FC2ブログ

プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

ズーラシア!

皆さん、こんにちは!
いつも見に来てもらってどうもありがとうございます。
少し長い間、更新できなくてごめんなさい。
お客さんは少し心配をしてくれてメールをくれるみたいだけど、わたしはすごく元気です!
最近はまたオーダーが多くなって、ホロスコープの翻訳がすごい溜まっていて
これをつくる暇がなかった!あと、ズーラシアに行こうと思っていたから、行ってから書こうと思っていたら、どんどんあとになっちゃった。

今日はいろいろ言わないで最初からズーラシアのことを書きたいと思う。
わたしは横浜に住んでいて、動物が大好きだから前からズーラシアという動物園に
行きたいと思っていた。
だけど、いろいろ忙しくて何かいけなかったけど、陽子ちゃんがどうしても「ゾウ」に会いたいという理由が出来て、じゃあ行きましょう!ということで行ってきたんだよ。

久しぶりにすごく楽しい日になって超いい笑顔をしているでしょ!



この日は平日だったから、すごくすいていて、いろいろ見やすかった。
エンターのすぐ後にゾウがいるところがあるんだよ。
ゾウの大きなショーは終わっちゃっていたけど、スプラッシュタイムといって、ゾウがわたしたちに鼻で水をかけてくれるショーがあった。

ゾウはそれまで何も面白いことがないみたいに、あっちへいったりこっちへ行ったりするだけだったから、このショーが始まるとお姉さんやお兄さんに相手をしてもらって楽しんでいるみたいに見えた。

すごく楽しんでやってるみたいでしょ!


お兄さんに乗られるときも、優しい顔で嬉しそうでかわいい。


ゾウは大きくわけて2種類ある。アフリカ象とインド象(アジア象)だ。
アフリカ象は、すごく厳しい性格で、人間になれるのは赤ちゃんのときだけなんだって。
大人になると野生の激しい性格になるんだよ。だけど、わたしたちのインド象は、子供のときも大人になっても、人間を覚えさせたら、すごくフレンドリー関係になることができるから、優秀でしょう!

わたしが子供の頃、住んでいたスリランカの村には、ゾウを飼っている家もあったんだよ。
あの時も、うちはお母さんが小さい店をやっていて、いろいろせっけんとか米とかバナナとか小さい生活に必要なものを売っていた。
ある日、あのゾウは家の人と散歩をするときに、わたしの家の前で止まった。それはバナナを売っていたから、食べたかったからだ。それで、わたしのお母さんがゾウがかわいいからバナナをあげたら、おいしそうに食べてまた歩いて行った。
そうしたら、あのゾウはそれからうちの家の前を通るとき、いつも止まって、わたしのお母さんがバナナをくれるのを待つようになった。かわいいからあげていたけど、でもあれは今話をしているのは、ゾウの上に乗っている人がたぶん、ゾウにタダでバナナをもらえるから、なんか止まるように指示をしていたのかもしれないと言っている。
でも、なんだかんだ言っても、ゾウがくると「ウワー!また来てくれた」と思うから、嬉しくなっちゃうからしょうがないね。
あのゾウは去年スリランカにいったとき、まだ生きているかと聞いたら死んじゃったと言った。村で飼っているゾウは珍しいから、陽子ちゃんが楽しみにしていたんだけど!

とにかくスリランカはゾウをすごく大事にしている国だ。
ゾウの孤児院もあるし、野生のゾウは時々人の家を夜中にアタックして、めちゃめちゃに壊すことがある。自然破壊の影響もあって、野生のゾウがすみにくくなっているのはあるけど、家を壊すだけじゃなくて、家をめちゃくちゃにして人にも攻撃して、人が死んじゃうこともたくさんある。陽子ちゃんのホームステイのスリランカの第一の家は、!プッタラマというところにあるけど、そこは野生のゾウがすごく多い。それで、ゾウの被害が多くて、死んじゃった人もいたから、あの村からみんな引越しをしないといけなかったこともあった。
ホームステイのプッタラマのあのお母さんも、ゾウにアタックされたことがあるんだって!
それでも、森の中でゾウの死体があったとき、パウー(かわいそうだね)と言っていたという。
でも、日本の人は信じられないと思うけど、スリランカではゾウは人を19人殺しても、あのゾウを殺すことはない。ゾウが人を20人殺したら、そのゾウは死刑になるくらいだ。そう考えると、人よりも大事だという法律は信じられないでしょう。それはスリランカがゾウを大事にする理由があるからだ。それはまた今度のチャンスで話そうと思う!
今回ズーラシアに陽子ちゃんが行かないといけなかったのも、その理由の中に入っているから!

話はズーラシアに戻るけど、わたしたちはゾウを見る目的だったけど、そのほかのいろいろ動物も楽しむことが出来たよ。
こんなアナコンダの人形もあってびっくりした!

スリランカでは何年かに一回はアナコンダが家の中に入って、寝ている子供を食べちゃったりする事件があるんだよ。スリランカの家はすきまが多いからだけど、やっぱり突然こういう風に襲ってきたら超こわいでしょ!

おみやげやさんにいる陽子ちゃんです。

お客さんのメールで、陽子ちゃんを見たいから、時々はブログに陽子ちゃんの写真を入れて下さいというお願いがくる。わたしもいつもどこかに行ったときとか、なんかで写真を撮ったときに、陽子ちゃんの写真をブログに入れようとするけど、陽子ちゃんがデブすぎて公害になるからダメと言われていた。今回の写真も超小さく載せるようにということだから、これでお願いします。少し痩せたら、大きくだすので我慢を宜しくお願いしますということだ。日本人の女の人はすぐダイエットダイエットというけど、痩せなくてもいいと思うけど。少し顔がぷくぷくしているとかわいいのにね!

話はズーラシアに戻るけど、結構ズーラシアはひろくて、段々足が疲れちゃった。
ズーラシアには特別という「オカピ」という動物がいると聞いていたけど、わたしたちは
あまり時間がなかったから、いいでしょ!とおわりにした。
でも、あそこは自然の森の中に作ってあるみたいになっていて、環境が綺麗で
最近は仕事でいっぱいで少し疲れていたけど、リフレッシュすることが出来た。
人間はやっぱり、時々は新しい環境のところで違うこともしないとだめだね!
こんな綺麗な庭もあったよ。


陽子ちゃんはゾウに会えていろいろ目的も果たせたし、わたしもまたズーラシアは子供が出来たら、みんなで行ってみたいと思った。でも、動物園の入場料は600円ですごく安いなあと思っていたけど、疲れて休憩したいなあというところで、レストランやおみやげやがあって、いろいろ買ったり、結局なんだかんだで交通費とかをいれると1万円くらい使っちゃっていた。やっぱり日本の遊ぶところはビジネスが上手だね!

次の日、わたしのビジネスのものもいろいろ届いた。
前のキャンペンのときのピアスがいっぱいだ。その中でも1番わたしが気に入ったのは
ルビーのピアスだ。
これがミャンマールビーのすごい綺麗なやつ。


ルビーはすごくインクルージョンや傷が多くて色もいろいろの石だから、陽子ちゃんがピアスの石を選ぶときに1番苦労していたからだ。わたしに何回もこれとこれは違うか?これとこれは同じに見えるか?と聞かれて大変だった。お客さんの希望によっても、わたしはあまり赤いのじゃなくて、ピンクっぽいやつが好きですという人や、できるだけ赤いやつがいいという人もいるでしょ。その中でも、これはミャンマールビーで、ピジョンブラッドでしょう!というレベルのやつだ。
ミャンマールビーは、蛍光性というのがあって紫外線にあたるとピンクに光る。だから、写真をとるときはどうしても、ピンクぽく光るから本当の赤い色や透明がにじんで写真に綺麗にうつらないんだよ。ジュエリー写真専門店に頼めばいいけど、そうしたらこの価格でやっていけないから、わたしたちは自分たちかスリランカで写真を撮ってもらっている。これは本当は、指輪の真ん中に入れる石で普通はピアスに使うような石じゃないけど、やっぱりクォリティが良いものを作りたいし、これからも市場の安いジュエリーとは関係なく、本当に高い品質のものをできるだけ安く作っていこうと思っている。
いつもこれを見てくれている人や、メールや注文をくれるお客さん、本当にありがとうございます。すごくありがたいと思っているので、これからも頑張ります。

そうだ、新しいお客さんが最近、ずっと今までのブログも読んでますとメールをもらった。
わたしはこの1個のブログを作るのに携帯で言葉を調べながら、すごい時間がかかっているから、そういうメールは本当に嬉しくなる。
それで、前紹介したユーチューブの仏陀のストーリーの最後はどういう意味でしょうかという質問をもらった。陽子ちゃんも知らなかったというから、わたしがちょっと説明をしたいと思う。

これは陽子ちゃんの好きなお坊さんだけど、ゾウの孤児院でいっぱいゾウが写っているから今日はいいでしょ!
これをクリックして動画を見て下さい!


生まれてから、仏陀になるまでの簡単なストーリーだけど、最後にいっぱい敵みたいな人が仏陀に向けて矢を打ってくるところはどういう意味ですかという質問だった。
最後の方は、仏陀が瞑想をして仏陀になるように修行をしている。それで1000人の死神が自分に矢を打って、殺そうとしている。仏教では輪廻転生というものがあるでしょう。
それで普通の人は何百回何千回生まれ変わるでしょう。それで、いつも最後に死ぬときに死神が呼びに来て死ぬでしょう。でも仏陀になるということは、カルマがなくなって、もう次に生まれ変わることがない状態のことだ。それを表している。
つまり、あの動画の最後は、仏陀が1000人の死神に対して、「わたしはもう仏陀になって生まれ変わることがないから、あなたたちがわたしを狙う必要はないですよ、そんな苦労はいりませんよ」と言っていて、1000人の死神が打った矢が仏陀のパワーで花びらになって散っているのを示している。そういうところはやっぱり、なんかかっこいいなあと思う。

わたしは今生でもう、いろいろ悪いことをしちゃったから、どうしても来世はまた生まれ変わると思うけど、だけど段々修行をしていって、こういう仏陀みたいなところに到達したいと思っている!
いろいろ宗教はあるけど、皆さんも自分の信じる道でいいと思うけど、正しい選択をして、正しい道でいけるように頑張って下さい。
生きていると、どうしても苦しいことは多いから楽になるようにと考えると、本当はこれが正しい道じゃないとわかっていてもそっちで行動しちゃうこともあるでしょう。
わたしも、ゴミの分別くらいでも陽子ちゃんに怒られるくらいだけど!
でも、やっぱり面倒くさくても正しい道でやらないとだめだなあと思う。

最近は地震がいっぱいだし、経済も不安定になるみたいだ。
日食の影響で人間の心もあまり良くないほうにいっちゃうみたいだから、人とのトラブルも
多いというから、気をつけて下さい。

長くなっちゃったけど、読んでもらって、どうもありがとうございました。



仏陀ストーリーの動画のタイトルのLABASAWAN(ラバサワン)の意味は仏陀の耳のことで、
流れている歌のタイトルです。
仏陀の耳は、長くなっているでしょう。あの耳のことです。
動画はリトルブッダという映画の中を編集したやつで、それにスリランカの歌をつけている。
歌はびっくりするくらい、動画ストーリーと同じことを言ってます。
スリランカの言葉だけど、興味を持ってくれてありがとうございました。

スポンサーサイト