FC2ブログ

プラちゃんの部屋~変てこスリランカ人留学生(だった)奮闘記~

漢字間違えてても言葉変でも気にしないでね~

金(きん)の不思議。

皆さん、こんにちは!!
もういよいよ令和元年があとちょっとになってきましたね!
朝も寒くて大変だけど、皆さん元気ですか???
台風の被害のことで、私のお店を通して募金をしてくれた皆さんも
本当にありがとうございました!
わたしたちもふるさと納税サイトで、こんなにあったかああと思った。支援はここだけじゃなくて、医療チームのボランティア団体にも送らせてもらいました。

今回、ちょっと間をおかないでブログを更新するのは、お客さんで二人、善光寺に行くということで、参考になればいいなということで!それで何で行かれるかというと、一人は前からのお客さんで、もうお一人は最近のお客さんで、ホロスコープの段階で、陽子ちゃんに見えるものがあって、それが亡くなっているお母さんだった。でも、陽子ちゃんにはめっちゃ健在の人にみえて「えー生きてないんですか、髪の毛がパーマで太っていなくて、わりと体にフィットした冬服を着ている、結構ポップな歌を歌っている」という方が、普通に家にいて生活をしているように見えたそうだ。聞くと、そのお客さんのお母さんは亡くなっているけど、、そのお客さんがお母さんを思い出す時はおばあさんの姿ではなく、そういう30、40代の姿で、まさにそういう姿でよく歌を歌っていたそうだ。聞くと、やはり信仰の違いなどがあったり、ご先祖様のこととかあるから、あんまり供養が届いてないことがわかった。それと、陽子ちゃんの最近のこわいなあと思うのが、「あなたの家にこんなのありますか?古いダークな色のタンスで、上が2個の小さい引き出しに分かれていて、、それをおそらくあなたのお母さんが開けたり閉めたり、そこをゴソゴソ何か探してるんです。そういうタンスはありますか?」ということで、、、これはやっぱりあったわけで、そこはお母さんが入れていたものがある・・・で、例えばそういうのは古い指輪とかアクセサリーだったりするそうなんだ。やっぱりこういうものは念が留まってしまうから、陽子ちゃんは残すなら、お母さんが「あなたにこれを」とくれたものがあれば1個で、それ以外は出来るだけ処分して、もし貴金属があればそれを売ったお金を、お寺に行った時のご供養のお布施にしたりしてと伝えたんだよ。

ところで、陽子ちゃんは霊能力者じゃないし、ケートゥの期間ちょーーっと、、たまたまそういうチャンネルが合う人の時だけ、媒体となってくれているお稲荷さんみたいな神様が来てくれる時だけ見えるんじゃないかーって言っているんだけどね!だけど、陽子ちゃんがここ数年のお客さんでまぁほぼ全てのお客さんが何か霊的な問題があったりしたから、そういうお客さんだけかと思っていたら、、段々陽子ちゃんが学校に行ったり、いろいろお母さん友達ができたりして、普通の女性と会う機会が増えてくるとわかったことは、「いやーー、大体なんか憑いてるなー」っていうことだったんだよ。あーあの先生は狸霊と先祖供養できてないぐちゃぐちゃのがいるなーーと思っていたら、その先生はまだ年齢は若いけどやめたり、またあるお母さんが何か全然得体のしれない関係ない男の人の魂をぷかぷか浮かぶ風船をもってきたみたいにどよーーんと連れてきたりして、もちろん陽子ちゃんは(^^;)この顔だけで、変なことは言わないけど、今日はどこか行ってきたんですかーて聞くと、精神病院でパートをしていて、今日は仕事の日だったーーとかで、陽子ちゃんは「これはもしかするとみんな憑いてるのは普通なのかなーそれがひどい人もやっぱりいるけど、特別なことではないのかもしれない」と思い始めてきたようだ。そんな時・・・

霊障医学の本。何で医学かっていうと、著者は本当のお医者さんだから。
そのお医者さんが、、、やーーーっぱり霊的な影響で病気になったりいろいろあるんだよ、
っていうことを研究して、その先生はもう診療の際に、家の間取りとかをかいてもらったら、家のどこに霊がいるとかわかって、それの対処を教えてくれる先生らしい。



この本は陽子ちゃんによると、これはこの先生のフレームを通した見方のものだから100%が正しいかどうかはわからないし、陽子ちゃん自身がこれはどうかなと思っている所があるということなんだよ。でも、本当の科学的立場にいるお医者さんがこういう霊的影響があると言っているわけで、かなり参考になることが多いと思うから、気になる人は読んでみて!

それと、やっぱり陽子ちゃんが見て、大人で以前仕事をしていたけど、できなくなっている人で精神状態がどう見てもおかしくなっている人の多くは、やーーっぱり相当の確率で何らかの霊的意識の影響でそうなっていることが多いという。でも、ぶっちゃけお客さんの中でも、陽子ちゃんが指摘しても信じない人もいる。でも、、やっぱりどうにもこうにもそういう方はどうやってもなかなかその状況を打開していくことは難しいかもしれないということだよ。
ここにも書いてあるね。特に性格がここ数年異常に攻撃的になったという方とかね。



陽子ちゃんによるとふさぎ込むタイプは逆にケートゥの影響が強い人で、攻撃的になってしまうタイプの方はラーフの影響が強い人だという。また、昔から突然怒り出す人もやっぱり、、ぶっちゃけあなた自分が心からご先祖様にご供養していないだろーっていう人に多いという。

そして、やっぱりこういう状況は今、陽子ちゃんが結構ちょいちょい見えるようになってからわかったことだというけど、現代人は多すぎだなーーということで。これを30年前に何と、この本に書いてあったのは「スリランカの悪魔祓い」という本を書いた上田さんという著者は「日本人は何か憑いている、しかも憑依されやすい」と言っていたそうだ。。ちなみに陽子ちゃんが大学院の時、研究でこの本を読んで「悪魔祓いだって、ギョヘーー!」って思っていたそうだ!でも、今めっちゃわかるという。



それで、この本で効果があるものは塩は塩でも、「藻塩」がいい!って言っていたんだよ。



それで、陽子ちゃんはあ!と思ったんだよ。というのはうちは、塩は2016年7月以降は、もうーーずーーーっとこれって決めているものがあって。
それは「鵜鷺の藻塩」(うさぎのもしお)で。陽子ちゃんが出雲に行った2016年7月に、あの「稲佐の浜」で海の水をなめたのと、全く同じ味がするのが鵜鷺の藻塩で、それが野菜嫌いな陽子ちゃんの甥っ子くんもこの塩をつけると、スナップエンドとかめっちゃ食べるくらいおいしくなるという、、すごい何にかけても美味しくなるすごい塩なんだよ。その味以上にいろいろヤバイものの浄化力が陽子ちゃんはこれしかないなって言っていて、お客さんのジュエリーを浄化する時とかもこれを使うからね。これは出雲以外では、まーすやーという塩のサイトでしか売ってなくて、しょうがないからまあ10個くらい注文するんだよ。でも、やっぱりほうれん草のいためとか何でもこれだと美味しくなるから、わたしたちは多分ずっとこれを買うと思う。これはスカイツリーのソラマチでも売っていて、前わたしが友達と一緒にいくからって言ったら、陽子ちゃんがまーすやーで出雲の藻塩を買ってきてねと言われたんだけどね、でもスカイツリーのそこってめちゃくちゃ混んでるじゃない。わたし、お店を探すのいやんなっちゃって探さないで買わないで帰ったら、めっちゃ怒られたーー。でも、あれから陽子ちゃんは人には頼らないで、まーすやー通販で買うようになったわけ。。

まあ、、というわけで、、本当にまず。。ぶっちゃけ、霊能者の中には「ご先祖様供養より今、自分自身を大切にしなさい」っていう立場の人もいるそうなんだよ。でも、ここまでお客さんのホロスコープ見てきて、やっぱりご縁が到達できないとか、結婚しても上手くいかないとか、家庭の誰かが精神がおかしくなって、仕事ができなくなっちゃうとか、、またなかなか難しい病気になってしまったりとか、、、そういう方のホロスコープをわたしたちがやろうとする時、、いろいろ出てきて、陽子ちゃんにはスクリーンのように見せられることもあるというんだ。それで、、やっぱり原因があるから、今の自分に影響を受けているわけで、そこの原因をどうにかしなければいくら自分が明るく、ポジティブに努力しても、いいところで上手くいかなくなってしまうから。
だから、やっぱり神社に行きまくって神様にお祈りとか、ホロスコープだからヒンドゥー教的儀式やリメディ、神々に祈りをささげるとか・・・陽子ちゃんはそんなことより、まず原因のあなたにご縁がある方々の魂が良いところに行くようにということと。ちゃんと今あなたが生きていることに感謝をすることと、、それとご供養にはちゃんとお金をかけた方が良いということだ。わたしたちの宝石を何十万で買ってくれる方はとてもありがたいけど、でもそういう「目に見えるところにお金を使う人」でも、「もう既に目に見えない魂となっている所にお金をかけること」はすごく少ない方・・・もやっぱり夢が遠のいてしまうことがある。

だから、まずはご供養を。だ。
というわけでわたしたちは長野県の善光寺がお勧め!だって、もともとここは宗派ができる前に出来たお寺だから、基本は何宗派でもどうぞというスタンスだからね。それと宿坊に泊れば、修行のように精進料理を食べて、朝のお勤めに参加できる。それもすごく多くのお坊さん、結構大変な修行をしていたお坊さんや尼さんが多いよ。そういう方のお経を聞くことができるし、あとやっぱり善光寺のお戒壇巡りをすることで、自分についてきている魂があったら「いくべきところに行って下さい」と送ることができるからだ。

この間、9月はわたしがスリランカの友達を連れて行ってきたの。でも行く2日前に、長野県のちょうどそのあたりに通訳に来てくださいって依頼をもらったーーだから、わたしはスーツで車で埼玉から長野へ友達家族を長野に送ってちょっと案内して、すぐに仕事で!

その頃、陽子ちゃんたちは新幹線で長野市の今度は「常住院」という所へ!いつもは常智院なんだけど、いっぱいだったそうで!
どうしても陽子ちゃんが行かないといけなかったわけは、、善光寺仁王門が築100周年記念ということで、何かイベントがあったらしい。
仁王門はいつもは夜暗いんだけど、ライトアップされていて、よく見えたそうだ。



この日はお母さんとレオンちゃんと3人で、ご飯が常住院さんは今までの宿坊で一番おいしかったそうで、すごく楽しかったそうだ!

この2倍のおかずがあったそうなんだけどね。ごま豆腐もここのおかみさんが作っていて、すごく美味しかったそうなんだよ。懐石料理とか結構食べている人でもここのご飯はお見事っていうくらいの味だと思うとのことーーー



ただ、陽子ちゃんとレオンちゃんは極度のダニハウスダストアレルギーで、基本畳の部屋だめなんだよ。うちも和紙畳にしたり、めちゃくちゃ掃除や布団とか気を付けているから、、、この日はちょっと目がかゆくなったり、、、ちょっとつらかった(^^;)←またこの顔で書いておけという。
それだと総合評価は、ご飯が美味しくて目がかゆくならない、常智院さんの方がアレルギーの方は良いかもということだったよ。でも、食事は本当に丁寧に作られていて、お坊さんも若い方でお客さんに興味を持って話してくれたり、すごく丁寧だったということだ。
陽子ちゃんは、こういう所は、「宿坊」ということを忘れないで修業のつもりで泊った方が幸せなことがいっぱいあるんだって。

お朝事の時のご案内の人、すごく詳しく教えてくれてもう、ほぼ仁王門ツアーに行かないでも知りたいことがわかったそうなんだ。ご案内の人は各宿坊で、それぞれ味があって違ってみんなそれぞれ勉強になるそうだ。この写真は朝のライトアップの時。陽子ちゃんが「去年もこのカーディガン着てたなーー」って言った。



それと、仁王門には仁王様たちの裏には善光寺側を向いて、三宝荒神様と



あの、、仏教とか霊界漫画の「霊幻怪異始末」で、ええーーってなった三面大黒天様という神様もここにいらっしゃるから!詳しくはその漫画で!



ちょっと見にくいと思うから、、本当はこんな感じらしい。これは善光寺からの会報の写真だそう。



善光寺は前は仲見世通りのあっち側に本堂があったそうなんだけど、今までに火事で13回燃えたんだって。それで本堂をうつして、門に仁王様と三面荒神様と三面大黒天様を配置することによって、それからは一度も災害にやられていないそうなんだ。
荒神様といえば、お家の台所の神棚の神様、荒神様でしょう。やっぱり火の元注意の神様は強いのかもしれないね!

お朝事の後は陽子ちゃんたちは楽しみにしている、ガチャガチャのおみくじ。
初めてとか初回に近い人はお朝事編の方をしてということだ。それで陽子ちゃんはそれ全部もっているから、本堂編にチャレンジで!うん?なんか金色に輝くのが出るといいみたい?



ということで・・・陽子ちゃんはサクっと出てきたそうだ!でも、、ぶっちゃけ本堂が金色なだけやないかーいってみんな笑っちゃったそうだけど!でも仏教系のは、、銀より金!がいいよね!



善光寺は基本宗派がないお寺だけど、今は大体天台・真言宗系と、浄土宗系に分かれている。つまり、天台真言宗系は大勧進(だいかんじん)といって、ここには不動明王様もいらっしゃるそうだよ。それと浄土宗浄土真宗系は、尼さんの女性のお寺で。陽子ちゃんはいろいろ何かを使い分けていたりするそうなんだけど。

子供や赤ちゃんとかの小さい魂や浄土宗には大本願という尼さんのお寺の方で、この冊子を買うのはお勧めだよ!わたしも仏陀がこんなことやってたのーーっていう知らない話が全部漫画で最初に載っていて、面白かったよ!善光寺の秘仏のお話もね!!



あ、それと、、このお数珠は霊的なものに聞くから、ちょっと何か感じる時は持っていた方がいいから、2本くらい買った方がいいということで!



陽子ちゃんは他にもお数珠を買っているんだけど、やっぱりこれだなーっていうのが上のやつで。これは大本願で2500円とか3000円位で買える安いやつだそうだ。シルクの房がついているのは高くてすてきに見えるそうけど、何のための供養か考えて、蚕の虫を殺生しないシルクじゃない方がいいんだって!

ところで、、この間、レオンちゃんが何か日本の面白い幽霊の映画みたいと言って、陽子ちゃんが中2の時みんなで映画館で見に行ったという、、、「超少女れいこ」っていうやつ、みんなで見たんだよ!あれは何かちゃんと研究されて作っているそうで。それでね、、やっぱりヤバイ霊と戦う時使ったのが、これと同じお数珠だったんだよ。だからなんかこれはいいかもしれないよ!しかも2連で3000円くらいはいいでしょう!絶対、お数珠は石じゃなくて木のやつで。。シルクじゃなくて、房のやつでね。

ちなみに霊障医学の先生は、どうやって霊体を退治というか行かせるかというと、霊的なものが浄化するための光を下してきて・・・なんだよ。その光とは陽子ちゃんによると、まさに自分のものではなくて、神道の例えば天照様の光のようなものなんだよ。そう考えて、陽子ちゃんの最新のアパラムッダは自分のための宝石だけじゃなくて、何か他者の魂を癒せるような宝石も組み込んでいるんだよ。だけど、その中にはもちろん悪霊的なのじゃなくて、必要なご縁のある魂ということだけどね。でも、やっぱりブレスレットにしても、アパラムッダにしても宝石は例えばぶっちゃけ関係ない霊的なものに対することで疲弊させちゃったらもったいない!やっぱり大切なことのためにパワーを使ってもらいたい!っていうことで。だから2連のお数珠はそういう方向性の霊体の対策用なんだって。

とにかく、今女の人の社会進出が日本はわたしもホロスコープを調べると、日本女性はみんながみんなすごく有能で昔で言えば、すごい忙しいビジネスマンのように働いているでしょう!30代になると、管理職になっていく人も多いし、アドバイザーのような方も多い。陽子ちゃんによると、日本の女の人はすごく相手の立場になって考えてあげて優しいから、そういう時、相手がもっているマイナスのものや、時にはそっちに憑いているものとかももらってきちゃったりすることが多いというんだよ。そういうのを全然気づかないで今日は肩こりがすごいなー頭が痛いなーー体が重いなーとなっているそうだ。。突然風邪をひいちゃったり、、結構そういうのも霊的なもので、それは生きているいわゆる生霊もあるというし、、本当に昔のような家にいる奥さんのような人より、とても大変だという。

それと悪循環になるのが、スマホやPCによるデジタルの霊障だというよ。これも霊障医学に書いてあるんだという。だから、陽子ちゃんは自分もパソコンの仕事だし、ネットショップはPC媒体だから、お客さんや他の人をPCに引き寄せてしまうことになる。それは最小限にしたいそうで、絶対にむやみにインスタとかフェイスブックとかぜーーーーーったいやらないんだそうだ。それで、陽子ちゃんがガラケーを貫いている。でも、陽子ちゃんはガラケーだけど、外出先ではほぼスマホのように使えるガラケーなんだよね。でも、それって結構高いから、ソフトバンクとかに行くとすぐにスマホの方が安いですよと営業をかけられるという・・・それで陽子ちゃんはガラケー台2万になっても、ガラケーです。もしガラケーが生産されなくなったら、黒電話を持ち運びますっていうんだよーー!まあ、、こんな人もいるから、電話会社の人、どうかガラケーをなくさないでほしいと思うなあ。

まあ、、そういうわけで今年は山の神様の年。。今年は様々な概念が揺り動かされることがあったね。だから、皆さんも自分のこと、色々な電波に脳がやられないように大切にしてほしいと陽子ちゃんは女の人、すごく疲れてるからーーと言っている。そのためにも、いつもは仕事で忙しい人も時間を作って、自分にご縁があった人の供養をしに旅行にいって、自分もいつもじゃないところで、珍しい美味しいご飯を食べたり、楽しんだりしてね!!!

ところで善光寺の美味しいものといえば、竹風堂の栗だけど、陽子ちゃんすごいイイお店を発見して、善光寺にいったら行ってみてとお勧めしているよ!
そこは善光寺の仁王門を上がって、善光寺に入る門があるけどね、そこを左に向くとずっと突き当りに「りんご」の看板がある。お店があって、つまりそこまで歩いていって、斜めに「喜世栄」という和菓子とおやきのお店がある。



こんな感じ。



中でおばあちゃんが何か買っているよ。



絶品はおやきで、蒸したてで野沢菜とか、しいたけ、かぼちゃとか味が何個かあって、今までで一番おいしいおやきだそうだよ。買ったらそこで食べさせてもらってということで!



それと陽子ちゃんはおはぎが美味しかったそうで!陽子ちゃんはぶっちゃけ本当に和菓子屋の孫だからとにかく味にうるさいんだよ。前に陽子ちゃんがおいしいおはぎだか団子だか、探して今住んでいる市内和菓子店を殆どまわったけど、全然好きな味がなかったくらい!
今のところ、陽子ちゃんは富山県の「石谷もちや」と長野の「喜世栄」しか食べられるおはぎがないそうだ。。
ちなみにこういうのは執着というのではないのかな!?

ちなみに陽子ちゃんは昔は洋菓子派だったそうだけど、30代後半から一気に変わって和菓子好きになったそうで。。。このお店でもらった小さい冊子を台所まで持ち込んで料理しながら、うわーーって言いながら見ているんだよ!だからにじんでいる。この手作り感が好きなんだって。



ここは、左のページの下の絵のおじいちゃんが店長さんみたいで、こだわりを持って作っているみたい。陽子ちゃんは饅頭屋の孫だから、こういう気さくなおじいちゃんが心を込めてますみたいなのがめっちゃ好きなんだって。しかも右側のページ、お彼岸はどう生きるかという、すごい話もさくっと書いてある!



陽子ちゃんはこういうお店超素晴らしいから、美味しいし、皆さん行ってみてって言っているよーー本当は陽子ちゃんはこの冊子のもっと細かい特別お饅頭の詳細とか、いっぱい載せようとスキャンしたんだけど、一応・・・わたしが「そんなに見ている人おまんじゅうが好きかな」と思ってやめてもらったけど!

まあ、、そういうわけで今回は、善光寺のお話でした!!
皆さんもご供養を大切にしよう。お盆とお彼岸はもちろんだけど、何年たったかなとかちゃんと考えて、近い命なら尚更ということで。それで仏教では3、7、10とか故人が亡くなってから大切な法事のとかあると思うしね。あと、仏教では「金、ゴールド」だよね!善光寺の永久秘仏となっている、一光三尊如来像も海のなかの「えんぶだごん」という金で作られているというね・・・

あーーーこのお話はまた今スリランカをホットにさせている話題も書きたかったけど~!
書いちゃおうかな!実はスリランカのキャラニアという有名なお寺で、キャラニア川というのがあるんだけどね。キャラニアのお寺でちょっと霊力があって、見える人が瞑想をしていてね、その人がいうにはキャラニア川の中には、仏陀を修行の時から守った大蛇の神様の世界があって、その世界に行く時川の中だから、息が出来ないんだけど蛇が迎えにきたりして、なぜか水の中なのに息が出来るようになっているんだって。

それで、その人はその神様からあるものを満月の日にくれると言われて、水の中で待っていたんだよ。もちろんキャラニア川にはワニがいたりするから護衛の人とも一緒で。それで何か金で出来た装飾品を受け取って、それがキャラニアのお寺に奉納されて、連日みんなお参りに来ているというお話・・・で、陽子ちゃんによると、スリランカでは蛇だけど日本では龍なんだって。同じシンボルでだから出雲大社も大蛇のようなしめ縄なんだそうだけどね。浦島太郎のおとぎ話は陽子ちゃんによると、実は実話でもちろん見える人が話したことをうまく伝えてあるという、だから今回のスリランカを選挙と同じくらいにぎわせているホットな話題のことは、半分は本当なんだとう。実際にその神様の緒世界のようなものが水の中にある。もちろんそれは水の底にあったりして、じゃあ水を全部抜いたら見えるのかって言ったら、そうじゃなくて、それ相当に修行している人がそのキャラニア川に入って、もちろんしかるべき日、日時、秒単位で指定があって全ての条件が合致した時、すっと息ができるようになってその、竜宮城のような所にいくことができるのだというよ。
この話は、どんな風に報道されているか見てみて!ここA。

で、その上に書いてある修行していて見える人というのが、この人Bだそうなんだよ。

陽子ちゃんは、これを見て「あーーー・・・・」って言った。陽子ちゃんの勝手な行動学的分析によると、途中までは本当なんだけど途中から、、真実を言っている時ではない言動に多い所作が見受けられるなあーーっていうこと。それでAの動画で、竜宮城のお使い?的な神様からもらった金で出来た置き物を出しているんだけど、陽子ちゃんはそれを静止画にして、拡大してよ~~く見た。そうしたら、「彫金を知っている人であれば、まあ、、、(^^;)」←またこの顔にして察しておいてくださいということで。。。陽子ちゃんがいうには・・・キャラニア寺といえば、いわゆる日本の善光寺のような所で。善光寺はそのえんぶだごんという金で出来た一光三尊如来像を永久秘仏として、絶対に公開しないわけで。。スリランカも、、、何か作ったりしないで竜宮城からもらったものは永久秘仏ですーって見せないようにしておけば良かったのにな~~って言っている。。。

でも、、一般的な人はやっぱりこのキャラニア川の中から、竜宮的な世界、スリランカではナーガローカヤというんだけど、直訳すると蛇世界、でもそこに行けば蛇の形じゃなくて人の形の神さまなんだって。それを言ったら、やっぱり尚更竜宮城だーといわれたんだけど。そのナーガローカヤの話題について、スリランカ人の8割は全部うそだーとか信じない人も多いんだよね。でも、あのBの動画の人も瞑想をしてみて下さい。わたしが言っていることがわかると思います。って言っているように、陽子ちゃんもそりゃあペガサスとか見ちゃう人だから・・陽子ちゃんの考えでは全部つながっていて、それこそスサノオの神様のとかの話まで及ぶんだけど・・・でも、でもわたしが言いたいのは、、スリランカの今、ホットな話題のやつと、日本の竜宮城のお話、めっちゃ似ているから、やっぱり何かあるんじゃないかーーってこと。。。しかも、、、これをもっと掘り下げていくと、スリランカの神話の民族の話にもなって、、、またスリランカの話と桃太郎の話のそっくりなやつもあって。。それも今になって陽子ちゃんと話していて、あーそれはホント!っていうやつがあって。
やっぱり、スリランカと日本のふしぎなことを考えると・・・目に見えない世界というのは、とても広くて、わたしたちが把握している世界の方がとても小さなものなんだなあと思うことだよ。


まぁあ、そんなところで!今日は金をやったから、珍しい初の宝石のジュエリーで!
これは「イエロー・クリソベリル」の3ct近い、すごく大きな宝石の全部ゴールドの指輪!
中石はオレンジにも見えるくらいのイエローに近い、金色!



実はね、イエローサファイアとかイエローダイヤとか、とてもイエローが好きな方でもホロスコープの選定ではそんなにイエローサファイア大きくOKとかいう人少ない。それでね、ホロスコープの先生がアレキサンドライトと同じ鉱物でイエローのクリソベリルがあって、それはアパラの宝石を邪魔しないだけじゃなく、ビジネスとかの運気が広がっていくというものだった。それを早速仕入れに問い合わせたらー1個だけ別格ので24金色のがあるんだということで・・・届いてみたら、、、やっぱり大きな宝石ってすごい意志をもっているんだよ!陽子ちゃんが夜対話して感じるものを全て書いたら、とんでもないふしぎな石だった!この辺はまた陽子ちゃんのあたまがおかしくなった感高まりそうだから掲載しないけどね!

石の台座のトップだけで15ミリくらいはあるから、指輪のサイズが小さいとなかなか正面からサイドアームが見えないんだけど、強度をもたせながらちょっとカッコよくしている!
でも、お客さんはフィット感もすごくてとっても気にいってくれたそうだ!



でも、なかなかこういう石って普通の女の人だったらちょっと負けてしまうんじゃないかと陽子ちゃんは言う。でも、この持ち主となる女性はそういう石だからこそ、欲しいです!っていうような強い意志をもってくれているお客さんで本当に良かったと思う。たくさんの人をすごい大きな成長へのステップに導いてあげられるものだと思うよ!とてもカッコいい知識の仕事、がんばってほしいな!

指輪の安定感は、やっぱりアームの太さや強度をはかっていることとおもう。3ctに近い大きな石でも台座と、家の基礎みたいになるアームがしっかり太さがあって強度があることが大切だよ。よくあるお洒落リングはトップがめっちゃ大きいのに、アームが超細かったりするとグラグラ地震のように安定しなくなっちゃうんだね。わたしたちはかなりそういう意味では働いたり、子育てしたり頑張っている女性でもガシガシ着けられる指輪がいいと思って作ってるよ!




皆さんも、この金色のしっかりした基礎のように、太くて輝くものを自分の中にちゃんと持って、何があってもゆらゆらあっちにこっちに動かないように貫ける1個のものがあるといいね。
それもきっと指輪を地金の延板から作っていく時のように、荒く削ったなかから、段々段々いろいろ方角から見てみたり、必要じゃない選択を削ったり、残すところはしっかり残したりそうすることで見えてくるものかもしれない。
でもやっぱり動かないといけないんだよね。こういう全ては「動き」の中で形が出来てくるものだと思うから。。。

ご供養のことも1つ動いて、何かすると今度はまた違う導きがあったりして、次にすべきことが見つかったりするし、動いていることで自分の前に現れる人も変わってくる。不思議なご縁がつながることは偶然とかじゃなく、もちろんあなたの動きを見えない何か大きな存在が感知しているからーーーー!

というわけで長くなってごめんなさい!
わたしたちから遠い地域に住んでいる人もいると思うし、、みんなが善光寺にいけるわけじゃないけど、近くでも何度か行ってみて心が楽になるお寺があったら、そこはあなたのご先祖様や自分自身の魂に必要な力をもったお寺なのかもしれないね。
あと1か月ちょっと、すごく忙しいと思うけど目に見えないところも大切に、
丁寧に令和元年を終えられるといいね。。

ありがとうございました。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する