プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

おそろしいこと

この世界で一番おそろしいものは、「人間が人間を憎む気持ち」だ。
その気持ちは、憎まれた人を死ぬさせることもできる。
これは今まであまり言わないようにしていたけど・・・

私の親戚の叔父さんは、人間の呪いによって、亡くなってしまった。
その叔父さんの家と隣の家のおばさんは、いつも喧嘩をしていた。
「ここまでがうちの土地だ!」と、言って、家と家の境界線のとこに
入れてある木で出来た棒を、そのおばさんはいつも自分の土地を
多くさせるために、棒を動かしていた。だから朝になると境界線の棒が
わたしの叔父さんの家の土地の方まで入っていたりした。
それに怒ったおじさんと隣のおばさんが毎朝喧嘩をしていた。

そんなある日、隣の家のおばさんは自分ちに何か悪いことをする僧侶を呼んできて、
ずっとピリット(読経)をやっていた。それは一週間ぐらい続いた。
私もその時は近くに住んでいたから聞いたよ。
ずっと聞こえるから、私たちも「何かヤバイ!」と気づいて、サーッタラのところへ行った。
サーッタラは神様の力で何でも見える人のこと。
そのサーッタラは「隣の家の女性が悪い儀式をしている。それは君たちの叔父さんを死なせてしまう呪いだ。その証拠は~~の木の下を掘ってみて。玉子とオレンジと~~が埋めてある。それは隣の女性がやっている呪いのものだ。
早くしないと君たちの叔父さんが!」とサーッタラはあわてて言った。

家に帰って、言われたところの木の下をほってみると、本当にそれが入っていた!
それを取り出して、私たち(って言っても私はまだ小さかったから、私たちのおばあちゃんとか)は、呪いの効果をなくさせる儀式をした。だけど、もう遅かった。

私たちの叔父さんは、その数日後に本当に亡くなってしまった。

でも呪いの儀式は、それをやった人にも返ってくる。
その後、その女性は頭がおかしくなったし、その息子も何か変なふうになってしまって、
みんな家から出て行ってしまった。その後そこに住む人もいない。

不思議に思うかもしれないけど、こういう呪いとか、お願いごとをする儀式は、
スリランカではしょっちゅうやっている。

その呪いの儀式はヒンドゥー教の神様の「シバ」の力を借りてやると言われているけど、
それを奥さんの陽子ちゃんに言うと、それは本当は違うと言った。



【シバ神と奥さんのパールヴァティと、その子供のガナデイユ】



ヒンドゥー教の神様は人々を助けるためにこの世界に降りてくるから、そんな悪いことをするために、悪い気持ちを持った人には力を貸してあげない。儀式をするとき、「シバの神様」を呼ぶけど、本当にそこに来るのはシバ神じゃなくて、そこらへんにいる悪い精霊たちが集まってくるんだと陽子ちゃんが言った。

そうかもしれないと私も思った。

でも本当にそんな儀式をしてしまって、人を死にさせるまで
人間の強い悪い気持ちが一番おそろしい。

実はスリランカの私の実家も隣の家の女性がちょっといやだった。
喧嘩というわけじゃないけど、隣の家のおばさんのジェラスのようなものが色々あって、そういうのがいやだったんだ。
スリランカでそれを奥さんの陽子ちゃんに言うと、陽子ちゃんはわざとその家に行って、その隣の家のおばさんと話をして、その家の人たちの写真を撮ってあげて、後で送ってあげたりしていた。私たちは隣の家に行かないでと言ったけど、聞かなかった。

陽子ちゃんは、今考えるとやっぱりハリィ。ハリィは正しいだよ。
いやな気持ちを持っている人たちと、それを続けるより、わざとそこに行って、仲良く話をして、その人たちのいやな気持ちを少なくさせると思う。

サーッタラは陽子ちゃんの中には「ガナデイユ」(ガネーシャ)の智慧が入っているから、正しいことをできると言ったけど、それもやっぱり当たっていると思った。人間の憎む気持ちをチェンジさせるのは、やっぱり人間だと思う。敵がいたらわざと笑顔を見せないといけない。

私には陽子ちゃんのようなガナデイユの智慧や、仏陀のグナはたくさんないけど、
よく私は友達から「笑顔がいい」と言われる。
もし敵がいてもこれからはコンフーじゃなくって笑顔で戦おうと思う!



スポンサーサイト

馬蹄の効果

9月ぐらいに私の奥さんが、本物の馬があしにつけていた馬蹄(バテイ)を買った。
それをに紫色のリボンをつけて、玄関のドアにかけていた。
わたしは、陽子ちゃんのふうすいルールには従っているけど、
心の中ではあんまり信じていなかった。

だけど2ヶ月すぎて、わたしは大学へ行くとき頭の中にバテイの形が
思っていた。「あ~こんなの陽子ちゃん買っていたね~」と思っていた。

そして家に帰ったら陽子ちゃんが「今日はアパラムッダの注文たくさん来たよ~」
と言って、何枚かのオーダーシートを見せてくれた。

わたしのお店はスリランカの家族がスタッフになって、
日本ではホロスコープの翻訳や相談はわたしと奥さんでやっている。
これは一つ一つお客様の問題を聞いたり、希望を聞いたりしないといけないし、
1つのホロスコープの翻訳だけでも1日かかるから、大量生産はできない。
だけど、1日で何件も注文をもらうと、すごく嬉しい。
スリランカ人のわたしを信じてくれた証拠だし、スリランカの文化も
信じてもらえたみたいですごく嬉しい。

全然宣伝はしてないお店だから、毎日たくさんオーダーを頂くことは難しいけど、
今日はほんとに嬉しかったし、お客様のためにもきちんと作ってあげたいと思った。
今日は頭に馬蹄を思っていたから、やっぱり二ヶ月たって馬蹄の効果が
少しずつでてきたのかもしれない。

奥さんに言うと、「馬蹄じゃなくって、ヒンドゥー教の神様のおかげじゃない?」って。
でも、陽子ちゃんが「馬蹄は幸せをもってきてくれる」って言ったのになぁ。

けど、私は何となく馬蹄の効果をほんとにあると感じることができたから、
今度スリランカに行った時は、馬蹄の形をしたジュエリーを作ってこようと思う。

FC2Ad