プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

3月のお祝いに。

皆さんこんにちは!
今日も見に来てもらってありがとうございます!
オリンピックもあって、とても日本がすごく元気になる話題も
いっぱい増えてきたね。皆さんは風邪とかひかないで元気ですか??

それからお手紙や本、プレゼントを送ってくれた皆さん、
ここで1個1個紹介して、お礼を言いたいと思うんだけど、
なかなかできずにすみません。
気持ちは本当にありがたいと思って、すごく感謝しているよ。
でも、わたしたちはもうとても恵まれているから、本当に気持ちだけで・・・
自分に良いものを買ったり、誰か困っている人たちにその分をわけてあげてね。

とくに北陸と東北の方は、雪でほんとうに生活が難しくて大変だと思うよ。
関東ではほんの10㎝20㎝降ったくらいで、みんな大騒ぎをして、学校にいけなくなったり、仕事にいけなくなるくらいなのに、雪が毎日降る地域の人はどうやって学校や仕事にいっているのか、信じられないくらいだ。
とても不便な生活をしていると思う。そういう地域を支える募金があったらいいなと思うんだけど、知っている人がいたら教えてください。

わたしも、おととし通訳の仕事で雪国に何週間いかないといけなかった時、はじめて車の中でまさか10何時間立ち往生ということがあった。ご飯とトイレは近くのコンビニに歩いて行って何とかなったけど、吹雪だったら歩いていけないし、わたしの仕事は警察の人と一緒にいて、その車の中だったから、何かあったらすぐ救助の人が来てもらえるかなあと思っていたけど、今年の福井県のようなことがあったら、そういう期待もなくなってしまうね。本当に自然の厳しさが今年は200%くらい来ているようだ。

1月のブログに、今年は火の神様が活動しているから、火事、火山の噴火、地震、電気系統の故障、電車のトラブルとかが多いから気をつけてと書いたと思う。これは陽子ちゃんが何ていうか、正直書いてしまうと神様的な存在の方から教えてもらうことで、わたしに書け、書けというから書いているわけなんだけどね。まあ、いつもつながっているわけではないらしいけど、、、
とにかく、その通りに今年は本当に、草津の火山の噴火も3000年以上ぶりというし、台湾の地震や、信越線で電車内に15時間も閉じこめられてしまって、大変になったというし、新幹線のトラブルも多い。そして、痛ましい火災が多いね。日本では、困っている人が住んでいる集合住宅の火災は1月31日の月食の夜だった。こないだも韓国で病院が火災でというニュースがあった。お客さんもこのブログを読んでくれた人が何人もメールがきて、火事が自分のまわりで本当に多くなったということで、あるお客さんは自分がいつも行っていた老舗の喫茶店に行ってみたら、元旦に火災で焼けちゃっていて、本当だったんだと思ったとか・・・メールでもらったよ。


とにかく、今年の神様は結構厳しいみたいだ。
だけど、目標を持って頑張っている人、勇気を出して飛び込んでみる人には必ず後押ししてくれる温かさがあるというよ。特に今年は女の人は、女の人の人生をハッピーに進めてくれる推進力があるというから、今まで男性にご縁が無かった人も今年はチャンスだというから、とにかく出会いのところに行ってみたり、おばさんにお願いして!
スリランカなら、そういう話を隣の人にしただけで、もう夕方には誰かそういう紹介所おばさんみたいな人が写真とホロスコープを持って、家にやってくるんだけどね!
あと、赤ちゃんがほしいと思っていて出来なかった人、今年は最大のチャンスで、逆に今年を逃すとあとはなかなか難しくなるともいうから、がんばってください!

あと、女の人だけじゃないけど、今の仕事がなんかこれでいいのか不安でいたり、いろいろ問題を抱えている人は、転職のチャンスです!これもちゃんと本気で取り組んだら、必ず結果がどんどん出てくる。でも、そのときになって、突然新しい環境に飛び出すことを怖がってやめたりしないでほしい。それはあなたが望んだからちゃんと道を作ってあげたのにという神様の気持ちをむげにしちゃうからだって。だから、とにかく皆さん、今年はいろいろあっても勇気をもって前に進んで下さい!!ということだよ。

でも、今年土星メインでまだまだ自重してくださいとホロスコープにかかれている人は大きく出ないように、こころは謙虚に自分が後回しになってもいいという気持ちで、進んでくださいということだよ。なかなか土星は氷に覆われた惑星で、火の神様の力を押さえてしまうから。出すぎると反撃にあっちゃうというから!


ところで1月はまたすごく忙しくって、わたしと陽子ちゃんとおばあちゃんの誕生日があるけど全然お祝い時間ないから・・・でも、あるとき昼から夕方まで時間があるーーというときがあって、陽子ちゃんが前から行きたかったところにみんなで行ってきた!

変な恰好でごめんなさい。。表参道のオルゴール堂というところ。地下鉄駅から近い!
窓の外にはまだ雪がのこっていたね。
わたしがみていのは、万華鏡になっているオルゴール。



ここにはたくさんのオルゴールがあったんだけど、陽子ちゃんはうーん世界に一つだけの花の曲ばっかりだなあ、まだまだいっぱいある博物館みたいなところにいきたいといっていた。あと60万円の箱みたいなオルゴールとか、全然べっかくの音で、、こんなお店あるのかって初めてだったけど、面白かった。



まぁ、ここで買ったちょっと珍しいオルゴールは、あとで出てくるよ!!

それから、わたしたちは表参道の駅近のエイタブリッシュという、ヴィーガンのレストランに!ここで食べたかったのは、ソフトクリームで!

いや、でもこれはカラメルソースがわたしには大人の味ぽくて、ぶっちゃけかけない方が良かった。。乳製品なしでこんなにソフトクリームはすごいね。



ヴィーガンケーキ。手前の雪がかぶっているみたいなのは、陽子ちゃんはあーこれはインドの味ケーキだというから食べたら、本当にスパイシーだけど甘くてココナツがかけてあって、めっちゃ私好みだった!チョコケーキは大人の味だけど、レオンちゃん喜んで食べていた。陽子ちゃんはデザートはやっぱチャヤマクロビオティックの方が上かなあと言っていたけど、、、かなりここもレベル高い!



ご飯は肉食お母さんもびっくりの、すごいボリュームランチで、串カツとかので、ちゃんとタンパク質もいっぱいで、お母さんここは今までのベジタリアン店で一番おいしかったと言った。



店内には結構外国人や若いお姉さん系が多かったって、そういえばわたしも外国人だった!きれいなお店でめっちゃこんでいて、こんな表参道の土地でよく商売が続いているなあと思っていたけど、、お客さん多くて安心した。
わたしも、スリランカ人の友達がきたらオルゴール堂とエイタブリッシュランチを招待してあげたいなあと思った。




ところで、もうそろそろ3月3日で雛祭でしょう。
これも陽子ちゃんはお知らせするようにっていうことだったからメインで書かせてもらうけど、、今年は皆さん、本気で雛祭をして下さい!だって。
特に女の人はお雛様を自分で用意して、陽子ちゃんがいうにはごちそうを準備して、お雛様のお菓子を食べたり、雛祭りをして、この日をお祝いして下さいということだよ。なぜなら、お雛様とお内裏様ってわたしはてっきり、奥さんと旦那さんみたいなのと思っていたけど、そうじゃなくて姉と弟さんなんだって!それは神道の天照大御神様と須佐之男之命様というから。

ここに書いてある。ぶっちゃけこの絵はあんまり上手じゃないみたい?



この雑誌は結構まんがみたいで、いろいろわかりやすいみたい。
でも陽子ちゃんは神様のこと、かなり砕けすぎてかいてあって失礼な言い方で
書いてあるところもあるって。



そのお話は簡単にいえば、アマテラス様はお姉さんでスサノオ様は弟で、スサノオ様は結構甘えん坊のところがあって、お母さんのいざなみに会いに行こうと思ったけど、その前にアマテラス様に会いにいった。でもアマテラス様は、ちょっと荒いスサノオ様を警戒して、高天の原という、自分の地をせめにきたのじゃないかと思って武装して待っていた。それで、スサノオ様がそうじゃないよ、自分は純粋な心できただけだよと言った。その証拠に、お互いの持ち物を交換して、子(神様)を生んでみて、それがいい神様だったら、心は純粋だという証明をしようということで、やってみた。それでスサノオ様の剣を使って、アマテラス様が生み出した神様は、3人の美しい女の神様だった。それがお雛様の三人官女になって、アマテラス様の勾玉を使って、スサノオ様が生み出したのは5人のハンサムな男の神様で、それが五人囃子になったんだって。

この学研という会社の漫画の絵はかっこいい。



ざーっと古事記がわかるから、いいよ!
わたしはそれでも、誰が誰だかわからなくなっちゃうんだけど・・・



この日本の神話はわたしは漫画で読んだんだけど、少しふしぎだなあと思う。
それは、例えば仏教では仏像があるから、心の中でわがままが出たり、欲が出たりすると、わたしはブッダを想像してコントロールしようって思うんだけど。日本の神社には、神様の像はないでしょう。でも、みんなそれでも関係なく心に神様がみえているようで、、、おまいりにいくね。わたしも、通訳の仕事をするようになって、だんだん神様がいてわたしを見ていて、ここに呼んでいるんだなあと思うようになったけど、、やっぱり去年、善光寺にいったあと、長野県の戸隠神社にいったときの、各神社にいく度に仕事の依頼の電話がまさにそこでかかってきたことは、疑いの余地もない、神様の力を見せられたことだと思った。しかも、ここに書けないことはいろいろ起きて、長野県パワーは後で
わたしの人生にも大きな影響をくれたよ!

ちなみにいろいろなことが起きて、やっぱり大きな仕事を得るためとか、役割を果たすためには何かを犠牲にしないといけないでしょう。わたしは自分の機密的な仕事もあって、フェイスブックをやめた。やっぱり時間がもったいない、これがあると他の人がどんな写真をのせているか、いろいろ囚われている弱い自分もできちゃうし、とりあえず目標達成するまではフェイスブック利用停止したよ!

話は戻るけど、そんなわけだから、みなさん今年は特に「火の神様」はすごく厳しいけど、すごく温かい神様というから、しっかり神様に通じる神事の行事はやっておいた方がいい!!だから女性の皆さんはまずお雛祭りをしてね!

ちなみに、わたしの奥さんの陽子ちゃんはお雛祭り3月3日に命を助けてもらったそうで!それは陽子ちゃんは4歳の時に交通事故にあったんだけど、その日は3月3日でお雛様の日で、お母さんがお弁当にお雛様をかたち作って入れてくれていたんだって。陽子ちゃんは幼稚園にいく時に事故にあったけど、お腹にお弁当の箱があって、中のお箸はバリバリに割れていたというけど、陽子ちゃんのおなかが少し内出血したくらいで2日で退院できたという。お母さんは今でも、あれはお雛様が守ってくれたんだと言っていたけど・・・お雛様ってやっぱり天照大御神様だったんだ!!!それならやっぱり神様が守ってくれていたんだと、35年以上も後になってやっとわかったって!


それから、わたしたちのお店の話になるんだけどね。
去年末からずっと、陽子ちゃんが何度も研究と試作を重ねて、あるデザインの指輪を作っていた。それはあるお客さんの依頼で、1ctのダイヤモンドのアームのデザインで・・・エンゲージじゃないけど、人生にもうそろそろ大きな一区切りで、がんばってきたことと、これからのことを光り輝くダイヤモンドに託してくれた感じだよ。
1ctのダイヤモンドを生かすのはやっぱりティファニーセッティングの台座だというけど、アームが細くなるとエンゲージっぽく見えるんだって。だから少しアームにボリュームがあって、でもちょっと神様のお守りやご縁の力を・・・ということで。
イメージは出雲=水引=ご縁=結びのデザインで。陽子ちゃんは、ありとあらゆる角度から研究して、微妙な所を何度も調整してもらって、すごいダメ出ししながら、わたしなんかは0.01ミリの微妙なとこは
もういいでしょって思っちゃうけど、、陽子ちゃんはめっちゃ根気よく職人と話をして、
作りあげていった!でも、これは日本人の職人さんだから話が通じやすくて良かったって。

これだよ!写真では、、あんまり素晴らしさがわからないらしい!!
しかも、この指輪のお客さんは3月3日のお誕生日で!




陽子ちゃんが動画をつくったからみてみて!
一粒か二粒の石の指輪なら、もうしばらくはこれしかないというくらいのどこから見ても完璧な美しさの指輪で、込めた意味やモチーフの力も完璧なんだって!
[広告] VPS


動画をみたら、すてきでしょう!
陽子ちゃんはぶっちゃけ、ハリーウィンストンよりも素晴らしいよー。あらゆる美と神様の力を込めた渾身の作と何回も書いておいてっていうことで・・・
しかも、、もう素敵な男性との出会いがあって、将来のことも少し見えてきて緊張するけど、楽しみに考えていけるみたいなハッピーなご報告、ありがとうございました!

やっぱり陽子ちゃんがこだわった、「右肩上がりの所に結び目」があるというのは、いろいろ意味がこめられているんだって。水引のように、ゴールドとプラチナのラインで真ん中はメレダイヤがずらっと留めてある。しかも結びの上にもメレダイヤがあって、豪華でしょう。このプラチナベースにゴールドを部分的に乗せるのがすごく難しいらしいけど、これも結んでいるようにぐるっとした所で、ゴールドのラインが反対になっていて、すごく細かいけど、いろいろしっかり結んでいくというイメージなんだって。

このお客さんがすごいなあと思うのは、ホロスコープにあったように、出会いを誰かしかるべく人にお願いしてってかいてあったのをちゃんと実行して、何ヶ月もうんともすんとも無かったというけど、突然紹介したい人がいますと連絡を受けて、勇気を出して会ってみたというよ。
それが直接自分の将来の伴侶につながるということは別の問題だけど、とても謙虚にいて、まずは神様からのご縁に乗ってみるということが大切だというよ。

このお客さんはもう人生のいろいろな苦しみや別れも乗り越えたところにいる女性で、仕事も陽子ちゃんが目指しているような所に到達していて、頑張ってきた方だった。これから1年後あたりには、また少し気持ちが楽な立場で、やっていけるみたいだけど、今までとは違った環境で一から自分を始めないといけないこともある。でも、そういうどうしようかと思っている時に、人との出会いがあって、自分のインスピレーションがさえてきて、自分の進むべき道や新しくやらないといけないことが見えてくるというから!

この水引タイプに賛同してくれて、指輪を注文してくれた皆さん、
本当にありがとうございました!

この水引のむすびアームのデザインで、非加熱のパパラチアサファイアと非加熱ルビーの完璧な組み合わせで作った指輪はこちらで。この色は春みたいな可愛い色で、やっぱり見ていて元気になるような幸せになる結びだなあと思う。



このお客さんは、実はちょっとエンゲージ的なハッピーな人生の展開もあって、お相手の男性から、いつものお店で作ってもらったらと言ってくれたらしい!
だから、ちょっとこれはダイヤモンドを入れたペンダントも!!
チェーンがわたしたち用ですごく太すぎて、マハラージャみたいになっているけど、
普通の女性がしたら。キラキラさわやかペンダントでしょう。これは水星の石だから、これからもし幸せになっていく道の過程で時々小さな問題がおきても、ゆっくり1個1個
整理して考えていけば水星が論理的に問題解決を教えてくれるから大丈夫だよ。




実はこのお客さんとはもう10年以上前からのお付き合いで、わたしたちがまだまだ現地のタウン製作でバタバタヘンテコなものを作ってしまっていた時から、心を託してくれていた方だった。当時は体の具合があまり良くなかったりで、いろいろ山を乗り越えてきて、今はかなり安定してきて、それでやっと幸せな人生の展開も・・・それは本当に嬉しいお知らせだったよ!進んでいく道にはまだいろいろ大変なこともあるかもしれないけど、今年は歩みだせば必ず結果が出る年でいろいろバックアップもあるから、がんばってね!!

でも、水引のむすびリングは、さすがにプラチナゴールドコンビ+メレダイヤずらっとやつは、、ぶっちゃけアームの製作費用は地金入り、メレダイヤ入りで30万以上になるから、、少しシンプルでお得な感じで作ると・・・このお客さんの指輪みたいに、イエローゴールドオンリーでメレダイヤが少ないと結構お値段少なくてできるよ!
このお客さんはお仕事の時、オフィスではこの3つのルビーの部分をくるっと手のひらの方にして、なにもない地金だけの所を上に向けてシンプルに見せるようにという・・・
そういう意味もあるデザインで。
ミャンマー産非加熱ルビーが3ミリ位で大きくないけど、本当に真っ赤ですごくパワフルでしょう!



ちなみに、このデザインは・・・アームの真ん中にずらりとメレダイヤを入れたら、フルエタニティのリングにもなるよ!いつか明るくしたいなと思ったら、そう出来るようになっているくらい、しっかり地金を使っているよ。
ルビーの生命エネルギーの力を借りて、お父さんの体の具合もよくなって、旅行に行けたらいいね!それから、仕事の資格をがんばってね!わたしもなかなか難しいんだけど、がんばっているから、今年は一緒にがんばりましょう!


しかし、火の神様の年になる頃、ミャンマー産の非加熱の真っ赤の溶岩の破片のような強いルビーが大きくはないけど、いつもより多く入荷できたのは、やっぱり神様の思し召しだったんだなあと思う。もう、あのお正月ふきんの非加熱ルビーミラクルがなくなって、今度はピンクサファイアがいっぱい来たんだけどね!

それで・・・あの時は、ルビーの大輪の花のようなペンダントも作らせてもらいました!
赤いルビーがキラキラした花びらで綺麗だった!!



これはミャンマーの宝石の業者さんが自分で何十年も前に貯金としてもっていた小さな非加熱ルビーなんだよ。だから、今採掘したものはすごく高いけど、すごく昔からのだから、カットはあまり上質じゃないけど、処理はいっさいしていない、非加熱のもので、だからわたしの勾玉もそうだけど、いつもの価格のだいぶ低めでご提供できた!
このお客さんもこういうのが作りたいんですってメールをくれた時、まさにそういうルビーがここにあって。これはお客さんのインスピレーションのアンテナがすごく高くなっていっていることだよ。

このお客さんは前にアパラのブレスレットや一粒リングをご注文くれていた。最初ご注文をくれた時は、心も体もとても大変そうで薬の量も多かったみたいだ。でも、それが薬の量もほとんどなくていいくらいにどんどん少なくなっていった!それで、今の仕事はちょっといろいろあるからということで、ステップアップのために去年から転職活動をしていたというよ。地方にいるお客さんだったんだけど、このルビーのペンダントを作ってから、関東のすごく良いところの会社に内定も決まった!ホロスコープに書いてあったように理系の会社で!でも、、その新しい関東の会社にいって、やっぱり親を残していくことや、色々心配もあったということで、内定をごめんなさいをして、今の会社にまだいることにしたという。これは、わたしは聞いて、正直、、えーー!ものすごくもったいないと思ったんだけどね・・・

というのは、、ちょっとわたしのことを書かせてもらうと・・・
わたしは日本にくる時、スリランカでは内戦があって、、わたしたちは子供の頃から、近くのわたしたちが遊ぶグラウンドで人が焼かれている煙をみたり、親戚のおばさんといってもあの当時20歳くらいだったけど、彼氏は政治的なスパイ容疑がかかって、目の前で覆面のひとたちに捕らえられて、拷問を受けて亡くなって、この苦しみで何ヶ月も泣き叫ぶ人も、間近でわたしの目で見てきた。。。こういうことを今考えると、日本では「PTSD」という、心の痛みの経験から発生する病気になっちゃうと考えられると思う。その通り、わたしたちがスリランカから日本にきた当時、大体20年くらい前は、スリランカから日本にきた人の多くはみんな今だったら、わたしを含めてPTSDを抱えていたと思う。でも、そんな言葉も知らないし、薬はない。お金もない。守るべき親はいるけど、親はあなただけでも、豊かで頑張れば成功する社会で頑張ってほしいといって、わたしに全てを託した。わたしは友達とか、家族とかいう考える余地もなくて、与えられた環境にいくためのドアの鍵があいたならば、進むしかなかった。

でも、その鍵もあくわけはなかった。だって、やっぱり日本に来るときに大使館の審査があって、預金口座にはその当時でも70万円くらいは入っていないと、労働目的と見なされるから、学生ビザがおりない。でも、わたしの口座には数千円しか入ってなかったんだけど、なぜか大使館はOKをだしてくれて、日本にくることができた。あとから日本での生活費や大学の費用は、村のお金持ちの人に借りることができて、なんとかなった。

言葉もわからないし、親の面倒もみたいと思ったし、内戦のPTSDはあったと思う。でも、わたしには仏教があった。仏教の基本は、この世界というのは何一つ、止まって
変わらないでいるものはなくて、すべては常に動いて変わっていく。でも、変わらないでほしいとしがみついていると次に余計な荒波を受けて、逆に流れていけばよいと身を任せていくことで、嵐の中から穏やかな光にてらされるところにいつの間にかたどり着くことができるという、それは心の中でしっかり大きな柱みたいになって、不安で病気になってしまうことがなかった。
だから、何も守らないと守らないとと思うことがなくて、受け入れてもらえる所に感謝しながら、そこにいくことしかなかったんだよ。

最初わたしはスリランカの仏教の力で緊張しながらも、ここにくることが出来て、いろんな出会いをたくさんたくさんもらって、生きていくことができたと思う。

もうあれから18年たとうとしていて、わたしはもうあと何年かすると、スリランカにいた時間より、日本にいる方が長くなる。最初は仏教のブッダしか本当に信じることができなかったけど、これだけ日本での運命的な出会いや経験をしていくと、日本の神様の力を信じざるをえない状況になっている。それは信じないといけないことが毎日毎日起こるからなんだけどね。。今は努力をすれば必ず夢も叶えられる状況で、こんなに幸せな社会はないと思う。やっぱり、、この日本は、不思議な、、、日本は必ず神様が守っている国のようだよ。

だから、ルビーのペンダントのお客さん。次にチャンスがあった時は必ず、その流れに乗った方がいいと思っている。せっかく神様がいろいろ道を用意してくれているんだから。それも神様が人を使って操るのも時間がかかるわけで、ほかの人をさておきして、あなたにどうぞとしてくれているわけだから。わたしはそのレールにのって、陽子ちゃんと出会って結婚して、子供が産まれて家族ができて・・仕事もいまのところ、とても幸せなご縁がたくさんもらえている。

だから、親のこと、自分の体のこと、いろいろ心配はあるかもしれないけど、それでもあなたがいるのは「日本」だから、まあ離れた地域にいくことは気にしないで進むといいと思う。特にわたしも初代のアパラムッダでヘソナイトガーネットが選ばれていることもわかるように、わたしはラーフのアパラが強くて、わたしはスリランカにいたら、デング熱か何かわかんないけど、熱病で大変なことになるってホロスコープに書いてあったんだ。こういうラーフアパラが強い人は、機をみて出生した地域から離れたら離れるほど、幸せになると言われているからね。少し離れたところへ行くことは、もしかすると自分自身の人生も大きく切り開いてくれて、仕事も自分で成長できて、イケメン旦那さんとの出会いもあるかもしれない。そして、何年後には家族が増えて、何年前からでは想像できなかった境地にいるかもしれない。だから、もういろいろ出発できるときだから、親を安心させてあげるためにも、もう大丈夫だよ、きっと幸せになるよってがんばって進んでいってほしいと思う。きっとそのチャンスはまた来るから!!

これを読んでくれている皆さんも、特に今年は仏教の心を考えて、とらわれや執着を少なくして、気軽に自分が良いところに流れていくことができるようにって思う。それと同時に神様の行事を1つ1つ大切にして、災害や事件、事故から守ってもらえるように、そして自分が幸せなご縁に到達できるように、、していったら完璧だよ!!!
だって、なぜならこのアパラの惑星宝石をもっている皆さんは、ルビーやピンクサファイアは太陽で、日本では太陽=天照大御神様のことでしょう。だからしっかり日本の本当に大切な心を学んで、信じて頑張っていけば大丈夫と思っている!!

しかし、もう2018年だ。わたしが日本にきて18年だ。
最近のわたしたちのお店のことを書くと、この間子供が生まれて幼稚園的スクールに入ったと思ったら、もう今年は小学生で、、服は130か140㎝を着ている。陽子ちゃんが130とか140をきていたのは多分3年生くらいなのに、、もう、来年1年生のおわりには150㎝きて、2年生では160㎝きて、3年生ではメンズのSきるんか?ってこわがっている。・・・時間の流れと成長は速いなあと思うんだけどね。

でも、本当に子供がいると、子供はみんな神様と通じてるみたいでしょう。独身のときや陽子ちゃんとふたりの時は見向きもしなかった神社で子供は鯉のぼりとか見に行きたがったり、お雛様とかそういう神様の行事につながっているものに必ず注目して、ほしがるんだね。陽子ちゃんも独身でいた時はお雛様なんて飾ることもしなかったというけど、子供がいう言葉につられて、ああ、そうだね、実家には大きなお雛様があるけど、こっちのうちにも買わないといけないかなあと言って、お雛様を買うようになった。

というわけで、今年は陽子ちゃんは「お盆雛」エヘヘーと言っている。



なんでお盆かというと、お盆にのせて、ミニチュア部屋にあっちこっち持って行っているから!なぜなら陽子ちゃんとレオンちゃんは今、ミニチュアにはまっていてお雛様の道具の引き出しや鏡台とかお弁当箱みたいのが1個1個あいたりするのに、わーと言って喜んでいるからね!このショーがあるといえば、陽子ちゃんとお母さんとレオンちゃんは学校を休んでみにいくから、、、こんなのにはまるのはレオンちゃんだけかと思ったら、レオンちゃんの従妹のゆうま君がきた時も、ミニチュアハウスで、宝石屋さんごっこをして遊んでいた!男の子はけっこう何気にミニチュアや宝石すきな子が多いんだってね!


陽子ちゃんはお雛祭りには自分の地域とか伝統とかもあると思うし、好きなように美味しいお雛祭りを楽しんで下さいって言っている。ちなみに陽子ちゃんがまたお雛祭りに買いに行ってくれと言われているのは、このプリンで!!!
チャヤマクロビオティックの、、スーパーフードプリン。



陽子ちゃんは最初、緑のような青いのようなのもあって、絶対えぐい味にきまっていると思って食べたら、死ぬほどおいしかったんだって。それは今まで食べてきた卵や乳製品の入っているプリンを含めても、1番おいしいらしい。でも、これは卵も乳製品も入っていないで、何だかわからないけど、ヘンプミルクとか、アーモンドとか豆乳とかで出来ていて、めっちゃ体にもいいけど死ぬほどおいしいプリンだって。
しかもちゃんと甘いし、わたしは絶対卵や乳製品入ってる味と思ったけど、そうじゃないらしい。実はわたしの罰ゲームで新宿までいって、買わされたんだけど・・・またお願いされている!っていうか、内緒にしていたことが陽子ちゃんになぜかばれちゃって、罰ゲームだ。最近はますます陽子ちゃんのパワーがなんでわかるのと思ってこわい。
でも、ほんとにおいしいよ。もし関東にくるチャンスがある人は食べてみて!



まあ、プリンじゃなくてもお雛様あられとかお煎餅とか、日本のおいしいものを食べて
3月3日は今自分が生きていること、神様に感謝してやっていきましょう!

それと、今年は風水では・・・ちょっと陽子ちゃんは申し訳なくなるというけど、
「今までで一番美人の私になる」という気持ちが福を呼ぶんだって!!!
ただ、陽子ちゃんはもう40歳だし、自分ではいろいろもう立派なおばさんとして、
わきまえていかないといけない・・・といっている。
どうみても若い20代のお嬢様方からみると、おばさん決定で、たくさん子供を産んでめっちゃ綺麗なお母さんはやっぱりすごいなーーと思うらしいけど、一人だけ産んでヒィヒィ言っている自分は、もうちゃんと自分の立場をわきまえていかないと・・・おばさんらしく、
着物が着れるとか、漬物が上手とか・・・そういう立場になっていかないとなあと・・・不思議なことを言っている!
でも、今年はキラキラするものを身に着けるとラッキーだそうで、2年後はそろそろメインが金星になるから、早く金星が近づいてくれるように!!?
ダイヤのピアスを作るといっていて・・・

あの水引のダイヤリングのお客さんのをお願いしたとき、製作さんにこれもおまけでーーとさらっと言ってお願いしてやってもらっていた!!!
これくらいは仕事上でお得かもね。
カップケーキの台座、かなりペアシェイプダイヤに合っていて綺麗です!!!
0.25ctくらいのだけど、すごく大きく見える。
(しかもダイヤモンドもちょっと棚ぼたで・・・皆さんのおかげだそうです。。)



あと、これはスリランカ式のねじ式ピアスじゃなくて、日本のロック式のキャッチでつけたまま生活していても落ちないんだって!あるお客さんがスリランカのねじ式のはキャッチの円盤がちょっと大きいのが気になるということで、耳たぶと接触する部分がすごく少ないキャッチだよ。これはプラチナ、ピンクゴールドもあるというし、耳たぶの幅も調節できるというし、いいかもしれないね!



また今日も少し長くなっちゃったけどね。
わたしが日本にきて18年だけど、このお店ももう10年以上で、ずっと最初の頃から支えてくれたお客さんがいて、やっぱり今につながっている。これはやっぱり感謝してもしきれない。

これはベビーリングに通すチェーンで、ラッキージェムを3個入れたのを注文してくれた。そのベビーリングは22金で10年前の作品で、タウン製作だし、石も非加熱じゃないものだったけど、、お客さんはあの時すごく仕事でも悩んでいたりして、頼んでくれて、このベビーリングに支えられてやってこれて、ことある節目にはいつも素晴らしいジュエリーを注文してくれていて!最近は転職成功で、家もきれいにリフォームできたり人生の発展があって、いま穏やかなところにいるみたいだ。



あとでたくさん非加熱のペンダントも作らせてもらったけど、最初の最初に作らせてもらった22金のベビーリングをめっちゃ大切にしてくれていて、今回それを通すチェーンをということだったんだけど。このお客さんはいつもすごく心遣いを感じている。
わたしも最初の指輪とゾウさんペンダントはすごく特別だからね。

これは無核無調色の海の天然の真珠のペンダント。
真珠は月曜日に着けるとラッキーなんだって。これからもこの真珠みたいに
無核でうそのない、きれいな心でいて下さい。



でも月のアパラがある人は、できるだけ月は見ないように気を付けてね!
よくあるパワーストーンの話では、月光浴でパワーがチャージされるみたいに書いてあるそうだけど・・・やっぱり月は心の中でまるを丸い月に感謝して想像して、特に満月の時は、特にいろいろな波動のブレが激しくなるというし、実際事件もおきやすい。スリランカではお寺にいって瞑想をするんだけど、欲を認識して、心を自分でコントロールするようにすることが大切だからだ。

そして、あと大事なことは返事をちゃんと早くだそう!
今年は火の神様で、スピード感も勝負で!
言葉を丁寧に選ぶと同時に、誰かに何かもらったり、電話やメールがきたりしたときでも、早めに返事をしよう!返事が遅くなることは相手も「どうしているのかな?」と思っていたり「どう思っているのかな?」という考えさせる時間をもたせちゃうことになる。
これは人の時間を取っていると同じことだから、後で自分の時間が取られてしまうような問題が起きたり、自分の人生の進むスピードが遅くなってしまうことにつながるからだという。いろいろ迷って返事ができない時は、まずはすぐに一報をして「連絡をありがとうございます、ちょっと考えさせてもらってまたお返事します」ってやっておくといいんだって。

この世界のバランスは何かを得たら何かを失うというのはあるけど、自分に良い流れやラッキーな順番とか、ラッキーな運びでやっていきたいでしょう。
だけど、それは自分のエネルギーから発する流れで世界が自分に返ってくるから、きちんとしよう!ということだって。特に今年は、火の神様の年だから後押しをもらうためには自分がその波に乗れるようにテンポよく動いていかないと!っということで!!
そういう意味では、わたしは今までほんとにもったいない時間を浪費しちゃっていたフェイスブックはやめてよかった!

3月3日あたりも月がまるいけど、できるだけ月はみないで心に描いて、神様に感謝してお祈りしてください。ということだよ。というのは、太陽はアマテラス様で、弟はスサノオ様で地の中を守る神様だけど、もう一人生まれたのがツクヨミノミコト様という、夜の月の神様で3人の兄弟姉妹がいざなぎ様というお父さんが、禊(みそぎ)をした時に生まれたというから。
これは神話だけど、信じて生きていくかどうかということで、あなたにも神話ではない
本当の力が見せられていくかもしれないよ・・・!

まずは幸せな気持ちで、
美味しいご馳走のある楽しいお雛祭りができるといいね。
寒い地域に住んでいる皆さんのところの、、
大雪も温かくなって溶けていくといいね。

とても長くなっちゃったけど、、、ありがとうございました。








最後にまた載せてって・・・!このアームの指輪いいなあと思った方、期間限定で最高のキャンペーンをこっそりやっているから、陽子ちゃんに問い合わせをしてみてね!
オルゴールの音はきれいだよ。音声ありで見てみてね!
[広告] VPS





スポンサーサイト

2018年。新年初ブログ。

皆さん、明けましておめでとうございます!!!
2018年、とても意味のある1年になりそうだけど、
皆さんは元気で年越しとお正月できましたか!?
ブログがずっと更新できなくてすみません。
いつも変わらず、ご注文や応援ありがとうございました。
年賀状をくれた皆さんも、すみません!
きっとそのうち、ポストにお年賀が届くと思うよ。
わたしたちを思って時間をかけて書いてくれたと思うと本当に嬉しい。
わたしも何か返していけたらいいなあと思うから、準備をして送る予定だよ!

あと12月のおわりに皆さん、いろいろ1年を振り返ったり、困っている人のためにということで、わたしたちに募金を託してくれたり、陽子ちゃんや、わたしたちにまでプレゼントを贈ってくれた皆さんも、本当にありがとうございました!!!陽子ちゃんはあとちょっとで40才で、こんな年になっても女子力をあげてくれるプレゼントなんかもらえると思わなかったーーとすごく喜んで使っているよ。

募金の方は、いろいろ使い道を考えたんだけど、ちょうど12月のクリスマスにフィリピンのミンダナオ島で大きな台風があって、クリスマスに家をなくなった人たちが数千人いるという。なかなかテレビで放映されないけど、陽子ちゃんにニュースレターがきて、「活動資金が足りていません。どうかご寄付をお願いします」ということだったから、ここに募金をさせてもらいました!温かいお気持ちをどうもありがとう。

フィリピンのアイキャンというNGOで。名古屋に本部がある。すごく頑張っている所というから。クリックするとICANに飛ぶよ。鉛筆をもらって、この笑顔なら、もっとあげたいね!!まるでわたしの子供の時のようだと思った。。



フィリピンの国は、陽子ちゃんが昔ボランティアに行っていたこともあるけど、
去年2017年は、横浜の氷川丸という船から3人の英霊が陽子ちゃんについてきたことから、戦争がよみがえるようになって、わたしまでも第二次世界大戦をおさらいして、まいにち意識して生活することが多くなった。特に北朝鮮の活動もあると、なおさら、あの前の世界大戦のことが気になった。

前の大型台風ではレイテ島、今回はミンダナオ島の被害だ。フィリピンのこの島は、日本軍が第二次大戦で行っていた島で、とてもとても甚だしい残虐な試練ばかりの地域だったから。そこにはまだまだ何十万も英霊がまだ成仏できないで眠っている土地だから。やっぱりいろいろなことが起きやすいのがわかるよ。

わたしたちの住んでいる越谷市では平和宣言をしている市で、12月は平和フォーラムみたいなのがあって、行くことができた。
そこでは原爆資料館のような、ちょっと戦争のときの実際の服やなんかも、展示してあって、あとは2人のおじいちゃんのお話があった。なんと戦争で神風特攻隊にいった人たちで、今現在94歳とかで生きている人の実際の経験談だ。わたしが驚いたのは、90歳すぎて、ハキハキしゃべれることもすごいけど、70年以上も前のことを、何年何月何日にわたしは〇〇に行って、だれだれとこういう話をして・・・ということをちゃんと覚えているのがビックリしたんだけどね。それだけすごく忘れられない経験だったんだと思う。。。

二人おじいちゃんが話してくれたけど、あるおじいちゃんは、ものすごく優秀な飛行技術を持った航空隊員で、神風特攻隊で死なせてしまうのはもったいないということで、神風特攻隊になっていく飛行機を、同時に4機とかを、敵軍のいるところに誘導する飛行機の人だったという。特攻隊で今まさに、死にいく飛行機の人たちは最後だからということで、飛んでいるとき、らせんをかいたり、あっちこっち自由に飛びながら、ついてくるんだという。でも、そんな優秀な技能をもった誘導員のようなそのおじいちゃんも、人数が足りなくなって、やっぱりフィリピンの島で、神風特攻隊で出ないといけなくなったという。そして、明日この飛行機に乗ってアメリカの船に突撃しにいく・・・とわかっていた、その日の夜に、アメリカ軍の爆撃があって、乗ろうと思っていた飛行機が全部大破した。それで、乗らなくてすんで助かった、終戦!!というお話とか!!

もう一人のおじいちゃんは、あちこちを飛行機で偵察にいく役割で、例えばどこかの島のどこの基地でアメリカ軍の船が何隻とか、そういうのを上空から確認して、その場で飛行機を運転をしながら、日本に電報を打つんだって。でも、常にそこは米軍のレーダーの中で、いつも米軍機からの攻撃をかわしながら操縦するわけだ。しかも同時に電報を打つというのが本当に大変で難しくて、、、という話とか!で、ある時、偵察にいくんだけど、三角形の点のように米軍のいる島を偵察して、帰らないといけないとき、燃料切れになってしまったという。それでもどうしても帰らないといけない。もしくはそこで燃料切れで、敵のレーダーに見つかってやられて終わりだ。上を飛ぶと燃料が多くかかるから、だめもとで海面をすれすれで飛んでいけーーということで、それもかなり難しいらしいけど、やっとのことで何十キロ先の基地までやっと帰ることができたとか・・・!もう、まるで映画よりも映画のような話が、本当にすごかった!!!こういう一人一人の経験談をきくと、緊迫した雰囲気まで伝わってきて、やっぱり絶対に戦争は反対していかないといけないと思ったよ。やっぱりこういうフォーラムとかは、自分から進んで行こうと思わなければ、近くで開催しているのに気づかないことばかりと思う。でも、去年は大戦のことが頭にあったらら、マンションの掲示板で見つけたとき、すぐにいかなきゃと思った。

わたしたちは12月は子供のクリスマス会でも忙しかったけど・・・今すんでみると、結構クリスマスというのは、何だかかすんで見えるのは、やっぱりわたしたちがその宗教の文化じゃないからじゃないかなあ・・・



ケーキも一応、グルテンフリーで米粉で卵乳製品なし!のを頼んだけど・・・わたしは結構いつも陽子ちゃんが作ってくれるケーキのほうが甘くておいしかった。。。



そんな12月だったけど、、わたしのブログを読んでくれて、
雪がある中、彼氏さんと戸隠神社に行ってきましたーーというご報告もありがとうございました!
しかも、お守りを買う社務所は、ほんの何メートル先だけど、
雪で、もし踏み外したら下にどーーんて落ちちゃうから危険で行けなかった位だって。
雪が残っている中のあの神社へはすごい勇気だなあと思う。
きっとその去年の頑張っていった神様への道は、今年の幸せになってあらわれるよ。
皆さんも温かくなったら、火の神様の神社もあるし、ぜひ行ってみてほしいと思う!

わたしの方は、あの善光寺や戸隠神社のあの長野旅行以来、
本当におかげ様のおかげ様なんだけど、
12月、めいいっぱい、かなりたくさんのジュエリーのご注文を頂いて!
皆さん、本当に信じてくれてありがとうございました!
さらに、わたしの方では、ちょっと大きな事件の通訳依頼があって
今までとは全く違う年越しとお正月となって、忙しかったけど、
ジュエリーのお客さんの方は、遅れもなく進んでいるから安心して下さい!

でも今年のお正月は、かなり寒い地域で、雪がふる地域の方は
本当に大変だということがわかった。
わたしが住んでいる埼玉県もさむい所だなあと思っていたけど、
本当の雪国の大変さから考えると、全然温かいところだとわかったよ。
それと、いつもはそこそこゆっくりお正月を過ごさせてもらっているけど、そういう市民生活の裏では、年末やお正月とか関係なく、動いている警察の一人一人や病院のお医者さんや看護士さんとか・・・家族とゆっくり年越ししたいと思うけど、そういう時間も犠牲にして誰かのために働いている人がいるというのは、、、わかっていたけど、本当にみてみると、ありがたいなあと思ったよ。

ちなみに陽子ちゃんはわたしが仕事で缶詰でいないから、レオンちゃんと実家にいっていた。わたしがホテルから年越し電話をしたとき・・・その日は陽子ちゃんは実家の片づけもがんばって疲れていたし、こういう時はいつも出来ないことをここぞとばかりにするんだと言って、テレビは興味がないから、実家のロフトベッドで、寝ているレオンちゃんの横で、キンドルで「さいばらりえこ」という漫画家のひとの、「ダーリンは70才」というマンガを読んでいた!それがあまり面白いから早く読みたいって、あまり相手にしてもらえなかった!わたしがなんでマンガなんてと言ったら、いや、高須クリニックのおじいちゃん、すごい仏教的なんだよ、社会貢献ハンパないんだぞと言っていた!それと50歳でも70歳でも、こんな恋愛ができるんだとすごく感動していた!
疲れていたり、元気がでない人、自分は恋愛運がないのかなあと思ったりしている人はちょっと読んでみると面白いって。

まあ、そんなどうでもいいお話はおいておいて。
とにかく、今年は火の神様の年だそうで、ものすごく禊が多いそうだ。
たしかに去年の11月か10月のわたしのブログでも書いたけど、もう去年の終わり頃から、徐々に禊が始まっていて、カリフォルニアの大きな火災、あとはわたしたちの県の大宮で大きな火災があったし、日経新聞社で火災も初だし、ムンバイのショッピングモールや、ニューヨークの大きなビルでの火災、そして12月31日は渋谷で大きな火災があったね。他にもこの時期だからというのもあるけど、いままで無かったような火事が増えているみたいだから、本当に気をつけないとと思う。被害にあった人たちはとても大変でこわい思いをしたと思うし、人生のすべてが変わる出来事になるでしょう。。だから、自分をちゃんと守っていく必要があることを感じるね。それは、ちゃんと意識することが大切だというよ。

それには、やっぱり勾玉は素晴らしいお守りのジュエリーと思う。
これはアパラの石を入れて、惑星対策をできるのと同時に、日本の神様からのみててもらう力というか、陽子ちゃんによると、アンテナを強くしてくれているという。
特に年末は、火之神様の赤いルビーを入れたことが多かった!

この宝石の美しさは、本当に非加熱無処理の石だからだね。勾玉の力と重なって、より強い勾玉になっている。勾玉のバチカンは、プラチナの方が柔らかくて肌にはソフトだよ。



上のお客さんの勾玉はMLサイズで、赤いルビーと、ミャンマー産の金色ムーンストーンで月と太陽だよ。!石は裏や背中にもビッシリ入っている。
このお客さんは女性だから、ルビーでもキラキラ細かく輝く女性らしい色のルビーを。



同じ位のルビーでも、こっちの勾玉のお客さんのは、なんとまだ4か月の
男の子の赤ちゃん用だから、強いメンズらしい赤をチョイスしたんだって!
赤とムーンストーンとイエローサファイアが綺麗だね!
ここを見て、勇気と希望を持つ人がいるために、言わせてもらっちゃうけど、
40歳をすぎた初めての妊娠で、待望の赤ちゃんだった!!
それもホロスコープ通りでびっくりだったけど、火のような勢いで、すごく強いホロスコープをもった男の子だったよ。きっともう少し大きくなると、お母さんのことを守ろうと頑張ってくれるよ!
いまは赤ちゃんのお世話はたいへんと思うけど、あっというまに歩いて話すようになるよ!
これからの成長をいつもいつも楽しみに記録してあげて。



最初の勾玉のお客さんは、なんとわたしたちがお店を始めた当初、ご注文をくれたお客さんで、あのときはまだジュエリーもタウン製作で、今と比べると品質があらいものだったけど・・・ずっと持っててくれて、でもホロスコープはデータが古くなるでしょう。それで、どこかでホロスコープを調べてもらったら、アパラがいっぱいで不安になって、10何年後にわたしのお店にまたオーダーをくれた。

でも、わたしたちのホロスコープの読み込みは結構いま、すごく深くて、浅いレベルでよめば、確かに土星のエーラシタカの影響で数年間~かなりひどいアパラのようにも思えるけど、わたしの先生の深い読みでは、その時の土星がパワーが高まっていたり、いろいろな加護があるから、そんなことはない。逆に仕事ではこれから先、すごく良くなるよということがわかって、しかも土星のブルーサファイアがラッキージェムだった。

それで、オーダーしてくれた素晴らしいブルーサファイアの指輪!
実物は本当にすごい細かいまばゆい輝きだったんだけど・・・
陽子ちゃん忙しくてわたしが写真を撮ったら、あまり上手にとれなくて。
でも、このデザインすごく指にきれいだったよ。



これは1ct以上あって、非加熱でスリランカ産鑑別がついて、ハンパない輝きで普通はかなり高くなるんだけど、日本の鑑別機関ではバイオレットサファイアになっちゃって!でも色は青という記述もあるし、本当にブルーにしか見えない時もあるのにね!だから、お値段がかなりお手頃になったサファイアだった!



デザインは、結構おしゃれな感じで、プリンセスカットのスクエアダイヤが2個、しっかり入っていて、ペアシェイプのとんがっている方を上に向けても、下に向けてもきれいに見えるものだったよ。メレダイヤで囲まなくても、この石自体のきらめきがすごくて、カップケーキの台座がすごくあっていたよ!!陽子ちゃんも自分でためしにつけて、「お似合いですわ、奥様ごっこ」をしていたよ。
(ちゃんと浄化してお送りしているから。)
本当は家で主婦をしていたいお母さんというけど、自分の運命で大きな管理職の仕事をしないといけなくなった。でも、ホロスコープはかなりビジネス向きだから、これからも絶対自信を持って、がんばって!きっとたくさんの収穫が得られるよ。


話を、2018年今年のことに戻ってみるけど・・・
特に、今年2018年は平成30年で、何だか不思議な年になりそうだという。火の神様は色々古いものから、新しいものへ向かわせる勢いがあるという。今年は、いまの天皇陛下が本当に頑張って頑張って日本の国のために全身全霊でいつも神事を行って、お仕事をしてくれているというけど、その最後の1年となる。正式には2019年もちょっとあるけど、2018年が大きな山となるらしい。
だから、この1年というのは、いろいろ意味があるというけど、日本の人たちがそれぞれ、自分のできる全てのことをベストを目指して、頑張ることが国の繁栄につながるという。それをちゃんと自分でわからないといけないということだよ。

だから、目標を立てて頑張る人にはすごく大きな後押しをしてくれるし、ラッキーを授けてくれるというけど、自分の私利私欲のために動き回ったり、汚い言葉や傷つける言葉で相手をののしったり、そういう行為は必ず禊を受けることとなるんだって。年末に東京の大きな神社でみんなが驚くような殺人事件が起きてしまったけど、それはもしかしたら、2018年になってみんなが八幡宮にお参りした後ではいけなくて、なぜならそういうゴタゴタがある神社というところに人々が純粋な思いで祈りにくることがかわいそうだから、あえて火の神様が2017年末に起こさせたことではないか・・っとわたしたちは話している。それと、ちゃんと神社にいくときは、そこにまつられている由縁や、主祭神様をわかって、いくべきという。陽子ちゃんによると、あの事件のあったお宮は、本当の最初のおまつりされているのは、神様じゃない可能性があるよ、っていう「お話」だよ。

わたしも、数年前までは仏陀のお寺しか信じていなかったけど、どうしても神社の神様を信じざるを得ない状況が増えてきたから。この2018年も特に神様のお力添えとお導きを頂けるように、缶詰から解放されて、すぐ家族で初詣にも行ってきたよ。
(ちなみに神社は午前中か遅くても1時か2時まで!それ以降はユウレイが集まってくるから、特に雨の日とかも気を付けてね!ということだよ)
お客さんに頂いたバッグをもって。実はわたしも12月から勾玉をつけている。
神社では勾玉を外に出して、ゆらゆら揺らすといいんだって!



太陽に当たると非加熱ルビーの色がピンクぽく見えるのは紫外線の効果かなあ。
肉眼では真っ赤のルビーなんだよ。



石は真っ赤なラウンドのルビーと、プリンセスカットのダイヤモンド。
なんでかって。これは日本の旗をばらしてみて、赤い丸と白い長方形になるでしょう!
勾玉に日本ということをしっかり刻んでいる。それはわたしが日本の全てに感謝している気持ちを入れて!



裏面は何かというと・・・結構地味なんですけどね、シンハライトという、
スリランカ特有の宝石で、わたしたちはシンハラ人だから!
シンハライトは、透明な色のもあるんだけど、わたしたちスリランカ人は
この肌の色だから、それをあえて誇りに・・・この石を選んだ!
だからわたしの勾玉は日本とスリランカを象徴している。
わたしは、もう非加熱のアパラのネックレスを着けているから、
勾玉は少し趣向を変えてみた!わたしらしくて、とっても気に入っているよ。



お正月の初詣は、家族のプライベートの神社という感じだったけど、
仕事運の方を守ってくれる神様の神社は12月に行ってきたよ。
急な依頼で、いけないこともあるんだけど、今年は行けてよかった。
それはこの熊手を買うためだよ。一番上の方のは25万でたくさんの部下を連れて、社長さんが買いにくることが多いんだって!いくら社長になっても、、縁起物に25万かあとおもっちゃう!それだったら、大きな非加熱イエローサファイアの指輪を作りたいって思うのはいけないのかな!



この日は気温がすごく低い日で曇りで、さむすぎると言いながら行ったんだけど、、
雅楽のひとたちが薄い着物でやっていて、わたしたちは分厚い服を着ているのに、、、おじいちゃんたち風邪ひかないのかなあ、大丈夫かと思っちゃった。



熊手屋さんで、ちょっと怖そうなお兄さんが、「あ、去年もうちで買ってくれましたよね!お兄さんの顔は覚えてますよ」って言ってくれた。陽子ちゃんが、そりゃあんまり外国人で熊手をせっせと買いにくる人っていないからねと言った。

それで、わたしたちが今年買った熊手はこちら!
去年3号升だったから5号升で。。結構3つでお値段しますけど・・・神社では気前よく、お金を落としてくることが大切という。こういう縁起物は、じゃあ5号升は8千円と言われたら、じゃあ1万円でおつりはいりませんよって言った方がいいらしい。絶対原価計算はやっちゃだめだって。



おみくじをひいたら、わたしは大吉で最近はここの神社では大吉が続いているから、とてもうれしくなるね!



でも、陽子ちゃんが末吉だった!
おみくじをみて陽子ちゃんは、「うわーーーやっぱり見られてる!こわいわーー」って言った。なぜなら、陽子ちゃんは「もうそろそろ、非加熱の宝石も採れなくなってきたし、大学院に戻って、いつか大学の先生になるのが夢なの。ドクターヨーコって呼ばれるんだ」と言っていて、今年か去年あたりから早稲田の先生の研究会にちょいちょいレオンちゃん連れでいくようになった。先生が子連れOKていうからだそうだけど、、でも8月からずっといけてなくて12月は絶対行きたいと言っていたんだけど、陽子ちゃん、とにかく忙しくて行けなかった。陽子ちゃんは結構それを残念がっていた。いこうと思って、ピープルツリーで、ハンドメイドの手織のかっこいいコートを買って、おしゃれしていこうかと思っていたらしいから。でも、なかなか12月はみんな忙しいでしょう!だから、すごく残念がっていたんだけどね。

そうしたら陽子ちゃんのおみくじには・・・
今の職業をちゃんと守ってやりなさい。いつか希望が叶う時がくるから、待ちなさいということが書いてあった!



それで、陽子ちゃんは「やや、神様のお言葉、まことにおそれ多いことであるよ・・」としっかり受けとめられた。

そしてちょうどこの時、ミャンマー産の非加熱のルビーの小さなものが結構大量に入荷できることになった!大量といっても100個とかあるわけじゃなかったけど、結構ちょうど非加熱の赤いルビーが欲しい人たちが助かった!

これはほんの一部だよ。もう結構無くなっちゃったけど、第2段も届いている!




わたしも勾玉を持つことを決めたのは、陽子ちゃんから2018年のお話を聞いて、今年は何かいつもと違う年になりそうらしいし。今までの神様のような年ではなく、火の禊を起こしていくから、火事や噴火、地震は多くなるっていうのは、10月か11月くらいにもブログでかいたけど、電車の故障や事故も多くなるというし、自分の電化製品も壊れやすくなるんだって!わたしも結構通訳では電車や新幹線を使うから、気を付けないといけないなあと思って。陽子ちゃんなんか、電車に乗る時には必ず「お湯」をボトルにいれて、あとカシューナッツや飴、ティッシュ、ウエットティッシュ、あと簡易トイレなんかも持っていっているんだよ!!わたしなんか財布だけもって出かけるタイプだから、陽子ちゃんのどこにいくにでもどうしてそんなに重いリュック?ってなるくらいけど、もう念には念を入れてもいいくらいだって。このお話を年末に、陽子ちゃんが仲の良いお客さんとしたとき、やっぱりそのお客さんも2時間くらい満員電車の中で閉じ込められたことがあるんだって。もちろん中には具合が悪くなる人もいたそうだ。そういうのは、本当にこわいでしょう。陽子ちゃんはやっぱり「ぶっちゃけどう使うかわからんけど、簡易トイレもっていてよかった」といっている。

でも、たくさんの無駄なものがあふれていると、気が滞ったりして、自分の体がショートしてしまうみたいに病気になったりもするらしいし、家の中でも火事やボヤの原因になるから、、陽子ちゃんは近藤まりえさんという人の本を去年何個か読んで、年末から自分の実家からの片づけを始めたというわけだ。

きくと2トントラックで、実家のいらないベッドや古いソファやロッキングチェアとか、使っていないものとか、捨てたらしい。でも、まだ3階の屋根裏にあと3分の2残っているらしくて、一体なにがあるのといったら、ようわからん編み機やら・・・って言っていた。ちなみに回収は2トントラックで5万かかるというけど、あと2回くらいもってってもらわないとーって言っていたよ!!ホテルみたいな部屋にしたいと言っているけど・・・陽子ちゃんのお母さんは、お料理とせんたくは上手だけど、、あまり片づけが上手じゃないから、結構大変らしいけど、、、無理しない程度に何か月おきで行ってきれいにするんだって。皆さんのところも、実家も含めて整ったすっきりしたおうちをキープするといいですよって!

とにかく去年の12月からはわたしたちは、今までにない忙しさがあったんだけど、、それも陽子ちゃんのおみくじでは、ちゃんと今までの職業をしっかり続けなさいという、意味だったんだなあとわかることがあった。

実は今までで、初めてのものが入手できた。。。

それがこれです。真珠。・・・なにが普通の真珠と違うのか?
1個はホワイトに近いクリーム色、もう1個の小さい方はピンクに近いライトゴールデンカラー。




実はわたしたちは、ここ数年真珠はどなたにもお売りしていない。3ー4年くらい前は無調色のアコヤ真珠を少しだけジュエリーとして、ご注文があれば販売していたんだけど・・・陽子ちゃんが2年前くらいから霊感が増えてきたあたり、「どうもアコヤ真珠からは、宝石の波動のような、何かでているものが感じない」と言っていて、それがどうしてか考えて調べたとき、陽子ちゃんはアコヤ真珠の「核」のことを詳しく知った。今のアコヤ真珠には全て養殖で、アコヤ貝の中に「核」を入れる。それはわたしも陽子ちゃんも知っていたけど、それがなんと例えば7ミリ珠なら7ミリのラウンドの人工的なカルシウム核を入れる。8ミリ珠でもそうだ。それとよく南洋でもあるような9ミリや13ミリ珠は、やっぱり9ミリと13ミリの核を入れるから、そんだけ大きな真珠が出来るというわけで・・・全く自然に大きな珠ができるわけではなかった。だからアコヤ貝は、8ミリのカルシウム核を包むように真珠層が0。3ミリくらい一生懸命層を巻く。それだけがつまり真珠なわけで、99%が人工カルシウム核になる・・・

ベビーパールはどうかというと、やっぱり3ミリなら3ミリに近い核を入れるし、4ミリなら4ミリの核を入れる。それと、ベビーパールは小さいからアコヤ貝の中に核を時々1個だけじゃなくて、3個も4個もいれることがあるらしい。。それは生きている貝にとってはとても大変なことじゃないかな・・・人間でもおなかの中に異物を何個も入れられたらと考えると可哀想だと思った。

こういう事実をしっかり認識したことで、わたしたちはアコヤ無調色のお問い合わせがある度に、こういうことが事実であるということを伝えるようになった。そして、陽子ちゃんは本当の真珠を探したいというようになった。それで、まずアコヤは無理なら、琵琶湖とかの淡水の真珠は核を入れない無核もあるということで、業者さんに結構問い合わせていろいろと聞いてみたけど・・・無核でもラウンド系が少なくて、色を止める処理はしちゃっているということだった。それで、ぶっちゃけ今のところ、日本の真珠業者さんでは、無核かつ無調色、ラウンド系の真珠は1個も探せなかった。

でも、陽子ちゃんは何百年前のアンティークの王冠なんかをみると、本当に海からとれたナチュラルな真珠がたくさんセッティングしてある。それは養殖じゃなくて、自然に貝が作ってくれた真珠だから無核だ。だけど、この日本にはそれが1個もなくて、その理由はやっぱり環境汚染の影響が大きいようだ。だから陽子ちゃんは真珠の卸さんに伺いにいっても、「うーん、世界のダイバーと契約して探してもらうとかしないと、今の時代は海から自然にできた真珠なんか、コンクパールくらいしか探せないよ」と言われた。だけど、コンクパールはぶっちゃけ陽子ちゃんはあまり真珠という気がしないということで・・・

あれから2年くらい。なんと本当にダイバーさんが見つけてくれた真珠をいろいろなルートを通して、入手することができた!!!

それは、自然に出来たものだから、なかなかラウンドにはならないのが普通なんだけど、結構ラウンドに近いものもあって、でも、やっぱり4ミリとか5ミリとかちょっと小さいけど、、でも、それには本当の核は全くなくて、全て真珠層で出来ている!!だから、本当はそれも無穴のまま、送ってもらいたいのが当然だけど、仕入れがダイバーから買うときに、小さな小さな穴を少しあけてみて、中に核がないか確認するそうだ。だから、だいたい裏側になるだろうというところに小さな穴がある。

でも、実際、わたしたちはそれが本当に無核なのかわからない。それで、真珠科学研究所で鑑別をつくってもらいにいったんだけど・・・陽子ちゃんが「無核で無調色の鑑別を作ってほしい」って言ったら、研究員のひとが真珠をみて「え?ちょっと待っててもらえますか」といって、真珠をもって中に消えちゃったんだって。しばらく入ったままで、どうやら、そういう鑑別を依頼するような真珠がはじめてのようだ!それで、研究員の人が戻ってきて「無調色であるとはっきりわかるのは、母貝がわかっている場合だけなんです、これは母貝は何ですか?」と言われた。そのとき、、陽子ちゃんは「えーーそれはあなたがわかるかと思ったのに~」という感じだったらしい。でも、とにかく研究所で出来るのは、「無核」であることと、淡水産か海水産かということらしい。つまり、淡水は淡水パールのように若干値が落ちる。でも、海水というのは、アコヤや南洋のような感じで、価値が高い。それしかわからないという。でも、研究員さんは調色やテリ出しの処理があれば、この真珠はもっと白くてテリがあって輝くけど、これはおそらく無調色であるのはわかるといったという。
とにかく、この条件でいいからということで依頼した。4ミリや6ミリくらいの小さな真珠だけど・・・結構そこそこお値段するし、だまされていたらどうしよう!とか、やっぱり海水のふりをして、中国とかの淡水だったらどうしようとか思っていたけど・・・

やっぱり嘘じゃなかった!
核がない=無核かつ、海水ということがわかったよ!!!
これが鑑別書で。1個の真珠に1冊7500円以上するけど・・・



海水産真珠であると判定します。
人為的な形状をした核を認められませんと記述がある。



これは、本当にすごいすごいことなんだよ。
これでつまり、海の中から、貝が自然につくってくれた真珠をダイバーさんがとって、めぐりめぐって、わたしたちのところに来たということがわかった。
それで、お値段は鑑別書だけでも2個で15000円以上かかったし、もともと是非ほしいですといってくれていたお客さんには142018円で2個、鑑別書こみで・・・というお話をしていた。だけど・・・陽子ちゃんがこのお客さんとのやりとりの時に、不思議なことがあった。

このお客さんは、ちょっと霊的な影響を受けやすい環境にいるお客さんで、前にブレスレットを作らせてもらった時、ちょっといろいろあったんだけど、、、

今年ビジネスで大きなスタートがあるそうで、何か月か前に、一つ一つ大きな石のブレスレットをつくらせてもらった。
体調が今までのように、崩れなくなってふしぎだとメールをくれていたよ。



このお客さんが真珠のやりとりで12月のクリスマスのあと、メールをくれた時「実は冷蔵庫がこわれて20万の出費があってちょっと大変になっちゃって」というメールだった。聞いたらまあ10年位つかっている冷蔵庫だし、陽子ちゃんが火の神様の年は電化製品こわれやすいから、と言っていたけど・・・でも、いきなり壊れるのは本当にあせったと思うけど・・・

このメールを読んで、陽子ちゃんとわたしはピンときたわけだ。それで、陽子ちゃんは「それって24日の夜じゃないですか?実はわたしのところに輩(妙なやから)がきまして(目に見えない)、やたらキューリのつけものと、おにぎりを欲しがるんです・・・」という話をした。そうしたら「そうです、そうです、24日の夜です。うちの冷蔵庫に祖母から受け継いだぬか床があって、今キューリを入れてるのですが、冷蔵庫が壊れて・・・」というメールだった!

ちなみに陽子ちゃんはちょっと最近霊的なもののオンとオフを少し使えるようになってきた。それでオンにしていた時、あのおじさんの霊の影響がきて(この人は前も訴えてきたことがある)、、キューリのつけものとおにぎりを要求するという。わたしはお払いのために式前にそれをおいてあげたんだけど、陽子ちゃんはだめだ、これ、納得しないから、わたしの中にいれて、食べるといって、陽子ちゃんがキューリのつけもの2本とおにぎりを3個食べた。それなのに、輩はまだあとおにぎり5個食べたいという。でも、もうご飯がないというと、ご飯をつくってくれというという。陽子ちゃんは基本的に、夜はあまり米は食べないようにしているのに・・・それでわたしがちょっと怒って「食べているのはおまえの体じゃないよ!もう十分食べたから、でていけ」といったら、しばらくして陽子ちゃんがすーーーっと寝た。これは陽子ちゃんがオンの時に、その時、オーダーでよくメールして対峙しているお客さんと関係のある霊が陽子ちゃんに訴えてくるということなんだけど、、なかなかこういう霊というのは、佐藤愛子さんの「私の遺言」という本にもあるように、本当にすぐ行くべきところに自分から行かない。しかも、この現代では、わたしみたいに一時的に払うことができても、それを行くべきところに送ってあげられる人は、おそらくいないそうだ。

ちなみにこれは、、、真実だけど信じる人だけ信じればいいからね。それは皆さんの自由だから。そんなことがあって、あのお客さんとのメールはいろいろと驚くことが多かった。。いつも思うのは、お客さんというのはぶっちゃけ顔を知らないわけだ。お客さんの方はわたしたちのブログとかHPで顔をみて知っているけれど、、でもこちらは知らないわけで、でもそんな関係でも、わたしたちはほんとうに非常に深い関係性のように感じる。10年12年、ずっと顔を知らないけど、もうお友達と思っているようなお客さんもいて・・・これが不思議なつながりだと思うけど、もしかすると、目の見えない人というのは顔を知らなくても、やっぱり友達というのはいるだろうし、顔を知っているか知っていないかというのはそう大きな問題ではないということが最近なんとなくわかってきた。

それで、そのお客さんとは真珠のジュエリーのお話を進ませていたんだけど・・・でも、わたしは考えた。このお客さんもやっぱり真珠というラッキージェムのために、生きている命だった貝からの真珠に鑑別書をつけて、2石で14万円という値段をつけて、買わせることは、わたしたちがお客さんにカルマを増幅させてしまっていることにもなる。それはわたし的には、あまり、、仏教的意味でも、気づいてしまった以上はいけないわけだ。しかも、そのお客さんの関係するもっと昔の亡くなっている命が前にきたこともあったというけど、こういう風に頼ってきたりもするけど、そういう魂が成仏して良い輪廻にまわるためには功徳が必要で、だからカルマを増やすのじゃなくて、何か良いことをしてあげないといけないわけだ。

そういうことをいろいろ考えると、やっぱり、どうしてもわたしはこの真珠に値段をつけて売ることはできないと思った。だから、、、お客さんは最初、真珠とグリーンの石がラッキージェムで、3石で指輪を作ろうとしていた。でもアレキはちょっと高くて、後で買いますって言っていたんだけどね。

その時、ちょうど良さそうなアレキが入荷したばかりだったから、、わたしはこのアレキを142018円にして、真珠はサービスということにさせてもらうように、それで、もしわたしがスリランカにいく時は、心の募金をすこしだけ頂ければということを陽子ちゃんに言って伝えてもらった。

そういうわけで、お客さん的には本来は無核真珠2個で142018円、あとアレキのお代がかかるなーーそこそこ大きなきれいなのだったら、結構高いだろうなあという感じだったと思うけど、結局真珠2個とアレキで142018円になった!!これは、、結果、お得で良かったと思うけど・・・でも、そのお客さんも頑張ってわたしがスリランカにいく時は募金をさせていただきますって言ってくれたのは、その気持ちだけで、ほんとうはもういらないくらいだよ。

夢のような海からの産物、無核のナチュラル真珠が2個ついて、アレキと一緒で
このお値段は・・・っていうか、日本でも正直業者に依頼したら、こんなダイバーさんの真珠どれだけとられるでしょう!!??




というわけで・・・
いろいろ、陽子ちゃんも宝石がとれなくなってきたし、同時にわたしの通訳の仕事が増えてきたし、もうそろそろ、このお店もあれかなあと言っていたけど・・・陽子ちゃんにはビジネス管轄の神社の神様は「いまの職業をまもりなさい」というし、こういう風に新しい不思議な出会いをもたらしてくれる。やっぱりこれはまだまだ陽子ちゃんに為すべきことがあるんだなあとわかって、今年もしっかりこの宝石のお仕事をがんばっていこうと約束をしたよ。

やっぱり、宝石での品質を産地を含めて、非加熱や無処理にしぼって、かなり極めてきたんじゃないかと思うくらい頑張ってきたことで、やっと真珠もきてくれたんじゃないのかなあと思っている。今、本当に市場の宝石の処理や販売の仕方は、、あまり綺麗なものではない。わたしのお店でも、パライバトルマリンを入れたいというお客さんが去年3人いたんだけどね。でも、パライバトルマリンはすごい処理具合だよ。もともとは少し暗めのブルーサファイアのようなパープルサファイアのような感じのを加熱して、あの色にしている。しかも加熱して、あれだけ内包物が目立つ石っていうことは、加熱前は相当すごいインクルージョンの塊のような原石なんだよね。普通はルビーとかでも加熱をすると中のインクルージョンが溶けて、綺麗なガラスのようになるけどね、パライバは加熱してあれだけ内包物が多いのは、かなり前の状態が良くないことがわかっちゃったりする。

インド人が昔、墨みたいといって工業用にもならなかったダイヤモンドの黒くなったものを、ブラックダイヤモンドと言って、ジュエリー業界に売り込んで価値を創造したみたいに・・・この世界はその美しさの背景は、真珠のほぼ人工核だけの珠のように、処理に処理を重ねた人工的な美しさを天然と言って、人はとても高額なのに喜んで買ってしまうんだよ。でも、それでいいのかなあとわたしは思っている。やっぱり宝石は何億年前からのパワーがあるから、「宝の石」と書いて宝石でしょう。でも、人工的な処理を重ねた石は、そういう力がほぼ無いという。ただ、キラキラした輝きのためなら、スワロフスキーとか、ガラスでいいんじゃないかと思ってしまうからだ。事実、火の年の今年はキラキラ輝くスワロフスキーや、ガラス、鏡に福が来るというから、、わたしのお店のお客さんにはわたしのお店のジュエリーを着けて、本気でアパラの改善を願うなら、他のジュエリーはあまり着けないで本物の光線を自分に注がせるようにと思う。着けたいなら、スワロフスキーとか七宝とか、なんか手作りや伝統的なものの方がいいんじゃないかな!

真珠のことで考えたけど、、昔々のアンティークの本に出てくる王冠のように、漁師が見つけた真珠が王国で集められて、それとミャンマーで採れたルビーが1個海を越えて、丁寧に運ばれてきて、一つの王冠や装飾品をつくったりする・・・そういう本当のナチュラルな真珠というのは、、、今世界には、まず売っていなくて、、、でも、わたしたちはそれを持つことができるというのは、本当に光栄なことだと思っている。命の価値がわかる、今だから、大切に値段をつけないで欲しい人に提供したいと思う。だから、もし、そんな本当の本当のナチュラルの真珠がほしい人がいたら、そっと連絡を下さい。

ただ、それは本当に形は、ほぼ同じものが2個ないから、ピアスとかに出来るものはなかなか無いし、ラウンドに近いものがあっても、完全なラウンドはなくて、逆にちょっと不思議な形があったりするという。無調色だから、テリや輝きは日本の宝石点で売っているようなツヤツヤキラキラ真珠ではないけど、、それはすごく趣のある真珠と思う。

ちなみに色は南洋真珠のような感じのが多くて、クリーム色~ゴールドっぽいのいが多いみたいだ。宝石学では、真珠を表すものは月で、月からはオレンジの冷たい光線が発していると言われていて、、事実、本当の無核真珠の中はオレンジだった!
真珠は色々な効果があるとされているけど、例えば「心を司る、自分の中のキャパシティを引き延ばしてくれて、仕事での人気を司る」とかあるけど、体では、左目と左の鼻とか左半身、右脳、リンパを司るということで、陽子ちゃんも小学校の頃から左目の問題と鼻は昔、病気で手術したこともあるというし、、自分も1個だけ、真珠の指輪をほしいといっている。この真珠は他の売っている真珠よりも、代わりが探せないものだから、普通の真珠のジュエリーは、地金の芯に接着剤をつけて真珠をくっつけてセッティングするけど、そうじゃなくてカップケーキとかの台座を作って、台座に爪でやさしく留めてあげる方法がいいという!

それと、わたしは真珠科学研究所の話をきいて、母貝がわからないというのも、すごくミステリアスでいいなあと思っている。きっと、これを読んでくれている人の中でも、みんながみんなお母さんの顔を覚えているわけじゃなくて、もしかしたらお母さんが誰なのかわからない人や、お母さんの顔を覚えていないという環境に育った人もいるかもしれない。でも、必ず真珠が出来たということは、この広い世界のどこかの海の中で(大体はわかっているんだけどね)、その元になるお母さん貝があって、真珠を作ってくれて、それが巡り巡って、自分のところに辿りつくというのは・・・命がはぐくんでくれたものだから、この神秘的なつながりは本当に虹のイメージのような、素敵なものだなあと思っている。

ちょっと長くなってしまったけど、
わたしたちの去年からのお話を書かせてもらいました!

年賀状でも、ブログできれいなジュエリーがでてくるのが楽しみという方も何人もいて、みてくれているのが嬉しい!ありがとう。
最後に、ちょっと掲載できなかったジュエリーをちょっと紹介させてもらいます!!

これはサクラマニの真ん中がイエローサファイアの指輪だったけど、ちょっとアレキはお金がかかるし、グリーンベリルと組み合わせて配置したというお客さんので。
このお客さんは就職活動をしないと、結婚運も上がらないというお嬢さんだった!これはもう仕事を頑張るしかないね!応援しているよ!



ちなみに、グリーンベリルと組み合わせのお客さん、もう一人ご紹介させて下さい。
これはハートのグリーンベリルで。



指輪だから、対岸には何と同じくハートのダイヤモンドが入っている!
実はラウンドのダイヤモンドより、安いことがあるから。
ラウンドダイヤモンドは、カラット、カラー、カット、クラリティの4Cが判断基準になっちゃうから、いいものは鑑別が良いほど高くなっちゃうからね。
鑑別がなくてもきれいなダイヤモンドは結構いっぱいあるから!



これは陽子ちゃんと同じタイプの「金剛サクラマニ・ムッダ」だった。
真ん中の石は、スリランカの理想のピンクサファイアという雰囲気の、しっかり濃くてかわいい色のピンクサファイアで。白熱灯ではちょっとオレンジが見えるのが、、パパラチアっぽくて、本当に上質!!理想のサファイアがちょうど来てくれたのは、あなたが頑張っていたからだよ!!
こんな色のスリランカの非加熱サファイアは、今までのお客さんだと結構健康運が上がった人が多くて。体も心もが今年は生まれ変わるように強くなるといいね!




しかも、これは1ct近いキャッツアイをサイドに入れているよ!
まぁ、ちょっと月のアパラが強かったからなんだけど、普通これだけでも結構するよ!



その対岸には、同じくらいの大きな輝く非加熱イエローサファイアで!
木星は地球に衝突する隕石を殆ど前でガードしてくれるような大きなガードマンのような惑星。この石が入ると、とても安心だよ。



今年は、火の年だから、キラキラ輝くジュエリーは大吉アイテムなんだって。皆さんのジュエリーは、きっとそういう意味では、本物の光を放っていて、今年はより福を呼ぶアイテムになるよ!

あと、今年はわかっていても怠けちゃったりする人は、ちょっと禊を受けたり、アパラに巻かれるように問題に巻き込まれることも多くなるから、、目標を立てて、努力していってほしいと思う。でもとにかく頑張りすぎると今年はショートしやすいというから、「いろいろな無駄なものは省いて、目標はもって、計画的に頑張るけど、ちゃんと心身の疲れを積み重ねないように・・・」ということで!!




ミンネで買った手作りハンコ!毎年つくるのが楽しくなっている!

今年もどうぞ宜しくお願いします。
これを読んでくれた皆さんが、今年平成30年も
行きたいところに行くことができて、
やりたいことも自由にできるように
心が喜びであふれることも、たくさん経験できるように。
もし、病でわたしはそうじゃないんだという人がいたら
そこから少しでも希望が見えてくるように!

ありがとうございました。



(もし追記読みたい人は,
あんまり面白くないけど、下の続きをよむをクリックしてね)
【“2018年。新年初ブログ。”の続きを読む】

年末ブログちょっと待っててね!

皆さん、こんにちは!!!
いつもブログを楽しみにきてくれて、ありがとうございました!
2017年もあとちょっとですね!その前にいっぱいやることがあると思うよ!
年末ブログも色々準備しているので、たぶんいろいろお客さんのお手配が終わった後、
18日頃になりそうだからもうちょっと待っていてね!

いつも穏やかで優しい言葉がいっぱいくれたお客さんの指輪を紹介するよ!
これはリボンの指輪だけど、真ん中は非加熱スリランカ産パパラチアで!!!
最初この形のパパラチアがきたときは、メレダイヤで囲んでも細長くなっちゃうし
どうやってすてきなジュエリーができるかなと思っていたけど!!!
やっぱりお客さんのもともと持っていた希望ではリボンだったし、
パパラチア希望だったし、、完璧に運命が合致した瞬間だった!
それは、いつもとても相手を思いやってくれる気持ちがあるからだよ。



しかも、このサイドは実はサクラマニで・・・!
またこれがすごく素敵すぎだったよ!ブルーサファイアとアレキ、エメラルドとほぼ同じ無処理のグリーンベリルのハートが、陽子ちゃんがめっちゃ気に入っていたよ!!



このハートの無処理ベリルはまだ1個残っているし、追加の費用はないから、
ちょっとアレキが大きく欲しいけど、それは高いかなあというお客さんがいたら、
アレキが小さめでこのハートベリルを入れたら、いいよ!
きっと数年後は、家族3人の生活があるね!
発展を怖がらないで、良いチャンスを生かして頑張って下さい!

来年は、ちょっと色々世界情勢も激化するし、前の回ブログでも書いたけど、
すごくみなさんの言葉が大事になるというよ!
自分のセイフティを守って、いつもと変りない日を過ごしていけるのは・・・
それは幸せなことだね。
それは自分を守ってくれている存在がたくさんあるからだよ。
わたしも、あれとあれの試験がまだまだ続くのかなあ。。。
とにかく時間を自分でマネージして小さい努力を続けていかないと!!!
それも全部ことばの大切さの試験だから。。。

あと、お米をちゃんと食べて、日本の和を大切に頑張っていくと
もっと頑張り以上の幸せがくることがある・・・らしい!!!
わたしたちは、もうおやつもお煎餅ばっかりになっちゃって!
最近になって、フレッシュなお煎餅はこんなにおいしいのかとビックリしている。
隣の町が草加市だから、老舗の草加お煎餅やさんにいって、無料でお茶をもらって
おせんべいを食べているよ!!今度わたしのお気に入りを紹介するよ!!

では、ちょっとまた12月、みんなも忙しいと思うけど、
体に良い温かいものを食べて、病気にならないで元気でいられうように。。。
また年末ブログはあとで書かせてもらいます。
ありがとうございました。


神無月のお話。

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てもらってどうもありがとうございます!
ちょっといろいろ行事があって、更新が遅れてすみません。
台風も落ち着いてきて、秋っぽくなってきたね!
年末に向かって、忙しくなっている人もいっぱいいると思うけど、
元気ですか!?
お店の方のご注文をくれた皆さんも、ありがとうございます!
わたしの方のイベントもちょいちょいあるけど、大体予定通りに届けられそうだから、
楽しみに待っていて下さい!

先月から今月は、、ちょっとイベントが多くて、大変だけど楽しかった!
まずは運動会があったよ。
運動会は親の競技もあって、わたしは何も考えないで、出たいと思って、
率先して名前を書いたんだよね。
それで、わたしが親だけのリレーの選手になったみたいで、それもただ走るだけじゃなくて、ボールをドリブルしながら走るやつだった!陽子ちゃんは、プラちゃんできるの?って言ったけど、わたしはやったことがないと答えた。そうしたら、ちょっとは練習しないとだめでしょということで、わたしの運動靴とバスケットボールを買いに行って練習を始めた。それが5日前くらい。

それで運動会の3日前に、陽子ちゃんはプログラムをもらってみたら、、
「おいーーー!わたしが綱引きと縄跳びリレー2個出ることになっとるーー」って叫んだ!わたしが陽子ちゃんの名前も書いて出したんじゃないかと、言われて・・・めっちゃ濡れ衣だよ!!って言った。だって、他のお母さんお父さん、何も出ない人いるのに、なぜか陽子ちゃんだけ2個出ることになっていたから。
わたしはやばいと思って、じゃあ、今からスクールに電話して抗議して、陽子ちゃんでないようにしようと言ったら、、、「もうみんなにプログラム配った後で、迷惑かける行為はやめれ。もう名前が書かれた以上は、二言はない、運命と思って、練習するまでだ」といって、夜にマルイのスポーツ店にいって、スポーツ服と運動靴と縄跳びを買った!

次の日、縄跳びをしながら走ってみたけど、、陽子ちゃんは縄跳びをしながら10メートルも進まないところで、つっかえるし、、息がはあはあなといって苦しいといって前に進めない!!!これはやばい!だって本番はトラック一周走らないといけないから!
たぶん、小学校の頃はできたんじゃないかというけど、大人になって、すごいつらいんだって!みなさん、縄跳びしながら走ってみてと言っているよ!

とにかく陽子ちゃんは、とにかく次の日も、当日も朝早くからお弁当作りで大変なのに、ちょっと豪快弁当にして、殆ど寝ないでめっちゃ練習をして・・・すごい縄跳びですいすい走れるようになった!!ちなみにわたしは縄跳びは一回もできない。だってやったことがないから。

運動会の本番は、子供はダンスや英語のスピーチもあって、お風呂で練習をさせたり、これは幼稚園くらいでこんなに大変なら、この先はどれだけ大変かなあと思った!
子供が何人もいるお母さんやお父さんは、それだけすごく頑張っているんだなあと思ったよ。
でも、子供たちはみんな楽しく運動会が進行して午前の部がおわった。

お弁当は、走る練習で忙しく、ベジ野菜ハンバーグ弁当で!残っている野菜とオートミールをまぜてまるめて油であげて、たれをまぜると肉団子みたいになる!
あとはベジの海苔巻き!



いよいよ、午後はわたしたち親の綱引きやリレーで!

だけど、問題はわたしのほうだったりして!
まあ、本番の写真をどうぞ。。。わたしは2番目の走者で。
わかる人がみたら、もうこの時点でわかるらしい・・・



終わったーーーーーーーーーーー!!!!



最初の女の人はびりじゃなかったのに、次のわたしのせいでわたしのチームがビリになっちゃった!!
恥ずかしいのは、手前のグリーンの帽子をかぶった女の人はスクールの事務員さんだけど、わたしが率先して出るって言っちゃったから、運動できるって思われていたのに、、まさかレオンのパパは運動オンチですかーー?それでよく自分から出るって言ったなーーっていう顔をしているそうだ・・・!しかも陽子ちゃんがいうには、「大抵少し黒い肌の外国人で細みの人は、日本人からみたら絶対この人足速そうって思うからね、だから余計恥ずかしいわって!!

で、わたしの数人あと、陽子ちゃんの走る番!これが陽子ちゃんの後ろ姿!(ピンクの人)撮ったのはおばあちゃんで、、力強かったよっていっていた!確かに腕が結構筋肉だね。。。陽子ちゃんはしっかり特訓のせいかがでていて、昔から空手とかやっていたからかなあ。集中が違うとおもった。。



結局、わたしでビリにさせちゃって、、リレーだから陽子ちゃんは何とか前の人を追い抜きたいと頑張ったけど、、縄跳びって幅があるから、追い抜くのが難しくてダメだったなあと言っていた!!わたしがドリブル道を外してなかったら、入賞できていたのに・・・!!あとで同じチームのお母さんお父さんに、陽子ちゃんが「すみませんーこの人のせいで遅くなっちゃって」って謝っていた、みんな気にしないよって言ってくれたけど、、

わたしの方は、もうすっかり運動できない人のレッテルを貼られて、来年、レオンちゃんが小学校に上がって恥をかかないように、走ったりドリブルしたり、今からずっと練習をしなさいといわれている・・・!!

運動会のあとは、お腹が減ってるし、今夜は料理できないと陽子ちゃんは言って、少し早い夕食を食べに、南浦和のウラワビオという、ベジタリアンのマクロビオティックのレストランに行った。
わたしはタイのグリーンカレー!



陽子ちゃんは卵サンドとツナサンドって言っても、全部ベジタリアンで豆腐とかでつくってあるというけど、、、食べてみても卵とツナにしか思えない完璧な味だったんだって!めっちゃ動いたから、今日は小麦グルテン摂ってもいいかなと言って。



お母さんはベジハンバーガーで!陽子ちゃんはこの中のお肉のハンバーグみたいなのを食べさせてもらったけど、うわーーめっちゃおいしい!味噌がきいてて!って言ったら、レストランの人がよくわかりましたねって言った。これも全部野菜で作ってあるというのが信じられない、ジャンキー味だったというよ!あとで、あのハンバーグ、パンじゃなくて、ご飯の上にのっけて食べたいっていっていた。



東京の方には、ベジタリアンのレストランがたくさんあるんだけど、埼玉はなかなかないから、ずっとつぶれないで続けてほしいと思った。だって、ベジタリアンの店はやっぱりコストも手間暇もかかるから、販売価格も高くなる。と、なかなかたくさんお客さんがきてくれないから、かなりの確率でつぶれてしまうところが多いからだ。。。
もっと夜遅くまであったら、わたしも通訳の帰りに行けるんだけどなあ。。。


ちなみに、わたしのドリブルはずれの写真は恥ずかしいから、絶対ブログに出さないって言ったのに、陽子ちゃんが絶対だすようにいった。なぜなら、芸能人や有名人のブログやインスタは、かっこばっかりつけていて何か腹立たしいものを感じるから見ないけど、でも、マドンナのインスタはすごく親しみを感じるんだって。それはマドンナがすごいダサいはずかしい写真とかも出してるからなんだって。

最近のマドンナはアフリカのマラウィから養子にした男の子がもう大きくなって、サッカーを本格的にやりたいからといって、マドンナは一家でポルトガルのリスボンに引っ越しをしたという。それで、マドンナのインスタは、新しいリスボンの家でフェデックスの荷物が届いたとき、マドンナはノーメイクで髪の毛もボサボサで、自分がいくら本物のマドンナですといっても、荷物を渡してくれなかった、早く渡してくださいーーていうそのままの顔とか、皺だらけの手とかも出しているという。あとはもう本当にマラウィで養子にした子供たちが大好きで、子供が歌ったり、ダンスしたりしている動画とかばっかり出している!マドンナのインスタというと、マドンナ自身の動画をみんないっぱい見たいというけど、半分以上が子供の成長の動画で、ぶっちゃけファンでも、そんなに子供の写真や動画をみたいかなあと思うらしい。でも、これをみると、本当にマドンナが普通のハリウッド女優や芸能人のように、きれいで可愛い写真や動画ばかりを載せたいわけじゃなくて、心からマラウィで養子にした子供たちを本気で大切にして、本気でお母さんをやっているんだなあとわかるという。

マドンナは自分の化粧品の会社との宣伝くらいがそこそこきれいな画像で、あとは本当に結構ひどい写真が結構あるというよ。わたしが見たら、あのレベルハートツアーの時の超美人でかっこいいマドンナと思えない・・・!!陽子ちゃんによるとすごいオンとオフが激しい。でも、そんな激しいひどい時のをだしているということが、自信のあらわれなんだなあといっている!

ところで、マドンナがこういう恥ずかしいオフの姿も平気で出したり、本当に養子の子供たちと一緒にいるのが楽しいという姿をそのまま出すことが、マドンナの健康のアパラを減らしていたり、元気でいる秘訣なんだなあと思っている。

実は仏教では、女優さんやセクシーなダンスをする人たちというのは、あまり良いとされていない。なぜなら仏教では欲を抑えて自分の欲から解放されることが悟りに到達することとしているでしょう。だから、美しい女優さんやダンサーの人たちは、それが他人に欲を増やすとされてしまうから、何かカルマがくるとされている。これは結構本当のこともあるから、だから女優さんでも結婚してもすぐに離婚をしたり、きれいな女優さんやアナウンサーが自殺をしたり、病気になって亡くなってしまったり、離婚したり、悲しいことがたくさん起きるよ。それは自分自身でたくさんの人の欲を増やしてしまったカルマの結果と、もう一つは美しさやステイタスをうらやましいと思う人からの、マイナスの思いが集まってしまう。そういうものは、影響を受けやすい人は、知らない間に受けてしまうこともあるんだよ。

例えばレディガガは、わたしは昔紅茶のティーカップをもっていた時は、この人はなんか面白くて好きだったけど、どんどん裸に近い服になってきて、セクシーを売り物にするようになったと思う。実力のあるシンガーだし、生肉のドレスをきたり、そこまでしなくていいのじゃないかと思っていた。・・・そうしたら、やっぱり原因のはっきりしない病気で休業をしなくてはいけない状況になってしまったでしょう。マドンナもレディガガ以上に過激なことをずっとしていたみたいだけど、でも、カルマを消す行為というのが、やっぱりあってそれをやっているから、マドンナは60歳近くだけど、まだまだ元気でしょう。カルマを減らす行為というのは、まず自分の本来のありのままの姿を受け入れて、飾りすぎた姿を見せないで、そのままを見せていくことだ。それは仏教でいう生老病死の老いに反さない生き方だからだ。

それとホロスコープにも書いてあるけど「貧しく困っている人たちを助ける行為」だ。これをマドンナは本気でやっている。例えばお金持ちが何千万の募金をして、かわいそうな人に多額の寄付をすることはできるけど、それは自分の人生の時間を使っているかどうかはわからない。マドンナは、それだけじゃなく、貧しくて身寄りがない子供たちを本気で心から愛して、自分の人生の時間の殆どを使って一緒に生活していくことを本気で楽しんでいる。、、、しかも人種間の違いも気にしないで・・・というのはすごいことでしょう。マドンナはかなりセクシーな表現をする人だけど、陽子ちゃんは、でも、こういう人間性をお手本として、世界に示して出していくことがこの人のお役目で、これがあるから、まだ元気でいられるのでしょうと言っている。

まあ、だからわたしも本当に恥ずかしい運動オンチがばれる写真を出したわけ!!
じゃあ陽子ちゃんもノーメイクを出したらって思うでしょう!でも、陽子ちゃんはポストにいくくらいでも、化粧してないからプラちゃんいってきてって言うくらいだからだめでしょう!!それをわたしが言ったら、陽子ちゃんは「あーーそれならわたしはたくさんアパラをかぶるはずだから、プラちゃん、それを防ぐ大きなジュエリーをお願いします」って言った!

でも、最近もすごく危ない綱渡りのような状況の健康の疾患をもっているお客さんでも、ブレスレットをつけてホロスコープでの危機をうまく脱することができた!ということで、メールをもらったり、指輪をして、素敵な出会いがあって今進行中です!というお客さんもメールをもらったのは嬉しかったよ!宝石の力を感じることが多いけど、、ドリブルができないとかのアパラだけは・・・アパラのジェムを着けても、さすがにミラクルは起きなかったなあ!!!陽子ちゃんは、来年のために努力を続けよっていう!

でも、1個だけ言い訳を言わせてください!だって、スリランカでは小学校の時、体育の授業なんて、本気でやらないから、自分が50メートルを何秒で走るとか全くしらないし、バスケットボールで試合とか全然やらないからね!
外で、先生がなんかスポーツみったいなことをしていた時、わたしたちは木に登ってフルーツを採りにいったりしちゃっていたから・・・!あー、、だからスリランカでオリンピック選手が育たないんだーといわれた。確かに、そうかもしれない。。いろいろ考えると、8月にアーダーラ(支援活動)をしてこれたとき、ちょっとでもスリランカのスポーツに貢献できてよかったと思う。。

実は8月にアーダーラの使い道を考えて話し合っていた時、近所の学生のラグビーチームの体の筋肉をつけるやつを買うお金がなくて困っている話をきいて、それなら・・・っていうことで、あまり大きな金額じゃなかったからプレゼントしてきたよ。
わたしも、学校にバスケットゴールとバスケットボールがあったら、きっとわたしだって子供の運動会で恥をかかなくてすんだし!

まあ、ずっとこれが飲めるわけじゃないけど、これがきっかけになって頑張る気持ちが続いたらなあと思った。めっちゃ喜んでるし!



裸足だし!学生がやりたいことがあってもお金がなくて、夢が続かなくなったりするのはかわいそうだからね!



まあ、やっぱりこういう家はスリランカにはまだまだ多くて、ガンパハに、綺麗なデパートができてもぜっんぜん、人がいない!!姪っ子で、結構顔はレオンちゃんと似てる。



陽子ちゃんはユウレイデパートというくらい!
やっぱり、村人はあんまりこういうのは興味ないのかも。



ちなみにこの滞在でわたしたち3人兄弟で、遊園地にいったんだけどね!




中国からの中古の遊具で、、天気のわるさもあるけど、陽子ちゃんはすごいハリボテ感半端ないという。字をどよーんって入れなくても伝わる写真だって。



確かに。コースター的なのもあったんだけど、、全然安全ベルトとかなくて、わたしは逆にこわかったよ!!日本の皆さんはスリランカでは遊園地はいかない方がいいかも・・・




まあ、話はもどるけど、そんなわけでわたしたちも緊張の運動会はおわって、次はハロウィンがあって!!その間に台風もいっぱいきて、農業をやっている人や外の仕事のひとは、とても大変だったと思う。。わたしたちは幸いなにごともなくてイベントを楽しめる幸せがあった。

ハロウィンは特にわたしたちは仮装するくらいなんだけど、インターナショナルのだからかなあ、アメリカやイギリスの先生方にとっては、ハロウィンが本気だから、なんか英語の長いスピーチもこどもは言わないといけないし、覚えないといけないし、お風呂の中で暗記をさせたり、大変だった!でも、本番ではあれ!?みんな紙をみて言っていて、びっくりした!でもその紙って英語で書いてあるから、他の日本人の小さい子供も5歳6歳でも、高校生くらいの英語が読めるのにびっくりした。。これは、まじでやっぱり環境ってあるなああと思って。。わたしの子供の頃とは想像もできない世界だ・・・

スクールの子供がみんな仮装をしていて、超可愛かったけど、今はいろいろプライバシー問題があるから写真を載せられないみたい!レオンちゃんはキョンシーだったけど、わたしだけこんなやつで。おばけにならないといけないから、死んでいるパイレーツだから、顔に傷をつくったり、白く塗らないとって、陽子ちゃんがぬってくれたんだけど、、「なんか全然白くならない・・・」って困っていたけど。
お母さんだけが、結構似合うから、そのベストいつも着たらいいよと言ってくれた。



ところで、本当に子供の頃の教育というか、環境のことを感じることが多かった。
こないだ陽子ちゃんのお兄ちゃんの子供に、つまり甥っ子君にレオンちゃんの自転車をあげにいった。レオンちゃんはすごくよく食べるからか、体が小学校2年生くらいに大きいみたいで、甥っ子君と10センチ以上背の高さが違う。だから、レオンちゃんの小さくなった服や自転車がそのまま甥っ子君にいくから、無駄にならないでいいんだけどね。

甥っ子君の幼稚園は、何とマリア幼稚園という、クリスチャンの幼稚園で!
(なんかこの写真は、ふしぎなオーラがうつっているね。)



この幼稚園は結構大きくて、たくさんの人がきてバザーとかをやっていて、収益を恵まれない人たちに支援をするらしい。
出し物も、100円とかで遊べて、レオンちゃんも楽しんでいた!

驚いたのが、フェアトレードのお菓子のお店があったことだ!



陽子ちゃんは大学生になってからフェアトレードとかを知って、
出来るだけ服はフェアトレードを買うようにしているけど、、なんだかんだ言って、やっぱりベースがあったんだなあと思った。

それで、歴代の園長先生がフェスティバルにきていた。
陽子ちゃんはこの園長先生に会うのを楽しみにしていたんだよ。
その園長先生はスペイン人で、カルメン・ペルムイ先生という。今は修道女会というところの、トップになっている人というから、壇上にいるときはオーラがあって厳しい感じもしたけど、、あとで陽子ちゃんが話しかけたら、、

こんな顔をして!!(これをとったわたしを陽子ちゃんはグッジョブと言ってくれた)



すごく驚いていて、当時に習った歌を一緒に歌ったり、、、何とわたしにもすごく気さくに話しかけてくれて、どこの国ですかとか、いつご結婚されたんですかとか、、マジでびっくりした!!わたしは初めて本当のシスターとお話ができたのかも。。
あとで、、陽子ちゃんがやっぱり瀬戸内寂聴さんとか、ダライラマとか、マザーテレサとか宗教的トップの人って、半端なく腰が低くて誰にでも笑顔で話しかけてくれるわーーと言って、わたしをじろっとみた。。やっぱり、調子こいてたらだめだよって。。実るほど頭の垂れる稲穂かなとことわざの通りなんですよーと言われた。わたしは知らない人に話しかけるのはまだ緊張するけど、、ああいうふうに自分のことをガードする気持がない人というのは、やっぱり強いなあと思った。

でも、もしかして強いのはなんでかなあと思うと、陽子ちゃんは昔心のよりどころが十字架のイエス様だったそうで、修道院に入りたいと思ったこともあったんだって!だから、シスターはやっぱりキリスト様を信じているから、強いんじゃないかと思う。その点、わたしは仏陀を信じているけど、ゴータマ・ブッダという人は、神様じゃなくて普通の人間だから、、自分を奇跡のように救ってくれる人ではないから、道を教えてくれる人だから。前にクリスチャンの人と話したとき、仏教はこわいと言っていたのは、クリスチャンは贖罪をして、自分で罪を告白することで罪から解放されるらしいけど、仏教はそんなことはない。だから、つまり自分を律していくしかないところがこわいところだという。

だから、わたしも心の中には今までは神様にお祈りしたり、お願いしたりすることって、めったになかったけど、、、だけどこの1~2年は、今までのブログにも書いてきたように、日本の神社の神様の存在を、見せられることが多くなったから、何かあった時はわたしは外国人だけど、、小さなお願いをする時もある。

例えば、今年は運動会やハロウィン、陽子ちゃんの千葉の甥っ子君のところにいく用事があったから、通訳はその時できたら入らないでほしいと願っていた。何か外国人の事件が起きれば、わたしに通訳依頼がくることがあるから、今はいつでもスケジュールが立てられない状況でもあるからだ。確か、おととしのハロウィンはそれでわたしが参加できなかったし!でも、千葉いきが決まっていた日は、わたしの分もホテルもとってあったし、仕事が入ると泊まれないわけだ。。でも、何とその日、千葉の仕事の依頼があって、千葉で仕事をして、わたしは夜、陽子ちゃんと同じホテルに車で合流できた!これはびっくりしたよ!それで大浴場のないホテルだったから、みんなで「笑がおの湯」という、千葉のスパですごく気持ちいいお風呂にもいって、そこでそば粉100%の十割そばを食べた!陽子ちゃんは長野にいったときに十割そばを食べる時間がなくて、残念だったというけど、、まさかお風呂屋さんでそば粉からひいた十割そばが食べられるとは!そばはミネラルがいっぱいだから、体にいいんだってね。

あと、なぜか甥っ子君が勾玉をほしいと言っていたから、陽子ちゃんは高いし、どうしようかと思っていたけど、ちょいちょいと陽子ちゃんに前から電話がかかってきて、甥っ子君が陽子ちゃんにいつ勾玉をくれるのかと聞く。だから陽子ちゃんはなんとポケットマネーでSサイズの勾玉をつくってあげた!甥っ子君はレオンちゃんも殆ど乗ってない、カッコいい自転車ももらえたし、勾玉ももらえたし、レオンちゃんのオーガニック服ももらえるし、陽子ちゃんは行く時、たくさん体にいいおやつを持っていくから、、陽子ちゃんがおばで良かったでしょう!でも、なんでいろいろあげるのと聞いたら、かわいいからというし、甥っ子が陽子ちゃんをおばちゃんって呼ばなくて「陽子ちゃん」と呼ぶからだって!

それから、電話がかかってきて、甥っ子君の勾玉をみて、お兄ちゃんもお金を出すから作ってくれと言っている!勾玉はやっぱり見たら、、何かそれがすごいパワーをもっているのがわかるから、欲しくなると思う!

ちょうど勾玉の動画ができたから、みれる人はみてね!
みなさんのジュエリーは、できるだけ早く発送するし、浄化前に夜、写真や動画をちょっと撮らせてもらうから、夜の映像だけど・・・音楽もちょっといい感じのを選んで陽子ちゃんは、編集をがんばって作っていた。
[広告] VPS


まあ、ちょっと長くなりそうだから、今日もここくらいで皆さん休憩してね!

-------------------------------------------------------------

そんなわけで、何だか子供が大きくなってくると秋から冬は結構忙しくなることがわかってきた。陽子ちゃんは、運動会の練習からお弁当作りで疲れて、本番まで突っ走って、こんなに大変だった運動会は今まで初めてだと言った。自分の運動会で、自分が恥をかくのはいいけど、親のせいで子供が恥ずかしかったらかわいそうだからって!(ああ、、耳が痛かった!)でも、まだ幼稚園でいえば年長さんで、子育ては小学校、中学校、高校と、これからが本番でやっとスタート地点だということに気付いたんだって。そう考えると、とにかく体力が大事で、どんなに仕事があっても忙しくても、しっかりご飯を作って、教育することを頑張らないといけないーーっということで、陽子ちゃんは気合を入れることにしたという。

それで、こないだおばあちゃんがレオンちゃんにランドセルを買ってくれたのと同時に、陽子ちゃんはこれから小学校のお母さんとして、気合を入れることにしたって言って、1番先に準備として買ったのが、、ヒノキで出来た少し大きなまな板と、お盆と、お椀とか日本のお皿で!

それはどうしてかというと、やっぱりわたしたちは特にベジタリアンだし、小学校に入っても5日はお弁当で、たぶんこれから14~5年はお弁当生活かもしれない、これは本気で、覚悟してやらないといけないということだ、そうだ。しかも今まではわたしたちはスリランカ式に一つのカレー皿にいろいろおかずを乗せて、食べていたんだけど、何だかやっぱり日本に生まれた子として、きちっとしたことをやっていかないとって思ったんだって。

っというわけで、毎日お盆料理が始まった!
もちろん精進料理で、カレーも小さい深いお皿に入れられた!左下がダール豆とホウレンソウのカレー、右下のおかずは、ブロッコリーをニンニク塩でゆでたやつと、レンコンハンバーグ。
あと、白い皿のはキュウリの胡麻和えと柿。レンコンハンバーグはグリーンズで買って、オーブンで焼くだけ!陽子ちゃんは善光寺の精進料理を食べてから、毎日なんかゴマをすり鉢ですっておかずを作るようになった!すりごまを買えばいいじゃんと言ったら、ゴマを無心ですり鉢ですることすら、修行だそうで・・・それが大事なんだって。。。
(クリックするとレンコンハンバーグのページ。レオンちゃんはあまり冷凍食品が苦手なんだけど、これはパクパク食べてくれるのは、、今みたら有機野菜使ってるんだね!)



これはわたしが通訳でいなかった日、ある日の陽子ちゃんのお昼だそうだ。なめこと豆腐の味噌汁と、大豆ミートのチンジャオロースと、後ろは大豆ときびめんで作った、大葉とエリンギのパスタだって。陽子ちゃんは筋肉のために、結構大豆を使ったものをよく食べる!わたしはポテトが好きなんだけど。



食べるということが基本だと陽子ちゃんがせっせというけど、乳製品が乳がんの原因の本を読んでから、一切ミルク入りチョコレートも食べなくなった。だから、ちょうど今の時期、ピープルツリーのフェアトレードチョコが売り始まってくる季節だけど、まさかそれにも未練がないんだって!!ミルク無のビターチョコはあるけど、やっぱり美味しくないからだって。でも、その代わりにiherbで、ライスミルクが入っているチョコを買って食べたり、あとは豆乳マーガリンを使って、ショートブレッドを作ったり、なんだかんだ言って、子供のおやつと言って自分も結構食べてるみたい!

これは米粉と、豆乳マーガリン、きび砂糖で作っているんだって。
マーガリンが問題になっているのは「トランス脂肪酸」というものだそうだけど、創健社の豆乳マーガリンは、もうほとんど入っていないから安心なんだそうだ。
米粉130gときび砂糖60gと、豆乳マーガリンを70gをまぜて、ぱさぱさだったら豆乳を少しまぜて、クッキー生地みたいにまるめて、下敷きみたいなやつの上に広げて、包丁で切って、フォークで穴をつけてオーブンで焼くだけって。220度で、7分焼いてアルミホイルを上にかぶせてあと5~7分やくだけって。普通のクッキーより簡単なんだって。
豆乳マーガリンは、楽天のグリーンズで買っているよ!(クリックすると楽天のページ)



ちなみに、米粉のショートブレッドに超合うのが、スリランカのストレート紅茶で!
楽天のテーボムというフェアトレードのお店で売っている。こないだは陽子ちゃんがなんか自分が呼ばれている気がして、紅茶をお客さんにもあげようと思って注文した。
これは紅茶のティーバッグだから、簡単においしく飲めるよ。15個で700円しないのは、安いでしょう!
イングリッシュブレックファーストティーというのが、すごくすっきりしていてわたしたちは好きだけど、特濃豆乳を入れてミルクティみたいにするときは、ウバというのを使うよ。
(クリックすると楽天のページだよ。)


そしたら、いつもメッセージをくれるけど、何だか少し元気ない感じだったそうだ。
フェアトレードのコミュニティのフェスティバルだった日が雨だったみたいで、きっと寒かったと思うし、お客さんも外のフェスタはあんまり来なかったんじゃないかなあ。。


わたしたちは静岡のお店に一回しか行ったことがないけど、「テーボム」というのは、スリランカのシンハラ語で「紅茶を飲みましょう」っていう意味だから、そういうお店は応援したい。しかも、スリランカの人のためにフェアトレードで頑張っているし。
だから、わたしから言うのもおかしいけど、皆さん何か買ってあげてね。
(ちなみにわたしたちが楽天とかのページにとぶよっていうリンクは、一切アフィリエイトじゃないから、わたしたちにマージンはこないから、安心してください!)

でも、日本のお盆に入れて、ご飯を食べるようになってから、
何かそれはきちんとしているみたいに思えるし、わたしも気に入っている。
陽子ちゃんは、こういう風にしながら、実は日本の神様にもゴマすりをしているんだよと言っている。
前に書いたみたいに、仏教や神道でもやっぱり昔の日本は日本の着物にも表れているように、あまり体のラインをみせなくて、つつましいという美がとても大切で、外国の体や美を見せるやり方の芸術は、あまり日本の神様にも好まれていないという。
天照大御神様が岩戸にこもった時、あめのうずめのみことという神様が、服も乱れるくらいに激しく踊ったら、まわりの神様が大笑いして、びっくりして天照大御神様が出てきたという。だから、そういう、太陽がこの世界から隠れてしまったという、とんでもない状況の緊急時以外は、やっぱり激しい、芸術というものは良いわけではないのじゃないかと思ったんだって。

陽子ちゃんはこれに気付いて、そういえばフラメンコをやっている先生方やお姉様がたは、かなりの確率で独身で、生活が結構きびしい人も多いなあと言っていた。陽子ちゃんに教えてくれる先生たちは、昼間は普通の仕事をして、夜は毎日ショーやレッスンで忙しくて、ブログをみてもカップラーメンを食べていたり、頭がいたかったり、時々点滴をしたり、具合がよくなかったりするけど、なんとか毎日回してるようだと言っている。それで、陽子ちゃんは、やっぱり、フラメンコは外国のダンスだし、特にスカートをめくったり広げたりするから、日本人であるならば、ぶっちゃけ、あんまりフラメンコが生活の中の大半になったら、神道的にやばい、日本人であるなら、やっぱり趣味程度にしておかないといけないと思ったそうだ。

だから、実は発表会が11月にあるんだけど、陽子ちゃんは、バタバタしていて自分の不徳で練習に満足に参加できないから、皆さんにごめいわくがかかるし、発表会は今回は見送らせて下さいと言ったそうだ。本当はこういう思いと、あと仕事が忙しいのと、子供の行事でいっぱいですって、言いたいところだったというけど、そういう言い方をするとアパラがくるから決して言わない。例えば、「仕事が忙しくていけません」というと、相手はどう思うかというと「仕事のせいでこれないのか」と思う。そう思われると、マイナスのエネルギーを受けてしまう人は、あとで仕事にトラブルが発生したり、発生しないでいい余計な問題ができて、たいへんになることがある。

じゃあ、例えば子供の行事が忙しくてと言ったら、相手はにっこり笑って大丈夫だよといっても、もし心のなかで「子供がいるから来れないのか」と思われれば、それだけで影響を受けやすい子供はちょっとしたら、風邪をひいたり、熱がでたり、余計なアパラが発生してしまう!わたしたちは、陽子ちゃんがメインでケートゥの時期になってから、広いアンテナのせいで、毎日必要ない余計なアパラをできるだけ発生させないように、うまく除けられるようにしている。

なぜなら、そうしないと、このお店の仕事がまわらなくなるからだ。実は、なぜかここ1~2年、ご注文をくれるお客さんの多くが、かなりラーフの影響を受けているホロスコープのお客さんが多くて、それはどういうことかというと、簡単に言えば、霊的な影響を受けやすい人だ。でも、それに気づいていない人が多くて、だからあまり法事をちゃんとやっていなかったり、いろいろ信仰を大切にしていないことで、お客さんの血縁でこの世界には生きていない魂から、いろいろメッセージを受けることがあるからだ。

ぶっちゃけいうと、これが今大体お客さんの半分位あって、陽子ちゃんも日々あ~これはこの人のあれだとか、その次の日は、この人のだとか、忙しい。あと、どこまで伝えていいか、探りながら伝えているそうだ。やっぱり目に見えるものではないし、相手がその人の声がきけたり、姿が見えるなら信じてもらうけど、そういうアンテナがないから、陽子ちゃんのところに来るわけで、、だから、やっぱり信じられないという人もいるのが当然だ。だから、ここまで軽く伝えて、そのあとリアクションが、この人は多分受容できていると思った人にはそのあとの話を続けているという。。でも、この方はちょっと難しいだろうという時は、その訴えてくる魂にも正直にこれは難しいかもしれないと伝えているそうだ。

わたしたちは、まずホロスコープありきで、それに基づいたジュエリーということが仕事なんだけど、ちょっとまた別のこういう目に見えない現象のお役めといっている、仕事もあって、だからこそ、わたしたちは霊媒師じゃないし、、まあ、こんな状況もできても、あと1~2年だろうと話している。陽子ちゃんは自分のアンテナが2020年にはなくなるだろうから、それまだと言っているけどね。ただ、一つこの文章を読んで気づく人がいたら、「原因不明のように見える体の不調や神経の疾患は、原因はあるよ」ということを書いてと言っている。何でも大体は、やっぱり原因があって、今、そうなっているよということだ。

その原因の多くが前回のブログの内容も関わっているけど、自分の亡くなっている親族で、それが最近のだったり、時々300~400年前の人たちも関わっていることもあるという。スリランカは仏教では法事大国というイメージで、とにかく法事をしっかりやって、魂が良いところにいけるようにめぐらせてあげることが大切だけど、日本ではきくと、結構、親族の争いとかあまり仲が良くないとかいろいろあって、法事をしていなかったりする家が多いというね。法事をしない宗教でも、自分が生きていることは、その血がつながってきた歴史の一人一人の先代の人たちがいることを気にしないで生きている、全く自分は自分、この苦しみは自分だけのものと考えてしまうことが、あなたの苦しみを深く、アパラを強くさせてしまうことだというよ。

そんなわけで、、とにかくわたしたちは時々というか、最近は結構、呼ばれてご注文をくれるお客さんといった方が多くて、、ちょっとふしぎな仕事があるから、でもそれはやっぱり大切なことだから、こういった目に見えない役割の仕事は無償だけど、体力も時間もいることで、だから、、それ以外のところで、無駄なアパラが発生しないように、しているわけだ。それが、生活の一つ一つができるだけ公共善につながるように、日本の神様が好むように、、ごますりをすることが大切なんだって。

だから、やっぱり、昔はご飯を炊くということが薪を拾ってきて、火をつくって、火加減をみながら、じっくり作っていくように、「頂く」ということが大切で、だから、天照大御神様という日本のトップの神様は、稲穂をもっているという。だから、陽子ちゃんは、フラメンコの先生方に、「あまり練習練習で日々忙殺していくより、自分でご飯を丁寧に心をこめて作ったほうが、出会いのご縁が強くなりますよっ、先生方もご結婚して、旦那さんに稼いでもらいながら、フラメンコをやった方が人間的な生活ができるし、先生方の親御さんも安心してくれるんじゃないでしょうか」って、すごく言いたいそうだ。でも、わたしたちがこういう仕事をしていることは内緒にしているから、自分の不徳で忙しくて練習に参加できなくてすみませんとすごく腰を低くして接している。それでフラメンコ踊りを踊るときは、あくまで自分の中のさらけ出したい火の部分のような、陰の部分をその場で出して消化していくイメージでフラメンコを踊ることにしたというよ。

しかも火の部分というのは、2018年のキーワードになるという。
陽子ちゃんによると、今年2017年は水の年で龍神様が活動する時期で、水害がとても多かったという。それは、龍神様が悪いというわけではないそうだけど、、来年の2018年はというと・・・火の神様が動く年なんだって。
だから、わたしたちは9月に「火の御子社」という、戸隠の火の神様の神社に行った。
それで、こういうものを多く頂いてきた。

火事対策の火の神様の神社のお札だよ。11月の26日の朝に神棚におくらしい。



陽子ちゃんは、おそらくもうこれからすぐにでも必ず火事が増えてきて、そういった天災が起きないように、起きても巻き込まれることがないように、自分で自分や大切なものを守るという意識が大切で、天災というのは特に自分の力では及ぶことができないものだから、神様にお祈りすることが大切だからという。

わたしは本当かなと思っていたけど10月にカリフォルニアで、史上最悪の大きな山火事が起きて、東京23区の半分くらいの広さが焼けてなくなってしまったでしょう!!
日本でも、最近よく火事や放火が多くて、ニュースで出るでしょう。
これは何かあると思っていた。

あと、つい最近meet upという、趣味があう人たちでみんなで何かしましょうというのがあって、いろいろグループがあるけど、陽子ちゃんは登録して、「ヴィーガン ミートアップ」というサークルみたいなのに入っている。ヴィーガンは肉や魚、卵や乳製品も食べないし、革製品や動物性のものを一切使わない、完全ベジタリアンのことだけど、8日にヴィーガンピザパーティがあって、陽子ちゃんは家族でいこうと一瞬参加を表明した。でも、なんか胸騒ぎがして不参加にした。そうしたら、今日、こういうメールがきていた。
Two dogs had a small fire in their chimney a little earlier! So no pIzza tonight. But this meetup is going ahead and・・・

つまり、会場となるレストランの窯のところで小さいボヤのような火事があって、ピザを焼けなくなったから、でもピザなしでも今日はやるから良かったら来てください、ということだったよ。これは・・・まじで、そうなんだと思った。陽子ちゃんはボソっと・・・「やっぱ神様はアメリカの小麦粉のピザを喜んではいない、例えベジタリアンであっても・・・やっぱり米粉にすべきなんだ。。。」といった。特に来年2018年は、「米」にかかわる・・・がいろいろあるそうだから!パンよりお米を食べる方がラッキーになるそうだよ!

それから、来年の気を付けるべきの、「火の部分」は、人間の意識のレベルでは「言葉のきつさ」ということにもつながるという。だから、ホロスコープで火星とそれに対応する土星のアパラ、ケートゥ、ラーフのアパラがある人は、「言葉」をできるだけつつましく、余計なことは言わないで頑張った方がいいみたいだよ。
実は、わたしもこの仕事をしていると、「まじかよ」と思うことが時々あるよ。
理不尽なことだよ。ものすごく反論したいけど、仏陀もわかる人だけに説法をしたというから、残念ながら、この人は理解ができない人だと判断をした時は、わたしは事務的なことだけ伝えて、関係を切る。本当は反論をした方がすっきりするし、そうしたくてたまらないけど、自分の人生の時間の無駄になるし、ただ、自分が言いたい欲というのを満たすために言っても、相手が理解できなければ意味がないでしょう。結局相手が逆にもっと「えーー?」と思う理不尽なことを言い出したりすることもあるでしょう。
それに付き合っている時間というのは、もったいないことだよ。だから、日本語の「口をつぐむ」という言葉にはすごく強い意志と、忍耐力がある言葉だと思って、わたしは心の中で「口をつぐみます」と言って、終わりにするようにしている。

来年は・・・といっても、もうちょっと始まっているから、これから、火星や土星、ラーフ、ケートゥが、今あなたにマイナスの影響を与えている時期ですよという時は、特に「火のような言葉」に気を付けた方がいいよ。

「口をつぐむ」ように頑張って耐えたあとは、少し後で自分に果報になって返ってくることもあると思うよ。
ちょっと前にすごく嬉しいお知らせをもらったんだけどね。去年の今頃に非加熱スリランカ産のブルーサファイアの指輪を作ったお客さん、仕事の状況がとても大変そうだったけど、転職を考えていて、自分の転職のために英語が苦手だけどTOEICをがんばっているということだった。とても大変な立場で頑張っているお客さんだったから、わたしは話を聞いて、心から応援をしていた!

それで本格的に転職活動をしようとしていた時、今いる会社で移動があって、今より状況的にかなり良いところに移動が決まったということだった!だから、どうなるかわからない転職活動はひとまずしなくて良くなったそうだ。それはやっぱりわたしはブルーサファイアを着けて、いろいろ文句を言わずに自分の状況を改善しようと思って、努力していたから、それがすべてを変えてくれたんだと思う!

特に言語って不思議だなあと思うけど、わたしも言語に救われた人で、大切だよね。
前に陽子ちゃんが戦争の英霊を横浜の氷川丸から連れてきちゃったとき、家の中はしばらく大岡昇平の話ばかりだった。大岡昇平さんは、学生時代にフランス語と英語をめっちゃ勉強していたという。それで、戦争になってフィリピンのミンドロ島やレイテ島というところで戦争を経験するけど、、もう敵が攻めてくるだろう、もう死ぬだろうとわかった時、自分は絶対に自分から人を殺さないと決めたそうだ。それで、もうどうせ死ぬから、逃げるとき、水筒に水を入れないで逃げたんだって。ちなみに他の人は水筒に水をいっぱいにして逃げたそうだ。そうしたら、みんな水があるから自分の水を飲んで、その場所で爆弾とかでやられてしまう。でも、大岡昇平さんは、水がないから、走っているとすごくのどが渇いてきて、どうしても最後に水を飲んで死にたいと思って、水のある場所を探していく。ああ、ここは水がない、あ、あっちに川があったかもと思って移動する。そうしたら、前にいたところで爆弾がとんできて、みんな死んで、自分はそこから離れていたから助かる・・・ということを何度も何度も繰り返して、結局2日くらい水を飲めないけど、死ぬことがなかった。途中で米国兵士と正面から、会ってしまったけど、自分は殺さないと決めていたから撃たなかったという。そうしたら、相手も自分を撃たないで逃げたというのが俘虜記という本の有名な場面だそうだ。でも、とにかく2日3日水も飲まずにいたし、マラリヤにかかっていたから、、熱でぶっ倒れていたんだって。

その時、米国兵士が何人かできて「歩けるか?」と英語で聞いてきた。そうしたら、自分の口から、ちゃんと英語がでてきて、英語で歩けないと言ったら、米国兵士の誰かが肩を貸してくれて、捕虜の収容するところに連れていかれたという。そこで、いろいろ聞かれたというけど、大岡昇平さんは英語は習ったことはあるけど、英語の音や、外国人の顔をみたのは初めてで、その顔の美しさに圧倒されたという。そして、英語が話せるということで、捕虜として捉えられても、米国人がビスケットをくれたり、水をくれたり、すぐにマラリヤの薬を飲ませてくれたり、かなり好待遇で扱ってもらうことができたという話だ。ここの話は、敵国の日本の兵士に米国兵士がこんなにしてくれるかというくらい、友情のような話もあって、面白いんだって。

そして、大岡昇平さんは助かって日本に帰国して、80歳以上まで生きたというけど、、やっぱりあの時、米国人が捕虜として、大岡昇平さんを見つけた時、「歩けるか?」と英語で聞かれて、英語がわからなくて、答えられなかったら、、、かなり状況は違ったと思う。だから、やっぱり言語、言葉を相手の言葉で話す、言葉を大切にする、勉強するというのは、命を救う努力でもあると、、わたしは思っている。

だから、きっとあのお客さんが、英語が苦手でも、仕事のあいまの少ない時間の中で、少しずつ英語をがんばっていたことは、惑星もしっかり感知して、アパラを抑えて、違う発展の道を作ってくれたんだろうと思う。後で、今よりも良いところに移動が決まったというけど、それは絶対、あなたが英語を勉強したり、転職ができるように努力をしていなかったら、湧き上がってこなかった話だと思うよ!

あともう一つ、わたしの経験として・・・ということで、話をさせて下さい。
実はわたしは通訳という仕事をするようになっているけど、それは外国人がからむ
事件で、大体は容疑者の言葉を日本語に同時通訳をして、警察官や検事さんに伝える。裁判で通訳をしたりするんだけど、時には、、どうしてかわからないけど、病気で病院に運ばれて亡くなってしまった外国人がいたりして、その人の母国の家族に、〇〇さんがここで亡くなりました、日本からご遺体を移送するか、こちらで葬儀をして荼毘にふすか選択してくださいという、そういうかなり重い役割も・・・ある(かもしれないと書かせて下さい)。

この状況だったとき、わたしはそれが年齢が若い人であればあるほど、つらいんだけど、逆を考えたら、とても恐ろしいことだと思っている。皆さんは大体の人が元気で、何も自分がどうなったこととか想定せずに、海外旅行とかにもいくと思うけど。。でも海外旅行とか行く時は、持病とかある人は特にいろいろ気を付けてほしいと思っている。
もし、行くところの言葉をあなたが完全に流ちょうに話せない状況でいくときは、もしあなたが倒れても、あなたの体の持病や何かアレルギーや体の特徴のことで、こうしてほしいと言いたいとき、何か伝えないといけないとき、苦しい状況で、あなたが病院の人に伝えられるかどうか、もしそういうことが出来ない時はとても大きなリスクがあって、命に係わる状況になることもあるよ。そうした場合、あなただけが困るわけじゃなくて、あなたにも病院の人も、またあなたの家族もとても大変なことになるーーーっということがわかった。ぶっちゃけていうと、、遺体を外国に移送するためには何百万のお金が必要になったりするからね・・・遺族であっても、悲しみより、どうしていいかわからない場合もあるわけだよ。。。

だから、陽子ちゃんはできるだけ、2018年来年は「言葉」「言語」が大切になる年だから、海外旅行とかいくときにその国の言語が流ちょうじゃないなら、できたら日本の旅行にとどめた方がいいかもしれないよ。。。と言っている。ちょっと海外でのテロや事件や災害も火の関係で多くなるというからね。。。

少し重いトピックになってしまったけど、、もう火の神様は動いているから、、火の元や、油、お線香とかの蝋燭の火でも、気を付けて下さい。そして、愛のある言葉を人にあげていくことと、、もし、つらい状況であなたが、言いたいことがあっても、アパラの時期だったら、その言葉が説得力をもってまわりを動かすことは難しいから、ぐっと我慢をして、心を静かにしてときをすごしてください。あとで、必ずあなたの言葉が輝きだして、あなたの思い通りになるときがくるから。。。

でも、こんなことを言ったら、ちょっと来年は怖い年になるのかなあと思っちゃうかもしれないけど、火の神様の年だそうだけど、自分の人生設計をちゃんと考えて努力をしている人は、それが仕事のことでも、プライベートことでも叶いやすい年だそうだよ。例えば恋人ができやすい、結婚がまとまりやすい、あと子供も今までできなかった人でもできやすい年なんだって!もうこういう影響が始まっているというから、、心にあ!って思う人はがんばって下さい!

こういうことを考えると・・・時々、このお店をしていても、いつも手紙をくれるお客さんとか、ホロスコープの翻訳を伝えたときでも、すごく、、こんなに長い文章を翻訳がすごく大変だったでしょう、、と感謝をしてくれたり、ジュエリーの製作者さんたちや、仕事のことまでも、、けがとかが無いように気を付けて作って下さいとか、、、わたしたちを気にしてくれて、苦労をねぎらってくれる言葉をくれるお客さん、、、ぶっちゃけやっぱり普通は多くないけど、、本当に相手の立場を想像してかけてくれる優しい気遣いの言葉というのは、、、それは、、ここにいるわたしたちだけじゃなくて、日本の神様も、遠い惑星も・・・それをすぐにキャッチしてみているよ。だから、きっとそういう人の将来は必ず幸せにみちあふれたものになると思うよ。わたしは陽子ちゃんからこういうメールを聞くと、自分はあまり気にしない人だから、なかなか自分が業者さんや仕事の関係の人にやさしい言葉をかけてあげているかといったら、、、それができてなくて恥ずかしいことで、自分をかえりみて、気を付けていこうと思うよ。それが自然にできる人になれたらと思う。。あのマリア幼稚園の、シスターみたいに。。。


これはスリランカ産の非加熱ピンクサファイアで、1ctある!本当にすごい力を感じる輝きで、見たことない美しさだったけど、少しパープルがかっているということで、かなりお得な価格で仕入れることができたと思う!時々、そういうこともあるんだよね。
でも、宝石の本当の価値は、価格じゃないところにあることが多いよ。



(ちなみに、1ctUPで最近超きらきら輝くきれいな、超理想的な色のペアシェイプの非加熱ブルーサファイアが入荷したんだけど・・・すごい理由で28万くらいのが15万くらいで買えるやつが今ある!!!きになる人はメールで!1.241ctだけど、ダークじゃなくて陽子ちゃんは雅な花びらと言っている色)


そして、アレキサンドライトの横は、ミャンマーの不思議なゴールデンムーンストーンだよ。非加熱の赤いルビーもそうだけど、美しいものが出る土地でも、ロヒンギャの問題がとにかく大変で、今すぐに食べるものもない、難民で病気で何にもなくて、とてもひどい環境で苦しんでいる人たちがいるよ・・・!
ミャンマーの宝石を持っている人は、とても幸せだから、何か心をわけてあげてね!
そうすることで、きっと自分にもラッキーな出会いやご縁に辿りつけるから!



そんなわけで今回は、また長くなっちゃったんだけど、
10月からのイベントもまぜて、来年を視野に入れた内容でまとめてみました!
ここまで読んでくれた皆さんどうもありがとう。。。
10月は台風も多くて、みんな心配して過ごしていたと思うけど、
これから寒くなってくると、外の仕事や通勤でも駅まで遠い人とかは
大変な時期になると思う。
いろいろウィルスとかにも負けないように、元気で2017年を終えられるように、、
あともう少し頑張っていきましょう!!!

ありがとうございました。


善光寺と戸隠、初!

みなさん、こんにちは!
いつも見に来てくれて、ありがとうございます!
だいぶ秋になってきて、動きやすくなったね!
2017年もあとちょっとが見えてきたけど、、みなさんは元気ですか!?
9月は、世界でもいろいろなところで大きな地震があったり
大きな台風で川が氾濫して、被害にあってしまった地域もあって
ちょっと戦争にむかいそうな情勢もあって、アラームが鳴った
地域の人はとても心配だったと思う。
きっとまだ住むところも元通りじゃなくて、大変な人もいると思う。
日本からだと日本赤十字が、国内の災害と海外の災害の支援をしているわかりやすいところだから、少し気持ちをわけてあげてね!

世界でも、国内でもいろいろ災害とかがあって大変なときだけど、
たぶんこれを読んでくれている皆さんは、まあまあ元気で頑張っていると思う!
わたしは今エアコンもいらないし、暖房もいらないし、服もいっぱい着なくていいし
ちょうどよくて、電気代もあんまりかからないからいい季節だなあと思っている!

今回のブログは、8月にスリランカに行っていたことをもう少し書こうと思っていたんだけど、、、何人もお客さんが前のブログで最後の方にちょっと予告していた、オカルト系のお話ってなんですか!?たのしみにしていますっていうメールを送ってくれて!
わたしもちょうどその件で、ある所に行ってきたばかりだし、今日はそれについて書かせてください!
旅行記みたいになっているから、今までで最長になってしまうから、途中で休んでまた今度つづきをみてね!

でも、ちょっとすごい前置きが長くなっちゃうんだけど・・・
8月は陽子ちゃんもレオンちゃんも家族みんなで、スリランカにいくことになっていたけど、スリランカのデング熱のアウトブレイクが半端なくてキャンセルをして日本にいることになった。そういうわけで二週間くらいまるまる開いたから、わたしがいない時は、お客さんの指輪の浄化や発送作業もないし、陽子ちゃんはレオンちゃんが、陽子ちゃんのお兄ちゃんの子供のゆう君(レオンちゃんのいとこ)と遊べるようにうちに家族でお盆にうちにきてと言っていた。

だけど、お兄ちゃんの奥さんはケアホームみたいなお年寄りが住んでいるところで働いていて、お盆もちょっと仕事があるからお兄ちゃんの奥さん=ゆう君のママはこれないで、お兄ちゃんとゆう君と陽子ちゃんのお母さんの3人が家にきて数日とまっていろいろ遊びにいったりすることになった。

ちなみに陽子ちゃんのお兄ちゃんは、どんな人かというと、陽子ちゃんがすごいしっかり者みたいだから、わたしも最初しっかりした人かと思っていたけど、全然違うから!まず外見は長州小力ということで、たばこもめっちゃ吸っているし、全然ベジタリアンじゃなくて、お肉も普通に食べている人で、何よりもPCゲーマーで、一言でいうといつもジョークを言っているみたいな面白い人だよ。

何でこうなっちゃったかというと、お母さんの育て方が子供のときから、超厳しすぎて、小さいときから勉強しなさいしなさいと言ってきて、これがテレビですといって、英語の紙芝居を買ってきたり、テレビをみていたら、押し入れにテレビをかくしたり、ご飯を食べるのが遅かったらお味噌汁を頭の上からかけたりして、勉強やしつけに関してすごい厳しくしていたんだって!そんなだから、お兄ちゃんは中学2年まではすごく優秀だったけど、その後、あるひ鏡をみていたら、自分は自分だという気持ちになってきて、もうこれから勉強はしない!ときめたそうだ。だから成績がすごく下がって高校はやっと入れるところにいったそうだ。そのあと陽子ちゃんの両親は、お兄ちゃんに大学はどこかいってくれと言われて、てきとうに浪人を2年したというけど、結局ゲームばっかりやって、勉強しなくて大学を全部落ちたそうだ。しかも、それじゃあエンジニアの専門学校にいけといって、両親がお金を払ったけど、それも卒業しなかったとか。

だけど運がある人で学歴はないけどちょっとはいろいろ人に仕事を教える能力が高いといいうことで、JRの関連の会社になんか就職できて、それ以降はしっかり仕事をしていて今は上にいっていいお給料をもらっている。つまり、おにいちゃんはゲームのためにご両親の、、とても大きなお金を無駄遣いしちゃった人だというけど、でも心の根は優しくて陽子ちゃんが浪人のとき大荒れだった頃、結構話し相手になってくれて、恋愛の自殺するしないとかいろいろピンチなとき、陽子ちゃんはお兄ちゃんに助けてもらったそうだよ。

まあ、そういうお兄ちゃんをみていたから、陽子ちゃんは自分はとにかく勉強を頑張って、途中高校で挫折をしたそうだけど、あとで早稲田を一気にすきになっちゃって浪人してがんばって入ったという。だから陽子ちゃんは自分でかなり勉強をした方だというけど、お兄ちゃんが「勉強しなさい」という言葉で、あんなんなっちゃったから、陽子ちゃんは、子供が生まれたけど、自分の子供のレオンちゃんには絶対勉強しなさい!!と言わない。他のお友達は夏はまだ6歳なのに夏期講習とか行かせられているのに!でも、なんか言わない方が結構勉強できるようになるみたいで、算数や国語はできるようになっているから、まだ普通の幼稚園だったら年長さんの年だし、これで十分だ~それより、元気でみんなにご挨拶できることが大事だといっている。

まあ、そんなことで陽子ちゃんのお兄ちゃんとゆう君とお母さんが遊びにきた。ゆう君は宝石がだいすきで、陽子ちゃんに使わない宝石をもらって、宝石屋さんごっこをしたり、二人は水を得た魚のように二人で遊んだりベッドの上で音楽をかけて踊ったりそれはすごいはしゃいでいたんだって!

ちなみにご飯は唐揚げとかをベジタリアンで出していたら、お兄ちゃんはお肉だと思って食べていて、自分たちのためにすまないねーといったらしい、でも大豆肉だとしって驚いていたって!

夜になって、お兄ちゃんだけはリビングの隣の和室にふとんをしいて、他の人はみんな寝室の3個のベッドにねることにしたという。でも陽子ちゃんは、お客さんにご連絡があるということでリビングにPCをもってきて仕事をしていたという。お兄ちゃんはリビングと続いている和室へのふすまみたいな扉をしめてふとんに入った。

そうしたら、陽子ちゃんがPCで作業をしているのにふすまがガタガタガタガタ大きな音を立ててゆれていて、陽子ちゃんはてっきりお兄ちゃんがなんか、陽子ちゃんが仕事しているから電気のあかりが気になるからふすまをガッチリしめたいから調節してるんだと思ったという。だけどずっとガタガタやってるのが長すぎるから、陽子ちゃんは「もうーなにしとんねん」と言ったんだって。そうしたら、中にいるお兄ちゃんが「何もしてねーよ!おまえこそ何してんだよ!ゆらすんじゃねえよ」って言ったんだって!そして、陽子ちゃんとお兄ちゃんはそのときハっとして、お兄ちゃんが慌ててふすまをあけて出てきたという!
それで、「うわーなんだよーー俺が邪悪なにんげんだから、この部屋にいるのがいけねーってか?」って言って、和室からあわてて出てきて、リビングのソファに座りこんったんだって!

陽子ちゃんはそのとき伝わってきたものがあって、「いや、これは我々のご先祖様だ」といったんだって。

実は陽子ちゃんはその数日前から、わたしに電話をしてきて、「なんかおかしいんだよね。あのときの息苦しさがあるんだよね。これはプラちゃんのお母さんが亡くなった時に憑依された時の息苦しさと全く同じで、死と関係あるものなんだよね・・・プラちゃん、デング熱にかかって死ぬのかな?」とか電話してきたからね!それでいや、ぜんぜんこっちは平気だよって言っていたんだよ。

とにかく、その夜はお兄ちゃんは怖くなってリビングのソファの上で寝ようとしたけど、全是寝れなかったという。次の日、陽子ちゃんは頭が死ぬほど痛くなって、いつもだったらわたしが仏教のピリットをパーリ語でいうと結構おさまるんだけど、それでもダメな時は最近は、神道の祝詞のCDをかけている。あのCDは結構効果があって、ちょっとした霊は出ていくんだよね。たとえばホロスコープのお客さんのをやっているとき、そのお客さんのご先祖様やお客さんの亡くなったお子さんとか、そういうくらいの魂ものでは静まって痛みがきえるという。

でも、陽子ちゃんの頭は何をしても痛くなるばかりで、みんながリビングとかでいる時、あまりにもつらいから一人でベッドルームにいって、うーうーいいながら痛みにたえていたという。だけど、その痛みと同時にとうとう陽子ちゃんはいろいろ複数の霊に手と足をおさえられて、もう動けなくなって、大きな声でだめだーーきてーっていったんだって。そうしたら、お母さんとお兄ちゃんがあわててベッドルームにきたという。そのとき、お兄ちゃんが「なんだこれーー俺の体中がチクチクするーー右足の膝が痛くなって、動かなくなってきたーー」といったという。

それから陽子ちゃんがお兄ちゃんにすごい顔で、にらみつけて、とても低い声で「おまえはなにやってるんだ、おまえの家には畜生がいるだろ、畜生が一番じゃないんだ、畜生には畜生の生きざまがあるんだ、お前がちゃんとしないから、お前のこどもは名前もかけんのか」って、いろいろすごく怒ったんだって。それで、お兄ちゃんは「すみませんが、あなたは誰ですか」といったら、陽子ちゃんが 「た〇お」 といって、男の人の名前をいったという。それから、また別の声で、「おまえの嫁はだめだ、あの嫁の家には畜生がいっぱいいるだろ、畜生が1番にになって人間の飯をちゃんとつくらないとだめだ」とか言ったんだって。それでまたお兄ちゃんが名前をきいたら、「た〇〇つ」という別の名前をいったそうだ。それから、亡くなったおばあちゃんが出てきて、その人は優しい声で「みんな顔がみたいから3人でおはかまいりにきて、朝にはご飯をお供えしてね」といったという。

陽子ちゃんは、自分の意識は遠くの方であっていたみに耐えているとき、別の口がしゃべるような感覚だったという。でも、陽子ちゃん自身は、その「ただ」という字ががつくひとたちの名前を知らなくて、お兄ちゃんもお母さんも知らない名前だったから、一体誰なんだといって、お兄ちゃんがあわてて、お父さんに電話をして、その名前の人は誰かってきいたら、実はそれはやっぱり陽子ちゃんの家の血筋の昔、なくなっている人の名前だったという!

この状態は夜中の1時半頃まで続いて、時々陽子ちゃんが寝たりして、意識がちゃんと戻ったとき、祝詞のCDをずっとかけて、朝太陽が出てきたときに天照大御神様にお願いをしたら、やっと痛みがひいて、少し寝られたという。

もう、それからのお兄ちゃんは、陽子ちゃんとのステイは、お兄ちゃんはため息をつくばかりで、これは大変なことになったと、、困り果てたという。実はお兄ちゃんのお嫁さんはここ1、2年ちょっとおかしくなっていて、ご飯をほとんど作らないでいてマクドナルドとかですませることが多くなって、せんたくをしないで5日間もほっておいたり、使った食器をずっとおいていていたり・・・普通の「お母さんの仕事」というものをしなくなっていたという。

陽子ちゃんは申し訳ないけど、お嫁さんの実家の・・特に〇〇さんの方の関係からすごいものがきているし、かなり厄介なカルマだ、そういう荒れた状態になっているとkろおに・・・そこにさらにお嫁さんにまた違う浮遊している未浄化のやつがきている・・・という。だから、お母さん業をちゃんとしなくなって、家はあまり手料理が食べられなくて、みんな変なものですませたりするし、子供のゆうちゃんも遊びばかりで、文字のよみかきが全然できないままでいるという。陽子ちゃんのお母さんはかわいそうだからと、時々ゆうちゃんにおかずを作ってもってってあげたり、文字を教えてあげたりするんだそうだけど、、、でも、やっぱりそれはだめで、親である陽子ちゃんのお兄ちゃんとお嫁さんがしっかりやらないといけないことだった。

だからお兄ちゃんがご先祖様から言われたことは、「父親であるお兄ちゃん自身が、パソコンのゲームをしないで子供にちゃんと文字を教えて、名前くらいかけるようにすること。名前がかけるようになって墓参りにきなさいということ。あとはお兄ちゃんたちは猫を飼っていて、みーちゃんというんだけど、そのみーちゃんは夜中にも1時と4時ごろ、ご飯をくれといいにお兄ちゃんの部屋にきて、ドアをガリガリするという。なぜお兄ちゃんのところかというと、お嫁さんのところにいっても全然起きないから、お兄ちゃんが優しいから起きてあげて、しょうがないから、えさをやっていたというけど、、やっぱりそういうことがいけないんだ、、、」とわかったという。

それは、人間の家族3人の食事もきちんと作って食べないのに、猫には夜中にも欲のままにほしいままにえさをあげるというのはおかしいんだという、そういうことがわかったという。それから、ちゃんと、子供が生まれたのだからご先祖様に顔を見せにきなさい(お墓参りにきて)ということだった。

そこで、はじめてお兄ちゃんは陽子ちゃんの家で、あまりにも自分たちの生活がめちゃくちゃしすぎていたことに気づいたという。自分がこどもをそっちのけでパソコンのゲームに夢中になっていたこと、お嫁さんにもご飯ができていないことをしっかり怒らなかったり、でも猫には面倒くさいからニャーニャーいうままに夜中でもえさをあげたり、せんたくを何日もほっておいたり、こういうことが全部、人間の生活としてはカルマを作ることだったということに気付いたみたいだ。

おととし、陽子ちゃん達は富山県にお墓参りにいって、家でもお仏壇コーナーにお花やお水、お供え物をしているけど、そういうことを全く自分がやらないできたこと、それをご先祖さまが見ているということに初めて気づいて、、、お兄ちゃんには衝撃すぎてはぁーはぁーとため息ばかりになったという。ちなみに、陽子ちゃんが1年くらい前に、お兄ちゃんにお墓のことについて、これから先、親が亡くなったら、我々の世代がお墓を守らないといけなくなる。そうなったときのために子孫の会をして、ちょっと考えていこうと提案したとき、お兄ちゃんは「おれは墓なんて興味ないんだよ、そんなのしらねーよ」と言っていたという。でも、、こういう全てのことが、自分がやっぱりご先祖様というもののつながりを無視して、わがままに生きてきたことだということを、はじめて気づいちゃったという!

でも憑依の現象というのは、病気じゃないから、あっちがメッセージを伝えてすっきりしたら抜けていって、陽子ちゃんもケロッとなる。だから。普通に陽子ちゃんや子供たちは楽しく遊んでいたというけど、、でもお兄ちゃんは、このお盆のときに何か自分たちに起きていることが気になって気になって、気が気じゃなかったという。

しかも、やっぱりその夜中も陽子ちゃんは胸が苦しくなって今度は寝られなくなった。それでおばあちゃんがでてきて「みのるさんが心配をしている、、みのるさんが・・・」というんだって。でも、、陽子ちゃんはミノルさんという人を知らないから、お母さんとお兄ちゃんを起こして、みのるさんて誰??っていう状態でさっぱりわからないという。それで、お兄ちゃんもわからないし、お母さんに聞いたら、、、「ああ!もしかして富山のばあちゃんの家のななめ前にすんでいたミノルさんかもしれん。あのミノルさんはてつ(おにいちゃんの名前)とよく遊んでくれたんだけど、20何歳かで、あっというまに亡くなってしまったんよ、何で亡くなったのか、、、わすれちゃったけど」と言ったという。それで、、どうも陽子ちゃんの感じでは肺が苦しくなって、、それで息ができなくなって亡くなっている、お兄ちゃんがタバコを吸いすぎているから、ミノルさんが心配してるってことだと、、そういうことがわかったという。だから陽子ちゃんは、たばこをやっぱり少しでも控えてくれ、そうじゃないと私の息が苦しくてしごともできなくなるじゃないと言ったという!

お兄ちゃんたちは子供を東武動物公園に連れていこうかといっていたけど、お兄ちゃんの落胆ははんぱなくて、ショックすぎたようで近くの生物園にいって、遊んだんだって。でも、あそこは結構面白い展示だから、こどもたちはみんなめっちゃ楽しんでいたというよ!

そういう所にだけいって、みんなでまたわたしの家に帰ってきたけど、お兄ちゃんはトイレにいって出てきたとき、「おいーーなんだよーー、トイレの隣はなんだよーー」ていったという。陽子ちゃんは、はい?トイレの隣は寝室のクローゼットになってますけど、どうしたの?と聞いたら、トイレの壁のあっち側からトントントントンたたかれたという。
お兄ちゃんは、いったいこの家は何なんだい?って聞いたけど、陽子ちゃんもわたしもレオンちゃんも、正直見えないものがいろいろなことをアピールするのは、仕事柄普通の出来事だから、それが神様からのだったり、いろいろだったりするけど、、特にDMを発送したあとはお客さんがすごく思い出してくれるから、電気が勝手についたり、不思議なものが飛んだり、いろいろ面白いよ!でもわたしたちは全然こわくないのはわかっているから。でも、お兄ちゃんの話をきくと、普通の人からみるとやっぱり見えない世界のことというのは怖いのかなあと思った。

でも、まあ、、あのね、わたしたちもこういう宝石のお店をやっていて、たくさんのお客さんの人生と向き合っていて、それをいろいろな神様やブッダの教えの力もかりて、人それぞれより良い人生に迎えるようにお手伝いをするという、、そういう仕事だから・・・不思議なことは普通に起きるんだけど。でも、やっぱりカルマが大きい人がくると、激しいアピールはすごいんだね!

お兄ちゃんは、お盆の陽子ちゃんちステイがとても楽しい旅行になると思っていたけど、それが全然ちがったもので、かなりショックな様子で帰っていったという。それは、お兄ちゃんは自分のことはなおせるとしても、お嫁さんのことを直していけるのか・・・といっていたけど・・・それからお兄ちゃんがなぜかしょっちゅう陽子ちゃんに電話してくるようになった!!

たとえば、お兄ちゃんが自分の家に帰って、夜中にタバコを吸ったとき、苦しくなって、しかも気持ち悪くなって吐いて、またあのご先祖さまの陽子ちゃんひょういタイムの時みたいに右の膝が痛くなったんだって。それからお兄ちゃんは恐ろしくなって、あわててタバコをほっとんどやめたという!そういうことも電話してきた。

ちなみにお兄ちゃんのタバコのことは、お母さんもお父さんも健康のためを考えて、ずっと前からお兄ちゃんには口を酸っぱくして、たばこはやめなさいと言っていたんだけど、、、今まで全く聞く耳をもたなかったんだって!でも、お盆の時期にお兄ちゃんだけがなぜか呼ばれて、まさにふすまをガタガタから始まって、エクソシスト体験(とお兄ちゃんはよんでいる)をしてから、たばこをやめて、それから、ゲームもすごい減らして、子供のゆう君にひらがなドリルみたいなのを買ってきて一緒に教えるようになったという!!

そして、、もちろんお仏壇はできないけど、ご先祖様コーナーを設置して、今ではちゃんとお祈りをして、、この間、家族3人で富山県にお墓参りをすることになったというよ!


でも、お兄ちゃんが抱えている最大のネックは、お嫁さんがそういう話に、聞く耳をもたなかったりするから、もちろんお兄ちゃんもご飯を作ったり、家事に大幅に関わるようになったという。何しろみられているのがわかったからという!

それから、不思議なことに、陽子ちゃんはお兄ちゃんとお嫁さんの家族の暮らしが離れてるのにわかるようになって、、それは陽子ちゃんは右膝が急激に痛くなって、肩の真上から、誰かが人差し指でギューーっと押される時、ご先祖様系が、あっちの家のことで怒ってるっていうのがわかるんだって。そういう時にお兄ちゃんに電話をして、陽子ちゃんは「おい、なにやってる、何やらかした?」聞いたら、やっぱり、お兄ちゃんがお嫁さんに「お前、猫に餌やる前に、ご先祖様にご飯をお供えしろよ」って言ったら、「何であんたの先祖だけやるんだ、そんなの言われてやるもんじゃない、先祖の写真も気持ち悪い」みたいにすごいひどいことを言っちゃったという。それでお兄ちゃんは「お前の名前は嫁にきて、○○になったんだから、○○のご先祖様にちゃんとしないといけないんだ」とバトルがあったという。それで陽子ちゃんの体に異変が起きるわけだ。

こういうことが結構しょっちゅうあったから、最近ではお兄ちゃんが陽子ちゃんに電話をかけてきて、「あのー実は今日また嫁がひどいことを言いましたので、夜また頭が痛くなったり異変が起きるかもしれませんー、すみませんが何かお怒りがあったら聞いておいて下さい~」って陽子ちゃんにいうようになったよ!わたしは正直かなりウケル話なんだけど、、ようこちゃんは「んだよーーあおるんじゃないよー夜はまた仕事があるんだから~」って目に見えない霊界のお話のことでお兄ちゃんとけんかをしている!

それから、この話はまだまだ続きがある!!
実はお兄ちゃんは陽子ちゃんがあまりにもお嫁さんについてるものがひどい・・というから、お兄ちゃんは友達の知り合いの霊能力者のところに写真を送ってみてもらったという!そうしたら、お嫁さんをみて、即「あー、ついてる!」っていわれたという。どういうのかというと、男のおじいさんの霊で身寄りがなくって寂しく亡くなっているらしいのがということで、たぶんお嫁さんがケアホームで仕事をしていて、もともと結構がさつな人だったから、ついちゃったみたいという。結構しつこい霊だから、これをもっていって玄関に飾って、いられなくなるようにしなさいと言われて、ヤツデの葉っぱをもたされたという。。。

陽子ちゃんは電話でお兄ちゃんからこの話を聞いて、ちょっと怒っていた。「何勝手にやってるの~、恐ろしいことしないでよー」って。なぜかというと、ヤツデの葉っぱというのは、日本人の人は結構わかるというけど、〇〇がもっているもので、おそらくその霊能力者という人は〇〇がついている人で、その霊力を媒介として見えたりもするというわけだ。でも、陽子ちゃんがいうには〇〇というのは、そんなに次元の高いものではないから、4次元にいるそうで、まあ人間は3次元で人間よりはわかるし、霊力があるから、ちょっと教えてくれるけど、あくまでも日本の神社の神様がいるような高い次元の神様方ではないという。

たとえばアマテラス様がいるのは8次元だから、とうてい及ばないわけで、そういう次元の高い神様のように日本を繁栄をもたらしてくれる神様ではない。だから完全に見えているわけではないから、あっていることも言えば違うこともいう。それで、〇〇はできたら上の神様をさしおいて、自分たちが天下をとりたいと思っているけど、上の次元の神様にちょっとおさえられているから、上の次元の神様を目の敵にしている部分があるという。また〇〇はちょっと世界をマイナスにもっていこうとする輩もいるし、、だから〇〇の力を借りて、霊障を鎮めようとか、除霊しようとすると、結果的に逆に命をとられることもあるから、これは気をつけなければならないーーだから、何で勝手に霊能力者という人のところなんかいったんだ」と怒ったという。これは皆さんも気を付けてほしいということだよ。まず、今のこの21世紀では、そういう高い能力をもった霊能力者という人はいなくなってしまっていて。高い人だったら、たとえば佐藤愛子さんの本に出ているような誰が鎮めようとしてもだめだった、30年間の霊障を沈めた相曽せいじさんのようなそういう人は、もういないというから。

まあ、こういうことを言われたお兄ちゃんはそういう世界のことはわからないし、やつでの葉っぱをもってきちゃったから、、どうすることもできない。お兄ちゃんはやつでの葉っぱをどこにおけと言われたかというと玄関ということだけど、陽子ちゃんは、たとえばアマテラス様のお札だったりすれば、清らかな高いところにおかないといけないから、絶対に上の神様の力であれば玄関におけなんて言わないわけという。。でも、玄関におけというのは、逆にいえば玄関しかおけない、高いところには自分より次元の高い神様がいるから、及ばないから、玄関におくしかない、〇〇のヤツデの葉っぱというね。

それで陽子ちゃんは、葉っぱを返すわけにはいかないから、もし私の言葉を信じるなら、あくまでも〇〇の力じゃなく、もっと上の神様の監視とお守りによって良い方向にして、妙な霊が近づけなくなるように・・・神棚を設置した方がいいでしょうと言ったそうだ。それで、お兄ちゃんは家をたてた大工さんに相談して、すぐに神棚を作ってもらったという!




それでお兄ちゃんは神棚にいれるお札をもらってこないといけないということで、陽子ちゃんに千葉神社でいいかと聞いたら、陽子ちゃんは、あそこの主祭神は「アメノミナカヌシノミコト」で、陽子ちゃんはインドでいうとブラフマンのような宇宙の創造神のような存在でアマテラス様のおじいちゃんのような、国をつくるように、天照様の親であるいざなき、いざなみをおろした上の神様だから、もちろん一番良いでしょう!よし、行ってこい!って言ってお兄ちゃんは会社を抜けさせてもらって千葉神社に行ってきたというよ!

そして神棚を設置してから・・・お嫁さんも、まだまだ結構心ないことはいうけど、ほんの少しは前よりご飯を作るようになったという。あと、今では、ゆうちゃんとおにいちゃんは毎朝ご先祖様と神様にご挨拶をして行ってるんだって。

何よりもびっくりしたのはお兄ちゃんの会社の人たちで、今まで不信心で法事とかお墓参りとかぜんぜん大事にしてなかったみたいけど、いきなりお兄ちゃんが神社にいくために早引きしたいといったり、ふつうの日にお墓参りにいくから休みをもらいたいと言って動いたり、たばこをやめたり、子供に文字を教えたい、ご飯を作りたいから早く帰るといったり、この人がこんなに変わるなんて!!と驚いているそうだよ。

陽子ちゃんとお母さんは、あんなにめちゃくちゃやっていたお兄ちゃんが、今年のお盆のあの時から一気に変わって、法然や親鸞聖人がいっていた「悪人正機じゃあ」といって喜んでいる。それって、聞いてみたら、もとは仏陀の時代にアングリマーラという殺人鬼が999人、ひとを殺して1000人目に自分のお母さんを殺そうとしたときに、仏陀がでてきて、その姿、その言葉だけで、正気をとりもどして仏門にはいった人のお話がもとだなあと思った。このブログでも前に出てくるから検索してみてね!

それでこの間、お兄ちゃん一家は3にんで富山県のお墓参りにいって、少し心が安心したというよ。でも、それからまた一回あって、お墓参りにいった後、陽子ちゃんはもうお兄ちゃんたちのせいで自分の体がいたくなったりしないでしょうと思っていたら、また足が痛くなってきて、陽子ちゃんはそれが「ごはんのこと」ということがわかって、お兄ちゃんに電話をした。
「あのー・・・またご飯ちゃんと作ってないよね?あちらの方々が何のために墓参りにきたんだ、顔をみせておがんでいくのが目的ではないぞ」と怒っているんですけどって言った。そうしたら、やっぱりお兄ちゃんはあー・・・やっぱり。今週はひどかった。って言った。それでまたお兄ちゃんはやっぱり、お墓参りにいくのが目的とかじゃなくて、自分たちがお嫁さんにも指導をしたり、自分が率先してやっていくことで、生活のひとつひとつを大切にしていかないといけないんだということがわかったという!

こういうことが増えてきて、陽子ちゃんは「あのー・・・ご先祖様が畜生が、畜生が」ってまた朝から頭が痛いんですけどって言ったら、やっぱりお嫁さんが朝4時からご飯も作らないで家の猫と鳥をリビングに放して、遊ぶだけして、何も家事をしていなかったという・・・!!!それで、、お兄ちゃんはさすがに陽子ちゃんにばかり痛みとメッセージがくるのがかわいそうだから、自分のところか嫁のところにでてきて下さいと頼んだけど、でも、やっぱり陽子ちゃんがたぶん霊性が高いから、チャンネルがあうからこっちにきてしまうみたいだ。でも、この間は陽子ちゃんもその畜生のことでこの頭が痛くて、子供のお弁当も作れない、仕事もできない、、さすがにどうしたものかと思って、善光寺で買ったシタンとい木の数珠をもって、善光寺の阿弥陀如来さまに本気でお願いをしてみたというよ!そのときは、ちゃんと住所と名前をいうんだって!そうしたら・・・痛みがすーっと消えていったという!それから、何度か善光寺の阿弥陀様にはお願いをして叶えてくれているという。。

でも、これは善光寺の阿弥陀如来様というのは、たとえば仏教の関係でいうと、仏陀を地上におろした神様という感じのが阿弥陀如来様だという。でも、なぜ陽子ちゃんのお願いをきいてくれるかというと、、わたしがここにこうやって書くことで、本気で信じて、一人一人が善光寺にくるように。それでお願いをかなえてあげる代わりに、一人一人がそれぞれ良いことをするように。そういう意味があるんだって。だから、書かせてもらっているよ!!皆さんも、善光寺の宿坊に泊まって、いちど朝5時半からの「お朝事(あさじ)」に出てみて、そして心をきれいにすると共に、自分のお祈りをして、それで自分はできるかぎり善を考えて、人や自然を助けたりする人になってください。という、そういうことだというよ!!!

だから、これは最初からご先祖様や阿弥陀様によって導いてもらうために、お兄ちゃんがお盆に呼ばれてきたわけだという。スリランカの仏教的解釈では、ご先祖様がなぜ、そういうひどい生活をしている子孫に怒りのような厳しい目をもつかというと、それはご先祖様が子孫のめちゃくちゃな生活をしていると、子孫の先がとても心配で、それが逆に亡くなっているご先祖様方の執着になるから、ご先祖様自身も良い輪廻にまっすぐ入っていけなくなるからだ。つまり子孫がちゃんとしないと、ご先祖様自身も安心して良いところに行けないから、だから余計子孫も果報を得られなくなる。これは相互依存関係にあるみたいで。だから子孫にちゃんとしなさいといいにくる。それで子孫は伝わればちゃんとする。そうするとご先祖様方はやっと安心して、良い次の輪廻に行けるから、子孫にもそういう良い果報が巡ってくるというわけだ。

そして、今の生活では、陽子ちゃんの話をきいていると、結構これがいけないということだ。お兄ちゃんの家の猫もそうだったけど、ペットを飼うと、とても可愛くてそっちが気になっちゃって良くしてあげるけど、人間の生活はそれより大切にしているか?ということだ。猫や犬、動物は、六道輪廻では畜生界というところに生まれているから、動物でいる。畜生界にはそれなりの苦しさがあって、それを畜生である犬猫がわからないといけない。だから、犬と猫も、この犬猫世界はとても大変だ、同じものばかり食べて、理性もない、自由もない、大変な世界だとわかることで、犬猫自身も次は良いところに生まれたいと思って、頑張るようになる。でも、人間が犬猫を大切にしすぎると犬猫はこの世界は楽だから、これでいいと思ってしまうから、畜生界にまたとどまってしまって、向上がない。だから、人間はある程度、犬猫の畜生界の動物には、その先をちゃんとみて教育のような気持ちで教育していかないといけないということだ。
(ちなみに、、ペット用にも今はベジタリアンの餌があるんだよ。そういうものをあげたら、犬猫は来世きっといいところに行くって。)

だから、猫が夜中にご飯をほしいからといって、人間が寝る時間なのに起きてきて、ご飯をあげたりしたらいけなくて、やっぱり夜中はおなかがすいても我慢するということを覚えさせないといけないんだって。

こわいことは、今の日本は結構、ペットとしての犬猫はすごく可愛がって、甘やかしてしまったり、また自然の動物であるペットを自分たちの楽に育てられるように、ひどいことをしてしまうことがいけないそうだ。そういう人の多くがどういうカルマを抱えるかというと、結婚ができなくなったり、子供ができなくなったりするという。それはなぜかというと、犬や猫を飼うためにはペットに子供ができたら大変だからということで、子供ができない手術を勝手にすること。これは100年前の日本には無かった習慣だけど、今はやっぱり動物の意志の確認ができないから、ペットとして買うときに、子供ができなくさせてしまうことが多いというね。。だから、これはやっぱり宗教的なお話では、自然界に反する方法で、そういうことが自分にカルマとして回ってくることがあるという。

だから、特にとても心が綺麗な人や自分のことを反省する人ほど、自分が現生でしたカルマの結果が現生であらわれやすいから、だから、ペットを子供ができなくさせて飼っていて、それを大切にしている人ほど、自分の結婚がうまくいかなくなったり、子供ができなくなったり、家庭の中がめちゃくちゃになってしまうこともあるんだって。わたしは猫が好きなんだけど、日本で猫を飼えない理由はやっぱり去勢をしないといけないからということで、、勝手に猫に子供ができないように手術することは・・・わたしたちの仏教的にはあまり良いことじゃないからだ。。

だから、、もしこれを見てもらっている人で、ペットを飼っている人がいたら、もしペットが子供ができないようにしていたら、やっぱりそれはペットの犬や猫にも家族をつくるのを止めちゃっているわけだから、それは申し訳なかったということを言った方がいい。でも、ペットは人間の生活がしっかりあってこそということだから、できている人は大丈夫だけど、ペットの食事は自分の食事をちゃんと自分で用意したあとだということだ。ペットを優先にしたりしてはいけないそうで、ペットのご飯やペットの家はきれいにするのに、自分はコンビニや外食ですませたり、人に作ってもらったものを自動的に食べたりもだめで、やっぱり自分のご飯は大切につくって食べる、家の中の神聖な場所をしっかりつくって、そこは動物を入れないというところを作るということしした方が、、いろいろな法則では自分の人生の発展や繁栄が止まらないで進むということだよ。

それで、陽子ちゃんはあの時ふすまがガタガタ何分も揺れていたことがすごく大切な瞬間で、古事記でいう「岩戸開き」という瞬間だったんだとわかったという。わたしたちの家のことだけではなくて、結構、霊現象でもふすまやドアがガタガタ揺れるというのは起きることだというけど、まさにリビングの横、わたしたちの家の神棚の隣にあるドアだからね!

大きなお知らせがあるとき、それは神仏からの強いごべんたつのような感じだという。そういうものが起きて、例えば、この世界に悔いを残してなくなっている存在で、日本では未浄化霊というそうだけど、そういう未浄化の魂をちゃんといくべきところにあげていく時、仏教の力はどこまでかというと、その悔いや思いが欲でしかないということをわからせることだという。そのあと神様の力を借りて、上にあげてもらうそうだ。それを「岩戸開き」というそうだ。

これは古事記では天照大御神様が、弟の須佐之男命様が、自分のお母さんのいざなぎ様に会えない寂しさのあまり、田んぼをあらしたり、ひどいことをして、お姉さんの神様の天照大御神様の着物の布を作っていた神様のお手伝いをするかたが、ショックで亡くなったりしたことに、責任を感じて、怒りをと悲しみをかんじて、岩の中の洞窟の中に隠れてしまったというお話があるというね。

だから、太陽は天照大御神様だから、世界から太陽がかくれて、世界は真っ暗になったという。それで、日本の八百万の神様が集まって相談をして、ヤゴコロオモイノカネノミコトという、知恵の神様が、知恵を働かせてどうやってアマテラスサマが戻ってくるか考えたという。それで、アマテラス様が隠れている岩戸の前で、踊りの神様が踊りを踊って、皆でワイワイ楽しんでいると、アマテラス様が自分がいない世界でなぜ人は楽しんでいるのかと不思議に思って、岩戸をちょっとあけて聞いてみた。その時、アメノウズメノミコトという踊りの神様が「それはあなたより素晴らしい神様がいらっしゃったからです」といって、鏡を見せた。そうすると、アマテラス様はびっくりして岩戸を少しあけてでてこようとした・・・その瞬間に、、タヂカラオノミコトという力の神様がその岩の戸を思いっきり吹き飛ばして、アマテラス様をひっぱり出したんだって。それで太陽がやっと世界に戻ったというお話だ。

だから、何か霊障のような災いを神仏のお力で助けてもらう時、その兆候があらわれる瞬間のようなときを「岩戸開き」ということもあるという。
だから、あのとき、お兄ちゃんがはじめてわたしたちの家に来て、寝ようとして和室に入ったとき、神棚の横のふすまの扉がガタガタ揺れたということだ!それがつまりお兄ちゃんの家の大きな、、ご先祖様にまつわる・・・そういう方々を鎮めるために現世でいきている人がちゃんとしなさいというお伝えをしてもらう・・・神事の始まりだったわけだ。


ここで第1部が終わりです!ちょっと休憩してね!~~~~~


ところで話はアマテラス様がでてきた、岩戸の扉はタヂカラオノミコトが吹っ飛ばしたということだけど、どこまで飛んでいったか???

それが長野県の戸隠という山で、つまりアマテラス様の隠れた岩戸が飛んできたところだから、戸隠山というようになって、戸隠神社ができたそうだ。


それで・・・
陽子ちゃんは8月に善光寺にいったけど、ほんとは有名な戸隠神社にもいきたいと思ったそうだ。でも、戸隠は山の中で結構山登りのように歩くそうだから、年配のお母さんは一緒にいけないからということで、戸隠にいくのはあきらめて、善光寺だけいったんだって。でも、そこから帰ってきて、お兄ちゃんたちがきてあんなことがあってから、、、陽子ちゃんは岩戸開きがあった、だから次は戸隠にいかないといけない・・・と言っていた。

あと、、陽子ちゃんが善光寺のお朝事(おあさじ)という朝のたくさんのお坊さんのお勤めが素晴らしすぎるから、、またいきたいといっていて!その絶賛が毎日毎日すごいから、わたしも洗脳されてきちゃって、牛にまつわる神社ということもいろいろ話を聞いて、、、わたしも行きたくなってきた。でもわたしの通訳は警察や裁判とかのすすみぐあいで突然依頼が入ってくるから、、、何とか休みがとれないかカレンダをみていた。早くいかないといけないということだから。。。

で、、わたしの通訳の仕事が入っていない連休があって、、この時しかないーって慌てて、ホテルを予約して、車で行ってきたよ!!!
それは、9月の連休のときで、、まさに台風がきていて大荒れの予報で、日本はとても大変だったときだ!わたしたちは長野に行っても雨ばかりで寒くて、大変じゃないかという予想をしていった。。それで行くときだけ雨が降っていたけど・・・

埼玉県のわたしたちが住んでいるところから、約250キロで高速道路を使って、途中休みながらいったけど、大体4時間半くらいだったよ!



でも次の日もその次の日も、台風はどこにいっちゃったんだ?というくらい、すごく天気が良くて、長野の善光寺はすごい最高だった!

まずは善光寺の薬王院という宿坊に!
ここは8月は陽子ちゃんとレオンちゃんとお母さんも2日泊まったところで、ベジタリアンの精進料理を出してもらえる。(卵とかは入っているときがあるからアレルギーがある人はとても気を付けて言ってつくってもらってね。)宿坊というのは、日本のお寺にいろいろ地域にあるみたいだけど、ふつうは部屋に鍵とかもなくて、ふすまで仕切られている部屋に泊まるんだって。だから、隣の部屋の人の声とかも気になっちゃうみたいなんだけど、薬王院は部屋が壁で仕切られていて、ちゃんと鍵もあるから、わたしとレオンちゃんは、安心してはしゃいじゃったけど、、大丈夫だった!

ここが薬王院の門の前。(これは次の日撮ったけど。)



部屋のようす。もう1個の部屋の方にテーブルやお茶やテレビもあるよ!
でもティッシュとか、鏡とかはないから、必要なひとはもっていってね。



夕食は、たくさん種類があって豪華だったよ!天ぷらと湯葉のあげたのはおいしかった!



精進料理といっても卵は使うそうで、レオンちゃんは卵なしでお願いしたら・・・なんとカレーがきて、しかもふつうに豚肉が入っていて、、陽子ちゃんは「おいおい~たぶん、これまかないで、働いてる人たちは普通にお肉食べてるんだな」って!まあ、なかなか働いているみんなにも精進してっていっても難しいのかな!でも、レオンちゃんは陽子ちゃんんが竹風堂で買ってきた栗ご飯とかが食べれて、それはすごく喜んでいた!

お風呂はそこそこ大きなお風呂で、体を洗うところが畳でおもしろかったよ!
次の日の朝は、5時おきで5時半集合で6時から善光寺で朝のお勤めがあるから、早く寝た。

ご案内してくれるおじいさんがいろいろ教えてくれる。矢印がわたし!



この6つのお地蔵さんは六道輪廻を表していて、苦しい地獄や動物の世界や人間の世界、神様の世界に大体わかれている。昔は小さい子供が大きくなれる子が少なかったから、赤いよだれかけと帽子をかぶせて、お願いをしていたというよ。



いろいろ聞いていたら、すぐにお坊さんがくるからしゃがんで待っててって言われて、列でしゃがんでいたら、大きいお坊さんが数珠でなんまんだぶ、なんまんだぶと言いながらなでてくれたよ。

そして善光寺の中に入って、お朝事のお勤めが始まった。
お寺の中はすごく広くて、めっちゃ大きくて豪華で、畳が
何百畳くらいすごい広くて、ずっとしいてあった。昔はお籠もりといって泊まって、一般の人もお経を聞いて修行をしていたというけど、そこは寒いし、セキュリティもあれだからということで、段々お寺がホテルみたいになっていって、今の宿坊になったというよ。ここはすごい厳かなところだから、写真撮影は禁止だから、ごめんね。

お朝事は、どういうものかといったら、
20人くらいいるお坊さんが最初、歌みたいなのを「あああーあー」とみんなで歌い初めてわたしはびっくりしたよ!
これが日本のお経かと思ったら、そうじゃなくて前のなんか儀式みたいで、やっぱり後でちゃんとお経をよんでいたよ!

それからお経がはじまって、巨大木魚の音がすごくて、わたしも圧倒される迫力だった!
男のお坊さんは天台宗系で、その後、女の尼さんのお経が始まった。陽子ちゃんがファンだといっている、確かにきれいな顔の尼さんだった。実は、尼さんは、「あまみや様」というそうで、天皇家の鷹司家から出家された人が浄土宗系のトップで、宮さまだから、尼宮様というらしい!それで、鷹司家の血筋じゃないけど、それに近い縁のある女性の尼さんが今継いでいて、鷹司せいえい さんという名前だそうだよ。

陽子ちゃんは天皇家は神道がっつりと思うかもしれないけど、歴史をみても天皇がお寺を建てたり、こういう風に天皇家から出家する人がいたり、つまり日本はやっぱりどうしても神仏混合の宗教だという。スリランカもなんだかんだいって、ブッダだけじゃなく神様も信じているから、そういう宗教性はすごく似ているなあと思った。

たくさんのお坊さんの迫力あるお経が終わって、いよいよ、お戒壇めぐりという、、あの陽子ちゃんが言っていた真っ暗の中を通るやつ!みんなでいけると思ったら、陽子ちゃんとレオンちゃんは、もうわたしたちはやったからいいと言って、私だけ行かされた。真っ暗で見えないんだけど、わたしは手が長いから右手と左手で壁を両方もって進んだら大丈夫だった!

でてきてから、陽子ちゃんが「ガチャガチャさわった?極楽浄土にいく扉の錠前だよ」って言われて、わたしはえーーそんなの聞いてなかった、やばいーーって、、陽子ちゃんは何度も言ったじゃん、右手で壁をつたっていたら、ドアノブみたいのがあるから、かならずそれを触らないと、、極楽にいけないよーっていうわけ!それでレオンちゃんと陽子ちゃんは、あープラ地獄~決定~とうたうから、わたしは怖くなって、、実はわたし日本にきてから地獄のいろいろを本気で知って、地獄恐怖症だから!
それで閻魔帳にいろいろかかれているというし・・・
やばいと思いながら、、いたけど、朝のお勤めは終了で、今度は尼宮さまのお数珠頂戴をしてお朝事がおわった。

金色っぽいけさをつけた尼さんが、陽子ちゃんのあこがれのお上人さんだよ!
ちなみに、スリランカでは尼さんやお坊さんにあこがれるっていうのも、ちょっとおかしいと思っちゃうけど!


お朝事がおわったら、お寺をゆっくり歩きながら帰る。
敷地の中に、蓮の花の池があった。残念ながらわたしが行った9月はもう咲いてなかったけど、8月の陽子ちゃんが最初にいったときは、すごかったって!


こんなポストカードみたいな蓮のお花を陽子ちゃんが撮ってきたよ!
パパラチアじゃなくても、この花の色に似ている非加熱ピンクサファイアが1個ある!


朝食も精進でベジタリアン!結構少なそうにみえるけど、しっかりでおなかいっぱいになったよ!


それからわたしたちは宿坊をチェックアウトして、もう一回善光寺にいってきた。

門の上にのぼれるから、上からとった写真だよ。
実は陽子ちゃんはこれくらいも怖くて、てすりまで来れなかった!


はい、牛様のところで!この牛様は観音様の変身した姿だというから。



それからわたしは、、また、極楽浄土の扉をみつけにいかないといけないから、お寺の地下のお戒壇めぐりにチャレンジさせてもらって、やっと右手の下の方にガチャガチャにさわって、出ることができた!

おみやげのところで閻魔様のおみくじが売っていたから、もちろん買った!それでなんで買ったかというと、閻魔様のところに連れてこられたら、わたし、善光寺であなたの像のおみくじ買いましたよって言うために!って陽子ちゃんにいったら、ファンのふりして罪を軽くしてもらおうと思ってんの、はーーって言った!


おみくじは吉だったけど、、放置するな!って書いてあった!!マジでやばい。陽子ちゃんはほらーーあの長文の問題集のやつ、やってないじゃーんと言った。はい、今やっています。何気にここの善光寺のおみくじはまるで見られているみたいなことが書いてあって驚きだった!アーダーラをくれたお客さんにも、おみやげで配ったんだけど、みんな自分の今の状況に合致する言葉ばかりでびっくりしたというメールがきたよ!

そのあと、善光寺の敷地のなかの博物館みたいなところにいって、何百年前の仏像がたくさん展示してあるところに行った。そこにはたくさんの絵も展示してあって、たとえば病気で足が歩けなくなった若者が、台車みたいなのに乗って、善光寺しかないと思って、そこでお籠もりで観音様にお願いをしていたら、確か17日目とかで立てるようになって自分で歩けるようになったとか、そういうのを記念して木に絵を彫って献上した絵ですというのが何百年前のやつが、たくさん展示してあったよ!、、みんな無理だと言われたものが善光寺にきて、できるようになった話で。こういうのをみると、ぜひ難しい病気の人は、できたら少し介助してもらって、数日間でもお参りにきたらどうかなあと思う。

お寺はブッダがもとだけど、仏陀を世界におろした存在というのがスリランカでもあるけど、インドではそれがブラフマンで、日本の仏教ではそれが阿弥陀如来さまのようだよ。それと、ブッダの修行を悟りが開くまで助ける神様たちというのが、ボーディサッタで菩薩=観音様という存在だ。菩薩は人を助けて自分も上に上がる修行中だから、人のお願いを聞いてくれることもあるから、人の身近な存在だというよ。

善光寺から、仲店通りをうろうろしてショッピングをしたり、忍者村みたいな小さいお店にいって、手裏剣ごっこをしたりしたらお腹が空いたから、陽子ちゃんはもうお店決まってますからって言われて連れてこられたのが、竹風堂で栗ご飯というわけで!

わたしはあんまり栗も好きじゃないし、なんか甘いけいのご飯はどうかなあと思っていたんだけど・・・すごくおいしかったからびっくりした!山菜の煮物がめちゃあう!
ちなみに、この旅行から帰ってきた日、お客さんから栗ご飯の贈り物をがあって、
それもびっくりしたよ!お客さんから頂いた方は、エナの栗ということで、すこしサクサクしていて味が違ったけど、ごはんに塩あじがついていて、とてもおいしかったよ!
お店によって、こんなに違うんだね!とても貴重なものをありがとうざいました!



しかも、ちなみに竹風堂のメニューのこの面は、左上の魚以外、全部ベジタリアンでもOKなメニューだったよ!やっぱり和食は結構そのままでベジタリアンなんだね!
陽子ちゃんは、栗もなかと、方寸というらくがんというお菓子をコーヒーと一緒に食べるようになった!前は洋菓子の方が好きだったというけど、、乳製品の乳がん被害をしってから、完璧に洋菓子に未練がなくなって、和にきたら、すごいおいしいのが見つかったんだって!



善光寺の滞在はほんとに1日だけだったけど、博物館には戦争でなくなった一般の人の遺品とか、兵隊さんの靴とかがボロボロになって展示してあって・・・陽子ちゃんが春頃に横浜の氷川丸の戦争の霊を氷川神社に連れていったとき、あのときずっと陽子ちゃんがくつがない、くつがないとうなされていたり、いろいろあったことを思い出した。兵士に配られた靴はとても頑丈なものじゃなくて、履き心地がわるいから、みんなでとりあいして、亡くなった兵隊さんの靴を生き残っている人がとって履いたり、とても大変だったんだって。それが大岡昇平さんの「靴」という本に書いてあるんだって。
戦争の遺品というのは、とても激しくて、やっぱり、それをみると絶対に戦争を二度と起こして、誰かが戦地に行ったり、一般市民が空襲みたいなことに恐怖でおびえた生活をするようになったり、そういう社会にはぜったいもっていったらいけないんだって、とてもそれがわかったところだった。やっぱり、、わたしたちがちゃんと戦争には自分の意見をちゃんと、通していかないといけないと思ったよ。

善光寺は、とにかくガイドのおじいちゃんが教えてくれたのは、一生に一度は善光寺に・・・っていう言葉があるそうだけど、皆さん、やっぱりとてもとても、今苦しんでいる人にとっても、過去に苦しみがあった人にとっても、迷いがある人にとっても、いろいろ意味があるから、純粋な気持ちでぜひお参りをしてほしいと思っている!


ハイ。ここで第2部おわりです!またリフレッシュしてきて下さい!


それから、わたしたちは長野県の善光寺の方から出て、戸隠のほうに向かった。
長野市から戸隠にいくところは、山道をぐるぐるで陽子ちゃんは、車の中でこわくなってギャーギャーいっていた!とくに七曲りという、7つぐるぐるがあるところで・・・なんでスリランカのヌワラエリヤみたいなところ、日本にもあるんかいーーって言いながら、キャーキャーいっていた!わたしは、こんな山の中でどうやって道路をつくったのかなあと思ったり。トンネルとかちゃんとつくってあって、こういうのは30、40年くらい前に作られたんじゃないかということだけど、、高速道路もそうだけど、高度経済成長のときに、いまのお年寄りの人が、がんばって作ってくれたみたいだ。わたしたちは、何も考えずに料金が高いなあとかいろいろ思いながら車を走らせるだけだけど。。。

やっとのことで戸隠のホテルについた。
戸隠神社までは結構山道を歩くというし、疲れそうだなあということで、その日はホテルでゆっくりすることにしたよ。いきなり予約できるところだから、すごいところじゃないけどね、アルカディアというホテルで、30年以上前、紀宮様が泊まりにきたというところだけど、まぁ、建物は結構ふるいけど、景色と野菜が多めのビュッフェは結構よかったよ!陽子ちゃんとレオンちゃんは結構食べるものは限られたけど、、白玉だんごとかのデザートとかじゃ喜んでいた!




自慢のロビーがあって、山をみわたせる!この絶景が有名で!



こっちにはスリランカンティーコーナーがあった!!
で、、でもなんかフレーバーティーが多くて、、ぶっちゃけわたしは普通の紅茶のほうがすごくいいんだけど・・・って、国のわたしは思ったよ。



部屋の窓からみる風景もすごいなあ!こんなに木ばっかりの風景は初めてかも!



部屋では、夜静かにチェスやヒーリング音楽を聴いてくださいといって、貸し出しをしていたから、わたしとレオンちゃんはゲームをやったり!
隣のベッドでは、陽子ちゃんがもなかを食べて寝ていたよ!



ちなみに、陽子ちゃんは最近、和をおしていて!今のマンションは洋風の中だけど、いつか和っぽい外装の一戸建てに住んでみたいといっているし!
だから陽子ちゃんは、去年はハイヒールだったけど・・・今年はなんと、下駄ブームで!ミズトリというところの下駄を2足かってどっちかをはいている!
ちなみに10月1日の今日も、たびをはいて下駄をはいて神社にいったよ!
山の神社にいくときは、運動靴をもっていったけどね。
前の日は宿坊シャンプーだから、、髪の毛がボサボサですみませんって!



足には見えないけど、Sサイズのピンクゴールド勾玉をつけているよ!
でも、ちょっとパワーがもっとほしい時は、首につけたりしている。
着ているのは上も下もpeople treeのオーガニックコットンの服で上のはカーディガンらしいけど、、結構大きくできているというからLサイズの人でもMサイズ買ったほうがいいと言っている。(クリックするとpeople treeに飛ぶよ)
でも、この服は家にいても外にいてもすごく楽だといって、他の色もブルーぽいのやブラウンぽいのを買って、いろいろ着ている。陽子ちゃんは肌にいいこともそうだけど、環境のことや、コットン工場で働く人のことをかんがえると、オーガニック以外は着たくないなあといっているよ。

最近は、他のお客さんもメールをくれて、本気でエシカルについて考えるようになったとか、少しずつ変わってきているんだって!とても嬉しいお話をメールしてくれて、どうもありがとう。わたしは、フェアトレードのはメンズのは少ないから、もっといろいろ出してほしいなあと思っているよ。


さあ、次の日は、いよいよ戸隠神社に出発!
だけど・・・陽子ちゃんは高所恐怖症だし、山道恐怖症だから、途中からこわくなって全然写真とってくれないし、手をひっぱっていって歩くのが大変だった!陽子ちゃんは子供のころから鼻や耳がよわかったから、山道だめなんだって!スリランカのシーギリアロックというところでも、チーム15人くらいで行って、陽子ちゃんだけライオンの手のところで待っていたんだって。そうしたら、お客さんでも同じようにそこからこわくて上に上がれなかったという人もいて、わたしだけじゃないんだと安心していたよ!

とにかく・・・まあ、やっとついた火之御子神社。
これは火の神様のところで、いざなみの神様が産んだ火の神様だって。
ここにこないといけなかったのは、、来年2018年は火の神様がくるからだって!



おお!すごく雰囲気のある山の中の神社でしょう!



手を洗うところはドラゴンがいたよ!



さあ、おまいりしましょう。来年山火事とか起きないように、あと日照りがおきないでお米がたくさんとれるように、火の神様のいい勢いをいただけるようにということって!



つぎの瞬間、電話がなった!わたしの通訳の方の仕事の依頼だった!
これは明日の依頼だから、ちょっと今日は早く帰らないといけなくなった!



それで、わたしたちはほんとは中社のヤゴコロオモイノカネノ神様というところも、陽子ちゃんはいきたいと行っていたんだけど、そこをちょっと時間的に厳しくなりそうだから行かないで、まっすぐ戸隠神社奥社に向かった!

車を駐車場において、入り口についた。こんな山奥なのに駐車場いっぱいで、みんなよく来ているなあと思った!この時、ここからの道があんなに大変とは思わなかった!!



とにかく、歩く歩く、山の中の一本道をちょっと上り坂気味で、、、
陽子ちゃんは登山大嫌いタイプということで、あーー・・・なんでここに呼ばれちゃったのかなあーーとか、ほんとにわたしこういう所苦手なんだけどなあとか、ひいひい言いながら歩いていった!



お?木の穴発見!陽子ちゃんが、山伏がここで修行してたんだねーといった!
木の中はすごい上の方まで空洞で面白い!



それから、やっと門が見えてきた!やっとここまできたー、もうすぐだ!
と思ったら、、、なんとこれからが山道の上り坂と階段が続いて・・・
もうー足がつかれるし、陽子ちゃんは手を引っ張らないとこわくて登れないというし、
もう大変だった!片道2キロというけど、それ以上にきつい!



そこから、陽子ちゃんは階段のところはこわくなって写真撮れなくなったよ!
でも、たくさんお年寄りも小さい子供もすれ違うし、普通は大丈夫と思う。。
やっとゴールが見えてきた!!!ここらへんは少しまともな階段だけど、
結構急だから!
もう少しで九頭竜神社に。。。



ここの階段を上ろうとした時、またわたし通訳関係の電話がかかってきた!







やっとお参りして、本当の戸隠神社のところにいけた!




天照大御神様がかくれた岩戸をふっとばした力の神様が主祭神様ということで、スポーツ武芸の神様といわれている。陽子ちゃんにいろいろ古事記をおしえてもらいながら、神社にいくと、、なんだか全てに理由があって、面白いなあと思っている!


でもまたお参りする間もなく、電話だよ!!!本当にありえない!!



わたしはもう、一体なんだろうと思って、陽子ちゃんもわたしが階段を上ったり下りたり、あわてて紙やペンをだして、なにやってるという目でみるし。

そして、何とかおわって、ちょっとお願いされていた皆さんのお守りを買ったりして
わたしたちは戻っていったけど。正直、通訳の電話のことで、神社のおまいりが全然気持ちがしっかり入らなくて!でも、、まあ、陽子ちゃんがちゃんとおまいりはしたというからいいか。。

やっぱり戻る道のほうがちょっと下り坂みたいで、ちょっと楽だったよ!

だけど・・・あのさっきのご神木のところにきた時・・・また依頼の電話で!!!
もう、、わけがわからないけど、とりあえず出るしかない!



この戸隠の電話のことは・・・もうやっぱり神様を信じるしかなくなった。陽子ちゃんも驚いていて、「何だかプラちゃんは異常に神様に見られているねー、これじゃ悪いことできないわ。。」といった!!!前も旅行にいった先で、そこのすぐ近くの警察で依頼をされて旅行から抜け出していかないといけなかったし!!しかも。。。あれは香取神宮にいったときで、やっぱり神社だ。。

だから、わたしはどうしてもスリランカ人だし、仏陀だけを信じる仏教徒って思って、思いたいところだけど、どうやっても無理だとわかった。ぜったいに日本の神様はいて、その力をわたしに見せているみたいだよ。でも、なんで見せるのかと、、陽子ちゃんにいったら、それはやっぱりブログで書いて、何かを神様が伝えるためでしょうということだった。

それは、、いつも神様はみているということ。。
今年2017年は、陽子ちゃんによると水の年で、龍の神様がすごく世界をみて回っていたというけど、そういう年に発展するためには、特に水を大切にしたりしないといけないんだって。
じゃあ、具体的にどうしたらいいのかと思うともうけど、、陽子ちゃんはほんとに生活の1つ1つの使うものの影響を考えることという。それは環境に良い洗剤や、環境に良いシャンプーとかを使うということもあるんだって!

わたしたちの家の洗剤は、たぶん皆さんもエコ洗剤をいろいろ探して使っていると思うけど、ちょっとラベンダの匂いがするエコベールというのや、買い忘れちゃったときはスーパーでせっけん洗剤を買って使っていた。あと、陽子ちゃんは体を洗うのはドクターブロナーという、フェアトレードのココナツオイルとかが主原料のやつで、環境にいいやつだ。でも、ずっといいシャンプーがないといっていた。女の人が一番水を使うのって、なんだかんだいって、シャンプーの時じゃないかといって!それで、陽子ちゃんはエコ友達からもらった石けんだけを無理して、シャンプーとして使って洗っていた時もあったというけど、やっぱりどうしても髪の毛がへんなになるからいやで続かなかったんだって。でも、、初めていいものが見つかったんだって!

フランスからのシャンプーでエコロヴィスタっていうんだって。



これは100%植物性成分だという。シャンプーはよくコラーゲンみたいなものや、シルクプロテインという、蚕から作ったシルクの原料を使っているものも多いそうだけど、陽子ちゃんはシルクは蚕のまゆを蚕が中にはいったまま煮て作るものだから、、自分では使わなくなった。だから、シルクのサリーも着ないし、そのために日本の着物もシルクが多いから、そういうのを避けているといっている。だから、シャンプーで100%植物原料というのは、結構めずらしいそう!しかも、そのうち90%がオーガニックで、洗浄成分がなま分解とかだそうで、しかもいろいろ変なものが入っていない、無添加でノンシリコンで、水もこだわっているというよ。原材料のほとんどが生産者を守る、フェアトレードだという。それだけじゃなくて、容器も環境によいものだという!だから、陽子ちゃんはいままで、これ以上に環境にも人間にも良いのをこだわっているシャンプーは見たことないんだって!



でも、ちょっとフランスだから、かおりがナチュラルだそうだけど、無香料が好きな陽子ちゃんには少し強いという、わたしはすごいいい匂いだけど、、これで無香料だったら完璧というけど、、しかもこのシャンプーは髪の毛がとてもつるつるなるって!だから、陽子ちゃんは、これ以上にすごい、無香料のシャンプーがあったら教えてほしいって言っている!皆さん、洗剤とかシャンプーとかいいものでおすすめがあったら教えてね!

ところで、、究極の環境にいいというのは、やっぱり・・・あまり動物性のものをあまり食べない生活なんだって。それは畜産の発するCO2や、環境汚染がすごいからだ。だから、お肉のことはよく知っていて、食べないようにしている人もいるというね。だって、考えてみるとお肉になる動物を育てるときに使う水や、ゲップやフンからのメタンガスがCO2を増やしている主な原因になっているというし、、とさつをした時にとてつもない血が流れるから、その場所や、内臓やお肉をあらうための水というのは、世界では毎日毎日すごい量で、これが水質汚染になっているからということだ。

だから、このブログを読んでくれて、お客さんの多くが肉を食べなくなった人、本当にお付き合いのときだけになった人が多くて、わたしもすごく嬉しい。宗教的にもカルマを減らす食生活だから!この外国人のお兄さんの動画をみると、びっくりすると思う!日本語も上手だし、わたしはベジタリアンで筋肉がこんなにすごくてうらやましい!

なかなかベジタリアンでも卵を全然食べないっていう人は少ないみたいだけど、
だって、やっぱり卵はデザートでも、それがなきゃおいしく作れなかったりするでしょう!
だけど陽子ちゃんはプリンが昔好きだったという。でも今は食べなくなった。でも、この間、スーパーで卵も乳製品も入っていないのに、かなりプリンの再現がすごいデザートを見つけた!と感動していたのがこれだよ!
アサヒコという会社がつくっている豆腐のプリン!でも、本当に卵が入っているみたいなプリンの味でめっちゃおいしいよ!



賞ももらっているみたいで!いろいろ味があるけど、わたしはカラメルソースのが一番プリン味でおいしかった!ちょっと崩れやすいけど、スーパーで売っているから探してみてね!



あと、やっぱり卵の代わりはわたしたちは豆腐とか湯葉をよく食べている。陽子ちゃんは湯葉寅というところで、結構安く湯葉をおくってもらっている。生小巻湯葉というのは40㎝くらい長いのが280円くらいで、超安い!これはわたしたちの地域では絶対買えないからね!
最初こんな長いものがあるのかと思って、みんなびっくりしたよ!

これは精進海苔巻き。卵みたいに見えるのは湯葉を煮ているやつで、やっぱりこれが入っているかどうかで相当味が違うから!


ちなみに、この写真を陽子ちゃんがみて、、やっぱり何だかわたしたちの生活って、あまりにもお皿がひんそじゃない?と言い始めて!あ、今度は和のお皿を買いに旅行すればいいんだと言っていた!

最近、陽子ちゃんは和のリスペクトがすごいから!これは陽子ちゃんの趣味部屋のおもちゃ!ちょっと前に、レオンちゃんが陽子ちゃんに「母ちゃんはなんでレンちゃんだけ守るの?母ちゃんは母ちゃんを守ってよ」って言って、要はもっと自分が楽しんで幸せにいてほしいと思ったみたいで!その言葉を聞いてから、じゃあ母ちゃんも好きなことするよとか言って、趣味を始めちゃったよ!1階の家は和菓子屋さんで奥には仏壇もあるって、岡山のおばあちゃんが生きていた時の家だそうだ。


話が段々ちょっとずれてきちゃったけど・・・
そういうわけで、、
やっぱり、日本に住んでいて、お正月くらいは神社とかお寺にいく人というのは、いっぱいいるんだけど・・・でも、そうじゃなくて、昔はこどもも大人も、みんな、よく神社やお寺にいって会議をしたり、遊んだりしていることは、観音様や神社の神様というのは今よりもっといつも近くにいる存在だったということだ。でも、だんだん人間は家の中で活動するようになっちゃって、スマホや家の中のゲームとかPCとか。だから、神様仏様というのはだんだん遠い存在になっちゃったという。だから、昔ではおきない病気が増えたり、心の病気も増えたり、悲しい事件はたくさん増えている。でも、、自分の心がちょっとでも、とても純粋に大きな存在に教えてもらう気持ちで、近くにいこうと、努力することで本当にその姿を見せてくれることもあるよ!!!

特に、善光寺は仏教の宗派ができる前の最古のお寺というし、四国88か所のお寺の分身の仏様があるということだから、、四国にいかないでも善光寺に行けば大丈夫ということをガイドさんがいっていたよ!それから、人は亡くなるとお通夜のときにお茶碗にごはんをいっぱい盛って、おはしをたてるというけど、それはなぜかというと、亡くなると善光寺にくるんだって。だから、その時のお弁当なんだって!
やっぱりお朝事をして、ガイドのおじいちゃんにそのお話を聞くのはとても大切なことだなあと思った。ちなみに、そのガイドのおじいちゃんは、実はがんで住職さんのお話では、全身にもう転移しているんだって。でも、その善光寺のガイドをすることで、功徳をつんで、それで毎日朝すごく早くから頑張れているんだという。
こういう気持ちはとても大切だと思う。

お客さんの中には、なんと毎年善光寺にいっているという人が何人もいたり、戸隠にも3年連続でいっているというお客さんも!!!陽子ちゃんは、、もうあの山道を知っていたら、、二度と行けなかったかも!とかいってるから、、おいおいって感じだけど!でも善光寺は新幹線ですっといけるからまた行こうかなといっているーー

でも、善光寺や戸隠神社までは行かれなくても、近くの神社で自分の神様をみつけていってみてね!
こないだの日曜日、、お客さんが非加熱パパラチアを注文してくれるために良いはからいで、やってあげたいということで・・・陽子ちゃんが明日は神社にいかないといけないというから、行ってきた!
これは実はちょっと不思議なものが見えたから!みんなみている。



それで、、陽子ちゃんとレオンちゃんが水みくじで、わたしが男みくじで!
何と3人大吉だったーー!でも帰りに注意とか、いろいろ注意はあるから、気を付けないといけないけどね。でも、、わたしは何かかなり幸せな予感が!!



だから、今はとても皆運気がとても良いときだから、これを見ていてくれているお客さんも、安心してご注文下さい!じゃなくて、、とても良い調子で進んでいるから、今ご注文をくれている皆さんのもきっと、すごい皆さんにぴったりの輝くパワーいっぱいのものを作るから、まっていてね!




これを読んでくれている皆さん、一人一人のことも、
必ずみていると思う。もちろん、見られていない人ばかりだというけど、、
でも、これを今読んでくれた方、あなたはきっと大丈夫だよ!

ありがとうございました!





次のページ

FC2Ad