FC2ブログ

プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成最後の1年のはじめに。

皆さん、こんにちは!
2019年はじめてのブログです。あけましておめでとうございます!!
今年はきっと!って思っている、皆さんそれぞれの願いが
叶うように、皆さんの生活、人生が去年よりもっといっぱいの収穫で
輝いていくように、お祈りしているよ!!

今日は今年平成31年の山の神様のお話を書きたいと思う。
でも、その前にまずは年賀状をくれた皆さん、お年賀メールをくれた皆さん、
本当にありがとうございました!!!
今、わたしたちからもお年賀の準備をしているから、
もうちょっと待っていてね!去年から作ってもらっている、すてきなものがあるんだ。

さて、、今年は山の神様は古事記では、大山津見神(おおやまつみのかみ)という名前の神様なんだって。この山の神様は陽子ちゃんによると、火の神様の兄弟のような感じなんだって。古事記の本当の話はちょっとここで書くと、えー!イザナギお父さんの神様が、ちょっとこわいなあって思われるといけないから、書かないでっていう。古事記は全体を通して理解しないと、一部だけを読むと誤解しちゃうかもということで。
まぁ、とにかく火の神様の痛みがあって、山の神様がバババーッと生まれたらしい。。だから、火の神様と山の神様はかなり近い存在ということで、この二柱様を(神様は二人って言っちゃだめなんだって。)メインでまつってある神社は、秩父の長瀞にある「宝登山神社」があった!
でもこういうのを言い出すのは陽子ちゃんなんだけど、、、よくわかるなあと思うんだけどね。

わたしたちも2018年のお礼を言わないといけないし、火の神様のお札を返して、2019年の山の神様に今年一年のお祈りをしないといけないということで・・
ちょうど本当に宝登山神社が埼玉県にあって、助かった!!

山のちょうど裾のところから始まる神社で、とてもしっかり豪華な雰囲気だった。



少し急な階段を上っていくよ。



ここが宝登山神社だよ。きれいな龍の神社だった!



ほんとだ!大山祇神と火産霊神と書いてあるね。古事記では大山津見神と加具土命(かぐつちさま)というんだって。同じ神様のことで、記載のちがいは古事記とその後にできた日本書紀の違いなんだって。



ちなみに最近陽子ちゃんが運気が上がっている。陽子ちゃんは来年2020年はとうとうわたしのアパラが明けて、金星の期間になるんだーー近づいてるーーって喜んでいる。
おみくじには「調和の美」と書いてある。陽子ちゃんはやっぱりマクロビで中から元気で美人になれるかもーーって喜んでいた。けど、読んでみるとちょっと意味がちがうでしょう!わがまましないで身近なひと、つまりわたしにやさしくしてっていうことじゃない!



おまいりをして、お札を買った後、車に戻って、陽子ちゃんがあ!古いお札を返してくるの忘れちゃった。プラちゃんいってきて!っていわれて。その間に陽子ちゃんたちは味噌のおもちを食べて、うますぎるーーといっていた。おみくじちゃんと読んでるかな・・
(陽子ちゃんが食べかけ、しつれいしますって。)



ちなみに陽子ちゃんは家では玄米餅にめちゃめちゃはまっていて、ていうかわたしも白い米のお餅はのびすぎてかめない時があるんだけど、玄米餅はなんかつぶつぶなっていて、そんなにのびすぎなくて、きなこやるとすごくおいしいんだよ!だけど、白いお米のお餅はマクロビだと陰にちかいんじゃないのと言ったら、なんと餅はつくことによって陽になるんだって。だから冬はお餅を食べるといいんだって。

さて、その後ロープウェイに乗って山の上に!!
陽子ちゃんのバッグのお花がうまく窓にうつっているね!最近陽子ちゃんはフィンランドが大好きでマリメッコという布のブランドがおきにいりで、このバッグも誰かに作ってもらったそうだ。。
今年はネイビーが開運カラーというから、陽子ちゃんはいつもはネイビーはちょっとアパラカラーだけど、今年は自分のラッキーカラー入れれば大丈夫っていって、わたしも二人でネイビーのコートを買ったよ!こういう開運カラーって思うだけで、なんだかいいね!
わたしも開運カラーのジャケットと、黄色いクマの襟巻を買ったよ!



山はほんとに木ばっかりなんだなあ!!



宝登山の頂上には小さな動物園があって、レオンちゃんサービスで!



とにかく山の上はめちゃめちゃ寒いけど、、!このあと猿山とかいった。
サルはちょっと寒そうだったなあ、、でもこういう山の猿とか本当に動物園じゃなくて、山には生きているっていうことなんだね。



ちなみにここの上は宝登山神社の奥宮があるんだけど・・・
陽子ちゃんがここはちょっとやめた方が良いっていうことで。
なぜなら、ここは昔すごい修験道とかで修行していた人がいっぱいいたそうで。
でも、修行していたのはタヌキとか狐とかも動物もいて、それはいろんなレベルがいるから、人間は気ををつけないといけないんだって。
この写真で赤い光がちょっと良くないやつなんだって。「千古の霊場」って書いてあるね!
だから、皆さんはやっぱり普通にここの奥宮じゃなくて宝登山神社だけの方が
ご利益がいっぱいだというからね。



まあ山は高いところで、気持ちもすがすがしくなるけど、厳しい面も多くて夕方以降は危険もかなりあるということで、どこの山でも注意してのぼってね!


さああ、本題です!
今年はどういう年になるかというと、陽子ちゃんはこういうイメージという。山の神様はまるで土星みたいにじっと耐えているという。それは何に耐えているかというと、やっぱり小さな存在の人間が、自由に山を開拓していって、木を伐採して、そして環境を汚しながら好き勝手に住むところを広げていった。時には山をダイナマイトで壊して、道を造っていった。わたしは高速を乗るとき、こんな山の中に道があるなんて、作った人たちに感謝だと思っていたけど、確かに山の神様の気持ちなんか考えたこともなかった!というより、山に住んでいる無数の動物や生き物、植物も気にしないで、わたしたちは人間の世界を広げてしまうでしょう。

だから、山の神様は人間のすることをじーーーっとよく、見ているという。もちろん山の神様も人間を可愛いと思ってくれていて、この国を豊かに発展していってほしいと思っているという。山の神様は、世界の100年先までも考えている、社長のようなんだという。ところで、昔は山に人が薪を取りに行ったり、食べるためのイノシシやシカをとりにも行ったというね。それは今みたいにスーパーマーケットやネットで野菜や栄養ある食材をすぐにゲット出来る環境じゃなくて、、動物性のタンパク質を一年にほんの数回くらい、いただける環境だったというね。だから、山は痛みをはらって、うさぎやシカとかの命を人間に与えてきたという。でも、それはその当時の人たちが今の人たちのように栄養たっぷりの人たちじゃなくて、毎日お味噌汁やつけもの、雑穀とかのご飯を食べている質素生活の人たちだったから、山の神様は命を大切に与えてくれていたんだという。だから、動物が取れた時、人は山の神様にお礼を言って、みんなで分けて食べていたんだって。

でも、その後1960年頃からの日本は山というものを経済の発展のために、利用してきたという。
だから普段、わたしもこういうことを考えたことはないと思うけど、今年は山の神様が一年を担当するすごく重要な年がきたから、出来たら日本は山ばっかりだから、今のわたしたちがもらっているこの国の豊かな発展を感謝していこうということだ。

ところで、わたしたちのお店は山の神様の年になると、なぜか去年の末からは「山」や木とかに関係する名前や住所のお客さんが増えているのも面白いなあ!

ちなみに陽子ちゃんが今、わたしというスリランカの国や宗教文化に詳しくて、いろいろどちらかというと、陽子ちゃんは地球や惑星を頭の中に並べてみて、離れたところから自分が今どんなところにいて、どういうことをしているか、これからどういうことに関わっていったらいいか、どういう風に生きていったらいいかを考えているという。今、陽子ちゃんもレオンちゃんやわたしにいろいろ教えてくれているけど、そういうことが出来るのも、やっぱり陽子ちゃんは恩師の先生のおかげという。

その先生は、早稲田大学の教授だった先生だけど、その先生を陽子ちゃんは神様とあがめている。その先生の卒業生は会社の社長さんや政治家になっている人もけっこういて、今でも集まって勉強会をしたりしているという。その先生は長野県出身で田村先生というけど、もともとは政治経済学部の学生だったそうだ。卒業したら外交官みたいになろうとしていたという。でも、大学の在学中に高校生だった弟が、山で落雷で亡くなったという。その時、大学は休みだったというけど、社会科学部のなにわだ先生という、教授から手紙をもらって、「亡くなった高校生の田村さんというのは、君の弟じゃないかね。そうであるなら、今こそ君がしっかりしていかねばならない」と書いてあったそうだ。このなにわだ先生とは学部が違うから、接点がなかったはずなのに、違う学部の教授から、生徒にわざわざ手紙をもらったわけだ。その時、4年生だった田村先生は感銘を受けて、なにわだ先生に弟子入りして、社会科学部の教授になったそうだ。

この先生の授業は社会学方法論といって、「しゃほうろん」という名前で超名物授業だったという。陽子ちゃんも2年生で先生の講義を受けて、考え方が180度変わって、海外ボランティアにいくようになったりして今になっているという。わたしはいまいち社会科学ってなにかわからないというと、例えば今病院にいっても、前に陽子ちゃんがのどが痛いといって耳鼻科にいったら、喉しか見てくれなかったという。でも、ふつう、喉が痛いといったら風邪とかかもしれないから、お腹とかも聴診器でポンポンやってくれるよね?でも、専門の病院は「そこしか見ない」という。だから、普通の人は喉の薬だけもらって、体のどこが悪いとかわからないから、もしかしたら、喉じゃない原因かもしれないのに、本当の不調の原因がわからないまま、だからみんな今の人は病院をあっちいって調べて、次はこっちを調べるために別の先生に・・・となるらしい。こういうのを専門分化しすぎた弊害というんだって。要は総合的な視点が大切ということだ。日本は高度経済成長期に経済の発展だけを目標にしていたから、四日市ぜんそくとか、工業の病気がいっぱい発生して、環境も悪くなったというね。だからその時に、経済だけじゃなくて自然環境や哲学や宗教のことや第三世界とのかかわりを考えて、発展をめざしていきましょうということで発展したのが社会科学だという。

この先生の授業を受けて陽子ちゃんは方向を変えて、仏教の考えで地域を発展させてきたスリランカに注目してくれたわけ!だから、つまり、考えてみると、陽子ちゃんはもちろんこの先生がいなければわたしと出会うこともなかったし、このお店も無かったと思う。こういう、不思議なつながりがこの先生から派生して、陽子ちゃんのケースだけじゃなく他の人も何百、何千、何万という人に影響を与えている。

でも、そのもととなった田村先生も、もし、あの時、弟さんが山で落雷で亡くなることが無ければ、社会科学部のなにわだ先生とも接点はないままで、田村先生は政治経済学部を出て、外交官になっておじいちゃんになっていたかもしれない。つまり、今、みなさんが見てくれている、この、わたしのブログや持ってくれているジュエリーは、もとを辿っていくと、あの時「山で落雷を受けて亡くなった高校生」がいなければ、全て無かったんだね!!!

きっと、その当時の家族みんなまわりの人たちの心は、ものすごい悲しかった、ずっと忘れられないことと思う。でも、山の神様はどうしても100年先、もしかしたらもっと先をみて、田村先生の弟だった高校生の命をこの世界から終わらせるという方法をとるしか無かったのだということだ。。。これはそう考えると、山の神様というのは、、厳しくもあるけど、それはじっと動かないように見えているけど、突然、日本の国のために犠牲となってしまう命は、とてもかわいそうだと思いながらも、きっと山の神様も痛みをかんじながら、やっていくということだよ。

だから、今年はどういう一年になるかということは、こういう山を通して歴史ができていくように、自分というものがどういうルーツで、前にどういうつながりの人たちが生きていて今があるか、ということをよく考えて、とにかくそれはきっとものすごい遠い昔からつながっているもので、でも時にはもしかしたら、自分の親はひどい人だったんだと思う人もいるかもしれないね。でも、その前の前の代の人はもしかしたらとても良い人たちがいて、実はあなたを助けたいと思いながら、心配している気持ちでみているかもいれないよ。あと、中には自分は親はいないんだという人もいるかもしれない。でも、必ず両親がいるから、自分の命は生まれているわけで、どういう理由でもその両親が良い人かそうでない人かに関わらず、、、あなたがふつうに今、これをPCやスマホで読むことができているなら、あなたはアフリカの飢餓のせかいに生まれて衣食住にこまって死にそうになっているわけじゃないし、軍隊に呼ばれて戦争中の戦い中じゃないし、だからやっぱりそういう意味では幸せなんだと思う。

そう思うと、きっとそれはあなたが自分の能力で頑張って生活しているんだと思っていると思うけど、その能力は遠い昔からのあなたと血がつながっている人たちの頑張りや努力の知恵があなたの頭や血にも入っているからだよね。だから、今年は自分の目に見えないつながり、とくにご先祖様と、ご先祖様方を助けてくれた人たちに感謝していこうという、そういう年になるよ。だから、わたしは年末のブログでこういうことが大切だと書いたのはこういうわけだよ。ちなみにわたしのお父さんはその本当の両親がわかっていない。でも、昔からわたしのターッタは少し外見がヨーロッパの方にちかいと言われてきたから、もしかしたらわたしのお父さんの方のおじいちゃんやもっと前はイギリスやポルトガル人だったかもしれない。だってスリランカはそういう国だからね!そう考えると、自分の知らないルーツの人を考えると面白くてワクワクするね!とにかく、今年は自分のご先祖様に感謝していこう!
そういえば、前回のブログでご紹介したお客さん、やっぱり自分のご主人様の方のご先祖様コーナーを設置して、ご先祖さまにご挨拶をするようになったら、そのすぐに自分の義理のご両親のことでちょっと助かったーー奇跡~ということがあったそうだ。やっぱり本当に今のわたしたちとその前、もっと前の代に生きていた人たちというのは相互の関係があるようだね。

あと山の神様は山の神様に感謝している小さな存在の人間はとてもかわいいと思ってくれているという。でも、やっぱり山は何も言わないから、あまりにも人間がやりすぎちゃったところがあるでしょう。だから、そういう部分にごめんなさいという気持ちで、環境を大切にするように小さな行動でも、ゴミを拾ったり、環境に良い洗剤とかお風呂とかのもの、食べるものも環境に良い方法で作っているものを使ったり、できることをやると良いんだって。

それから、山の神様は人にいろいろじーーっと我慢をして与えてきたように、今年はあなたや一人一人が誰かのために、誰か大勢のためにいやなことでも我慢して、時間とかお金を使ってやっていくことが大切だという。そうすることで、山の神様のご神気を少しでも得ることができて、守ってもらえる存在になるというから!

それで大切なのは、できるだけ自分自身もほかの人の為になるように、他の人の幸せが増えるように行動することだから、やっぱりそれは人がいやな気持ちになることをしないことだよ。だから、他のひとにはあなたのわざとじゃないすごい笑顔じゃなくても優しい顔で、接してあげられるように。だって、あなたが怒っている顔やつかれたと言って、むすっとしている顔をしていたら、陽子ちゃんにいわせると「マイナスエネルギーをこっちに向けないでね」ということだから。

それと、山は土が重なっていったり、火山がもとで作られているようにそれは古いものがあって、今があるということだから、結構大切なことは今年は特に年長者や自分のお世話になっている人をちゃんと大事にすることと、古くて良い伝統的なもの、文化や社会を尊重することや、そういうものを見たりつけたり勉強したりすることも神様の好きな行動なんだって。
だから、結構は日本の季節のぎれい的なものも大切ということで、、やっぱり年賀状もね!
一年のはじめの年賀状は、陽子ちゃんによるとちょっとネガティブなことは書いちゃうと、1年がなんかいろいろやってもだめだなあという悪循環になりやすくて注意なんだって。
それは誰かに一年のはじめにマイナスエネルギーを配っちゃうことになるから、その一年は結構神様に好かれなくなっちゃうからでということらしい。これは、山の神様の年だけじゃなくて、ずっとだそうだから、年賀状や一年にはじめてのメールや、これからも今年はじめて会うっていう人とも、最初はちょっとつらいことがあっても、感謝と前向き発言でいこうということで!

それと山はさっきも言ったけど、これは体のこともそうで、山は古い土やいろいろなものが積み重なってできているけど、火山は中のマグマがフルになって、ドバーーーと爆発するのが噴火でしょう!だから、今年は自分の家や自分の体、もちろん、自分の心もひとつの山と考えて、その山がきれいな環境で住んでいるウサギや鳥とか、たぬきやきつね、熊やシカとかも、まるで楽しく仲良くしながら元気で生きていけるように、クリーンで山の木も勢いよく育っている、「元気できれいな山」でいられるように、、、っていうことだ。だから、人間の体は体の貯蔵庫みたいなところ、肝臓とか膵臓もけっこう大事だそうで、今年はを40歳すぎた人は自分の臓器もちゃんと負担がないようにケアをしてあげないと、ちょっと後で病気になりやすいというからね。あと家は物置や棚とかの整理をきちんとすることが超開運行動になるという!

あと体じゃなくて、ほかの人との関係でも、さっき優しく接してあげてねと言ったけど、でもそれはいやな人や良くない人に甘い顔をするわけじゃないんだって。今年は、あなた自身の心もいろいろもやもやを残さないように、もしこの人と自分はよくない関係かなあとか、ちょっと関わりたくないと思うような人がいたら、自分はそこをさようならとはっきりさせたり、自分から「離していく」ことも大切なんだという。だからそのために去年火の神様は、いろいろ良くないことをしていた人が「えーこんなことをしていたの」ということも暴いていって、個人レベルでもかき乱されることもあったと思う。だから、そういう、、なんていうかなあ、できたらもう自分の人生に関わってほしくないという関係の人がいたら、自分を高めるためにきちんとした行動をとっていくことも大切なんだという。それは、山の神様が口数のすくないけど、ものすごく先まで見ている社長さんのようだから、社長だったら自分の会社にこういう良くない人がいたら、解雇するというみたいにね!でも、それは激しい方法ではなくて、ジェントルで社会の倫理や法的にも正しい方法で冷静にやっていくと良いんだって!実は、わたしは陽子ちゃんに「プラちゃんこわい」って言われるくらい、ほんとうのことを言うと、たとえば業者さんとかでも正直な取引をしてくれない人はごまかしたりする人は、2-3回くらい繰り返したら切る、というふうにしている。でも、陽子ちゃんは実はそこはすごく優しくて、人間の可能性ということをみて、裁判官がこれは実刑判決するでしょうという人でも、「執行猶予」をあげて、、まぁまぁとやってあげることもある。でも、今年の場合はそういう優しい判断で続けていってしまうと、この先8年9年ずるずると自分がそれに振り回されたりすることになるというから!時には皆さん、自分を大切にしてレベルアップさせるためにはスパッといくことも大事だよ!

というわけで、今年のわたしからの年賀状です!
今年もミンネという手作りサイトで買ったハンコで!





そういうわけで皆さん、今年はここに書いた内容のことを気を付けていくと、皆さんは災害とかいろいろ大変なことに巻き込まれたりすることはないと思うって!だって今年はなんといっても、、、山の神様だから「地震」が心配だというよ。あと、、「落雷」による災害も、これは陽子ちゃんの先生の話でもかいたけど、、、それはその時、大変な惨事となっても、もしかしたら神様の考えや日本繁栄のための計画のためのこともあるかもしれないけど・・・でも、できるだけ自分は巻き込まれたくないと思うのが本音でしょう。だから、神様にお祈りしていこう。。あと、無駄な電力消費はしないように気をつけていこう。

しかもこの山の神様は火の神様と一緒だから、山火事や山に飛行機とかであっと言う間に災害が起きたり、炎上してしまうことも去年より、必ず増えるというよ。あと台風や風も「山」と関係する地域で強くなったりするというから、何か対策はできるかわからないけど家に避難とかの準備はちゃんとしておこうね。

でも山の事故とか増えるかもしれないといっても、山にいくのはこわがらないで。
土星のアパラが強い人は高いところはNGだけど、今年は山にいくのは開運行動というから。でもラーフも突然の変化で大変になる日食アパラだから、山の天気が突然かわったりでやばいから、ラーフアパラのある人も気を付けて下さい!だけど陽子ちゃんによると、夕方以降の山は山の中のいろいろ動物霊もいるみたいだから、いくなら早朝から昼すぎくらいまでで早く帰ってって。

というわけで、今年はほんとに山!山の神様の意向に自分が添えるような言動・行動が大吉ということで。それで今年のラッキーモチーフは、野山を思い出す「くま」「りす」「りんご」「栗」「花」「蝶」だそうで、陽子ちゃんはむりやり山だから北欧柄も大丈夫かなーといっているけど、ほんとは日本の山がいいそうだけど!ちなみにこの間、イケアにいったら、ジビエフェアがやっていて。わたしはじめてその言葉を教えてもらったんだけど、ジビエって、動物の肉で食べるために飼育されたやつじゃなくて、山とかでふつうに銃で撃ってとってきたやつなんだってね・・・!陽子ちゃんは、今年は特にこういうのを食べると「あわわわわ」となる行動だって、山の神様は「あなたたちは食べるものにあふれているでしょう。それなのにまだ欲をかくのか」と思うからだという。。やっぱり野山を大切にする行動が大切なんだね。陽子ちゃんはお誕生日に山の教育に募金をするんだって!

ちなみに昨日わたしの誕生日に届いたマグカップ!
これはピープルツリーの募金で5000円したら、もらえるやつ!
陽子ちゃんに教えてもらって、わたしが募金したんだけど、届いたかみをみると100万円目標で111名の協力があって914800円集まりましたって書いてある!わたしが選んだのは5000円でマグカップのだったけど、単純にわると一人8000円以上の募金率って、すごいね!
わたしが「あーーだったらマグカップもう1個分募金すればよかった」って言ったら、
陽子ちゃんは「大丈夫、そのぶんわたしがピープルツリーで10万円以上お洋服かって貢献しているから安心して、オホホホ・・・」って言ったんだよ。でも、たぶんこの募金している人たちもそんな感じじゃないかと思うけどね。。



陽子ちゃんはふるさと納税のムーミンのリュックをゲットしたけど、今そういう、募金したらこれをお礼であげますよっていうみたいなのも流行っているんだね。これはわたし募金したのを忘れちゃっていたから、昨日突然届いてうれしかったなあ!

というわけで、、今年は山の神様ということで、まあ正直にいうと、わたしも結構都市に近い所で住んでいるから、いつも山なんて全然意識しなかった。でも、わたしが住んでいる埼玉県はちょっといくとビックリするくらい山がいっぱいあって、こんなに日本は広いのかなと思っちゃった。行ってみたら、人間はもしかしたらこういう山の間でしっそに生活をするのが本当なんじゃないかと思うくらい、はっとしたことだったよ。




今年は平成がおわる年で、山の神様がまわってきたというのは、陽子ちゃんはすごく深い意味があると言っているんだけどね。この神様はこれを見ているあなたのことを、じーーと観察しながら、評価しているというからね。その結果は、今年の終わりか、来年の春に社長があなたをちゃんと見てましたよ。とても頑張りましたね!っていう時は何か賞をくれるそうだから、あなたはあなたの道で、わたしはわたしの道で最大限にがんばっていきましょう!!

最後に今年の山の神様の年のラッキーカラーは、白・赤・青で、できるだけ鮮やかで高貴な白・赤・青だというよ。それは天皇が変わる年だし、一人一人の人が意識を高くもっていける色なんだって。

で、これです!!完全なる高貴な赤・白・青でしょう!!



ちなみに一番大きな右のブルーサファイアは1.14ctある。もちろん非加熱スリランカ産です!
(お値段は194119円です!産地入り鑑別付だよ!)
だから真ん中のダイヤモンドも相当大きくみえるでしょう!縦は6.6ミリくらいあるから1ctのダイヤモンド位に見えるでしょう!でも、これは0.6ctUPで!!1ctのラウンドダイヤモンドはVSクラスだと、軽く100~180万くらいするらしいけど、オーバルダイヤはカラットのわりにすごく大きく見えるらしくて、オーバルはラウンドブリリアントカットのダイヤモンドの流通量の何百分の1くらいしか無いんだというけど、オーバルダイヤモンドは鑑定でカットの評価が無い分、ラウンドより安いからかなりねらい目なんだそうだ!陽子ちゃんも実は金星の時期に向けて探しているのはオーバルらしいけど、でもなかなかオーバルは少ないんだってね。(これは0.6ctUPで393749円です!)

それとこの赤いルビーはもちろんミャンマー産の非加熱ルビーで、すごいでしょう!



これも大きく見えるけど0.56ct位だそうで、でもこれは陽子ちゃんが赤いオーバルのルビーでは今までみた中では一番くらいに輝きがすごいカットなんだよ~しかも中が超クリアでめちゃくちゃ綺麗だよ!今は1ctのルビーは色と内包物の状態によって100~200万円位する。陽子ちゃんがミャンマーの仕入れさんでラウンドの1ctUPはめちゃ貴重だけど、それは本当に1万円札が200枚くらいほしいやつだったよ・・・でも、この0.56ctはなぜか大きく見えて、、0.8ct位に見える!とにかくインクルージョンがなくて、光がキラキラしているオーバルのルビーって、かなり探しても無いそうだから、やっぱり陽子ちゃんが探してくるのはすごいなあと思う。
(これはお値段は374119円だよ!)

そして、最後に新年にふさわしい「大輪のお花」の指輪のご紹介です!



これはあるお客さんがもうずっとずっとずっとお仕事を頑張ってきた締め括りと、新しい人生のスタートをお祝いする花束のようなリングなんだって。
陽子ちゃんは、キャサリン妃のロイヤルブルーのサファイアや、最近のレディガガのエンゲージリングのような、指の幅くらいある、アームが見えないくらいの台座の大きな指輪を作りたかったそうで。でも、そういうのは真ん中の石が10ct以上あって、お姫様とかだからそんな大きな石は非加熱だと何百万とか、もしかしたら何千万円するでしょう。でも、それくらいの華やかな指輪を作りたいと思っていたとき、、ちょうどオーダーをしてくれたということで。
実はこのお客さんのはまわりの石はカップケーキの台座のペンダントだったんだよ。
そのペンダントをリフォームして出来ないかということで、、

これは真ん中は1.7ctの非加熱スリランカ産のピンクサファイアなんだよ。たとえばこれが濃いピンクや完全パパラチアだと、めちゃめちゃ高くなるけど、まわりの石たちとの和を考えて、真ん中も優しい色のライトピンクだから、お値段はセーブできるわけだよ。そのまわりにメレダイヤをつけていることで、真ん中にボリュームをつくってまわりに石を配置しているからね!
でも、わたしたちのお店のカップケーキの台座のもともとの石がすごく良いものだったからこれが出来たんだよ!これはさすがに24時間着けるタイプの指輪じゃないけど、自分のとっておきのすごい会の時とかパワーをくれそうだよね!

でもわたし、毎回よく陽子ちゃんがこういうのを考えだせるなあと思うけどね。
陽子ちゃんがこだわるのは、カットの方法で例えばこのオレンジっぽいパパラチアと



このブルーイエローサファイアを再研磨して、カットを同じにそろえたりして、
できるだけ統一できるようにしているそうだ。



実際ほんとうに指の幅ぴったりですごい!!これはレオンちゃんが着けて自分にくれたものだと思ってあっちの部屋にいこうとしたから、おおーーい!って二人で呼び止めたくらい、かなりすごい全体の輝きだった!



でも、ちょっとわかりづらいと思うから、、ちょっと動画を簡単につくってもらったよ!
(家族用のデジカメのだから、あんまりきれいじゃないけどね。)
スリランカのガネーシャプージャーの雰囲気も音声オンしてもらうと聞こえるよ!

[広告] VPS


というわけで、ここまで根気強くみてくれた皆さん、ほんとにいつもどうもありがとう。。
今年は平成31年だね。平成の天皇はとてもすごい人だけど、次の時代になっても
わたしたち一人一人が意識を高くもって、日本とまわりの社会のことを、
考えていかないといけないなあと思っている。
山の神様は今年は、わたしたちに上をみて自分を下げないで、頑張りなさい!
って言ってくれているようだね。

きっと頑張っていったら、神様もこんな風にほめてくれて、
しあわせな変化やたくさん収穫が待っているんじゃないかなあ!
宝登山神社の笑顔いっぱいの名物神様。
皆さんにも幸せがいっぱい届きますように。






ありがとうございました。

スポンサーサイト

2018年の終わりに。

皆さん、こんにちは!
いよいよ2018年も終わりですね!
この時にみなさんが見に来て、時間を使ってくれるのは
本当にうれしいと思う。いつもありがとうございます。
お正月の準備はなんか忙しいけど、わたしもスーパーにいろいろ
買い出しに行っても、なんかおめでたいことに向かって
みんなワクワクを抑えて、ふつうの顔して並んでいるみたいじゃない?
そう思うのはわたしだけかなあ!

12月はわたしたちにとっては、まだまだいろいろ1年は終わらないよ~という感じで、
本当にわたしたちのお店も、お客さんともいろいろあったね!
お歳暮を贈ってくれたお客さんも、ありがとうございます!!

ちょうどいつも陽子ちゃんがメインで飲んでいる人参リンゴレモンジュースで。陽子ちゃんは冷凍のを飲んでいるけど、クリスマスとか年末はいろいろ食材を買うから冷凍庫いっぱいに使うでしょう!それで陽子ちゃんが新しく注文しておきたいけど、冷凍庫いっぱいだしどうしようかなと言っていたときに、冷蔵でOKのがきて、まじで陽子ちゃん助かったー、その手があったか~と言っていた。レオンちゃんもお風呂あがりに飲んでいる!たぶん、めっちゃ高いよね。。気を使ってくれて本当にありがとう!!!








12月といえば、近所のビジネスにとてもご利益のある神社では縁起市というのがあって、熊手を一日だけ売っている。
わたしたちも熊手買いに行きました!今年は土曜日で良かった!
商売繁盛を祈願してくれる。年々買うお値段を高くしていくことが商売繁盛の秘訣らしく・・・
段々高くなるのはこわいけど、繁盛かどうかはいいけど、ちゃんと非加熱のパワーがある宝石が
欲しいと思っている人に届くように出るように!!それをお願いした。



陽子ちゃんが、あ。ここいつもの神様スポットだ、一緒に写真撮ろうといって撮ったのがこれ。



あれ、やっぱり写ってる。陽子ちゃんはだから言ったじゃーんと言った。
これ、覚えておいてね。
1812m5 (2)



ところで、この1年は陽子ちゃんによると、火の神様の年で
それは女性の神様ですごい勢いとビシバシ厳しい女性の管理職の
かなり上の方で、社長の敏腕補佐官をするような神様だったという。
だから、本当に今年一年、4月から真夏日みたいな暑い日が続いていたり、今までなかったくらい火事も多かったし、刃物事件や水害が多かったね。この影響でとても大変な苦しみがあったり、犠牲になってしまった命もたくさんあって、わたしは本当に厳しいとおもっていた。
この火の神様の年は、かなり皆に「今までのあなたの生きている姿勢はどうですか?正しかったでしょうか?なおすべき所はないですか?」と問わせたんだって。

だから、結構年末にかけて、わたしのお店のお客さんでも
はっきり神様みてるよーという、不思議なことがいっぱいあったよ!
今日ここに書かせてもらうお客さんのお話、来年の山の神様の年はまさにこういうことが大切だから、他の皆さんの幸せの参考になると思うから、載せさせて下さい。

不思議なことじゃ大体、持っているジュエリーにでる。
例えば、突然セーターにひっかけて、フックが壊れちゃったよーというお客さん。そのお客さんはすごく真面目で、心もきれいで、わたしのお店とも10年のお付き合いのある、仲良しのお客さんなのに。そのお客さんは、今年はちょっと自分のご主人のお父さんが認知症の症状でいろいろあって、一緒に住んでいるわけじゃないけど、大変になりました~といっていた。それで今年は結構大変だったけど「ちゃんとしなきゃなあと思って、来週の休みは窓拭きや掃除を頑張ります!」と言っていた。

でも、その時、陽子ちゃんはなんか見えて、「あの~何ていったらいいか、ちょっと頭の薄い、おはげなおじいさんがA子さまとご主人様お二人をよく見てらっしゃるようです」いちおう、ハゲには「お」をつけたそうだ。。「ご主人様の方のお墓参り、きちんと行かれてくださいね~、そっちのご先祖様方が、○○家の繁栄を願っていますが・・・でもお二人のところにはお子さんがいないので、例えそれが無理でも、H田という名前が何か社会で業績などでも少しでも後世に名前が残るように願っているようです。」と伝えた。でもA子さんがご主人に伝えたところ、やっぱり他のご兄弟もお子さんがいなくて、ご主人によるともう、H田家をつぐ子孫はいないそうだ。だからやっぱり、何百年も、もしかしたら千年以上続いていたかもしれない家系のご先祖様としては、とても残念がっているし、しかも最近お墓参りにこない、、となると、、陽子ちゃんは「だから、ご主人様の家のことでA子さまが困る事案が発生しやすくなっているようですよ」とお伝えしたわけだ。この時、A子さんのお返事は、「H田家の遺伝はみんなハゲなんです!そうなんですね!ハゲのおじいさんがわたしたちを見にきてくださってるんですね!ご先祖様コーナー作ろうと思います!」って言って、いろいろ今までのことが納得できたようだった。

次の日、修理のブレスレットが送られてきて、しかもそれはちょうど陽子ちゃんが御徒町にいくといっていた日で、うまく持っていけたらすぐに修理できると思ったそうだ。でも・・・ブレスレットの修理のフックよりも気になったのが、これで・・・

この真ん中の白いのは、もともとは綺麗なレモンのような非加熱イエローサファイアで!
それが真っ白になっていた!
陽子ちゃんはうっそーー!白髪になってると思ったそうで。
イエローサファイアはまさに宗教的グル(師)を表す木星で、それがこんなに真っ白になっているって、ちょっと宜しくない、やっぱり若干H田さんのご先祖様、めっちゃ夏っぽい温かい優しいおじいさんのイメージだったけど、少し腹立たしく思っているところあったんだなあと思ったそうだ。それで、陽子ちゃんはこのイエローサファイアはこのまま着けているとよくないし、できるかわからないけど、石を交換しようと思って、ちょうどわたしたちの在庫に、見た目にている大きな非加熱イエローサファイアの石を職人さんのところにもっていって、とまっている白いイエローサファイアを外して、台座を調整してもらって、すぐに留め直すことができたそうだ!
これはまさにカップケーキの台座だったからできる技だね!
陽子ちゃんはこの石の交換はお客さんはお仕事中だし、交換してもいいですかって聞いたわけじゃなくて、わたしが勝手にやったことだから、お代は請求しないでいいでしょとわたしに言ったから、もちろんそれはいいよと言った。でもお客さんは思う額をお振込してくれたんだ。
それはわたしたちは申し訳ないなあとか、どうかなと思ったから、製作スタッフさんのお年賀に使わせてもらうことにしました。本当にありがとうございます!!!
きっとご先祖様もご主人様とA子さんのことが大切だからね、いつも気にかけてくれているんだね。陽子ちゃんはたくさんご先祖様がいるけど、根がすごく優しい朗らかな人が見てくれていいなあと言っていた。


あと、もうお一人、石に出たお客さんもいたよ。
それは勾玉の中のルビーが取れたというお客さんだった。
実は、ペンダントは首につけているもので、石は指輪みたいに当たったり、肌からの圧力も加わらないし、めったに石は落ちない。このお店をやっていて、何百ペンダントを作らせてもらったかなと思うけど、13年で2つめというくらい、ペンダントは石落ちはしない。特にこの勾玉のお客さんは、毎日勾玉をずっと着けているわけじゃなくて、一週間にちょっとだけらしい。それだったら、本当に相当なことじゃないと石落ちはしない。

だから陽子ちゃんは「この石落ちは必ず意味があります。誰かからメールが来ていても、すぐに返事をしなかったり、放置しておいたりしないですか?また、ご主人様のお家のご先祖様に赤ちゃんを紹介しましたか?少し反感を買われているようにトゲトゲした矢印があなたを取り巻いているようです。」とメールで返信した。そうしたら、そのお客さんは赤ちゃんがいてとても忙しいと思うけど、、やっぱり「携帯をみるのもさわるのも好きじゃないから、返事をしないままおいてしまったりすることもあります。主人の方の家族からはよく思われていないから、お墓参りには行っていません・・」ということだった。

陽子ちゃんは今年は特に火の神様の年だから、言葉のアパラははっきりあなたは今、こういう所がきちんと出きていませんよ、と、特に本当に年末に火の神様の象徴の赤いルビーを
勾玉から落とすという方法で教えてくれた。やっぱり連絡を誰かからちゃんとメールとか電話でももらったら、考えがまとまらなくても一度は読ませてもらいましたということを先に伝えないといけないという。その時、また詳しいお返事ちょっと考えてからご連絡しますというふうに。なぜなら、連絡をもらって気づきながらもずーっと放置していることは、連絡をくれた人に「届いているのかな?」という風に考えさせてしまうし、つまり誰かの時間を取ることになるそうで、だから、後で自分の人生の遅延として、問題が発生したり、体調が悪くなって、人生を計画通り進められなくなってしまうことがあるからだそうだ。特に火の神様の年は、呼ばれた時、きちんと「はい!」と返事をしないことはよく思わないからだ。ここを社長の補佐の女性管理職神様が指導してくれたわけだ。なぜなら、今年指導しておかないと、2019年の社長神様の年にもそんなことをしてしまうと、大変失礼になるから、厳しく優しい神様はきちんと教えてくれるわけだよ。それから、結婚している人ではご主人の両親や親類側からの伝達に対して、すぐに返事をしないでおく人は、ご主人側のご先祖様からもかなり嫌われてしまうから、ぜったい注意してとのことだ。
でも、このお客さんも本当にとてもきちんとしているお客さんだったからこそ、神様も教えをくれたんだね。怖いのは火の神様も陽子ちゃんもお伝えしても無理だなあという方は何もアクションがないらしい。この方は、必ずもっと良い方向に変わることができるとわかる方だからこそ、神様もお知らせしてくるということだよ。

だから、何か起きてもそれは大きな存在があなたをいつも見てくれていると思って幸せに思ってほしい。わたしも陽子ちゃんのお父さんから認められていなかったけど、最近はよく話もするようになったし、わたしたちが実家から帰るときお見送りもしてくれるようになった。ここまで約10年くらいかかったかな!でもひとつひとつの努力が大事だね!!

また別のお客さんのお話!
今日、こんな贈り物を送ってくれたお客さん!ぶっだ様の便箋に丁寧な力強い字でお手紙もありがとうございます!乳製品なしのチョコ、甘くておいしかった!



ある日突然転んでブレスレットのチェーンが切れちゃったそうで、、チェーンが切れることはスリランカやわたしのお店の統計?では、「ちょっと自分に甘さがあった時、そういうことが起きる」ことが多いと言われている。それで、お客さんは7石だったブレスレットをこの機会にちょっと石を増やして9石にしたいということで、修理させてもらったんだけどね。
陽子ちゃんが製作後の全体写真をとらなかったみたいで!でも、こんな感じで石を増やしたんだ!

もともと、ルビーは入っていたんだけど、
白、赤、パープルピンクという並びにして、
2019年飛躍できるカラーを入れたそうだ!



それでこちらこそ、、逆にすみません!という感じなんだけど、贈り物をいろいろありがとうございました!

あと、また別のお客さんではホロスコープの作業の時、陽子ちゃんと先生にみえたものは子供みたいな小さな魂と、めっちゃ怒っているおじいさんとか、、、それで陽子ちゃんが伝えたら、妊娠していたことはないし、子供は思いつかないということだった。、、、次の日、みんな寝ていたら陽子ちゃんが「うわっ、ギャー!」って叫んだ。左足にもぞもぞ動物がきたそうだ!
ちなみに陽子ちゃんが乗ってきたのは初めてで飼ったこともないし、慣れてないからマジでびびっていた!

それで、陽子ちゃんは、あ、、あのお客さんの小さい魂は動物だと思って、お客さんに聞いたら、猫をずっと飼っていてなくなって家の敷地にちゃんとお坊さんを詠んで弔ってもらったそうだ。おそらく、これはやっぱり思い出してほしい、寂しがってるという思いがかなりあるようだから、好きなものをお供えしてあげて下さいと伝えたそうだ。怒っているおじいさんは「自覚が足りない」と言っているそうなんだよ。。でも、それはあなたがとても能力が高い人だから、ちゃんとしてくれるだろうと期待しているからなんだって。

スリランカでは基本的にお墓は結構共同墓地みたいなところだし、お墓参りの習慣はないけど、とにかく法事法事法事の文化なんだけど、陽子ちゃんは、日本はお墓というものがあるから、ご先祖様もそれを守ってほしいというのや、あと子孫が例え途絶えても、せめて名前だけでも残ってくれたらなあという強い思いがあるんだな、これは自分たちも今生きているということは今まで代々続いてきた家に生まれているということ、責任があるんだなあ、40歳すぎたら、もうそういう年令なんだなあと言っている。

わたしは今年8月に富山県に初めてお墓参りに行ったんだよ。こういうことを書いているわたしでも、なかなか相手の親のお墓って、、難しい。特にわたしは実はご先祖様、やっぱり肌の黒い外国人っていうのが納得できないっていうご先祖様が陽子ちゃんにはわかっていたようで、反対派多数だったそうで。でも、小さい童子で亡くなった男の子がわたしのお経を少し高く評価してくれて、子供が言うことだからということで、ご先祖様の皆さんからちょっとOKがでたそうで・・・!年末の皆さんのご先祖様でてくる関係で、やっぱりわたしもお墓参りいっていてよかったと本当に思った。。。

そういうえば、もうおひとり、猫の関係であるお客さんが飼っている猫が2匹いるけど、突然喧嘩し始めて、一匹の猫が怪我をしちゃったりしたそうだ。すごく困っているというお悩みがあって。陽子ちゃんは「お兄さんってもうすぐ命日でしたっけ?好きなものをお供えしてあげて下さいね」と言ったそうだ。そのお客さんのお兄さんは1月に亡くなられてもうすぐ3年だという。
そのお兄さんも猫が好きだったそうだ。

そのお客さんとそういうメールのやりとりをした、その次の日、陽子ちゃんは御徒町に年末最後にいくことになっていた。家でわたしがレオンちゃんをみて、久々に陽子ちゃんが一人で外出になる。陽子ちゃんは「日比谷シャンテにいってマクロビランチ食べてくるねー」とすごいワクワクしながらでていった。御徒町の業者さんのところで、業者さんに依頼している仲間のおじさんが「これ、今並んで買ってきたんだよ」といって、せいじゅけんという有名などらやきをくれたそうだ。陽子ちゃんはお礼を言って、それをバッグにいれてランチを食べに日比谷シャンテにいったら、めっちゃ混んでいたそうで、これは待っていても無理だなあという感じになって、わたしたちのお土産のケーキだけをテイクアウトすることにしたそうだ。でも、もう時間は4時近くになっていておなかがすいてしょうがなかったそうだ。で、あ!どら焼きもらったんだった!って思い出して、どら焼きを日比谷シャンテの地下2階のすわるところでバクバク食べたんだって!それがすごく上質あんこの味で、めちゃくちゃおいしかったそうだ。陽子ちゃんは和菓子屋の孫だそうで、あんこの味には厳しんだよ。

陽子ちゃんは家に帰ってきて、どら焼きに助かった~~と言っていた。
わたしは、どら焼き、マクロビじゃないでしょ?白砂糖たべなくしたんじゃないの?って聞いたら、いや、プレゼントしてくれた白砂糖が入ったものはありがたく美味しくいただきます。っていった。ところで、その日夜、あの猫が喧嘩をして困っているお客さんからメールで、お兄さんには鯛焼きをお供えしておきましたってあったそうだ。陽子ちゃんは、ああ~じゃあ、今日お兄さんのお礼で、わたしはおいしいどら焼きをいただけたんですね!って納得していた。陽子ちゃん、今まで業者さんのお店で他のおじさんにどら焼きをもらう経験なんて今までの一度もないのに、不思議だなあと思ったそうだ。
わたしも日本昔話のようでおもしろいなあと思った。

ところで、陽子ちゃんは最近はかなり完全菜食主義者で、家ではきび砂糖を使っているけど、お取り寄せのおやつとかは白い砂糖は許容していた。それで陽子ちゃんは、今月はじめの頃だったかなあ、先月だったかな、アイハーブでココナツオイルでできている、塩キャラメルを買って、はまって一袋食べたあと、次の日喉が痛くなった。陽子ちゃんは、やばい、、ヴィーガンだからって、やっぱり白いお砂糖とココナツ食べ過ぎた。白砂糖もココナツオイルもまじで体冷やすなあって言って、マクロビの本をまた勉強し直すといって本を買っていた。
わたしもあんまりわからないんだけど、マクロビオティックは食べ物を陰陽でわけていて、結構、陰にかたむくと日本人は病気になるらしい。

本この3冊は超おすすめだそうだ。



で、「あーーー!」って言った。
陽子ちゃんはこの半年くらい、そういえばスリランカカレー食べると鼻水がでるようになっていた。わたしたちは、なんかのスパイスのアレルギーかなと話していたけど、
10種類くらいスパイスあるから、どれかわかんないなあと思って、陽子ちゃんはあんまりスリランカカレーを食べなくなっていた。
で、やっぱり。



カレーとかスパイスは陰陽でいえば「陰」だった!
ただ、陰の食材でも、お餅みたいについたり、焚いたり圧力をかけることで、陽の食べ物になったりすることがあるんだって。こういうのはとても大切だから本を読んでね、ということで!

これはやっぱり体が陰陽で陰に傾いている時にカレー食べたら、体あったまるーとか新陳代謝がよくなるとかいうけど、じゃなくてやっぱり風邪ひくなあ!ってことだそうだ。だからやっぱり熱い国では良いけど、この寒い今の日本では体質によっては悪化することもあるそうだね。

陽子ちゃんは今まで25歳頃から体調の不調を、スリランカのアーユルヴェーダで考えて、調整してきたけど、、、気づいたら40歳すぎて体質変わってるな、自分ーとか言って、マクロビちゃんと実践していかないといけないなあと言ってやり始めたわけだ。

それで、この間陽子ちゃん喉が痛かった時、やっぱり白砂糖とりすぎとか、カレーとか、バナナ・キウイとかやっぱよくないな~とわかったそうだ。それでやっぱり陰陽の中庸のものを食べるのがとても良いわけで、それは雑穀とか本当に玄米に黒ごまっとか、ひじき・小豆・かぼちゃ・ごぼう・れんこんとか、切り干し大根、たくあんとか、やっぱり昔のご飯が一番だーーと言って。

数日後、ハッピーナチュラルで届いたのがこれ。
陽子ちゃんセレクションの究極マクロビセットだそううだ。
里芋の粉で作る湿布みたいなのは里芋パスターと呼ばれるそうで、がんとかの毒素も吸い出してくれたりするらしい!
特製の梅干しとかたくあんとかもマクロビ材料で作ってあるらしい。
おばあちゃんのクリスマスプレゼントみたいだと言ったら、おばあちゃんの知恵が人間を生かすことができるのよ!と言われた。



しかも、なぜ陽子ちゃんがこんなことを始めたかというと・・・
陽子ちゃんのいとこは5人いるけど、そのうちの二人が今年がんが発覚したそうで抗ガン剤の治療を始めたそうだ。また一人は子宮の病気で、もう一人は精神の病気だそうで、、陽子ちゃんのお兄ちゃんは長年のたばこがたたって糖尿病予備軍だそうだし、元気なのは陽子ちゃんともう一人くらいしかいないらしい!!だから、陽子ちゃんは、わーーーやっぱり40過ぎたら人間も相当な覚悟せにゃいけんなあって言って、体質も変わるし、私も節制していくといって、がん保険増やして、こういうことやっている。まあ、玄米ご飯とひじきとか食べてたら、保険増やさないでいいと思うけどね・・・ようこちゃんとにかくリスクマネージメント半端ないから、医療保険とか生命保険関係、すごいんだ。

ちなみにマクロビでいうと、抗ガン剤とかは「極陰」だそうだ。だから、やっぱり体にはよくないんだよね・・・

じゃあ、陰に傾いた体をなおすのは「極陽」で、それがこれ!
梅しょう番茶といって、梅干しとしょうがと醤油が入った番茶、のペースト。
これをスプーンでひとさじ飲むと良いらしい。



それで!!!
わたしも12月のある日、通訳で電車にのっていって、わたしマスク忘れちゃったから、家に帰ってきてめっちゃせきが出たと思った。帰ってすぐ陽子ちゃんはぷらちゃん、出先でパン食べたでしょうと言った。確かに昼ご飯にサンドイッチを買って食べた。で、白い小麦でせきかーー?と思って、で陽子ちゃんがすすめた梅しょう番茶を飲んだら、もう30分しないうちにそれまでずっとせきしていたのに、ぴったり止まった!!これはまじでびびるよ。。それから、わたしはこっそり外で警察の人とラーメン食べたり、パン食べた後はこれを飲んでいる。。最初は変な味と思ったんだけど、しょうゆとしょうがの味が濃いからスープみたいにおいしい。
これはマクロビ初体験の人には体調悪い時、ぜひおすすめしたい!!

でも、食べた「陰」に対して、「陽」を持ってバランスをとればいいでしょうとうのは、すごく危ういそうで、シーソーのように突然ゆれで反動で落とされてしまうこともあるから、やっぱり注意して中庸のもの日頃から食べましょうと言っている。
マクロビではお肉は「極陽」なんだそうだけど、それはやばいからアイスクリームで極陰をとれば、バランスをとれるかっていうと、そういう生活をしているとマクロビでは、肉・魚・乳製品がエネルギーに変わる時、必ず老廃物がでるから、体に毒素がたまってしまうそうだ。

まぁ、いろいろ健康法があると思うけど、陽子ちゃんは神様仏様的にもあまり肉はよろしくないし、やっぱりヴィーガンでもちゃんとマクロビオティックが一番良さそうだなあと言っている。

というわけで、わたしたち、クリスマスあたりに秩父の方にいってきたんだけどね。そこでもマクロビオティック野菜食がいっぱいある、「ナチュラルファームシティ農園ホテル」というところに泊まった。

ここはぜひお勧めだよ!泊まるのは本館がお勧めだよ!
畳の部屋に、こういうのがある所、まじで大好き!



窓から見える風景。秩父すごく気持ちよくて最高だった!
同じ県内でも全然いったことがない所ってとても不思議だね。


ご飯の写真はみんな一心不乱でとってなくてごめんなさい!!
バイキングでも、玄米ご飯とかマクロビ料理がちょっとあって、陽子ちゃんもレオンちゃんもすごい満足助かっていた。わたしはこういうところでは、ケーキを食べたりグラタンを食べたりするんだけどね!!

この日はクリスマスで夜は家族3人でブロックスというゲームを3時間もやっちゃった!
最後に買った人がその人だけの日を作って、好きなところに遊びにいっていいことにするっていうことになって。買ったのは陽子ちゃんで、1月中に陽子ちゃんの一人遊びデーを作らないといけないことになった!なかなかお母さんしている人って、こういう日1年に何度もないでしょう。陽子ちゃんは神様アリガトー!!と言っていた!

ところで、なぜ秩父の方に言ったかというと・・・今年の火の神様と、2019年の山の神様の両方を主祭神でおまつりしている神社があって、お札をかえしにいって、来年の祈願をするためだよ。

これは次の日、秩父神社で!ここは山の神様、火の神様じゃなくて、頭の神様、やごころおもいのかねのみこと様という、神様でここも有名な神社でパワースポットと言われているね!
あの山の神様の神社にいくといっても、まずは秩父にきたら秩父神社に行かないと怒られるでしょーーということで!

とりあえず、神様の領域だから犬は遠慮してと書いてあるね。



ここは大きなご神木があって・・・(わたしたちの後ろ)



陽子ちゃんが、あ、神様いるからレオンちゃんと2ショット撮ってあげるよと言って撮ったやつに・・・


まじ、出た!またあのパープルピンクのエンジェルみたいなの!
わたしの近所の熊手をかいにいった時のより、はっきり出ているね。

おみくじも大吉で良かった!
目上の人を大事にして、目下のひとをかわいがってとある。めしたの人いないけど。



あと屋敷が売り買いどっちもいいって?マンション売って引っ越しできるかな!?でも、今すんでいるところの近くに今一ヶ月3500円のすごく良心的月謝のピアノの先生にレオンちゃんがピアノを習っていて、わたしがレオン先生のスパルタ指導のおかげで、ピアノなんか一回もやったことがないわたしも両手で、おどりという曲やジングルベルとか、いろいろ弾けるようになったの。だから、かなりこのマンション前より好きになったんだけどね。ちなみにわたしがピアノを弾いているのを動画にあげたいと言ったら、陽子ちゃんが「こらーー宝石屋さんなんだから、宝石だしてよ」と言って、なんか怒られて却下になったけど!

でも、2018年は本当に身近に神様の存在を感じることが多かった1年だった。
今年最後に女性管理職の厳しい火の神様は頑張っていた人には、あなたにはこれ、あなたにはこれを・・・という感じで、それぞれ欲しいと言っていた宝石を絶妙なタイミングでくれたりして、それもビックリしたことだった!

このアムリタペンダントは実は指輪からのリフォームで!
この3石の指輪の市場トップには卵型のダイヤモンドがある。これはちょっと高齢だけど赤ちゃんがほしいなあ・・・と言っていた、そのお客さんが託した思いで。それが叶ったけど、赤ちゃんのお世話だとカップケーキ台座の大粒リングはちょっと大変でしょう。
だから、ペンダントにリフォームすることになったんだけどね。
とっても素敵なペンダントになったね!



このお客さんもこのペンダントとは別に、あの宝石が欲しいと言っていたんだけど・・・
ある業者さんから突然「こういう宝石がありますが、送りましょうか?」と言われて送られてきたのがドンピシャ、あのお客さんほしがっていた宝石―――!でびっくりだった。

というわけで、来年は陽子ちゃんが2019年初だからこそ!!の宝石が新年のブログに出てくる予定だよ!
ところで、山の神様のお話は?ごめんなさい!あの社長さん神様のお話は新年に入ってからになるそうだよ!というのは、今年の火の神様と山の神様は結構近い間柄だそうで、2018年のことしに、みなさんこのことをそれぞれやっておいて下さいね。ということをやれたかどうか、それが大切だというから。だから、皆さんどんな思いがあっても自分が今生きていて、もし、これを読むことができる状態だったら、幸せだと考えて、今生きてきたのはあなたの血には代々いろいろたくさんの人が努力して、頑張ってつないできたから、今のあなたがいるんだと・・・目に見えなくても感謝していきましょう!!そして、お墓参りができなくてもちゃんとご先祖様コーナーを作って、お花とお香、お水、時々好きなお菓子とかをお供えしてあげてね。

今年最後の納品させてもらったお客さんの指輪。
あの、陽子ちゃんが撮った不思議な光に似ていない?本当に偶然が重なったけど、あの光の色はまさにこのゴールド、パープル、ピンクだね!
これは蝶のリングで!来年は山の神様の年だから、山をイメージする、蝶や花、クマとかリスとかがラッキーモチーフだそうで。
今家族といる大切な時間をあなたが笑顔で過ごせるといいね。



来年は利他の年で、もしかしたらいつも自分は損な役回りだなあ、頑張っているのに、なぜ頑張ってないあの人が良いようになるんだろうって思うこともあるかもしれない。でも、社長の山の神様はちゃんとそういうあなたも1年見ているから、地道に努力していたら、2019年の最後には社長神様が必ず、その評価を見せてくれるよ!
だから自分はつらくても、誰か他の人のために頑張っていくことを
自分だけつらいと考えないように頑張っていこう。
必ずあなたを見ている大きな存在はいるからね。

ありがとうございました。
2018年、良いお年を!
2019年にこれを読んでくれている方は、
明るくて楽しい1年のはじまりが過ごせますように!!!



自分をまもる方法!?

皆さん、こんにちは!
今日も見にきてもらって、いつもありがとうございます!!!
スリランカの旅行ブログ、早く書いてよと思ってくれていると思う。。
日本にまた帰ってきてから、落ち着いてかく時間がなくて、それはあまりにも写真が多すぎてどうしようという感じで、、、ほんとにすみません。
今週の土日にはわたしもスリランカのことがいっぱい文章を作れるかなあと思うので、もう少し待っていてもらえると嬉しいです。

帰国してからは、ちょっとスリランカのアーダーラ(募金)をくれたお客さんにはお土産を送らせてもらったりしたんだけど、、そのお返しとかを、フルーツや秋の栗のお菓子とか、またいろいろ送ってくれた皆さん、本当にありがとうございました!
また来年のスリランカへの募金を送ってくれたお客さんも何人もいて、、、まだまだ来年なんて考えていなかったけど、わたし自身がハッとさせられたよ。。また、これからの1年もちゃんと頑張っていかないとなあと思う。頂いた募金は金庫には入れないで陽子ちゃんスペースの金のドラゴンと日本の神様のパワースポットにおいてあるからね!

それとわたしたちがブログを更新が遅れたり、お店の受注を9月末までストップしていたことで、2人くらいお客さんから、陽子ちゃんかプラちゃんがぶっ倒れたりしてないですかとメールをしてくれたみたいで!!それはまあみんな元気だから、大丈夫だよ。心配をしてくれてありがとう。なかなかHPやブログは更新ができないんだけど、ちゃんとお店はやっています!!日本に帰ってきてから、大きなルビーが2つ動きがあって、スリランカ産とミャンマー産で指輪をつくらせてもらっていて、わたしは出来るのがめちゃめちゃ楽しみだよ!周りの形を今チェックしながら進めているからね!その他のご注文をくれている皆さんのも、リピートのお客さんでもまたホロスコープをチェックしながら進めているので、わたしの石はどういうのになるかしらと思って待っていてくれている皆さんも、もう少し待っていてね!

今日はスリランカの旅行ネタの写真が100枚くらいあるから、いつもはジュエリーとミックスして掲載しているけど、ごちゃごちゃになちゃうから、旅行ネタの前にちょっとジュエリーの写真をアップしておこうと思います!って思ったんだけど、それとかけて、また、わたしたちが善光寺にいったお話を入れていこうと思う。

まずは、このネックレス!これはわたしが着けているタイプと同じで。
これは女性らしい綺麗さというより、プラネットをぶら下げているイメージで、
そういうちょっとかわいすぎないのが好きというお客さんも結構いて、
本当にご注文してくれて嬉しかったです!来年はまた自分があと5年7年住んでいく、環境をちゃんと整えて、良い出会いとそうじゃないもの、選択していける幸せな余裕もできるといいね!



ところで、このお客さんのジュエリーはわたしたちにとっては、ものすごい勉強だった・・・
なんと・・工程でまさかのわたしのミスで、ホワイトゴールドで注文してくれたのに、
イエローゴールドで作っちゃって!!

しかも陽子ちゃんもなぜか気づかないでお客さんに送っちゃって、、、お客さんに迷惑をかけてしまってすみません。さすがに地金違いは初めてやっちゃったことで、、わたしたちも唖然とした!!大急ぎでいろいろ手配して、ホワイトゴールドの代わりにプラチナで作り直して、お詫びにグリーンベリルを入れていたのをアレキサンドライトにして、イエローサファイアはバージョンアップさせてもらいました!こういうのはお店としては言うべきじゃないかと思うんだけど・・・さすがにわたしたちも地金違いで作っちゃって納品するまで気づかないのは初めてで。これはやっぱり忙しすぎるからだなあということで、9月末までご注文をストップさせてもらうことにしたわけだよ。。本当は他のアシスタントの人を雇ったりすれば、もっと早く、もっと多くのご注文を受けられるんだけど、この仕事は陽子ちゃんとわたしだけで、注文を受けるお客さんとのやりとりや送るまで、できるだけ違う人に触ってほしくないという思いがあるから。だから、なかなか多くはできないなあと思っている。その数の限界というのも、わかるきっかけをくれて、本当に感謝しています!とにかく、ミスはしないように・・・まさかに地金違いもしないように気を付けているので製作側からも後でも地金を再確認する工程を入れたりしたので、今ご注文くれている皆さん、安心して下さい!

次のジュエリーは経営者さん側の立場の方が続くよ。。
最近は陽子ちゃんの年齢も40代で上がってきたせいか、お客さんの層も前はいい出会いがあったらいいなあという、若い女性が多かったんだけど、今最近は会社を経営している側のお客さんが多くなっている。でも、それぞれ、そのお客さん皆さんはやっぱり強いマネージ能力があるホロスコープで、だからこういう立場にいるんだなあと思うんだけど、、その代わりやっぱりライバル的な人や組織も多くて、簡単に言えば敵が多い!!それを乗り越えていかなきゃならないんだけど、だから選定される石も大きめが多い。。特にアレキサンドライトやイエローサファイアが大きめになる。アレキサンドライトはケートゥの厄に反作用させる石で、やっぱりライバル的な存在から自分たちが守られるかどうかというのは、、すごく大切なわけだよね。ケートゥのアパラが強いと、敵対する存在からのマイナスのエネルギーによって、時々体が具合が悪くなったり心身に影響をうけやすいというよ。だから、それから守る方法は①生まれ持ったケートゥのアパラに反作用させる石を持つことと、②神仏に守ってもらうこと、③自分でバリアを作ることだという!①はジュエリーで大丈夫で、②は自分がご先祖様を大切に供養しているか、日本の神様を信じてきちんとおまつりしているかということで、これも出来ないことはないと思う。それで、あと③は難しいんだけど、陽子ちゃんも今まで??だったというけど、8月頃から訓練をして、大体できるようになったんだって!!この方法はまた後で・・・

これはアパラ・カーリームッダで、HPに載っているのは真ん中がペアシェイプの石だけど、これはオーバルでも素敵でしょう!真ん中はアレキサンドライトで!ちゃんと縁のある方のご供養もしているそうだし、そのお仕事できっとホロスコープに書いてあった時期を守れば、成功していくと思う!



このブレスレットのお客さんもまた、経営的な立場にいる女性でまたまた大変な境地におられる方だった。石は3つのまとまりで分けているよ。こうすると少し大人っぽいらしい。



実はこのお客さんのジュエリーと陽子ちゃんが対峙している時、陽子ちゃんに和服の年配の女性が、正座して、「〇〇さんのためにご飯を作ってあげて下さい」と再三お願いするという。それで、陽子ちゃんはおかしな人と思われるかもしれないけど、こういう方がいらっしゃるのですが、心当たりはないですかと聞いたら、やっぱり親戚の方でご飯が食べられない状況で自然に亡くなられた方がいらしたそうだ。そのお客さんとは血がつながっているわけではない人だそうだけど、気にしてあげていたそうだけど、気になりつつも、亡くなられた後ご飯をお供えしたりはしていなかったという。でも、その亡くなった方のご先祖様的な女性が陽子ちゃんに訴えてきていたということだった。わたしも陽子ちゃんも、そういうことがあるんだとわかった。

だから、やっぱりアレキサンドライトは大きめがもちろん必要で、かつこのお客さんは月のアパラも強いから、キャッツアイは一番大きなサイズで。
でも、ブレスレットのこの3石ずつ固まったセッティングは、とても上品に見えるそうだよ。お客さんも前に作った方のこのブレスレットの写真をみて、チェーンが自分には太すぎるようだと言っていたけど、陽子ちゃんは大丈夫、これは絶妙なバランスだから太すぎないと思うということで、これで作ったら、やっぱりお客さんもとっても綺麗!ちょうど良い太さと気に入ってくれたようだ!



それから、このお客さんにはお子さんもいた。ちなみに最近の傾向としては、経営者さんのお子さんのホロスコープを調べると、やっぱりすごく一般の方より、強いヨーガが何個もあって、社会の中で目立つ立場、上になっていく立場だからそれ相当の大変さもある、それだけじゃなくやっぱり敵も多くなってしまうというのもあるみたいで。

これはお子さんの勾玉で、男性だから全部プラチナで、逆に色石がめちゃめちゃ綺麗に見えて素敵でしょう!!



「緑」や植物と関係する会社での仕事だから、陽子ちゃんは深い抹茶のようなアレキと、きれいな水の流れのようなクールな形のダイヤモンドを組み合わせた。
このお子さんはやっぱり神仏から選ばれている人のようで、そのもののホロスコープだったけど、ちゃんとあの「ごはんがない状態で亡くなられた方」のお墓参りをしようと言って、お母さんときちんと向かわれたそうだよ。ホロスコープには結婚のアパラもあったけど、陽子ちゃんはおそらく相当引き上げられたはずだよと言っているから、これから先は心配しないで!ホロスコープに書かれていることを超越していくことが、わたしたちの仕事だからね!



次紹介するお客さんも、また経営者さんのジュエリーで!このお客さんは陽子ちゃんは、自分で自分をちゃんとわかっていらっしゃる方、ちゃんと学べばもしかしたら占星術家にもなるくらいだという方と言っていた!またやっぱり特殊な教育関係の経営者さんで、木星の宝石、イエローサファイアがラッキージェムで、真ん中だった。木星はグル=宗教的指導者、精神的指導的立場を表しているそうで、でも私達より随分若い女性でお子さんができたばかりだったから大きなイエローよりは、家庭を守ってって、仕事でもプライベートでも誰かの光になるような、そういう希望を詰め込んだ指輪になった。
これは実物の方が相当きれいだったなあ!



スリランカ産のピンクサファイアは殆どルビーに近い位だけど、ピンクサファイアは実は君主や王者を表しているそうだけど、同時に家庭運を上げてくれるんだって。家族が増えたし、お母さんをしながら会社のこともやっていかないといけないのは大変でしょう!



そして、ダイヤモンドも大きめで、これは陽子ちゃんが自分のピアスにしようかと内緒でストックしていたダイヤらしいけど・・ピアスは2個必要であとの1個が何か月も見つからなかったそうで。ちょうど使ってもらえて良かったということだ。



このお客さんは同じく、勾玉も依頼してくれて本当にありがとうございます!
ピンクと赤いルビーとダイヤモンドの3石はローズみたいで勾玉が可愛くなるね!
陽子ちゃんはもう少ししたら、またお子さん産んで下さいって言っている!
日本の未来を担う子供さんで、とても頼りになるDNAだから、ぜひいっぱい産んでほしいそうだ!!それって本当に変なお願いだけどね。


それと、このお客さんは教育関係だったけど、最近先生というお客さんも続いているよ!わたしと陽子ちゃんのスタンスは「お金は残せないけど、教育は残せる」ということだ。これは子供がいる、いない関係なくて、自分が関わる人、誰でも、、自分の生活している態度や全部のことは誰かが見ていて、その誰かを「あぁ、自分はこういうところが足りなかったなあ」と思わせられることも一つの教育だと思う。。まぁ、、わたしがいうのはすごく恥ずかしいことだけど!

まぁ、、関係ないけど、お仕事で会社をやっていっているお客さんが増えてくれたことはすごくありがたいけど、やっぱりそれ相当の重さのある人生と、そのお子さんとかも重い人生なんだなあと思った。ある人はお金を持っているように見えて、うらやましいと思うかもしれないけど、見えない所でめちゃめちゃ頑張っていたり、リスクは一般の会社勤めをしている人の何倍もあって、子供まで苦労もあるんだなあって思った。そういう部分はやっぱり意識して、できるだけスムーズに会社が運営できるようにアパラをカットして、神仏のご加護をもらいながらやっていく必要があると思ったよ。

まぁ、、そんな中で次のお客さんは、ちょっとホッとさせられる可愛いジュエリーで!
これはパパラチアサファイアとDカラーのハートのダイヤモンドなんだけど、パパラチアは1年以上待っていてもらったかなあ。サイズはなんと2番以下で小指用のピンキーリングで。



本当はパパラチアがメインだったけど、Dカラーのハートのダイヤを入れたら、すごい存在感でしょう!ピンキーリングだから全体にまるいフォルムになるように、YGのハートの台座もアームも丸い形にしてもらっているよ。現実的な関係で、本当に一緒にいたいと思えるような好きな人ができるといいなあ!という意味も込めて、お祈りしているよ。



これはミャンマー産の非加熱ピンクサファイアが真ん中で。このお客さんはブログを見てくれて、前に載っていたような指輪のピンクサファイアが希望ですと言ってくれていた。でも、本当に色合いはそのままで、少し俵型のような珍しいオーバルとクッションカットの間のような綺麗なピンクがあった。ミャンマー産のピンクサファイアは、健康面と社会でしっかりやっていく力をくれるそうだ。だから、今は体調がつらい日が多いと思うけど、何かできることを少しずつ諦めないで頑張っていってね!!



これは、頑張っている女性の指輪で。お孫さんがいる方だけど、幼児教育関係のお仕事もやっているそうだ。体力の必要な仕事でそれだけでも大変なんだけど、まわりのみんなのことを色々と考えて心配してあげる優しいお母さんだそうだ。お孫さんのホロスコープを調べたら、、これからの日本をお願いしたくなる強い政治家さんのようなホロスコープで、気を引き締められたそうだ。そして、陽子ちゃんは大体かなり強いホロスコープをもったお子さんの母となる人、祖母となる人はアレキ大きめが多いな~と言っている。これもスリランカ産のイエローグリーンのアレキで、利き目のありそうな色だったなぁ!



みんなの人生と一緒に自分も今より幸せになれるといいね!毎日とても大変と思うから、体に気を付けてね。ちなみにこれは画像ではわからないけど、もう少しグリーンぽいキャッツアイで。実はうちではいつもはスリランカ産のクリソベリルキャッツアイを使っているけど、これはブラジル産のキャッツアイで。満月近くになっても、心が揺れないように自分に一本の太い柱を作るように頑張ってね!




とこれくらいにして。。。
次からは、またちょっと目に見えない系のお話になるから、信じない人はそれでいいと思うし、読みたい人だけ読んでね。
この所、本当に多かったのが皆さん、自分のご先祖様の供養をしっかりしている方がすごく少ないということだった。特に結婚したお相手の方のご先祖様はいろんな思いがあったりして、ないがしろにしていて、結局の所、やっぱり正しい所にいけていないから、それが自分に反射されるように自分や家族の人生がとても大変になっている方が多かった。まぁ、こういうことに気付きだしたのはわたしたちも陽子ちゃんがここ数年めちゃめちゃ霊感が強くなっていって、陽子ちゃん自身もまさかそういうことがあるなんて!!という感じだった。

それでぶっちゃけ8月頭くらいまで、陽子ちゃんは週に2~3度はお客さん関係の霊が色々とお願いするように言ってくることが大変だった。それは陽子ちゃんが頭痛を伴うものだから、時々は子供のレッスンに行けないことがあったり、いろいろ大変だった。それで、お兄ちゃんの知り合いの霊能力者?という人に家にきてもらって、みてもらったら・・・陽子ちゃんとわたしの能力の方が高かったそうだ。それでその人が払えなかったのを、わたしのピリットで払ったりしたことがあった・・・これは6月のお話なんだけどね。

だから、わたしはスリランカの友達にいろいろ調べてもらって、陽子ちゃんに霊が訴えてこないようにいろいろ出来る方法を探してもらっていた。そうするとスリランカで近場で二人くらい、そういう霊をこさせないようにすることができる人が見つかったんだけどね。そのお話はまた次回かこうと思うけど。。とにかく、前2010年にスリランカに行った時、陽子ちゃんにわたしのお母さんの魂が憑依して、とても大変だったりいろいろあったから、今回はすごく緊張していた。。。でも、陽子ちゃんはその前にスリランカにいく9月より約一か月くらい前から、不思議なトレーニングをして、憑依体質を大体はコントロールできるようになった!だから、スリランカでは見えるけど、口寄せするくらいの憑依はなかったから、本当に良かった。。。

その不思議なトレーニングを皆さんもできたら、これを読んでくれている皆さんもいろいろ人間関係で悩んでいたり、いやな人からのマイナスエネルギーを受けてしまっていたり、大変なこともあると思うから、参考になるかもしれない・・・ということで、ご紹介させてもらいます!

部屋が4つL字型になっていて畳32畳!



ここは善光寺の常智院というお寺の宿坊です。
実はわたしの友達が善光寺にいってみたいと言っていたんだけど、埼玉県の長野県よりの方に住んでいる友達で。その辺の仕事の依頼が入ったら仕事の後に一緒に長野に行こうと話していたら、ちょうどその辺の警察での仕事が入った!
それは金曜日で、じゃあ善光寺にいこうということになった。それで、なんだかんだで、陽子ちゃんとレオンちゃんやお兄ちゃん家族もいくことになった。でも、もう一週間前で、突然だったから、気になる宿坊は楽天とかヤフートラベルから申し込みできないから、ネットで探して、陽子ちゃんが「ここがすごく良さそうだ」と言って、常智院というところへ行くことにした。まぁ、わたしは仕事の後遅くなるから、戸隠のペンションをとったんだけど、朝の修行には一緒に合流させてもらえるから。
それでも、宿坊に泊まるのは5人で、人数が多かったから部屋は春夏秋冬という4つの部屋を貸してくれたそうだ。

それで陽子ちゃんは夕食は、夢むすび地蔵善というご飯をお願いしていた!
お母さんが今までの精進料理の中で一番美味しかったと言っていた。
この夕食と朝和食がついて、あんな広い部屋で11880円は安いって!
しかもお朝事に案内してもらえるし!
ゴボウのかば焼きがめちゃめちゃ美味しかったそうだ。(クリックしてみて。)



それだけじゃなく、陽子ちゃんはここは今までの宿坊の中では一番ちゃんとお祈りしてあると言っていた。ここはトイレの洗面所なんだけど、うちにもトイレの中に「うすさまみょうおう」というトイレの神様を飾っているんだけど、トイレに向かって、トイレの神様がきちんと飾られてあって、しかもそれすらもちゃんとお祈りしてあるそうだ!
(ちなみにここのお水はすごく特別きれいなお水だから、飲めますよと書いてある)



朝になってわたしたちは合流して、常智院のお坊さんも一緒にお寺を案内してもらった。今までの宿坊では、ガイドの人が案内してくれたんだけど、お坊さんがちゃんとご案内してくれたのは本当にすごいありがたくて。びっくりしたなあ。もうお一人のお坊さんもめちゃめちゃ土下座みたいに頭を下げて泊まって下さってありがとうございますってされて、、スリランカはお坊さんが頭下げるわけはないから、びっくりだった!!!




で、お朝事だけど、もうーー真冬で1時間くらい超寒かった!!
子供たちには座布団をもっていっていたけど、想像以上で体感で1度くらい!!
わたしも薄手のコートのしたにセーターとタートル服と、ウインドブレーカーをきていて。
でも昼は20度だから、どんどん朝は超厚着でどんどん昼にむかって服を脱いでいく感じがいいよ。
朝の修行の後のお数珠頂戴をしてもらった後。。



恒例のお朝事のガチャガチャのおみくじで。わたしたちは去年から善光寺に何回もきているから、もらっていないのはあの傘をもったおじさんと、一般客というタイプで。
陽子ちゃんは傘のおじさんでてきてといって、レオンちゃんにやってもらったら、ちゃんと的中して、傘のおじさん出てきた!前はお上人さま出てきて~とお願いしたら出てきて、これはまたびっくりだ!大体これでコンプリート!ちなみにここのおみくじの内容はあまり信じないで、欲であれが出て、これが出てと願うから。その近くの牛の形をしているおみくじが本当にお勧めだというよ。



お朝事のあと、わたしとスリランカ人友達と子供たちは近くの城山動物園に!



陽子ちゃんはなにやら、やることがあるといって単独行動で。
お母さんとお兄ちゃんは歴代の仏像様が展示されている史料館に。
あと、わたしたちが泊まったのは、密教系のお寺で大日如来様がご本尊だったから、お坊さんにダライラマがいらした時の砂マンダラを見ておくようにということで、お兄ちゃんは初だから、そっちにいくことにした。

それで、陽子ちゃんは何しにいったかというと、特別なお守りやお数珠を買ったり、
山門をうろうろしたり・・・だって!
これは大観進(だいかんじん=天台宗系のお寺)から、お地蔵様と2ショットを撮れたらしい・・・



(着ているのはフェアトレードのピープルツリーの服だって。黄色のジャケットはオーガニックコットンだけど、届いたら布がめちゃめちゃ薄くて、下にウインドブレーカーを来て朝修行をした。陽子ちゃんがピープルツリーの黄色のジャケットにレビューを投稿した。「生地が薄すぎる、裏地がないから長い期間使えない」とレビューを書き込んだら、、、ずっと反映されていないらしい。。。まぁそういうこともあるけど、製作者は途上国で頑張っているわけだから、ずっと買うらしい。陽子ちゃんもかなりやさしくなった。)


これが山門。山門をうろうろして、陽子ちゃんは何をしていたかというと。。



ここには「あ」と「うん」の仁王様がいて、陽子ちゃんはこの「あ」の方の仁王様にお礼を言いに来たということだ。どういうことかというと・・・



(ちなみに・・・この山門は仁王様の裏側にも神様が2体いらっしゃって4人の神様が善光寺を守っているそうだ。善光寺はそれまでちょっと別の所にあったんだけど10回以上火事になって焼けたそうだけど、ここにうつして、山門に神様4人きてから一度も家事になっていないらしい・・・やっぱりパワーありそうだね。)

陽子ちゃんは実は8月初旬頃、「阿闍梨蒼雲 霊幻怪異始末」という、密教のお坊さんの漫画をみてから、それをするようになってから、霊に憑依をされなくなった。それは「観想法」という密教の瞑想で、自分の回りに仁王様に柵を作ってもらって、悪い霊やエネルギーから自分をガードするということを、瞑想するんだって。

これは、その漫画からの一コマで。立てた家の土が疫病で亡くなった人のお墓の土を使っていたことがわかったマンションで、家に霊障がひどくて、どうしようもない人の家をお坊さんが守りにきた実話を描いてある。お坊さんが前で後ろにいるのがその家の人で、イメージはこんな感じで、自分の回りにバジュラという金剛杵の柵を作ってもらって、悪いものが入ってこないようにだ。これをクリーンな状態で瞑想するそうだ。
クリーンな状態は今日はお肉やお魚を食べた日はだめ。部屋を片付けて、きちんとお風呂に入って、仁王様や身分が上の方に会えるように整えてということだそうだ。




そして忘れちゃいけないのが、柵は四方に正方形に作ったら、上からもちゃんと網というか柵の天井をつけるということだよ。陽子ちゃんはこれを忘れると頭のてっぺんが痛くなるというから、忘れちゃいけないそうだ。



陽子ちゃんは、あの漫画を読んでから、あーこの方法があったと思ったそうだ。
20年前、宇宙と自分の合一ということで、曼荼羅をみて観想していたことがあったそうだけど、あの時は全く精進していなかったし、姿勢が全然わかってなかったという。
まあ、今も陽子ちゃんは自分は子供もいるし、ベジスイーツとかが大好きだし、欲があるからお坊さんみたいにはできないから、どなたか力のある方にお願いしたいと思って、頭に出てきたのが善光寺山門の仁王様だったという。

ふと何か力強い方がいいなと思ったそうで、仁王様のお顔じゃなくて、足を思い出したという。
すごい筋肉だけど、足にかわいいアンクレットをしている!


それでこの方にお願いして、柵を作ってもらおうと思って、それを観想するようになったんだって。漫画ではお坊さんはマントラを言うけど、陽子ちゃんはその資格はないからマントラを言うことはない。般若心経も何も唱えない。でも、それをするようになってから、亡くなっている存在の魂が陽子ちゃんに入るということがなくなった。わたしも今のところ、3か月くらい、霊を払うピリットを家で唱えていない!
だから、最初は陽子ちゃんもうそでしょー、そんなにガードできるわけないよなあと言っていたけど、それがさすがに3か月続くと。たとえば毎日お腹が痛くなっていた人がある日から突然お腹が痛くなくなるような感じでしょ。やっぱり、陽子ちゃんもこれはありがたい。さすがにお礼に行かないとということで、出来るだけ早く善光寺にお礼にいって、また今後ともどうぞ宜しくお願いします。と伝えたらしい。

ちなみ毎回柵を仁王様がやって頂くのは忙しくて大変だということで、観想法では自分で柵を作れるようになったという。。すごく不思議なお話でごめんね。




それで、陽子ちゃんはあぁ・・・自分はここ数年は神道の天照様をメインに信じていると思っていたけど、、やっぱり密教の力は本物だったんだなあと信じるようになったという。陽子ちゃんはちょうど20年前、大学ではチベット仏教から密教の研究をしていて密教にどっぷりはまっていた時があったそうだ。でも、それは仏教の開祖から何百年もたって、後からできたものであまり信じすぎるのも良くないのかなあと思っていたそうだけど、でもやっぱり大いなる存在というのは天照様はこの世界や日本の行く末を照らしていて、自然災害とかは絶対的に神様の領域だというけど。実際に自分たちに近い存在で、簡単なマイナスから助けてくれるかどうかというのは、、相当な「ピュア」がないとできないなあと言っている。(皆さんの子供さんは12歳くらいまでは天照様に近いそうだよ。)

それで、やっぱり20年後に密教に戻ってきたのは運命かなあと言っている。
陽子ちゃんたちが泊まった今回のお寺の宿坊は、常智院でご本尊様が大日如来様だった。これは曼荼羅の真ん中の神様だよ。

陽子ちゃんたちが泊まった部屋の向かいに、このご本尊様の部屋があって、陽子ちゃんは写真を撮らせてもらった。お花も供物もきちんと手入れがされてあって、これはすごいな・・・という感じだったそうだ。これが1枚目。



これが2枚目にとった写真。なぜか光っちゃったそうだ。



その後、大日如来様の斜め前から3枚目を撮らせてもらったそうだけど・・・
陽子ちゃんは、カメラの写真をチェックしていて後で気づいたそうだ。
なんとカメラ目線になってるーー!!だって、隣の金剛様は正面向いているから、斜め顔になっているでしょう。



で4枚目、隣の一光三尊阿弥陀如来像の写真を撮ったとき。
やっぱり、大日如来様は正面を向いているのが正しいようだ。



でも、これはどうみてもやっぱり・・・カメラ目線になっているよね。
陽子ちゃんはこれを見て、うわーーやばい、これは・・・ちゃんと見て下さっているんだなあと思ったって!わたしもさすがにこういう仏像は見たことない!



それで、この常智院さんで、お兄ちゃんも陽子ちゃんもお母さんも自分たちのご先祖様と自分たちの心身健全の回向をお願いしたんだけどね。今まで陽子ちゃんは自分のことはお願いしたことが無かったけど、密教の大日如来様なら20年前からご縁があるから、自分のことはいいかなあと言って、お願いしたそうだ。

それで、回向をお願いするとお札をもらえるでしょう。
それをもらう時、仏壇があれば仏壇に無ければ神棚にと言われたそうで、あとで考えたら普通はこのようには言われないらしい。だって、神仏習合といっても一応仏教は仏壇、神棚は神道の天照様の方だから。それで、陽子ちゃんが調べてみたら大日如来様はいわゆる宇宙の創造神という意味合いで、それは神道でいえば「天之御中主命」(あめのみなかぬしのみこと)様という、天照大御神様のおじいちゃんのような神様だという。つまりこの2つの大きな存在は同じだという意味だよ。

だから、大日如来様のお札は神棚でもいいんだね。

そういうわけで皆さん、自分に敵がいそうな人、もしくは自分の回りに激しい人がいて、すごいマイナスエネルギー出してそうな時、自分がそういう影響を受けたくないなあという時、あとは本当に良くない霊の影響も受けたくないという人は、少し努力が必要だけど、以下の順序で試してみて下さい!

①自分が頼りにできそうなよくお参りにいくようなところでいいなと思う神様を選ばせてもらう。

②お肉を食べていない日に部屋を綺麗にして。

③目を閉じて、しばらく何も考えないでそれから神様を自分の部屋に呼んで、自分の回りに柵を作ってもらうようなイメージをする。

④必ず四方と天井にも柵を作ってもらう時、自分がなにものにも影響を受けないように強くイメージする。


⑤時間がある時はその神様や仏像を拝みにいって。これは午前中に女性は体調が良い時に。

⑥いつも守ってもらえると感謝する時、もしくは依頼する時、お願いだけをするのは良くないから、誰か弱い立場の人が幸せになれるように1000円とか2000円とかでも、募金をしてみよう。もしくはお金がない人は、環境に落ちているごみを拾ったり、一番良いのは公共で使われているトイレを掃除することだそうだ!例えば駅のトイレを使ったら、できる材料で掃除をして出るとか!(ちなみに陽子ちゃんはそれだけは本当に申し訳ないけど自分ち以外は出来なくて・・・神様ごめんなさいといっている。)

⑦神様が自分を守ってくれるのは、自分がこの世界にとって良い影響をもつ人間になる可能性がある人だからと思って、自分の波動も他の人に良い影響をあげられるように、いやな人がいても少しでも良いところを探したりして、自分がネガティブな波動を出さないように気を付けよう。


これが出来るようになると、結構ほんとにかなりガードできるようになるらしい。
特にラーフやケートゥの位置がアパラですよと言われている人は、目に見えない影響を受けやすいから、こういう方法も試してみて下さい!
そうすると邪気を受けないだけで、相当自分が動きやすくなったりするというからね。というわけで、今回は皆さんの宝石を紹介させて頂くと一緒に、自分のまわりにバリアを作る方法を紹介させてもらいました。
次は、もうできたら一気にスリランカの滞在のことをかいていこうと思う!ほんとにこれは二週間以内に頑張ります!!!
皆さん、気を使ってくれて・・「店主さん、年末ブログ楽しみにしてます」と言ってくれたりする方も何人もいて、そういう優しいことを言われると逆に頑張らないと!!って思っちゃうね。マジで次は陽子ちゃんがもーつらい~と言っていたスリランカの文化のローカルネタも入る予定です!!

これはわたしたちがスリランカで泊まっていた、コミッラバンガロー。プールが塩素なしで良かった!




というわけで、ジュエリーの紹介といっても長くなっちゃったけど、読んでくれてありがとうございました!
ますます冬が近づいているから、皆さんも忙しいと思うけど、心は3か月先を考えて、いま余裕をもって、元気でいられるように・・・!

ありがとうございました。



スリランカに行ってきました!2018!

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てもらって、ありがとうございます!!!
みんなでスリランカに行っていて、この間日本に帰ってきました!



2週間くらいだったんだけど、わたしたちがスリランカに帰国してすぐに
大きな台風で関西の方が大変だったそうで、
あと北海道に大きな地震があったということで、スリランカで聞いて驚いていたよ。
今まさに指輪をつくっていた北海道のお客さんのところも大きな揺れがあったそうで
停電がすごくこわかったそうで、、でも夏で良かったと思う。。
スリランカはしょっちゅう勝手に朝シャワーを浴びていると停電になって
そのまま次の日まで電気がつかないこともあるんだよ。
しかもアナウンスなしで突然なるからね。
今回は幸い、ホテルでは自家発電機があったから30分くらいしたら
エアコンがついたけど、、普通の家のところはとても大変だよ。
こういう話もまた今度ゆっくり書こうと思う!!

とてもありがたいことに、ご注文はすごくいっぱい頂いていたから、
製作調整と宝石の買い物で結構忙しかったけど、少し家族でゆっくりすることもできた!
これはゴールのホテルから近いビーチで貝殻広い。


これはスパセイロンという超有名なスリランカで唯一日本に進出しているアーユルヴェーダの化粧品のお店。陽子ちゃんは5年前いったときはまだそんなにたくさん種類がなかったというけど、すぐ有名になって銀座にもお店があるんだって!
陽子ちゃんはよく眠れるバームを買った!


これはクルネーガラのお友達のお寺にいったとき。
今回はその予定がなかったけど、実は前日泊まったあるホテルがゴーストホテルでわたしたちは2日の予定を1日でチェックアウトして、プランを楽しく変えた!
これはまた面白い話があるから今度ご期待で!


そして皆さんから頂いていた募金で支援活動もしてきました!


これもまた詳しリポートするけど、、日本で頂いていた商品券はイオンでサーモスボトルみたいなのを買って、ちゃんと専用ポケットも用意してもっていった!これはみんなにすごく喜ばれたんだよ!

貧しい人の家に前日に行って、少しリサーチしてから弟の家に20家族くらい集まってもらって、配ったんだけどね。このかわいい女の子の家もとても大変なところで
そういう生の情報もまた今度ご報告させて下さい。


あとはちょっと日本でわたしたちのスピリチュアル体験でガネーシャの所にはいかないと!っていうことがあって。カタラガマでのプージャーもしてきた!
これもまた日本とは違うから、詳しくリポートさせてもらいます。

そういうわけで、今回は無事帰国のご報告と皆さんへの感謝で終わらせて頂きます!
日本もこれからまだ2018年は3か月くらいだけど、自然の災害やいろいろ起きやすい時だから、困難な時こそ、それをバネにして前よりも良いところに着地できるように!
このガネーシャは芸術の神様だけど、そういう逆境を覆してくれる神様だから、
皆さんにもご利益がたくさんありますように!!


よくメールでは皆さんから、このブログではジュエリーの写真や宝石が出てくるのを楽しみにしています!と頂くけど、今回は陽子ちゃんがいくということで、宝石商の人がみな家に呼んでくれて、たくさんの非加熱無処理の宝石が入荷できたよ!そういう宝石や、もう写真を撮り切れないくらい新しく出来上がってくる皆さんのジュエリーも、また今度たくさん掲載していこうと思う。

ただ、今かなりご注文が多くて、どうやら8月にスリランカの宝石のテレビを放映したのかな?浅田真央ちゃんもスリランカに行ってくれたんだって!クローズアップされて嬉しいけど、まだホロスコープの翻訳をしないといけないオーダーがたくさんあったりするから、今お店は少しオーダーを止めてもらって、調整させてもらっています。今ホロスコープを待っていてくれる皆さん、あとまだかまだかとジュエリーが出来上がってくるのを待っている皆さんもこれを見てくれていると思う。
店長としてはやっぱり皆さんにしっかり向き合って、ちゃんと1つ1つ納品させてもらいたいと思っています。

今回は、とりあえず、まず無事帰国のご連絡とアーダーラ支援を送ってくれた皆さんへの感謝で。。本当に中にはあーこれだけもらったら一か月食べていける!と喜んでくれた家もたくさんあったんだよ!

皆さんも海外旅行とかで日本から離れると日本の素晴らしさがわかると思うけど、
今回もやっぱりわたしは日本に帰ってきてホッとした。
この日本に災害が起きないように、年末に向かって寒くなっていくけど、
幸せなお正月が迎えられるように。。。
でも2019年に向けて、もう始まっているからね!
皆さんも来年の展望を考えて、今年あと2か月半、元気に頑張っていきましょう!

ありがとうございました。


お盆に向けて大切なこと。

皆さん、こんにちは!
今日も見に来てくれてありがとうございます!!
前に火星の記事を書かせてもらったけど、火星ほんとうに見れた!
とっても感動しました!!
いつも火星のアパラには・・・とわたしたちのお店ではやっているけど、
確かにあの火星の力は強い。オレンジのよう赤い光で!!
この火星がちかづいていたせいか・・・
前にブログを書いたときから、一ヶ月半くらいの間に
日本では大変な災害も起きてしまったね。
皆さんのところや、親戚の人は大丈夫だったでしょうか?
わたしの所は、陽子ちゃんが倉敷市生まれというのを
お客さんが知っていて、大丈夫でしたかと心配をしてくれて
メールをくれたり、陽子ちゃんもわざわざ自分のことを
覚えていてくれて感激していたよ。
陽子ちゃんの親戚の方は何にも被害がなかったということで。
本当に心をまわしてくれたり、ありがとうござます!!

今もボランティアで泥の作業をしている人たちいっぱいいて毎日本当に大変だと思う。
今年の水害は、泥との格闘のようでそれはやっぱり火の神様が土とか鉱物に関係しているからなのかなあと・・・わたしは考えてみた。
だけど、本当にあまりにも厳しすぎる災害だと思う。
わたしはどうしてもこのお店のお仕事と警察のお仕事があるから、ボランティアにはいくことができない。でも、お客さんからスリランカにということで、募金を送ってもらっていたのがあって、それは何だかこういう時に日本に使わないと申し訳ないから、私たちのお金を足して、豪雨の災害募金に送らせてもらいました。

でも、それをあるお客さんに言ったら、やっぱり災害募金は自分が出したお金が大きな団体が受け取って、どういった形で支援に回るのかがわからないけど、スリランカにわたしたちに送ってくれたお金は、目に見える形ですごく近い形で、困っている人に届くのがわかるから、だからわたしたちに送らせてもらっているんですっていう、そういうメールをもらって。陽子ちゃんとわたしで、「あーー!そうだよなあ!!」と納得した!!

それからも、この一ヶ月の間に続々とスリランカ行きへの募金を送ってくれた方がいて、この日本も大変な時に海外のこと、特にわたしの国のことまで考えてくれて、ありがとうございます。



これは愛媛のお客さんから、自分の使わなくなった指輪を地金で買い取りをして募金にということだった。計算すると1万円以上あって、しかもナチュラルのジュースもたくさん!これはもうすぐにみんなで飲んじゃった!愛媛県もとても大変なのに、いろいろと心をまわしてくれてありがとうございます。こんな優しい気持ちのお客さんなので、きっと宝石たちが守って、いい所を教えてくれるんじゃないかな!



このお客さんは商品券を・・・!わざわざ、すみません。これをもらったということは、わたしたちが何か日本のものを選んでスリランカの人にあげたらいいということじゃないかと思うから、この使い道は今度スリランカに行った時のブログをみてね!あと、勾玉をつくる体験にも行ってくれたということで、陽子ちゃんがすごく喜んでいた!なぜなら、陽子ちゃんがここ数年勾玉とかをおしているのは、神様が日本を復興せよということを言っているからだという。だから、日本の魂のこと、文化のことをするときっと皆さんも良いご縁がもらえると思う。仕事も心地よくなって良かったね。




これはまた別のお客さんが送ってくれたフェアトレードのタオルで!
ちょうどサッカーをやっていた時で、これはセネガルのコットンなんだって。
お母さんがこれはいいものだよ!と感動していたよ。
このお客さんも、今回もジュエリーのお代と一緒に募金をしてくれて。
何年かのおつきあいのお客さんで、ご家族みんなでご注文をしてくれているんだけどね。最初は家のことやいろいろ、心配なことがあったみたいだけど、ホロスコープを調べたら外国に吉で、ご主人も外国の方だったからね。でもいろいろいろいろ調べて行って、今回自分たちが悠々家族水入らずで住める家を探して、外国に移住されることになった。ここまでは数年、迷ったりもしたけど、今着地点はとても良い所に到達できたね!このお客さんはフェアトレードの商品をよく買って使ったりしているそうで、そういう気持ちは徐々に惑星がキャッチしていって、最終的に幸せをお返ししてくれるみたいに前よりももっと幸せなところに到達できるよ。

そして、うれしかったのは。
外国人のご主人様も勾玉をご注文してくれたこと!


Lサイズは男の人の長い足をイメージしていて、足には丸いダイヤだと3.5ミリしか入らないけど、長いダイヤだともっと大きなサイズが入れられるということで、バゲットカットのダイヤを入れてあってちょっとかっこいいでしょう!

背中には仕事運を上げるミャンマー産の非加熱ピンクサファイアを入れたり、海外に移住しても体が強く、運を強化できるようにしてある!移住される前、ご家族みんなで出雲に行ったりして、お参りしたという。だから、必ず日本からのバックアップはどこにいてもあると思うよ。
自信をもって、新しい生活をエンジョイしてほしいと思う!



そして。


これは、また違うお客さんが旅行に行ったお土産のお茶で。このお茶は陽子ちゃんが一番好きなお茶なんだって。陽子ちゃんがいうには戸隠つながりのお客さんだそうで、去年はそのお客さんが戸隠に行った後、陽子ちゃん達が戸隠行きが決まって、今回は陽子ちゃんが善光寺をお勧めして、そのお客さんが善光寺に行って、すぐ後に陽子ちゃんが善光寺に行ったそうで。

このお客さんは今回非加熱でブレスレットと勾玉をご注文してくれたんだけどね。
前のブログで紹介させてもらったルビー、実はほぼ同じ時期にもう1個入荷できた!


どちらも0.7ct位ある大きな真っ赤のルビーで、しかもハートとマロン!これは暗いところでこんな存在感があるよ。前はハートを紹介させてもらったけど、ハートが珍しく売れずに残っていた。陽子ちゃんはもう自分がほぼリーチだ!これは私のになるかもしれないとワクワクしているけど。そのすぐ後にこんな真っ赤のマロンカットのミャンマー産の非加熱ルビーが入荷したわけだ!!(写真左のは、パパラチア・・・に一歩届かなかったけど、ペールピンクのきらきらした多色性のあるサファイア。)

これはやっぱり今まではこんな真っ赤の大粒系の非加熱ミャンマー産は2個同時に入荷できないし、この形は2つとも今まで13年間で1個も出会ったことがない。陽子ちゃんは、やっぱり戸隠の火の神様のおかげで、このお客さんも戸隠にいったから、このタイミングでご注文をして大きなルビーがハートのおかげでちょっと安く入ったから!

そして、マロンはお客さんのブレスレットになった!
このお客さんは前にスリランカに行ってくれたんだよ。
それから人生がご夫婦二人だったのが、あっというまに赤ちゃんが出来て、人生がもう前の2人だけの生活が思い出せない位じゃないかな!いつか娘さんにこのルビーを幸せに渡す日が来るんだなあ。しかも指輪と違ってブレスレットはそんなに汚れにくい傷つきにくいからいいと思う!



ブレスレットと一緒にシンプルな勾玉もありがとうございます!
仕事のことも、ちょっと今よく考えて進むといいのかもしれないね。
今年も戸隠も行ったということだし、きっと火の神様はすごくサポートをしてくれるよ。



戸隠からのお話だけど、わたしは去年陽子ちゃんに言われて善光寺と、戸隠神社に行ってから、何ヶ月後かにそのすぐ近くから通訳の依頼がもらえるようになった。それは突然で、しかも他県からの紹介はびっくりする。このお店のお仕事もわたしの通訳の仕事も、ご注文や依頼がきて初めてお仕事が成り立つ。だから会社に行ってお金をもらえるようなものではないから、とにかく全てはご縁をいただかないとお金がわたしたちの生活に入ってくることはない。だから、こういうご縁がたくさん出来ることは本当に生きることにつながる、ありがたいことで、やっぱり自分で足を運んでお参りするということが神様とのつながりを強くしてくれるんだなあと思った。


今日は、ちょっととてもとても長くなるけど、ご供養のお話をしたいと思う。
6月の半ば頃、陽子ちゃんの方のご先祖様が陽子ちゃんにご供養をお願いするようにきていた。これは信じる人は信じてもらうということで大丈夫だよ。これは千葉のすごく遠いところから、ある霊能力者という方に家にきてもらったんだけどね。
(それはお兄ちゃんのこともあって、この時すごく不思議なことが起きたんだけど・・・
これはスリランカにいく直前にかくよ!)
この時、陽子ちゃんに憑依したご先祖様の一人は、着物を着た男の子5歳くらいの子で、お団子が食べたいと言っていた。あとお侍さんのような人も待っている、何だかすごくせかされているんだよなあと言っていた、そうだ。(このとき、憑依状態から元に戻したのは、その霊能力者の方はできなくて、わたしのピリットだった。)
それで、その後、陽子ちゃんはお父さんにご先祖様で、小さい子供で亡くなっている人がいるのかどうか、家系図で調べてもらったら、やっぱり○○童子と書いてあるのがあったという。つまり、童子というのは、子供の小さな時に亡くなっちゃった人なんだって。それでやっぱり、お墓参りに行かないとなあと言っていた。しかもその子供は金色のお寺、金色の仏像といったそうだ。これは陽子ちゃんのお母さんも聞いていて、陽子ちゃんとお母さんは、金色の寺ゆうたら金閣寺じゃないのとか言っていたんだけど、あれはそういうお寺とかじゃないよねと言っていた。

そんな時に、わたしが次の週に長野県に仕事でいくことが決まった。陽子ちゃんはまさか善光寺かなあと言った。そういえば去年陽子ちゃんが善光寺にいった時は、ご先祖様供養はお願いしなかったらしい。だけどあれから1年で陽子ちゃんの霊感のようなものはまた一回りアンテナが強くなって、ちょっと自信もついてきたから、少し荒いけれど、あることをやろうということになった。それは、陽子ちゃんとレオンちゃんが富山県のお墓にいって、そこでまだ成仏していない魂があったら、陽子ちゃんは自分と一緒に善光寺にいって、お寺でご供養をしてもらって、そこから阿弥陀如来様に良いところに上げてもらおうという、計画だ。わたしは土曜日も通訳の依頼があって、長野にいけるのは日曜日。陽子ちゃんとレオンちゃんだけで、金曜日に富山県のお墓にいっていろいろやってきて、長野の善光寺へいかなければならない。わたしが心配なのは、今の陽子ちゃんの状態でお墓にいくと、いろいろ他のそういう目に見えないものもついてきちゃうのじゃないか、わたしが一緒にいたら払うことができるけど、それが出来ないと不安だなあということだった。でも、陽子ちゃんはご先祖様はレオンちゃん大好きだから、大丈夫と思う、ガードしてくれると思うと言った。

それで陽子ちゃん達は2年ぶりくらいにお墓にいくことになった。やっぱり富山県といえば新幹線でいかないといけないところだし、行けないから家でご先祖様コーナーを作って、お祈りしているんだけどね、、でも呼ばれるということは何か訴えたいことがあると思ったそうだ。

その日はある金曜日です。(あとで日にちが出てくるけど)陽子ちゃんとレオンちゃんは新幹線で富山駅につく頃、大雨がひどくて、これはお墓参りするのはどうしようと二人で言っていたらしい。富山駅からタクシーで、老舗のお団子屋さんにいって、お墓にいくまで40分くらい、タクシーの窓には雨がひどくうちつけていたという。それで陽子ちゃんは、「レオンちゃん、勾玉をふって、あまてらす様に雨がやみますようにお願いして」と言った。レオンちゃんはほぼ毎日、日拝をしている。それは朝、外にいって手をあわせて「アマテーラースー オオミカミー」といって「今日もありがとうござました」とお礼を言うことだ。それは今日も太陽がのぼって、自分が元気で外にでて、こういう風にいられることを感謝するという意味だという。

これは佐藤愛子さんという作家の「私の遺言」という本で、古神道の相曽誠治さんというすごい方が教えてくれた「日拝」という方法だという。これをまぁ忘れない時は、陽子ちゃんとレオンちゃんはほぼ毎日やっている。それをお墓参りにいくタクシーの中で、特に、今、雨を止めてほしいから、陽子ちゃんは自分が言うよりもまだ魂がピュアな子供がお祈りした方がきくだろうといって、レオンちゃんに今お墓参りをするから、どうか雨を止めてくださいと言わせたわけだ。

かくして・・本当にお墓についたその時、ピタリと雨がやんだという。これは陽子ちゃんもタクシーのおじさんもビックリしたという。6月29日の午後3時頃、大雨だったけれど富山市月岡町の方は30分だけ雨が突然止まったことは調べると確かだとわかると思うといっている。

だけど、お墓についたら陽子ちゃんたちは「やっばーい!」と叫んだという。それは陽子ちゃんたちに言わせると、そりゃあ化けて出てもおかしくないレベルにお墓が荒れていたからだ!

これはその時の写真だそうだ。この写真からはマイナスのものはもう出ていないから
今は参考に・・・はずかしいけど、載せてOKだって。
すごい、、やばい感じするでしょう!!


この3つのお墓全部が陽子ちゃんの家のものだそうで、6畳位の大きめのお墓なんだけどね。草がボーボーで、いろんなところが壊れていて、お墓の石もかなりカビがあったり、やばかったらしい・・・
真ん中に備えてあるのはお団子だって。

とりあえず陽子ちゃんとレオンちゃんは、すみませんご先祖様。先にお団子いただいてて下さいって言って、大急ぎで草取りを始めて、それはツルのようになっていたから、とるのが深くて大変だったそうだけど、それまでがっつり雨が降っていたから、逆にスルスル抜けたらしい。

それで草を取っていると少し晴れてきたらしい。でも、いろいろちゃんとお墓までクリーニングする道具はないし、それから駅に帰って新幹線で長野にいって、その日のうちに宿坊に戻らないといけない。小さなホウキではいて、きれいにして「また今度プラちゃんをつれてきて、ちゃんと掃除させますから」って言ったらしい!!

晴れまもでてきて、草をとってちょっとスッキリしたみたい!



陽子ちゃんは数珠の珠の中にご先祖様にはいってもらって、一緒に長野の善光寺の宿坊に行くようにしたそうだ。お墓参りをおえて、タクシーに戻るとまたすぐ雨が降り出して、陽子ちゃんは「レオンちゃん、あまてらすさまは本当にすごいね。」と感謝していたそうだ。

ちなみに陽子ちゃんはわたしたちのアパラのジュエリーを使う人はできるだけ、水晶やメノウとかじゃない、木で出来た数珠をおすすめしている。これは陽子ちゃんので紫檀でできていて、房はポリエステルで2500円の安いものだという。なぜ石の数珠が良くないかというと、例えば水晶は木星の惑星宝石と同じ光線が出ているから、一時的にもそれを着けると、木星の光線が強すぎてしまって、惑星宝石の光線のバランスが崩れるからだって。だからお数珠は紫檀や黒檀、桜、菩提樹とかの木の珠が良いそうだ。房はシルクが良くないのは蚕を殺生してシルクを作るから、本来は仏教では使わないそうだから。(これは私と陽子ちゃんのお数珠)




陽子ちゃんは数珠をいつも御徒町に行く時、左手で持っていっている。それは御徒町は結構前から宝石タウンだけど、石にまとわりつく霊は多くて、いろいろいるからだそうだ。本当はヘソナイトガーネットの大きなものをつけたらいいそうだけど、陽子ちゃんはあえてちょっとお世話になっているものもあるから、ヘソナイトガーネットの大きいのは今はつけないそうだ。


話は旅行のことに戻るけど。
富山から長野へ新幹線で移動した陽子ちゃん達。
今回は浄土宗系の淵之坊というお寺の宿坊だそうだ。陽子ちゃんとレオンちゃんは5時半頃、やっとお寺について、すぐにお風呂に入らせてもらって、ご飯を食べたって。

ここは肉・魚・卵・乳使わない完全ビーガンの精進料理で陽子ちゃんたちは安心して食べられたという。しかも、普通の家庭で作れなさそうなビーガン懐石で、食べられないくらいあったという!
最初これが運ばれてきて、レオンちゃんがご飯はどこだ?っていって。



ご飯は通常は後でくるらしいけど、ほしい人は一緒にって伝えた方がいいよ。レオンちゃんと陽子ちゃんはこのトロロのご飯がすごいおいしかったみたいでまた行きたいと言っている。わたしはあんまりトロロは好きじゃないんだけど・・他の二人は大好きで。



次の日は朝4時半に起きて、5時からお寺で「お朝事」だ。(おあさじ と読む)。宿の人が泊まっている人を集めて案内してくれるんだけど、何とそこに今、まさに指輪のご注文をくれていますという、お客さんがいたんだって!

これがそのお客さんの指輪で!綺麗なピンクサファイアが優しい雰囲気にしていたね!ご供養は一回だけじゃなくて、何かの折に、ずっとし続けることが大切だよ。
きっと良いご縁がちゃんと将来につながるようにお祈りしています!



そのお客さんはご両親が亡くなっているけど、少しふくざつな宗教だから、あまり今までご供養をしたことがないと言っていた。でも、ホロスコープではやっぱりそういう所からのマイナスのエネルギーを受けやすかったりして、とてもきれいな人だというのに、なぜか良縁に到達できなかったそうで。陽子ちゃんはそれを聞いて、じゃあ宗派を問わないといっている善光寺さんで、宿坊に泊まってご先祖様供養をお願いした方がいいですよ。とお話していたらしい。でも、まさかそのお客さんもすぐに行くことにして、同じ日になって、宿坊も20個くらいあるのに同じ宿坊になるとは!陽子ちゃんは朝、お朝事にいくとき、早稲田のTシャツを着ていて、恥ずかしいと思ったらしいけど、そのお客さんもその時、お話したら早稲田出身ですごく嬉しかった、セーフーと言っていた!

まあ、そんなすごい珍しい出会いもあったみたいで!2日後だったらわたしもお会いできたんだけど!ところで、陽子ちゃんはお朝事は何が楽しみかというと、お上人さまという、尼さんのお坊さんにナンマイダーとやってもらうのがたまらないと言っている。
陽子ちゃんが好きなお上人さまは高司せいえい様といって、超高貴な天皇家の出身で、美人なのに尼さんで結婚やいろいろ欲を捨てて仏道にということに憧れがあるらしい。陽子ちゃんはあとでファンクラブに入ってくると言って、善光寺信徒会にはいってきた。袈裟をもらったらしいけど、「やった!早稲田カラーかっこいい!」と言っている。陽子ちゃんは不思議なところにすごくミーハーなんだよね。

あと、善光寺であるミニチュアのおみくじをやったんだけどね、それはお朝事のミニチュアが入っているやつで。
去年は確か香炉が出てきた。



宿の人たちとお朝事でまわっている時、陽子ちゃんはこのガチャみくじをやって、レオンちゃんに「お上人さんでますように」ってグルグル回してもらったら、本当にお上人様のミニチュアがでてきて。宿の人たちも、ちょっとレアだったからわーすごい!って盛り上がったそうだ。陽子ちゃんはこれはきた甲斐があったって言っていた!このお上人さまは、わたしたちのご先祖様コーナーに今かざされている。(の写真は後ででてくるよ)

それから、陽子ちゃんたちは牛さんのところにいって、しばらく座っていたとき、陽子ちゃんが「あれ、この牛さん、すごくハンサムな顔している!」って言ったんだって。




確かに頭がすごくよさそうな顔をしているね!



それでそこで牛のおみくじを開いたら「大吉」だったそうで、皆さんも牛さんをほめたらいいかもって言っていた。

陽子ちゃんたちは、その日は宿をチェックアウトして、史料館は去年いったということで、善光寺の後ろにある城山動物園にいって、レオンちゃんサービスをしたらしい。
でも、ものすごく暑い炎天下の中で、レオンちゃんは楽しんでいたけど結構匂いのある動物の飼育小屋とか、乗り物を下でみているの、しんどかったといっていた。
陽子ちゃんは高所恐怖症だから、こういう乗り物できないからだって。



でも、そこはすごくすいていて、こんな乗り物もレオンちゃん一人のためにおじさんがスイッチオンして、動かしてくれるらしい。ディズニーランドで何十分待ちしてやっと乗れるみたいなやつ、ここでは全く待たないで乗り放題できることは、小さい子がいる人にはすごい、いいところらしいよ!

それから陽子ちゃん達は違うホテルに移動して、土曜日は善光寺で夜に盂蘭盆絵というのに参加して、どらを叩いてお饅頭をもらったり、忍者大門にいって、忍者ごっこをしたり、疲れたらすぐに竹風堂に栗みぞれを食べにいったりしていたらしい。

栗みぞれ、くりのみつをかける、かき氷。陽子ちゃん達は感動して、くりの蜜を2本かって、家でもかき氷をよくやっている。わたしはハワイアンブルーがいいけど。




そしてやっと日曜日の夜、わたしは仕事がおわったあと、長野の陽子ちゃんたちに合流した。わたしは車できてクタクタだったけど、メルパルクというホテルのお風呂がでっかくて、すごく休むことができた。

次の日の朝、5時にお朝事にいかなければ!ということで。

これはもう帰りの時だけどね。陽子ちゃんがピンクのシャツのがわたしで、陽子ちゃんがお上人さんとプラちゃんを撮れたって見せてくれたけど・・・ほぼお上人様だけだね。。



それで、その後、好例の、お朝事おみくじを・・・。
陽子ちゃんとレオンちゃんは「ぜったい一般ピープルでるにきまってるー」と言った。



ところが、貫主さまという、お坊さんのトップの人でたじゃないかー!



っそれはまあ、何だか陽子ちゃんたちに負けなかった気がして、よかったけど・・・ぶっちゃけ、スリランカの人がみたら、ガチャガチャからお坊さんとかでてきて手の中でゲットーとか、本当はあり得ない恐れおおいことなんだけど!!

ちなみに陽子ちゃんはなんでスリランカのお寺はお守りとかおみくじ、作らないの、絶対売れるよ、お寺もやっていくのにお金が必要だから檀家にたよるだけじゃなくて、こういうのやればいいのに!って言うんだよ。確かにそういう気持ちはわかるけど、スリランカの仏教はもっとシビアなんだよ。

朝の善光寺は、お朝事のあとはみんな朝食を食べにいくから、誰もいなくて、すごくすっきりして気持ちがよかった!これは前に香炉があるでしょう。去年はその香炉がおみくじででたんだなあ。やっぱり何度もくることでご縁ができたりして、良いものに出会えるのかなあと思う。




境内を散歩した。



去年は見られなかった蓮の花も今年は見られたなあ。
この時、陽子ちゃんとわたしはそういえばパパラチアがもう1年くらい、優しいピンク色っぽいの、入ってこないねえと言っていた。



あ、あれはスッポンじゃないか?といって、みんなで上ってきたりするのをじっとみたり。そんな平和な時間は楽しかった。



お地蔵さん。スリランカにはないんだよね。でも、日本にいると、いろんなところで優しい顔のお地蔵さんをみると、心が安らぐようになったのはもうわたしもそろそろ日本にきて20年近くだからかなあ。




善光寺は、日本に仏教が入ってきて、かなり最初の方のお寺で、宗派というものができる前のお寺だから、宗派は問わないですよ、みなさんいらっしゃって下さいと言っている。そして、日本の人はみな死ぬと、いろんなところから魂がここに来て、阿弥陀如来様にあげてもらって上にいくというよ。だから、お葬式でお茶碗にご飯を山盛り一杯よそって、お箸をたてるのは、ここの善光寺までくるときの「お弁当」の意味があるんだって!知らなかった!だから、「遠くとも一生に一度はまいれ、善光寺」というのは、死ぬ前に一度ここにきて阿弥陀様に顔を知っておいてもらう意味があるみたいだよ。でも、宗派がないとお経が唱えられないし、だから本当は大勧進(だいかんじん)と大本願(だいほんがん)に分かれているという。大勧進は天台・真言宗系で、大本願は浄土宗・浄土真宗系だという。でも、他の宗派でも気にしないでいらっしゃいと言われている。

それで、特に大本願というところは「女性の幸せ」を願うところだというよ。わたしのお店のお客さんでも、ご注文がくると、陽子ちゃんのところに小さな子供が現れて何かがほしいということがある。それを次の日、お客さんにこういうことを言っている子供がいるのですが、失礼ですが亡くなられている子供さん、いらっしゃいませんか?と聞くと、100%やっぱりいる。それは自然に亡くなっちゃった子や、どうしてもしょうがなくて中絶してしまった子供もいる。なぜ、お客さん自身のところにそういう霊があらわれて、供養をしてほしいと言わないのかと、ずっと陽子ちゃんは思っていたという。だけど、この間また違うところで、やっぱりお客さんの方の親類の方が現れたとき陽子ちゃんはなぜこういつもわたしに訴えるのかといったら、「そのお客さん自身にも、うすうすは気づいているようにしているけど、でも他の人が知らないことを言うからこそ、人はドキっとして、やらなきゃって思うから、だから他人のあなたに伝えている。」ということを言われて、ああ、そうなんだとわかったというよ。特に陽子ちゃんは自分はお母さんだから、子供とかおばあさんとか、私に言ってきやすいのかなあと言っている。

ここは子供の供養をしているところで。陽子ちゃんも自分のご先祖様の中に子供でなくなっている人がいるから、よくお祈りしたんだって。







だけど、わたし午後から仕事で!でも時間があるからレオンちゃん孝行で忍者大門につれていかれて。陽子ちゃんはズボンきれそうーと言っていたけど、大丈夫だった。。
子供がいるとどうしても、えー?まじで?って今ここでそれを言うか?ということいっぱいあるけど、わたしたちはかなり、それに付き合っている!その方が面白いし!





ところで、今回なぜ、こんな風にご先祖様関係のことを詳しく書いているかというと・・・ぶっちゃけ、最近オーダーをしてくれるお客さん、陽子ちゃんに訴えてくる魂がかなり多くなっていて、、、それはどういう時が多いかというと、ホロスコープの作業のとき、陽子ちゃんと先生とわたしでスカイプで、お客さんのホロスコープを項目ごとに話し合いをするんだけど、どうもその先生も霊感がある人で、何かスイッチをオンする。陽子ちゃんもその時「開ける」という。でも陽子ちゃんは「閉じ方」を知らないという。それでホロスコープの話し合いが終わった後、「開いたままになっていて」よく何かが陽子ちゃんに入る。でも簡単なものなら、わたしが払えるということがわかって、うまく成り立っているんだけどね。時にはすごい重いものだと、陽子ちゃんの頭がめちゃめちゃ痛くなって、払うのにめっちゃ時間かかるときがある!!でも、強いものでも入った時、すぐオエっと陽子ちゃんからぬける、お勧めのユーチューブがある。←クリックしてみて。チベット密教のらしいけど、かなり強いものでもこれを1時間くらいかけていると、消えるよ。スリランカのピリットとはぜんぜん違うから、わたしはわからないんだけどね。皆さんも何かきたなという時、これをかけたらいいかもしれない!

それで、わたしは思った。これだけ日本の人はご先祖様方とか亡くなっている親類の方が何かを求めているということは、このブログをみていてくれているお客さんでも、何かご供養が足りないで、助けてほしいとか、行けずに困っている魂が近くにいるかもしれない。あなたは、そういっても自分とは関係ないでしょ!って思うかもしれないけど、でもあなたが今生きていることは、やっぱり親がいて、そのまた親がいて、親戚がいて、結婚したりしてさらにご縁ができて・・そういう中にあなたは生まれて、その人生を歩んでいるわけで。だから自分一人で生きているわけではないね。だから、そういった先祖や自分の血、結婚した人との関係の血縁や、たとえ別れても子供がいたら、別れた人の血縁をついでいる。これは決して切れることはない。だから、自分につながっている人、生きている人も亡くなっている人も幸せなところに迎えるようにお祈りしてあげることが大切だという。それが、時にはすごく迷っていたり苦しんでいる魂が自分に近い縁にあったら、結構そのひとは影響を受けて、原因不明の体の不調が続いたり、車でトラブルや事故にあったり、マイナスの出来事がおきやすいというよ。

これはあくまでも目に見えない世界のお話だから、信じる人が信じればいいお話だよ。このブログは、「一般には」不思議なことをたくさんかくから、色々とバッシング的なメールを受け取ることもある。まぁ大体はわたしの頭がおかしいとか、陽子ちゃんの頭がおかしいとかで。でも、陽子ちゃんに言ったら、「だって本当におかしいのはわかっていることだから、気にしないでいいよ」というけど!

でも、どうかなあ。わたしは最近日本の歴史のマンガをよんでいるけど、昔、卑弥呼っていう女のシャーマンのような人が政治をしていたこともあるんだってね。でも、あの時代の人たちのことを日本人の人は頭がおかしい時代だったと言うだろうか?逆にすごく神聖な歴史のようにわたしは思えたよ。陽子ちゃんによると、科学というものが主流になってきたのは地球の何万年の歴史の中でもほんのやっとこの数百年だけで。それまでは呪術と政治と科学は一つのものだったそうだ。

今は科学というものが全てと考えることが合理的で、わかりやすいと思うけど、科学が発展したことでわたしたちの便利な生活があるけどね。でも、ずっとわたしたちが大切にしてきたことは、目に見えない力だったりするね。日本の神様が日本におりてきて、天皇になって、日本を最初につくって、今日本が続いているというけど、その歴史は2500年位とも言われている。この2500年は世界の中でも唯一の国家だという。でも、それが続いてきた中の2200年は、科学よりも目に見えない力や呪術のようなものが人々の「ものの考え方」のトップにくる考え方だったというね。だからこそ、日本が世界の他のどの国よりも、とてもクリーンで謙虚で、礼儀正しい国で続いてきたのじゃないかなと思う。

最近、上野の国立博物館で「縄文展」をやっていて、御徒町とすごく近いからいってきたんだけど。夏休みに入っていたから、平日だけどすごい人だったよ!
それは1万年前のもので。勾玉のようなものや、たくさんの土偶や呪術に使われたものがたくさん残っている。1万年前だよ。土でできたものが、なぜこれだけ壊れないで残っているのかな?わたしはそれの方が不自然でびっくりしたことだったんだよ。
数千年前の火焔型土器というもの、これは料理に使っただけじゃなくて呪術にも使われている。



わたしは、この素晴らしい模様に驚いたのじゃなくて、やっぱり何故残っているのか?ということに驚いた。でも、それがもしかしたら、わたしは「呪術」に使ったからこそ、それにパワーがあって、だから今に生きているように残っているんじゃないか!って思ったことだよ。それは科学をおしている今の現代に「何かそうじゃないものが大切なんだよ。生きのびる方法、ずっと後世にも続いていくものというのは、こういう目に見えない力を頼りにしたものなんだよ」って教えているんじゃないかって思ったわけだ。

これはお土産の土偶!大きい方は貯金箱になってる!



だから、実はスリランカも近代化が進んでいって、わたしたちが若い頃までは法事といえば、超とおい県からもバスに何時間ものって親戚が集まってご飯を作って、お坊さんにご飯をあげて、近所中の人も何百人きてもビュッフェのようにご飯をあげることが普通だった。わたしもそれが近所であると、いっぱい食べられるから、友達とホイホイ行ったんだよ。でも今は、それがケータリングの時代になっているし、あまりここまで多くの人が集まらなくなっているのは、日本の核家族化が進んでいるようにスリランカも、結構家族と親戚が心が離れてしまっていたりするからだよ。

日本も今は家のお母さんも奥さんもみんな働くようになっているし、日本は女性の経営者さんや先生のような人も多いし、すごく忙しくて、なかなかご先祖様とかなくなって何年の親戚とか、あまり考えることもなくなっているんじゃないかなあ。と思う。でも、ホロスコープでラーフの位置がすごく良いところに現れていて、ケートゥも完璧良いご加護があるよっていう人、今まで本当になかなかいない!それはどういうことかというと、ホロスコープでのラーフは自分のカルマを表している。カルマというのは自分が前世どんなことをして、どういう人生の課題が今生にあるか、だから今あなたはそこに生まれているということだけどね。例えばわたしは、ものすごく貧しい国の貧しい家庭の長男に生まれた。それはスリランカでは、わたしが前世もしかしたら貧しい人をこき使っていた人だったからかもしれない。だから、わたしはホロスコープでは、今生は、水瓶座でカーストはスードラで「使われる人」という意味に生まれているし、子供時代はご飯をお腹いっぱい食べた記憶がない。これは何百回もある、わたしの前世でつくりあげたカルマだと思う。でもわたしは良いこともしたと思う。だから20歳になってから日本にこれて、大学にもいけて、こんな誰も持ったことがないようなナチュラルの宝石の仕事をさせてもらうような運命をもらうことができたと思う。

これがラーフの影響で生まれもったものだ。ラーフは88%は凶だから、大体のお客さんのホロスコープではやっぱり何か多かれ少なかれ、ラーフのアパラがある。(でも、ラーフのちょうど良い時に生まれた誕生地から移動すると、その影響を抑えることができるとかもあるんだけど)。でも、だから、ということは、ご先祖様とかなくなっている縁の人からの影響というのは、皆もっているものだと思う。

でもそれがあっても、まあ普通の日本の人は、10代、20才くらいまでは何も気にしないできても、お墓参りとか法事とかそういったことを気にしないできても、努力すれば報われる、自分の思い通りの人生を走っていくこともできる。それはある程度、日本の神様のお守りもあるんじゃないかと思う。あとは、ご先祖様もやっぱり子孫がかわいいから、子孫として生まれてから、愛情深くみているし、大切に思っているからだと思う。でも20才以上くらいになると、まあ可愛いと思っていた孫もにくたらしくなったり、いろいろワガママをみたりすると、腹立たしく思うでしょう。そういう風にちゃんとご先祖様たちも、子孫にちゃんとしてほしいと思うから、はらはら、いらいらして見ていたりして、心配で良い所に迎えなくなってしまったりすることもある。また、きちんと法事をしてくれていなければ、亡くなっている魂も良いところにいけないから、ウロウロ迷っている。そういう影響は自分に相互の関係で、なにか、くることが多いと思う。


わたしは原因不明の病気とかは、かなりの確率でこういう目に見えない影響を受けているからじゃないのかなあって思うんだけどね。あとは昔からのお金持ちだった家は、その周りの家からも嫉妬を受けていたりすることもあるよ。そういったものを受けやすい人は受けてしまうこともあるんだね。


だから、わたしたちは先祖や亡くなっているご縁の人が良い所に迎えるように「わたしもちゃんと自分を仏教を学んで律していきます。だから皆さんもここでの執着をあまりもたないで、わたしたちのことは気にしないで自分で自分の良い輪廻を目指していってください」という意味で、ご供養をすることが大切と思う。スリランカの場合は、特に亡くなっている人がもっと良い輪廻にめぐることができるように功徳をあげるということがある。それは例えばわたしのお母さんは8年前亡くなったけど、良い輪廻にいけるように、わたしのお母さんは自分も貧しかったから、特に貧しい人を助けたりした人ではなかったから、わたしがお母さんの代わりに貧しい人に今いろいろ施しをすることで、その功徳をお母さんにわけてあげて、それをお母さんがポイントゲットみたいに受け取って、良いところに生まれ変わることができるーーということをしている。

それで、わたしのお母さんは8年前亡くなったんだけど、みなさんのお陰で、その後たくさんの人にご飯や物資をわけてあげたり、色々することができた。で・・・陽子ちゃんがそろそろ生まれ変わる頃だといっていたのが去年で。その後、わたしの弟は子供ができた。弟の子供は、今9才だから、その次の子供としては、ずいぶん離れているでしょう。実は、陽子ちゃんがわたしのお母さんが火葬されるとき、縁者になるように自分のダイヤモンドのピアスをあげて、わたしのお腹にまた生まれてきなさいと言ったんだって。でも、その時レオンちゃんがお腹にいたことを陽子ちゃんは知らなかった。そしてレオンちゃんが生まれた後、あまりにも子育てが大変だから、わたしのアンマに「あーごめん!やっぱうちは無理だから、あっちに生まれて」って言ったんだって!!!
それで陽子ちゃんがわたしの弟に赤ちゃんができた時、絶対女の子だから。アンマくるからって言った。

そしてやっぱり女の子が生まれた。つい先月くらいのことだよ。陽子ちゃんは何でこういうことがわかるの?といったら、えへへーチベット死者の書とか20年前に読んで、ダライラマの生まれ変わりの研究をしていたからだよといった。密教のことはもう信じられないようなすごいこともあるらしい・・・!!

まぁ。。これは信じる信じないおまかせですけど、わたしはこういうことはよくあって。今度のスリランカ行きのプランも、こういうご供養や神様関係のルートになっている!
だから皆さんが送ってくれたお金は大切に良い巡りの中で使うことができると思う。
それが皆さんに必ず届くんじゃないかと思う。


というわけで、今回のブログはもうすぐお盆ということで、今の皆さんが幸せになるためには、自分の縁があった亡くなっている人のために、できることをした方が良いですよというお話だ。あまり熱心にやる必要はないけど、ちゃんと大人の人間としてということだ。

・特に自分は「結婚したいのにご縁がない」人。
・子供がほしいと思っていて、なかなか出来ない人。
・「自律神経や原因がはっきりしない病気でずっと苦しんでいる人」
・家の中で、結婚相手や親族と喧嘩がすごい起きる人。
・時計が狂いやすかったり、電化製品が壊れやすい人。
・食器がよく割れる人。
・子供がせきとか呼吸器の病気にかかりやすい人。
・仕事でいやな上司、同僚とかなぜか、うまが合わない
いやな巡り合わせの人間関係で苦労している人。

もしこういう悩みがあったら、結婚していない人は自分の名前の縁だけ。結婚している人は相手の人の家もふくめて2つの家のこと。結婚していて離婚した人は、実家の方の家だけ。離婚していて子供がいる人は自分の実家と元の伴侶の家ので2つの家のこと。

これをちゃんとご供養してあげてください。
お墓にすぐに行けない人はお仏壇まではいかなくても、自分でコーナーをつくって!

これは陽子ちゃんの家の方。
お花・お水・お香できたら蝋燭立て。毎日じゃなくてもご飯。
お花は前は陽子ちゃんはバラとかもお供えしていたんだけど、
ほんとはとげがあるバラとかは良くないらしい。
蝋燭の火はご先祖様の魂が歩く道を照らしてくれているそうだ。




いろいろ親戚が複雑だったりして、お墓のクリーニングとかを大々的に自分で勝手にできない人とかもいるでしょう。陽子ちゃんもそうらしくて、だけどご先祖様は陽子ちゃんにこうしてほしいと言うから、そのことをしている。それは善光寺の阿弥陀様のところへということだった。
だから、陽子ちゃんが泊まった淵之坊さんで「ご回向(えこう)」という形で、ご供養をお願いしたという。陽子ちゃんは1万円払って、家内安全もお願いしたというけど、そうするとお寺から「授与品」というものをもらえるんだって。

その中で陽子ちゃんが「えーー!」とびっくりしたのがこれ。



↑真ん中の金色の仏像のコインみたいなのがあるでしょう。それが入っていた後ろの水色の袋に「奉 開眼」と書いてあるという。前のブログで紹介した漫画を読んだことがある人は、「開眼」っていうことがどれだけ、神秘的なことがわかると思う!そう、なかなかできることではないわけだ。でも「これは開眼してありますよ」って書いてあるものをもらって、陽子ちゃんは初開眼されている仏像だ~といって、すごい嬉しいと言っていた!この蝋燭も、特別なお客さんからいただいたものだよ。本当にありがとう!!

ところで、これは何かというと・・・善光寺で買った一光三尊阿弥陀如来様の御影という。ご先祖様が「金色の」といっていたから、善光寺で買ったんだという。3500円だったというけど、陽子ちゃんはこういうのは本当に「ちゃんとやっているか」どうかはにおいでわかるというらしいけど、あの陽子ちゃんの尊敬する高司お上人様は気高いお香の香りがするんだって。善光寺の境内の中のお店でこれを見つけた時、そのお香とおなじにおいがして、これはちゃんとやってるなあと思って買ったという。

しかも、陽子ちゃんのご先祖さまは、北陸の人だからか、「金色」が好きだからだ。この「金」の話はまたあとにつづくよ。

陽子ちゃんが29日のお朝事でもらったお上人様とわたしが月曜日のお朝事でもらった貫主様のお人形。。真ん中のおりんは去年違うバージョンおみくじでもらったものと思う。これは全部そろえたくなるね!でも、欲をもってやると同じのが2回でることもあるかもしれないし、、来年までまつかなあ!



ところで上の写真で布団に入って寝ているのは何かっていうと、ひとにぎり地蔵といって、善光寺の大本願でお香の灰でつくったお地蔵様で。つらい時、握れるような形をしているよ。

これがおおもとので。お上人さまがお経を唱えて作ってくれたから良いものだと言っている。



陽子ちゃんはこれを、わたしのお店で勾玉を作っている職人さんにもあげたの。そうしたら、その職人さんもちょっと霊的なものを感じる人で、時々依頼によっては、体が重くなって作れなくなっちゃう時があるという。そのときにこのお地蔵さんを思い出して、握ってしばらくしたら、体が軽くなって作れるようになったー、これ、効きますよ、ありがとうござます!って言われたんだって。それを聞いて陽子ちゃんはマジかい~もっと買ってきたら良かったと言っている。まだ売っているかもしれないから、皆さんも大本願にいってみて!

それから、これは違う日に。ご飯をお供えしている。
最近、なぜかお客さんのご先祖様のでもご飯を欲しがっている方が何人かいるという。




それはこの8月のこの時期と関係あるんだなあと言っている。それがお盆ということと、戦争のこともあって、やっぱりご先祖様の中には戦争を経験していたり、ご飯をお腹いっぱい食べられないで、つらい中で亡くなっている魂もあるから、皆さん今生きているということは必ず、必ず戦争の時に生きていた、あなたの血をつないでくれた人がいるからでしょう。だから、その人たちのためにも自分は関係ないと思わないで、今あなたがご飯をお腹いっぱい食べられるなら、ご飯をお供えしてあげてといっている。


何か月か前、陽子ちゃんと前になにげなく始まった戦争の時のドラマをみていたんだけどね。それはタイトルは忘れちゃったけど、戦争で満州に何百万人も日本からいったけど、その家族もそこにいっていて、戦争が終わった時、その人たちは中国から日本に帰れないでいた。それで日本人ということで、大変なすごい迫害を受けたり、ものすごく貧しくていきるか死ぬかの生活だったという。その人たちは170万人もいて、日本に何とかして帰す計画を実行したのが丸山邦雄さん、武蔵正道という人たち3人だったという。この3人はまず、自分たちが日本になんとかして帰って、マッカーサーや吉田茂とかと交渉をして、満州に残っている人の引き上げを進めるというドラマだった。それで最終的に残っている人たちを日本に帰らせることができることが決まって、それを中国の各地の日本人に伝えたり、いろいろ橋渡しをしに中国にまた行く人が必要だった。その役を、武蔵正道さんが自分がいくと言った。その人は中国人みたいに中国語もできるし、結婚していなくて家族がいなかったから、自由に動けるからだ。というのは逆をいうと死んだり何かあっても・・じぶんなら大丈夫だからということで志願したわけだ。せっかく満州から日本に戻れたのに満州に残っている人たちのために満州に戻ったんだけど。そこで、途中でやっぱりスパイと間違えられて2ヶ月くらい、中国に捕まって、電気ショックや水責めとか、ありとあらゆる拷問を受けた!!でも何かのきっかけで罪がないとわかって、解放されるんだけどね。
とにかく本当にひどい、もし私だったら死んでいただろうという位だった。でも、その、武蔵さんという人がいたから、拷問に耐えてくれたり、いろいろ尽力してくれたから、満州に残っていた苦しい日本人が全員、日本に帰れたのかもいれないと初めて知ったわけだ。こういう話はわたしは全く知らないし、あのドラマはひきこまれた。

そして、一番驚いたのは陽子ちゃんだった。
なぜなら陽子ちゃんはお父さんの戸籍をまえにみたとき、お父さんが生まれた所は満州と書いてあったからだ。

これはその武蔵さんが書いた本で。



これにはその当時、満州に残っていた人がいかに大変だったか、アワとか穀物を入れるズタ袋を体に巻いて、服にして何とか生きていた人がいたとか、いろいろ書いてあったそうだ。もちろん、たくさんの人が栄養失調とか病気でなくなっている。でも、なんとか陽子ちゃんのお父さんは満州で生まれて、日本に帰ってこれたんだよね。でも、もし武蔵さんたち3人がいなかったら、日本に帰ってこられなかったもしれない。陽子ちゃんのお父さんは小さいまま、そこで死んでいたかもしれないということがわかったそうだ。だとしたら、今の陽子ちゃんはここにはいない。

何気なくみていたドラマで、その中で拷問や極限の状況で交渉をしてくれた人がいるからこそ、今自分の「生」があると知って、陽子ちゃんはさすがに驚いて、それで本を買ったわけ。
だから、やっぱり自分は遠い昔の、誰かのおかげで生きている。親が亡くなっている人でも自分のご先祖様がどんな人かわからなくても、必ず誰かのおかげだね。
それで、どうもお盆は不思議なんだけど。陽子ちゃんに訴えてくるゆかりの人も多いみたいで。これは、ブログを見てもらっている皆さんも、ぜひどこかのお寺で「ご回向」をお願いしたりすると、きっとご先祖様も喜んで、あなたに優しい力をくれると思うからということで、ここに書かせてもらっているよ。


だって、そこからじゃないか。まずホロスコープであなた自身の人生を作り上げていくのは、そういうあなたのバックグラウンドを綺麗に整えてあげて、やっとスタート地点にたてるんじゃないかな!そうすることで、ちゃんと子孫がつながっていく流れをつくることで、赤ちゃんができたり、結婚相手が見つかって「家庭」ができていくでしょう。そこからがまた結婚した夫婦の間でいろいろ勉強することがあったり、子育てで勉強することがあったり、家庭の成長があるわけで問題もたくさん出てくる。そこに対処するのがアパラムッダだからね。

もう年齢が上がっていて、自分はもう結婚している。
子供はいないという人は、じゃあこれから自分は老人になっていく時、どういう生き方ができるか、それもやっぱりマインドの疾患=認知症とかは、スリランカではラーフの問題と密接な関係があるよ。だから、ちゃんとご供養をすることが自分の親や、自分自身のマインドを老人になってもしっかり保つ働きもある。

自分は結婚している。子供がいる人はその子供が元気でやりたい道で活躍できるように成長させていけるかどうかも、やっぱり目に見えない所でご先祖様も守ってくれているかどうか、逆に亡くなっている血縁者が良いところに行かれないでうろうろしていると、足かせになるようにつらいと言ってぶら下がってしまうし、そういう全てが関わってくる、と思う。

だから、やっぱり皆さん、どうか縁のある亡くなっている人がそれぞれ良いところに行けるように、この時期は特に考えてできることをやってあげましょう。

わたしもスリランカに行く前に、陽子ちゃんの名前のお墓参りにいくことになっている。もちろんお金も時間もかかることだよ。でも、わたしは電話でお寺や業者にクリーニングや供養をお願いしても意味がないことをわかっている。だから、日本はお墓のある国だから、ちゃんと自分でいくこと。それとわたしなりの仏教のお経を唱えてこようと思っている。実はそれを楽しみにしてくれている魂もいるそうで!ありがたいでしょう!


ちなみにこれは何度も繰り返しになるけど、何で亡くなった魂はお経を必要としているかというと、それは亡くなった魂が、なぜまだゆくべき所へ迎えないかといえば、それは欲があるからだ。仏教のお経は「欲に気がついて、欲を抑え、自分を無我にしていきましょう」そうすることで「苦しい輪廻から離れて涅槃に到達できますよ」と説いているからだ。でも、そうみんな涅槃にいけないから、とりあえず次の輪廻に向かうでしょう。仏教では六道あって、輪廻のゆく先は人間界もあれば、動物の畜生道や餓鬼道、地獄とかもある。そこの振り分けをするのはブッダじゃないからね!それが日本では阿弥陀如来様だったり、聞き分けがない魂には不動妙王とか色々と仏教界を支える神様的な役があるということだという。スリランカでは閻魔様はヤマと言われて、すごく怖い存在だったけど、、善光寺には大きな閻魔様像があって、みるたびに私はあれだけは本当に怖いけど・・・


日本は本当に不思議な国で。
わたしにとっては、やっぱりわたしが生まれた国ではブッダ、ゴータマ・シッダルタという「人」はトップにいる存在で。まぁ、ガネーシャ信仰とかいろいろミックスはあるけど、わたしの中でブッダは誰がなにを言っても全ての根本にある。

でも日本では神社があって神様がいる。
じゃあ、神様だけを信じていたら幸せになれるんじゃないかと思うかもしれない。でも、日本は紀元後6世紀位のとき、仏教が日本に伝わって、神道をだけを信じる派閥と仏教を信じる派閥があって、戦いが起きたんだよね。
でも、仏教の教えを聞いて、天皇がこの国の人の心を整えて、欲望をちゃんと自律して、努力ができるようになるためには仏教というものは大切なものだと思った。それは国を栄えさせていくためにはこの教えも必要だとわかったからだ。それは皇極天皇という、女性の天皇だというよ。その天皇が百済から伝わった、金色の三尊如来さまの仏像をおまつりするためのお寺を造りなさいと指示したのが金の仏像を発見した、本田善光さんという人で、だから善光寺というんだって。

ちなみにこの三尊如来様の仏像は、「えんぶだごん」という竜宮にある金で出来ているんだって。それが日本に伝わって善光寺にある秘仏となっているらしい・・・



あーーこの辺のお話をしたかったんだけど、スリランカで聞いていた名前とかなり違って、どの話かわからない!!これはスリランカでお坊さんと事実確認ができたら、またお話するよ!もし早く知りたい人は善光寺の大本願にいって「善光寺さま」という漫画を700円で買ってね!


でも、やっぱり今も台風が近づいているけど、本当に最近は自然の災害が多いでしょう。それは、まぁ宗教を研究していた陽子ちゃんにきくと、どうしても天災は「神様」の領域だという。だから、お墓参りの時、大雨だとどうしてもつらいから、雨をどうか止めてほしいとお願いするのは日本人であれば、日本の神社の神様だという。一番わかりやすいトップの神様は「天照大御神様」だというね。

それと、日本の神様は日本を繁栄させたいと思っているから、個人の家が豊かになっていくこと、それと会社を活気づけたり、ちゃんとご先祖様とかを供養をした上でだけど、良縁をつなげてくれるのも神様、元気な赤ちゃんを産ませるのも神様、どこの地域に生まれるかというのも、日本では産土神様というのが管轄するというね。これはすごく面白いなあと思うけど。

でも、やっぱりこれは本当だと思う。だってわたしは長野県の戸隠神社にいってから、長野県からのお仕事をもらえたりするようになったから。そして○○神社というところへいくと、その名前の○○市から次の日にもう依頼が入ることも数え切れないくらいあって。これは日本の神様が力を見せているとしか思えない。
だから、わたしは日本にいるから、わたしを守ってもらって、またこのジュエリーのお仕事は、ものすごい大きな額のお金を預かることになるから、すべての責任があるから自分も健康で安全にいないといけない。それは自分がちゃんと、自分がもって生まれてしまったアパラをくつがえす惑星の宝石をつけることと、自分が天災や災害に巻き込まれないように、これは神様にお願いをするしかない。だから、あの日七夕の日、わたしたちは神社に行った。

あの日、台風がくると言われていたし、大雨になるはずだったけど、七夕をお祝いする近所の神社はたくさんの人が集まって、祝詞をあげて、お祝いをしていた。

考えてみると、あの日、数時間後に何百キロ離れた地域では大きな水害で大変なことになったのは、本当に信じられないことだ。同じ国なのに。
これはいつでも大丈夫だと思わないで、気を付けていないといけないね。



でも陽子ちゃんは水、水、水害のことが頭から離れなくて、わたしたちが住んでいる地域も昔は河川の氾濫があったこともあるから、神様にお祈りをして、言葉をきかねばといって。水みくじをした。

大吉でわたしと陽子ちゃんは少しほっとした。
でも気をつけないと欲を出してはいけないということだ。



そしてあの日、七夕の午前中、とても珍しい宝石が届いた!!!



それが「スリランカ産非加熱パパラチアサファイア」だった。

これはスリランカで採れたばかりで、とにかく、、早く送ってもらったもので。わたしたちは日本でいくらとても美しい色をしていても、「パパラチア」であると判定されるかどうかは難しいということも知っていた。でも、届いたものは陽子ちゃんは「これはどうひっくり返っても、スリランカ産非加熱パパラチアだよ」といった。

それでやっぱり。
その通り、日独宝石研究所でも非加熱スリランカ産パパラチアだった!



七夕の日に届いたパパラチアサファイアは、皆さんにメルマガをしようかと思ったけど、、でも1年くらい前から予約をしているお客さんがいたんだ。だから、これはあのお客さんにご連絡させてもらうことになったんだけどね。本当にそれくらい今はパパラチアは入手できなくなってしまっている。欲しい人はできたら予約をしてほしい。

わたしたちはそれが自分のものになるわけじゃないけど、七夕の日にパパラチアが届いたことは、とてもありがたい運命の宝石だったと思った。
それは一週間前位に、善光寺でみた蓮の花のところでパパラチアはどうかな。と言っていたでしょう。その2日後くらいにスリランカから「たぶんパパラチアでいけるのがでたからすぐ送るーー」と連絡があって、普通は税関とかでペンディングなるし、7日~10日位かかるっこともあるのに、あれはわずか4日で届いたんだよ。

これはやっぱり最近はわたしたちも、40才をすぎて、そろそろいい年のおじさんとおばさんになっていって、やっぱり、もうそろそろ神仏をちゃんと敬うべき年齢になっていったのかなあと。そういった目に見えないものへの感謝の気持ちは、普段の仕事や日々まわるような仕事よりも大切なことでもあって、お金と時間をかけて神仏を大切にするための行為が大切であると気づいて、実行しはじめてきたことが、最近はちょっと実りになって、助けてもらったり、時々ご褒美をもらえるようになったのかなあと思う。


だから、皆さんにもおすすめしたいと思う。
あと、陽子ちゃんが言うには、、災害は宗教的にも経済社会学的にも、肉食が増えることで多くなるよと言っている。それは畜産をするためにその餌の穀物を育てるのも水とお金、土地が必要だし、畜産をしていると、どうしてもフンやゲップ!からのメタンガスが増えてCO2が増えるらしい。これは車とかの排ガスどころの比の話ではないらしい。そしてお肉にするときの血液や体液を洗い流す水からの水質汚染もすごいらしい。この環境破壊は、やっぱりCO2が増えて温暖化していっていることで、日本も熱帯化して、今までは無かったスコールのような豪雨も増えるし、災害が起やすくなるでしょう。

そして、宗教的には日本の神道の神様は本当は牛と豚をとても大切にしている。仏教の善光寺の牛さんもやっぱり観音様の化身だったでしょう。世界でも牛=神様というのはすごく多いんじゃないかな。でも、日本はあまりにもそれを命と思わないで食べ物とみてしまっている所が強くなっているという。これはやっぱり神様から好かれないようになる。
善光寺の宿坊のお寺でも精進料理を食べて、朝行をすることで少しでも自分より崇高な仏とつながることができるとするからだ。神社の神道は、特に大切な神事を行うとき、神官は精進潔斎をすることで神様とやっと通じることができるとしている。だから、もしあなたの状況が「どうか神様お助けください」と思う状況だったら、命を頂かないで野菜を食べるということは大切なことだと思っている。たんぱく質は豆でたくさんとれるよ!わたしも仕事の関係者とかではどうしてもラーメンとか食べにいこうと言われて断れないときあるんだけどね。。でも陽子ちゃんは、まぁ100%に近いくらい、クリーンです。お客さんの宝石をジュエリーの石の配置を指で直接さわるのは陽子ちゃんだから、安心して下さい!といっているよ。

というわけで、この時期、また台風も近づいているし、自分たちのすんでいるところも、またご縁のあるお客さんも守ってもらいたいから、神社に行ける時はいくよ。
これは陽子ちゃんが、あ、この龍神様生きてるっ!プラちゃんそこで写真とってあげるよって言った時。

ごめんなさい、、わたしは心の中で、えーほんと?と思った顔しちゃってて。。でも、撮ってくれた写真をみたら、なんか、、まじで何も言えなかった。日本にも良い龍神さま、そうじゃない神様いるそうだけど、神社にいってすーっと気持ちいい風が吹いたら、良いご神気があるということだよ。




という話で進めてきたけど。
皆さんも、きっとぶっちゃけもう良い年齢だと思う!
10代や20代前半みたいに欲望の思うままに、自分は一人でなりあがったみたに思っていたらいけないね。
今あるのはご先祖様やそのつながりがあるからだ。
そして、今自分が災害が起きているにも関わらず、とても安全なところに住めて、おいしいご飯を食べられているなら、とても幸せだということ、神様に感謝していきましょう。もし、あなたが幸せなら、それを誰かに分けてあげて。でももっと自分で頑張らなきゃってわかっているなら、今年は火の神様の年だから、努力も報われやすいというから・・・お互いがんばりましょう!!!

ありがとうございました。
とりあえず、お盆が近いので、どうか皆さんと
その縁の魂のみなさまも含めて、
幸せなお盆を迎えられますように。

ありがとうございました。






次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。