プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

ネットショップ商品の値上げについて

皆さん、こんにちは。
いつもわたしのブログを見に来てもらってありがとうございます。
今日はわたしのお店のジュエリーの値上げについて書きたいと思います。

6月15日から、お店のジュエリーの値段が10%~20%くらい値上げします。
3月にスリランカに行ったとき、石の値段が去年よりすごく高くなっていて、
普通のサファイヤ系は1.5倍~2倍くらいで、ルビーは値段が3倍になっていました。
値段が高くなっていても、どこに行っても買えるならいいんだけど、
なかなかスリランカの中でも小さい石やたまごの形のものは少しはあっても
わたしのお店で使う3.5mmや4mmの丸の形をしている石が全然探せない状況でした。
それでもスリランカの国の色んなところへ行って、何十も石の店を探しに行ったけど
ストックが予想していた半分くらいしか買えませんでした。

そのストック石も4月5月の注文だけで殆ど無くなってしまって、
また購入することになったんだけど、それから石がまた少し値上げされてしまいました。

それは現地の宝石がもうほっても採れなくなってきているのと、
現地の経済の状況で、物価がすごく値上がりしてしまったことが原因だ。

現地のガソリンは、わたしがスリランカに行った3月には1リットル120円くらいだった。
それが今、1リットル160円になって、日本と同じ値段になってしまった!
スリランカの給料は日本の10分の1位なのに、ガソリンがどれだけ高いかわかるかな。
それだから輸送のものは全部値上がりするから、物価の全部が値上がりした。
それと電気代が3月のおわりから45%も値上がりしました。
1ヶ月の給料が12000円くらいの家が、1ヶ月の電気代だけで3000円を超えている。
だから、わたしの実家もそうだけど、現地の人はすごく生活が苦しくなっている。
日本だったら、電気代がこんなに値上げしたら住民はみんな怒るかもしれないね。
でも、スリランカはほんとにすごく貧乏な人は家に電気が無いから違うのかもしれない。
それでも砂糖やパンや米とか紅茶とか全部が日本と変わらないくらい高いから
みんなすごく大変な生活をしている。
でも、値上げをしたから、頑張っていっぱい稼ぐために働く人が増えて
経済の成長があるのも事実だけど。

とにかく、こういう状況だから、石の値段が上がったことだけじゃなくて、
みんな働く人たちは自分たちがお金を稼いで家族を助けてあげるために
色んなチャージを値上げしないと生きていけなくなったから
ホロスコープの値段も1.5倍、ジュエリーを作る工賃も1.5倍、
(でもこれは電気代が高くなったので、電気機械を使うから仕方ない)
それと、ジュエリーの地金は22金のイエローゴールドだけど、
18金のホワイトゴールドを作るときに、パラジウムという金属を金に25%ミックスして
白い金を作っている。
そのパラジウムが金の値段くらいに値上がりして(今は1g2000円くらい)
そういった中間のミックスの金属も全部値上がりしたので、
現地でジュエリーを作るコストがすごく高くなってしまいました。

だから4月・5月の注文のジュエリーが最近出来上がってきているんだけど
予想していたコストよりすごい高くなっていて、わたしたちはビックリしてしまった!!!
このまま今の値段でお店を続けていくのは無理だから、
もうお店をやめちゃおうかとも考えたけど、それはとても悲しいことだから
値上げをさせてもらって続けていくことにしました。

それと今お店では星の厄のために、アレキサンドライトを使っている。
これは指輪やベビーリングに合うようにペアシェイプの涙形のをいっぱい使っている。
下の写真の右から2番目くらいのが去年いっぱい使ったアレキだけど、
もう去年のおわりぐらいからそれが仕入れられなくなってしまって、
右の少し小さいアレキを使っていた。
だけど、その両方のペアシェイプアレキがもう採れないので買えなくなって、
ペアシェイプは、左から2番目の超ハイレベルの1個5万円位のアレキしか無くなった。
これからは丸い3mmの丸いカットのアレキかたまごの形のアレキしか無い。
だから、指輪も陽子ちゃんが3mmの石でも綺麗にみえるデザインを考えると言っている。


今まで使っていたのが右側の2個のアレキサンドライト。
これでも普通の石の5~9倍の値段だった。



これが右から2番目のすごい色変わりのアレキサンドライトだ。




でも、もし、ハイレベルアレキを入れたいなら、アレキの値段だけ別でもらって
綺麗で大きいパワーの強い石を入れることも出来る。
中間の値段アレキが無くなったけど、高価なすごい色が変わる少し大きいアレキはあるんだよ。でもこういうのを入れたらメレダイヤとかで周りをかざったりした方がいいね。
1番左の四角のアレキも3万円くらいするやつだ。
この中で1番高価な5万円のアレキは、わたしが撮る写真じゃ見えないくらい綺麗だ。
この写真は少し色が変わっているけど、実際は緑に近い青で、丸い電気の下にいくと
色が綺麗に紫に変わるから不思議で何度も挑戦してしまう。
これは陽子ちゃんの特別ストックで、欲しいお客さんがいたら使うんだって。

話が少し変わってしまったけど、本当に値上げをしたくはなかったんだけど
こういう状況なので6月15日から全部のジュエリーを値上げさせて下さい。
もし値上げしてしまったら、お客さんの注文が無くなっちゃうかなと心配しているけど
値上げしなかったらお店をやめないといけないから、値上げをさせてもらって続けてみる。

わたしはお店の経営管理だから、6月1日から値上げをしようと言ったけど、
陽子ちゃんがそういうやり方は正しくないと言うので、6月14日まで今の値段で
注文を受け付けることにします。

本当にもしかしたら、この値段がいくらだからと、目標をもってゆっくり貯金してくれてた
お客さんがいたらどうしようかと思う。そしたらごめんなさい。
6月15日から値段が上がるので、もし注文したいと思っている人がいたら
14日までに頼んでもらった方がいいです。

本当に値上げをしなければいけなくなったことは、店長として申し訳ないです。
でも、値上げをしていくとサービスのポイントで、出来るだけわたちたちも
頑張って良いものを作っていくので、皆さんこれからも宜しくお願いします。
スポンサーサイト
【“ネットショップ商品の値上げについて”の続きを読む】

ミャンマーと中国の災害

皆さん、こんばんは。
今日もわたしの家には、いつも応援してもらっているお客さんから
お礼のおいしいものがいっぱい届いて、本当にありがとうございました!
イカとゴボウのおせんべいは、食べると止まらないです。
世界は大変なことになっているのに、わたしはこんなに幸せでいいのかと思う。

ミャンマーと中国の被害は、ほんとうに世界の終わりみたいだ。
被害にあった人たちが貧乏な地域ばっかりだから、きっとみんな困っていると思う。
陽子ちゃんは、スリランカの津波のときはすごいテレビで放送したのに
ミャンマーは同じくらい被害が多いのに、テレビで放送されるのが少ないと
怒っていた。わたしも最初テレビのニュースでちょっと放送されただけだと
あまり被害のすごさがわからなかった。
陽子ちゃんにいろいろ説明をしてもらって、あのピジョンブラッドのルビーが
とれる国で、仏教の国でといろいろ教えてもらって、その後で映像で
被害を見て、ほんとにかわいそうだと思った。
わたしはテレビでお笑いを見るのは好きで、レッドカーペットしょうとか
よく見てるけど、もうちょっと普通の番組は少なくしても、
テレビで世界の被害の映像を放送したほうがいいと思った。
日本で幸せに暮らしているわたしたちは、いくらニュースで何万人死亡と
アナウンスされても、心の中までかわいそうなのが届かないからだ。

スリランカが津波の被害にあったときは、毎日テレビですごい放送をしたから
世界からいっぱいボランティアの人やお金や食べ物とか服とか
生活のものが届いて、すごく助かったと思う。
だから今度は、ミャンマーとか中国の被害にあった人たちに何かしてあげないとと思う。

そういえばわたしは、スリランカで仏教の勉強をしていた頃、
仏陀があと2500年くらいしたら世界は大きな災害がきておわると言ったと
習ったことがあるけどやっぱりそれは悪いことだけど、当たってしまったと思う。

仏教では、今の人生は前世の自分がやってきた結果で、
今の人生の結果が来世になるという考え方があって、
それは私たちは「サンサーレ」と言っている。日本語では輪廻転生というんだって。
自然の被害で亡くなったり、被害にあった人たちはそれがサンサーレだと言って、
あきらめたり、それを見ている人たちもあの人たちの運命だからしょうがないと
言って何もしてあげないでいたら、それはだめだ。

仏陀は、サンサーレの現実をわかって理解しても、それだけじゃだめで、
サンサーレを克服するためにいろいろ努力して生きていかないといけないと言っている。
だから、被害にあった人たちも人生を負けないで努力して生きていかないといけないし、
被害にあった人を見ている人たちも、あれはあの人たちのサンサーレだからしょうがないと
何もしないでいるのはダメだから何か少しでも出来ることをやってあげたいと思う。

電話をかけて募金をできるというのを私は知らなかったから、今日初めてやってみた。
お金かものか、わたしが今助けにいけるわけじゃないから、
何か他の方法で考えてやってみようと思う。



わたしたちのGW(岡山・広島旅行)

皆さん、こんにちは!
皆さんはゴールデンウィークですね。楽しくしてますか?
わたしは、4/27 ~ 4/30までお休みをもらって、
奥さんの陽子ちゃんのお母さんの方のおじいちゃんの法事に行ってきました。
陽子ちゃんのお母さんの実家があるのは岡山県だから、
わたしたちはせっかくだから広島や岡山のいろいろ観光をしようということになった。
わたしは日本の法事も広島も岡山も初めてだったから、
この日がくるのをずっと楽しみにしていたよ。
1日目に陽子ちゃんのお母さんとわたしと3人で広島に行った。
わたしは新幹線に乗ったことが無かったから、前の日からすごくワクワクしていたよ!

新幹線の前で写真を撮った!



わたしは初め新幹線はすごく高いから飛行機みたいにご飯が出てくるのかと思っていたけど、出てこなくてお弁当とかいろいろお姉さんが売りにきてくれるんだね。
サンドイッチを食べたけど、ごぼうサラダのやつはすごくおいしかった。
わたしは広島まで窓の外をずっと見たり、みんなでおしゃべりをしながらいたら、すぐに広島に着いちゃった!

広島に着いたらすぐに原爆ドームに行ったよ。わたしは去年かおととし、はだしのげんというドラマをテレビで見て、いつか原爆ドームに行ってみたいと思っていた。
スリランカでも原爆が広島に落ちたというのは有名で知っていたけど、広島が日本のどこなのか、どういうとこなのか実際は全然知らなかったし、どうして広島に原爆が落とされたのか理由も知りたかったからだ。
原爆ドームの近くまで行くとそこはすごく綺麗なところだった。
原爆ドームの前の石。


記念写真を撮ったけどやっぱり笑顔はできなかったよ。



原爆の記念博物館にいくまでに色々メモリアルのものがいっぱいあった。




博物館はすごくショックな場所だった。原爆でいっぱい火傷をした人の写真とか、亡くなった人の本当の皮膚や爪も置いてあった。真っ黒になったお弁当もあったよ。
それと、どうして原爆が広島に落ちたのかも全部書いてあっていろいろ考えさせられたよ。
原爆は、日本の都市で何キロメートルかタウンが広がっている都会に落とそうと決めていて、
広島だけじゃなくて、他にもいろいろ候補の都市があったんだって。
だけど、京都とかは文化の宝がいっぱいあるし、それとアメリカ軍の基地や組織がある都市は外していって、結局残ったのが広島だったということだ。
それを知ってとてもいやな気持ちになった。
帰るときにはちょっと夕方になっていた。
こんな綺麗なところに原爆が落ちてめちゃくちゃだったなんて信じられない。




でもすごく悲しかったけど、なんだかんだ言ってもみんなお腹が減っていたから
帰りに広島焼きというお好み焼きを食べて、また新幹線で岡山に移動した。
この日は岡山駅の近くのホテルに泊まったよ。
だけど、夜中にわたしは原爆を思い出しちゃって何回も起きて全然眠れなかった!

次の日は、お母さんのお姉さんや、陽子ちゃんのいとこのお姉さんが来てくれて、岡山の後楽園に連れて行ってくれた。後楽園は、日本で有名な庭園なんだって。
わたしは日本にはこういう庭がある家をつくりたいと思った。



途中のお茶屋さんでみんな抹茶ソフトクリームを食べた。



後楽園を見た後は、岡山から倉敷に移動して、倉敷の有名な大原美術館に行った。
陽子ちゃんのお母さんは油の絵を描く人だから、わたしにも有名な画家の絵を見せてあげたいって。美術館の入り口で写真を撮った。
スリランカには裸の人の像は無いから、わたしは何か恥ずかしい。


美術館では、ルノワールとかモネという人たちの絵をいろいろ紹介してきてくれた。
世界でも有名な画家ということだけど、驚くことにスリランカではそういう教育は全く無い。やっぱりそういう芸術を知ることも大事だと思った。

その日は、倉敷駅に近いホテルに泊まった。
次の日はいよいよ法事で、陽子ちゃんの親戚のひとたちも30人くらい集まるみたいだから、わたしはみんなと仲良く話ができるか少し不安だった。
だけど、会場に行ったらみんな楽しく話しかけてくれたよ。

法事が始まると、お坊さんがお経を読んだり、途中でみんなでお経を読んだりした。
日本のお経とスリランカのお経は言葉が違うから、少し不安だったけど、お経が書いてある本をくれたからよかった。

お経を読んだ後は、みんなでお墓にいってお参りをした。
陽子ちゃんの亡くなったおじいちゃんは、お饅頭屋さんだったんだって。
昔のお饅頭は色々お花やタイの形とかをペイントするから、みんな絵が上手なのはおじいちゃんが上手だからだって。

お墓から帰ってきたら、食事の準備ができていた。
一人1万円以上する食事なんだって!!!
岡山県の法事は、こんな風にすごくお金をかけてやるのは伝統だという。

すごいお弁当にわたしもすごく嬉しい!!!



伊勢エビと他にエビが4匹も入っている!あとこれにお赤飯とお寿司があった。


ご飯をみんなでワイワイと楽しく食べたよ。このときに陽子ちゃんのいとこの3人の娘さんがわたしにいろいろ話しかけてくれた。わたしに「プラちゃん、今なんさい?」と何度も聞いて、わたしにナベアツという人のお笑いをやらせようとしたけど、ちょっと恥ずかしくてうまく出来なかった!

ご飯を食べた後は、車で1時間かかるすごく田舎のほうのお寺へ行ったよ。

お寺の仏像は閉めてあるんだって。
国の宝で、すごくパワーが強すぎるから12年に一度しか開けちゃいけないんだって。



お経を読んでもらった後は、違う部屋でみんなお坊さんと楽しくお話をしたよ。
このお坊さんは、スリランカが仏教の国だと知っていて、わたしにも優しく話しかけてくれて嬉しかった。



帰りの車の中で陽子ちゃんのいとこの子供と遊びながら帰った。
最初わたしのことを怖がっていたのに、すぐにようこちゃんとかぷらちゃんとか言ってくれて仲良くなったよ。
日本の子供は白くてふわふわしていてかわいい。わたしが写真を撮った。



この旅行はいろいろあって楽しかったけど、スケジュールが忙しかったからすごく疲れていたから、ホテルに帰るとすぐに寝ちゃったよ。

次の日はもう横浜へ帰る日だった。
新幹線は二時だったから、陽子ちゃんと陽子ちゃんのお兄ちゃんと3人で、
ちょっとだけ倉敷にあるチボリ公園というところに行ったよ。
ここは経営が赤字で今年で終っちゃうんだって。
行ってみたら、綺麗なお花とかお城とか全部すごくきれいに作ってあった。
でも、乗り物はあんまり面白くなかったから、人が来なくなっちゃったのかもしれないね。
こういうのも全部壊しちゃうのかな~



この後、岡山駅で陽子ちゃんのお母さんと待ち合わせをして、
みんなで新幹線に乗って帰ってきた。
この旅行は、いろいろ初めてのことがいっぱいで、いろいろ勉強も出来たし、原爆の歴史もわかったし、ほんとに大事な旅行だったと思う。
でも法事はスリランカのやり方と全然違った!
そうだ、3月に行ったスリランカでわたしたちも法事をやってきたから、次はそれを書くよ。

というわけで4日間お休みをもらって、皆さんありがとうございました。
帰ってきたら、また何件かお客さんからオーダーをもらっていたので、
わたしたちはGWはおしまいで今は仕事をしています。
でもいつも仕事をいっぱい頑張って、時々違う所に旅行にいくとすごく頭がスッキリして
元気になるね。皆さんもお休みのときは、楽しくゆっくり休んで下さい。

FC2Ad