プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

内戦と大統領歴史

皆さんこんにちは!
いつも、これを見に来てもらって、どうもありがとう。
あと、お店のご注文もいつも、どうもありがとうございます!
ゴールデンウィークになりましたね!
皆さんは、どこか面白いところにいきますか?
わたしは去年からずーっと忙しかったから、今回の長いお休みは親戚のみんなと
会って遊ぶくらいでゆっくりしようと思っている。

最近ヤフーのトップニュースでスリランランカの内戦の状況が書いてあった。あのニュースで「人間の盾」という言葉を教えてもらった。前のブログにも少し書いたけど、もう少し詳しく教えてほしいというメールももらったから、スリランカの内戦について書いてみようと思う。

スリランカには大きくわけるとシンハラ人70%とタミル人30%がいる。わたしはシンハラ人だよ。スリランカの内戦ときくと、シンハラ人とタミル人がみんなでにくみあって戦っているみたいに聞こえるけど、詳しくはちょっと違う。タミル人の中でもLTTEという武装集団とシンハラ人の政府との戦いだ。どうして、LTTEができたかというと、いろいろ理由はあるけど、政府はシンハラ人が多いから、1956年にスリランカの公用語をシンハラ語にして、シンハラ文化を重視する政策をやっちゃったことが大きな原因だ。
タミル人の中でもそれに反対して独立したい人たちが集まって武器をもってLTTEという組織になったんだよ。それから、南インドはタミル人が多いから、インドに近いスリランカの北東部は、インドからサポートをもらって、北東部にタミル人の独立政府をつくろうとしていろいろ闘いをおこしてきたというわけ。

そういう背景もあるから、今ではシンハラ人もタミル人も仲良くしましょうということで、シンハラ人の学校でタミル語を教えたり、いろいろ平等になるような政策をやっている。でも、LTTEのやりかたは、とにかく武力でテロを起こしたりいろいろひどかった。それとLTTEだけじゃなくて、政府とLTTEの戦いが広がると、戦争を続けたほうが利益がもらえるような人たちがわざといろいろ所で悪いことをしたりして、ずっと内戦が終わらない状態が続いていた。
一番ひどかったのは、1980~90年代のプレマダーサという大統領の時代で、この人の時代は賄賂とか汚い利益の戦いがすごくて、戦いはいろいろ複雑になっていって、結局自分の利益のために小さなことでも暴力するひとたちが増えて、すごく荒れた社会になっていた。この時代は、紛争が社会の中にふつうにあって、わたしの近い親戚の人が、反対政党人にいろいろ言いがかりをつけられて、つれていかれて暴力の拷問をうけたりした。あと親戚の婚約者が殺されたり、いろいろひどいこともいっぱいあった。わたしは、まだ小さい子供だったけど、すごく怖かったことがいっぱいあったんだよ。
話がずれちゃったけど、とにかくプレマダーサ時代はひどかったけど、結局プレマダーサは暗殺された。

その後に1994年に大統領になったのは女の人でチャンドリカ・クマラトゥンガという人だ。この人のお母さんも大統領だったんだけど、世界ではじめての女の人の大統領なんだよ。チャンドリカの時代はLTTEと政府の間に「停戦協定」というのをやっていた。でも、その間にLTTEは海外にいろいろネットワークをつくったりして、パワーアップさせちゃった。
あと、チャンドリカという大統領は、女性だけど、すごい精神が強い人だ。
チャンドリカの夫はウィジェーという人だったけど、この人はもともとスリランカで一番人気があったかっこいい俳優さんだったんだよ。声もかっこよくて、歌もすごく流行っていたけど。その人は、社会をなおすために政治家になっていたけど、大統領選挙に出て、そのときウィジェーも暗殺された。だけど、殺されたウィジェーの奥さんだったチャンドリカという人は、自分が政治家になって社会をなおそうと思ったんだね。普通の女の人ならすごいショックで悲しい未亡人みたいになると思うのに、立ち上がって大統領になった。それと、あと、チャンドリカのお母さんが大統領だったときも夫が暗殺されている!
だから、チャンドリカも、お母さんも二人とも未亡人なんだよ。
チャンドリカはお父さんも自分の夫も殺されたから、普通だったら絶対政治家になんかならないと思うのに、困難にまけないでやるのはすごいと思うけど。
しかも、その後、やっぱりチャンドリカはテロにあって、右目を失明した。
だけど、その後も何年も大統領をやっていたんだよ。
やっぱり女の人のほうが、精神とか体も強いのかもしれない!

チャンドリカの時代は前のプレマダーサ時代よりは安全だったけど、
LTTEと政府は停戦協定をやっていたけど、結局、それは名前だけで戦いは小さくても北東部ではおこっていたから、2005年に大統領になったマヒンダという人は、もうスリランカから戦争を消そうとして、政府軍を使ってLTTEを鎮圧することにした。

それで最近、政府軍にやられてもう戦力がなくなってきたLTTEは、最後においつめられて、人質をつくって自分たちに攻撃がこないようにした。それが「人間の盾」という言葉でニュースになっていたんだよ。
LTTEはタミル人で、同じタミル人の市民を10万人以上人質にして自分たちを守っていた。でも、人質になっていたタミル人の市民の殆どがもうシンハラ政府軍のところへ逃げてきた。それで逃げてきた何万人のタミル人のひとたちに、政府軍がご飯をつくって食べさせているのをテレビで見た。タミル人のひとたちはシンハラ政府軍の兵士人と仲良く笑いながらしゃべっているのを見たときは、少し安心した。もう本当にあとちょっとで終戦なんだなあと思った。陽子ちゃんは、どんな時でも、武力の戦いはすすめない人だから、政府でも武力で戦うのはいやだといっていたけど、わたしはもうここまで来たら、本当に終わるために最後までやってほしいとおもっている。

1980~90年のプレマダーサ大統領の時代は、わたしは子供だったけど、戦争のせいでこわい思い出がいっぱいある。大人になってからは、本当にスリランカの国で戦争があるのかなあと思うくらい、殆ど戦争がわからない社会になった。村やタウンでは、それまで戦争があったなんてわからないくらい平和に暮らしていたから。でも、時々わたしはこわかった時代のことを思い出して、いろいろ考えることがある。それで今は、戦争の恐怖がない国で、白いお嫁さんももらって、幸せで綺麗なビジネスをやって、毎日おなかいっぱいご飯が食べられて、大きくて綺麗なベッドで安心して寝ることもできることを考えると、本当にそれが信じられないくらいだなあと思う。

これからスリランカから内戦が完全になくなったら、今までかかっていた軍事費は、そのぶん社会の発展のために使えるから、これからは、すごいいい国になっちゃうんじゃないかと期待している!
スリランカは、すごく綺麗な国で観光の国だから、完全に平和になれば、いろいろ国からまたどんどん海外旅行者も増えて、すごく発展して、今よりもっともっとみぎやかで楽しくて面白い国になるでしょ!

スリランカはいろいろ紅茶と宝石の国と知られているけど、そのほかにもいろいろあるんだよ。スリランカの土がいいから、いろいろ陶器食器もつくっている。日本では「ノリタケ」というブランドが有名でしょ。あのブランド食器はスリランカでもいっぱい作っているんだよ。スリランカはすごく安いからカップとかお皿とか、日本じゃ何万円もするみたい綺麗なものも安く買えるんだよ。あとは、スリランカ特別のお土産もいろいろある。

これは、かわいいでしょ!何かわかるかな!

これは、ゾウのフンから作った紙で出来ている。フンは汚いと思うかもしれないけど、牛やゾウのフンは、草しか食べなくてとても綺麗だから、いろいろ生活の中に使うんだよ。スリランカにはゾウの孤児院があって、何百もゾウがいっぱい住んでいる。そこで作られているクラフトだ。
デザインがすごくかわいいでしょ!
わたしは携帯電話の待ち受け画面にもハートのかわいい絵を入れているくらい、こういう綺麗なものが好きだからいろいろ見て楽しんでいる。陽子ちゃんやお母さんには、プラちゃんは女の子っぽいものが好きだから不思議だね~といわれるけど、スリランカの男は、綺麗な宝石とかジュエリーとかいろいろ綺麗なデザインの家具は好きなんだよ。昔の王様も、いろいろ綺麗なものを集めていたでしょ!

中にはハートの紙が100枚くらい入って、いろいろメッセージや絵をかける。



これはスリランカの動物が好きな社長のネットショップで売っている。
わたしはマージンもらうようになっていないから、見てみて下さい!!!
今回、ここにいっぱいあるわけは、指輪のお客さんが海外から注文をしてくれて、結局指輪が出来上がったけど、当分はあの指輪を手に着けられないから、陽子ちゃんが指輪の写真だけでも送ってあげようということで、なんか写真入れを探していたからだ。スリランカっぽい写真入れがあって、どうせ買うなら、一人じゃ平等じゃないなあということで、お客さんにあげるために何個か買ってみたんだって。でも、日本はなんでも抗菌コートをいろいろすすめているから、ゾウのフンときいたら、やっぱり日本の女の人から思ったら少しいやな感じがするかなあと思って、わたしは心配の気持ちもあるけど。

でも、自然はすごいから、これからスリランカも自然をいっぱい利用させてもらって、きっと何か便利でかわいいものとか、面白いものがいっぱい出来てくるね!

ちなみに、これがフランスから注文してくれたお客さんの指輪だよ。
陽子ちゃんの結婚指輪と同じデザインを希望してくれた。

今までこのデザイン指輪をオーダーしてくれたお客さんは、どうしてかわからないけどホロスコープを調べるといつもアレキサンドライトが入っている。今まで6つくらい作ったけど、
殆どアレキサンドライトが真ん中になった。陽子ちゃんは、太陽アパラある人がいたらパパラチアサファイアをセンタに入れた指輪をつくってみたいと言っているけどなかなかいないんだよ。
あ、パパラチアサファイアって知っている?サファイアの中でも一番価値があるピンクオレンジ色のサファイアだ。なんか調べるとスリランカの言葉で「蓮の花」=パパラチア、と書いてあるけど、そんな言葉きいたことないんだけどなあ。はすの花の色みたいけど、ハスの花はスリランカ言葉で「メルンマル」というから!でも、わたしはスリランカ人でジュエリー店だから、いつかパパラチアサファイアの綺麗なジュエリーも作ってみたいと思っている。陽子ちゃんもいろいろ探しているけど、まだパパラチアのいいやつが手に入らない。安いパパラチアは、殆どベリリウム処理で宝石とは思えないんだって。これからも、いろいろ綺麗なパパラチアサファイアがあったら、見せてもらうようにいろいろ宝石屋にお願いをしているけど、いつになるかなあ!

この指輪は、最初ホワイトゴールドで作ろうと思っていたけど、肌のアレルギーになっちゃったからプラチナに変更した。プラチナは地金価格も高いけど、工賃も少し高くなる。陽子ちゃんはプラチナに変更のギリギリしかお金を請求しなかったから、作ってもらっている一ヵ月の間にプラチナの価格がすごく上がっちゃって、わたしはドキドキしていたよ。
経済の調子が戻ってくると、プラチナもどんどん価格が上がっていくから、これはすごい
価値のある指輪になるね!

ダイヤモンドもすごいやつを入れたから、これは本当に良いものが出来た。


今日はいろいろこわいことも書いちゃったけど、最後はきれいな話題でおわってよかったでしょ!久しぶりにわたしの顔もいいですか。

この間暑かったときに、御徒町に行ったときの電車のわたし。
クリックすると、ウィジェーの歌だよ!


チャンドリカの死んじゃった夫のウィジェーの歌。すごい昔の歌だけど、スリランカ人はこの歌が大好きだよ。歌の意味は、昔のスリランカはすごい伝統の文化だったから、家のちがいで好きなのに結婚できなくて、悲しくて死んじゃう人もいたんだよ。そういう感じの歌だ。
悲しい歌だけど、すごくピュア歌だよ。今は、好きな人と自由に結婚できる時代になっていいね。

長いのに読んでもらってありがとうございました。
じゃあ、皆さん、ゴールデンウィーク終わったら、また元気でいろいろ
自分のこと家族のこと仕事もがんばれるように、
楽しいゴールデンウィークにして下さい!!!
どうもありがとう!

スポンサーサイト

わたしたちのお正月!

あけましておめでとうございます!
いつも、見に来てもらっていたのに、更新ができなくてすみません。
あ、4月なのに、おかしいと思うでしょ!スリランカは今日4月14日がお正月なんだよ。だから、スリランカは日本の1月1日お正月みたいに、このシーズンは大体一週間くらい仕事や学校が休みになるから、いろいろ店も動かなくなる。わたしはホロスコープオーダーとかいろいろ仕事をなんとかお正月前にやってもらうようにしないといけなかったから忙しくて、なかなかこれを書く時間が無かった。

昨日やっと少し時間が出来て、14日になったばっかりの夜12時から陽子ちゃんと一緒にキリバットというココナッツミルクのご飯を作った。
本当は12時になると、家の真ん中でナベでココナッツミルクをわかして、こぼして、今年1年いろいろうまくいくように儀式があるんだけど、日本のマンションでそんなことをやったら火事になって大変だから、お正月のごはんを作るだけにしている。

お正月のご飯は、キリバットというココナッツミルクのご飯と、ルヌミリスという唐辛子とかつおぶしのふりかけみたいなやつを必ず食べる。日本のおもちを食べるみたいなイメージだよ。日本の人は、ココナッツミルクでご飯をたくというと、「ええーおいしいの?」というけど、少しココナッツミルクが甘くて、塩味がして、スリランカの人はこれが大好きだ。
日本の人もスリランカで食べると、すごくおいしくて、日本に帰ってもたべたくなるんだって。

これが作ってもらったご飯。(クリックするとスリランカ歌です)


ひし形ペンダントみたいなご飯が、キリバットだよ。スリランカではひし形に切る。
日本のお雛様のおもちもひし形でしょう?もしかしたら、ひし形は何か意味があるかもしれないね!

あと、赤いのがルヌミリスで、少しココナツ甘いご飯と、辛くてしょっぱいのが合うんだよ。あとは陽子ちゃんに典型的なスリランカのおかずとキャウンというスリランカドーナツも作ってもらった。黄色のがダール豆カレーと、緑のがインゲンのカレー炒め、あと黒いのがナスと小さい魚のカレーだよ。ベジタリアンになってから、あまり魚も食べなくなったけど、今日はお正月だからスリランカの伝統料理でいいでしょう!

全部カレーだけど、全然味が違って、超おいしいんだよ。スリランカのカレーは、北インドカレーみたいに「わーインドカレーだなあ」という感じじゃなくて、日本の人の舌に慣れやすくておいしいんだって。陽子ちゃんは、日本のおかずを作るより簡単だからといって、殆ど毎日わたしはスリランカのカレーを作ってもらって食べている。最近はマクロビオティックの珍しいクルマフとかいろいろ珍しいものも増えてきて、食事がもっと楽しくなっているけど!

わたしの!叔母さん(レーヌカさん)や、叔父さんも日本に住んでいて、町内会の仲が良い日本人の人と一緒にスリランカによく旅行にいっている。津波で親がなくなっちゃった子供の幼稚園を作ったりしている。それで旅行にいった日本人の友達は、みんなスリランカにはまって、また行きたくなって何度も行っているんだよ。スリランカカレーの店をつくってくれと言われて、レーヌカさんは本当にやろうか迷っている!
そういえば、日本の人はスリランカの内戦のことを少し心配しているかもしれないけど、内戦があるといっても今までは一部の北東部の地域だけだったから、わたしたちの村やタウンでは平和な生活で、本当に同じ国の中で戦争があるのか信じられないくらいだった。

それに今の大統領になって政府が99%鎮圧して、あとは残って反抗しているLTTEというタミル人武力集団の人たちだけになった。この組織は、今政府軍に囲まれて動けなくなっていて、同じ民族のタミル人を人質にして政府から攻撃されないようにしている。
政府はタミル人の人質になっている人たちに物資や食料をあげながら、武力集団だけを鎮圧しようとしている。だから、ここまで来て、ゆっくり慎重にやっている。でも、もう本当にこれで終わるんだと思う。

今まで、スリランカはずっとLTTEがいたから北東部にはいくのは危ないといわれていたけど、今は自由に電車も通っていくことが出来るようになったから、わたしもいろいろ行ったことがないところを旅行するのが楽しみなんだよ。わたしも、叔母さんのレーヌカさんたちみたいに出来ればいつかお客さんと一緒にスリランカに旅行にいって、スリランカのいいところをいろいろ案内してあげたらいいと思っている。

あと、最近はわたしと陽子ちゃんは、ベジタリアンになってから、スリランカでベジタリアンのカフェレストランをやりたいなあと言っている。スリランカにはヨーロッパからの旅行者もいっぱいいるし、ベジタリアンの人もいっぱい来ると思うから。あと、わたしたちがジュエリーとか、貧しい村の開発の仕事とかいろいろ仕事をやっているときに、いつでも来れる
ベジタリアンレストランがほしいからだ。
わたしも、今はスリランカカレーだけじゃなくて、いろいろベジタリアンスパゲティとかグラタンとかも大好きになっているから、そういうレストランがあったらいいなと思っている。
結局、今わたしはやりたいことがいっぱい増えちゃって、大変だ!体が何個もあったらいいと思うけど!

でも、わたしの基本は、やっぱりアパラムッダという厄除け指輪だから、この仕事は一番大事にやらないといけないと思っている。アパラムッダも4年前からはじめて、最初はシンプル指輪3種類だけだったけど今はいろいろ種類も増えてすごく嬉しい!時々はお客さんの希望でHPには出さない、ないしょの大きな石のオーダーもある。だけど、陽子ちゃんは絶対にアパラムッダのオーダーも大きなオーダーも同じくらい時間をかけてお客さんにメールをいっぱいしてジュエリーを作っている。本当はアパラムッダの3種類は、今は石とジュエリー製作のクオリティが上がって、始めた時の3倍コストがかかっていてすごく大変だ。何度か値上げもさせてもらってやっているけど、それでもこの3種類の利益は殆ど無い。それより一ヶ月以内に石が落ちたりすると、わたしたちは無料で修理をしているから、石が落ちると、修理のコストがかかって確実に赤字になる。オーダーメイドのジュエリーは本当にいろいろすごく大変だから本当をいうと、あと2~3万円くらい値上げしたら、少しは利益がもらえるんだけどなあと思うけど、だけど本当にこの3種類を注文する人はいろいろ困っている人が多いから、出来るだけ安く持ってもらえるように何とか頑張っている。わたしが日本に来たくても、いろいろバリアがあって来れなかった時、ナワラタナやアパラムッダのホロスコープデザイナーおじさんが、この石の指輪をつくったらいいんだよと教えてくれた。あのときは貧乏でジュエリーなんか買えなかったけど、どうしても欲しくなって、頑張ってお金をためて作ったんだよ。
たぶん、この指輪の注文をくれる人もそういう人もいるかもしれないと思ったら、地金が
3500円に上がるまでは何とか今の価格でやっていこうと決めている。

でもそういう普通のシンプルアパラムッダを注文してくれるお客さんは、問題があってすごく困っているから、ホロスコープも星のサポートがもらえなくてアパラ(厄)がいっぱいで、本当はもっと大きな石をつけないとやばいくらいのお客さんも多い。
だけど、困っているから頼んでいるわけだから、もう少し大きな石をいれる余裕が無い人も多いでしょ。だから石がお客さんの指にはいって1ヶ月以内に石が消えることもある。時々はわたしや陽子ちゃんが指輪をいっぱい触ったり洗ったりしても、なんにもないのにお客さんに届いて、指にいれてみてすぐに石が落ちたり消えることもある。普通の指輪ではありえないことだけど、石とお客さんの持っているアパラのパワーの戦いみたいなことが起きて、そういう不思議なこともあるんだね。でも、落ちてくれた石は、絶対、その人のために犠牲になってくれたと信じて、いい方向に変わると信じて頑張らないといけない。

陽子ちゃんは出来るだけそういうアパラ(厄)が多いお客さんでも、何とかその指輪で効果があるように、石をいろいろ配置考えてやっている。

シンプル指輪もやっぱりすごく綺麗でしょ!


このお客さんは、太陽のアパラがすごく大きくて、ホロスコープには「ルビー0.5ct以上」と書いてあった。0.5ct以上のラウンドカットのルビーは大体直径5mmくらいなって、ラウンドカット5mmルビーは、今すごく高い。いいものだと10万以上する。オーバルカットの0.5ct以上はあるけど、指輪のデザインが違ってくると地金もふえるし、職人さんの工賃も上がるから、それも難しい。だから石を増やして石のパワーを強くするしかない。
でも、ルビーはすごく高いから、さすがに3.5mmのルビーを何個も入れることは出来ないでしょ。
それで陽子ちゃんはいろいろ考えて指輪の両側の最後に3mmのルビーを2個追加して指輪をつくった。3mmのルビーも色を見ればわかると思うけど、すごく綺麗でクオリティ高いから、わたしはなかなか難しいなあと思ったけど、まぁ、今3mmルビーのストックがあったからいいでしょ!と思ってOKしたんだよ。結局陽子ちゃんはいつもお母さんから商売が下手だねーといわれているけど、これはわたしたちのジュエリービジナスの基本だし、スリランカのスタッフにもお給料をあげられるし、ジュエリーをつくる人や、!宝石をとるすごく貧乏な人たちに少しでも仕事がもらえるから、わたしの国をサポートしてくれていると思う。それがわたしのHPを見てもらって興味を持ってくれたのがきっかけだから、どんなオーダーでも本当に注文をもらっただけでありがたいなあと思って感謝している。

これがはしに入れた3mmルビー。やっぱり綺麗でしょ!


出来上がった指輪は、時々プラチナやWGもおおーと思う綺麗はあるけど、わたしはスリランカ人だから金の色が一番すごく感じる。シンプル指輪でもこんなに綺麗なのは地金の色が綺麗だから!職人さんが何回もたたいてけずって頑張ってつくるから、地金もいい雰囲気が出るから!この地金の色をみると、スリランカの仏陀の歯のいれものを思い出す。

キャンディにある仏陀の歯を保管してあるお寺。
奥に見える金の箱の中に仏陀の歯がある!


あれはスリランカで1番大切なものだから、近くまで行ってみることが出来ない。
近くにいけるのは、えらいお坊さんだけだから、わたしたちは遠くからあれを入れてある部屋をのぞくくらいなんだよ。それだけでも、みたくて、毎日人がいっぱいくる。

これが中の金の入れ物。この中にまた何個も箱があって中に仏陀の歯がある!


この入れ物は、金と宝石で出来ている。仏陀の歯は何回も盗まれたりいろいろ大変なことがあったけど、必ず戻ってくるのはなんかパワーがあるからだと思う。わたしは、ここに人が集まるのも、仏陀のパワーと宝石のパワーがミックスですごいパワーになっているからじゃないかと信じている。一方、陽子ちゃんは、ヒンドゥー神様とか仏教のことは信じているけど、「研究者だから客観的にみないといけない」といつもいって、わたしみたいに100%信じているわけじゃない。仏陀の歯もあるヨーロッパの研究チームが、本当は人間の歯じゃなくて、何か動物の歯だったという研究結果もあると言っている。だけど、歯が本物かどうかは別で、人の信じる気持ちによって、あの場所に何か「仏性」というものが存在して、それが人をひきつけていることは確かだといっている。スリランカでは仏陀の歯が動物かもしれないなんて言ったら大変なことになるから言わないでもらっているけど、わたしには教育ですからといっていろいろ教えてくれる。でも、それを聞くと、やっぱりわたしも何か反対気持ちがあって、あれはどうしても仏陀の歯だと絶対に信じているけど!

今日はお正月で、スリランカの伝統ご飯を食べて、いろいろこういうことを考えたら、また
スリランカに行きたくなった。でも、去年何回もいって、いろいろ仕事が忙しくなっちゃったから、今年はいかないで日本でゆっくりするつもりだ。次にいくときはきっとスリランカも本当の平和になっていて、わたしたちも何かまた一個発展があるといいとおもう。

今年も一番初めの気持ちを忘れないで、仏陀の正しい道で頑張ってやっていこうと思う。
これを見てもらっている皆さんも、もしかしたらいろいろ大変なこともあるかもしれないけど、まわりの人のことを大切にして、あかるい気持ちでやらないといけないこと、やっていって下さい。

今年も宜しくお願いします。皆さんが元気で希望を持った生活できますように!!!



FC2Ad