所が強くなっているという。これはやっぱり神様から好かれないようになる。
善光寺の宿坊のお寺でも精進料理を食べて、朝行をすることで少しでも自分より崇高な仏とつながることができるとするからだ。神社の神道は、特に大切な神事を行うとき、神官は精進潔斎をすることで神様とやっと通じることができるとしている。だから、もしあなたの状況が「どうか神様お助けください」と思う状況だったら、命を頂かないで野菜を食べるということは大切なことだと思っている。たんぱく質は豆でたくさんとれるよ!わたしも仕事の関係者とかではどうしてもラーメンとか食べにいこうと言われて断れないときあるんだけどね。。でも陽子ちゃんは、まぁ100%に近いくらい、クリーンです。お客さんの宝石をジュエリーの石の配置を指で直接さわるのは陽子ちゃんだから、安心して下さい!といっているよ。

というわけで、この時期、また台風も近づいているし、自分たちのすんでいるところも、またご縁のあるお客さんも守ってもらいたいから、神社に行ける時はいくよ。
これは陽子ちゃんが、あ、この龍神様生きてるっ!プラちゃんそこで写真とってあげるよって言った時。

ごめんなさい、、わたしは心の中で、えーほんと?と思った顔しちゃってて。。でも、撮ってくれた写真をみたら、なんか、、まじで何も言えなかった。日本にも良い龍神さま、そうじゃない神様いるそうだけど、神社にいってすーっと気持ちいい風が吹いたら、良いご神気があるということだよ。




という話で進めてきたけど。
皆さんも、きっとぶっちゃけもう良い年齢だと思う!
10代や20代前半みたいに欲望の思うままに、自分は一人でなりあがったみたに思っていたらいけないね。
今あるのはご先祖様やそのつながりがあるからだ。
そして、今自分が災害が起きているにも関わらず、とても安全なところに住めて、おいしいご飯を食べられているなら、とても幸せだということ、神様に感謝していきましょう。もし、あなたが幸せなら、それを誰かに分けてあげて。でももっと自分で頑張らなきゃってわかっているなら、今年は火の神様の年だから、努力も報われやすいというから・・・お互いがんばりましょう!!!

ありがとうございました。
とりあえず、お盆が近いので、どうか皆さんと
その縁の魂のみなさまも含めて、
幸せなお盆を迎えられますように。

ありがとうございました。






火之神様の接近?

皆さんこんにちは!
長くブログを更新できなくてごめんなさい。
いろいろ書きたいことがたくさんあったんだけど・・・

まずは大阪で大きな地震がおきて、亡くなられた方もいたくらいだから、
本当に怖かったんじゃないかな・・・
まだガスが復旧していないみたいだし、とても大変だと思う。
きっとこれを見にきてくれる方でも大阪の人はいると思うけど、ライフラインが復旧した後でも、東日本のときはしょっちゅう震度4くらいのが余震で続いていたし、わたしたちもすごく緊張して過ごしていたのを覚えている。
それよりまた来たらどうしようって思って心配もあると思う。
とにかく、いろいろ仕事や勉強とかやらないといけないこともあると思うけど、でも、もうここはとにかくしばらくは安全第一に考えて、あと自分の心も弱ってしまわないように疲れないようにしてほしいなあと思っている。

それと、やっぱり去年秋から、陽子ちゃんが2018年は火の神様の年だから・・・ということで、陽子ちゃんが遅くなるといけないからと言って、わたしたちは去年9月に長野県の戸隠の火の御子社という神社に行って、お参りしてきたんだけど・・・このブログでもとにかく2018年は火事・火山の噴火・地震・新幹線と電車の事故に注意ということを何度も言ってきたと思う。

それが本当にあっちこっち、今まで起きたことがないような長い火事が起きたり(カリフォルニアや日本でも)、火山は白根山や、ハワイ、最近ではグアマテラでも100人以上の死者が出てしまったり。。地震も大阪もそうだけど、、やっぱり今まで起きたところがないような所で起きるようになってきたね。

新幹線の事故はあまりにも多すぎて、数え切れないくらいでどうしてかと思うかもしれないけど・・・この間も武器で切りつけられるような、そんな恐ろしい事件があって、今まで安全だと思っていた新幹線の中も、なんか乗るのが怖いくらいになってきたと思う。今回のブログはこれからの危機管理とか、自分をどうしようもない力から守ってもらうためにできることを考えて、4月、5月、6月のわたしたちの生活ともからめて、3か月分くらいの分量でここにかいていくよ!!かなり長くなるから、何パートにわけようと思ったけど、なんかできなくって!すみません。
結構大事なこともかいていこうと思うから、2回くらい読んでくれたらなあと思っている。

まずはちょっとわたしたちの生活のことで。この間、5月はオーストラリアから友達がきて、一緒に富士山にいってきたよ!
といってもスリランカ人で、オーストラリアでエンジニアをしていて、わたしの村の学校から一緒だった友達が赤ちゃんと2才の女の子を連れてきた。

陽子ちゃんによると、古神道では富士山の上空10キロあたりの所に富士神界という、神様の世界があって、日本を守っているらしい。
これはわたしの車の窓から。ブドゥサラナイと貼ってある!
(仏陀のご加護がありますようにって)



陽子ちゃんは極度の車酔い体質だから、レオンちゃんと一緒に新幹線でいった。
というのは陽子ちゃんとレオンちゃんは新幹線乗り場のラーメンが食べたいからって!

東京駅の新幹線のりばのすぐ前にT‘sたんたんという、完全に動物性食品を使っていない、ヴィーガンのラーメン屋さんがある。これは前にも紹介したけど、そこでラーメンを食べて、カップラーメンも何個がゲットして旅行にもっていく。なぜかというと、陽子ちゃんとレオンちゃんは特にヴィーガンだからホテルのご飯とか旅先でもあまり食べるものがないことが多くて、自分でいろいろ持っていかないといけないからだ。
わたしは、結構警察の関係者さんとかが、ラーメン食べにいこうとか行ってくれたりする時、なかなか断れないし、そういう時は動物性は気にしないで頂きます。



左のパンみたいなのは、東京駅のそのラーメン屋さんのななめ前あたりに「ラテール」というパン屋さんがあって、陽子ちゃんたちは乳製品と卵を使っていない、クリームパン(玄米入り)が売っていて、それもゲットして、しかも帰るときもそこで買ってくるんだって。
陽子ちゃん達はかなりのヴィーガンで、小麦のグルテンもちょっと気にして多く摂取しないようにしているけど、旅行のときは大変だから許容しているらしい。

富士山のところには富士浅間神社本宮というのがあって、全国の浅間神社のトップのところらしくて、これはわたしがいろいろ神様のことをあれこれ友達に説明しているところ。ここはこのはなさくや姫という神様のところらしい。
陽子ちゃんが変なショットをとったね!



おみくじをひいたら大吉だったよ!



冬のようだったところに輝く幸せがくる。でも、油断しないでって書いてあるね!



確かにここにいったのは5月頃だったんだけど、なかなか非加熱の宝石が今年はルビー以外が入荷するのが難しくなっていて、スリランカ産のサファイアとかももう無理かなあと思っていた時。でも、この富士山のあとどどどと非加熱のサファイアやルビーもどんどん入荷できて、幸せが見えてきた!

でも、油断しないでって書いてあったのはものすごく思い当たるところがあった。。
実は、この間このお店でお客さんに迷惑をかけてしまうミスをしてしまった。
それは、この指輪の裏側にお客さんの二人の娘さんのお名前を入れるのをお願いされていたのに・・・陽子ちゃんのオーダーシートには書いてあって、製作もわかっていたはずなのに・・・なぜかわたしも陽子ちゃんもスタッフも皆それだけ抜けてしまって、お客さんにお届けして初めて気づいたことがあった!!!こんなことはここ10年くらいずっと無かったミスなのに・・・わたしもやっぱりもっと時間をかけてチェックしたり、管理したりしないとだめだなあとひやっとした出来事だった。
あのときはお客さんに謝って、すぐに返送をしてもらってごめんなさい。

でも、わたしたちはこういう時はそれにプラスαをしてお返ししないとというのが陽子ちゃんルールだから、娘さんお二人の名前の脇にピンクダイヤモンドを入れた!小さなメレダイヤだけど、陽子ちゃんがお詫びの気持ちをこめて、御徒町にダイヤを選びに行って、娘さんのお名前刻印とメレダイヤを留めてもあったよ!

これです。ほんとにごめんなさい・・・!!!



この指輪はスリランカ産のコーンフラワーブルーに近い、
すごくきれいな非加熱ブルーサファイアだった!
デザインはプラチナのベースに、メレダイヤの部分だけ、地金をイエローゴールドを埋め込んでいるという、ちょっと珍しいパターンで。
実物では、ゴールドが少しアクセントになっている感じでおしゃれな指輪になった!



お子さん二人もきっと可愛く育っているんだろうなあ。
家族みんなで楽しい時間を増やして、成長していってね!
お母さんも土星の忍耐力をもらって、今頑張れる用に応援しています!

時々石留めのとき、石が割れちゃったりすることもあって。そういう時は総動員でそれ以上の石を探して、留めるようにしている!だから結局はお客さんが得をする感じになるけど、それも色々運命が働くんだなあと思っている。

これはお客さんの息子さんのボックスタイプのリングペンダントだけど。
この一番下のはアレキサンドライトで、実はこのお母さんの指輪からとったの。
その指輪をつくるとき、もう少し薄い色のアレキを入れていたんだけど、製作途中に割れちゃったから、もっと濃い、高品質のアレキを探して入れた!だからお客さんの指輪からもきれいに外せて、お子さんのペンダントに石留めをしても大丈夫だと判断できて、こういう風にできた。ちなみに石の移動はお母さん→子供にはきちんと浄化をすればOKだけど、奥さん→旦那さんとかはだめらしい。
これは息子くんはご兄弟だから、また後で2つセットで紹介させて頂きます!



ちなみにこの時、静岡ではホビーショーという、マニアの間では有名なおもちゃショーみたいのがあって、それも行ってきた!



戦車!はじめて本物をみたよ!外には本物の自衛隊の人と戦車がきていて、ちょっと迫力すごかった!!レオンちゃんは陽子ちゃんのお友達からもらった入学祝いのお金で早速ロシアとアメリカの動く戦車を2台買った!



とにかく、お兄さんとおじさんのおまつり。そういえばわたしもおじさんだった。



あとで陽子ちゃんのお兄ちゃんがうらやましがっていた。死ぬほどたくさんの種類のガンダム。



陽子ちゃんはこういうジオラマとかミニチュア大好きだから、それも楽しんでいたよ。



そうだ、忘れたらいけない。スリランカのフェアトレードのお店。テーボムにもいった!
店長さんの後ろのガラス扉の絵は、ガラス屋さんが1000円で書いてくれたんだって!
っていうか、スリランカ人が描いたみたいな絵によくかけたなあって、陽子ちゃんが驚いていた。
(クリックしたら、楽天のテーボムのお店。)



普通のフェアトレードのお店は3年くらいでつぶれることが多いんだって。
でもこのお店は7年だったかなあ。しかも今年から事務の女の子を雇ったり、発展がきけてうれしかったよ!
スリランカの雑貨コーナー、すかすかになっているのは陽子ちゃんがたくさん買ったからだよ。



というわけで、オーストラリアからの友達は静岡を案内して、東京の方に戻ってあとはいろいろ浅草とか、箱根とかを楽しんだらしい。

わたしたちは静岡からかえってすぐ運動会で・・・!



陽子ちゃんはわーーきっついわ。と言っていた。なにがというと、小学校の運動会だとやっぱり本気で競うでしょう!それで、その親もいろいろつけて来ているんだって!それが何千何百もいて、しかももともと学校はどうもお墓とか昔から何かあった場所にたてられていることが多いから、餓鬼が多いという。いろいろな私利私欲を感じる戦のような競技の中に、もちろん神様もいてその場を守ったりもするんだというけど、餓鬼も沸いてでてきてしまうという。
陽子ちゃんはわたしたちのテントにあ、、きた!と言って、すぐバッグの中から、抹茶のあめ玉を出して、1個あけて、フッと手の平から息をふきかけて、地面になげた!

わたしは陽子ちゃんがまた魔女みたいなことをやったと思った。でも、あとで陽子ちゃんのお兄ちゃんが送ってくれた漫画をみて、その漫画は、わたしは日本の仏教世界の大変なことを知っちゃったなあと思って、夢中で読んだんだけど、、その中にも
お施餓鬼という方法で、飴を一粒やって自分に災いがこない方法があって、わたしはビックリした!!陽子ちゃんは自然とああゆうことをするのは陽子ちゃんが前世はお坊さんみたいなのだったんじゃないかなあと思う。





ちなみに、陽子ちゃんはいよいよ霊性がやばくなってきて、お客さんのご注文と同時にそのお客さんにゆかりのある亡くなっている人がくるようになってしまった。
たとえばそれは憑依という形で、陽子ちゃんが頭が痛いとぶっ倒れて、ベッドでうんうん言っているから、わたしはピリットを言うと待ってましたみたいに、霊が口をあけていう。例えばお腹がすいてる。塩のおにぎりがほしいとかいう。それが子供みたいな声で、陽子ちゃんの意識はまた違うところにあって、陽子ちゃんが子供の霊きてる、生まれないで亡くなっている・・・という。。。ただ、陽子ちゃんは初めてのお客さんでもそういうことがあると、あんまりいうとおかしなお店だと思われたらいけないし、そこんところが難しくて、さらっと伝えてもらうようにしている。だけど、やっぱりそのお客さんは昔子供が亡くなっていたりした。それが不思議なんだけど、生まれる前にお腹の中で亡くなったのに、陽子ちゃんの中では3~5歳くらいに大きく見えて、でもあまりにもお母さんの愛情を欲しがってしまった為に、その子が輪廻転生のゆくべきところに行けなくて、餓鬼道に落ちてしまっている、か、落ちそうになっていて助けてと言っているという。そういうのが陽子ちゃんがわかるようになった。

他にもやっぱりお酒が飲みたいという霊や、いろいろあとは生きている男性の霊をつけてしまっている人とか、陽子ちゃんがわかるようになって、それで共通しているのは、自分のご先祖様供養というのを適切にしてきていなかったということだ。
だから、最近は陽子ちゃんは「うちは宝石屋さんなんだけど、ご供養屋さんにもなってきているなあ」と言っているくらい、ご供養の相談のメールをもらうことも多い。

それで、このブログにも何回か書いたんだけど、やっぱりお仏壇がなくても自分のご先祖様の供養はコーナーを作ってちゃんとやった方が良い。
でも、それを進めていたんだけど、どうも普通の人がお経の経文を家で読むことは少し注意してといっている。特に真言宗・天台宗は、しっかり修行をしているお坊さんたちと一緒に法事の時に唱えるならともかく、家で一人であまり唱えないほうがいいといっている。それはお経の最後のところがマントラになっているから、精進していない修行をしていない人が唱えると、魔物に近い未浄化のものがよってくるからだという。

それがお客さんでも、今までのわたしたちのブログを読んでくれたりして、家でご先祖様の供養を始めましたとあったんだけど、なぜか最近よく家に勝手に電気がついてきたり、だんなさんが怪我をしたり、子供が怪我をして帰ってきたり、よくないことが続いたという方が数人いて、みなさんがお経の最後にマントラがついている般若心経だった。

陽子ちゃんは古神道系の先生は、最後のマントラ部分は「ギャー」というサウンドで、言霊としてはあまり良いものではないと言っていたそうだ。あと陽子ちゃんによるともとのサウンドは、ギャーじゃなく、ガテーガテーで、ガはカに近いQUAなんだって。。ちなみにスリランカの仏教では全くこのお経はない。だって仏教のゴータマ・シッダルタが作ったお経ではないからだよ。

実はインドのヒンドゥー教では、惑星それぞれのマントラとかもあったりするんだけど、、、ホロスコープの先生も、日本の一般の修行をしていない人がそれを唱えるのは発音も難しいし、少し危険だと言っていたんだけどね。

あのマンガにもやっぱり・・・一般の人が一人で真言を唱えるのは危険だと書いてあった。





このマンガは想像を絶する仏教の世界の目に見えない世界のことが書いてある。でも、陽子ちゃんはこれに書いてあることを間違って捉えたり、すがったりしたら大変だと言うので、マンガのタイトルは教えられないんだけど。実話のお話で。陽子ちゃんはお客さんで、もし、うちはちゃんと法事をしてますよ!家でもお仏壇にお花を飾ったり、神棚も設置してますよ!っていうお客さんであれば、教えても大丈夫かなあといっているからメールをしてみてね。

あと、時々陽子ちゃんのちょっと不思議な力をお客さんがわかっちゃう人がいて、江原さんみたいに家の中まで透視されちゃうとかあって、ごちゃごちゃ最近掃除できてないんだよなーっていう人がいても、そんなのは見えないから安心してねといっている。
陽子ちゃんも全然修行している人じゃないし、陽子ちゃんはあくまでも普通のおばさんだから、多分すがってくる魂も偏りがあるんじゃないか、何でもかんでもがうちに来るわけじゃなくて、ご縁があった方がみえるようだと言っているから。

ところで、日本の小学校では運動会があった後は平日は休みになって、そういう日にディズニーランドにいくのが習わしだそうで!!なかなかわたしも平日はかなり通訳がはいっちゃうんだけど、この間はレオンちゃんが今まで物心ついてからディズニーランドに行ったことがなかったから、いってみたいといって、行ってきた!

これは陽子ちゃんが運動会のあとに撮った写真で、自分でマイナス5歳にうつっているから、これは出しとくようにって!!!勾玉とペンダントをしている。



で、ディズニーランド。ディズニーランドってみんなインスタとかで出してるでしょう。
陽子ちゃんとわたしたちは、似たような写真出してもなあということで。。
これ。本物のパイナップルが出来ていた!カリブの海賊の待っている外のところに。
こういうの見ると、途端に懐かしくなっちゃう。



ディズニーランドは、ファストパスとかあっても基本めっちゃ並ぶでしょう。
陽子ちゃんは「しまった、ディズニーランドって基本二人でいるだけでラブラブっていうカップル以外は、待つ時間ばっかりでしんどいところだった、おそらく二度と行かないでしょう」と言っている。

でも昔は5、6回いったんだって。でも、今はやっぱりただのネズミの人形劇だなあといっている。だけど、昔はディズニーランドっていったら、必ず3、4万かかっていたんだって。それはお土産をいっぱい買うから。でも、わたしたちは今何がすきかっていると、飯能市にできるムーミンバレーパークを心待ちにしているくらい、ムーミンが好きだからネズミグッズはいらないということで、本当に入場料とジュース代だけですんだ!
しかも今ベジタリアンだから、レストランでは食べられるものはないって最初からわかっていたから、一人玄米おにぎり2~3個とおやつ持参で、ご飯代もかからなくて!
ご飯をレストランで食べなかったらかなり時間も稼げるから、乗り物は結構いっぱい乗れた。でも、、みんなスティッチと話をするやつは全然面白くなかったとブーイングだった。

あとはパレードはまぁ面白かったけどね、、でもなぜかあんまり思い出せない。
でもそれを陽子ちゃんにいったら、プラちゃんはそもそもシンデレラとかアリスとかストーリーも何も知らないからじゃんって!!
確かに全部同じにみえる・・・



やっぱり2019年にムーミンバレーパークができるのを待って居よう。
ほんとうはフィンランドにいきたいといっていたんだけど、、、わたしだけスリランカ人で、スリランカ国籍って何がつらいっていうと、日本人は海外どこでもすぐ旅行ビザもらえるけど、途上国出身者は労働目的で入国したらいけないと思われるから、旅行ビザ簡単にもらえないこと。だからスリランカ人は世界どこでも旅行にいけないわけだ。
だから、日本にできるムーミンパークがめっちゃ楽しみ!しかも泊まるところもできるというから・・・陽子ちゃんは飯能市に土地かっとったら値上がりするで~といって誘う。
まぁ、けっこう田舎の方でちょっと都心からアクセス難しいからなあ。


ところで、オーストラリアからの友達の話に戻るけど。
実は彼らは帰国する前にうちにちょっと来た。その時、陽子ちゃんのミスでリビングでおむつ替えをさせてしまった。その後から、数日異常にうちに「さわり」がひどくなって、
いわゆる浮遊霊っていうのも家にくるらしい。それで陽子ちゃんは、あ!と思って、リビングには神棚がおいてあって、やっぱりその前でおむつ替えNGだったよな・・・と思った。でも、もう遅い。それで陽子ちゃんは神棚はうちは小さなものだったけど、違う場所に本格的に設置しようということになって、ヒノキの神棚を一式頼んだ。

それを神社でお清めしてもらって、ご神気を入れてもらわないといけない。
それは陽子ちゃんによると、今年は火の神様の年だから、吉日は火曜日、木曜日、日曜日だから、そのうちのどれかで神棚が家に届いた瞬間その日にいかないといけない。でもあいにくわたしは通訳の仕事で、、陽子ちゃんはレオンちゃんを学校休ませて連れていった。
なぜかというと、レオンちゃんは運気が良いから、陽子ちゃんはその運気にあやかるように進めていきたいから、大切な宝石を買うときとか、いろいろそういう神事にはレオンちゃんをお願いするわけ。

でも、、その日になって、あーーー新札が無かった!!といった。
あと、水引のも買ってこないといけないーーって。
でも神社で言われた時間まで、時間がない!
その時、、また助けられた。



↑これはお客さんがスリランカとか困っている人にあげて下さいと
3万円新札で、しかも勾玉のすごく綺麗な封筒に入れてくれて送ってくれたものだった。実はこのピン札には前もわたしが新札が必要なときに助けられて、
また二度目だ。陽子ちゃんのお母さんが、その封筒は勾玉だから、
コンビニで水引買ってくるより、そのまま出した方がいいよっていうことで、
陽子ちゃんが初穂料とかいて、そのまま使わせてもらうことにした!

これは、、、これを送ってくれた方はなんて、大きな徳を得るかなあと思う。
あとでちゃんと別の封筒に入れて、お金は返したから安心してね。

他のお客さんもいつも募金を送ってくれる方もいて、本当にスリランカで持っていく時はお金をルピーに替えるし、全然普通のお金でいいし、封筒もかわいくなくていいし、それだけですごくありがたいことだからね。でも、たまたま勾玉の封筒で新札で入れてくれていて、本当に助かりました!!ありがとうございます!

わたしたちの所に募金を送ってくれるのもすごく嬉しいけど、皆さんそれぞれ自分の心が動くところに募金をしてもいいと思う。例えばこれは、この間届いた国境なき医師団ので。ロヒンギャ難民の数もすごいけど、こうやって首まで汚い川に使って、逃げてきている。自分が子供をこんな風におんぶして、こんな深い河を危険をおかして逃げてこないといけない位になるって考えただけでも、こわいくらいだ。荷物は何ももってこられないし、もしつまずいたりなんかしたら、子供まで命が危険になる!!でも、こんな状況の中で、助けるために頑張っている人たちもいるからね。
本当にみなさんの心の気持ちのお金が誰かを助けることになるよ!




話は神棚のお話にもどるよ。
これは神社で、神棚奉斎をしてもらうのを待っているところだって。



和室に設置した。下に陽子ちゃんの趣味の家がいっぱいあって、何だか神棚もミニチュア神社みたいにとけこんでいるね!!



しっかり神棚を奉斎してもらったあとはすごく家の空気がよくなったよ。
あと変なのがベッドの下でたいくすわりしていることもなくなったって!
しかも、、大きな宝石に出会えたり・・・神様とつながりのあるお客さんからのご注文も増えて・・・またわたしは不思議なめぐりあわせで、またある所に呼ばれた!
(これはまた次回にかくよ)




しかも、その月はわたしたちはマンションに住んでいるんだけど、中古で買ってトイレは新しくかえたけど、お風呂は15年前のタイプだった。きれいだったけど、排水溝がいっぱいあって、ようこちゃんは去年からカビキラーが環境に悪いからつかいたくないといって、ひたすらこすって掃除をしていたんだけどね。4月にのどが痛いといってみてもらったら風邪とかじゃなくて、どうも菌みたいでって。それもちょっと不思議な・・・だというから、あー絶対お風呂の掃除しまくってマスクをしていなかったからかなあということで。排水溝がない、カビがはえにくお風呂にかえようということで、お風呂のリフォームをした。陽子ちゃんはメーカーもトクラスというところにこだわっていて。
3日間くらい工事だったんだけど、きれいになって掃除もしやすkなってよかった。
でも陽子ちゃんは「とはいってもここからすぐに引っ越しになっちゃうかもしれないんだけどね!でも風呂リフォーム済の方がマンション売りやすいでしょう」と言っているけど!

あと、その時に今までつかっていたアクリルの椅子とか洗面器を、善光寺仕様にかえるといって、ヒノキのにかえたら、お風呂全体も少しヒノキの香りがして、ものすごく日本らしい、いい感じになったよ!!
これは皆さんおすすめだよ!



わたしたちも神棚を新しくしたり、いろいろやって何か前よりももっと、動きやすくなったような気がするよ!
やっぱり、今年は火の神様の年だから、、、1個1個きちんとやっていかないといけないね。今までこれはあーだなあ、こうだなあと気になっていたことは向き合う年になるのかもしれない。


また火の神様のお話に戻るけど・・・
(ここからはちょっと神様のお勉強のお話だよ)
今年は火の神様の年だから、何度もいうけど・・・
今年は火事、山の噴火、地震・新幹線・電車とかの事故は多くなるから、ちゃんと備えていてねということだよ。
だから、リスク管理徹底人の陽子ちゃんは、電車にのるときは水とお菓子と簡易トイレまでバッグに入れて乗っているとか紹介したでしょう。

それから、陽子ちゃんはこれは火の神様というのは、一体何かということで。
それは古事記では天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)という、おおいなる宇宙の創造の神様みたいなのが、日本にいざなぎといざなみを降ろして、二人は子供をつくったという。それで女性の神様のイザナミは何人も神様を産んだけど、最後に火之神様を産んだ。その時、火だからイザナミ様は子宮をやけどして死んでしまった。
それで黄泉の国にいくことになって、夫の方のイザナギ様がおいかけてくるけど、奥さんのイザナミ様はもう死者の国のご飯を食べてしまっていたから戻れなくなっていて、死者のおそろしい姿になってしまっていて、それを見た夫のイザナギが逃げて逃げて帰ってきて、川で穢れをとるためにからだを洗ってみそぎをしたら、左目を洗った時に天照大神様が生まれて、右目を洗ったら月読命(つくよみのみこと)という月の神様が生まれた。鼻を洗ったら、須佐之男命が生まれた。

この本はお客さんが送ってくれた本で、前に「勾玉」という本を紹介して、
それは早稲田大学の教授だった水野裕さんていう方がかいた本だった。
その水野先生の本を、お客さんが1冊送ってくれていて!



ここにはこう書いてある。火は水と同じように、人間の生活にもっとも重要なもので、神様が火を産むのは当然であると。だけど、イザナミの神様も偉大な霊力をもつ神様であったけど、その霊力も一切も焼滅させるさらに偉大な力をもっているのが火之神さまでカグツチという名前だという。



違うページには、イザナミの神さまが火の神様のカグツチ様を産むとき、苦しくなって吐いたりしたんだけど、その吐いたものから、「金山彦(かなやまひこ)」という、鉱物の神様が生まれたと書いてあった!だから、今年は火の神様の年だから、宝石もすごいものが多く入荷できるのかもしれない!!

仏陀もそうだったけど、何かすごい神様級のような子供を産むと、そのお母さんがまるで力をつき果たしたように死んでしまうこともある。だから、火の神様の力というのはものすごいものであるということがわかる。

それで、わたしたちのお店は「惑星」と「宝石」の関係で、人生を改善していこうというジュエリーのお店でしょう。
惑星と神様というのも、必ずつながっているというのが陽子ちゃんの見解だ。
なぜなら、例えば天照大神様は日本では「太陽」を表している。
宝石でいえば、ルビー(少しピンクがかった濃い赤いルビー、もしくは濃いピンク)
が太陽の光線と同じ光線を発しているといわれている。

だから、陽子ちゃんは天照様のパワーはルビーを持つことで霊性を高め、守護してもらえることができると思っている。

じゃあ、火の神様は何かといえば「火星」だ。
火星は真っ赤の真紅のルビーだ。だから、火星がアパラにある人はそのアパラの質によって、赤いルビーを大きくもったり、小さくもったりすることで火星の力を調節することができるとされている。

火星はどういった力があるかといえば、太陽が王者であるのに比べて、火星はその下でうまく全体が働くように、管理して指揮する「指揮官」といわれている。それはものすごく有能で、きちっきちとやっていって、しっかり綺麗な言葉遣いを必要とする。だけど、その度合いは行き過ぎてきつい言葉を使えば、途端にアパラとなる。
あと、火星は第1番にくると「切り傷を受けやすい」という意味があるそうだ。

これを考えてみると・・・今年は先日の新幹線の痛ましい事件もそうだけど、小学校に侵入した男が小学生を切りつけたり、「切る」ことの事件が異常に多くはないかという。
確かにそうだなあと思う。
自分たちで身を守れるならいいけど、でも、突然のことに普通は動転してしまうというね。
でも、それでもこれを見て、読んでくれている皆さんは、どうかこういうことが自分に起きうる可能性がゼロではないと思って、必ず生きていればリスクがあると思って、
その時に心が弱くならないようにといっている。

なぜなら、陽子ちゃんは20歳の時に強盗に武器で襲われて大きな怪我をして、バッグを盗まれたけど、でも警察のひとは普通の女性だったらそこでうずくまって出血多量でどうかなってしまう。でも、陽子ちゃんは心が強かったから、武器なしで戦ったんだって!しかもそれにこわくなって犯人が道にバッグをそっとおいて逃げたから、バッグは取り返して、その後命を助けてもらうために、コンビニまでかけこんだという。
警察のひとが、あなたが空手をやっていて心がつよくて良かった。
もしここで怪我で倒れてそのままになってしまっていたら・・・と言っていたという。

だから、陽子ちゃんはいまエレベーターとかでもいつでも変な人がいたら、裏拳とかを出して戦えるように手を握っているんだって!これをレオンちゃんにも教えている。
だから、どんな時でも自分はそういうものに巻き込まれないでしょうとか病気にはならないでしょうとか思わないで、自分もそういうリスクがあると思って、備えて、心を強くいてほしいといっている。

だけど、命の危機のとき、もしくはそういうアパラがきそうな時、どうしても助けてもらうには自分の力ではなくて、やっぱり神様の力によるところが大きいでしょう。
だから、日頃から神様に好かれるような人になっていてほしいと言っている。

特に今年は火の神様の年だから、「言葉」に注意だという。
それは人に汚い言葉、きつい言葉を投げかけることはしないで、ということだけじゃないんだって。実は、お客さんでも本当にジュエリー以外でもご供養のことや、または子育てのことも含めて、いろいろ陽子ちゃんに相談をしてくれる。
陽子ちゃんは聞いてくれた方が逆に嬉しいといっているけど、一つのメールのお返事は陽子ちゃんはとても細かくかくから、30分、40分くらいかけている。陽子ちゃんはこの仕事と、お弁当も学校に届けているし、学校から帰ったら、陽子ちゃんは家庭教師になって、数時間勉強をみてあげている。かなり時間てきに厳しい中でやっているんだけど、でも陽子ちゃんは聞いてくれた方がいいよねといっている。

でも、そんな時お客さんは2パターンくらいいて「いつも丁寧にありがとうございます。」とかける方と「用件だけをつたえている」タイプの人もいるという。大体8割はみなさんは前者のパターンの人だけどね。でも、実は後者の人は、あ・・・ちょっとアパラを積み重ねてしまっているな・・・という気がしてならないんだって。特に火の神様の年は、そういう人に禊がいきやすいから・・・

特に後者のパターンの方は、なぜか結婚が適齢期をすぎてはいるけど、まだ結婚していないという方と、お子さんがいない家庭という方が多いらしい。。これはやっぱり何か意味があるといっている。ちなみに共通しているのはお仕事は上手で有能だけど、家庭や子供という部分で少しご縁がないということだ。これがまさに火星のアパラといえるものだけどね。

でも、、そういうお客さんでも、結婚をされたり、子供ができると自分もこんなに24時間子供に時間がかかるのに、よくこんなに詳しくメールができるな~とわかるみたいで・・・

実はこのお客さんも、前はバリバリ仕事をしているキャリアウーマンで、夜中とかでもバンバン陽子ちゃんとメールのやりとりをしていたらしい。でも赤ちゃんができて生まれてから、ものすごく柔らかいイメージになったようで、「陽子さんも子育て中なのに、すみません」という言葉を言ってくれるようになって、すごく変わられたな~と思ったんだって。
↓だから、これは土星のアパラの指輪だから、いつもよりすごく控えめに質実剛健につくったという。きっと土星の期間でも苦しいことがなく、お仕事をしながら子育てに頑張っていけるようになると思うって。
家の中もご主人と思いやりをもちあいながら、明るく健康の家庭になれるよって言っている。



あと、、ちょっと宝石のことで言わせてもらうと・・・
陽子ちゃんの特性として、「う~ん迷うけれど、陽子さんにおまかせします!」って言ってくれたり、あと陽子ちゃんがこの石はわたしの方選びにいきますとかそういう時、お客さんの皆さんは必ず「わざわざありがとうございました~」とちょっと、時間と労力をかけていったことをねぎらってくれると、本当に昇華されるーといって、
あとでわたしにそろりときて、「このお客さんにこの石もサービスでつけてあげていいかしら?」と言ってきて、わたしが原価計算して、今のお店のみなさんのトータルの売り上げとコストでその時、マイナスにならない状況だったらOKとか・・・ぶっちゃけこういうのがあります。。だからまかせてくれたり、スピードがトントンいけると、おまけも多くなる!

まえはわたしが御徒町にお使いが多かったんだけど、通訳の依頼が多くなって、陽子ちゃんがいくことも増えた。でも、陽子ちゃんは「ストレス管理です」といって、かなりヴィーガンスイーツ系をあちこち探して、食べに行っているから!!
それをいうと、甘さ控えめだからプラちゃんは無理といわれるけど。

今、陽子ちゃんは魔女みたいに毒々しい青いグリーンの液体を夜飲んで
おほほほーーとやっている。それはスピルリナという藻の生のやつで!!
水を入れてほぼ無味無臭だというけど、、アンチエイジングになるとかで飲んでいる。
そのお店が御徒町の松坂屋にあって、スピルリナブルーというんだって。

これはローフードで、生のスピルリナ入りのチーズケーキだという。
もちろん乳製品卵使っていないケーキだって。味は?っていったら、
これはちょっとすっぱみ強くて陽子ちゃんはちょっと苦手かな・・・といっていた。



で、これはまた後日だって!前にチーズケーキ苦手だったのによくいくね!
これはあまりにも美味しくてつい写真とらないで食べちゃったらしい。
チョコレート風味のローフードケーキで。チョコアイスみたいな味で
アーモンドとかスピルリナとか、体に良いものばかりで作ってあるのに
おいしくてビックリだったという。



↑ちなみに陽子ちゃんが飲んでいたのはスピルリナとなんかの、コールドプレスジュースだって!これは野菜全部を使ったスムージーみたいなのじゃなくて、主に酵素を摂取することが大切ということで、野菜を低速でしぼって、カスがいっぱい出る!
陽子ちゃんのお母さんはお肉を食べる人で、最初コールドプレスジュースをもったいない、食物繊維も捨てて!って言っていたんだけど、陽子ちゃんはベジタリアンはもう野菜はいっぱい摂取しているから、そういえばベジタリアンになってから食物繊維を特に摂取しようと思ったことが無かったことにビックリしたという。何か大きな病気がある人もぜひ、野菜のコールドプレスジュースを毎日100ミリリットルを2回位飲むとすごく良い効果があるらしい。

ちなみにこんなのもどこかで食べている!
これは新宿の「ワイアードボンボン」というお店で、このパフェも乳製品卵無らしい。
ケーキは小麦粉も使っていないモンブランらしい。
このストロベリーパフェも豆乳アイスとかめっちゃおいしそうだけど!!
でも、陽子ちゃんはちょっと二度目はないかもといっている・・・
新宿には「チャヤマクロビオティック」という老舗のヴィーガンスイーツとかが食べられるお店があるんだけど、やっぱり老舗は違う。といっている。



陽子ちゃんは実は、いつか「キャンディ屋さん」になりたいといっている。
レオンちゃんが飴が好きで、でもベジタリアンのミルク飴とかキャラメルが普通に販売されていないんだって。陽子ちゃんのおじいちゃんは和菓子屋さんだったから、陽子ちゃんはいつか飴屋さんになって、乳製品なしアレルギーのある人でも大丈夫なミルクキャンディとかキャラメルを売りたいらしい!
おばあさんになったら、趣味でやっている飴屋さんになって子供が50円もってきたら2個くらいあげられるお店をやりたいらしい・・・って相当先の夢だね!
で、研究といって、本当に作っている。

これは豆乳キャラメルで、バニラエクストラクとというものを入れているから、豆乳の匂いがしなくて、めっちゃおいしかった!!まじで売っているみたいな普通のミルクキャラメル味でびっくりした!
でも、レシピは白砂糖をもとにしているけど、茶色のマクロビ砂糖でつくると、どうしても固まらなくて、生キャラメルになっちゃって、要冷蔵なんだよ。
(お母さんが、あんた忙しいのによくこんなもの作るねと言われていた!)
だからまだ研究しないといけないらしい。



それで、どうしても飴のレシピ本がほしいらしいけど・・・
それがどこにも売ってなくて、だいぶ前に売っているのが2000円以下のが15000円くらいになって中古でプレミアをついているらしい。
だから、陽子ちゃんは「プラちゃん、このルビーが売れたら、この飴の本を買うから、宣伝宜しくね!」といわれたーーっていうのが、次に紹介をするよ!

火の神様の年だからこそ、13年お店をやってきて
ビックリするルビーに出会えたような・・・そんなすごいルビーだから。。。

これです。非加熱ミャンマー産で、なんと0.707ctある!
しかも、今まで入手したことがない、出会ったことがないハートカットです!!



しかも、これは裏がラウンドカットのように、キラキラする輝きがでるように
綺麗なカットをしてあるから、宝石の中からダイヤモンドみたいにスパーク輝きが
キラキラキラキラすごい出る!



この非加熱ミャンマー産の
ハートカットの輝きとは違う、内側からブリリアントカットのように
キラキラ光るもので、しかも・・・これはルーペでみてもインクルージョンとか傷とかがなくって、この大きさなのにクリアなルビーって相当ないです!!
(大きさの比較で右が3.3㎜くらいのラウンド)
あと、このハートの形も、加熱のルビーでも相当探せない、すごく陽子ちゃん好みの可愛らしいハートの形なんだって!



もちろん、これは非加熱鑑別書は日独さんで作りました!
鑑別書の写真でもハートの形がかわいいのがわかるでしょ!



ミャンマー産と書いてある非加熱ルビー、なかなか無いでしょう!!
たぶんGRSとかだったらピジョンブラッドというカラーの記述になると思う!



非加熱ルビーの価格は・・・7月7日まで477000円です!(過ぎたら51万位になるよ)
オーダーでシンプルな指輪をつくるとしたら、あと12、3万位かなあ。
でも、本当に探してもない、絶対に探せないハートのピジョンブラッドの
透明感もあるルビーだよ・・・!
この画像には非加熱のサファイアや、ハートのダイヤモンドもあるでしょう。
もしかすると、すごいおまけがあるかもしれない!
この右端の非加熱ブルーサファイアも、すごくスリランカ産らしい爽やかな色で。
ロイヤルとかではないけど、とても優しく強い土星を感じたから、特別に鑑別を作ってもらった。

ハートのダイヤモンドも、すごく形がいいでしょう!しかもDカラーで最高透明度でVS1の鑑別がついたハートダイヤモンドもかなり珍しいらしい!



非加熱ブルーサファイアは、なんと0.77ctで!七夕でしょう!
七夕まで117700円だよ!



スリランカ産と書いてあるでしょう。これはなかなか・・・難しいよ!



イエローサファイアもすごく綺麗なレモンの色合いで、
1ctあるから大きくて、テリが強くて綺麗でしょう!
これもスリランカ産の非加熱鑑別書があるよ!



そんなわけで、、ちょっとオーダーも多くなってきて、石がないかなあと思っていたんだけど、ここに紹介していない非加熱スリランカ産のちょっと濃いめのブルーサファイアとか、ミャンマー産の非加熱ピンクサファイアも結構入荷できて、わたしもあの富士山の本宮のおみくじの通り、気を抜かないように注意しながら、皆さんにいくべき宝石がちゃんとあなたはこれが来ることになっていたね!とちゃんと分けられたら・・・と思うよ!ここで紹介した宝石で気になるものがある人は、陽子ちゃんにメールをしてね!

これは、さっき紹介させてもらった、、男の子の兄弟君たちのボックスタイプの
リングペンダントで!一人はゴールド、一人はプラチナでそれぞれがカッコイイ!



このボックスリングは今までゴールドは作ったことがなくて、わたしも最終的な仕上がりはどんな感じかなあと思っていたんだけど・・・かなりいいでしょう!!なぜか全体がまとまって見えるのは縦長のルースを使っていたりするからだね。
きっとお父さんとお母さんを引っ張っててくれる男の人なるんじゃないかなあ。



これはプラチナで、お母さんの指輪からブルーサファイアとダイヤモンドを入れたんだよ!お母さんのブルーサファイアはスリランカ産の非加熱ですごく良いもので、ハートカットだった。でも、ハートカットだと男の子はちょっとあれだから、トリリアントカットにしてもらったというわけ!これは非加熱で石の本来の強さが残っていたから、リカットできて、使えたんだよ。きっとたぶんこの男の子がお母さんを守ってくれるようになるよ。
どこの国にいっても、自分をもってリラックスして、生活を楽しんでほしいなあと思う。




という感じで・・・ちょっとまとめさせてもらったけど!
何度も言うけど、今年は火の神様の年で、惑星でいえば「火星」!
火星の力が強くなる年っていう感じなんだね!!
だから、神様は少し厳しい禊もみせるけれど・・・ちゃんと信じて敬っていく気持ちを
もっているといいんじゃないかなあ。
それで、目標を持って頑張ると必ず良い結果がもらえるということだし、
なぜか火星の力のあるルビーを火星のアパラの人が着けると、
今まで「女性として、綺麗になった」って言われる人と、外見はわからないけど恋愛関係で今まで何年もなにもなかった人がいきなり・・・とか!
そういうご報告も多かったよ。あとはやぱり赤いルビーを入れた人、仕事運も上がっているでしょう!それは当然だと思うけどね。
女の人としての幸せが増えていったのは、それは火星のアパラがマイルドになっていって、女性らしさが際立ってきて、中から光り輝いてくるのがわかるからじゃないかな!大きめのルビーが石の選定に入っている方、ルビーがラッキージェムの方はちょっとお値段はするけど、もし予算があれば、これは一生で出会うか出会わないかという素晴らしいルビーです!

しかも、火の神様=火星は本当っぽくて!!
なんと今年は15年ぶりに火星が地球に大接近してくるそうで、
特に7月31日頃は、北西の空に火星がよく見えるらしい!
(ネットで調べてみて!ほんとうだから)
これはチャレンジ小学2年生の教材で、陽子ちゃんとレオンちゃんが寝る前に読んでいて、めっちゃ興奮していた!
レオンちゃんは月はアパラでみない方がいいと陽子ちゃんにいわれてしっかり守っているけど、火星は陽子ちゃんもレオンちゃんもアパラになっていないから、天体望遠鏡をその日までに準備して、火星観測をしたいといっているよ!




というわけで、とても長くなってしまったけど、まだあと半年近く、
火の神様の力が強いから、ここに書いてあることをちょっと頭においておいてもらって、リスク管理をしたり、誰かお店でも、仕事の人でも何かしてもらうことがあったら、
優しさをわけてあげるように、心の優しい言葉をつかって気遣ってあげるといいかも!
でもこの年はがんばりすぎると熱がでたり、疲れやすくなるというから、
自分の能力もちゃんとわかって、がんばりすぎないように
できないことはできないで、もしかしたら、それは自分以上に上手に
完璧にはできないとわかっているかもしれないけど、
誰かにおねがいしますって渡すことも思い切ってすることも大切だって。

わたしも今年は8月のお盆のときにスリランカに行けたらいいなあと思っていたけど、
ご注文のほう、今しっかりやっていかないといけないし、
もう少し後でも休みをもらっていこうかなと思っている!
頂いたアーダーラも、ちゃんと大切にとっておくからね。

じゃあ、皆さん7月31日は火星観測ができるかな!?
でも火星が接近しているということは、もしかしたら大きなことも
まだまだ起きるかもしれないから、心は少し注意していこうね!

これは香取神宮のご神木。香取神宮には地震をぐっと抑えるパワーのある特別な石があるんだよ。これはわたしがこの間しごとで香取に呼ばれた時にお参りして撮らせてもらった写真。この写真からでも、少し皆さんが地震とかから守られるパワーがもらえたらいいなあと思っている!




今回は3か月分で特に長くなっちゃってすみません!
読んでくれた皆さん、ありがとうございました。



【“火之神様の接近?”の続きを読む】
次のページ

FC2Ad